谷河原町で花菖蒲まつり

花菖蒲や紫陽花が綺麗に咲く季節。
常陸太田市にある「西山の里桃源」(西山荘の入り口にある庭園です)へ行ってきました。
今年は開花が若干遅かったと聞いていましたがほぼ見頃でした。
DSCN3638.jpg

DSCN3639_2017061822510829f.jpg
茨城県内、花菖蒲の名所は他にもあるけれど自分的にはここが一番落ち着くし駐車場も入りやすいので
でも今日はここへ来る前に別な花菖蒲で寄り道。
DSC_0860_20170618225719f8d.jpg
道の駅ひたちおおたからぐるりと旧349号に廻り、常陸太田駅方向に直進して「佐竹高校入り口」と書かれた交差点を左折、あとは案内板に従って進むとすぐ解りました。
市内の佐竹小学校下の畑で50,000本の花菖蒲が開花中との情報を道の駅ひたちおおたで入手し、”桃源に行く前にちょっと見に行ってみよう!”ということで寄り道です
DSCN3603.jpg
規模はさほど大きくありません。桃源のせいぜい2分の1程度でしょう。
「魚・蛍等が生息する木道のある池・川づくり」という事業名で谷河原町会の人達の手によって生まれた、手作りの花菖蒲まつり。
数年前から行われるようになったそうですが、大々的に宣伝するわけでなくひっそりと行われているようです。
DSCN3610.jpg

DSCN3604.jpg

DSCN3605.jpg
木の板で作られた遊歩道を歩きながら花菖蒲を鑑賞していると、和みます
辺りは静かでただ、うぐいすの鳴き声だけが響くだけ。なんとものどかだ(* ´ ▽ ` *)
DSCN3613.jpg

ここでミニ演奏会が行われているわけでもなく、焼きそばやお好み焼き等のフードが販売されているわけではありませんが入り口のところで麦茶の無料サービスと野菜(地元産)の直売が行われていました
町会の方の小さなおもてなしですね(*^_^*)
DSCN3614_20170618230549f6f.jpg

静かに行われている谷河原町の花菖蒲まつりですが、去る6月10日(土)には「花菖蒲観賞会」ということでミニコンサートが行われたようです。
DSCN3618.jpg

DSCN3612.jpg

DSCN3621.jpg

DSCN3620.jpg

町の人達の手作り感溢れる小さなイベントですが、誰でも気軽に立ち寄ることが出来ます。
有名観光地とはまた違った趣が感じられますよ
今頃の時期なら西山荘や竜神大吊橋へ向かう際の寄り道スポットにいいかな

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/18 23:25 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

開園60年~かみね動物園ウォッチング2017

前回のUP→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-3071.html以来、お蔵入りとなってしまった記事をUPしたいと思います。
先日、開園60周年を迎え無料開園が行われた日立市のかみね動物園。
その1週間前に動物園を訪問した時のお話です。

6年前に発生した東日本大震災(2011.3.11)の3日後に誕生したライオンの赤ちゃん。
そのうちの1頭、雄のきぼう(画像中央のカメラ目線の子です)。2011年5月撮影↓
IMG_0237_20110516224044.jpg

・・・あれから6年。
DSCN3347.jpg
すっかり貫禄ついてます
誕生から間もなく父親を亡くしていますが、逞しい雄ライオンに成長しました。
一家の長として、これからも母親や妹たちをしっかり守ってね☆
正面から撮影できず残念

きぼうの母親:バルミー↓
DSCN3337_20170617225620441.jpg

怖いけれど、猛獣のコーナーはなぜか長居をしてしまいます
DSCN3335_20170617225617d7c.jpg
DSCN3336_20170617225619980.jpg

DSCN3346.jpg
山の中で出くわしたら怖いね

さて、国内最高齢でありおそらくこの動物園の中でも一番の古株で、ここかみね動物園の看板的存在だったカバのバシャンが先月12日に亡くなったニュースは皆さんご存知ですよね
DSCN3293_20170617230616326.jpg
去る5月28日に、園内でお別れの会がしめやかに行われました。
私が訪れたのはその前日。舎監前に設置された献花台にはたくさんの花やバシャンの好物の果物、そしてバシャンに寄せられたメッセージが書かれたノートが備えられていました
DSCN3320_201706172306186be.jpg

