SLのある公園~笠間市石井児童公園

笠間日動美術館より笠間公民館へ。
かさま国際音楽アカデミーの中の1企画、ロシアのピアニスト:ミハイル・ヴォスクレセンスキーのダイナミックかつテクニカル、そしてエキサイティングな演奏に酔いしれ素晴らしい2時間を過ごしました
”心が洗われる”というのはまさしく、こういう状態を表現するのでしょうか・・・
日頃のストレスも忘れ、彼の指が奏でる音の世界にすっかり入り込んでしまった私。
DSCN6405.jpg
やっぱり、一流の演奏家の生演奏は良いものです。
大変充実した2時間、笠間市ありがとう(笑)

つい、前置きが長くなりました^^;このブログは音楽ブログではありませんのであまりマニアックな内容を書くのはやめましょう(っつーか、書けねーし
その笠間公民館と、笠間体育館は同じ敷地内にあります。
そして、体育館の脇は児童公園があります
公園にはなぜか、SLが置いてありました。
DSCN6475.jpg
車を駐車する際、目に留まり無性に気になりましたので演奏終了後、帰る前に見ていくことにしました。
正面から”こんにちは”
DSCN6478.jpg
C58 275号
”C”だからつまり、客車。これに客車車両を連結して走行していたんだねきっと
DSCN6479.jpg
笠間を通行する水戸線(明治39年11月国有化、それ以前は水戸鉄道)も、かつてはSL車両でした。
DSCN6480.jpg
”これ、昔の電車だよね?”
”そう。昔はこれが普通だったんだよ。”
公園に遊びに来ていた年配の男性が孫を連れ、そんな会話を交わしているのを耳にしました。
水戸線(友部⇔小山間走行)では当初、小型タンク機関車で運転されていたそうです。その後日本鉄道→国有化され輸送力増強に伴い、車両も大型化していきました。やがて昭和42年3月15日、水戸線の電化が完成したことにより路線を引退しました。
その旨が添えられていた看板で説明されていました↓
DSCN6476.jpg
あいにくこの展示車両はリアルに水戸線を走っていたものではなく、他の地域で活躍していた同形式の車両だそうです。
水戸線を走っていた最後の車両は廃車や保存機関車となった為、笠間で保存することができなかったためとか。
DSCN6481.jpg
「C58275のしおり」で書かれているように、この車両は仙台、秋田、鹿児島と昭和16年の3月誕生以来昭和50年の3月31日に廃車となるまで大活躍した車両です
DSCN6482.jpg
長旅、おつかれさま。。。
東北から鹿児島と長旅の末引退し、ご縁あってここ・茨城県の笠間市にやってきて静かに余生を送っているC58275号であります
DSCN6483.jpg

DSCN6484.jpg
公園に遊びに来た子供達を見守りつつ、今日も静かに鎮座していることでしょう。。。

おまけの1枚
公園内にあった、きのこのオブジェ(遊具ではなさそうね)が非常に印象的だったもので(笑)
DSCN6485.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2015/03/25 23:24 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-