篆刻美術館と街角美術館

豊田城を訪れる約4時間前。
圏央道初乗りで、初めて下車したインターは境古河インターでした。
そこから北上すること約30分、やってきたのは古河市
美術館や博物館が駅から徒歩範囲内に集中している、茨城県でもっとも”文学な街”。
5年前に実行しました「古河七福神巡り」(2012年1月)以来の訪問ですが今回は目的地をかなり絞り、七福神巡りの際唯一館内見学をしていなかった”篆刻美術館”を訪れてみることにしました
DSCN3056_20170515212949ca6.jpg

篆刻美術館・・・平成3年に開館した日本で初の”篆刻”をテーマとした美術館であり日本で唯一の美術館です。
篆刻作品がたくさん展示されているこの建物は大正9年に大火石蔵として大谷石を用いて建造されました。
平成2~3年に市が改修工事を行い美術館として再生保存されることになったのです。
DSCN3057_20170515212950ba8.jpg

DSCN3058_201705152129518f9.jpg
この表蔵と建物裏にある裏蔵が平成10年10月9日に、国の登録有形文化財に認定。
今では古河市のランドマークです
DSCN3059_201705152129531af.jpg

篆刻については非常に奥が深く、また”話せば長~いお話ですが・・・”という前置きになるようなお話。私の頭ではまとめて解りやすく丁寧に説明することが出来ませんので恐れ入りますが関連のHPやキーワード検索をしていただけたら、と思います
単純に言ってしまうと要は角印や実印等に見られる、絵のように刻まれた文字といったところでしょうか。
”日本ではここだけ”な美術館にちなんでか、街中でもあらゆる箇所で篆刻のような文字が使用されています。
(↓広報)
DSC_0760_2017051521294785a.jpg
(↓駅前)
IMG_1146_20120110201910.jpg
館内は撮影禁止の為、この美術館に関しての画像は当記事に掲載している限りとなりますが初めは”お堅い”と思っていた篆刻というものを理解していくと同時に少しずつ興味を覚え、美術館を出る頃には親しみすら感じるようになってきたかな。

予約制となりますが、敷地内の別棟:美術学習室では篆刻体験もできます
http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/0000004643.html
基本 毎週土日祝日開催(休講日あり) 上記リンクで御確認ください!
高校生以上1,200円 小中学生500円(材料は施設で用意)
※ただし、2文字は高校生以上のみが対象
3日前までに要:電話予約!(受付 9:00~16:30まで)
体験当日は入館料が無料になります
あいにく、私が来館した日は休講でした。でもこうなったら自分の手で篆刻作品を作ってみたくなりました。
世界に一つしかない、自分だけの篆刻作品・・・素敵ですね

展示作品もさながら、美術館の建物自体も文化財ですから立派な作品です。
たとえ篆刻に興味はなくてもこれだけでも見る価値は十分ですね
隣に並ぶ街角美術館にも立ち寄ってみました。
DSCN3060_2017051522061667b.jpg
愛好家たちの写真展が開催中でした。
個人的な感想になるけれどこういった写真展は風景写真や建物、イベントシーン等ブログを作成するにあたって写真を撮る機会が多い私にはとても勉強になるものです

街角美術館と篆刻美術館の間の小路がまたイイ感じ
DSCN3061.jpg
ここを直進すると、古河文学館方向へ辿り着きます。
でも今回は向かわずに途中の交差点を左折し、日光街道を通って愛車が待つ足利銀行脇の24時間パーキングへ。
七福神巡りの際にも参拝した、蛭子神社に一礼を
DSCN3062.jpg

この神社から日光街道へ繋がる界隈は、肴町通りと呼ばれています。
江戸時代に古河城下を訪れた大名を古河藩の役人が出向いておもてなしをした場所=使者取次所(別名:御馳走番所)が置かれたのだそうです。
愛車のところへ戻る前に、この界隈をちょこっとだけ寄り道していきます
では、次回で。
篆刻美術館

茨城県古河市中央町2丁目4-18
Tel:0280-22-5611 Fax:0280-22-5915
9:00~17:00(入館は16:30まで)
祝日の翌日、年末年始、館内整理日(毎月第4金曜日)、展示替え時期
一般200円、小中高生50円 文学館、歴史博物館との共通券あり


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/05/15 23:10 ]  古河市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-