いしおかの雛祭り

雛祭り(3月3日)が昨日で終わり、雛人形を飾られていたご家庭でも雛祭りイベントが開催されていた地域もお片付けをされたことでしょう。
先月17日より開催スタートした「いしおか雛巡り」も昨日3月3日が最終日でした。
最終日となるこの日は駅隣接のステーションパークにて盛大に雛祭りイベントが行われました
DSCN8252.jpg

DSCN8254_20180304165507061.jpg

DSCN8253_20180304165506d34.jpg
さすが”お祭り”の町
盛り上がっています
DSCN8255.jpg
私が出没したのは午後からでした。10:00からこのイベントがスタートしていましたから丁度後半の頃になりますが、会場はまだHOTです。
餅つきとか。
DSCN8256_2018030416551035c.jpg

ポンせん(ひなあられ)とか。
DSCN8265_20180304171137ebf.jpg
大きな破裂音と共に、米粒があっという間に美味しいお菓子に変身です
数十分後にこの通り↓
DSCN8270_201803041711380ba.jpg
お米は石岡のお米「恋瀬姫の舞」が使用されています
無料配布でした!
このイベントではほかにけんちん汁、おしるこがなんと無料!!
DSCN8274_20180304171141818.jpg
しかも、おしるこやけんちん汁に含まれたお餅はこの会場内でついたもの。
これをタダで振舞ってしまうとはなんたる太っ腹!!
DSCN8272_20180304171140e05.jpg
けんちん汁も具だくさんで味もよく、これを無料にしちゃうなんて大丈夫??
と、逆に心配してしまいます^◆^;
輪投げコーナーなんかもあり、すっかり縁日
DSCN8275.jpg

ステージイベントやスタンプラリー等、ミニ企画も盛り込まれたステーションパークでのひな祭りは15:00まで行われました。
その2時間後、この日はもっとお楽しみが待っています。言うまでもなく私はそちらが目的でした
そのお話は後日あらためるとしまして、その前にまちかど情報センターへ。
DSCN8287_20180304173448871.jpg
え?まちかど情報センターってもう行ったでしょ?
あの情景飾りをまた観に行くの?
・・・と、お思いになられますよね?

でも前回訪問した時にいなかった、”追加メンバー”が加わっていたのです
DSCN8284_201803041734458d3.jpg
中央には表彰台、そして花束を持った”安部清明”。
そして、彼の横には・・。
DSCN8286.jpg
ハチミツ、大好き

今回もやりましたねえ。。。
レアネタ満載です。
DSCN8288_20180304181657ded.jpg
出たあ、”そだねージャパン”(カーリング女子チーム)
こちらは、パシュート!!
DSCN8290_20180304181659719.jpg

小平選手の友情物語
DSCN8291_20180304181700dcf.jpg
日本人選手の活躍が目覚ましかった、今回の冬季オリンピック。
平昌オリンピックにおいて話題を呼んだ数々のエピソードがたくさん、取り入れられています。

将棋界でも若手のホープ、藤井聡太6段の活躍が著しいですね
DSCN8294_201803041817027ff.jpg
世代交代?
右:藤井六段 左側がひふみんこと加藤一二三氏。

雅な歴史絵巻の中にさりげなく(?)組み込まれた遊び心。
人形たちが織りなす物語の世界に浸りつつ、”隠れキャラ”や突っ込みどころを探してみるのもまた面白いかもしれません。
DSCN8296_20180304181703add.jpg

DSCN8297_20180304181705eb9.jpg
壁には番付表。
もうすぐ始まる春場所を心待ちにしているのでしょうか、この人たちは。
「稀勢の里、大丈夫だっぺか?厳しいわな」
「それよりここんとこ、不祥事ばっかりで相撲もなんだかごじゃっぺになってんな。これ以上荒れなぎゃいいが。」
「いやどーも」
・・・こんな会話してたりして。勝手に想像してみました

土佐日記、竹取物語の世界を楽しんだ後はご自身の”想像の翼”を広げ独自の”空想の旅”へ!
DSCN8302_2018030420255384b.jpg

「いしおか雛巡り」は3月3日で終了ですが、まちかど情報センターの情景飾りは来る11日まで展示が行われています
まだご覧になられていない方、どうぞお出かけください。
DSCN8303_20180304202554e13.jpg


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/03/04 20:33 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

雛祭りと酒場巡り

真壁のひなまつり記事途中ですが告知です。
来る3月3日、JR石岡駅隣接のステーションパークにて「いしおかひなまつり」が開催されます
ivent20180303.jpg
雛あられやおしるこ等の無料配布の他、ステージイベント盛りだくさん!!
当日は15:00までお祭り騒ぎになりそうですよヾ(o´∀`o)ノ
DSCN8077.jpg
勿論、雛巡りも開催中。この日が最終日となりますが、今日のIBS(茨城放送)によればまちかど情報センターのみ3月7日まで展示されてるそうです。
まだご覧になられていないという方、ステーションパークのイベントデーの際ぜひ!!
DSCN8093.jpg

そして、3月1日から3日間。
御幸通り商店街におきまして、酒場巡りが開催されます。
DSCN8097_2018022721214150b.jpg
いづれの日も午後5時よりスタート。チケット制ですので事前チケット購入が必要となります。
(当日券購入可能、但し金令堂さんでのみの販売)
チケット案内
3枚綴りで1セット2,600円、
「え?高くね?」
と思われますか?それとも安いと思われますか?
1店舗で振舞われる酒場巡りメニュー(大体、ドリンク+おつまみ盛り合わせまたは小料理1品といった感じかな?)が900円相当だとすれば安い?

