おいものテーマパーク:なめがたファーマーズヴィレッジへGO!<前編>

麻生藩家老屋敷を後にして向かった先は。。。。
ココ↓
DSCN3452.jpg
o(^▽^)o

DSCN3454_20160216222852e81.jpg
(((o(*゚▽゚*)o)))

DSCN3456.jpg
元・行方市立大和第三小学校校舎が、産地直売所兼テーマパーク兼ミュージアム、そしてレストラン併設のなめがたファーマーズビレッジに生まれ変わりました\(^o^)/
体験型農業テーマパークとして誕生したこのスポット、OPENのニュースを見てからずっと興味を持ち、来たくてたまらなかったのです(*≧∪≦)
DSCN3457.jpg
訪れたこの日は祭日(2/11)とあり、たくさんの人達で賑わっていました。特に家族連れが多かったです。
小学校自体は平成25年に閉校となりましたが運動場の遊具はまだ撤去されておらず、小さなお子様たちの良い遊び場になっていたようです( ^ω^ )
では、探検に出発
随時、イベントも開催されてるのね♪
DSCN3458_20160216224001c5f.jpg

玄関から入ると、すぐそこは直売所となっていて行方産の野菜やお肉等をはじめサツマイモを使ったお菓子とか、おにぎりとか。。。
DSCN3480.jpg
あちこち見かける”焼きいも”、”大学いも”の幟。。。
やっぱりサツマイモが中心ですね♪
ちょうど、バレンタインデー前でしたからほしいもをベースにしたチョコレートも(*^_^*)
DSC_0583_20160216224318b7f.jpg
ショコラほしいもだって!どんなだったんだろ(*≧∪≦)
申し訳ありません。買ってません
それにしても、焼き芋いっぱい!
DSC_0584.jpg

なんとサツマイモペーストで練ったおにぎりだって!
DSC_0585.jpg

ほんと、芋尽くしだねえ。。。(*^_^*)
DSC_0581_20160216224315663.jpg

お肉や玉子ももちろん、行方産です
DSC_0580_201602162240009f4.jpg

DSC_0582.jpg
直売所の中には他にパン屋さんやカフェもあり、ここだけでも十分楽しめちゃう!
新鮮な産地直売の野菜を買って、お茶できるなんて素敵だわ
DSC_0588.jpg
おいも熟成蔵
バーのような落ち着いた空間で、行方産の焼き芋が味わえちゃうんです
お土産や贈答品用もあります。

カフェ(サクラカフェ)では、行方産野菜を使ったジェラートやスムージーが楽しめるしパン屋さん(らぽっとファームベーカリー)のパンはさつまいもを原材料に使っているんです(* ´ ▽ ` *)
さらに、2Fレストランでは行方産野菜を使ったヘルシーなイタリアンが味わえちゃう!
DSCN3460.jpg
初めて訪れたところだから、ちょっと贅沢して私も今回はここでお食事しました。
既に順番待ちがたくさんでしたが名前を書いて約1時間30分後。
その間、時間がありましたのでレストランと同じ2Fにあるミュージアムを覗いていくことにします
DSCN3459.jpg
その名も、「やきいもミュージアム」
文字通り、やきいも=さつまいもをテーマにした展示資料ならびに体験型のミュージアムゾーン。
有料ですが、なかなか楽しく充実した施設です。
それに、最後まで見るとね・・・うふふ
DSC_0579_20160216230734dc5.jpg
では、続きは次回で( ^ω^ )

-なめがたファーマーズヴィレッジ-
茨城県行方市宇崎1561
○やきいもミュージアム
入館料 大人800円/子供600円/3歳以下無料
(団体は通常料金より50円引き)
HP→http://www.namegata-fv.jp/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/02/18 18:26 ]  行方市 | TB(0) | コメント(4)

行方のひな祭り~麻生藩家老屋敷にて

桜川市真壁に代表される県内のあちこちで始まったひな祭り
どの地域でもそれぞれ、良さがあって”今年はどこの雛人形を見に行こうか”と悩んでしまいます
今年初の「ひな巡り」、今回はあえて未訪問のスポットを訪ねてみました

