復旧・偕楽園と好文亭

梅まつりの観光PRということで毎年、水戸市やその近隣の市町村から選ばれた若く美しい女性達=”梅大使(以前は”梅むすめ”と言っていました。)”が今年も偕楽園の梅まつりに訪れた人達を温かく迎えてくれます
今年の梅大使さんは50代目、本日25日に市内の研修施設にその”歴代・梅大使”さん達が集まったそうです。

どんなに寒くても、天気の悪い日でも
そして、どんなお客さんに対しても梅まつり期間中に偕楽園を訪れた人達を常に笑顔で歓迎しなければいけないのが梅大使の任務。
水戸の梅まつりに御越しになられましたら皆さん、彼女達を応援してあげてくださいね♪
IMG_1785_20120225194135.jpg
梅もまだ開花せず、凄く寒かった初日
笑顔で写真を撮らせてくれた梅大使さん、ありがとね

梅の開花も不十分なまま去る2/18日に始まった、第116回水戸の梅まつり。
東門付近の梅がかろうじて、開花していました。
IMG_1746_20120225183004.jpg
今年の異常なほどの寒さで、さすがの梅も開花が例年よりもかなり遅れています。
見頃となるのはおそらく、気象庁が発表している通り3月中旬以降でしょうね

それでも東門付近にある御土産売り場が開店していたり東門が開門している様子を見ると
なんだか嬉しくなるわあ^^。
IMG_1748_20120225183210.jpg
IMG_1749_20120225183303.jpg
IMG_1750_20120225183525.jpg

既に書いてる通り、梅まつりの際メインとなる観光スポットの中央広場にある梅林は色づかず、
寂しいものです
今年は是非とも、満開の梅を観たいものです。

さて、気を取り直しまして
梅まつり開催の数日前、修復工事が無事完了した好文亭を見学することにしました。
IMG_1756_20120225201051.jpg
既に一般公開が復活しています。
震災前も何度、内部見学したか分からない施設ですが”復興記念”ということでざっと紹介させていただきますね(*^_^*)
館内の数か所に、震災の被害から修復工事の経過を写真で紹介しているパネルが立てられていたのが印象的。
IMG_1763_20120225201223.jpg

その昔、偉い身分の方々が宿泊されたお部屋
IMG_1764_20120225202153.jpg

IMG_1768_20120225202022.jpg
梅の別名は”好文木”。ここ・好文亭の名前の由来はそこからきてるのです
偕楽園創設と同時に建設された好文亭、創設者である第9代水戸藩主・徳川斉昭公はここに著名人とか家臣とか領内の人達を呼んで歌読みの会とか月見の会等の宴を楽しんだそうです。
梅が見頃時期もそうしてたくさんの人を集めて、楽しく宴会が行われたのでしょうねきっと
IMG_1780_20120225202743.jpg
↑写真左手奥に見えるのは、斉昭公が考案した荷物用エレベーターです。この籠の中に料理を入れて最上階まで運んだんだって!なんて斬新なんでしょ!!(≧▽≦)

こちらが最上階(といっても、2階ね)の部屋。
IMG_1778_20120225202956.jpg
階段、勾配が急な上段差がありますので来られた際には足元にお気をつけくださいね!

この部屋から偕楽園を彩るピンクや白い梅が眺められるのですが、初日現在ではこんなもんです
IMG_1774_20120225204936.jpg

それにしても館内、ここまでよくぞ綺麗に甦ってくれました
IMG_1772_20120225205319.jpg
IMG_1773_20120225205419.jpg

ここを入館された折にはきっと、”本当に被害、あったの?
と目を疑うことになるかもしれません。まるで、地震など”なかったことに”と言ってるかのよう。
でもその証を伝えるべく、館内には去年3.11の大震災により崩れ落ちた壁も展示されています。
IMG_1771_20120225205203.jpg
決して、忘れてはならない3.11。。。
私たちが難なく見学できるようになったのは、休む間もなく、忘れる頃に発生する余震の恐怖と闘いながら急ピッチで工事を進め、偕楽園の梅まつりに間に合わせてくれた職人さん達の血と汗と苦労と涙のおかげであることを、決して忘れてはいけないのです。
IMG_1766_20120225211123.jpg


好文亭は昭和20年、戦争により焼失しその10年後に3年の年月をかけて復元されています。
そして今回の大震災からの復興。
なんだか、不死鳥みたいですね(笑)
IMG_1784_20120225210527.jpg
↑チケット売り場を通過し、好文亭に向かう途中にある桜の木。枝の太さと苔の生え具合から相当の古木であることは間違いないでしょう。もしかすると好文亭の2度の復活を見届けている”歴史の証人”かもしれませんね

偕楽園の梅が見頃となった頃は、好文亭内部を一目見ようという人で長蛇の列が出来てしまう可能性があります。
梅の開花がまだ乏しい今が見学し時かもしれませんよ
皆さんもぜひ!!

梅の開花状況、イベント情報はコチラをどうぞ水戸観光協会

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 [ 2012/02/25 21:19 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-