興味を持たれた方は、こちらもぜひ参加してみてください
実はひな祭りよりも酒場巡りの方を楽しみにしている私、3月3日に当日券を購入して参加する予定です(* ´ ▽ ` *)
IMG_20170917_130745_1.jpg

酒場巡りに関しましては御幸通り商店街さんのブログをご参照ください!
http://ishioka-miyuki.sakura.ne.jp/
DSC_0262_20180227215432822.jpg
※お車を運転されてご来場された方は参加できませんのでご注意ください!

すっかりお馴染となった場所ですが、”はしご酒”は初めてです。
夜の御幸通りでちょっぴり大人(?)な過ごし方をしてみるのもスリリングで面白いかな
もしかすると、素敵な出会いもあるかも・・・?なんてね


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/27 22:05 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

ふるさと歴史館と梅

日にちは少々、遡りまして。
常陸国総社宮へ向かう際、石岡陣屋門をちょっと過ぎた時にこの看板が目に留まりまして。
DSCN8024_20180223222831413.jpg
現在、ふるさと歴史館(石岡小学校敷地内)にて企画展「むかしむかしの物語~石岡の昔ばなしの世界」が開催されています。
(~4/30まで 月曜日休館 10:00~16:30)
面白そうでしたので、総社宮へ行く前に立ち寄ってみることにしました
DSCN8039_2018022322283958f.jpg

皆さんの住んでいらっしゃる地域にも、昔から言い伝えられている郷土の昔話があるかと思います。
”歴史の里・石岡”にも勿論、ございます。
その昔話を訪ねる資料展示が館内で行われていました。雛人形も展示されています。
染谷地区という場所が舞台となる「子は清水」や、舟塚山の「護身地蔵のはなし」、十三塚(旧八郷町エリア)の大鼠の話etc。。。
詳しく紹介されているサイトを見つけましたので、リンクさせていただきます。
http://www.rekishinosato.com/mukasibanasi.htm
歴史館に展示されている物語はほんの一部ですが、こちらのサイトに掲載されていますのでよろしかったらご覧になられてみてくださいね

これらの物語の背景となるエピソードもちゃんとあり、それにまつわる史跡も存在しています。昔話の史跡巡りをしてみるのも面白いかもしれませんね

さて、歴史館へ向かう手前で紅白の梅が花開いているのを発見しました
DSCN8025.jpg

DSCN8026_201802232228352b5.jpg

DSCN8027_20180223222837d60.jpg

DSCN8033.jpg

DSCN8036.jpg

あれから1週間。
どこまで開花が進んだかなあ。。。
 [ 2018/02/23 22:51 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

歴史絵巻~紀貫之と竹取物語

雛巡りスタンプラリー、最後に訪れたのはやはりココ。
まちかど情報センターです。
ここでしか観ることのできない、雛人形で語る古典文学の世界。。。
DSCN8082.jpg
今年も竜神山の龍が、一つの物語を持ってきてくれました。
果たしてその物語とは。。。
DSCN8073_2018021921485141f.jpg

今から千年以上、前のお話。
「土佐日記」で知られる、紀貫之が今年のテーマ。
DSCN8074.jpg
土佐の国で国司としてのお務めを果たし、その任務を終えた彼は師走のある日舟に乗って土佐を後にしました。
長年連れ添った、妻と共に。。。

DSCN8080_20180219214854391.jpg
旅の最中に夫婦の胸にこみ上げるのは、土佐での赴任中最愛の娘を亡くした哀しみ。。。その哀しみは深く、旅先で出会う美しい景色も楽しい思い出も、そして冷たい泉の水さえも感じることが出来ないほどでした。
そんな気持ちのまま、2人は昔懐かしい京の家へ。。。
DSCN8084_201802192148574fb.jpg

久しぶりに帰京した夫婦を待っていたのは、荒れ果てた家と口枯れた松の木でした。ですが、その松の一部分から新しい松の木が生えていました。その様子に彼らは再び亡き娘のことを思い出し、再び哀しみの世界へ。。。

「土佐日記」はここで終わるのですが、実は続きがありました。
私たちがよく知っている、あの物語と繋がっていきます。不思議なくらい、自然な形で。
DSCN8088_201802192202400a2.jpg

そして・・・・
DSCN8079_2018021922023837f.jpg
かぐや姫の正体は・・・?彼女は何故、この世界に降り立ったのか?
その答えは「まちかど情報センター」で明らかに?!

DSCN8098_20180219220241597.jpg

DSCN8099_201802192202424ae.jpg

DSCN8101_20180219220244532.jpg

宴の光景など、まるで生きてるみたいです
DSCN8105_20180219222415ae7.jpg

化粧直し中
DSCN8108_201802192224182d4.jpg

ここに足を運んでいただく楽しみを持っていただきたい為、当記事ではこのくらいまでにさせていただきます。
DSCN8107_201802192224163f5.jpg
誰?

そういえば、今年は「時事雛」がいないなあ・・・・。あれも楽しみにしているんだけど。
と、思っていたらいきなり視界に!!
DSCN8112_201802192224193d9.jpg
あの後ろ姿は・・・・?

学生時代に誰もが1度は習ったはずの古典文学。それらの作品をモチーフにいつも斬新なアイデアで絢爛な平安時代の世界を雛人形により3D的に綴っていく歴史絵巻は、いしおか雛巡りのメインと言ってもよいくらい素晴らしい作品です
美しさの中に、軽い御笑いも取り入れ年代や性別を問わず誰にでも楽しんでいただける設定は毎年訪れる価値十分。
県内のあちこちで今、「雛祭り」モードですが石岡にも訪れてみてくださいね

これだけの装飾をされた情報センタースタッフさん方にも拍手を送ります
毎年、お疲れ様です。そして、ありがとう

おまけの画像:大正時代のお雛様
まちかど情報センターに展示されています。合わせてご覧になられてくださいね!
DSCN8109_20180219223245c4f.jpg

DSCN8111_20180219223247bbb.jpg

【追記】
「いしおか雛巡り」ではイベントも同時開催!
今週末も雛祭りイベントが開催されます
お時間のある方はご参加してみてくださいね♪
DSCN8094_201802212138218f9.jpg

DSCN8096_2018022121382273c.jpg






今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/21 18:45 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

まち蔵藍の雛飾り

続いて向かったのは、「丁字屋」ことまち蔵藍。以前も記事に書いたことのある施設ですがあえて今回も
建物は国の登録文化財に指定されています。
江戸末期~明治初期あたりの建築と言われ、昭和4年に起きた”石岡の大火”時、唯一焼失を免れた商家建築だとか。
非常に貴重な建物です
DSCN8071_201802182206573c2.jpg
昔は染物屋でしたが現在は駄菓子や石岡まつりの祭りグッズ、御土産品等の販売と喫茶店としての営業が行われています。
そして、観光情報発信のアンテナショップとしての役割も
スタンプラリー対象施設でもあり、今回も立ち寄らせていただきました
DSCN8053.jpg

お店の中には大正~平成の雛人形が展示されています。
DSCN8054.jpg

DSCN8055_201802182206540af.jpg
見学させていただいている最中、時を知らせる柱時計の”ボーン”という音。
懐かしい!!

中も見させていただきました
DSCN8058_20180218220655da7.jpg
段飾りや女性会の人達が作った吊るし雛が展示されています。
お店の方がサービスしてくれた甘酒を飲みながら、落ち着いて拝見させていただきました。
DSCN8059_201802182215477b0.jpg

DSCN8066.jpg

あら、箪笥をそのまま利用して雛段にしてる
DSCN8068_20180218221551886.jpg
こういった工夫(?)は、2階でも見られました。
写真撮影はしませんでしたが、下駄箱の上にも雛人形が飾られていたのです。
あ、こんなところにまで
DSCN8069_201802182215535fd.jpg
当記事中6枚目の写真、段飾りと段飾りの間にあったものです。

2階の部屋にやってきました。
(※階段は狭くてかなり急ですので、上がられる際はくれぐれもご注意ください!)
DSCN8063.jpg

DSCN8062_2018021822222777a.jpg

確か昔、女中さんが寝泊まりしていたという部屋だったと聞いたことがあります。
(※お入りになる際は頭上にご注意ください!以前、TV番組撮影で俳優の佐々木蔵之助さん(2017年上期のNHK朝ドラ「ひよっこ」で主人公のみね子が働いていた洋食レストランのシェフの役を演じられてた方)が思い切り頭をぶつけていました
DSCN8064.jpg
梁の部分、まるで大木が部屋を突き抜けたみたいで何度見ても凄いなあ

2階もまた、畳の間でどことなく懐かしさ感じる家具を見ているといつしか時間を忘れ、長居してしまいたくなります。
でもそうはいきませんので、あの階段を下り2階を後にしました。

まち蔵藍さんは普段の日でも内部見学が出来ます。(店員さんにお声を一声かけてくださいね
お茶も飲めるし夏はかき氷の販売も行っています。
立ち寄ってみる価値は十分アリですね

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/20 19:57 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー