大洗の西福寺

”ガルパンの聖地”、大洗町。
茨城交通バスの『曲松』バス停で下車すると、バス停のそばに1つの燈籠が立っています。
IMG_20140322_104855.jpg
この燈籠の脇道を進んで行くと天台宗の寺院「西福寺(さいふくじ)」の境内に入ります。
正面に見えるのが西福寺の本堂。
IMG_20140322_102939.jpg
ウィキペディアで調べたところによれば創建については二通りの説があり、寛弘年間(1004~1012年)の比叡山恵心院源信僧都であるという説と、永享年中(1429~1440年)の栄俊であるという説です。
でも境内では、寛弘4年(1007年)と説明されています。
IMG_20140322_102708.jpg
元々は、現在の水戸市島田町にあったそうですが、義公(徳川光圀公)の命により現在の地に移転し、今に落ち着いたそうです
このお寺、”国役寺”と呼ばれて水戸藩内の天台宗寺院の取り締まりにあたり、かつては水戸十ヶ寺の一つに数えられていたと説明が書かれていますので、名のある寺院であることには間違いないでしょう
IMG_20140322_102949.jpg
尚、本堂は明治24年に建築されたものだそうです。元の本堂は二度の火災により焼失されたとか。
ここには県の指定文化財になっている木造の阿弥陀如来坐像が安置されてるそうです。
この日は拝見できませんでしたが

この本堂にて去る3月22日、二年前に他界した母の姉の夫・ケンゾーさんの3回忌法要が行われ、私も参列してまいりました。合掌
・・・とまあ、プライベート的なことを挟むのはこの程度にしまして、再び西福寺のお話に戻します。

”さすが、大洗町!”と言いたくなるような、美しい松の木が境内にありまして。
IMG_20140322_102713.jpg

東屋風の休憩所との2ショットが様になってますねえ。。。
IMG_20140322_105107.jpg
そういえば、このお寺の最寄りのバス停名は「曲松」だったねえ。昔は松の木がもっとたくさん、この界隈に生息していたのでしょうか

そして、この境内には北関東不動尊霊場36か所のうちの28番札所・不動明王を司った御堂があります。
なんでも、「開運のお不動さん」と呼ばれているそうな
IMG_20140322_103559.jpg
※逆光になってしまった為、修正を入れています。

さあ、開運をあやかりましょう
IMG_20140322_103543.jpg
後光が差したか?!眩しい~!!(いや、逆光になっただけでしょ

今や、「ガルパン」が観光PRの主流となっている大洗町だけどこうした歴史的文化財巡りをするのもまたいいかもしれません
そうそうこのお寺がある界隈は商店街となっていて「曲がり松のれん会」と呼ばれています。
ワンコインツアー等イベントもたくさん行われ、この西福寺境内でもミンコンサートが開かれることがあるそうな。
HPのリンクを拝借させていただきましたので、詳しくはコチラを↓
曲がり松のれん街「曲松」という地名の由来についても触れられていますので

商店街のイベントを楽しむも良し☆何でもない日にゆっくりとぶらぶら散策も良し☆
大洗の楽しみ方は無限なり(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/03/24 23:10 ]  大洗町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-