もう一つの石岡まつり~染谷十二座神楽

石岡まつりの2日目、神輿が出た後総社宮の神楽殿で毎年行われる『染谷十二座神楽』今回はそのお話を。

石岡まつり記事は、ブログ開始以来事情あってお祭り見物を中止した2010年を除く毎年書かせていただいておりますが、そんな中でもこれから書かせていただきます十二座神楽のお話は当ブログ初登場となります

石岡市の染谷という場所にある『佐志能神社』という神社毎年4月19日、奉納される染谷十二座。
詳しい説明は省略(というよりも私には出来ません)いたしますが、いただいたプリントによりますと民間で行われる神楽=里神楽の一つとされ、三百年から四百年も前からあったと言われています。
IMG_0638_20120921212636.jpg
第一座:猿田彦の舞より

”十二座”と付くところからお分かりかと思いますが、演目は全部で12演目。
猿や狐、鬼等のお面を付けた氏子たちが第一座から始まり最後の第十二座まで約2時間かけて舞います。

演目はこの通り
第一座:猿田彦の舞
第二座:矢大人
第三座:長刀使い
第四座:剣の舞

第五座:豆まき
第六座:狐の田うない
第七座:種まき
第八座:巫女の舞

第九座:鬼の餅まき
第十座:みき(神酒)の舞
第十一座:えびすの舞
第十二座:天の岩戸


ざっと流して見ると、一つのストーリーになっているようで神楽というものに関して全く無知な私でもなんとなく理解できる内容でした。タイトルで連想できる通り、この神楽は五穀豊穣を表しているのですね
この十二座は田を耕し稲作をする農家の1年そのもの。
IMG_0644_20120921213753.jpg
第三座:長刀使いより

四方の厄払いを終え、神様が田んぼに豆をまきます。今時ならば肥料をまくことになるのかな?
この時丁度、”恵みの雨”か?!
なんと、スコールのような雨がざぁっと降り出し、慌てて雨を凌げる場所に一時避難することに
IMG_0652_20120921224208.jpg

第五座の演舞が終わったら丁度、雨もタイミングよく止んじゃった
天気の神様が裏方さんで特別出演?!なんと素敵(?)な演出でしょう(笑)
さあ、いよいよ田植えです。
豆まきが終わった後、狐たちが愉快に田を耕します
IMG_0654_20120921214156.jpg
第六座:狐の田うない
ユーモラスな狐の動きに、会場ではつい”フフフ”と温かい笑い声が
これまで重苦しかった雰囲気が、軽やかになりました。
IMG_0657_20120921223936.jpg

狐の田うないが済み、種まきも終えると2人の巫女による田のお清め。
IMG_0666_20120921225241.jpg

さあ、いよいよこの十二座神楽も後半。時間は流れ収穫の季節となりました。
収穫の喜びを見物人たちと共に分かち合おう、という意味で鬼が餅を巻きます(第九座:鬼の餅まき)
IMG_0675_20120921225539.jpg
実はこれ目的でこの『染谷十二座神楽』を観に来た方もいらっしゃるようなのです。
プログラムがめくられ、”鬼の餅まき”という題字が登場したと同時ぐらいに、これまで後ろの方で見物していた人達があっという間に前列に来てるし。。。
IMG_0670_20120921225750.jpg
IMG_0669_20120921225927.jpg
で、これが問題なんですなあ(>_<)
司会進行の方の話によりますと、鬼が撒いた餅を拾った人達がそのまま会場から去ってしまい、”鬼の餅まき”が終わると誰もいなくなってしまうそうです。司会の方は最後の十二座・天の岩戸で踊られるのですが自分が舞台に立つ頃、観てるお客さんはほとんどなく毎年寂しい思いをして舞いを舞ってるのだと本音を語ってくださいました
IMG_0679_20120921230503.jpg
演目が進行する中、司会の方の”どうか最後までご覧になられてください!”、”途中で帰らないでください!”を刹那にアナウンスしていたのがとても印象的でした。ならば、餅を撒くのは最後にした方がいいんじゃないの?という考えもありますが、伝統は守らなくちゃいけませんのでそれはありえませんね
IMG_0682_20120921231214.jpg
”さっさと餅、投げてくれ!”なんて言ってたおじさん(画像の方とは関係ありません)は案の定、この演目終了後すぐお帰りになられたみたいだけど、司会者の”説得”が効いたのでしょうか?私を含め会場には残り三座を観ようという人達が残っていました。
IMG_0683_20120921231440.jpg
第十座:みき(神酒)の舞

