INDEX    RSS    ADMIN

岡堰と水神岬

カレンダーをうんと巻き戻しまして。。。
取手市岡堰の鯉のぼりイベントを観に行った、先月29日の時のお話です。
岡堰の周囲がとても和む風景でしたのでイベント見物と併せ、散策も楽しんでみることにしました。
DSCN5103.jpg
和みと癒しの風景、小貝川。
普段このように穏やかな川でも、大雨災害時には氾濫し容赦なく周囲の田畑や民家に牙をむくことも・・・。これが自然界の恐ろしさ。決して忘れたり甘く見てはいけないんだなあ。。。

DSCN5079.jpg

現在使用されている堰は、交換されたものなのでしょうか。
以前使用されていたとみられるものがモニュメントとして展示保存されていました。
DSCN5080.jpg
DSCN5075.jpg
碑の裏側に書かれた説明を読んでみましたが私には解読不可能
難しい事が書かれている上、刻まれた文字が滲んでしまって。

関東郡代として江戸時代初期の民政に携わった伊奈半十郎忠治という人が、お隣の市つくばみらい市にある福岡堰、とともにここ・岡堰を造り相馬二万石開発に努めました。
彼についてはコチラを伊奈半十郎忠治(いなはんじゅうろうただはる)

ポピーや紫の花が岡堰の堤を彩っていました。
DSCN5107.jpg
よく見るとポピーはここに咲いてるものだけ。
きっと、どこからか種が飛んできたのでしょう。

DSCN5106.jpg

DSCN5108.jpg
紫の花の名は、”ヘアリーベッチ”という名だそうです
DSCN5109.jpg

橋の上から見えた、小さな岬のような箇所が鯉まつりへ向かう時から気になっていましたので近づいてみます。
DSCN5111.jpg
離れた場所から観た風景がまた、和むんだなあ。。。(* ´ ▽ ` *)
そこは、”岡堰水神岬公園”というスポット名でした。
DSCN5112.jpg

DSCN5113.jpg
遊歩道も整備されています。
公園としては決して大きな規模ではありませんが、ちょっと一周してみることにしました。
DSCN5115.jpg
水辺の散歩って、実に気持ちがいい。。。
利根川の水神様を祀っている碑に一礼
DSCN5117.jpg

緑に囲まれた、水辺の景色。。。
散策するならやはり、ちょうど今時期あたりが良いのかもしれません。
じりじりと暑い真夏は、照りつける太陽がまぶしそうだし虫除けも欲しいところ。寒い時期は凍えそうですし。
DSCN5118.jpg

DSCN5119.jpg
この和みの風景もまた、伊奈氏による相馬二万石開発の功労の賜物でしょう。
大切に残してもらいたいスポットです。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-