FC2ブログ

月別アーカイブ  [ 2019年02月 ] 

≪ 前月 |  2019年02月  | 翌月 ≫

しろさとマルシェが開催されました!

静峰ふるさと公園から車で大体、20分程度で城里町役場に到着。
この日(2/24)、役場前広場では「しろさとマルシェ」が開催されました
DSCN3687_20190228225553337.jpg
年に数回、行われる”町のお楽しみ会”(←あえて昭和の表現を使ってみました
手作り雑貨の販売やワークショップのお店がずらりと並びます。
DSCN3690_20190228225554bb9.jpg

DSCN3704_20190228233134ae1.jpg

DSCN3705_201902282331367c2.jpg

水戸ホーリーホック(水戸市拠点のJ2サッカーチーム)のマスコットキャラクター、ホーリー君もやってきました!
DSCN3700_2019022823313333a.jpg
目指せ、J1昇格!!
城里町内にクラブハウス「アツマーレ」があります。
3月3日には水戸市のケーズデンキスタジアムにて本年度の開幕戦
皆さん、応援してね

映画鑑賞とセットで行われることが多いのですが今回はマルシェのみの開催。
ですからいつもよりもお店の出店数もプログラムも盛りだくさんな気がしました。
DSCN3693_20190228225556d11.jpg
ひたちなか市出身のカントリーミュージックのバンド、万丈童士さんの演奏でオープニングをきりました。
開会にふさわしい、陽気で楽しい演奏♪
この後もいろいろなミュージシャンの方が登場し、素敵な演奏が行われました。

出た地元グルメ!!
DSCN3694_201902282255574fc.jpg
町内のお食事処、割烹川広さんのメニュー。
人気の豚肉キングポークを使用した”しろさ豚丼”と猪肉の肉丼、その名も”しろ猪丼”
DSCN3695_20190228225559241.jpg
豚(左)と猪(右)、皆さんでしたらどちらを召し上がられますか?
迷いに迷った末、私は”しろさ豚丼”にしました。
DSCN3707_201902282308415a5.jpg
タレが効いててコクがあって。。。(^~^)たまんね~!!
欲を言えば、ご飯の炊き方がちと緩かったかな?ですからつゆだく状態になっていたのがちょっと。。。

デザートにこちら。道の駅かつら内のカフェ「かつら茶屋」の出張営業です。
DSCN3708_20190228230842138.jpg

人気の”かつらどら焼き”と、古内茶プリンを。
どら焼きはお土産用に、プリンはこの場で即食べしました
DSCN3711_20190228230844a94.jpg
お茶の風味たっぷりで、トッピングにはあんこと生クリーム。
センスいい!!
ほっと和む味です

さて、今回は水戸や笠間等近隣の街をはじめなんと、県外からも助っ人に来られていました。
DSCN3713_20190228230846de9.jpg
水戸市のアキーズpizzaさんの本格石窯焼きピザ。
豚丼を食べてしまったので今回は泣く泣く見送り^◆^;

栃木県那須町より、那須珈琲
DSCN3717_20190228230847ee2.jpg
自家焙煎です。注文を受けてから1杯づつゆっくりと煎れてくれます。
私も飲んでみることにしました。
DSCN3720_20190228232947b86.jpg
「九尾ブレンド」というメニューを。
いい香りです
DSCN3715_20190228232945b5e.jpg
お店の方から”酸味が強いですよ”と言われましたが、思ってたよりも強く感じませんでした。
コクがあるのにマイルド。美味しゅうございました

ステージの方も着々と進み、ひたちなか市出身の女性ゴスペルグループ、”ゴスペルLovers”さんの演奏。
聴くのは昨年、ひたちなか市内で行われた音楽祭以来ですが、変わらぬ天使の歌声。。。
DSCN3722_201902282329495d0.jpg

次に、女性2人のフォークソング演奏。
DSCN3737_201902282329524d4.jpg
昭和時代の懐かしいCMソングから始まり、オリジナル曲も数曲。
それを聴いてる傍らで、私はアンケート協力の御褒美を。
DSCN3736.jpg
頂けるのはこれ全部ではありません^^;
この中から1つ選びます。私は舞茸を選びました。
城里町特産のきのこです。

スダジイの木の元で、美味しいものを食べたり買い物したり、ワークショップに挑戦したり。
人と人との出会い、そしてふれあい。。。
町内外を問わず、年代を超え、ここに集まった人達は少なくとも”楽しく過ごしたい!”という思いを持ってやってきたはず。

そう、この日ここに集まった人達は(勿論、私も含めて)共通の気持ちを持った「仲間」!
素敵じゃありませんか
DSCN3706_20190228234553343.jpg

素敵な1日を過ごせる日が、またやってきますように。。。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト



 [ 2019/02/28 23:53 ]  城里町 | TB(-) | CM(-)

静峰の雪まつり~静峰ふるさと公園

八重桜の名所、那珂市の静峰ふるさと公園。
そこへ、茨城県内では”絶対ありえない!”と言っていいほどのものが登場
DSCN3668_2019022723215532e.jpg
かまくら、って・・・雪国かあっ!!
という突っ込みはしらじらしいですね(笑)
勿論、レプリカではありません。本物の雪で作ったかまくらです。
DSCN3676_201902272321587c5.jpg
秋田県横手市からやってきた、本物のかまくら。
この日は、公園内では雪まつりが行われていました。
IMG_20190226_0002.jpg
雪国・秋田県横手市から運ばれてきた雪で、雪遊びをするイベント。
かまくらの前で記念写真を撮ったり、中を見学したり。。。
DSCN3674_20190227232157dc4.jpg

現地の人と同じように綿入れ等、衣装を借りて写真を撮ることもできます
DSCN3685.jpg

かなりの人気とみえ、あっという間に長蛇の列
DSCN3686_20190227233406e08.jpg
圧倒的に家族単位で並んでいる人が多い
さすがに1人では並びづらいのでこちらは断念^^;
せめて小腹を満たします。那珂市の郷土料理、七運汁を。
DSCN3673_201902272334005ff.jpg
額田のたっつぁい伝説に登場する七運汁。「だいこ」「に」「こにゃく」等のように”ん”がつく野菜を煮込み「運が付きますように!」との願いが込められた汁もの。これがなんと、無料サービス!!(但し数量限定)
DSCN3672_20190227233913915.jpg
さっぱり出汁で美味しゅうございました
なお、甘酒も無料サービスでしたのでこの後頂きました。

かまくらの横は雪の滑り台。
DSCN3680_2019022723340241c.jpg

DSCN3681_201902272339174cc.jpg

DSCN3683_20190227233405ec4.jpg

大人も子供もおおはしゃぎ!
手作り感溢れるそりで、誰もが雪滑りに夢中でした
DSCN3682_20190227233403eae.jpg

「キャ~!!怖~い」と叫んでいた女の子も、滑り終えると
「ああ面白かった!また滑ろうっと♪」
なんて言ってたっけ。

「雪玉プレゼント」タイムも。
DSCN3678_20190227233915f9f.jpg
もらった雪で何か作るのかな?
「ミニかまくら作り体験」なんてアトラクションもあったようで。

DSCN3684.jpg
雪の殆ど降らない茨城県で、雪国に住む人たちの暮らしに少しだけ触れたこのイベント。
子供たちにとって、楽しい思い出の一つとなるとよいですね

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/27 23:52 ]  那珂市 | TB(-) | CM(-)

桜と風流物と雛人形~JR日立駅・シビックセンター

テラス・ザ・スクエア日立の吊るし雛を見るにあたって今回は珍しく、JR日立駅の海岸口ロータリー駐車場に愛車を停めました。
エスカレーターで昇り降りすると、丁度こんな感じで海を望むことができます
DSCN3666_2019022623050297f.jpg
この日、風は冷たかったけれどやっぱり海が見えるっていいな

駅構内を通過し、自動通路で平和通り方面の出口へ。
早咲きの桜=紅寒桜が咲いてるのを見つけ、そのそばへ。
DSCN3613_201902262304561ba.jpg

平和通りの桜は勿論、まだまだ咲いていません。ですから一足お先に桜を満喫出来て得した気分です
DSCN3614_201902262304584da.jpg

DSCN3616_201902262305004df.jpg
奥に見える薄茶色をした円形の物体はベンチです。
倒壊する前の大煙突先端部の内径と厚さを再現したのだそうです(市報より)

