真壁のひなまつり2015-その壱

真壁のひなまつり和の風十三章が開催されています。
東日本大震災後初、そしてニコン初の真壁ひなまつり、見た順番どおりではありませんがこれから数日間に分けてその様子をレポートさせていただきますのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします
DSCN5937.jpg
旧真壁郵便局に展示されている、大型木目込雛。

悪夢の2011.3.11からもうすぐ4年。さすがにあの直後から見たらすっかり綺麗にはなったものの、震災の爪痕残す建物も点在。桜川市の観光関連のTVでは旅館伊勢屋さんと並んで必ずといってよいほど登場する「潮田家住宅」も、蔵が綺麗になっていて、修復後だというのが一目でわかります
DSCN5939.jpg

DSCN5940.jpg
石岡の陣屋門もだけど、こちらもあえて古色は使わなかったんだね。

ここで展示されてるのは江戸時代~昭和時代までの年代の雛人形。
ここを訪れるのは初めてではありませんが、今回もまたお邪魔させていただきます。
DSCN5941.jpg

入り口で出迎えてくれるのは、昭和30年代の木目込人形。
DSCN5943.jpg
あどけない顔したケース入りの雛人形の向こうには、年代を超え勢ぞろいしたクラシカル雛人形が。
豪華な段飾りです。
DSCN5951.jpg

DSCN5945.jpg

一番のメインは享保雛。
DSCN5947.jpg
数百年を経た、江戸時代の雛人形は特別なオーラを感じるわあ。。。
撮影する人たちもここに集中していました。そんなわけで今回はあえて下から
御殿飾りもゴージャスです。
DSCN5948.jpg

DSCN5950.jpg
古い雛人形に歴史あり。
クラシカルな雛人形たちは、そのままここ・潮田家の歴史をあらわしているのでしょうね。

潮田家の向こうには石匠の見世蔵がありまして。。。
DSCN5955.jpg

市のマスコットキャラクター=”いしおさん”がいました
DSCN5957.jpg
いしおさん、無言で客引き(笑)
こういうキャラ、わりと大好き
室内は、石匠の職人さん達が掘った作品と”いしおさん雛”が展示されていました。
DSCN5962.jpg
この脱力感が癒されます

というわけで、続きます!
いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2015/02/16 23:56 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-