IMG_0689_20120921231559.jpg
第十一座:えびすの舞

2人の神様がお神酒を捧げ、えびす様が鯛を釣るといよいよ舞台はラスト演目・第十二座の『天岩の戸』でこの染谷十二座神楽も結びとなります。
天の岩戸に閉じこもった天照大神を引き出し、世の中の平穏と五穀豊穣を祝うというもの。
天手力雄神(あまのたじからおのみこと)が、岩を引き剥がして・・・・
IMG_0695_20120921232132.jpg

ヨイショッ!!
IMG_0696_20120921232408.jpg
見事に持ち上げました!
これにて、2時間もの間常陸國総社宮の神楽殿にて繰り広げられていた染谷十二座神楽も終了。
踊られていた皆さん、大変お疲れさまでした
IMG_0698_20120921232635.jpg
石岡市が平穏・五穀豊穣に恵まれますように。。。
そして、この総社宮に集まられた人達に良いことがありますように。。。

街中、もみくちゃにされながらの幌獅子パレード見物や山車の追っかけ、そして屋台のフードメニュを食べ歩きしている間、総社宮ではこのような神事が行われていたんだなあ。。。
良いものを見せていただき、ありがとうございました!

かつては4時間かけてこれらの演目を演じられたそうですが、そこまで見続けられる観客もなかなかいないという事で現在はその半分の時間に短縮されたそうです。
IMG_0699_20120921233951.jpg
今回は初めての見物まして、最後までこうして観たのは完全に初めてでしたがなかなか楽しめました。
石岡まつりという一大行事の中の、”もう一つのお祭り”と言えましょう。
こうなりゃ、本元・染谷の佐志能神社で奉納される十二座神楽も観てみたいものです
機会に恵まれたら、ね
4月19日、覚えておきましょう!(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2012/09/21 23:44 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(6)
月琴一代さんへ♪
お褒めの言葉、大変恐縮です^^
ありがとうございます!
[ 2013/03/24 22:29 ] [ 編集 ]
すばらしい
良い記事を見せていただきました。
とても参考になりました。
本当にありがとうございました。(^^
[ 2013/03/24 12:57 ] [ 編集 ]
karinさんへ♪
karinさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
最近、訪問もせず大変失礼しております(>_<)

石岡市の最大行事『石岡まつり』の中のもう一つのお祭り、”染谷十二座神楽”初めて見ましたが素晴らしかったです。
五穀豊穣を祈願する、神聖な神事を拝見出来る機会に恵まれて良かったです。
あらゆる伝統行事がそうであるように、この十二座神楽も後継者を育成するのがなかなか大変のようがせっかくの郷土芸能、末長く継続していって欲しいと思いますi-228

鬼がまく餅欲しさに見物に来て、それが終わるとさっさと帰ってしまう人がいるのはとても残念なことですよね(>_<)これでは最後に舞う人もやる気をなくしてしまいます。
残念ながら石岡まつりの陰に隠れた存在のようになってしまっていますが、神楽の良さを出来るだけたくさんの人に知って欲しいですね。
[ 2012/09/22 18:39 ] [ 編集 ]
Romanさんへ♪
コメント、ありがとうございます(*^_^*)
最初の頃、いらしたのですね!
本当に、すれ違っていたかもしれませんね。
ブログ見させていただきましたが(読み逃げすみません^^;)、もしや私が写っていないかと目を凝らして観てしまいました(笑)

地図で調べましたが、風土記の丘の方向だったのですね。
お神楽は夜ですか(>_<)きっと帰り路怖いだろうな。。。

なかなか後継者が出ず、苦労なさっているようですね。
せっかくの郷土文化、末長く継続されていくと良いですね。
[ 2012/09/22 18:30 ] [ 編集 ]
すばらしい!
竹千代さん こんにちは

「石岡まつり」って、すごいですね。

そして二日目の神輿が出たあとの神楽殿で『染谷十二座神楽』
が奏されるのですね。これをずっと続けてきたということ、
ちゃんと後継者を育ててきたことも素晴らしいと思いました。

それにしても「鬼の餅まき」を楽しみに観にくるにしても、それが
終わったあとに帰ってしまうなんて人たちがいるなんて、残念ですね。

こんなに素晴らしい神楽ですから、テレビで放映されたら、きっと
大評判になり、「餅まき」が終わっても帰る人はいなくなるかもしれ
ません。大勢の人に観ていただきたいですね。
[ 2012/09/22 13:08 ] [ 編集 ]
おはようございます。

十二座神楽の紹介うれしいです。
今年は最初の方を少し見ただけ。
すれ違いかも・・・。

染谷佐志能神社も結構山の中という感じだし
夜やるので大変のようです。
こちらも最後の方では観客が少なくなってしまうようです。
餅まきが理由なのですね。
後継者が大変なようです。
こうして発表の場が盛り上がってくれたらいいですね。
[ 2012/09/22 07:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-