泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル第20回記念大会に行ってきました!<後編>

「泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル」記事後編いきます
時間が経つにつれ、イベントは益々盛り上がってきたようです
DSCN8379.jpg
ここでは何をしているのかといいますと、
水辺の生き物に触れることが出来る、ミニ水族館OPEN中なのです。
DSCN8380.jpg
アクアリウム小瓶の販売も行われていました。
飼い方は教えてくれるから大丈夫♪

ステージでは記念式典の前に、アフリカ音楽の演奏が行われていました。
DSCN8389.jpg
遊唄アフリカンというバンドの皆さん(皆さん日本人です)による、激しく熱いステージが展開。
DSCN8398.jpg

この少し前に私はランチタイムです
飯村牛スジ煮込みのせ塩焼きそばを。
DSCN8385.jpg
麺と絡めてウマ=っ(≧y≦)!
尚、容器はリユース食器(使い捨てしない食器)なんです。食後はゴミ箱にポイッ、ではなくちゃんとリサイクルのコーナへ。
これもごみ削減対策。そう、どんなに小さなことでもまず”出来ることから”ですね
さて、アフリカンミュージックのステージが終わりもうすぐ記念式典が始まろうとしていた頃、
フードコーナーは物凄いことになっていました
DSCN8393.jpg
待ってる人食べてる人の数が凄い!!
このイベントの人気度が伺えます。もしも”泳げる霞ヶ浦”が実現されれば、このような光景も普通になるのでしょうね

ステージではいよいよ、第20回記念式典開会!
はじめに実行委員長のご挨拶から
DSCN8399.jpg

~多くの地域市民、企業の皆様に霞ヶ浦に来て実際に水に触れてもらい、今日の現状と浄化の取り組みについて理解を深め、自然(霞ヶ浦)に関心を持ってもらいたい。。。そして、水辺でのイベントや個人・団体・企業の交流をきっかけに、地域の宝であり私達の大切な水資源でもある霞ヶ浦に、より一層の親しみを感じていただき地域(霞ヶ浦)の為に自ら公道を起こせる人づくりを目的とします。~(「泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル」イベントチラシより)
「泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル」は、この考えのもとに誕生したのだそうです
「昔はこの霞ヶ浦も泳げたのになあ。。。今じゃアオコだらけで汚いし夏は臭いし。いつからこんな風になってしまったんだろう。」
と、誰もが思うこと。昔と今と比較して今の姿を否定することは誰にでもできます。
そこで”よし!自分達の手で霞ヶ浦を綺麗にしよう!”と決心し、「どうすれば綺麗になるのか」を具体的に考え、それを実際に行動に移すことはなかなか出来ないこと。見事に実行に移した霞ヶ浦市民協会・市民フェスティバル実行委員会の皆さんは偉い
DSCN8403.jpg
主賓挨拶の後、歴代実行委員長さんが勢ぞろい!
20年の歴史をここに見たり
彼らが戦い終える時、それは霞ヶ浦が本当に綺麗になり”泳げる霞ヶ浦”となった時。
私達も、”出来ること”から彼らに協力しなければ、と思います

記念式典も滞りなく終了し、ステージでは再び音楽のライブが始まりました
DSCN8405.jpg
高校生バンドのロック演奏、そして「おひさま楽団」というバンドがほのぼのとした雰囲気で会場をほんわかと盛り上げます。
DSCN8424.jpg

それらを耳にしつつ、私は会場で最後のグルメ(というのも、この日夕刻より水戸で用事があり16:00までに帰宅しなければならなかった為)など。
さてこの中↓で、私が食べたのは果たしてどれでしょう?
DSCN8409.jpg

正解は・・・

これでした
だって暑いし、喉乾いたし。
DSCN8410.jpg
”ストロベリーシャワー”という、ちょっぴり妖しげなネーミングに惹かれ買ってみました
いちごの果肉入り。ミルクもたっぷり
DSCN8412.jpg
美味しい!!この一言以外の何の言葉もありません!
この涼しげな木陰の下で食べましたので、尚更格別な味(≧∇≦)!
DSCN8415.jpg
涼み処はあるし、何といっても水と緑に恵まれた癒しスポット。
冬のイルミネーションも素敵だし、霞ヶ浦総合公園最高!!

これで”泳げる霞ヶ浦”が実現してしまったらもう、言うことありませんね
DSCN8418.jpg
霞ヶ浦で海水浴を楽しんだ人達が、丘に上がってスイカ割りをしたり日光浴を楽しんだり。
日差し避けに木陰に移動してお昼寝をしてみたり。
今回のイベントのようにテントのグルメを楽しんで、ステージで随時行われるバンド演奏を楽しんで。。。
DSCN8420.jpg

これらが夢妄想ではなくなるかもしれない可能性もあると信じています

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
 [ 2015/07/23 21:37 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)
江原(旧姓)笹島 成彦さんへ♪
たくさんの思い出がおありなのですね。故郷での久しぶりの山車引き、頑張ってくださいね。

> ブログを書いていますが、土浦1中生徒会長、並びjに土浦1高校出身者とは思えないような内容
ブログを拝見させていただきましたが、どういう意味ですか?
真面目な内容は土浦市民らしくないという意味でしょうか?土浦の方に失礼だと思うのですが・・・。
そのようなつもりでなかったのでしたらすみません。
ブログは評価するものではなく、又、お仕事や学歴に沿った内容でなければいけないということもないと感じましたのでつい、反論してしまうコメント、大変失礼いたしました。
[ 2015/07/25 11:34 ] [ 編集 ]
地元に帰ってきて
土小、1中、1高と地元この土浦で過ごし。大学進学で東京へ行ってはや30年以上も過ぎたと思うと、当時のにぎやかだった地元が懐かしく思います。当時の同級生も今では地元の開業医やらタクシー会社やら不動産やらと地元でみんな頑張っていたんだなあと、久しぶりにたまに会う姿を見て、友人たちのオヤジ、オバンぶりには笑えますがw祇園祭がいよいよ明日と聞いて、当時私が初代会長で友人たちと作った祭りの会 青龍会 だけがまだ残っているただ1つの会と聞いて、うれしいやら懐かしいやら。8ま、当時頭数だけは70人以上の大所帯でしたら、生存競争に有利だったのと、それぞれ引き継いでくれた後輩たち(子供たち)に感謝ですね。今年は久々に山車でもひかせてもらおうかと思っています。

ブログを書いていますが、土浦1中生徒会長、並びjに土浦1高校出身者とは思えないような内容ですが、各方面とも連携した青少年のためのいたって真面目な?内容です。おどろかないでくださいね。
[ 2015/07/24 04:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-