ひなまつりだよ全員集合!<前篇>

石岡記事が続きます。大目にみてください(笑)

先週の日曜日、石岡駅のステーションパーク(からくり時計のあるところ)で雛巡り同時イベントとして
開催された「ひなまつりだよ全員集合!」
DSCN1189_20170301222400577.jpg
午前中のうちから開催されていましたがこの時既に午後1時過ぎ。でもせっかくですからちょこっと覗いていくことにしました。
おお、やってますねえ
DSCN1192.jpg

DSCN1193.jpg
石岡市のキャラクター:恋瀬姫がお出迎えですか
飲んで食べて、皆さんすっかり盛り上がってます。
DSCN1194_20170301222405872.jpg
フードコーナーがずらりと会場を囲んでいました。
既にお腹は満たされていましたから、こういったフードコーナーは観るだけ(笑)
DSCN1195_2017030122240672e.jpg
御幸通り突き当たりにあるお弁当やさん”たやま”さんも参戦ですね
参加された市内のお店は他にも!
DSCN1197_20170301230815ec3.jpg
居酒屋浪漫さんでは、唐揚げやミニお好み焼きを販売。
空腹にしておくんだったなあ
DSCN1199_20170301230817681.jpg
御馴染、石岡あきんどの会さん出店みそ焼きそば
石岡市内のイベントではレギュラーですね♪
今回は無料試食タイム付
DSCN1200_201703012308177ab.jpg
”無料”という言葉の魔力は凄いね
私の場合、別なイベントの時に食べましたが真面目に美味しいですよこれは。皆さんも機会ありましたら是非!!

ステージイベントも着々と進み、キッズダンスの時間となりました。
DSCN1210_2017030123081902f.jpg
可愛いキッズダンサー達が続々登場!!
DSCN1213_20170301230820978.jpg
時には色っぽく(* ´ ▽ ` *)

DSCN1216.jpg

そして躍動的に。。。
DSCN1215_20170301231907910.jpg

最後はみんなで”恋瀬姫わっしょい”♪
DSCN1220_20170301231909709.jpg
みんな、お疲れ様~

キッズダンスが終了し、ラストプログラムとなりました。
最後はやはり、”お囃子”でしょう。
DSCN1223_201703012319119cc.jpg
今回のお囃子は”森木町”。
実は私、このイベントで一番楽しみにしていたのがこのお囃子なんです( ^ω^ )
石岡、といえば”石岡まつり”ですもんね♪

というわけで後編で、その模様を詳しく書かせていただきます

本日のおまけ画像:石岡駅より
DSCN1196.jpg
やっぱり、このショットが一番好き!
駅前ロータリー工事、早く終わらないかなあ。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/01 23:28 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

金刀比羅さんの雛飾りとカフェ森樹

昨年の雛巡りの際にも訪れた石岡市府中の金刀比羅神社。
また今年もやってきました
DSCN1171_2017022821290271f.jpg

まずは拝殿にご挨拶
DSCN1181_201702282129592bc.jpg
お賽銭箱中央の”金”マークが目に留まるねえ(笑)
で、昨年と同様に拝殿横にそれはありました。
DSCN1177_20170228212958608.jpg

御船の雛飾りです
DSCN1172_201702282129042c3.jpg
ビニールカバーがかけられていますが。
雨風除けか、盗難防止か。
DSCN1173.jpg

DSCN1174_20170228212906a1b.jpg

DSCN1175.jpg

DSCN1176_20170228215345c4a.jpg
ビニール越しではありますが、たくさんの人形たちの様々な表情や仕草が楽しめます。
3月3日(金)で間もなく終わってしまいますが「いしおか雛巡り」に訪れられましたら是非、こちらもお楽しみください

さて、今回のランチは以前から気になっていたお店で。
金刀比羅神社から少し歩いたところにあるカフェ”森樹(もりき)”で。
キャプチャ
国府公園のそばにあります
数年前のNHK番組「鶴瓶の家族に乾杯」でも登場したお店。
DSCN1182_20170228213001407.jpg
”営業中”とは別に”やってます”の表示。
2階階段を上がったところが食事処となっています。この日は小学生の姉妹がお手伝いをしていました。
エビピラフ食べよう、と決めて来店したのにメニューの”MORIKI風定食”というのが気になり、これを注文。
手間がかかるお料理だったようで(というよりも、ご飯ものはどうやら時間がかかるみたいです)、結構待たされました
DSCN1184.jpg
本日の”MORIKI風定食”・鶏のみぞれ煮
美味しそうな匂い。。。出来たばかりでアツアツです
DSCN1185.jpg
美味しくて、ご飯が進む~!!(*≧∪≦)
これに食後のアイスコーヒーが付いて、全部でなんと900円。安いですねえ。。。
他に、ナポリタンやピラフ、オムライス等の洋食やメガ盛り丼(かつ丼)等のボリューム重視なメニューもあります。
家庭的な雰囲気で、和みやすいけれど時間を気にされる方やお急ぎの方は遠慮された方が良さそうです

