5年ぶりに白帆の湯

日帰り入浴施設を目の前にしながら、入らずに帰る理由などあろうか
ましてや、タオルもちゃんと用意してあったのに(笑)
DSCN4851.jpg
公民館のイルミネーション点灯までまだ時間がありましたし帆引き船を見届けた後、「あそう温泉白帆の湯」に浸かっていくことにしました。
ここに来るのは2回目かな。前回は2009年の来館です。つまり東日本大震災の前ですな
暫く足を運ばないうちに、館内は少しリニューアルされたようです。
前回来たときにはなかった、足湯があるし。
DSCN4853.jpg
ちなみに、この足湯からはこんな景色が見られます。
DSCN4852.jpg
霞ヶ浦が真正面に
これが日没後はこうなります。

DSCN4896.jpg
素敵~!!
まるで、リゾート地に来たみたい。。。

こんな景色を楽しみながらお茶が楽しめる喫茶スペース「コテラス」も増設されました。
DSCN4876.jpg
行方市産のお土産(ワカサギや鮒の甘露煮や白魚、レンコン等)の販売スペースも設けられていますのでお帰りに是非、ご利用ください!私もお風呂上りにワカサギの甘露煮とソーセージを買いました。

浴室内は撮影できませんので画像抜きで失礼いたします。
館内の様子はコチラをご覧ください→http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page000590.html
お風呂はメタケイ酸含有規定泉という泉質。茶褐色ですが無臭のお湯で心からほっこり温まれます
サウナと薬湯がありますが、なんといっても素晴らしいのは内風呂浴槽や露天風呂から眺めることが出来る、広大な霞ヶ浦の光景です(≧∇≦)!
DSCN4882_2014121222524302b.jpg
※画像はイメージです。
本当に、浴室から霞ヶ浦のパノラマ展望を楽しむことができちゃう!
特に晴れた日の夕暮れ時なんか最高!!
温泉の効能で”体の癒し”と、悠々とした霞ヶ浦を堪能できる”目の癒し”。
ダブルの癒しを満喫できること、間違いなし

癒しの時間を過ごしているうちに、”そろそろかな?”という時間になってきました。
完全に陽も沈み、辺りはすっかり夜。
DSCN4895.jpg
窓越しに見える、綺麗なお月様。。。。
・・・と思いきや、実は窓ガラスに反射したお月様でした
実際のお月様はこの反対側(笑)

平日も土日祝日も、大人料金700円(17:00以降は500円)。県内の日帰り入浴施設としては安いほうですね。
行方市を訪れたら必ず立ち寄っていきたいスポットです

あそう温泉白帆の湯
茨城県行方市麻生419-1
営業時間 10:00~21:00
定休日:毎週水曜日(但し祝祭日は営業、翌日休業)
HP→http://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page000590.html


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/12/12 23:07 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-