行方市にある、麻生藩家老屋敷記念館にやってきました。
麻生小学校がすぐそばにあり、これを目標にされますと探しやすいです
DSCN3404.jpg
江戸時代に麻生藩の家老屋敷だったところです。ちょうど、現在小学校(麻生小学校)が建ってる場所に陣屋があったそうです。
麻生藩とは、慶長9年(1604年)から明治4年の廃藩置県までの267年続いた武家です。それまでに一時途絶えましたがその一族が継承し、藩政を繋げたとか。

藩がなくなった後も解体されずに残り、明治時代中期頃にかすみがうら市出身の福田さんという方が開業医を始めるにあたってこの屋敷を買い取り、地域の医者として生涯を送られたという話も残されています
DSCN3420.jpg
福田さんが亡くなられた後は家族が引き継ぎ、その後は旧麻生町に寄贈され現在に至っているのです。

この屋敷で医者を務められた福田さんは当初、海外留学の為の資金稼ぎに開業医をされたそうですがやがて地元の医師としてここに残ることを決意し、それまで留学資金として蓄えられたお金を開業十周年祝賀会で使い果たし、昭和20年に81歳で亡くなるまでこの場所で患者の診療を続けられたそうです
DSCN3412.jpg
海外留学を断念し、地域の医師としてここ・麻生の地に住む人たちの医療に人生を捧げる道を選んだというわけですね・・・
・゚・(つД`)・゚・
ちょっと名前が売れるとすぐ海外に飛ぶ現代のスポーツ界の人達に聞かせてやりたいな(笑)
DSCN3449.jpg
福田さんが地元医師の道を選ばなかったら、この屋敷はもしかすると残らなかったかもしれません
その家老屋敷では現在、つるし雛が展示されています。
DSCN3410.jpg
今回はそのつるし雛が目的です。
屋敷の中は立ち入り禁止ですので、外からのみ楽しむことになりますが可愛いつるし雛に暫しうっとり。。。
ではこれより、画像のみで失礼いたします
DSCN3426.jpg

DSCN3427.jpg

DSCN3434_2016021523272466d.jpg

DSCN3435.jpg

DSCN3441.jpg

DSCN3442.jpg

DSCN3446.jpg

DSCN3428.jpg
どれもみんな可愛くて、つい撮りまくりです
でもきりがありませんので当ブログでの掲載はここまでにいたします。
続きは是非、みなさんご自身の目で!
ひな祭り期間中はイベントも開催されるそうです
今月21日には稚児行列が、そして28日にも甘酒無料サービス等も!
詳細は行方市商工会さんのブログをご覧になられてくださいね
http://ameblo.jp/shokokai-namegata/
DSCN3448.jpg

ひな祭りが始まると、”もうすぐ春が来るんだなあ。。。”と実感します。
まだまだ寒いですが、春はもうすぐそこですね(*^_^*)
DSCN3429.jpg

DSCN3430.jpg
家老屋敷玄関前にて。


駐車スペースが屋敷前に数台分ありますが、満車だった場合は麻生公民館に駐車できるそうですのでご利用ください

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/02/17 18:59 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

八坂神社と馬出し祭

あそう温泉白帆の湯の隣・霞ヶ浦に面した位置に「八坂神社」があります。
松ノ木林の中にひっそりと佇んでいます
DSCN4856.jpg

DSCN4858.jpg

DSCN4869.jpg


で、神社境内からの眺めがまた素敵。。。
DSCN4860.jpg
向こうに霞むのは、筑波山。

DSCN4871.jpg
なかなか良いロケーションです
それもそのはず、「茨城百景」に指定されていますから。
DSCN4864.jpg
境内にあった、「茨城百景」の碑。指定年は不明。長年風雪に曝され老朽化が激しく他の文字は読み取れませんでした。

