笠間工芸の丘へ

2月3日~3月1日(日)まで、笠間市の笠間工芸の丘内クラフトギャラリーⅡ(ショップの中にあります)にて、陶雛の展示会=桃宴2015が開催されています
IMG_20150208_0001.jpg
DSCN5744.jpg
いづれも陶の冷たさを感じさせない、温かくて優しい作品ばかり。特に着物の裾等、まるで本物のような布の感じがよく表現されて素晴らしい
室内や展示作品は撮影しておりません(撮影可・不可は未確認。でもスタッフさんがついていましたし、誰一人としてカメラどころか携帯写メ撮影している人はいませんでしたので、おそらくNG)。
作品は是非、ご来館されて皆さんの肉眼でお楽しみください
IMG_20150208_085806160.jpg
ガラス製の壁雛1,500円。場所取らないしコンパクトで片付けも楽チン♪
来館の記念に1つ、買ってみました

笠間市内では”笠間のひなまつり”ということで、陶製の雛人形が市内で展示されていますが何しろ、展示されてる箇所が点在していて果たしてどこに焦点をおいたらよいのか分からず、とりあえず笠間工芸の丘へ行ってみよう!というわけでやってきました。
DSCN5740.jpg
登り窯(体験教室用の焼き窯)の脇にある丘の上で、可愛らしい焼き物の動物達がお出迎え(*^_^*)

前回来た時(2年は前かな)、東日本大震災被災により壊れたままになっていた登り窯も見事に復旧していました
DSCN5741.jpg

DSCN5742.jpg
今更ながら、おかえりなさ~い!\(^O^)/
登り窯も無事復活し、素晴らしい作品がたくさん生まれ”工芸の丘”にふさわしい光景が戻りましたね
あれ?いつの間に(≧≦)
DSCN5743.jpg
首を左に傾げてご覧ください^^

「桃宴」が開催されてるショップにも、前回訪れた時になかったものが
↓画像左側、注目。お分かりでしょうか・・・?
DSCN5749.jpg

では接近!
DSCN5747.jpg
昨年、笠間駅前で開催された「道の市」にて活躍しました”人車”でした。
(その時の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2038.html
ここで再会できるなんて
DSCN5746.jpg
復元プロジェクトさん達の手によって、80数年後に蘇った笠間人車軌道。
現在はイベント会場のみの活躍、普段はここでこうして休んでいたんだなあ。。。
DSCN5745.jpg
リアルタイムに活躍していた頃(大正~昭和初期)は、笠間駅⇔笠間稲荷神社間を運行していたそうですが、この時代それを復活させるのはさすがに難しいかなあ

コーラの瓶の蓋みたいな屋外テーブル。さすがは”芸術の森”!
DSCN5748.jpg
野外に設置された、いくつかのオブジェ巡りも面白そうです
見て、体験して、触れて、遊んで、食べて・・・笠間工芸の丘を含む広~い敷地の芸術の森公園
楽しみ方も幅広し!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2015/02/10 21:00 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-