かつて、日立市のシンボルと呼ばれた大煙突。平成5年の2月に倒壊してしまい現在は在りし日の3分の1程度の高さしかありません。それでもなお、現役!数年前に設立100年を迎えた今でも稼働し続けています。
その大煙突の物語=「ある町の高い煙突」(新田次郎原作)が今年の6月、映画公開となります
DSC_0753_20190226232320407.jpg
既に日立市民向けに先行上映も行われました。
100年前の日立を舞台にした日立大煙突製作を巡る一大ドラマ、6月の一般公開が楽しみです
DSCN3615_2019022623045952c.jpg

え~と・・・
かなり脱線しましたね。というわけで、シビックセンターの雛人形を観にやってきました。
雛人形の前にコレ。
言わずと知れた「日立風流物」。
DSCN3664_20190226232138351.jpg

今年は、”平成年号最後”の風流物と、”新年号初”のそれが一度に観られます
DSCN3665_2019022623213955c.jpg
平成最後は4月6日(土)・7日(日)の「日立さくらまつり」時に、そして新年号初の風流物は神峰神社の祭礼に。
今年2019年は7年に1度の神峰大祭礼(5月3~5日あたり)が行われる年なのです。
詳細はまだ不明ですが、どちらも観にいけたらと思っています

今年、日立市は丁度市制施行80周年の年。
何かと忙しい年になりそうですね
では最後に、シビックセンター1F中央ロビーに展示されたお雛様で締めたいと思います
DSCN3658_20190226232141836.jpg

ここに展示された雛人形は、わりと年代が新しいかな?
表情も柔らかく全体的にふっくらした優しい感じ
DSCN3659.jpg

DSCN3660_20190226232144fa0.jpg

DSCN3663_20190226232147878.jpg

DSCN3661.jpg
風流物を背景に入れてみました∠( ^ o ^ ┐)┐
同じ雛人形展でも所変われば、雰囲気もまた違いますね♪

リアルひな祭り(3/3)までもうすぐ!
あと何箇所観られるかな~?

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/26 23:40 ]  日立市 | TB(-) | CM(-)

ホテルロビーの吊るし雛~テラス・ザ・スクエア日立

JR日立駅から徒歩移動で5分とかからないでしょうか。
テラス・ザ・スクエア日立という、豪華なホテルがありまして先日のローカルニュースでこのホテルの1Fロビーで展示されている吊るし雛の映像が出ましたので私も実際に観に行きたくなり、やってきました
DSCN3617.jpg
ゴージャスな外観
ここに泊って「日立さくらまつり」など見物したら素敵だろうなあ、なんて思いつつHPで空室状況を確認。。。
お祭り初日にあたる4月6日は、予約でいっぱいになってしまったのか”検索条件に合うプランがみつかりませんでした”だって

まあそれはよいとして。
DSCN3618_2019022522563463c.jpg
正面玄関をくぐり、ホテルロビー内に入るとすぐに目に入りました。
あれか!
DSCN3619.jpg

DSCN3626_201902252256375c9.jpg

DSCN3627_2019022522563967f.jpg

手作りの吊るし雛、雛人形がいっぱい!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN3631_2019022523065051c.jpg

DSCN3630_20190225230648df0.jpg
今年の干支=亥やうさぎや犬、鳥(酉)等他の干支動物もたくさん!

どの作品もみな温かい。。。
1つ1つ、作られた人達のぬくもりが伝わってくるようです。
DSCN3635_2019022523065105c.jpg

DSCN3636_20190225230653ac0.jpg

DSCN3639_201902252306546bb.jpg

DSCN3642.jpg

DSCN3644_20190225231214d3a.jpg

DSCN3646_201902252312154de.jpg

DSCN3647.jpg

DSCN3648_201902252312188f4.jpg

エレベーター入口のところにも
DSCN3649.jpg
では、接近してみましょう

か、可愛いっ!!
DSCN3650.jpg

DSCN3651_20190225232107e17.jpg

DSCN3652_201902252321092fe.jpg
可愛い人形達が、この期間は宿泊客を無言のおもてなししているのですね
もうすぐリアル雛祭(3/3)がやってきますが、ホテルの雛人形展示は3/6(水)まで行われています。
写真はもっとたくさん撮影したのですが、これから観に来られようと思われている方がいらっしゃるかもしれませんので当ブログではこのくらいで
興味を持たれた方は、お出かけになられてみてくださいね

さて、せっかくこのような豪華なホテルに入って吊るし雛を見て”さよなら”はなんとなく勿体無いと思いまして。
宿泊できないかわりにせめて、お茶していきたいと思いホテル内のカフェレストラン”イル・バンカーレ”でカフェタイムなど
DSCPDC_0002_BURST20190223144459972_COVER.jpg
宿泊しなくても利用可能ですが、当日(特に土日)結婚式が入っている場合は控室として使われる為、利用不可。
この日は大丈夫でした
ケーキセットで、ケーキはいちごのタルト(正式名称忘れた^◆^;)
ドリンクは気取ってエスプレッソなど
DSC_1463.jpg

これはもはや芸術作品(*´∀`人 ♪食べるの勿体無いっ!
DSC_1464.jpg
いちごが甘くて美味しくて
タルトレットの中に入っていたスポンジは、スイートポテトのようでした。
生クリームとカスタードクリームの組み合わせが絶妙
御馳走様でした

今度はランチタイム時に利用可能だったら入ってみよう♪



テラス・ザ・スクエア日立
HP(ご利用案内、予約等)→https://www.square-hitachi.jp/top.htm


本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/25 23:45 ]  日立市 | TB(-) | CM(-)

きそばつるや

先週の土曜日、東海村に用事がありましてお出かけ。
用事はお昼ちょい過ぎ位に終わりましたがそのままは帰宅せず、先日TVで放映されていた日立駅前のホテルで展示されている吊るし雛を観に行こう!ということで北上することにしました。

でも、お腹すいた。。。それにトイレにも行きたい
どこか立ち寄れるところはないかと、”ご飯だ!”、”トイレだ!”なんて心の中で叫びつつ愛車を運転していて発見
DSC_1461.jpg
国道245号手前にあったお蕎麦屋さんが目に留まり、見るとランチタイムが少々過ぎている時間帯にも関わらず駐車場は満車に近い状態(結構、人気店と見た。少なくともハズレはなさそうだ)、運良く1台分のスペースが空いていましたのでそこへ愛車を置き、入ってみることにしました
DSC_1460.jpg

看板に書かれた”さ々めうどん”というのも気になるな
DSCPDC_0003_BURST20190223131955215_COVER.jpg

中に入ると、このお店のお薦めメニューだとのこと
”当店オリジナル”、ますます気になる
DSC_1459.jpg
細くてコシ、ということは稲庭うどんのような感じなのかな?
注文は席を決める前にレジにて注文、料金も前払いでしたので「天ささめうどん」を注文し、料金を支払って席に着きました。

カレーライスやカレー南蛮そばが人気メニューとみえ、お店の中はカレーの香りが漂っていました。
私が座ったのはテーブル席でしたが、畳の間や御座敷もあります。
DSC_1455.jpg

注文の品が到着!
DSC_1456.jpg
これは美味しそう
では、いただきます
温かいつけ汁の出汁の香りが香ばしい。。。
DSC_1457.jpg
つけ汁の方に天ぷらが入っています。
これに刻みネギを混ぜ、麺を浸して食べるのです。
DSC_1458.jpg
こんなに細いのにコシがあって、噛みごたえバッチリ
”コシがあってもっちり”は嘘でも誇大広告でもありませんでした。
思った通り、食感は稲庭うどんに似ています。コシがあってもっちりしていて、それでいてみずみずしい。。。

あっという間に完食しました

初めての来店でしたので、どんだけの量があるのかが不安だったため今回はあえてサイドメニューを注文しませんでしたがお腹的には八分目と言った感じ。
定食類の方が割安のようですので、次回立ち寄った時にトライしてみますか

このお店からは桜の名所「阿漕ヶ浦公園」も近いですし、桜開花時期に花見の際立ち寄れますね

きそばつるや(東海村村松234-1)
11:00~15:00
17:00~19:00
月曜休


本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/24 22:08 ]  東海村 | TB(-) | CM(-)

道真公御廟所

今週は何気に「常総市」ウィークとなってしまったようで
今回で締めますね。”締め”といっても、”ちょっとおまけ”的なお話になります(´∀`*;)ゞ

天満宮参拝後、境内で「招き猫みくじ」というのを見つけました。
DSCN3592_20190222213432e38.jpg
ネコちゃんの可愛さと、丁度社務所に入ろうとしていたネコちゃんが、まるで”ひいてみな”と煽るようなタイミングで”にゃお”と鳴いたこともあり、200円を入れ目を閉じてガサガサ・・・・と。

