横綱・稀勢の里関鹿島神宮奉納土俵入りへ行ってきました!<後篇>

稀勢の里関鹿島神宮奉納土俵入り、記事後篇です。
”稀勢の里が出て来ねえじゃねーか、この詐欺野郎!”と思われた方、大変申し訳ありませんでした(笑)

6月4日日曜日、午後2時15分。。。
大勢の観客が”今か、今か”と見守る中。。
DSCN3491_2017060518010584b.jpg
ついに登場!!\(^o^)/

DSCN3492_201706051801066e7.jpg
拍手が沸き起こる中、「稀勢の里~っ!!」「横綱~っ!!」の声があちこちで飛び交います。
そんな中、表情を微動だに変えず堂々と花道を歩く横綱・稀勢の里関。
土俵入りの前の本殿参拝にやってきたのでした。
先場所、途中休場したこともあり”果たして今日の奉納土俵入りは行われるのだろうか・・・?”と心配された方は多いはず。
彼の姿を見て、誰もがほっとしたに違いありません。
DSCN3495_2017060518010756f.jpg


DSCN3498.jpg
胸中にあるのは優勝か。。。
先々場所13日目の怪我の影響で、先場所は初日の黒星そして途中休場という残念な結果となりました。
来月に行われる名古屋場所では怪我を治し、負傷前の彼に戻って欲しいと願っています。おそらくこの日訪れた誰もがそう願っていたはず。。。

相撲古事記(鹿島神宮における相撲の起源)が神官により読み上げられ、呼び出しによる寄せ太鼓の演奏。
いよいよ、その時がやってきました
DSCN3503_20170605181328857.jpg

紫色の締め込みに綱をつけた稀勢の里関登場!
尚、御断りしておきますが当記事では化粧回しの画像は登場しません場所が悪かった
正面からの映像はTVのニュースや新聞で取り上げられているし、奉納土俵入りに立ち会われた方の中には正面から撮影された方もいらっしゃるかと思いますので、そちらをご覧いただけるとよいと思います。
当ブログではお尻からのアングルで失礼いたします。
DSCN3510_201706051813290d5.jpg
彼がシコを踏むたびに、”ヨイショ~っ!!”と掛け声が上がります。
横綱と、会場にいる観客が一つになる瞬間です。
意外だったのは、あの痛々しいほどのテーピングが綺麗に外されていたこと。
怪我は少しも治ってきたのでしょうか。。。
DSCN3506.jpg

鹿島神宮の神前で、臆することなく堂々としこを踏み横綱土俵入りを披露します。
入門から約15年、よくぞここまで。。。
DSCN3509_2017060518265655c.jpg
まさに、ほんの一瞬の時間でした。
待ち時間3時間、土俵入り披露の時間約3分。
退場の際も拍手喝采のシャワーを浴びながら花道を堂々と歩き、去って行きました。
DSCN3511_201706051826586bf.jpg

DSCN3512_2017060518133160f.jpg
大役、お疲れ様。立派な土俵入りを、ありがとう・・・

1日も早く、怪我を治し稽古に精進して万全な体勢で土俵に戻ってきてください!


鹿島神宮の祭神・武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)と、建御名方神(タケミナカタノカミ)が国土譲渡をかけ力比べを行った(国譲りの力比べ)・・・それが鹿島神宮の相撲の起源と言われています。力比べの勝負は鹿島の武甕槌大神が勝ち、そのお話が古事記・日本書紀の中の「国譲り神話」で国譲りに成功した強い神と書かれていることから古来より鹿島の神は「武において最強の神」と仰がれてきました。
現代では毎年11月3日、相撲祭が行われています。その時にもこの「相撲古事記」が述べられるそうです

奉納土俵入りをしたことにより、「武において最強の神」が相撲界最強の位・横綱となった稀勢の里関の味方となり、今後も強い力で彼を応援してくれるに違いない・・・なぜかそんな気がしてならない私でした

それにしても、稀勢の里効果か?
縁起にあやかろうと御朱印を求める人で長蛇の列が出来ていたのにびっくり
同部屋の後輩、高安関が大関に昇進したこともあり茨城県内では”稀勢高ブーム”なんて騒がれています。
この賑やかさはまだしばらく続きそうですね。
DSCN3447.jpg


・・・おまけ・・・
鹿島神宮前の角にあるお土産売り場が、暫く来ないうちに大幅リニューアルされてて驚きでした
DSCN3439.jpg
めっちゃ、綺麗になってるし~みたいな。
お守りや開運グッズが販売されています。
DSCN3440.jpg
大鳥居のすぐ前だから、なんだか御利益が強そう!!
記念に一つ、と思いましたがお給料前なので辞めました
昔からある参道沿いのお店も、いくつかリニューアルされてるようです。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/06/05 19:54 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(4)
stkさんへ♪
境内、既に身動きがとれなくなりこの位置からの🎬撮影となりましたが、生での土俵入りは迫力感じました。

高安関の方はTVで。
[ 2017/06/10 08:40 ] [ 編集 ]
朋。さんへ♪
はじめまして!コメントありがとうございます。

開始10分前では境内は凄まじいことになっていたのでは?!😱私も午後1時頃でしたが既に通行困難な状況で、本殿側に移ることが出来ずこの位置からの見物と、なりました。

後ろ姿はTVでもなかなか映されないからよいかな、と(笑)

> のちにTVで正面とこちらで後姿拝めてよかったです
> レポートありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございましたm(__)m
[ 2017/06/10 08:33 ] [ 編集 ]
後ろ姿も迫力ありますね。この日は山響部屋の奉納土俵入りもあったそうでお相撲さんって忙しいのですね。
私は今日、土浦のウララに高安関の交流会に行きました。
[ 2017/06/09 22:18 ] [ 編集 ]
初めてコメントします。
私も稀勢の里見に行きました。
到着したのは、開始10分前でしたが、人人人・・・まったくみえなかったです。
ただ、「よいしょ」の掛け声でいま土俵入りしているんだなと、その雰囲気を楽しんだだけでした。

のちにTVで正面とこちらで後姿拝めてよかったです。
レポートありがとうございました。
[ 2017/06/09 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-