FC2ブログ
2019_07
07
(Sun)23:49

おもてまち七夕まつりが開催されました!<1>

1日中、晴れ間が顔を出すことなく強風と雨の七夕となった令和最初の7月7日。
織姫・彦星の御両人が逢いまみえるのも来年に持ち越しとなってしまいましたね

ひたちなか市では1日早く、七夕まつりが開催されました。
すっかり恒例行事となった「おもてまち七夕まつり」です
オープニングは”和奏”の皆さんの演奏で。
DSC_0237_201907072316323be.jpg

DSC_0239_201907072316349d4.jpg
ひたちなか市のイベントでは、よく和奏さんの演奏が冒頭で演奏されます。
”お祭り、始まるよ~!!”という合図でしょうか。
オープニングにふさわしい、陽気で楽しい演奏でボルテージもUP

開始からまだ30分足らずで、表町通りは早くもこの通り
DSC_0240_20190707231635850.jpg
お店(模擬店)によってはまだ準備中のところもあったのに、この賑わい・・・
夜までには果たして、どんだけ。。。

お隣の町から助っ人参上
大洗高校マーチングバンド部ブルーホークスの皆さんです。
DSC_0241_201907072316366ca.jpg

表町商店街を楽器を演奏しながらパレード。
ひたちなか文化会館前から出発し、2度に分けてのドリル演奏が行われました
DSCPDC_0000_BURST20190706151328880.jpg

DSCPDC_0003_BURST20190706151318414_COVER.jpg

盛り上がってきました。でもまだまだこれから

さて、商店街を歩いていると市内の幼稚園や保育所に通う子供たちが描いた短冊が展示されていました。
”プリキュアになりたい”や”ウルトラマンになりたい”等の可愛いお願いから、”ユーチューバーになりたい”、”ケーキ屋さんになりたい”等の現実的(?)なお願いまで多々あり。
DSC_0243_201907072324468a5.jpg
みんなが描いたお願い、お空の星に届くといいね

路上にスペシャルゲスト、登場
なんと、スーパーカーの展示です。
DSC_0244_20190707232448860.jpg

普段はなかなか近くで見られない、ましてや乗ることもできない。。。
そんな、夢のような車が集まりました。
DSC_0245_20190707232449e7d.jpg

DSC_0246_201907072324514fc.jpg

DSCPDC_0002_BURST20190706152549667_COVER.jpg
なんか、怖い顔が来た
最後のはやたらインパクトが強烈でした^◆^;
まるで取って食われそうなマスクのこの車、凄いですねえ。。。
DSC_0248_201907072340486bd.jpg
不確定ですが、おそらくランボルギーニ?

年代を問わず、これらの車の写真を撮ったり自分の子供を車の前でポーズさせたりしている人達の姿を見て、私が子供の頃、スーパーカーブームだった時代があったことを思い出しました。
下敷きやアタッシュケース等、持ってた気がします懐かしい思い出が蘇りました。

年号は変わっても、スーパーカーは永遠に”夢の車”なんですね
DSC_0247_201907072340463a0.jpg

華やかな幕開けでスタートとなったおもてまち七夕まつり。
お楽しみはまだこれから
というわけで続きます。
DSC_0259_20190707234050e56.jpg
いちごサワーでおさむに献杯

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
2019_07
07
(Sun)00:03

ありがとうおさむ~駅猫おさむお別れの会

那珂湊駅1番ホームに辿り着いた時、ふとどこからかトコトコと歩いてきそうな、そんな気がしてなりませんでした。
でも、もう君に逢う事は出来ないんだね
DSC_0231_20190706233228d35.jpg
令和元年7月6日土曜日、午後1時。
先月23日に亡くなった那珂湊駅の駅猫おさむのお別れ会、人間でいうところの”社葬”が本日(記事を作成中に日付が変わってしまいましたので、正確には”昨日”ですね)取り行われました

おさむが生前、たくさんの人に慕われ愛されたことを裏付けるようにホームを覆い尽くすほど大勢の人達が参拝に訪れ、在りし日の写真や彼を題材にした絵手紙を懐かしそうに、そして愛おしそうに眺める人がなんて多いことか
DSC_0216_201907062332224bb.jpg

DSC_0209_20190706233522719.jpg

やがてセレモニーが始まり、長きにわたり彼と深い親交のあった人達が参列者を代表し、おさむにメッセージを送ります。
DSC_0219_20190706233225ee0.jpg

DSC_0220_201907062332265fe.jpg

みなと源太さんはおさむに届けよとばかりに湊線イメージソング”季節の風”を熱唱
DSC_0221_2019070623422654c.jpg
おさむはこの歌が大好きで、源太さんが駅舎の中でこれを歌っているとよく足元にすり寄って大人しく聴いてたそうです。

そして、いよいよ献花。
ひたちなか海浜鉄道取締役の吉田千秋社長、おらが湊鐡道応援団団長に続いて一般参列者が次々に献花。
勿論、私も
DSC_0223_20190706234227868.jpg

DSC_0224_201907062342284bf.jpg

たちまち、おさむの祭壇は可愛らしい花でいっぱいになりました
DSC_0232_2019070623423078e.jpg
よかったねおさむ。
今日の君が一番、かっこいいよ!
湊線の利用者数増加+黒字決達成は、もしかしたらおさむのおかげかもしれません。
ありがとう!那珂湊駅に来てくれて。。。
ありがとう!!湊線を救ってくれて。。。

最後は吉田社長の御挨拶。
DSC_0229_20190706233526400.jpg
おさむの思い出や、誰もが微笑む可愛いエピソードを語った後に
「”自分がいなくなっても頑張ってみろ”と、おさむに試されてる気がします。今後とも頑張っていきますので皆さんのご協力を宜しくお願いいたします。」
という意味の挨拶で締められました。

おさむ目当てで湊線を利用していた人も少なくないのは事実です。
おさむが居なくなったからもう、湊線乗らない!
と、乗客が離れて行かないよう、会社としても一層奮起し頑張られることでしょう。
私が出来ることは、そんなひたちなか海浜鉄道を応援すること。
おさむの思い出を大切にしつつ、湊線をこれからも応援していきたいと思います。
DSC_0234_20190706233527831.jpg
湊線とミニサムのこと、お空から見守っていてね!

本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!