牛久市の中の龍ヶ崎市~女化稲荷神社

茨城県の地図を眺めると、たまに”おや?”という箇所を見つけたりします。
今回、記事で書かせていただくスポットも、そういった感じで見つけました。

牛久市の中に1箇所だけ、”龍ヶ崎市”と表示された箇所があります。(下の画像中、○で囲ったところ)
IMG_20141110_115706716.jpg
女化(おなばけ)稲荷という神社があるところですが、何ゆえこの部分だけが龍ヶ崎市に・・・?
龍ヶ崎市の飛び地として牛久市内に位置していますが何故このようなことになっているのか、興味を持った私はある日、思い切って龍ヶ崎市役所に問い合わせてみました。
DSCN0125.jpg
龍ヶ崎市役所さんの返答メールによりますと。。。(一部略記)
「江戸時代、馴馬村(現在の龍ヶ崎市北~中央部)に住む松田次左衛門という人が現在地に女化神社を建て、管理した、という記録が残されています。当時の女化周辺は「女化が原」という広大な原野となっており、周辺の村の堆肥を作るための採草場となっており、その際境界争論もあったようです。馴馬村としては女化神社の管理を行っていることを一つの証拠として利用していたようです。
明治以降、女化が原の大部分が牛久市に編入されましたが、上記のような経緯から女化神社とその周辺一角は、龍ヶ崎市に編入され、現在に至っています。」

とのことでしたさらに、”女化神社”でネット検索をかけたところ、この神社は明治時代以前は龍ヶ崎市内にある来迎院の管理下だった、とも説明されていました。
いづれにしろ、この神社が龍ヶ崎市の管理下だから神社とその一帯は龍ヶ崎市のもの、ということになりますか。
DSCN0126.jpg
さあ、お参りしましょ
この神社、永世6年(1509年)保食命(うけもちのみこと)を祭神として創建されたそうです。一時期、その神様の名前を取って「保食神社」という名だったこともあったそうです。
まるで最近建てた様に綺麗な拝殿だな、と思っていたら案の定、平成14年(2002年)に再建されたものですって。
DSCN0132.jpg

DSCN0136.jpg

拝殿前に建てられた狐の彫刻
DSCN0128.jpg
お稲荷さん=狐は決して珍しくはありませんが、ここの狐は子狐も一緒なのが印象的
この狐は母狐なのでしょうね。
女化の狐のお話が、この地に残されています。
DSCN0133.jpg
その昔、根本村(現在の稲敷市根本)の忠五郎さんという人が土浦からの帰り道。眠っている白狐を猟師が射ようとしているのを見つけ、狐を逃がしました。
その夜、一人の若い娘が年配の男を連れて忠五郎さんの家を訪ねてきましたので泊めてやることにしましたが翌朝になると、娘だけが取り残され連れの男の姿が見えません。どうしたことかとたずねると、”連れの男に金品を持ち逃げされた”と泣いています。忠五郎さんは娘をしばらく家に置いてやることにしました。

彼女は優しく働き者で、やがて忠五郎さんの嫁になり3人の子を産みました。それからは幸せな日々が続きましたが数年経ったある日のこと。
彼女は幼子をあやしつつ、いつしか眠りこんでしまいました。そこへ子供達が帰ってきました。ところが・・・・・!
子供達は母親の姿を見てびっくり!なんと、白い大きな尻尾が生えているではありませんか!!
忠五郎さんが仕事から戻ると、子供たちがしきりに”おっ母が狐になってもうた~!”と泣いています。
家に入るとすでに妻の姿はなく、ただ置き手紙だけが残されていました。
-嬰児の 母はと問わば女化の 原に泣く泣く伏すと答えよ-・・・と。

忠五郎さんの妻となったこの女性は、かつて忠五郎さんが猟師から助けた白狐だったのです。その恩を返すべく人間の姿になって忠五郎さんの身の回りの世話をしていたのでした。

DSCN0131.jpg
”飛び地の由来”と、「けた狐」あるいは「が(狐に)けた」ということでやがて、この土地が「女化」と呼ばれそのまま地名になったとも言われています。狐の伝説を持つ女化稲荷神社のお話でした!

毎年、旧暦の初午には植木市なども行われるそうですから興味を持たれた方はこの機会に足を運ばれてみるのもいいかもね
DSCN0137.jpg

茨城県、不思議なスポットが探せばまだ見つかりそうです
最後になりましたが、お忙しい中時間を割いてくださり飛び地についてお調べくださった龍ヶ崎市役所さん、大変お世話になりました!この場を借り厚くお礼申し上げます。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/12/20 23:49 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(2)
stkさんへ♪
あの界隈だけ別世界のような気がしたのは私ぐらいでしょうか・・・?
飛び地、ということで意識したからですね。

周辺スポットの情報、ありがとうございます。
[ 2014/12/21 22:09 ] [ 編集 ]
NoTitle
女化神社付近、長閑で良いですよね。onabake97と言う素敵なお店があります。
http://stk1031.blogspot.jp/2014/08/onabake97.html
牛久のトライアル裏のかりんとう本舗が来年は女化神社の近くに移転される様です。
http://stk1031.blogspot.jp/2014/11/blog-post_97.html
[ 2014/12/21 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-