ノスタルジックドリーム~矢中の杜<後編>

1回の記事でまとめるつもりが結局、2回に分けることになってしまいました。大変申し訳ありません
「矢中の杜」記事の続きになります。
後編では、別館の御案内をざっと。
迎賓目的で造られたとされるこちらの別館は、本館とはがらりと雰囲気を変え洋風の色が強くなっています
ここは食堂ですね。
DSCN3270.jpg
この部屋で格式高い御身分の方をお招きし、お食事をされたのでしょう
全体的に洋風な感じですが、和の部分もうまく取り入れられています。
DSCN3271.jpg

襖の上の部分に注目。
描かれているのは日本国内の国立公園すべて。
DSCN3273_201602112130332e2.jpg

居ながらにして国内旅行が楽しめちゃうねp(*^-^*)q
DSCN3274.jpg
邸内の家財にこだわるばかりでなく、お迎えするお客様のことを考えられていた点がうかがえます。
素晴らしい!!
邸内見学を行われた方の中には”ここでお食事も楽しみたい!”と希望する方もいらっしゃるそうです。
あいにく、そのサービスは行われていません。もしも仮に実現されるとしても、設備上の問題で改装が伴われ結果、原型が代わってしまったりあらゆる問題発生が避けられず、今の状況では無理な話だと案内の方がおっしゃられていました
DSCN3277_20160211230857551.jpg
DSCN3276.jpg
戸棚の天板は桜。ここまでまっすぐなものは珍しいそうで。
木材の材質もちゃんと知り尽くしてその性能を生かしたというわけですね
建材研究者として建築業界に携わった龍次郎氏だからこそ成し得た工夫。

では、食堂見学はこのくらいで他の部屋も見てみましょう。
もっともっと画像を掲載させていただきたいのですが、これからこの施設を見学しようと思われている方の楽しみを奪っては申し訳ありません。それに私では完璧な説明が致しかねますので、ほとんど画像のみ掲載の手抜きで失礼いたします(´∀`*;)ゞ
別館2Fは、和室の応接間となっていました。
ベランダ側にある”五畳の間”からは本館の屋根を望むことができます
DSCN3282.jpg
本館屋根は”矢中式陸屋根”と呼ばれる造りとなっています。
住宅ではこの”陸屋根(ろくやね)”は普通、持つことはなく木造建築でこれを造るのは難しいとされているそうですが。。。

DSCN3283_201602112309006b5.jpg
これもまた、矢中氏の研究の末に生まれた特製の木造陸屋根なんです。

我が家にもこんな部屋が1部屋欲しいなあ
DSCN3281_20160211230858b30.jpg

純和式便器のトイレも。
本館のトイレは見学者も使用できますが、こちらは使用できません
DSCN3280_20160211230857c9f.jpg
便器の前の小窓が懐かしい。。。(*^_^。*)
私がうんと小さかった頃、我が家のトイレはこんなだった・・・。
応接間として造られた部屋は2部屋あります。
同じ畳の間ですが、向こう側はちゃぶ台こちら側はソフアー。
DSCN3284_20160211233644302.jpg
ソフアーと洋式のテーブルを畳に置いても違和感感じられない。
不思議です

これで一通り、邸内見学ツアーは終了。案内係の方、ありがとうございました!
私もガイドブックに頼らず脚本抜きでも誰かに案内できるよう、もっと勉強しなければと痛感(笑)
お茶も戴き、素敵で充実したひと時を過ごすことができました
DSCN3296.jpg
また来ます

建設した張本人である矢中龍次郎氏は、完成後数年この家で過ごし昭和40年に亡くなりました。
彼の死後は家族が住んでいましたが数年後には離れてしまい、以来40年ほど空家になって放置されていたとのこと。
現在は持ち主も代わり、NPO法人のボランティア団体”守り人”の手により保存されているのです。
DSCN3298.jpg
見学は土曜日のみ。しかも見学時間が決まっていて11:00、13:00、15:00の3回だけですがここは是非一度はご覧になっていただきたい、おすすめスポット私が断言いたします(笑)
来月の26日(土)・27日(日)にはイベントも開催されますよ(^0^)
DSCN3228.jpg
御殿まるごとマーケット
3/26(土)・27日(日)
10:00~16:00(最終入場15:45
矢中の杜

各部屋がマーケットに大変身!
みなさん、お誘い合わせの上是非ご来場を

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2016/02/11 23:55 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-