予科練記念館雄翔館

みほふれ愛プラザから”廻れ右”して帰る際、再び国道125号に。
来た時と同様に、あえて霞ヶ浦べりの旧道(?)を通って帰ることにしました。
最後はここに寄り道です
DSCN1976_2017040722213899e.jpg
阿見町にある予科練平和記念館。
「予科練とは、「海軍飛行予科練習生」およびその制度の略称である」と観光パンフレット等で説明されています。熟練の搭乗員を育てる目的から昭和14年に設置され、選ばれた多くの若者がここに入隊しました。
彼らの多くはやがて戦地に派遣され、尊い命を落としていったのです
彼らの日常や故郷の家族に宛てた手紙等の展示や、特攻隊として空に散った最後の瞬間を上映するビデオ等現代に生きる私たちが是非、観ておきたい資料館です

でも、こちらは以前見学しましたので。
今回の私の目的は記念館に隣接された、雄翔館(ゆうしょうかん)。
記念館と雄翔館の間の芝生の庭園に展示されているのは人間魚雷”回天”の復元模型です。
DSCN1980_20170407222141ce8.jpg
DSCN1981.jpg

DSCN1982.jpg
これに人が入って、敵の艦隊に。。。
もう、そんな時代は来ないで欲しい

さあ、雄翔館の入り口にやってきました。公開時間は16:00まで(※16:00になると門が締められます)
この時15:00を少し回ったところ。まだ時間は大丈夫(^^)v
DSCN1984_20170407222754729.jpg
ここから先は自衛隊が管理している土地。
守衛していたのは若いイケメンの隊員さん。軽く挨拶をして通ったらにこっと笑って”どうぞ!”と言わんばかりに通してくれた まあ、そんなことはどーでも良いですね(笑)
雄翔館までの遊歩道のところに桜が咲いていたのでつい、カメラを向ける私。
DSCN1985_201704072227563af.jpg

DSCN1986_20170407222757766.jpg

DSCN1987_201704072227584dd.jpg
雄翔館は、予科練出身者や戦没した遺族により設立されたそうです。
館内には戦没した予科練生の遺品や遺書が約1,500点ほど展示されています。
玄関前には山本五十六元帥の銅像。
DSCN1990_20170407225605b6d.jpg

DSCN1993_20170407225732f46.jpg
では、これから戦没した予科練生に会いにいきましょう。
館内は撮影禁止の為、画像抜きで失礼いたします。

一人一人の名前と遺影、そして遺品や家族宛てに書かれた手紙(というより遺書)が生々しく展示されていました。
その中で一人の予科練生が書いた、
「人も飛行機も、唯消耗品」という言葉に心臓をえぐられたような衝撃を感じました。
生き延びることが許されない、逃げることも許されない、死ぬ以外に選択肢は与えられなかった彼らを思うとやりきれない悲しさを感じ、同時に当時の世の中にやり場のない怒りと憎しみさえ感じます。気がつけば奥歯を噛みしめ、握りこぶしをつくっていた自分。。。
・・・このような歴史があったことは、絶対に忘れてはいけない!
・・・決して、風化させてはならない!
複雑な思いを感じつつ雄翔館を後にしました。
(↓以下2枚の画像は、雄翔館前にあった桜です)
DSCN1989_201704072228007fe.jpg

DSCN1994.jpg

雄翔館前の庭園は雄翔園というそうです。
落ち着いた日本庭園です。
DSCN1995_20170407225609c0a.jpg

そして、雄翔園の中に予科練生の慰霊碑と銅像がありました。
DSCN1996_201704072256091c8.jpg
DSCN1997_20170407225611e20.jpg
若い命を大空に散らした、多くの予科練戦没者の御霊に合掌

DSCN1998_20170407225733cd6.jpg
彼らの魂は今、どんな気持ちで現代の世の中を見ているのでしょうか。。。

予科練平和記念館・雄翔館
茨城県稲敷郡阿見町廻戸5-1
9:00~17:00(入館は16:30まで)※雄翔館は入場16:00まで
休館日 毎週月曜日(但し祝日の場合は翌日)
入館料 一般500円(団体400円)、小中高生300円(団体240円)※雄翔館は無料


-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/04/07 23:22 ]  阿見町 | TB(0) | コメント(2)
奈緒さんへ♪
奈緒さん、こんばんは。
御訪問&コメントありがとうございますv-410
こうして見てくださるだけで、とてもうれしいですよ!

予科練記念館は絶対、訪れるべき施設だと思います。
今回訪れた雄翔館もセットで。
あのような時代があったこと、そして二度と同じ悲劇を繰り返してはいけないことを現代に生きる人誰もが知らなくてはなりません。
今の時代に感謝すると同時に、あの時代と同じにしてはならないと強く願っています。
[ 2017/04/11 20:35 ] [ 編集 ]
竹千代さん、こんにちは
いつもご無沙汰で・・・e-330
いつのまにか桜便りですね~

予科練記念館は母と何度か訪れました
奥歯をかみ締める熱い想い・・
その通りだと思いました
絶対に忘れてはいけないし今の時代に感謝せねば!ですよね

前の記事のコメントでごめんなさいね・・
[ 2017/04/11 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-