神社の設立年や由来を調べたくなり、境内をあちこちと探してみたところ・・・。
DSCN4865.jpg
慶長9年(1604年)、麻生藩が成立した後に藩内24村の総鎮守として祀られた、との説明が添えられていました。
小さいけれど、歴史のある神社のようです。そのことは、境内に点在する古い石碑等からも察することができます。
DSCN4867.jpg
↑常夜灯

この八坂神社にて、毎年7月の最終土、日曜日の2日間にわたり「麻生祇園馬出し祭り」という祭典が行われています。
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に見立てた飾り馬とスサノオノミコトを奉じた神輿がもみあう神事・・・八坂神社のお祭りについて、そのように説明されています。
そういえば「常陸国風土記」によるとこの地方には、ヤマタノオロチ(風土記では”ヤトの神”)のお話が登場してるけど、それと関係があるのかなあ・・・?と私的には思うのですが( ̄- ̄)
DSCN4861.jpg
この拝殿から鳥居にかけての参道を、馬が疾走しそれを神輿を担いだ男達が追いかけるという、激しいお祭りです。
旧藩政当時より藩主を中心として盛大に行われてきたとのこと。やがて廃藩となり時は流れ21世紀の現代となっても老年・壮年・青年そして少年らが一体となり奉仕する様は続いているというから素晴らしい
DSCN4870.jpg

2015年となった7月にもきっと、行われることでしょう。
霞ヶ浦湖畔、松ノ木林内で繰り広げられる”馬と男達の戦い”を1度、生で観てみたいものです
YOU-TUBEよりその動画を見つけてきましたので最後に掲載させていただきます。
短いですが、よろしかったら

※動画投稿者、またはサイト上の事情により削除される場合があります。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2014/12/13 22:41 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

5年ぶりに白帆の湯

日帰り入浴施設を目の前にしながら、入らずに帰る理由などあろうか
ましてや、タオルもちゃんと用意してあったのに(笑)
DSCN4851.jpg
公民館のイルミネーション点灯までまだ時間がありましたし帆引き船を見届けた後、「あそう温泉白帆の湯」に浸かっていくことにしました。
ここに来るのは2回目かな。前回は2009年の来館です。つまり東日本大震災の前ですな
暫く足を運ばないうちに、館内は少しリニューアルされたようです。
前回来たときにはなかった、足湯があるし。
DSCN4853.jpg
ちなみに、この足湯からはこんな景色が見られます。
DSCN4852.jpg
霞ヶ浦が真正面に
これが日没後はこうなります。

DSCN4896.jpg
素敵~!!
まるで、リゾート地に来たみたい。。。

こんな景色を楽しみながらお茶が楽しめる喫茶スペース「コテラス」も増設されました。
DSCN4876.jpg
行方市産のお土産(ワカサギや鮒の甘露煮や白魚、レンコン等)の販売スペースも設けられていますのでお帰りに是非、ご利用ください!私もお風呂上りにワカサギの甘露煮とソーセージを買いました。

浴室内は撮影できませんので画像抜きで失礼いたします。
館内の様子はコチラをご覧ください→http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page000590.html
お風呂はメタケイ酸含有規定泉という泉質。茶褐色ですが無臭のお湯で心からほっこり温まれます
サウナと薬湯がありますが、なんといっても素晴らしいのは内風呂浴槽や露天風呂から眺めることが出来る、広大な霞ヶ浦の光景です(≧∇≦)!
DSCN4882_2014121222524302b.jpg
※画像はイメージです。
本当に、浴室から霞ヶ浦のパノラマ展望を楽しむことができちゃう!
特に晴れた日の夕暮れ時なんか最高!!
温泉の効能で”体の癒し”と、悠々とした霞ヶ浦を堪能できる”目の癒し”。
ダブルの癒しを満喫できること、間違いなし

癒しの時間を過ごしているうちに、”そろそろかな?”という時間になってきました。
完全に陽も沈み、辺りはすっかり夜。
DSCN4895.jpg
窓越しに見える、綺麗なお月様。。。。
・・・と思いきや、実は窓ガラスに反射したお月様でした
実際のお月様はこの反対側(笑)

