縄文時代へGO!上高津貝塚ふるさと歴史の広場<太古の広場と住居>

昭和52年(1977年)に、国指定の遺跡に指定された土浦市の上高津貝塚。
それを機に市では調査成果をもとに国や県の協力を得て復元整備を行い、平成7年(1995年)に貝塚と資料館からなる史跡博物館を完成させました。それがここ・上高津貝塚ふるさと歴史の広場であります

考古資料館を見物し終え、今度は屋外に出て広場をお散歩してみることにしました!
こちら↓は、前回の記事で少し触れました貝層断面の展示資料室であります。
IMG_0816_20121017211640.jpg

この展示施設からさらに奥へ進むと、外周580メートルの広場がありますので行ってみます
IMG_0819_20121017211530.jpg
ウォーキングコースになってるんだね

一面、芝生に覆われた緑色の広場の外周には、画像では見られませんが遊歩道が設置されています。
そこを散歩する人、ジョギングする人の姿が何人かちらほら見かけました。
考古資料館は有料でも、この広場は無料で入ることができますから近所の方は気軽にウォーキングとかジョギングするのにいいね
IMG_0820_20121017212057.jpg
これだけ広々としているところなら、たこあげとか竹とんぼ飛ばしが出来そう!!(笑)
大きな木の奥(画像左上)に、竪穴住居らしきものが写っているのがお気づきでしょうか。。。

接近してみますね☆
IMG_0822_20121017212804.jpg
縄文時代の代表的な住宅、竪穴住居でした!
復元されたものですが、おそらく発掘調査の結果資料をもとに作られたもの。

IMG_0823_20121017213058.jpg
そのうちの一軒に、”お邪魔しまぁす♪”(笑)
玄関は、小柄な私でもかなり腰をかがめなければ入れない位に低いです。
IMG_0825_20121017213205.jpg
↑ドアまでちゃんと復元。よく出来てるねえ

”よぐ来たねえなんにもねーげど、どーぞゆっくりしてぎなあ”なんて声は勿論、聞こえません(笑)
IMG_0826_20121017213448.jpg
藁と木だけ。釘は使われていません。これだけこしらえるのに果たしてどれだけ日にちがかかったんだろ。
アスベスト対策だの白蟻駆除だの耐震強化だの、なんてのはなかったんだろうな。
住宅保証なんたらだの、クレームだの、なんてのもなかったんだろうな
自分達家族が住む家はおそらく、自分たちで作ったんでしょうね。
IMG_0827_20121017214419.jpg
大工さんや業者、または建築会社に委託する現代の家の建て方と、どっちが望ましいんだろうなあ。。。

これ以上書くと、変な方向に話が脱線してしまいそうだし、当記事はそういう内容のお話ではないのでやめておきますね^◆^;
復元された竪穴住宅の中に、消火器のようなものが設置されていました。
私の想像ですが、おそらくそこで火おこし体験等の体験学習が行われることがあるのでしょう。
その時に使うものかな?

復元された建物といえば、別な場所には掘立柱の建物もありました。
IMG_0821_20121017215359.jpg

貝塚だったところには、展望デッキから一望できるようになっています。
IMG_0828_20121017215630.jpg
貝塚は、縄文時代の人々が残した「タイムカプセル」・・・そうかもしれませんね(*^_^*)
私達の遠い祖先が、どんな暮らしをしてきたのか?
何を食べていたのか?
貝塚はそれを知る事が出来る、重要な遺跡と同時に縄文時代を知る重要な”歴史の証人”なんですよね

国道6号を挟み、近年OPENした大型ショッピングセンターとは丁度、逆位置にあたる場所に静かにたたずむ上高津貝塚ふるさと歴史の広場。
街中からちょっと離れ、縄文ロマンの風を感じてみるのもいいじゃないですか
IMG_0831_20121017220515.jpg

上高津貝塚ふるさと歴史の広場(イベント情報等はコチラを↓)
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/section.php?code=44(土浦市公式HP内)

来る10月28日(日)には「秋の上高津貝塚どきどき体験」と題した、体験型イベントがあるよ(^0^)
時間はAM10:00~PM3:30頃まで。
チラシによりますと、紙飛行機を作ったり、火おこし体験をしたり土器に触ることが出来るそうです。
又、ウルトラクイズにも挑戦できますよ!
紙飛行機作りのみ、事前申し込みと参加料300円がかかりますがそれ以外に関しては参加料無料で事前申し込みも不要ですので、お子さん連れでお気軽にどうぞ


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2012/10/17 23:14 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)
優さんへ♪
コメント、ありがとうございます(*^_^*)

> 上高津貝塚ふるさと歴史の広場には縄文時代の竪穴住居も展示されているのですね。
はい^^何しろ”歴史の広場”ですので(笑)
残念ながら住居は復元したものですけどね。
ちなみに茨城県内、こういった竪穴住居のあるテーマパークというか施設は他にもありまして、私が知ってるのは石岡市の常陸風土記の丘と、水戸市の大串貝塚ふれあい公園ですv-290
いづれも、原始時代の暮らしに興味がおありの方なら楽しんでいただけるスポットかもしれませんv-410

最近は秋~冬にかけて花火大会が開催されるところが多いのですね。
お話を聞いた限りでも随分とあちこちで開催されてるのをはじめて知りました。
せいぜい、地元・水戸市で毎年大晦日に打ち上げられるカウントダウン花火くらいしか^^;
こちらはほんの、余興花火ですけどね。
[ 2012/10/18 21:06 ] [ 編集 ]
竪穴住居
竹千代さん。こんにちは。
上高津貝塚ふるさと歴史の広場には縄文時代の竪穴住居も展示されているのですね。
形が秋田の横手などで有名な雪で作ったかまくらと似てますね。
ちなみに私は歴史は苦手です。
縄文時代などの原始時代に興味があるだけです。
私は歴史よりも地理が得意です。

それから花火の話ですが今年の秋は関東地方では花火大会が多関く開催されているのですよ。以前夏に開催されていたのに今年は秋に開催されている大会もあります。
以前は秋の花火大会といえば土浦と長野えびす講くらいしか思い浮かばなかったですが近年はかなり増えたように思います。
関東で開催される秋の花火大会はこのあいだ紹介した調布の他にも今年はもう終わってしまいましたが9月29日に鴻巣花火大会、10月7日に東京ミュージック花火、10月13日に足立花火大会とかなり開催されています。
さらに土浦と調布も加えたら関東では4週間連続で花火大会が開催されています。
[ 2012/10/18 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-