或る日の広浦

あれ?更新休止中のはずでは・・・?みたいな感じで記事UPさせていただきます
先週の土曜日、その日の用事が思っていたよりも早く終わりましたので以前から気になっていたスポットを訪ねてみることにしました。記事はそのお話

空模様は怪しくなりつつありましたが近場だという安心感から向かった先は水戸八景に指定されてるうちの1つ・茨城町の広浦というところです
こちら↓去る7月6日に「涸沼あじさいまつり」の際お食事に立ち寄った”うなぎや”さんそばの釣り場から見た光景。
DSCN1079_2014072610465266c.jpg

鳥居のある側から逆にうなぎやさん方向を見ると、こうなります。
実際は赤い鳥居の場所よりも少々、手前ですが
DSCN1163.jpg

広浦公園の入り口にも石の鳥居がありますが、曇り空ではありますがなかなか絵になりますなあ。。。
DSCN1166.jpg

DSCN1168.jpg
これは水神宮の鳥居。名前から判断するにきっと、水難事故などの災いを守る守護神様なのでしょう
ここに「名勝広浦」の碑が立っています。
DSCN1167.jpg
水神宮よりさらに奥へ、涸沼に沿って歩いていきます。
水戸九代藩主の徳川斉昭公が歌に詠み、水戸八景の1つに指定された「広浦秋月(ひろうらしゅうげつ)」。
ここから眺める、湖面に映った中秋の名月がとても素晴らしい、ということで「名勝・広浦の秋月」と呼ばれるようになったそうです
DSCN1171.jpg
晴れた日は筑波山も見られるそうです
湖面に映った名月もさぞ、美しいでしょうが海岸のように涸沼の畔にある松林も無視できない(笑)
DSCN1172.jpg

途中あった、屋台のようなもの。1週間後(つまり本日)開催されるはずの”あんばまつり”の為のものでしょうか?
DSCN1174.jpg

DSCN1176.jpg

水神宮から歩いて3分ほどだったでしょうか?
”うなぎや”さんから見えたあの赤い鳥居に巡り合えました。
DSCN1180.jpg
その少し手前に「水戸八景」の碑があります。
DSCN1178.jpg
DSCN1177.jpg
思えば斉昭公が藩主だった時代は、幕末乱世真っ只中な時代。
気丈な斉昭公もストレスで神経を病んでいたかもしれません。涸沼・広浦の景観はそんな彼の心を慰め、癒していたに違いありませんね

私も少しの間、この景観に魅入っていましたがどこからともなく雷の音
これは大変、水戸八景の碑も見たことですし、雨が降らないうちにそろそろUターンせねばと愛車の待つ駐車場へ足を急がせた私。横目に見える涸沼を一望しながら。。。
DSCN1181.jpg
DSCN1183.jpg

今宵は広浦の有名なお祭り”あんばまつり”が行われる日。
涸沼の湖上に浮かぶ船の上でお囃子をするという、珍しいお祭りが行われます。YOU-TUBE動画をお借りしてきましたので、ご参考に(※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合がございますので何卒ご了承ください!)

茨城町涸沼あんばまつり2013

広浦公園と大杉神社

私は足を運ぶことができませんが興味をお持ちの方、観に行かれてみては?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/07/26 11:15 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-