INDEX    RSS    ADMIN

結い市へ行ってきました!<その弐(ミトセン地酒まつり)>

さあ、やってきました
ミトセン地酒まつり
DSCN5954_20171010225636622.jpg
会場は健田須賀神社から2,3分程離れた場所で行われていました。
ぶっちゃけ、このイベントに参加するのが今回の「結い市」にやってきた目的だということは言うまでもありません(〃▽〃)
ここ最近、特に飲酒量が増えちゃって。何しろ色々・・・・っていうのはこっちの話(笑)

結城からスタートし、下館(筑西市)→岩瀬(桜川市)→稲田・笠間・友部(笠間市)・・・ときて最後が水戸。
全部で15銘柄がエントリーしています。それがなんと無料試飲すごいですねえ。。。
水戸線(小山⇔友部(水戸))沿線地酒巡りです。さあ、どこから飲もうかな?
(↓酒造店さんのHPアドレスを記事中に可能な限りリンクさせていただきました。会社名をクリックしていただくと、そのお店のHPにジャンプします。)
DSCN5955_20171010225638c0f.jpg
結城酒造さんの「結(ゆい)」、武勇さんの「和(なごやか)」。同じ結城市内の酒造店ですがそれぞれお酒のタイプが違う(#^.^#) 天然水のように滑らかで、酸味が少なく一気にぐっとイケる「結」、そして名前のごとくほんわかと和む「和」。
これは好みが分かれるねえ(*´~`*)
そして筑西市来福酒造さんの来福。
今回持参された純米酒は、お米と麹のバランスがバッチリ☆しつこくなく、日本酒らしい味わいが感じられます。
正月酒にお薦めです(≧▽≦) 名前がいいもんね☆

さて、本来は1品づつウンチクを書くべきところですが(興味のない方すみません)、そうもいきませんし恥ずかしながら呑むのに夢中で画像を撮っていません(笑) 中には”どんな味だっけ、あのお酒”というものもありますので覚えている限りとさせていただきます
DSCN5956_2017101022563912b.jpg
桜川市の西岡本店さん。代表されるお酒は「花の井」ですが今回は同じ花の井でもなんと、古代米を使用したもの。白ワインそっくりな食感に驚き(*゚Q゚*)女性受けしそうです。

列車は水戸へ向かって進み、稲田駅:磯蔵酒造「稲里」→笠間駅:笹目宗兵衛商店「松緑」、そして友部駅:須藤本家「郷の誉」と順次試飲していきました。いづれもタイプは違うけれどこの中で個人的な好みは・・・・いや、やめとくか(笑)

さあ、いよいよ終点、水戸駅に到着しました
DSCN5957_20171010225640f73.jpg
明利酒類さん(画像中央)はなんと、HP未掲載の商品だってうわあ!!
そして、吉久保酒造さんの「一品(いっぴん)」は、これまたネット非公開の辛口。
いづれも、”ここでしか飲めない”お酒で勝負しましたね辛口一品も良いけれど、「水府自慢」はお酒が弱い方でも飲みやすいかもしれません。来春の蔵開きでは是非、提供してもらいたい商品です。
水戸のお酒で今回、注目したかったのが瀧田酒造店(HPなし)の「三ツ扇(みつおうぎ)」。
水戸に住んでいながら呑むのは初めてです。
でも、先にあげた水戸市内の2酒造店よりも歴史の古い文久4年(1864年)創業です。
DSCN5959_20171010225642201.jpg

名前の由来はその昔。風流人だったらしい初代当主がある日、寄り合いの席に芸者さんを呼んだところ、鳥見町(現在の大工町)で一番売れっ子だった「三ツ扇」がやってきました。
「扇は末広がりとも言い、縁起が良いものだ。その縁起の良い扇が三つとはこれはめでたい!」と、その芸者さんの名前をお酒の銘柄にしたとのことです
DSCN5958_20171010233618b95.jpg
上品でまったりとした味わいで、”これぞ日本酒”という感じ(どんなだよ
クラシカル日本酒といったところかな。”軽やか”と表現されていますが私には”なめらか”の方が合うかも。
これも正月酒向きです。でもこの瀧田さんがもうすぐ閉店してしまう為、この三ツ扇も姿を消す運命にあるそうです
そして、このお酒は水戸市内よりも石岡で販売されてるという噂も聞きました。見つけたら買っておかなくちゃ

水戸線沿線にはこれだけの素晴らしいお酒を作って売ってるお店があったんですね
水戸線利用で地酒巡りをしてみても面白いね♪
DSCN5960_20171010233621ee9.jpg

おつまみは勿論、結城の食材”結城ぐるめ”で。
DSCN5962_20171010233623f8e.jpg
みんな、結城市内で生産されている野菜。
美味しいお酒を味わった後は尚更ウンメ~(*≧∪≦)!!
DSCN5963_2017101023362415c.jpg

まゆげったも遊びに来ました( ^ω^ )
DSCN5961_2017101023362141d.jpg

この後私はワークショップにトライ、ということで再び須賀神社へ。
桐の団扇作りに挑戦しました。
DSCN5964_20171010235243c79.jpg

結城の特産品には紬の他には桐下駄をはじめとする桐細工があります。
その”桐”を使ったワークショップ。
既に形になっているものに絵を描いたりデコレーションするだけなのですが。
DSCN5965_201710102352440c9.jpg
良い体験となりました(*´∀`人 ♪

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-