手にしたものがこれ。
DSC_1420.jpg
ネコちゃんの御守りは顔がそれぞれ違うんだって。
良かった(〃▽〃)好みだわで、結果は・・・「大吉」
但し、次の御言葉が書かれていました。
「楽な仕事を望んでいると何でもない事が苦になる」
「遠くとも人のゆくべき道ゆかば危うき事はあらじと思ふ」

なんだか、意味が深いなあ。。。

さて、天満宮下で道路を挟んだ向かいに「道真公廟」がありますので帰る前にこちらも見ておこうと思い、行ってみることにしました。
これは境内稲荷でしょうか。綺麗に整備された庭園に「奉納弁財天」と書かれた幟と「厳島神社」と書かれた鳥居があり、その奥には小さな御社があります。
DSCN3595_20190222213433711.jpg

DSCN3596.jpg

そのそばに紅梅が
DSCN3597_2019022221343670a.jpg

道真公廟所は、この高台にありました。
DSCN3598.jpg

梅の木が数本、植えられた坂道を少し歩いて行った先にそれはありました。
DSCN3599_20190222220028978.jpg

心が引き締まる思い・・・緊張:(´◦ω◦`):
DSCN3600_201902222200293aa.jpg

裏側には、もっと古い霊廟があります。
DSCN3603_2019022222003372f.jpg
菅公霊廟九百年祭、と刻まれています。
こちらが、千年祭の時の碑。
DSCN3604_20190222221142a30.jpg

一番、最近のものは”千百年”
DSCN3605_201902222211440c6.jpg
この碑は平成14年建立だそうです。
没後900年を過ぎる辺りから100年ごとに供養をされているということですか。
DSCN3602_20190222220031d86.jpg
今でこそ、「学問の神様」として崇められている道真公ですが彼の没後、道真を左遷に追いやった関係者が次々に世を去り、落雷が頻繁に発生する等の災いが続いたそうで、当時の人達は「大宰府に流された、道真公の怨念に違いない!」と恐れたそうです。
その霊を鎮める為に北野天満宮が建てられ、道真公が没した大宰府にも天満宮が建てられ供養をしたのですよね

天満宮はここ・常総市大生郷を含め日本各地に鎮座し、それぞれにたくさんの人達が参拝に訪れています。
数千年もの時を越え、道真公は神様として奉られているということですね。
死してなお、数千年後にもその名を残す・・・やはり、彼の存在感というのは恐るべきものかもしれません。
DSCN3606.jpg

DSCN3607.jpg

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/22 22:33 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

大生郷天満宮

あすなろの里を後にし、さあこれからどこを廻ろうか。。。と。

ここから2つの有名な神社があり、そのうちの1つは「一言主神社」もう1つは「大生郷天満宮」。
一言主神社のほうがあすなろの里からは近い距離でしたが、ここは数年前に参拝済み。
まだ未訪問の大生郷天満宮を目指してみることにしました

あすなろの里を出発して大体、30分くらいでしょうか。
”駐車場”と書かれたところへ愛車を停め、そこから徒歩で境内へ。
DSCN3562_2019022121125411c.jpg
緑豊かな参道を歩いて行くと、見えてきました拝殿が

参拝する前に一旦、鳥居のある石段を降り”本来の玄関口”から上がっていくことにします。
DSCN3564_20190221211101a41.jpg
では、あらためて。

DSCN3563_20190221211059618.jpg
大生郷天満宮は、延長7年(929年)に菅原道真の第三子である三郎影行が創建したと伝えられています。道真が大宰府にて亡くなった後に役人として常陸の国(現在の茨城県)に赴任することになった影行は延長4年に真壁町羽鳥に道真の遺骨を祭祀しましたが延長7年にこの地に足をとどめ、飯沼藩の景勝地でもあったこの場所に父:道真の遺骨を祀ったそうです。
その為、京都の北野天満宮・九州の大宰府天満宮と並んで日本三天神の1つとされ、学問の神様として信仰されています。
但し、「日本三天神」には諸説あるようで
ウィキペディアで検索してみたところ、”三番目の天神”となる天満宮は他にも存在するようです。
日本三大天神(ウィキペディア)

まあ、それはともかくとしまして
DSCN3565_201902212111022d9.jpg

今、私にとって一番頼りたい神様は「学問の神」。
大生郷天満宮を参拝していこうと思ったのも、未訪問なだけでなくそれがあったからなのです
DSCN3566.jpg
合格祈願はもとより、家内安全や厄除け、安産祈願等も御利益に入っていました。
地元の方にかなり崇拝されてるところなのですね
DSCN3569_201902212112555cc.jpg

天満宮では牛は神に仕える動物とされています。
御本尊様である菅原道真公の誕生日が丑年の丑の日だったからだとか。
DSCN3568_20190221211105b1f.jpg
又、別な話では大宰府で逝去された道真公の御遺体を近くの寺に葬ろうとした際、その御遺体を乗せた車を引いていた牛が途中で倒れ、それ以上進むことが出来なくなってしまいました。
これは、「この場所に葬って欲しい」という道真公自身の心情を牛を通じてお示しになられたのだという事でその場所を墓所に定め、遺体を葬り奉ったということです。
いづれにしろ、道真公と牛は何らかの関わりがあることから天満宮の御神牛となったようです。
DSCN3570_20190221211257cb7.jpg

さあ、お参りしましょう
DSCN3571_20190221211258f33.jpg
願い事は勿論、”あの事”!
今年こそ、絶対に!

毎年、1月25日には「初天神」(所願祈祷福だるまの授与)が行われ今月25日(間もなくですね)には「梅花祭」が行われます。
「梅花祭」は、菅原道真公の命日にあたりますがこの日は合格祈願特別祈祷が行われるようです。
DSCN3581_201902212204076aa.jpg
強い御利益がありそうですね

ここ・大生郷天満宮の本殿・拝殿はこれまで何度か焼失しているようです。天正4年(1576年)に兵火の為に焼失し、その後下妻城主の多賀谷氏の援助によって再興しましたが大正8年の火災で社殿は焼失し、当時の面影はないようです。
DSCN3573_20190221211300d3f.jpg
この老木(向かって左側)は浄土真宗の開祖として知られている親鸞上人がこの天満宮を訪れ、参拝した際に御手植えされた杉と言われています。
DSCN3576_201902212204031c8.jpg

DSCN3574.jpg

樹齢七百年の大木でしたが明治35年の台風により幹半ばで折れてしまいました。その上、先ほど触れた大正8年の火災により類焼してしまったそうです。なんて不運な杉の木
右側の小さな木は、その大火後に植えられたものでこちらも昭和60年に枯死してしまいました
この両木は、御神木としてこうして祀られています。

ゆっくり歩いているといろいろなものに出会えます
境内に植えられている数本の梅の木は、丁度梅の花が順次開花し始めているところでした。
DSCN3578.jpg

道真公を祀る神社や天満宮と名の付くところでは必ずと言ってよいほど、梅の木があります。
ここも決して例外ではありませんでした。
DSCN3580_20190221220406a46.jpg

お参りして観梅も楽しめるなんて、得した気分!!
DSCN3583_20190221222845ece.jpg

DSCN3586.jpg

DSCN3589_2019022122284785c.jpg

DSCN3590.jpg
週末は気温が下がるようですが、ここ数日日中の気温が上昇し少しずつ春らしい天候になってきましたので来週あたり=梅花祭が行われる頃にはぐっと見頃に近づくかもしれません
道真公がこよなく愛したと言われている梅。
これからますます、境内は梅の甘い香りが漂うことでしょう

大生郷天満宮


本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/21 22:36 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

あすなろの里を探検してみました

(あすなろの里の)雛祭記事はとりあえず、終了。
帰る前にこの施設を探検してみたい気持ちにかられ、全体の半分以下の範囲でしたが歩いて見ることにしました

既に触れていますがここ・あすなろの里は体験型宿泊施設。
建物は雛人形が飾られている研修棟やその脇の展望風呂の他、宿泊棟と呼ばれる建物がありお泊まり保育の幼稚園、保育所や宿泊学習の小中学生、高校生、日帰りや泊まり掛けで研修をする社会人等が利用されてるそうです
DSCN3529_20190220200008c20.jpg
正面の白い建物は体育館。

こちらは学習棟。学校みたいでどことなく懐かしい
DSCN3530_20190220200010688.jpg

で、こちらが宿泊棟。
部屋それぞれに名前が付いています。
DSCN3531_2019022020001123b.jpg

今更ながら園内案内図など。
DSC_1425.jpg
小さくて見づらいかと思いますがどうかご了承ください
あすなろの里さんHPで施設利用案内や料金、宿泊状況が掲載されています→http://asunaronosato.net/index.html
正面には菅生沼(すごうぬま)。
この時期は丁度、白鳥が飛来していますのでたくさんの白鳥が戯れているのを見ることができます。
でも、こちらで見られる時間帯は早朝と夕方頃だそうですが。日中はお隣の坂東市側の方で見られるそうです。
ちなみに沼に架かる橋を渡っていきますと、茨城県立自然博物館へ行くことができます

でも今回廻ったのはそちらではなくて・・・( ̄∀ ̄;)
DSCN3532_20190220200013b08.jpg
ミニ水族館や小動物園がある方向へと歩いて行きました。
正面に見える人工池のようなものは釣堀です。

とんがり屋根のミニ水族館にいるのは、菅生沼や園内に生息する生き物。
DSCN3541_20190220210058e5b.jpg

そしてその横にあるのが動物園です。
DSCN3542.jpg
動物園、といってもスペース的に小さいので種類はごくわずか。少なくともライオンやトラ等の猛獣はいません(笑)
珍しい動物、いるかな~?
DSCN3544_2019022021010180c.jpg

DSCN3545.jpg
”カンムリヅル”という、見慣れない名前につい反応。

あ、あれだ!
DSCN3549.jpg
黄金色の鶏冠が、王様の冠のように見えるからそういう名前なのでしょうね。
誰が近づいても決して動じない、この貫録!!
DSCN3550.jpg

プレーリードッグもいるのね
DSCN3552_20190220211559802.jpg
この子はただひたすら、餌を食べまくりもう1頭は穴の中から顔を出し、犬のようにキャンキャン声立てて鳴き続けていました。
危険な動物等が現れたり、身の危険を感じ警戒した時に鳴き方をするとか?
え?ってことは危険生物って私?
DSCN3554_201902202116003e6.jpg

もう1頭は”我関せず”。
DSCN3555.jpg
”あ~、食った食った”といった様子です。

お!リスざる脱走か?!
DSCN3557_20190220212335e0d.jpg

檻の中、活発に動き回っていたのはこの子。
DSCN3559_20190220212336109.jpg

動物のリアクションは見ていた楽しいからつい、たくさん撮影しちゃいます(´∀`*;)ゞ

「自然豊かな菅生沼のほとりで里山とともに遊び、学び、心を育てる」
パンフレットのPR文のとおり、この施設には自然がいっぱい!菅生沼を望み、森の中に囲まれたキャンプ場やバーキュー広場(憩いの森)、農業体験やピザ作り、そば打ち等の様々な体験学習が出来て動物と触れ合って。。。

幼稚園生くらいの子に、
「いつも何して遊んでいるの?」と問いかけると大抵、
「ゲームしてるの」との答え。
街中を歩いていても、子供達が手に持ってるのはゲーム機の端末やスマートフォン等です。
ゲーム機等に熱中し外でお友達と遊ぶこともなく日常を過ごす子が増え、大人同士でも大抵のことはメールやSNSで済ませ会話らしい会話もなく端末という機械を通しての交流。
このような現代社会に生きる大人や子供達が忘れつつある自然とのふれあいや人とのふれあい、そして万物を”育む心”。
それらを取り戻すために「あすなろの里」が存在している・・・
そう考えるのはちょっと、”よいしょ”し過ぎですか?(笑)(*ノ∪`*)
DSCN3463_201902202144441f8.jpg
自然ウォッチングも出来て足の運動にも最適。
釣堀を囲む木々は桜でしたから、開花したらさぞ素敵になるでしょう。
その頃にでもまた、訪れてみようかな?
”いい年した大人が一人で?変なおばさんだと思われちゃう
なんて羞恥心はもはやなくなりました(笑)

帰り際、正門前の物産館でお土産を購入。
DSCN3461_20190220212333551.jpg
常総市のお米や味噌、お茶等が販売されています。
オリジナルまんじゅうは絶対、一押し
甘いものがお嫌いでなければ最低限、これだけは必ず買って帰りましょう(笑)
DSCN3612_2019022021233775a.jpg
あんこたっぷりで、甘くしかも後味にクセがない!!(*≧∪≦)ストレートに美味しいです。
あすなろの里開園以来、ずっと変わらない味だそうです。
1個60円。5個入り300円。
また食べたい


あすなろの里

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/20 21:55 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

あすなろの雛祭り<3>

雛祭記事ですが今回、雛人形はあまり出てきません(´∀`*;)ゞ

DSCN3518_20190218231025155.jpg
リアル椿の葉っぱの上にちりめん細工の椿
”花が落ちるの見たくない!縁起悪い”なんて心配する必要ありませんね(笑)

雛人形を一通り見終えた後は、茶室にてお茶を頂くことになり”本物の茶道の世界”を体験しました。
お茶菓子付きで1回なんと100円!安いでしょう

”和の心”を堪能した後は”和の職人技”に挑戦!
煎餅職人となったつもりで御煎餅を焼きます。
DSCN3523_20190218231026d5d.jpg
このように、薄くのしたもち米を網の上で炙りまして。
膨らみそうになったらトングで平らにして裏返し、この繰り返しです。
DSCN3524.jpg
潰して割らないよう、注意しなくちゃ
なかなか神経を使う作業、一時も目が離せません。

あ、いい色付いてきた
DSCN3526_20190218231029251.jpg

やがて・・・ついに焼き上がり、醤油で味付けをしてもらった上で袋に入れてもらいました。
DSCN3528_201902182310300c0.jpg
不注意から割ってしまったお煎餅はその場でパクリ
焼き立ての味は格別でした残りの3枚はお持ち帰りです。

さて。ここ”あすなろの里”は本来、体験型宿泊施設。
~恵まれた自然環境の中で、子供達が自然とふれあいを求めながら動物などの育成や生態を観察したり、土に親しみながら見る、聞く、触れることによって知らず知らずのうちに人間的な心のふれあいを学ぶ場として設立されました~
あすなろの里についてパンフレットではそう、紹介されていました。
ですから本来、いい大人が一人で入るにはかなりの勇気が必要になるところです。
今回のようなイベントでもなければ普段は入れないところなので、帰る前に園内を探検していくことにしました
DSCN3521_20190218232109119.jpg
外から撮影してみました。

研修棟入口を今一度。
DSCN3520_20190218232108e17.jpg

まともに園内隅々を歩こうとすればかなりの距離ですので、とりあえずは小動物園を目指してみます。
研修棟脇には展望風呂があるのですが、その下に位置する土手では梅が咲いていました
DSCN3533_201902182321118b9.jpg

まさかここでお目にかかれるなんて
DSCN3535_20190218232113f14.jpg

DSCN3538_201902182334098e3.jpg
左側に見える建物が展望風呂です。
関東東北豪雨の際は、避難所として使用され浴室が無料開放されたと思います。
DSCN3539_20190218232114b4d.jpg

結構、高い位置に咲いていたのですが梅の香りがほのかに漂ってきました。
DSCN3536_2019021823345707b.jpg

う~ん、いい香り。。。
DSCN3540_201902182334586ae.jpg

あすなろにも春がやってきたんですね

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/18 23:37 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

あすなろの雛祭り<2>

水海道あすなろの里内研修棟で開催中の雛人形展示。
入口をくぐり、初めて目に留まったのはなんとも神秘的な雛人形
DSCN3485_20190217212220bed.jpg
着物はあるのに首がない?!
・・・って、最初はぎょっとしました。

これは縄文時代の雛人形、石雛様です。
DSCN3481.jpg
縄文時代は万物すべて神とあがめ祈りを捧げました。
石に我が子を見立て無事に育つ事を願い病の時など我が子に我が子の衣を石に着せて祈りました。
これが石地蔵の始まり・・・身替り地蔵として家内安全身体健全無病息災等と祈り、それが今日のおひな様となり、続いています。

そう書かれていました。
なんとも珍しく神々しいお雛様・・・合掌
DSCN3482.jpg

さあ、あらためて他もゆっくり見ていきましょう
DSCN3487_20190217213837d9f.jpg
展示された無数の雛人形も豪華絢爛でとても素敵なのですが、会場内のセッティングに感動
装飾されたカーテンやつるし雛、掛け軸に書かれた毛筆等、雛人形を惹き立てる環境作りに工夫が見られとても素敵でした
DSCN3489_201902172138402d6.jpg

DSCN3490_201902172138417d3.jpg

DSCN3491_2019021721384382b.jpg

アングルが悪いですが、囲炉裏の周囲に展示された竹灯りもまた良い雰囲気を出しています。
DSCN3488.jpg
今回、初展示だそうです。

あすなろの雛祭りは今年で4回目。
ってことは?逆算すると2016年が開催第1回目になりますね。
2016年といえば、あの豪雨があった年の翌年です。もしかすると災害復興の為に市を挙げてイベントで元気を取り戻そうという思いでこの雛祭も行われるようになったのでしょうか。。。想像にしかすぎませんが。

っちょっと奥の部屋に進むと年代別の雛人形と一緒に手作りの雛人形展示が行われています
DSCN3494_201902172148266ff.jpg
あすなろ陶芸部の皆さんによる作品。
手作りの雛人形もまた味があって良いものです
DSCN3493_2019021721482530e.jpg

こちらは子どもたちの手作り雛。
DSCN3496_20190217214828d6c.jpg
子どもの絵って、見ていると個性が出ていて面白いね
DSCN3497.jpg

すげー色遣い( ̄▽ ̄;)
DSCN3498_20190217214831b83.jpg
※個人情報が特定されないよう、名前にはモザイクを入れさせていただきました!

可愛い吊るし雛もたくさん、展示されています。
勿論、すべて手作りです
DSCN3506_201902172200552bb.jpg

DSCN3508_20190217220057fe6.jpg

ミニチュア版着物。
本物の着物同様の縫い方で作られ、ちゃんと裏地も付いてます
DSCN3510_201902172200585dd.jpg

階段雛も
DSCN3512_2019021722005904b.jpg
本当に種類も豊富で、ここだけで雛巡りが済んでしまうんじゃないか?って思うくらい素敵
見学に来られた方の中には、「他はたくさん歩かなくちゃいけなくて大変だけど、ここはそんなに歩かなくても全部観られて良かった!」とおっしゃられる方も。
特に、高齢等で歩くのが困難だという方なら喜んでいただけるのではないでしょうか
DSCN3517_20190217220101191.jpg
県内、雛祭りを行っている場所は他にもありますがここ・あすなろの雛祭も訪れる価値はあります。
先に触れてるように、2/23(土)・24(日)はイベント開催日
入園も無料になるしイベントも行われるから狙い日でしょう

私もお煎餅焼き体験等してきました
DSCN3527_201902172238441fe.jpg
おせんべやけたかな?

では、次回はこのお話を

本日もご訪問・ご閲覧まことにありがとうございました!

 [ 2019/02/17 22:07 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

あすなろの雛祭り<1>

今年の雛祭りは、これまで行ったことのないところへ行ってみよう!
そう思い、「あすなろの里」(常総市)へ行ってきました

3月3日(日)まで、施設内の研修棟にて雛人形が展示されています。
IMG_20190216_0001.jpg
2月16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)はイベント開催日となり、なんと入園無料
(通常は大人400円、小中学生200円、4歳以上の幼児100円、3歳以下無料)
どうせなら、これを利用しなくちゃ(笑)なんて思いあえて16日を訪問日にしました

DSCN3464.jpg
入場ゲート前の丸ポストがいい感じ♪
茅の輪をくぐって入園。
DSCN3465_20190217093220ecc.jpg

正門にて、可愛らしい雛人形の御迎えをしてもらいました
DSCN3466.jpg

竹の節に飾られた雛人形。とてもイイ
DSCN3467_2019021709322325e.jpg

可愛く装飾された正門を通過すると、”出た~!常総焼きそば\(^o^)/”
DSCN3470_20190217094307556.jpg
勿論この日のランチに。
他、ピザや豚汁の販売もありました。
こちらはワークショップ。
DSCN3471_20190217094308e8d.jpg
手焼きせんべい作りの体験コーナーです。1回150円(2枚)
私も体験してきましたがこのお話は後ほど
まずお目当ての雛人形見学から。
DSCN3472_201902170943101f4.jpg

ここでも竹の雛人形が歓迎してくれました
DSCN3520.jpg

DSCN3473.jpg

DSCN3475.jpg

DSCN3476_20190217094915d68.jpg

DSCN3478_201902170949170c5.jpg

DSCN3479_20190217094918d57.jpg
これだけの竹を集めるだけでも大変なのに、そのうえ雛人形を飾る為にあの固い竹の中央を切り取るなんて
”竹を割った性格”という言葉があるように、竹を割らずに切るのは相当至難の業だったであろうと思います。
人形の可愛さに感動するのと同時に、製作された人達の苦労を御察ししてしまう
作られた皆さん、大変お疲れさまでした

ではいよいよ、中へ入ります。
というわけで続きはこの後
※これから出かける為、取り急ぎここまでで失礼致します。
続きは本日中にUP予定です。
 [ 2019/02/17 09:55 ]  常総市 | TB(-) | CM(-)

おかえりなさい いしおか・・・いしおか雛巡り、今年も開催!

石岡第一高等学校の”初・甲子園出場”が決定し、ちょっぴり祝賀モード(?)となっている石岡駅前のメイン通り。
DSC_1412.jpg

DSCPDC_0000_BURST20190211143900132.jpg

そんな中、今年も「おかえりなさい いしおか」の時期となりました
石岡駅の伝承館では、巨大な雛段が展示されています。
雛巡り開催初日の1週間前、前乗りして見てまいりました。
DSCN3457_201902152300089c5.jpg

DSCN3458_20190215230010327.jpg

DSCN3459_20190215230011711.jpg
あいにくこの日はパンフレットを手に入れることができませんでしたが、開催初日の明日からは観光案内所・まちかど情報センターにあるはずです。
雛巡りをする前には是非、いづれかに立ち寄られパンフレットを片手に街中の雛巡りを楽しんでいただくことをお勧めいたしますスタンプラリーもありますので、ふるってご参加してみてください!何か良いものが当たる?!かもしれません(笑)

明日2月16日以降は街中の各所で雛人形が飾られますが、開催前のこの日は駅の伝承館とまちかど情報センターだけでした。
すっかりお馴染のまちかど情報センター名物:歴史絵巻(情景飾り)は今年も展示されています
DSCN3447_20190215230612788.jpg
龍神が運んできた、今年の物語は・・・

菅原道真と藤原時平のお話。
道真を疎い、策略と陰謀で道真を陥れ結果左遷→大宰府へ流されることとなったことから、悪者のレッテルを貼られてしまった藤原時平。
でも、それは事実だったのでしょうか・・・?
DSCN3448_2019021523061395f.jpg

DSCN3449_20190215230615518.jpg

DSCN3450.jpg
道真と時平の遺恨と怨念・・・でもここで触れているのはそういったことではないようです。
時平は本当に悪者なのか?2人を取り巻く人間関係は?

様々な人間模様とドラマが、この台の上で展開・・・果たして皆さんならば何を感じられるでしょうか・・・?
DSCN3456_20190215230618620.jpg

DSCN3455.jpg
この情景飾りも、今年で11回目となるそうです。これまでの歩みを1冊の小冊子にまとめたものがまちかど情報センターに展示されてるそうですので、見物の際ご覧になられてみてくださいね

雛巡り期間中(2/16~3/3)、イベントも行われます。手元にパンフレットがない為入手後に後日順次紹介させていただくことにします。

私の大好きな”あのイベント”も今年も開催されるらしい。。。
石岡市御幸通り商店街振興組合(FB)
そう。御幸通り酒場めぐりですよ
今年は2月28日(木)、3月1日(金)・2日(土)の3日間にわたって開催されます。いづれの日も17:00よりスタート!
前回訪問しなかったお店もたくさんあるし、また行くぞ!

