『駅からハイキング』龍ヶ崎編に参加しました!<最終回>

(2010-05-09)
長々と引きずりました『駅からハイキング:龍ヶ崎編』も今回で締めさせていただきたいと思います。

歴史民俗資料館を後にし、次に向かったのは駅前商店街内にある”にぎわい広場”というイベント会場でした!
ここでは”お楽しみ”が待っています(*^m^*)

歴史民俗資料館→竜ヶ崎駅前まで歩くこと約30分、駅前の信号を左折し商店街を歩くこと約10分・・・
ついに”にぎわい広場”に到着しました!
この日は、イベントがここで行われていまして広場内に入ると模擬店が並んでいました。
IMG_1197_20100509201419.jpg

IMG_1198_20100509201503.jpg
何やら、特設ステージの方で
”おめでとうございま~す!”
などという声が響いています。そしてステージ前に来るとテーブルにたくさんの種類のコロッケ!!
IMG_1199_20100509201657.jpg
IMG_1202.jpg
みんな、美味しそう!!(*^Q^*)
どうやら、コロッケコンテストのようなものが開催されていたらしいです。私が訪れた時には表彰式も終わり、模擬店の方もそろそろと片付け始まったところでしたが、とても楽しいイベントだったようですね♪
せっかくだから、私もパクッとつまみ食いしてみたりします
IMG_1200.jpg
会場内を歩いていたら、一人のスタッフが私を見て
『あ、”駅からハイキング”参加の方ですよね?こちらへどうぞ!』
と声をかけ、案内された先に行ってみると・・・
IMG_1203.jpg
はい!ご褒美☆
今回の”駅からハイキング”参加商品、”龍ヶ崎まいんコロッケ”をいただきました!
出してみるとハートマーク、かわいいでしょ♪
IMG_1204_20100509202613.jpg
サクサクの衣の中には、ほぼクリーム状にペーストされたじゃがいもと、その中にはなんと
角切りりんごが練りこまれていました!
しょっぱさの中に感じる”甘み”にはじめは?と思いましたがこれがなかなかはまる味。。。
一度食べたら忘れられず、今でも私の脳裏にその味が残っています^^あ~、なんかまた食べたい!!
お惣菜として食べるにはだけど、おやつ感覚ならば全然、イケます^^スイーツ感覚で楽しめます。

ここ・龍ヶ崎市は現在、コロッケによる町おこしが行われているそうです。パンフレットによりますと平成12年にこの商店街に県内初の公立漫画図書館『市街地活力センター・まいん』がオープンされたのを機に地域の商工会女性が、この商店街に活力と元気を呼び戻そうということで手作りコロッケの販売を開始したとか施設名の”まいん”にちなみ、”まいんコロッケ”と名づけられました!
この活動に商店街の飲食店の方々が協賛して”コロッケくらぶ龍ヶ崎”を結成し、協賛店に加入されているお店には”龍ヶ崎コロッケ”の幟を店先に立ててアピールしています。

町おこしフーズがコロッケ・・・ほのぼのとした龍ヶ崎市にふさわしい食材だと思います

試食用のコロッケを含め、ご褒美のまいんコロッケも食べてすっかりお腹いっぱいになり、道路を挟んだ正面にある八坂神社(夏の祇園祭の際、中心となる神社です。前回の記事に書きました撞舞の祈願もここで行われます。)でお参りした後、終点の竜ヶ崎駅に向かっていきました!
IMG_1205_20100509204417.jpg
緑に囲まれた、和やかな場所にあります。
無事、ハイキングが終了できたことを報告しなければ・・・( ̄人 ̄)
IMG_1207_20100509204647.jpg
楽しく、ハイキングができました!ありがとうございました!

この八坂神社から駅までは10分程度。
ついにゴールです!\(^o^)/
IMG_1212_20100509204914.jpg
とうとう、着いた~!!
長いようで短かったような気もする今回の”駅からハイキング”、
途中、ちょっとした波乱(?)もありましたが今となってはそれも良き思い出となりました!
道に迷わなければ発見できなかったものもあったし、何よりも棄権することもなく事故にも遭わずにこうして駅にたどり着けたことが一番です^^。
やっぱり、星宮神社の神様が守ってくださったおかげかな?
201005060846000.jpg
『星宮神社は、願いを叶えてくれる神社なの。そこをお参りして道に迷われたんですもん。
きっと帰ったら良いことがあるわよ!』

