東一町界隈、三階建ての煉瓦蔵

お蔵入りネタがあるのですが、今週は常陸太田記事で統一しちゃいましょ

こちら、梅津会館(常陸太田市郷土資料館)2Fの会議室から外を眺めるとこんな景色が見られます
DSCN7111.jpg
ちょっと時代劇っぽいでしょ
梅津会館裏あたりになります。
では、そこをちょっと歩いてみましょうね
DSCN7114.jpg
会館を出たちょっと先には、レトロモダンな建物が並んでいます。
この建物、お蕎麦屋さんだったりします。
DSCN7115.jpg
「塩町館」いいます^^
営業時間11:00~14:30(昼)17:00~20:30(夜)木曜定休
今回は寄りませんでしたけどね

この界隈で、気になる蔵を見つけた私。
DSCN7117.jpg
三階建てなので、目を惹きました。
蔵の名前は「旧稲田屋赤煉瓦蔵」
明治43年、ここで酒造業を営んでいた稲田屋さんの蔵だそうです

DSCN7117 (2)-1
当時、宮大工の棟梁だった斉藤辰吉氏の建築だそうです。
この蔵で特に注目すべきは、三階の天井部分の柱と梁の組み方
DSCN7117 (2)-2
「斉藤氏の卓抜した技術の枠が凝縮されており、見る人を楽しませている」と、添えられていたパネルに記載されていました。
明治時代、特に県内においては赤煉瓦造り、しかも三階建てというのはかなり斬新だったはず。
この蔵は、国登録有形文化財に指定されています。
歴史の街にふさわしい宝物ではないですか

さて、あのお菓子の山林堂さんも、この界隈にありました
DSCN7116.jpg
以前、記事で書かせていただきました→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2265.html
買ったのは勿論
DSCN7122.jpg
すっかり虜(≧∇≦)!たまごさん
シンプルさがたまらない
そして今回は、そば粉のマドレーヌ”そばレーヌ”も一緒に購入♪
DSCN7120.jpg
DSCN7121.jpg
パンのような食感。※そばアレルギーの方は購入できません

駅からここまでは徒歩15~20分くらいでしょうか。
坂道もあり、足の良い運動になりますがのんびり歩いていけばきっと好きになれる町。。。
それが常陸太田という街なのかもしれません
DSCN7099.jpg
鉄道でお越しの際(車でもいいけどね)は、必ず駅の観光案内所に立ち寄り情報をGETしましょう!
先日発行されたばかりの、「るるぶ常陸太田市」もあります
IMG_20150419_181818768.jpg
こころのふる里・・・そうかもしれないね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2015/04/23 22:08 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-