FC2ブログ

梅津会館と塩町館

太田一高見学後一旦、街中に戻り郷土資料館「梅津会館」にやってきました。
今回の集中曝涼では総合案内所となっています。
DSCN6020_201710242157333cd.jpg
この施設につきましては数年前、当ブログの記事で書いておりそちらで詳しく触れていますのでそれを見ていただいた方がよろしいかとそういうわけでここでは省略いたします。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2338.html
太田町役場→常陸太田市役所として昭和53年まで実際の業務に利用されていました。翌年から常陸太田市郷土資料館となったのです。平成23年の東日本大震災被災後、耐震補強と竣工時の姿に復元する工事が行われ平成26年11月にリニューアルオープンとなりました
DSCN6021_2017102421532147f.jpg
常陸太田市の市章も刻まれています。合併前からこのマークだったのかな?
この日、姉妹都市三市連携10周年企画展「秋田市・仙北市の指定文化財」展と佐竹氏ゆかりの品々(甲冑など)の展示が展示されていました。
この施設の建設者・梅津福次郎さんの写真と関連資料も。
DSCN6037_20171024215323086.jpg
※写真撮影OK、フラッシュ使用のみが禁止です^-^;
資料を閲覧後、梅津会館でトイレ(綺麗ですよ)を拝借し館内を出た頃は丁度ランチタイム。
どうせなら、ここ梅津会館から歩いて移動できるところで文化財巡りにふさわしいクラシカルな場所でお食事を。。。
なんて、贅沢なこと考えちゃって
DSCN7114.jpg

以前から気になっていた、「塩町館」へ。
DSCN6043.jpg

DSCN6044_201710242153262fa.jpg
常陸太田に来たら”とにかく美味しいそば”を食べたかったのです。
美味しいと評判の、このお店に即決でした。
DSCN6038_2017102422144150d.jpg
普段、来れないお店だからたまには贅沢して4品コース(せいろそばの他、そばがきやデザートが付くセットメニュー)にしようか。。。それとも。。。
お店の人に大きな声で言えませんでしたが正直、”お財布と相談しなくちゃ”という感じです。何しろ、一番オーソドックスなせいろそばが1000円、お札を持っていなければこのお店で食べられるものはありませんメニュー見て”あちゃーっ(>_<)!”と思いましたがもう遅い(笑)

結局、きのこぶっかけ蕎麦(1340円)にしました。
待つ間、これから探訪しようと思っているスポットの予習&ルート確認。
さあ、来ました!
DSCN6039_2017102422144427f.jpg
おかかたっぷり
そしてきのこの種類も!!
DSCN6041_20171024221447abf.jpg

かつおぶしときのこを掻き分け、そばをすすってみたところ。。。
美味しいっ!!(*≧∪≦)
DSCN6040_20171024221444ee7.jpg
細いけどコシがしっかりとしていて、喉越しもツルツル。
これはイイッ!(* ´ ▽ ` *)
具がたっぷりと入っていたので、お腹も充分いっぱいになります。
最後は残りのつゆに温かいそば湯を混ぜ、飲めば体ぽかぽか気分もほっこり

塩町館でそばを打ってる店主は市内に店を構える慈久庵の店主を師匠に持ちそば打ちの修行を行ったそうです。こうなると慈久庵のそばも是非食べてみたいものです

塩町館
常陸太田市西一町2325-1
TEL:0294-72-5911
営業時間
11:00-14:30
17:00-20:30
定休日:木曜日
HP→http://www.jikyuan.co.jp/shiomachi.html


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/10/24 22:45 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー