中城通りの天神さま

土浦お散歩コースのお約束と言ってもいいくらい、必ず訪れている中城通り。
先日、新聞でこの界隈にあるまちかど蔵=「野村」「大徳」の2軒を国の文化審議会が国登録有形文化財に指定するよう、文部科学省に答申したというニュースを目にしました。
DSCN4120.jpg
「大徳」

DSCN4121_201603172123229a5.jpg
「野村」
この両者がもしも登録されれば、街の魅力度UPにも繋がるでしょうし少なくとも土浦市の知名度がぐっと広がることは確かなはず。
登録決定するといいなあ。。。o(^▽^)o
DSCN4133_20160317212322888.jpg
さて、同じ中城通りでも今回は普段通らない道を歩いてみることにしました。
駅方面へ向かう大通りとは逆の方向に進み、路地になっているところを曲がります。
DSCN4135.jpg

ちょっと進んだところに、「中城天満宮」の鳥居があります。
通称、”中城の天神様”と呼ばれているそうです。
DSCN4134.jpg

DSCN4136.jpg

天満宮、ということは祭神様は学問の神様として祀られている菅原道真。
現在も地域の人達に崇め祀られているとみえ、合格祈願の絵馬がたくさん奉納されていました。
DSCN4137_20160317213542baa.jpg

では私も合格祈願など詮索は無用(笑)
DSCN4138.jpg

佇まいからして古そうですが創建年は不明だそうです。
源頼義・義家(八幡太郎義家)親子が安倍頼時を討つため奥州へ向かう途中にここ・天満宮を訪れ境内で軍馬を検閲したという伝説が残されています。それにちなんでか江戸時代にはこの境内で馬市場が行われていたそうです。ここで取引された馬の数は700頭以上にもなるそうです。
でも周囲を住宅や商用施設等に囲まれ、街中の一隅で静かにこじんまりと鎮座する現在の天満宮から当時の様子を想像するのは少々、難しいかなあ。。。
馬市が行われていた時代は、境内も広かったのかもしれません。

時代の流れとはいえ、ちょっと切なく感じます。
DSCN4139_20160317213544e31.jpg


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2016/03/17 22:55 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-