複雑だね。。。

皆さんもご存じの通り、本日2月21日午前に3人の死刑囚の刑が執行されました。
自民政権に復帰後の初めての死刑執行、3人の死刑囚の中のうち一人は恥ずかしながらわが茨城県出身であります

皆さん覚えていらっしゃるでしょうか・・・?
今から5年前の2008年の3月に、わが県の土浦市JR荒川沖駅にて1人が殺害され7人が重軽傷、さらにその前に土浦市内の民家に住んでいる72歳の男性1人が殺害された事件を
それについて書いた、過去の記事がコチラです→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-599.html

・・・死刑になって死にたかった。だから殺すのは誰でもよかった・・・
そう言って、犯行を犯した犯人。あまりにも自分勝手な動機によるあの忌まわしい殺傷事件に、身が凍りつく思いを感じられた方は多いと思います。
犯行内容、その動機に至っても死刑は当然、そして当人にしてみれば自分の望み通りの死刑だから仕方がないといえばそれまでですが。。。

犠牲になり、殺された人達は帰ってきません。
犯人の自分勝手な考えにより突然、失うはずではなかったはずの命が奪われ、突然人生を終わりにさせられてしまった犠牲者の遺族にしてみれば、犯人の死刑は一つの区切りでしかなく決して愛する人を失った悲しみが癒えるわけではないでしょう。。。
なんといっても、犯人が心から反省し遺族に対して”本当に申し訳ないことをした。今度は他人の痛みを理解できる人間に生まれ変わってきます。”という謝罪の心も持たないまま、絞首台に立ち死んでいったのかと思うと許せないですねえ・・・
そして、こんな犯人にも両親があり、兄弟や親せきがいらっしゃることでしょう。
”人殺しの家族”というレッテルを貼られ、指さされて生きていかなければならない生活を強いられる御家族の心中、いかがなものかそれを思うと、実に不憫としか言いようがありません。

凶悪事件を戒めるため、殺された人の痛みをその身を持って味わうのと同時に罪を自らの命を持って償う。。。それが死刑という刑罰の意図であったはず。今回の荒川沖事件の場合は果たして何の意味の死刑なのか、分からないなあ

いろいろな意味で考えされられる事件です。
死刑制度はありかなしか、賛否両論おありかと思います。私にはどちらが好ましいのかここでは断言できませんが
ただ一つ、言えること。
”もう二度と、このように無差別に人を襲う事件は起こらないでほしい。。。
生きるのが嫌になったから、他人を傷つけその命を奪ってもよい、というねじれた考えを持つ人はもう現れないで欲しい!”

これだけですね(>_<)

IMG_1637_20130221220441.jpg
事件とは関係ありませんが、掲載したかった画像
先日、中城通りの雛まつりの際見つけたものです。
まあ、重苦しい話だけでも難ですから(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-