◆森樹
食べログ紹介ページ→https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080203/8001710/
石岡市国府6-2-7
Tel:0299-24-2888
石岡駅[出口]から徒歩約10分
営業時間:10:00頃~22:00頃まで


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/02/28 22:50 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

旧木之地町~愛宕神社と梅

常陸国総社宮を後にして、次は金刀比羅神社を目指して歩きます。
でも今回はちょっと回り道をしてみようと裏通りを歩き、タイヨー(スーパー)前を通って国道355に出ることにしました。
キャプチャ

少し歩くと、”木之地町(きのじちょう)”と書かれた碑が立っています。
DSCN1156.jpg
旧町名です。現在は一部が国府3丁目となっており、残った地域が府中2丁目になっているそうです
江戸時代から昭和52年の3月31日まで使用されていた地名ですが、古い記録書によると鎌倉時代には既にその地名(木地、木之地町の元になった地名?)が使われていたとされ、歴史ある地名のようです。
DSCN1157_20170227212424844.jpg
かつては石岡まつりの際の年番町の1つでしたが昭和27年に少人数等を理由に年番を辞退したと聞いています。
そんな”旧木之地町”碑があるそばに、愛宕神社がありました。
DSCN1155_20170227212421c77.jpg
民家と民家の間にひっそりと鎮座しています。
見るからにかなり古そうな神社。拝殿と思われる建物には豪華な装飾などありません。
DSCN1159.jpg

手水舎だったのでしょうか。。。
DSCN1160.jpg

DSCN1168a.jpg
DSCN1168b.jpg
”愛宕神社”と書かれていますねえ。。。
祭神はカグツチノミコト=火の神だそうです。調べたところ、同じ祭神を持つ同名の神社=京都の愛宕神社がそうですのでもしかすると何らかの関係があるのかもしれません。
DSCN1158.jpg
”木之地のみろく”というものが祭礼時の出し物だったそうです。四角い屋台の上で口上とともに人形が踊る、という名物出し物だったとか。
※そのことについて書かれているページを探してまいりました↓
http://www.geocities.jp/ishiokastory/023.html

嘉永4年にお披露目され、その後途絶えましたがそれから83年後の昭和9年の総社宮大祭礼(石岡まつり)で突如復活、それを最後にお祭りの場に登場することはなくなったそうです。
現代に復活は・・・木之地町自体も年番から脱退していますし規模を考えるとまず無理でしょう
今では見られないものとなると、余計に見たくなる(笑)
石岡まつりの”幻の出し物”。。。非常に興味深いです

さて、愛宕神社拝殿脇に”城之内稲荷宮”と書かれた境内稲荷があるのが目に留まりました。
DSCN1161_20170227222030b51.jpg
残念ながら詳細は不明
でも鳥居の傍の梅が、ほぼ見頃を迎えていました
DSCN1167_20170227222036bdf.jpg

DSCN1163_201702272220328c6.jpg

石岡の街中で観梅できるなんて(≧∀≦)!
DSCN1164.jpg

DSCN1165.jpg
この梅の木は、愛宕神社や旧木之地町の歴史を知っているのでしょうか。。。
木之地のみろくのことも。。。。
DSCN1162.jpg
見上げてみると、結構咲いてますなあ

愛宕神社参拝(?)を終え、国道355に向かって歩いていたらこんなところに”木之地”の文字が
DSCN1169.jpg
地図からは消えたけれど、バス停名では存在しているのですね。”木之地”の地名が。
歴史を巡る旅(?)は、やっぱり面白いo(^▽^)o
今日も御閲覧ありがとうございました!

 
にほんブログ村
 [ 2017/02/27 22:37 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

いしおか雛巡り2017~常陸国総社宮

年明けて、初めてとなる総社宮参拝など
DSCN1144_201702262243449c3.jpg
石岡を何度も訪問してるのに、総社宮の神様を無視するなんて
最近、気力もですし何かにつけうまくいかないのもそれが一因だったかも?と信じる私でした(笑)
DSCN1142_2017022622434199a.jpg
やはり、きちんとお参りをしておかねば
合掌・・・
DSCN1143_20170226224343ceb.jpg
よし。心が落ち着いた!
では、本来の目的を。
そう、これを観る為にやってきました
DSCN1145_201702262243457cf.jpg
神殿に飾られた、雛段飾りです。
全部で何セットあるのでしょう。。。
DSCN1146.jpg