DSCN3321_20170617230619120.jpg

DSCN3322.jpg

DSCN3323_20170617230622b82.jpg
舎監に向かって合掌
献花台に供えられた御供物(?)の数が、彼女がたくさんの人に愛されていたことの証明です。
長い間、人間を和ませ楽しませてくれてありがとう。。。どうか、安らかに

バシャンと唯一、同居していた末娘のチャポンも母親の死を悲しんでいるかのように暗く沈んだ様子でした。
DSCN3316.jpg
ずっと舎監の方を向いてただ、瞑想しているかのよう。。。
人間が近づいても無反応です。その様子がとても痛々しくていじらしい。。。
DSCN3318_2017061723164528b.jpg
お友達かお婿さんでもくれば寂しくなくなるのかな。
悲しみ、乗り越えて!

カバ舎監からがらりと変わり、色鮮やかなフラミンゴ池。
DSCN3325_2017061723235439f.jpg

モデルウォークだね
DSCN3327_201706172316465cd.jpg

おお、気持ち良さそう
DSCN3331_20170617232151e17.jpg

キリン、2ショット☆
DSCN3332_20170617233345b03.jpg

こちらも園の古株、クロサイ
DSCN3349.jpg

二世帯のカピバラさん
DSCN3299.jpg

謎の行動するのが1ぴき
DSCN3302_201706172321509ae.jpg

動物たちは生きていますから、毎日見に来て全く同じということはありません。日によって違う動きを見せたり色々なリアクションが楽しめる。。。それを見られるのが動物園の魅力ではないでしょうか
私も、動物園大好きです

開園60周年の記念行事が今後もちょくちょく開催されるそうです。
動物園ファンの方は動物園のHPで要チェック↓
http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/index.html


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/17 23:34 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~最終回の巻~

長く引きづりました「スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ」のお話ですが、今回でようやく最終回です。
連日ご覧くださった方、お付き合いいただき誠にありがとうございました
DSCN3572.jpg
中城通り付近でキララちゃんと出くわしました

銭亀橋を出発した後、ここで一旦亀城公園に戻ります。”刻の太鼓”を聴くためです。
この日2度目ですが今度は櫓門で直接、聴くことになります。
DSCN3580_20170615225435afc.jpg
刻の太鼓保存会の皆さんによる力強い太鼓を生で聴くことが出来て良かった♪
何しろ、これがメインのようなものでしたから(画像無しで失礼いたします
それにしても、刻の太鼓保存会にしろ文化財愛護の会にしろ歴史と伝統文化を大切にし後世へ継承しようという団体が存在している・・・しかも今回のようにイベントで楽しくPRし、たくさんの人に興味を持ち理解してもらおうという企画。。。
素晴らしい

残りはあと3つ近距離に集中していますので長距離歩く必要はありません( ^ω^ )
IMG_20170611_0005.jpg
これから巡る箇所は私もよく知る場所ですので、もうスマホナビには頼りません
といっても、ほとんどコースに待機していたボランティアスタッフさんがちゃんと道案内をしてくださったからスマホの電池残量もデータ消費量も気にする必要がなくなり、とても助かりました(* ´ ▽ ` *)
DSCN3576_2017061522503692b.jpg
土浦城の裏門にあたる搦手門(からめてもん) 万が一の時に逃げる為の門として設置されていたそうです。
門自体は残っていません。
場所は「鈴文」さんという仏具屋さん脇。
DSCN3575_201706152308016c5.jpg
お近づきの印に、自宅の御仏壇用の御線香を1箱奮発。
蓮の香りの優しい御線香を。
DSCN3600.jpg
お部屋用のお香も販売しています。癒される香りがいっぱい(* ´ ▽ ` *)
また寄らせていただきます

鈴文さんからトントン拍子で中城不動院にやってきて、スタンプGET!
この日は御開帳でした。
DSCN3573_20170615225035ba6.jpg
中城不動院についても過去記事で書かせていただいておりますので合わせて見ていただけたら幸いです。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2617.html
紙芝居とか昔遊びとか、ここではプチイベントが行われていました。
キララちゃんも遊びに来ていて、なんだか縁日のように楽しそう!
でも時間が

・・・なんて言いつつ喫茶蔵でしっかりお茶など
何しろ昼食をとっていなかったのです(´∀`*;)ゞ
パンケーキ+アイスコーヒーで、お茶も兼ねた遅いランチをすることにしました。
DSCN3583.jpg
つちまるも一緒♪
スフレパンケーキが軽くてふわふわしていて美味しかった☆
これなら遅くても夕食に障らない!
DSCN3584.jpg
疲れている時は甘いものが一番

すっかりリフレッシュして、最後のポイントを廻ります。
モール505の入り口、キララまつりの本部が置かれるところ。
土浦城へ物資が運ばれる際は必ずここを通っていました。
DSCN3591_201706152250379c2.jpg
今でこそ、ショッピング街の歩道ならびに車道となっていますが昭和50年代初期頃までは川だったのです。
昔の土浦が水路に囲まれた城下町だということは既に書いていますが、それゆえ一番の難は水害でした
大雨が降る度川の水が氾濫し、住民を苦しめていた為いくつかは埋め立てられて道路となりこの川口川も埋め立てられて道路になって、その姿を消しました。

様々な歴史と由来を知れば歩くのもまた楽し♪
これまで通過していた箇所も、今度は違った視点で歩くことができそうです
IMG_20170614_0002.jpg
知れば知るほど興味深いスポットが、次々に出てきました!
中には日を改めて再度訪問し、今度はよく見学してみよう!という場所も。
コース内でありつつもスタンプラリー対象外だったスポットも興味を持ったところがいくつかありました。

う~ん、また土浦に来る楽しみが増えちゃったな

というわけで、ついにゴール
12か所制覇のパーフェクト認定証をいただきました
IMG_20170611_0002.jpg

とても勉強にもなったし土浦という街に対する興味と愛着を強めた今回のイベント。
大変面白かったです
機会あれば次回もまた挑戦したいですな(*´∀`人 ♪

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/15 23:43 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~参の巻~

そろそろ疲れてきた(オイッ)スマホdeスタンプラリーのレポートですが、頑張って書きます
ここまで廻りました(/∀\*)
IMG_20170611_0003.jpg
亀城公園周辺はスポットが集中しているのでとても廻りやすいです。まだ搦手門(からめてもん)と中城不動尊がありますがこちらは後回しにしまして
郁文館を出発し、次に向かったのは等覚寺でした
DSCN3557.jpg
戦になった時に兵士が待機する場所だったそうです。
国指定文化財の有名な鐘があるということで名前は知っていました。
DSCN3562.jpg

”常陸三古鐘”のうちの一つに挙げられている鐘です。
DSCN3561.jpg
”極楽寺鐘”という別名を持つ銅鐘。極楽寺というのは、このお寺の前身だそうです。
元々は旧新治の藤沢というところにあり、その後別な場所に移されましたが慶長10年(1605年)に当時の土浦城主・松平信吉の命により現在の場所に移されて再建、寺号もその時に等覚寺(とうがくじ)と改めたと言われています。
銅鐘は八田知家(小田家城主)の寄進だそうです。

このお寺にはもう一つ、市指定の文化財である鐘楼があるそうなのですがどこにあったんだろ←(つまり、観てない) 
お寺の本殿前にある紅葉や松が立派でした。紅葉シーズンに訪れたらさぞ美しいでしょう。。。
DSCN3563_20170614204546a46.jpg

DSCN3558.jpg
時間はあまりありませんので、ゆっくりしていられません。
見学もそこそこに先のスポットへ急ぎます。近辺には沼尻墨僊の御墓がある花蔵院に瑠璃光殿を持つ東光寺など、立ち止まって散策したい歴史的スポットがありましたが今回はスルーです。いづれきっと

等覚寺から次のスポット、南門跡はすぐ目と鼻の先です
DSCN3567.jpg
場所は土浦高架道路下の大通りに面した所。毎年10月の花火大会の際は行列になって歩くたくさんの人が通る道です。
今でこそ道路ですが、土浦城在りし頃は水路でした
IMG_20170614_0001.jpg
この南門前に”簀子橋(すのこばし)”という橋が架かり、向こう岸にある”枡形”に続いていたそうです。
枡形は、土浦城の防御の為に置かれた施設。枡形があった場所は丁度、現在ファミリーマートになっています。
DSCN3568.jpg
勿論、今はその面影もありません
ほとんど残されていない土浦城の”遺構”を発見し、それを人様に教えることが出来るって凄い!
純粋な気持ちで尊敬します、土浦市文化財愛護の会の先生方

