INDEX    RSS    ADMIN

河内の勝福寺

かわちマルシェ参加後はまっすぐそのまま帰宅はしませんでした。
せっかくだから河内町の史跡巡りをちょっとしていこうかと、来る時にその名前が気になったお寺へ。

見るからに縁起の良さそうな名前のお寺=”勝福寺(しょうふくじ)”を参拝してみました
DSCN3158.jpg

私は知らなかったけれど、水墨画の巨匠にゆかりのあるお寺だそうです。
DSCN3150_20170523230437a13.jpg

そして、このお寺にはお宝があります
DSCN3151.jpg
両部大日如来座像二躯(金剛界大日如来・胎蔵界大日如来)と、千手観音立像一躯。いづれも室町時代の作だとか。観音像を収める御堂は常に扉が閉まった状態の厨子に納められ、その御姿を拝見することができなかったこと、参道はかつて松並木に囲まれ昼間でも暗かったということから「まっくら観音」と呼ばれていたとあります
御開帳されるとしたらおそらく、案内板に書かれているとおり、年に一度の8月9日の縁日の時でしょう
今年のカレンダーを確認、平日でした残念

”開運厄除”と書かれた門をくぐり、いざ参拝。
DSCN3152_20170523230439a3a.jpg
文字通り、「何事にも勝って福が授かる寺」と言われ古来より祈願寺として知られているお寺(HPより)
参拝すればきっと、御利益が授かるに違いない!
DSCN3161_20170523230442356.jpg

開基は江戸時代、1670年頃の寛文年間で祐圓という人が開山したそうです。御本尊は大日如来、真言宗密教の教主です。
では合掌
DSCN3160_20170523231726690.jpg

このお寺には他にも興味深いものがありました。
その一つがこちらの鐘↓
DSCN3153_2017052323172023a.jpg
駐車場に愛車を停め、門をくぐった時にすぐに目が留まった鐘です。
由来を調べようとそばにあった石碑を見ましたが残念ながら判明できたのは「弘法大師千百五十年~」という文字だけ
毎年12月31日の大みそかに行われている”除夜祭”に、この鐘が鳴らされます
DSCN3157_20170523231724b7c.jpg
HPを調べてみると、年越しの”除夜祭”やお盆時期の”御施餓鬼会”等いくつかの行事が行われているようで、”楽しそう”なんて言ったら不謹慎ですが大変、興味深いお寺です。
HP→http://www.ne.jp/asahi/shingankannon/syoufukuji/index.html
DSCN3154.jpg
鐘の前にあるお地蔵さまも風情たっぷり!
年季の入った古そうなものは開基当時のものでしょうか。
DSCN3155.jpg

なお、このお寺にはペットと一緒に入れる墓地「はるかぜ墓苑」が敷設されています
DSCN3162_201705232337084d6.jpg
宗教・宗派問わず、いいねえ

DSCN3163_20170523233710c2d.jpg
あっちでもずっと一緒
なんとも温かいお寺です。



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-