鹿島神宮御船祭観て来ました<其の参>

潮来~加藤洲の水上に漂着していた船たちも、どうやら出航の時刻が迫ったようです。
どこかで待機していたお祭り関係者の人たちが戻ってまいりました。
DSCN2372.jpg
当ブログでご紹介させていただく御船祭記事も、今回で最終回となります。
供養船もぞろぞろと動き始めました。
DSCN2376.jpg

[広告] VPS

DSCN2382.jpg

元気に観客に手を振るご一同の姿も
DSCN2391.jpg
いってらっしゃぁ~い!!\(^O^)/
やがてこの後、御座船が出航されるとそれに伴うように彼らも一路、鹿嶋の大船津へ帰還するのです。
御座船が発つまでの間、北利根川上を戯れるように浮遊しています。
中にはお囃子演奏をしている船もありました
[広告] VPS


一方、こちらでは御座船が待機中↓
DSCN2408.jpg
さて、今更ですが御船祭は鹿島神宮の祭神・武甕槌大神と香取神宮の祭神・経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が12年に1度の午年に、水上で再会するというお祭り
「午」は方角では南、時刻では正午にあたり丁度”陽性”の気が盛んだということから12年に1度巡ってくる「午年」にこのお祭りが行われるようになったそうです
”陽”の気がもっとも高いこの年のこの日・この時刻にあらゆる邪気と不景気を祓い、一陽来復を祈願しようという意味が、このお祭りにはこめられているのです
DSCN2408-1.jpg
応神天皇の御世だとか神宮皇后の遠征祈願が始まりだとかの説があるようですが、常陸国風土記の中で「毎年七月に舟を造りて津宮に奉納する」と記載されている位ですから、かなり昔から存在していたのに違いありません

さあ、いよいよ御座船がここ・潮来から出航する時間がやってまいりました!
DSCN2413.jpg
大勢の観客達や祭り関係者が見守る中、御座船と桟橋を繋ぐロープが今解かれます。

そして・・・出発しました!
DSCN2414.jpg

すぐさま、御座船に続くように他の船も大船津目指して動き出します。
私も陸の上から追いかけますが船が進むのが早くて追いつけない
DSCN2417.jpg

DSCN2418-1.jpg

やがて船達が見えなくなるのを見届けてから、私も再び潮来駅に戻っていきました。
あっという間の出来事でした。
DSCN2420.jpg

この後、大船津に船が帰るとご一行は船から下りて鹿島神宮へ向かいます。そこで行宮御着與祭(あんぐうごちゃくよさい)という儀式が行われるのですがその光景を見届けずに私は鹿島神宮駅より鹿嶋臨海鉄道に乗車して水戸へ帰りました。

以上で私の「御船祭」記事は終了です。拙い内容ですが最後までご閲覧くださり誠にありがとうございました!
次回の御船祭は12年後、その頃にこのブログが存在しているとは思えませんが次回の御船祭も元気で見られるよう、頑張ります(笑)
「12年に1度だもん!次は見られね~!」なんて言ってた観客のおじいちゃんやおばあちゃん、次回もまた元気で見られる様、長生きされてください!
DSCN2427.jpg
余談ですがこの御座船、お祭り終了後には解体されるそうで次回12年後に同じ船を使用することはないそうです。
やはり神様の行事だから最後はお炊き上げするのでしょうね
私的にはちょっともったいない感じ


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/09/07 22:51 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(6)
せいパパさんへ♪
せいパパさんの見慣れた光景ですね。
この日は榊や大漁旗をつけた船が何隻も浮かんで、その光景はまるで平安絵巻!!
源平の合戦を見ているようでした^^

私もはじめは鹿嶋が中心だと思っていましたが、鹿嶋~潮来・加藤洲の3つの領域にまたがった大規模かつ広範囲な船のお祭りだったのですねv-405

今回はあいにくでしたが、次回12年後の開催には是非成長された娘さんとご一緒にご覧になられてくださいv-410
「前回はスズナちゃんが生まれてすぐ後の時にやったんだよ!」
なんてお話ができると良いですね♪
[ 2014/09/09 23:21 ] [ 編集 ]
見慣れた川がこんな事になってたんですね!
盛大ですね。
鹿嶋で行うとずっと思ってたけど
周囲の方に聞くと
潮来であるんだよと聞いて
あっちまで行くんだと規模の大きさに
ワクワクしましたが娘の出産の後だったので
行けなかったのが残念です。
[ 2014/09/09 08:37 ] [ 編集 ]
オリーブさんへ♪
オリーブさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!
何しろ、12年に1度だということで会社を休み行ってしまいました(笑)

私の場合、”みふねまつり”と耳にしていました。最初は”おふねまつり”だと思っていたけれど。
果たしてどちらが本当なのでしょうねv-290

楽しんでくださって、こちらこそありがとうございました!
[ 2014/09/08 23:31 ] [ 編集 ]
奈緒さんへ♪
奈緒さん、こんばんは。
コメントありがとうございます^^。
いえいえ、もう来てくださっただけでうれしいですよ!

12年に1度ですから、見逃したら絶対後悔するし・・・
というわけで、会社をお休みし行ってまいりました(^^)ゞ
撮影はイマイチで、自分が撮りたかったものが撮れず苛立ちましたが”観てよかった!”というのがストレートな感想です。
12年後は・・・さすがにこのブログが存在しているかどうか^^;

中秋の名月、水戸地方では残念なことになってしまいましたv-292
雲に邪魔され、見られずじまいで。
本当の満月は明日だそうですけどね^^
[ 2014/09/08 23:27 ] [ 編集 ]
こんばんは☆

御船祭、来られたんですね~
職場でも、話題になってましたが、2日のメイン日は、仕事だったので
出かけませんでした。
12年に一度なんですけどね・・・

おふねまつりとルビがパンフレットにもあるのですが、
少し上世代は、みふねまつりと言っていたとか。

気になっていたので、ここで楽しめました。
ありがとうございます。
[ 2014/09/08 22:08 ] [ 編集 ]
竹千代さん、こんにちは

なかなかコメントできずでごめんなさいね

迫力の貴重なお祭り見てこれてよかったですね~
遠出のレポートも大変だったでしょうね

是非また12年後も見せていただきたいです
私がまだ元気ならいいんだけど・・(笑)

ところで今夜の中秋の名月がこの辺りでは見れるか心配な曇り空ですが
竹千代さんのテンプレートのお月様が素敵で満足しちゃいました

でも、是非本物も見たいですね


[ 2014/09/08 16:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-