吉田屋さんのスイート梅

昨日22日に水戸市の千波湖畔の好文cafeデッキ上で開催された”納豆早食い大会”、凄かったですねえ^◆^;
私はTVのニュースで見ましたが、凄まじいほどの参加者の皆さんの食べっぷりに圧倒されました!
他県から参加された方が多くいらしたようでやっぱり、茨城県(水戸)=納豆というイメージは覆せないものなのかなあ。。。と、あらためて感じさせられた場面でした(笑)

さて、茨城・水戸と言えばもう一つ!それは”梅”
IMG_0905_201403182042297f1.jpg
茨城県の梅と言えば、やはり昔から偕楽園の梅が有名でしょう。
「梅は花を堪能して良し!実になれば食するも良し!」という理由から、水戸藩九代藩主・斉昭公が偕楽園を造園するにあたり梅の木をたくさん植栽したと聞いたことがあります。

そこで。こんな商品
IMG_20140215_093629.jpg
ここ最近ですが、水戸駅構内の売店や偕楽園内の売店等で見かけるスイート梅
あの梅干しがスイーツ感覚で気軽に食べれるように、と大洗町の吉田屋さんより発売されています。
若き八代目社長さんが考案され、梅干しが苦手な方でも食べられる甘い梅干し。
こうして↓1つ1つ可愛く包装されています
IMG_20140215_102243.jpg

IMG_20140215_102928.jpg
見た目も匂いも梅干しそのもの。一口、口に入れた食感は確かに梅干しだけど。。。なんとなく甘くてやわらかい。。。梅干し独特の酸味をキュ~っと感じたすぐ後に感じる甘さ。。。この不思議な味は、「二段漬け込み」(吉田屋さん独自の製法だそうです)という製法によるものだそうですが、”梅干しなんて普段、食べないっしょ”という方もこれならイケるかも。

老舗店が生み出した、「デザート感覚」のニュースタイル梅干し。観梅の記念にいかがでしょう?
さて、その吉田屋さんが来る4/8、なんと全国初の『梅専門カフェ』をOPENされるそうです
IMG_0001_2014032320412667e.jpg
”常陸乃梅(ひたちのうめ)”とは、吉田屋さんの八代目が開発された梅。県内初の梅ブランドなのです。
偕楽園の梅があるにも関わらず、これまでわが茨城県では「茨城県の梅で作られました!」的なお土産品・加工品が存在しなかったのです
”これではいけない!”と感じた八代目さんが頭を悩ませ、梅の生産者達の協力を得て試行錯誤し、苦心の末誕生した梅ブランド=「常陸乃梅」。2013年2月に農林水産省・経済産業省の認定を受けています。
IMG_20140126_110531.jpg
↑先月、水戸京成百貨店で開催された漫遊いばらきの味と技展で出品された梅ジュース。
あの節は美味しゅうございました

この梅ジュースをはじめ、梅シロップ等の加工品の販売や「常陸乃梅」をふんだんに使用したスイーツや軽食等が楽しめるそうですから、楽しみです
IMG_20140126_110608.jpg

”観る梅”の季節が終わっても・・・今度は”食べる梅”が皆様のご来県をお待ちしています

吉田屋さんのHP↓
http://www.kk-yoshidaya.co.jp/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/03/23 21:21 ]  大洗町 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-