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/15 23:41 ]  石岡市 | TB(-) | CM(-)

干支雛と打掛初体験~土浦の雛まつり

先日11日、朝の雪が降り止まない中ではありましたが土浦の雛まつり見物にまちかど蔵へ。
この日にしか体験できないイベントがあり、それが楽しみでこの日の訪問を決めていたのです

幸い、雪は積もることなくお昼頃までには降り止み午後には跡形もなく溶けてしまいました。
DSCN3417_20190214230231250.jpg

この日はコレ↓やってたの(*^m^*)
DSCN3418_20190214230232916.jpg
打掛を羽織って写真撮影をしませんか(2/11限り) 土浦まちかど蔵「大徳」
幸い、この日のこの時間は天候が悪いせいか訪れる人も少なく私の他にはやはり市外から来られたという奥さま2人。
トップで試着させていただきました

<↓↓以下2枚閲覧注意!↓↓>
DSCN3421_20190214231431f68.jpg
ペイントで髪の毛を落書きしています。
こちらは地毛↓
DSCN3422.jpg

大変、失礼いたしました(´∀`*;)ゞ
だって、生まれて初めてだったもので打掛。
こうして着物着て、お雛様と一緒に写真撮ってもらうのが幼い頃の夢でした。
まさかおばさんになってからようやく、その願いが叶うとは(笑)

満足したところで2階の吊るし雛をゆっくりと見させていただくことにしました。
名物:干支雛です。
DSCN3423.jpg

DSCN3425_2019021423023674d.jpg

DSCN3439_2019021423023753e.jpg
干支最後の動物:亥(猪)が登場し、これで十二支が勢ぞろいとなりました。
これをすべて、一人の方が作られたというから凄い
DSCN3444.jpg

辰年が一番、苦労されたそうです。解るなあ。。。
DSCN3443_20190214232230a4f.jpg

郷土色が出てる?!(笑)
どこかで聞いたことあるような施設名が。。。
DSCN3426_20190214232226533.jpg

DSCN3429_2019021423250531f.jpg

「わんわんランド」に対抗して、こんなのも
DSCN3427_20190214232227fda.jpg
ユートピア?
犬に対抗してこちらはお猿さんですか
DSCN3428_20190214232504882.jpg

まちかど蔵の雛人形は、ほぼ毎年観に来ていますがほのぼのとした温かさを感じます
手作り感溢れる可愛い作品ばかりで、何度見ても癒されます
それでいて、作品1つ1つに物語があるんですよね
DSCN3430_201902142322297dc.jpg

DSCN3431_20190214232507d16.jpg

DSCN3433.jpg

DSCN3436_2019021423251000c.jpg

・・・って、これから観に来られようという方の為に画像UPはこのくらいまでにしておきますか。

今回は撮影しませんでしたが向かいの「野村」さんでも、蓮の葉や実で作られた雛人形=霞蓮雛やたにしの殻を利用したかすみ人形が展示されています。先日の告知記事でも触れていますが、これらは土浦でしか見ることができません。
又、交通標語を携えた”交通安全雛”も面白い!
飲酒運転体験や反射神経テストにも挑戦してみてくださいね
DSCN3438_2019021423312066b.jpg

来る3月3日は、縁日も行われますよ
IMG_20190213_0002.jpg
なんだか面白そうなイベントだな

期間中は何らかの協賛イベントやおしるこや豚汁、蓮根すいとん等の無料配布が行われます。
観光ボランティアによるガイド案内もご利用ください。

~おまけの画像~
DSCN3446_20190214234006900.jpg
県指定文化財矢口家住宅
観光ボランティアさんに案内していただき、内部を見学させていただきました。写真撮影禁止の為、画像はこの外装のみとなりますが、文化財にふさわしいとても素晴らしい造り。
お店は東日本大震災被害の修復工事の為、奥の仮店舗にて営業中。
ガイドさんが案内してもらえなければ、入れるところではないので運が良かったです

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/14 23:46 ]  土浦市 | TB(-) | CM(-)

筑波山梅まつり、まもなく開催!!

筑波山梅林にて毎年開催される梅まつりが、もうすぐ始まります(2/16(土)~3/21(木祝))
IMG_20190213_0001.jpg
第46回筑波山梅まつり
HP(開花状況、イベント情報等)→http://umematsuri.jp/

DSCN3352_20190213224433136.jpg
梅まつり開催の丁度、1週間前。
先回りして筑波山梅林の梅を見てまいりました
2月10日時点で、大体4分咲きくらいだったでしょうか。高台の方が意外と開花が進んでいました。
DSCN3361_20190213224435fe2.jpg

DSCN3371_20190213224437f5b.jpg

DSCN3379_2019021322443828c.jpg
梅と共に見晴らしが堪能できるのも、筑波山ならではのもの。
東屋目指してさらに上っていきましょう。
DSCN3385.jpg

DSCN3386.jpg
2月16日の初日は11:00より、オープニングイベントが行われます。
”筑波名物”ガマの油売り口上実演や野点茶会等も行われ、観梅に来られたお客様をおもてなしします。
DSCN1370.jpg
2年前の様子

さらに、観光ボランティアガイドさんによるガイドも行われ、至れり尽くせりといったところ
この日は観光ボランティアらしき人達がそのリハーサルと、当日に備えての打ち合わせをしている姿を見かけました。
観光ボランティア隊の皆さん、頑張って

ようやく、目指していた東屋に到着。
DSCN3388_20190213225010e82.jpg
昨晩降った雪がまだ、東屋の藁ぶき屋根に残っています。
なかなか、風流なり
DSCN3389.jpg

ここからの眺めがまた、いいんだなあ。。。
DSCN3390.jpg

さて、梅は紅白ばかりではありません。
黄色い梅=蝋梅はまだ残ってるかな~?と気になり、急いで下山。
良かった!かろうじて残っていました
DSCN3398_20190213230343916.jpg

DSCN3404_20190213230345c78.jpg
梅が春の訪れを告げる花ならば、この蝋梅はその梅の開花が近づいてくることを教えてくれる花。
”もうすぐ、梅も咲くからね”と教えてくれるかのようなタイミングで咲くこの花もまた、良い香りを放っています。
紅梅との2ショット。でももう、終わりかな
DSCN3405_201902132308165b5.jpg

DSCN3407_20190213230345d52.jpg

DSCN3376_20190213232329a45.jpg

DSCN3413_20190213230818fe9.jpg

まだまだ、寒さは厳しいけれど筑波山の春は確実に近づいています。もう既に玄関前で待機し、ノックするのを待っている状態かもしれません
まだ開花していなかった梅も、これから順次開花し梅林はさらに賑やかになるでしょう。
春の訪れを感じに筑波山梅林へお出かけになられてみませんか?
DSCN3414_20190213230819e3f.jpg

<おまけ>
筑波山梅林に来られたら是非、これを味わってみてください
”つくばうどん”です。
DSCN1373_2017030622241030d.jpg
梅干し入り
具たくさんで食べ応えもあり、温まりますよ
「おもてなし館」前で販売、多分今年も同じ場所だと思います(会場でご確認ください^^;)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/13 23:24 ]  つくば市 | TB(-) | CM(-)

粉とクリーム下妻店

八千代町の町民公園から国道125号線に出てそのまま、つくば方面へ。
下妻市内を通過する際、必ず見かけるお店の名前・・・「粉とクリーム」がいつも気になり今回初来店してみることにしました
イベント会場で白菜ラーメンとキムチ鍋を食べた以外に何も食べていなかったので、小腹が空きましたしパン好きな母への御土産に
DSCN3344.jpg

人気店とみえお店は随分、混んでいました
ドアを一旦くぐったらパンを買う人やレジを待つ人で行列となってしまい、一旦その中に入ったらもはや身動きとれず
しかも、両手がふさがっている為お店の様子や陳列されたパンが撮れない!(撮んじゃねーよ
DSCPDC_0002_BURST20190210130815245.jpg
食パンやあんパン、クリームパン等オーソドックスなものやお総菜パン、まるでケーキのようなデコレーションの菓子パンetc。。。
種類豊富で選ぶだけで苦労します。でも後からお客さんが並んでしまう為、あまり選んでいる心のゆとりがない^◆^;

カツサンドが美味しそうだったので、GETしました。
DSCN3415_20190212215400285.jpg

そしてコレ。
DSC_1414.jpg
いちごジャムとバターが入ったコッペパン。
一見、普通のコッペパンですが”粉クリ風”とかって書いてありましたので
他、2種類ほど購入してようやくレジに到着。

このお店はイートインも出来ます
パンを購入したら紙コップをいただきました(1ドリンクサービス)ので、折角だから買ったパンの中で1個選んでコーヒーと一緒に味わってみることに。
インスタやSNS用?
このようなもの↓まで用意してあります
DSC_1396.jpg

では私も早速
DSC_1397.jpg

・・・なんだか、貧相になっちゃいましたね
買った商品すべて並べればよかった
写真に写した商品は、”ミルクあんぱん”
白餡の中に練乳が練り込まれてます。甘くて美味しいっ
DSC_1398.jpg
表面カリッと中身はふんわり。。。
これがこのお店の特徴かな。カツサンドといちごバターは帰宅後に食しましたがいづれも美味しかったです
アンティーク雑貨でクラシカルな雰囲気のイートインコーナーは、居心地良くて長居してしまいそうです。
DSC_1399.jpg

イートインコーナーは、素敵なテラス席もありますので晴天でぽかぽか暖かい日は外で食べてもいいですね
DSCN3346_20190212220354aed.jpg

初めてでも”お一人様”でも立ち寄りやすいお店でした!
こっち方面に出没したらまた立ち寄ってみたいです

粉とクリーム(下妻店)
茨城県下妻市下妻丁396-7
TEL:0296-44-0579
営業時間:AM7:30~PM7:30(月曜定休)
最寄り駅:常総線 下妻駅(車で約1km)
HP→http://www.konakuri.com/index.html



本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/12 22:17 ]  下妻市 | TB(-) | CM(-)

はくさい駅伝とキムチ鍋~やちよまつり開催!<後篇>

白菜駅伝記事、続きです。
たくさんの人が見守る中、白菜を持ったランナーが次々に通過します。
おや?あれは・・・
DSCN3321_20190211232042b7f.jpg
八千代町のマスコット、花菜丸くんだ
彼も走っていたのですね
でも、タスキ(白菜)は繋ぎません。
DSCN3322_20190211232044336.jpg
走ることに意義があるのです。頑張って~!!ゴールはすぐ目の前だよ!

