陰陽山森林公園~陰陽神社

道の駅常陸大宮を後にし、国道118号を北上。
山方トンネル入り口の手前を左斜め方向に進み、パークアルカディアというキャンプ場を通過すると向かって運転席から向かって左手に「湯の澤鉱泉」という看板が目に留まります。
約1時間後、ここに立ち寄ることになるのですがその前に足の運動を。
DSCN3708_20170627225712b5d.jpg
湯の澤鉱泉入り口の少し先に、陰陽山森林公園というスポットがあります。
遊具があるわけではなく周囲は山と緑に囲まれ、野趣あふれる公園でその高台には水戸黄門で御馴染の徳川光圀公が創建したと言われる陰陽神社があります。以前から興味を持っていたスポットでしたので登ってみることにしました。
DSCN3709.jpg
このようなのどかな光景もほんの束の間。
少しずつ地上の光が減っていき、道も険しくなっていきます。
DSCN3711.jpg

5分ほど歩いてようやく大鳥居の前に辿り着きました。
DSCN3717_20170627225716770.jpg
しかしここからが本当の正念場。
ご覧の通り勾配のきつい石段を上がらなければなりません。
神社が全く見えない
鳥居を抜け、少し歩いたところに拝殿らしきもの。
DSCN3719.jpg
由来も何も表記されてない為、不明。
陰陽神社と何らかの関係があるのでしょうか。。。まず一礼
で、ここからさらに厳しい道のりが続きます。嫌というほど道もさらに険しくなり嫌でも息遣いが粗くなります
同時に、”本当にこの道でいいの?”という不安も。
何しろ、道案内もなく本当に”獣道”です。

不安と苦しさで泣きたくなってきた頃。。。あ、あれだ~!
DSCN3721.jpg
ようやく辿り着くことができました。
合掌
DSCN3722.jpg
この神社の”陰陽神社”という名前は光圀公によって名づけられたと言われています
”陰”と”陽”とはここでは”男”と”女”を意味します。
ここに”陰陽石”と呼ばれた(これも光圀公が命名)奇岩があったことに由来されています。
DSCN3723.jpg
この山に登った光圀公は、奇妙な岩を発見しました。その岩の形はまるで男女(夫婦)が結合をしているかのように2つ重ね合っていたことからその奇岩を”陰陽石”と名付け、夫婦円満・家庭円満に霊験あらたかであるとこの”陰陽石”を祀り陰陽神社を創建したそうです。
DSCN3724_20170627230755d05.jpg
陰陽石は確か、この社屋の裏にあるはずなのですが。。。
残念ながら2011年の東日本大震災の被害で崩壊してしまったのでした
DSCN3726.jpg
道理で見当たらないと思った。
陰陽石だったと思われる巨大な石が見事に崩れ、跡形もありませんでした
DSCN3725.jpg
陰陽石の絆も大震災には勝てなかったか。
建造物ではなく天然記念物だったでしょうしこればかりは修復は無理でしょうね
在りし日の陰陽石は、フリー画像で見ていただくしかありません。

かなり険しい場所に鎮座する陰陽神社でも、やはり参拝される方が多いようで絵馬がいくつも掲げられていました。
DSCN3730_20170627231852669.jpg
意外なのは、家庭円満や良縁、子孫繁栄ではなく合格祈願のお願い事が圧倒的に多かったこと

神社のさらに高台には展望台があるようで、道はますます険しいですが立ち入り禁止にしているわけではなさそうですので我ながら何を思ったか、登ってみることにしました。
展望台と思われるその場所からの眺めがとても気持ちイイ!!ヾ(o´∀`o)ノ
DSCN3732_201706272318556bb.jpg

あっち方向かな、大宮のジャスコは。
DSCN3733.jpg

展望台を吹く風がとても気持ち良く、大量に流した汗をぬぐってくれるかのようでした
やっぱり、登って良かった♪
DSCN3737.jpg

さあ、そろそろ降りますか。
帰りの道が結構、危険でした。何しろ道案内など皆無といってよいくらいなく、来た道をちょっと間違えたらとんでもないことに
周囲はこんなだもん↓
DSCN3743_20170627233539976.jpg
実は1度、道を間違えてゴルフ場の方に降りてしまったので一旦、陰陽神社まで引き返し来た道を無事に辿って下山することができました。石段下にあったモチノキと、途中の拝殿(由来が明記されていなかった謎の拝殿)がなければあやうく遭難するところでした、危ない危ない
キャプチャ
最初、赤線でなぞったルートを歩いてしまったのです

これから登山シーズンが始まります。登山が趣味だという方も多いと思いますが、山道はくれぐれもお気を付けくださいね!
DSCN3745_20170627234427080.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/06/27 23:45 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-