フルセットで揃えられた段飾り、威厳すら感じさせます
DSCN1147_20170226225056001.jpg

DSCN1148_20170226225058bd8.jpg
総社宮神殿に置かれたのが、全然違和感なくそれどころかこの人形らの為に用意されたステージの如く、はまってますねえ。。

DSCN1150.jpg

どうやら、ここにあるのは近隣の町のとある持ち主から寄贈されたもののようです
DSCN1151_20170226225100922.jpg

みんな同じ表情のように見えても、一つ一つじっくり見るとそれぞれ表情も着物の色も微妙に違いますね
DSCN1152.jpg

昨年は確か、常陸国総社宮の修復工事で展示が行われませんでした。
2年ぶりの登場ですね
DSCN1153_20170226225819313.jpg
落ち着いて静かに雛人形を観たい。。。そんな方ならお奨めです。
荘厳で神聖な総社宮の雛飾り、なかなか素敵です


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/02/26 23:04 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

いしおか雛巡り2017~まちかど情報センター

いしおか雛巡りの中でも中心はやはり、まちかど情報センターの歴史絵巻でしょう
今年も豪華絢爛に装飾されています
DSCN1095_20170224230146799.jpg

竜神山の龍が運んできた、今年の物語は。。。。
DSCN1112_20170224230151ce4.jpg

DSCN1096_201702242301487a3.jpg
時は春 
常世の国と謳われた
筑波の峰に雲なびき
管弦の響きはこだまする
今宵は千年に一度の
鶴と亀の祝言の日


DSCN1114_201702242301522ce.jpg
DSCN1113_2017022423075456a.jpg
その昔、亀につれられ竜宮の城を訪れた一人の男。。。
夜も闇もない常世の国で来る日も来る日も宴は続き、もはや月の満ち欠けも年月の流れも忘れて暮らしているうちに男はふと、故郷が恋しくなります。
DSCN1099.jpg

そして、旅立ちの時
竜宮の乙女は男に小さな箱を一つ手渡し、言いました。
・・・けっして、この箱をあけてはなりませぬ。。。

元の浜に帰ってきた男が目にした風景は、生まれ育った故郷の風景ではなく行き交う人も見知らぬ人ばかり。
そこで彼は、竜宮の城で暮らしている間に年月が経過してしまったことに気づきます。途方に暮れた彼はとうとう、”禁断の箱”をあけてしまいました・・・・そして・・・
DSCN1110.jpg
たちどころに白い煙が箱の中から出て、男はあっという間に白髪のおじいさんになってしまいました。。。。

もう、お分かりですねおとぎ話「浦島太郎」の物語です。
でも。。。なんだか疑問を感じませんか?
せっかく命を助けてくれた浦島太郎を竜宮の城で時の流れを忘れるほど夢心地を味わわせ(ある意味、監禁じゃん)、”あけてはいけない箱”を持たせ、すっかり変わってしまった元の世界へ戻した上におじいさんになってしまう。。。
なんだか変なお話ですよね?

実はこのお話、本来はもっと違う展開なのでは?
今回の歴史絵巻情景飾りは、そこに焦点が当てられたそうです。
DSCN1101_20170224231116330.jpg
室町時代に書かれた御伽草子では、浦島太郎はおじいさんではなく鶴になり、大空に舞い上がっていくのです。そして、彼を待っていたのは亀の姿で竜宮の城へ案内した海の女神、つまり乙姫でした。
2人はその後めでたく結ばれ、共に長寿のシンボルとして崇められるのです。
これぞ、「万年の旅、千年の恋」、浦島太郎のお話は実は恋愛物語だったのですね
DSCN1115_20170224232557a1e.jpg

今回の情景飾りは、そんな2人を祝福する宴の模様となっています
人形の様々な表情やしぐさをじっくり楽しまれると面白いと思います
DSCN1116_201702242325580a0.jpg

DSCN1120_20170224234052151.jpg

DSCN1105_20170224231117611.jpg

DSCN1102.jpg

DSCN1106.jpg
ん??

DSCN1107_20170224230752668.jpg
こういった、時事ネタを盛り込んでいるところも毎年来るお楽しみの一つ
今年はどんな”変わり雛”?があるのかなあ、と期待してたりして。
DSCN1119.jpg
茨城県民にとって、やはりこの話題は外せないでしょう
今回は特別、大正時代のお雛様も展示されています。
DSCN1117_201702242333011ad.jpg
最終日の3/3(金)まで毎日展示されています。
雛飾りをゆっくりと鑑賞された後は、いしおかサンドでお茶などいかがですか?

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/02/24 23:44 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-