駅伝は順調に進みいつの間にか、アンカーが走行。
ついにトップがゴールインです\(^o^)/
DSCN3324_20190211232045396.jpg
おめでとうそして、お疲れ様
後に続くランナーも、次々にゴールインです。
DSCN3331_2019021123204741f.jpg

DSCN3333_2019021123204923f.jpg

DSCN3334_201902112326177dc.jpg
既に走り終えた中学生くらいの男の子が数人、口々に感想を言い合っているのを耳にしました。それによると、
「白菜が持ちにくくて走りづらかった!」
「(白菜の)水分が出て走ってるうちに手がびちょびちょで気持ち悪かった」
とのこと。
大変だったんだなあ( ´_ゝ`)
苦労の末のゴールインは、また格別なものだったに違いありません。
皆さん、本当にお疲れ様でした

いっぽう、こちらでは別な”バトル”が繰り広げられている最中。
はくさい駅伝よりも熱い?白菜キムチ鍋大食い選手権大会開催中。
DSCN3327_20190211232615f95.jpg

DSCN3343_20190211232619ed9.jpg
やたら「辛い」という言葉が飛び交っていました。相当辛いようです参加しなくて良かった(笑)
1杯目が完食すると、間をおかずに2杯目が配布。さらに3杯目。。。これの繰り返し。
係の方により、辛いキムチスープが容赦なく盛りつけられます。
DSCN3326_20190211233324a86.jpg

顔を赤ら顔にして殆ど涙目で食べてる人、ミネラルウォーターで薄めつつ食べてる人続出、どんだけ辛いんだろう。。。
大勢の人に見られつつ、辛い”強敵”と必死で戦う選手達。
どうやら体格の大きな人ほどたくさん食べれる、というのは間違いで体系や見た目は関係ないようです。
最後は皆さん、お腹をさすりつつも”次回もまた来ます!”との声。苦しそうに食べられてた方も、”また来たいです”ときっぱり宣言されていました。

白菜、という地元特産品で盛り上がったこのイベント。地元の方は”地域再発見”、町外の方は”八千代町という町はこんな町なんだ”ということを知る上で有意義なイベントだったのではないでしょうか。
大人も子供も、年代を超え町内・町外問わず誰もが同じ場所で同じ食のイベントを楽しみ、最後は交流も芽生えて。。。
私も楽しませていただきました
素敵じゃないですか、やちよまつり
次回の開催も期待します

勿論、帰りには御土産も忘れずに
DSC_1404.jpg
白菜メンチカツ

DSC_1405.jpg
白菜キムチ

いづれもその日の夕食に
白菜キムチは結構、辛かったけどご飯が進みます。
白菜メンチカツは絶対、お薦め!日帰り入浴施設「やちよの湯」で販売されていますよ
http://ibaraki-keiyukan.com/

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/11 23:54 ]  八千代町 | TB(-) | CM(-)

はくさい駅伝とキムチ鍋~やちよまつり開催!<前篇>

寒さ厳しい週末となりました(xx)
こんな季節にふさわしいイベントが、八千代町で開催されました。
そう。先日、当ブログで告知いたしました、「はくさい駅伝~やちよまつり」です
野菜直売コーナが、既に人気集中
DSCN3301_20190210233029609.jpg

白菜の重さ何キロ?
一般参加形式の重さ当てゲーム。
DSCN3308_20190210233210b28.jpg
当たったら白菜プレゼント?かな?
皆さん結構、苦戦されてた様子。
そんな様子を傍で観察しつつ、早速の腹ごしらえなど
DSCN3303.jpg
JA常総ひかりさんの一押し!白菜マシマシラーメン
寒さは食欲を増します(笑)
DSCN3305_20190210233925ced.jpg
白菜たっぷり
他の野菜もたっぷり入っています。
では、いただきます
DSCN3306_20190210233033405.jpg
白菜の出汁がスープに溶け込み、醤油味の中に甘みを感じます
最初はラーメン、というよりもそばを食べてる感覚でしたが慣れてくるうちに”あ、やっぱりラーメンだ!”と(笑)
結構、美味しゅうございました

富士宮焼きそばも助っ人に参加です。
DSCN3307.jpg
唐揚げやポテト等も販売、だからお腹は満たせます

で、イベントならではの”太っ腹サービス”!!
DSCN3329_20190210233216653.jpg
なんと!!ご当地グルメであるこの「八千代の白菜キムチ鍋」が無料配布だって
これは是非とも!!と、ここに来る前から思っていました。
そして、私の手元に
DSCN3309_20190210233212f7f.jpg
キムチ出汁の香りが、食欲をそそります
熱々で美味しそう!!
では、いただきます
DSCN3310_20190210233213cd2.jpg

DSCN3311_201902102332145bb.jpg
思ったよりもピリ辛、でも美味しいっ(っ*^ ∇^*c)
このイベント、これ目的で来たようなものです(え?)
八千代の白菜キムチ鍋、いつか”食べたい、食べたい”と願っていたんです。それがようやく叶う事になりました
食べられて良かった(* ´ ▽ ` *)
ちなみに数量限定です。お昼頃には全部在庫がなくなってしまったようです。間に合ってよかった

ところで、「白菜駅伝」ってどこでやってるのかな~?
と、会場を歩いていたら・・・

やってました。
DSCN3312_2019021023392754d.jpg
裏門付近でそれは行われていました。
ランナーの方が次々に通過する様子を見ることができました。
全員、白菜を手に持ってます。
DSCN3313_20190210233928b54.jpg

DSCN3314_201902102339301ba.jpg
タスキやバトンの代わりに白菜を次のランナーに繋いでいきます。
白菜を託されたランナーは、前夜の雪が残る畑脇の道を走っていきました。
DSCN3315_20190210235559e6c.jpg

DSCN3316_20190210235601ec3.jpg

ガンバレ~!!
DSCN3317_20190210235602755.jpg
白菜を手に持ってのランニングは困難を極めるかと思いますが、ランナーたちの頑張りが凄い!!
さあ、ゴールまであとどんだけ?

というわけで、後篇に続きます。

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/11 00:00 ]  八千代町 | TB(-) | CM(-)

ほしまる★カフェでランチしてみました!

先週の土曜日、ワープステーション江戸から土浦市民ギャラリーへ向かう途中につくばで寄り道。
どこかでランチでも、ということでランチの場所に選んだのがつくば市。
つくばエキスポセンターにやってきました。
DSCN3299_20190208221225f29.jpg
え?エキスポセンターって科学館でしょ?ここでランチ?
はい併設の「ほしまる★カフェ」です。
DSCN3297_20190208221223f62.jpg
もしかして、宇宙食?
いいえ、そのような心配は御無用(笑)
雰囲気的にはファミリー向けのような感じですが、大人1人でも気軽に入れますので
DSC_1372.jpg
エキスポセンター隣接とあって、メニューも宇宙や科学をイメージしたファンタジックで可愛い盛り付けをしたものが多いですが大人メニューも。
初来店のこの日は、ちょっぴり気取って”ほしまる和膳”にしてみました。
セルフサービスの水を飲みながら、お料理がくるのを待ちます。
ショーケースに陳列されたケーキの中で1つ、”パステルカラーケーキ”というのが気になりつつ。。。
DSC_1365.jpg
オーダーした和膳には、デザートの和スイーツが付いているので今回は見るだけに。

は~い到着
DSC_1368.jpg
ご飯にかかっているのは梅ゆかりのふりかけ。
お吸い物の浮き実(麩)が星型になってる(≧∀≦)
なかなか豪華な和膳です(* ´ ▽ ` *)
DSC_1369.jpg
DSC_1367.jpg
ではいただきましょう

