八幡様お参り~片野排禍ばやし、観てきました<2>

お祭り関係者の方が山車を組み立て始める少し前に。
中心となる八幡神社にまずご挨拶しておこうと、御仮殿(?)の脇をくぐって奥へ進んで行きました。
DSCN4001_20170721224822663.jpg
茨城県指定村社八幡神社と書かれています。
「片野村」だった頃でしょうか。。。調べたところ、この村は明治22年に柿岡村(現在の石岡市柿岡)と合併し、柿岡町になったそうです。ですからこの碑はそれ以前のものでしょうね
余談ですが柿岡町はその後、さらに近隣の町村と合併して八郷町となり(同時に柿岡町は廃町)平成17年の「平成の大合併」により現在は石岡市となりました。
この碑はかつて存在した「片野村」の忘れ形見ということになりますか

その八幡様は、ひっそりと静かにたたずんでいました。
DSCN4022_20170721224825c05.jpg
とりあえずご挨拶
お祭り成功と、禍排除を祈願します。
DSCN4025_20170721224828564.jpg

片野の排禍ばやしは年に2度行われ、今回の夏祭りと10月中旬頃に秋祭りが開催され秋のお祭りの時にはこの神社拝殿前にてひょっとこ踊りをはじめ、おかめや狐等の舞いがお披露目されるそうです。
そちらは昼間に見られるそうですので、その時また来ようかな
DSCN4139_20170721232121f0e.jpg
御囃子がいつ頃から行われるようになったのか、というのは謎だそうです。

2年前に書きました「もうひとつの石岡まつり」2015.9.30でも触れていますが、このお祭りは16世紀末に片野城主だった太田三楽という人が戦勝祈願と禍を排除するためにこの八幡神社を創建し、奉納したことが起源と言われています。
DSCN4023_201707212248274a7.jpg
それから500年もの時が流れ、時代背景も人も変わってしまいましたが地域に住む人達の手により現在まで保存・継承されているなんてすばらしい
昭和37年には県指定の無形民俗文化財指定を受けています。
DSCN4026_20170721231324d2c.jpg
年季の入った神輿が気になり、金色のものと併せて撮影させていただきました

さて、再び山車組み立ての時間に戻します。
山車に載せる人形が軽トラックで運ばれてきました。
DSCN4038.jpg

負傷中(?)
DSCN4039.jpg

怪我の手当てを施された人形は、山車の方へ運び出されました。
DSCN4041.jpg

そして・・・
DSCN4044_20170721231330839.jpg

八幡太郎義家、参上!
DSCN4047.jpg

少しずつ、山車らしくなってきました
DSCN4049.jpg

様子をじっと見守る関係者、そして見物人たち。。。
DSCN4050.jpg

DSCN4051.jpg

榊を飾って・・・出来あがりかな?
DSCN4055_20170721233011143.jpg
山車の中で待機していた子どもたちもお着替えし、あとは開始時刻を待つだけ。
お疲れさまでした

ついに、完成!!
では、記念撮影しましょ
DSCN4058.jpg
さあ、いよいよお祭り開始です!

というわけで、続きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/07/21 23:10 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-