と、駅に向かう途中に立ち寄った、地域交流施設の女性が言ってくださいました!
なんだかこれから本当にその言葉通りに良いことが起こりそうな、そんな気持ちがして仕方がないから不思議です^^
今のところは平穏無事に過ごさせていますけどね♪(笑)

IMG_1210.jpg
このように、古めかしい蔵や建物もあります。
竜ヶ崎駅前商店街はなんだか”昔日”を感じるような、”昭和”という文字が似合いそうな
そんな雰囲気なのです。
でも、なんとなく温かい。。。街も住む人も・・・

ここ・龍ヶ崎市も、もう一度立ち寄ってみたい街の一つとなりました!^^
というわけで、これより関東鉄道竜ヶ崎線に乗車し佐貫駅に向かって常磐線乗換→竹千代号の待つ土浦駅に帰ります。
IMG_1221_20100509210602.jpg

これにて、「駅からハイキング!龍ヶ崎編」は終了です。
みなさん、長らくのご閲覧、大変お疲れさまでした!
そして、ありがとうございました!


励みになっております(^-^)
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

tag : 龍ヶ崎市 まいんコロッケ にぎわい広場 八坂神社



龍ヶ崎市歴史民俗資料館

(2010-05-08)
ここ・龍ヶ崎市の歴史や民俗・生活文化をテーマにした、小さな博物館があります。
前回の記事でも触れていますが、館内の展示資料と民家などの野外設備とで形成されています。
見物客を出迎えるように置いてあるSLも勿論、資料のうちの一つです^^
IMG_1181_20100508231103.jpg
かつて、龍ヶ崎鉄道を走ったという4号機関車

IMG_1191_20100507225154.jpg
館内の撮影はしておりませんので、画像でお伝えすることはできませんがここにはいったらまずは、
『撞舞』という伝統芸能の展示コーナーが目につくかと思います。

『撞舞(つくまい)』とは、江戸時代ごろから続く伝統芸能で、毎年7月下旬に3日間かけて行われる八坂神社の祇園祭の最終日に披露されます。
14mもの高さの柱(撞柱)を舞男と呼ばれる男が唐草模様の衣装に蛙のお面をつけ、てっぺんまでよじ登って舞を舞ったり頂上で矢を放ったりします。
去年の夏、実際に見物した時の模様を記事に書いておりますので
詳しい内容はこちら↓をご覧いただけたら幸いです^^
龍ヶ崎の撞舞<1>
龍ヶ崎の撞舞<2>
その際に使われるお面や衣装も展示されているんです。又、撞舞が行われているシーンが実際の数分の一に縮小され、ジオラマ模型となって展示されている上、撞舞が行われている模様が繰り返しビデオ上映されていますので、必見ですよ
ちなみに今年の開催は、7月25日(日)だそうです。
この日の夕刻(幅がありますが大体、17:00~18:30の間ぐらい)に行われますので去年見逃された方、”今年こそ”と思われている方、
お出掛になってみてはいかがでしょう?

昔の生活用品の展示も必見です^^
前回の記事でも触れていますが、ちゃぶ台に電話機、鏡に炊飯器他、昭和時代を知る人にとっては懐かしさいっぱいのものがたくさん、ありますよ!
で、こちらは野外施設の中↓
IMG_1188_20100508233435.jpg
たくさんの人たちが休憩していた、昔のたばこ屋さんです^^
展示されているたばこ、現在も販売されている”ピース”とか”ハイライト”もありますが、中には”SHINSEI”なんていう、古い世代の方が”おおっ!!”と声を上げそうなものまで。。。
展示されているたばこをアップで撮影しようとしていた人がいたけれど、ガラスケースで反射してしまってうまくいかなかったみたい。。。
こちらも、たばこ屋さんのスペースです^^
IMG_1189_20100508234032.jpg
すっごくレトロなかき氷器がありますね^^。
欲を言えば、ここで実際に駄菓子なんか販売していたら小さい子、喜ぶのにな

たばこ屋さんのお隣は、農耕具が展示されていました!
IMG_1190_20100508234307.jpg

その向こうで、水車がゴトン、ゴトン、と音をたてていてなかなか、のどかな光景です
IMG_1186_20100508234441.jpg
ここで休んで、水車の廻る音と水の流れる音を聞いているとつい時を忘れて、ゆったりと長居してしまいそう。。。
ですが、まだ先がありますのでそろそろこの辺で出発します。
ハイキングもいよいよ、最終ポイントへ!
長らく続きましたこの『駅からハイキング』シリーズもようやく、次回で最終回となります。
皆さん、大変お疲れさまでした!^^。
あと1回だけ、お付き合いくださいね♪


参考までに・・・
龍ヶ崎市歴史民俗資料館
茨城県龍ヶ崎市馴馬街2488
0297-64-6227
開館時間9:00~17:00
休館日:月曜日・毎月末日・祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)
入館無料
関東鉄道竜ヶ崎駅より徒歩20分、車で5分
圏央道牛久阿見ICより15分



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村


『駅からハイキング』龍ヶ崎編に参加しました<その四>

(2010-05-07)
さあ、”駅ハイ”参加して以来の大(?)ピンチ!!
とにかく、早くここから脱出しなければ・・・と。
(※この時はとても写真など撮れる心境ではなかったため、暫く周囲の画像はありません。何卒、御了承を^^;)
立ち往生していても、何の解決にもならないのでさらに歩いて行くとようやく住宅街を突破し、ショッピンセンターが見える交差点に出て参りました。もはや、”駅ハイ”の案内図は意味がないものとなり、ここで一緒にもらった”竜ヶ崎市MAP”を広げて現在地を確認します。
NEC_0790.jpg
すぐ横に、セブンイレブンを発見しました!

・・・この際”変なおばさん”と思われても仕方がない!聞くは一時の恥。ためらってなんかいられない!!
と、店員さんに道を聞こうと入っていきます。
レジ打ちしていたのはアルバイトの若いお兄ちゃん、地元民かどうかは知りませんが一応、聞くだけ聞いてみよう!!と、彼の接客が一段落したところを見計らってすかさず、

『あの~、ちょっと聞いてもいいですか?^▽^;歴史民俗資料館に行きたいんですけど・・・』

と、持ってた地図を見せて話しかけてみましたがやっぱりそのお兄ちゃん、土着民ではなさそうな感じで土地勘がよく分かっていないようなご様子・・・
するとその時、たまたま買い物に来ていた男性客が

『歴史民族資料館ですか?ここからはかなり歩きますよ。』

と驚いた様子で私を見ます。”駅からハイキングというイベント参加中、道に迷っちゃって・・・”と言うと納得され、

『それならば、分かりやすい道をお教えいたしましょう^^ここを出て突き当りの信号を右に曲がって、まっすぐにどこまでも進むと大きな道路と交差しますからそこをまた右に曲がってください。それからまっすぐに歩いていけば辿りつけますよ!』

そう教えてくださいました
思わぬ助け舟が入り、助かりました!ありがとう~~(感^人^謝)
その方にお礼を言い、お兄ちゃんには”お騒がせしました!”とひとこと添えてお店を後にして再び歩行開始
男性客に教えていただいたとおりの道を歩いていきます。

親切な人に出会えた!世の中まだまだ捨てたもんじゃないね!(笑)

途中、お腹がすいたので休憩を兼ねて途中にあった、ここ↓で腹ごしらえなどしまして
IMG_1177_20100507214852.jpg
ごはんや:なかね台食堂
このスポットに関する記事は、また後でね♪

周囲の風景も、閑静な住宅街から一転して車の通行量が多くお店も立ち並ぶ賑やかな大通りに変換。
”おなばけ通り”という名の大通りにさしかかりました!
ここをとにかく真っすぐに歩いていけば、確実に目的地:龍ヶ崎市歴史民俗資料館に行くことができます^^

気持ちのゆとりが出てきたおかげで、歩行中こんなもの↓など、撮影してみたり
IMG_1178_20100507215249.jpg
龍ヶ崎市歴史民俗資料館』の文字を見て安心(*^^*)
で、この表示板のポールの形よく見てみると”龍”の姿に見えませんか?

