大洗美術館の風景窓画

大洗磯前神社の階段を降り、車道を横断した正面にある大洗美術館。
IMG_0148_2014011022351834f.jpg
余談ですが、手前の道路を左手の方向へ進むとアクアワールド大洗(水族館)に辿り着きます

もしかしたら世界でたった一つ、少なくとも茨城県の他の市町村にある美術館にはない”絵画”=風景窓画と呼ばれる”絵画”が、この美術館に展示されているのです
その風景窓画を観たかったので旅館のロビーのような受付を通り、入館料500円を支払って入っていきました。

館内は撮影禁止ですが、”風景窓画”のみ写真を撮ることが許可されています。
というわけで、こちら
IMG_0156_2014011121484115d.jpg
金の額縁に囲まれたその風景は、大己貴命(大黒様)・少彦名命(恵比寿様)の2人の神様が降臨したという神磯。
名勝・大洗の代表とも言えるスポットであります。
(中央の光はフラッシュです。太陽の光ではありません

いにしえより、多くの著名人に愛された大洗・神磯の風景。。。
ここから眺める日の入りの光景は最高!
IMG_0155_20140111221504eeb.jpg
ここで初日の出を観ようと、この海岸に大勢の観光客が訪れ砂浜は人混みで埋め尽くされるほどだったそうです。今年は気温が低く格別に寒いせいか空気が澄み、元旦の初日の出は最高に美しかったようです
「あんなに綺麗な初日の出は観たことなかったわ」と、美術館の支配人の方もおっしゃられていました。
私も生で観たかったな
IMG_0153_20140111230247126.jpg
額を抜いてアップで☆

この風景窓画、様々な角度から眺めることができます。観る位置をちょっと変えただけでもまた新鮮味があります。
支配人さんが煎れてくださったコーヒーを飲みながら、のんびりゆっくりとこの風景窓画を眺めて楽しめば、時間を忘れてしまいそう。。。
IMG_0157_20140111222132453.jpg
↓アップで
IMG_0158_201401112227062eb.jpg

額縁で仕切られた世界に、暫し魅入ることを楽しむ私。。
”名勝”の風景を写真撮影する人がいれば、お散歩を楽しむ人、デートするカップル等・・・”絵画”に登場する人物も次々に入れ替わって面白い!
もしも皆さんがこの美術館を訪れられた時には、果たして何が見えるでしょうね
IMG_0159_20140111230353df8.jpg

IMG_0160_201401112305436c9.jpg

IMG_0161_20140111230647d8f.jpg
この穏やかな海だって、荒れる時もあるでしょう。。。
又、晴天ばかりでなく曇り空や雪景色に変わることも。
IMG_0163_20140111231218837.jpg

大自然が造り上げた、神秘の風景。
これぞ、”生きた絵画”と言えるでしょう
IMG_0164_20140111231528913.jpg
何度も言いますが、神様の芸術作品=風景窓画を展示しているのはここ・大洗美術館だけ。
大洗町へ御越しの際には、是非立ち寄られてみてください!

尚、この美術館の常設展示には明治~昭和の時代に実業家として日本の近代化に貢献した渋澤栄一氏の四男・渋澤秀雄氏が生前、この美術館に寄贈した水彩画の作品が常設展として展示されています。彼が小学校5年生の頃に描いた常磐路(水戸、土浦、大洗)のスケッチですので合わせてご覧になられて行ってくださいね

とある写真家の方が撮影された、日の入りや雪景色等の様々な光景の神磯のパネル写真も必見ですよ
いづれも写真撮影は不可ですので、画像でのご紹介は出来ません。
是非、実際に足を運ばれてご自身の目で楽しまれてくださいね

大洗美術館
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249 大洗磯前神社前
Tel:029-266-2637
入場料 一般500円、中高生300円、小学生150円
休館日 水、木曜(祝日の場合は翌日振替)、年末 悪天候による臨時休館あり
開館 10:00~16:00
IMG_0150_20140111234210cf5.jpg
ここにもガルパン!!美術館の向かいにあった民宿です。
ガルパン旋風はまだしばらく続きそうですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2014/01/11 23:45 ]  大洗町 | TB(0) | コメント(2)
Romanさんへ♪
おはようございます!
先日、大洗を訪問なさったようですがここは通過されたのですね^^;

他の美術館とは違った、のんびりしたひとときを過ごすことができます。大洗の名勝とともに。。。

次回、来られる機会がありましたら是非お立ち寄りくださいね☆
[ 2014/01/12 09:44 ] [ 編集 ]
竹千代さん

大洗美術館の風景窓画の紹介ありがとう。
こんなのがあるのは知りませんでした。
先日は入口に行きましたが中に入らずでした。
窓=間戸の典型ですね。
[ 2014/01/12 06:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-