常陸大宮市木質バイオマス利活用事業

1週間分の疲れを癒すため、常陸大宮市の日帰り入浴施設四季彩館へ行ってきました。
数か月来館しないうちに、施設前の駐車場が狭まっていてびっくり
木質バイオマス専用のボイラー設置工事が行われていたのでした。
DSC_1062.jpg
木質バイオマス利活用事業というものが現在、常陸大宮市で取り組みが行われているそうです。
「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。(林野庁HPより)
化学の事は私の頭では理解が難しいですが、どうやら木材を利用してお風呂を沸かそうというものらしいです。

常陸大宮市は、市の面積の約6割が森林だとのことです。その森林の成長過程で密集化する立木を間引くことによって発生する木材=”間伐材(かんばつざい)”と呼ぶそうです。これをチップ化して”木質チップ燃料”とし従来の重油燃料に代わって温泉のお湯を沸かそう、ということなのかな

木質チップ燃料を導入することによって、勿論不要となった間伐材を有効活用出来ることは確実でしょうし、地球温暖化の要因でもあるCO2排出量を抑えることが出来るといいいます。エコじゃないですかあ
DSC_0845.jpg
木質チップ燃料専用のボイラー設備を、現在四季彩館では工事中。
HPを確認したところ、既にささの湯ではこの取り組みを導入しているようです。
三太の湯もまだ未設置ですが、年内には木材チップ燃料に移行予定とのこと
DSC_1063_20160619205809c83.jpg
_20160619_164256.jpg
昔懐かし、旧地名

森林に囲まれた町だからこそ、それを活かして環境保全に勤めることができるのですね
成功すれば、資源節約やCO2排出を削減できるばかりでなく市のイメージアップにも繋がる可能性があると思います。
頑張れ~!!
DSC_1064.jpg
来る6月22日(水)・23日(木)は機械保守点検の為、四季彩館は臨時休館となります。

では、温泉効能が効いてきましたので(笑)今夜はこれにて失礼いたします。
おやすみなさい

常陸大宮市木質バイオマス利活用事業について
http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page002125.html(常陸大宮市HP内)

常陸大宮市温泉事業株式会社(四季彩館・ささの湯・三太の湯の情報はこちらで)
http://www.hitachioomiyacity-spa.com/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2016/06/19 22:35 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-