こういった案内板が、他でも見かけられました
IMG_1179_20100507224039.jpg
龍が案内板持ってるみたいでしょ♪
こういうノリ、個人的には大好きです^^
龍ヶ崎市って、なかなか和める街なのね

こういったものを見つけつつ、楽しみながら歩いているうちに・・・

ついに!!(*゜▽゜*)
IMG_1180_20100507224758.jpg
歴史民俗資料館入口のディスプレイ(?)、SL発見!!
そう。とうとう目的地に着いたのです。

やったぁ~!!\(^o^)/ついに到着だぁ~!!
IMG_1191_20100507225154.jpg
資料館前では、冷たい麦茶のサービスが待っていました(^0^)
数時間ぶりに”駅からハイキング”参加のハイカーさん達の姿を見て安心^^。
屋外施設の古い民家で一休みしたり一服したり、持参したおにぎりを食べたり・・・と、皆さんそれぞれ、思いのままに休憩されています。
IMG_1183_20100507225540.jpg

昔のたばこ屋さん風の建物。なんだか懐かしい感じ^^。
IMG_1182_20100507225859.jpg

井戸ポンプ!これも懐かしい^^。
IMG_1185_20100507230051.jpg
龍ヶ崎市の歴史をはじめ、ここには屋内・外共に昭和時代を偲ぶ懐かしい資料が展示されています。
館内は撮影しておりませんが、その昔どの家庭でも使われていた炊飯器他、家電製品などもありました
次なるスポットに向かう前に、せっかくだから私もこの資料館をゆっくりと眺めてから出発します。
入館無料だし、トイレにも入りたいし

では、今回はこの辺で
『駅からハイキング:龍ヶ崎編』もいよいよ後半となりました!
皆さん、もう暫くお付き合いくださいね^^;


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村


『駅からハイキング』龍ヶ崎編に参加しました<その三>

(2010-05-06)
そういえば、”りゅうがさきし”ってたしか『竜ヶ崎市』って表記していたような。
いつから『龍ヶ崎市』(難しい方の”りゅう”)になったんだっけ?
と、突然気にしてみたりして

牛久沼→金龍寺→星宮神社・・・と巡り、今度は少々長めの距離を歩くことになります。
次なる目的地は、龍ヶ崎市歴史民俗資料館という施設になります。
田園風景を横目に、椿の花が連なる”ねがらの道(別名:つばきの小径)”という道を歩いて。。。

ここでコース表の一部を^^
NEC_0792.jpg
通り道にはところどころに、付きの”駅からハイキング”と書かれた道しるべが貼られていますので、それを頼りに歩いていきます。

もうかれこれ、30分ほど歩いた頃でしょうか・・・?(・∀・)
”左折せよ”という意味の道しるべを見つけ、
『あ、こっちだ!』と左折、さらに歩いていきます。

てくてく、てくてく・・・・と、どこまでも・・・

そう、休むことなくどこまでも・・・


どこまでも、どこまでも・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


つつじの花、綺麗だなぁ。。。(*^_^*)
IMG_1166_20100506223208.jpg


でも


何かが、違うような・・・(・・)


異変に気付いたのは、道しるべを見つけ左折して、もうかれこれ1kmくらい歩いた頃だったでしょうか・・・?

おかしい!!(・・)
曲がる前まで見えていた、他のハイカーさんの姿が見えない!!

前にも歩いていないし、私の後をついてくる人もいない!!

おかしい!!絶対、おかしい!!!

一番、考えたくないことがもはや、確定しました!
道、間違えた~~~!!
”おかしい”と最初に思い始めた時に引き返せばよかったのでしょうが、私の体はどんどん先へ先へと歩いてしまったようです。来るときに結構こう配のある坂道だったし、何しろ既に2Kmほど歩いてしまったから今更、引き返すことなどとても無理><
NEC_0791.jpg
あ~~~~、どーしよ~~~!!
こんなこと、初めてだぁ!!


もうすっかり、星宮神社で”大吉”をひいた嬉しさなど、どこかへ飛んでしまいました!
後で分かったことなのですが私が最後に見かけた道しるべの”左折”表示は、その場ですぐ曲がるのではなくて、”信号を渡ったその先を左方へ進め”、という意味だったみたいです。私の誤解というか、読みが足りなかったというか。。。でも今更気づいても遅かった(ToT)
右も左も分からない、龍ヶ崎市の町中しかも、どこも同じような景色のニュータウンの中・・・
静かな団地内ですので通行人もなく、派出所らしきものも見当たず。。。
分かっているのは、ここが”駅ハイ”コースとは全く関係ない道であり、私・竹千代めはすっかり軌道を外れてしまったということ・・・・・。


さあ、どうする?(゜゜;)

私コレカラドウナルノ・・・?