その土地に秘められた歴史を次々に紐解きながら歩けば、街歩きもまた楽しいものです。
”ここ、これまで通っていたはず。今まで気にせず通過していたわ
というところがいくつもありました。

南門跡を出発し、道路を渡って直進し次なるスポットへ。
出発点からおそらく、一番距離の離れた「銭亀橋」にやってきました。
DSCN3569_20170614215925354.jpg

ここも絶対、花火の時に通っているはずの場所です。
将軍家より、特別許可が出た橋だそうです。
DSCN3571.jpg
ちなみに現在の銭亀橋は、水路工事の際造られたもの。
工事以前の橋があった場所には碑が建てられていました。
DSCN3570_2017061421592673e.jpg
土浦城は、城下の水路を利用して防御設備が造られたようですね。
どちらかといえば、攻めよりも守りに徹したお城だったことが伺えます
城下を囲んでいた水路を武器に守りを固め、その中で武士や庶民が平和に日常を送っていたかもしれません。
賑わいと活気に満ちた、”小江戸・土浦”の光景が脳裏に浮かぶような気がしました。
IMG_20170611_0004_20170614232145b44.jpg

さあ、スタンプ残りあとわずか!
まだまだ歩きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/14 23:28 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~弐の巻~

スマホdeスタンプラリー記事、続きです。
残りまだ11か所、果たして次はどこをどう廻ろうか。。。というのが最大の悩みでした。
IMG_20170611_0001-2.jpg
とりあえず、北部から攻めることにします。
鷲神社の次は⑪の「北門跡」を目指すことにしました。土浦城北門があったとされる場所です。
DSCN3534_20170613210131464.jpg

北門は現在、残っていません。
DSCN3535_20170613210133c4c.jpg
周囲は住宅が立ち並び当時の面影すら残っていません(っω・`。)
ちなみにこちらが土浦城在りし日当時の様子↓
DSCN3536.jpg
文化財愛護の会のボランティアスタッフさんに見せて頂きました( ^ω^ )
写真撮影も特別許可をいただきました

北門から現在の新川沿い~立田町一体、亀城公園の北部一帯は土浦城の土塁があったそうです。
でも現在は僅かにその形跡を残すのみ。
DSCN3537.jpg
町の公民館のようなものがあり、その駐車場にそれは残っていました。
これが土塁の欠片
DSCN3538.jpg

「馬だし」をぐぐってみたところ、
【① 直線の馬場で、馬を乗り出す所。
② 城郭の虎口(こぐち=中世以降の城郭における出入り口のこと)の前に設けた防御施設。開口部を城側に向けたコの字形または C 字形の塁壁で囲んだ小曲輪(くるわ)。】

こう説明されていました。土浦城の馬だしは丁度、コの字形にした規模の大きなものであったそうですからおそらく②の方ですね。
残念ながら現在、その名残はありません

土浦城は石垣を持たない城だったそうです。城の廻りを土塁で囲いその周辺は川に囲まれていました。それらはほとんどが埋め立てられ、道路になっています。新川と桜川だけが、城在りし日を知る貴重な存在。いづれも現代では桜の名所です
”さあ、次は藩校・郁文館だ!”と思い、時計を見ると丁度12時!亀城公園櫓で「刻の太鼓」が鳴る時刻です。
公園そばまでくると、太鼓の音が聞こえてきました。予定を変更し、つい速足で亀城公園へ
DSCN3544_2017061221102333b.jpg
太鼓の音を聴きながらもスタンプGETを忘れない( ^ω^ )
DSCN3552.jpg

亀城公園近辺にもスタンプラリースポットがいくつかありました。
お城の中心だった場所だけあって、一番集めやすい場所ですp(*^-^*)q
公園を出て裏に廻り、小学校裏手にあるスポット=大手門跡で。
DSCN3552.jpg

こちらも門は残っていません。碑だけが立つのみです。
DSCN3554_20170613224717a48.jpg

さらに、大手門跡から郁文館へ向かいスタンプをGETしました。
郁文館に関しましては以前、記事に書いておりますのでそちらを見ていただくとしまして^^;
説明は省略いたします
郁文館、大手門に関する記事

これで6つ手に入れました全クリアまで丁度半分です。
さあ、まだまだ歩くぞ
暫く、お堅い記事が続きます。今しばらく我慢してくださいね
DSCN3551.jpg
土浦小学校にてここでもかぁ~っ!(笑)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/13 23:21 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-