大鳥居竣工祭、そしてくぐり初め

いよいよ、定刻となりました
長いふれ太鼓打ちが行われた後、厳粛に竣工祭が挙行されました。
臨席の神官により、お祓いが入念に行われ祝詞が読み上げられます。
ちなみに大鳥居の足元にはまだ縄が張られている状態。
DSCN0413.jpg
DSCN0412.jpg
長い時間、心こめて読み上げられた祝詞が終了すると弓打ちの儀式。
邪気を払う意味でしょうか。
DSCN0418.jpg
矢を向けたのは大鳥居の方。構えた弓を上空に向け、その瞬間!
とんだあ!!
DSCN0419.jpg
放たれた矢は上空で大きな楕円を描いて大鳥居を越えていきました。
続いて巫女さんの舞が御披露目。
DSCN0422.jpg
巫女さんの舞の後、復興碑の除幕が行われいよいよ、大鳥居の脚元に張られた縄が断ち切られる時。他の竣工祭で言うところの”テープカット”にあたりますが、ここは鹿嶋市。あの剣豪・塚原卜伝の出身地ということで鹿嶋流に居合切りにより行われます。
DSCN0423.jpg
剣士が神社より刀を受け取り、鳥居前で一礼の後ついに縄を切り落とします。
DSCN0425.jpg
この後、”えいっ!!”の掛け声と同時に刀が振り落とされ、縄はあっという間に切られました。
晴れて大鳥居の本格的な復活です。おめでとう!!
DSCN0429.jpg
居合切りを合図に、市内の代表的なお祭り=祭頭祭の御一行さん達が賑やかに入ってまいりました。
毎年3月9日に、春の大祭礼と呼ばれている祭頭祭ですがこの日は特別御披露目(*^_^*)
DSCN0440.jpg
DSCN0437.jpg
アングル悪くて大変、恐縮です
でも3月の9日でしか見られないこのお祭りを観ることができて、得した気分です(*^_^*)♪
誰かが言ってたけど、本当に”盆と正月”が一緒に来たような賑わいでした
お祭りの御一行は、先ほど”御開帳”(?)したばかりの大鳥居をくぐり、駐車場へ移動。
彼らが嵐のように去った後、我々もいよいよくぐり初めです。
勿論、最初にくぐるのは宮司や神官、そして来賓が先。
DSCN0441.jpg

さあ、いよいよ私達の番です
歴史的瞬間、ちょっと胸ドキドキ(笑)
DSCN0443.jpg

忘れもしない2011.3.11 14:46に発生した東日本大震災により神社の本殿や拝殿そして参道の商店街を守り、身替りになってくれたかのように崩壊した鹿島神宮大鳥居。あれから3年、ようやくこの地に大鳥居が戻ってまいりました
DSCN0444.jpg
新しい大鳥居は、神社境内の古木を数本使用したものです。
~神社の建物等が万が一損壊した場合、修復の折には神社境内に植生されている木々をその素材に使用せよ~
という意味の指示が古い書物の中に書かれていたそうです。それに従って今回の大鳥居修復の際は神社境内の古木が用いられたとのこと。
DSCN0449.jpg
通行の際に、皆さん鳥居をナデナデ。
私もついつられてナデナデ
DSCN0446.jpg
あらためて、お帰りなさい!
新・大鳥居に使用された古木のうち1本は、駐車場(この日はイベント会場になっていましたが)のトイレの脇にあったものだということを、この後情報入手いたしました。切り株がまだ残っているとのことですので、参拝に来られた方はご覧になられてみては?

あらたに建てられた復興碑も見てみました。
DSCN0453.jpg
中央上部に刻まれている漢字は、「感佩」=かんぱい、と読みます。意味を調べたところ”心から感謝して忘れないこと”だそうです。
「感佩」を取り囲むように刻まれてる多数の細かい文字は、大鳥居修復の際に携わった人達または企業名が刻まれています。
DSCN0448.jpg
こんなにたくさんの人達のご協力があって、大鳥居が甦りました。皆さんの魂が一つとなりこの大鳥居に結集されたと言っても過言ではありませんね。たとえ、修復工事に携わっていなくても、大鳥居復活は誰もが願い、待ち望んでいたものには違いありません。
いわば、この大鳥居の復活を願う人達の心が宿ったことになるでしょう。
DSCN0450.jpg
鹿島神宮大鳥居復活は、鹿嶋市復興のシンボルだそうです。
数千年もの歴史を持つ鹿島神宮。今回の大鳥居修復工事→竣工祭もまた、歴史の1頁として新たに追加され100年、200年先の未来に残ることでしょう。
そんな大切な日に立ち会えた私は、歴史の証人であります(^^)v
そうなれたことに、文字通り「感佩」

 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/06/03 23:18 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-