平日も土日祝日も、大人料金700円(17:00以降は500円)。県内の日帰り入浴施設としては安いほうですね。
行方市を訪れたら必ず立ち寄っていきたいスポットです

あそう温泉白帆の湯
茨城県行方市麻生419-1
営業時間 10:00~21:00
定休日:毎週水曜日(但し祝祭日は営業、翌日休業)
HP→http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page000590.html


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2014/12/12 23:07 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

天王崎公園にて

かすみがうら郷土資料館を後にしていざ、行方市へ!
DSCN4839.jpg
勿論、既に当ブログで記事に書いてる「行方ウィンターフェスタ」を見るためです
イルミネーションを見る前に、見たいものがありましたので麻生公民館へ向かう前に寄り道をしていくことにしました。

そして・・・・・
やってきたのは、日帰り入浴施設「あそう温泉白帆の湯」
DSCN4851.jpg
なあんだ、結局温泉か
いやいや、確かにお風呂にも入りましたがその前に聞いてください

本当の目的は、この温泉施設の付近にある天王崎公園なんです。
DSCN4850.jpg
カーナビで検索かけようとしたところ、「天王崎公園」では”検索条件が見当たりません”とのエラーメッセージが出てしまいまして。この公園が白帆の湯の近くだということは地図で確認していましたので、この施設名で検索をかけて辿り着いたというわけなのです

マイカーを白帆の湯駐車場に停め、玄関を通り抜け公園を散策します。
陽が傾く時刻の早い今時期、午後3時を過ぎた時点でいい感じになってる。。。
正面は霞ヶ浦です。
DSCN4854.jpg
天王崎からの夕陽を一度、見てみたいと思いあえてこの時間を狙ってやってきました。
そうそう、ここから筑波山も眺めることができます
DSCN4857.jpg
この日は晴天でしたから、筑波山もバッチリでした!
こんな光景も、いつか撮ってみたいと思ってたのよねえ。。。(* ̄▽ ̄*)
DSCN4859.jpg

DSCN4872.jpg

DSCN4874.jpg

適当にお散歩しているうちに陽の傾きもいい感じになってきましたので、そろそろ温泉に行こうかな?
と、思い始め”回れ右”しかけたその時。。。。。
DSCN4877.jpg
杭のずっと奥、お分かりでしょうか・・・?
では、カメラのレンズをズームアップ!
DSCN4878.jpg
帆引き船です
毎年初夏から秋にかけて土浦・かすみがうら・そしてここ行方の3箇所にて行われている観光帆引き船。
他は11月いっぱいなのですが、行方市のみ12月初め頃までの開催でした。(12/7に本年度終了)
そういえば私が公園を歩いている時、救命具を身に着けた団体さんがぞろぞろと歩いていたっけ。
おそらく観光帆引き船を見物する人達だったに違いありません。
DSCN4879.jpg

夕陽を背景に霞ヶ浦の上に浮上する帆引き船がなんとも哀愁を漂わせ、ロマンチック
DSCN4882.jpg

DSCN4881.jpg

あ!もう一艘きました
DSCN4883.jpg

霞ヶ浦湖上の、”白い恋人たち”。。。
DSCN4884.jpg

2艘の船は、まるで夕暮れのデートを楽しむカップルのように、霞ヶ浦の湖上を滑るように進んでいきます。
その姿にしばし見惚れる私。。。
DSCN4887.jpg

DSCN4888.jpg

DSCN4889.jpg

DSCN4891.jpg

DSCN4892.jpg
2艘の帆引き船が去っていくのを見届け、私は冷えた体を温めるべく白帆の湯へ。
見たいと思っていた天王崎の夕陽が見られただけでも満足なのに、なんと帆引き船のおまけ付き(≧∇≦)!
なんてラッキー
少々早めのクリスマスプレゼントをもらっちゃったかな?



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2014/12/11 22:51 ]  行方市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-