というわけで次回へ続きます


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村


『駅からハイキング』龍ヶ崎編に参加しました!<その二>

(2010-05-05)
むかし、金龍寺に大変なまけもので大食いの小坊主があったそうな。働きもせず食べては寝て、また食べて寝て・・・を繰り返し、その様子を心配した和尚さんが『そんなことばかりしていると、牛になってしまうぞ!』といくら注意しても聞かず食べてはすぐ寝てしまう生活をしていました。
そんなある日、その小坊主はついに牛になってしまったそうな。
”こんな醜い姿になってしまっては、もう生きていられない!”と、変わり果てた我が身を恥じた小坊主は沼に向かったそうな。沼に身投げしようとしていた彼を引きとめようと、和尚さんは牛と化した小坊主の尻尾をつかみましたが、ぷっつりと切れてしまい、彼は沼の水底に沈んでしまいました・・・
和尚さんはちぎれた牛の尻尾を寺に持ち帰り、供養した後尻尾で払子(”ほっす”、僧が持つ仏具)を作り、いつまでも自分のそばに置いたそうな。

牛になった小坊主を飲み込んだ沼は、”牛を食った沼”ということでいつしか”牛久沼(うしくぬま)”と呼ばれるようになりましたとさ。

このお話は、牛久沼にまつわる伝説『牛になった小坊主』というお話です。
尚、”食べてすぐ横になると牛になるよ”という迷信もこのお話から来てるとか?!(・▽・)

牛久沼から歩くこと約30分、お話に登場する金龍寺というお寺を訪ねました
元弘元年(1331年)、新田義貞の創建、天真禅師の開基と伝えられている曹洞宗の古刹であります。
IMG_1149.jpg
”新田氏”というと、歴史に詳しい方ならば上州地方(現在の群馬県)を思い出されるのでは?
もらったパンフレットを見ると確かに、元々は群馬県太田市にあったそうです。
天正18年(1590年)に義貞の子孫の由良国繁(ゆらくにしげ)が、こちらに国替えになった際に寺も一緒にここに移ってきたそうです。
IMG_1151.jpg
御本堂には新田家の仏壇があり、境内には新田義貞以下代々の御墓があるそうです。
御堂も立派ですが、境内も緑あふれる和やかなところです^^
IMG_1150.jpg

IMG_1158_20100505204727.jpg

IMG_1154.jpg
IMG_1159_20100505204924.jpg
癒しを感じながら金龍寺を後にします。


次に訪れたのは、「星宮(ほしのみや)神社」というところ。
天御中主命(”あめのみなかぬしのみこと”※絶対、読めね~^^;
を祭神としている神社だそうです。
IMG_1161_20100505205300.jpg
”星の宮”なんて、素敵な名前でしょう。。。
どんなお願いでも叶いそうな名前ですね♪
祭神の天御中主命は、「古事記」によりますと天地創造の時に最初に現れた神様で、後に北極星の神様ともいわれ、この神社の名前もそこからきているそうです
ってことは、かなり歴史が古い神社なのね♪(・∀・)
でも、現在の社殿は江戸時代に建てられたものだそうな。

尚、境内には『平貞盛の駒止石』というものがあって、これは平貞盛という人が乗った馬がこの石の前で動かなくなり、近くにあった星大明神の祠に参詣したところ、再び馬が動き出したという伝説を持つのだとか。
IMG_1163_20100505210833.jpg
”ここで祈願しなさい。いいことがあるから”とでも言って石が馬を足止めしたのかな?なんて想像したりして(笑)

御本堂はこれね↓
IMG_1162_20100505205741.jpg
ここで祈願をしまして・・・
それから恒例のおみくじを。

どれどれ・・・(..)
IMG_1165_20100505205932.jpg
お!!大吉だバンザーイ!!\(^o^)/
これを御守りにして、再びハイキング路に戻ります。

・・・星の宮(星宮神社)でひいたおみくじが、”大吉”だなんて(*^m^*)
これは先々、良いことがありそう。。。!!
と、ワクワクしつつ次のスポット目指してGO
ひいたおみくじの”大吉”に喜ぶ余韻も与えぬような、私を不安のどん底に陥れる出来事がこの後控えているのも知らずに。。。
勿論、私自身はこの時はそんなこと知る由もなく。。。


というわけで、続きます!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

tag : 牛久沼 金龍寺 星宮神社



管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!ようこそお越しくださいました(^-^)
心より歓迎申し上げます。
茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みに偏っている傾向があり時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございますのでご注意を!

どうぞ、ごゆっくり。

今日のおはなし、なあに?
皆様からのメッセージ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
こんなの書いてますよ!
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
こちらもよろしく!
RSSフィード
お友達募集中!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ニュースの森
バックナンバー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-