軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~弐の巻~

スマホdeスタンプラリー記事、続きです。
残りまだ11か所、果たして次はどこをどう廻ろうか。。。というのが最大の悩みでした。
IMG_20170611_0001-2.jpg
とりあえず、北部から攻めることにします。
鷲神社の次は⑪の「北門跡」を目指すことにしました。土浦城北門があったとされる場所です。
DSCN3534_20170613210131464.jpg

北門は現在、残っていません。
DSCN3535_20170613210133c4c.jpg
周囲は住宅が立ち並び当時の面影すら残っていません(っω・`。)
ちなみにこちらが土浦城在りし日当時の様子↓
DSCN3536.jpg
文化財愛護の会のボランティアスタッフさんに見せて頂きました( ^ω^ )
写真撮影も特別許可をいただきました

北門から現在の新川沿い~立田町一体、亀城公園の北部一帯は土浦城の土塁があったそうです。
でも現在は僅かにその形跡を残すのみ。
DSCN3537.jpg
町の公民館のようなものがあり、その駐車場にそれは残っていました。
これが土塁の欠片
DSCN3538.jpg

「馬だし」をぐぐってみたところ、
【① 直線の馬場で、馬を乗り出す所。
② 城郭の虎口(こぐち=中世以降の城郭における出入り口のこと)の前に設けた防御施設。開口部を城側に向けたコの字形または C 字形の塁壁で囲んだ小曲輪(くるわ)。】

こう説明されていました。土浦城の馬だしは丁度、コの字形にした規模の大きなものであったそうですからおそらく②の方ですね。
残念ながら現在、その名残はありません

土浦城は石垣を持たない城だったそうです。城の廻りを土塁で囲いその周辺は川に囲まれていました。それらはほとんどが埋め立てられ、道路になっています。新川と桜川だけが、城在りし日を知る貴重な存在。いづれも現代では桜の名所です
”さあ、次は藩校・郁文館だ!”と思い、時計を見ると丁度12時!亀城公園櫓で「刻の太鼓」が鳴る時刻です。
公園そばまでくると、太鼓の音が聞こえてきました。予定を変更し、つい速足で亀城公園へ
DSCN3544_2017061221102333b.jpg
太鼓の音を聴きながらもスタンプGETを忘れない( ^ω^ )
DSCN3552.jpg

亀城公園近辺にもスタンプラリースポットがいくつかありました。
お城の中心だった場所だけあって、一番集めやすい場所ですp(*^-^*)q
公園を出て裏に廻り、小学校裏手にあるスポット=大手門跡で。
DSCN3552.jpg

こちらも門は残っていません。碑だけが立つのみです。
DSCN3554_20170613224717a48.jpg

さらに、大手門跡から郁文館へ向かいスタンプをGETしました。
郁文館に関しましては以前、記事に書いておりますのでそちらを見ていただくとしまして^^;
説明は省略いたします
郁文館、大手門に関する記事

これで6つ手に入れました全クリアまで丁度半分です。
さあ、まだまだ歩くぞ
暫く、お堅い記事が続きます。今しばらく我慢してくださいね
DSCN3551.jpg
土浦小学校にてここでもかぁ~っ!(笑)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/06/13 23:21 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-