FC2ブログ

シャトー通りの歩道橋

牛久駅東口(稀勢の里関の手形碑がある側、エスカードの逆側)から少し歩くとアーチ型の歩道橋が正面にあります。
この歩道橋を歩くと、牛久シャトーはすぐそこ。
この歩道橋のお陰で牛久駅⇔牛久シャトー間の移動が5分は短縮できるのです。ありがたや
DSCN5441_2017090822350800f.jpg

スロープのように段差がないし、傾斜が緩やかですので車いすを利用されてる方でも安心ですね
DSCN5344_20170908223502b73.jpg
車道から完全遮断されてるので、歩きやすかったです。たとえ両手に重い荷物をぶら下げていても(笑)
この歩道橋は平成2年に「手作り郷土賞」を受賞しているようです。
ということは、この歩道橋が建設されたのはそれ以前
DSCN5345_201709082235049dd.jpg
受賞が今から27年前ですからそれ以上ということになりますね。今まで気が付かなかった
歩道橋の最上段からは、筑波山も望めます。
DSCN5346_20170908223505691.jpg

なんといっても印象が強いのは中央のオブジェです。
DSCN5347_201709082235063d2.jpg
弓?それともハープ?
なんでしょうね
正面に廻ると、書いてありました
DSCN5438.jpg

日時計なんだって。
DSCN5350_20170908224422f8a.jpg

確かに、よく見ると数字のようなものが書かれています。
DSCN5349.jpg

そして、日時計の縁に河童がひとりぼっちで寂しそうに腰掛けています。
DSCN5348_201709082244196e2.jpg
これがなんとも哀愁を帯びていて、なんだか切ない気持
夕刻になり、日没が近くなるとさらにそんな気持ちにさせます。
DSCN5440.jpg
彼は何を想うのだろうか。。。

この歩道橋、「手作り郷土賞」なる名誉ある賞を受賞しているものの27年の歳月が流れるうちに設備は老朽化し、最近ではここを歩く人もめっきり減ってしまったそうですそして設立当時び主役的存在だった街灯もなくなり現在はありませんなんだか勿体無い話です。
街灯のある街並み30選-手作り郷土賞(牛久市景観まちづくりHP内)
消えた街灯の代用なのか、手すりにたくさんLEDライトが巡らされていましたが夜はライトアップするのでしょうか。。。

当時の人達の想いが込められ、意味あってそこに造られた設備。
忘れられちゃうのは可哀想!!
DSCN5439_20170908224423dd2.jpg
この歩道橋をどんどん、利用しましょうよ

歩道橋としてだけでなく、何かに有効活用してもらえるといいのにな、とも思います。
個人的感想でした

牛久市景観まちづくり
http://ushikushi-keikan.com/



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

※これまでほぼ毎日更新していましたが、来週あたりから更新頻度がぐっと落ちると思います。予告なく1週間休止することもあるかもしれません。何卒ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/09/08 23:03 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー