あれから5年・・・2011.3.11

決して忘れることのできない、2011.3.11・・・今日のTV番組は、ほとんどの局が5年前の3月11日にに発生した東日本大震災関連でしたね。
被災地を中心に全国各地で震災発生時刻の14:46、黙とうが行われました。
DSC_0611.jpg
5年前発生した東日本大震災・・・
会社を17:00台に出て通常ならば30分程度で帰宅できる距離を3時間かけて帰宅しました。物が散乱する中、懐中電灯の灯りだけを頼りに余震の恐怖を味わいながらも細々と過ごしたあの夜。。。あれから早くも5年かとしみじみ感じます。
復興に関しましては、大抵の方が「5年前とあまり変わらない」「進展がない」とおっしゃられている方が多く想像以上の深刻な現状を突き付けられた思いがしました。
DSC_0696.jpg

家族や親戚または友達を震災で亡くされた人達の悲しみはたとえこの先10年、20年経っても決して癒えることはないようです。
家族を救えなかったことに対し、自責の念にかられる方や「悔しい」「(震災・津波が)憎らしい」と嘆いていらっしゃった方を見て胸が痛くなりました。
「あの時、ああしていれば。。。」
「あと1mでも高いところへ避難していれば」
「あと1分、逃げるのが早ければ」
と、いくら後悔しても失った命は帰ってきません。

突然やってくる自然災害には対処仕様がありませんが、日頃から情報把握・伝達を速やかに確実にすることと、避難場所や対策を自治体とその住民がしっかりと連携をとることで被害を最小限に食い止める可能性があるのかな、と。ここ最近の災害ニュースを見て思いました。
残念ながら、東日本大震災の被災体験が以後に発生した災害(伊豆大島、広島の大雨土砂災害や常総の鬼怒川氾濫他)にそれが生かされていない気がします。
果たしてこれらの被災体験がこれから起こりうる災害に対し、教訓として生かされるのははたしていつのことでしょう。。。

願わくば、そのような災害が今後二度と発生しないで欲しい・・・と誰もが思うはず。
でも・・・そのようなわけにはいかないか。
今日は水戸市の旧三の丸庁舎玄関前にて「復興キャンドルライト」が灯されました。
DSCN2355.jpg
私はTVを通してですが、幻想的なシーンが目に浮かびます。

キャンドルの灯りを、祈りに変えて。。。。
DSCN2368.jpg
あらためて、東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福を心より申し上げます

※キャンドル画像は昨年12月に茨城県庁の広場で行われたキャンドルライトイベント時のものです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-