霞ケ浦縦断の旅へ~②潮来大橋

霞ケ浦をずっと縦断し、北利根橋までやってきました。
これから、この橋をくぐります。
DSCN0487_201701092056333d1.jpg
こうして見ると、天井が突っかかりそうなのですが。。。大丈夫か?

あ!ぶつかる
DSCN0488_20170109205636139.jpg

((((;゚0゚;)))))))
DSCN0489.jpg

大丈夫(^^) 天井ぎりぎりですが問題なく通過出来ました!
右手方向には、横利根の揚排水機場に設置されている閘門(新横利根閘門)が見られます。
DSCN0493_20170109205638293.jpg
大正時代に建設された文化財指定の横利根閘門はここを通過した奥にあります。
ここを通過しなければ横利根川に入ることはできません。
その前に、船は寄り道をするかのように潮来桟橋に向けて走行。そこから折り返して再びここに戻り、新利根閘門をくぐることになります。
DSCN0494_20170109205639707.jpg
「あやめの里」と書かれた塔のようなもの。一体なんだろな?と興味を持った私。
今のところ、情報は掴めていません。

さて、いよいよ潮来大橋の前にやってきました通称”メロディー橋”と呼ばれているそうです。
なんでも、歩道の一部分にスイッチがありそれを押すとメロディーが流れる仕組みになっているからだとか。
DSCN0497_201701092216024d6.jpg
以前、当ブログで紹介させていただいたことのあるカフェレストランも見られます
前回は車で訪れたところ。陸の上から見る光景とはまた違った雰囲気です。
DSCN0498_20170109221604d36.jpg
このようなアングルは、船の上からでなければ絶対に見られない!
ちなみに橋の右側方向に進んでいくと、嫁入り舟で有名な”前川あやめ園”に辿り着けるのです。
あやめまつりの時期は定期便が出ますのでホワイトアイリス号が大活躍!
DSCN0499_20170109221605b68.jpg
船で訪問するあやめまつりもいいかもね

潮来大橋をくぐりました。
DSCN0500_201701092216064aa.jpg
思いっきり、ど真ん中
船は間もなく、潮来桟橋に着くようです。
DSCN0501_20170109221608623.jpg
以前記事で紹介させていただいた珈琲倶楽部ぷちろーどが
ここで、トイレ休憩となりました。
一時停船した潮来桟橋沿いは、遊歩道と公園となっていて桜の木が並んでいます。開花時期はきっと見事でしょう
関係者の方から聞いたところによりますと、あくまで予定ですが4月の桜開花時期に今回のようなツアーを企画しているとのこと。
楽しみだなあ+゚。*(*´∀`*)*。゚+実現しますように

トイレを済ませ、ホワイトアイリス号をバックに記念撮影
DSCN0503_20170109222925bed.jpg
潮来からの乗船客はなく、乗客全員が戻ってすぐに出港となりました。
佐原に向けて、再び出発
DSCN0502_201701092247089a6.jpg

DSCN0507.jpg
霞ケ浦とな暫しのお別れ。
アイリス号はこれからあの水門を通って横利根川、そして利根川へ。
(続きます)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2017/01/09 22:51 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-