牛久健康ウォーク<その3>

今から464年ほど前の1550年頃、岡見氏によって築城されその後、由良国繁が城主となりましたが関ヶ原の合戦から数年後に廃城となったお城=牛久城。
DSCN0069.jpg
廃城となったいきさつは不明ですが、由良国繁が城主となったのは豊臣秀吉の東国攻めにより開城となった時、秀吉の命によるものだというところから、天下分け目の戦=関ヶ原の戦いで豊臣方が敗者となった事と関係あるのかな、と自分なりに想像してみる私
いけないいけない^◇^;歴史のお話じゃなくて、ウォーキングのお話でした
その牛久城址を歩いていきます。前回の記事後半で触れたとおり、本丸も天守閣もありません。お城と呼べる遺構は残っていませんが、なんとなく土塁やお堀を思わせるものがありました
DSCN0075.jpg

城址、といっても正直あまり保存状態は良くないですね
DSCN0076.jpg
暫くこういった光景が続きます。やがて、これまで木々に遮られていた光が差し明るい場所に辿り着くと正面奥に見える牛久沼
DSCN0077.jpg

のどかですねえ、牛久沼
DSCN0079.jpg
で、ちょっと視界を右方向にずらしますと。。。
w(゜0゜)w!!
DSCN0080-1.jpg
皆さん、お分かりいただけましたでしょうか?
では、拡大!(※上記画像を等倍トリミングした上で縮小しました)
DSCN0080-2.jpg
そう、言うまでもないかな?まぎれもなくあの世界遺産の山富士山です。
なんと、この牛久城址は富士山のビュースポットだったんです
DSCN0078.jpg
牛久沼から富士山が見られるとは。。。ありがたや
少々、靄がかかっていますがこの日は晴天でしたからよく見えました
冬場だったらもっとはっきり見えたかな?
DSCN0083.jpg
牛久城址が見せてくれた”世界遺産の山”・・・埋蔵金にも勝る素敵な宝物です
良いものを見せてくれて、ありがとう!!

たっぷり富士山を満喫した後は、牛久沼を左手に眺めつつ水田ウォークとなりました
DSCN0084.jpg

遊歩道の向けられたこのルート、”かっぱの小径”と名付けられています。
DSCN0085.jpg
こののどかな田園風景の中、牛久沼からの風を浴びて歩いて行けるなんて車では絶対に味わえません。
いつもは常磐線の車窓から眺めている牛久沼、それがこんなに目の前に
DSCN0086.jpg

河童はいるかな~?(笑)
DSCN0087.jpg

マリンスポーツを楽しまれている人の姿もありますね
DSCN0088.jpg

晴天で風も爽やかでしたから、最高に気持ちいいでしょうね
DSCN0089.jpg
水辺のウォークは、心和みます。
でもあっという間に牛久沼とはお別れ、再び高台の山道に入っていきました。
DSCN0091.jpg
ここを上がりきった所に、牛久市出身の有名な画家が生前使用していたアトリエ「雲魚亭(うんぎょてい)」があります。
河童を描いた個性派画家・小川芋銭(おがわうせん)のアトリエです。そこを目指して歩きます。

ウォーキングもいよいよ、後半戦となりました
というわけで、また明日

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/05/21 23:00 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(4)
stkさんへ♪
常磐線からも見えたのですね^^。
佐貫-牛久間、何度か利用したことあったはずなのに気付きませんでした。
[ 2014/05/23 21:32 ] [ 編集 ]
karinさんへ♪
karinさん、こんばんは(*^_^*)
そうですよね^^;写真を撮りながらですから果たしてウォーキングと呼べたかどうか(笑)
でも、出発はみんな一緒でも途中からは自由歩行、自由解散、最終到着時刻さえ守ればフリータイムのようなものでしたからその点は参加しやすかったですi-179
何度か参加されてる方は、散策を省略し近道を通って早々とウォーキングを終わりにしていた位でした。

そうですね^^コース内に見るべき場所がたくさん組み込まれていましたので、単なるウォーキングにとどまらず観光目的でも楽しめるもので面白かったです。特にあの富士山(≧≦)!
素通りしちゃ大損でしたね(笑)
[ 2014/05/23 21:26 ] [ 編集 ]
No title
常磐線の車窓から(佐貫ー牛久)で牛久沼の向こうに富士山を見たことがあります。感動でした。
[ 2014/05/23 18:23 ] [ 編集 ]
素晴らしいコース!
竹千代さん こんばんは

これだけの取材をしながらもウオーキングを続けて
いらっしゃるのですからすごいです!それに写真を
撮っているとどんどん遅れてしまいますもの。
その分、速く歩いていらっしゃるのでしょう?

ああ、それにしても、見るべき場所がたくさんある
コースですね。単なるウオーキングとは全く異なり
ます。富士山もあんなに大きくみえるのですね!
[ 2014/05/22 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-