_20190202_124534.jpg
(手前から)銀ヒラスの西京焼き・厚焼き玉子・白玉あん(デザート)・サラダ
もはや、芸術作品ヽ(≧∀≦)ノ
DSC_1370.jpg
鶏ささみの天ぷら(※1本は既に管理人が食べました^^;)と鳥皮のから揚げ。”あれ?天つゆは?”と思いきや昆布茶塩が添えられていました。
この塩をかけて食べます。ヘルシーですね( ^ω^ )

あっという間に完食。お腹いっぱいです。
御馳走様でした

帰りの会計の際、お店で販売していたオリジナルクッキーを一緒に購入。
シールのデザインが懐かしくてつい(/∀\*)
DSC_1394.jpg

サクサクして軽く、優しい歯触りのクッキーでした。
DSC_1395.jpg

今回は食べなかったけれど、ランチプレートやカレー等も美味しそうでした。
あと、御食事の時に気になったパステルカラーケーキも
次回、つくばエキスポセンターに来る時また立ち寄ってみましょう。
興味深い企画展示はいつやるか、これから要チェックしておかなくちゃ(笑)
つくばエキスポセンター

ほしまる★カフェ
HP→https://hoshimarucafe.owst.jp/


本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/08 23:01 ]  つくば市 | TB(-) | CM(-)

しゃべっぺ土浦写真展開催!!

土浦市民ギャラリーで、なんかまた面白そうなことやっと!
雛まつり期間中だし、ちょっと行って見てくっかな
IMG_20190206_0001.jpg
市民有志「しゃべっぺ土浦市民の会」という団体と、土浦市教育委員会主催による「しゃべっぺ土浦写真展」。
平成31年2月16日(土)より土浦市民ギャラリーで開催されます(~3/10(日)まで)。
市民有志で結成された「しゃべっぺ土浦市民の会」とともに土浦の魅力を写真を見ながら来場した皆で語り合いましょう、というちょっと変わったギャラリーのようです

写真は美術品ですから通常の写真展は”静かに観賞しましょう”というのが常識。
ですが、その常識を破った斬新な写真展ですね
チラシによれば集められた作品も、「見ればおしゃべりしたくなる写真」が多く陳列されるとか。
勿論、すべて土浦市内の風景です
土浦駅ビルが初めて建設されてる時のものとか、「泳げる霞ヶ浦」とか。。。

イベントより先にわがブログでもやっちゃいました(^皿^)
過去のブログ記事で使用した画像中、「見ればおしゃべりしたくなる写真」んじゃないかな~?というものを独断で判断し、厳選の上再アップしています。
DSC_0229_201511302233060af.jpg
ペルチ時代の土浦駅も、もう”過去形”なんだね。。。

さらにこんなのどーだ?
IMG_0002_20100928211134.jpg
さらに古い、WING時代。

今ではもう、見られない貴重なイベント写真も
IMG_2312.jpg
土浦藩關(せき)流炮術の様子(2009年秋)
この年行われた炮術が最後となりました。
街中にこういうものもあったねえ
IMG_1270_20100519210159.jpg
当時、「月刊みと」でも掲載されたアンテナショップでしたが現在は空き家となっています。
ここで買った土浦カレーまん、もう1度食べたいなあ。。。
IMG_1299_20100519204513.jpg

在りし日の国民宿舎水郷もアルヨ
IMG_2791.jpg
現在は知っての通り、更地でイベント会場に利用されていますね。

イトーヨーカドー土浦店の閉店からはや7年か。。。
IMG_1102_20121215105609.jpg

こうして振り返ってみると、わがブログだけでも懐かしいものがたくさん出てきました
たとえ現在存在しないものでも、写真と言う記録によりその中にはいつまでも生き続けています。
そう考えると、写真はそれらが生きたという貴重な証拠書類ですね。それは勿論、人に対しても言えることであり現在市民ギャラリーで開催中の「ロバート・キャパ展」がよく伝えています。

写真を通して共通の思いを持つ人同士=たとえそれが普段面識のない人同士であっても1枚の写真についていろいろ自分の思いを語り合う事ができる場が出来るなんて、素敵ですね

しゃべっぺ土浦写真展
https://www.city.tsuchiura.lg.jp/citizen_gallery.php?mode=detail&code=101(土浦市公式HP内)


本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/06 23:32 ]  土浦市 | TB(-) | CM(-)

第15回土浦の雛まつりが始まりました!

昨日2月4日は「立春」。
暦の上では春なのですね。でも春と言っても寒さはまだ厳しく特に今週は週半ば~週末の気温が激しく変化するそうです土曜日にはわが茨城でも雪になる(かもしれない)予報が出ております。
この日にお出かけされる方、くれぐれも交通には十分ご注意くださいね

さて、2月4日といえば県内の各地で雛まつりが始まる日。桜川市の真壁に代表されるわが県の雛まつりは地域より趣向も違い、それぞれ個性と特色が出ていると思いますそれらを見比べ違いを楽しんで見るのもまた楽しみ方の一つかも?
「どこ行ったって、おんなじだあ」なんてこと言わずにお出かけになられてみてくださいね

って。前置きが長くなりました
土浦市の雛まつりも昨日2月4日よりスタートいたしました。
IMG_20190202_0002.jpg
土浦駅から徒歩移動で約10分、まちかど蔵:「大徳」「野村」を中心に周辺商店街で毎年開催されてる雛まつり。
手作りのつるし雛が大人気。
特に「大徳」さんで展示される”干支雛”が、私的にはとても楽しみ
DSCN7852_2018021521294364f.jpg
昨年の干支雛=戌
今年は亥(猪)が登場しているはず。
前回の子年(2008年)から製作が始まったという、この干支雛。今年でついに十二支が勢ぞろいしました
DSCN7853_2018021521294479d.jpg
亥の雛人形はどんな風になったのかな?
観にいけるのはまだ先の予定ですが、期間中(~3/3(日))までには必ず行きます

雛まつりならではの協賛イベントも楽しめそうです。
まちかど蔵「野村」前にて2/10(日)・2/23(土)10:00~は「新鮮野菜市」、そして2/16(土)11:30~には豚汁の無料配布、さらに2/23(土)11:30~には蓮根すいとんの無料配布が行われます。
DSCN7871_20180216204318109.jpg
勿論、この他にも楽しめるイベントがいっぱい!
詳細は土浦市観光協会さんのHPで記載されておりますので、お出かけ前にぜひチェックされてください
http://www.tsuchiura-kankou.jp/tanoshimu/hinamatsuri/index.html
土浦ならではの雛人形も見られますよ♪
DSCN7872_201802162043196e0.jpg
霞蓮雛もいいけれど、たにし雛が可愛い(* ´ ▽ ` *)
土浦でしか見られません。
尚、写真撮影に関してですが確実にOKなのはまちかど蔵の「大徳」さん「野村」さんだけです。(でも一応、係の人に一声かけてね♪)商店街の雛人形は殆どが撮影禁止なのでご注意ください!(あらかじめ、お店の人にご確認願います。)

干支雛が揃ったとあらば、これは絶対観に行かなくちゃ!と以前から予定を組んでいます。
そんな折、土浦庁舎ビル内「きらら館」にて可愛いお雛様が飾ってありましたので写真を撮らせていただくことにしました。
DSC_1380_201902052055490e8.jpg
雛まつり先取り
あまりにも可愛かったんでさあ(笑)
DSC_1383.jpg
つちまる(左)もキララちゃん(右)も、大切な土浦市のマスコット!
土浦市をPRする大事な任務を背負っています。これからも頑張ってね♪(o・ω・)ノ))


本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/05 21:21 ]  土浦市 | TB(-) | CM(-)

仏の顔も三度まで。。。迷惑コメント対策強化!

通常の茨城記事を書く予定でしたが、あまりにもひどいので
正直、いい話ではないです。読んでて気分悪くなった方は遠慮せずスルーしてください!

年に数回、わがブログの過去記事コメント欄を利用して意味不明の書き込みをされる方が登場するようです。
勿論、見つけるたびに即迷惑コメント対策をしていますが。
baka1.jpg
このようにメルアド付きで書かれてくるのですが、コメントの内容はなく記事タイトルをオウム返しにしたような書き込みや個人名(きっと偽名でしょう)が漠然と書かれるだけ。
上の画像を蓋開けたものが次の3画像です↓
baka2.jpg

baka3.jpg

baka4.jpg
尚、これらのコメントは迷惑コメント通報処置の上ホストを拒否させていただきました。
でもいくらホストをブロックしてもネットカフェやスマホ等あらゆる通信機器からアクセスしてくるし、おそらく単独犯行ではなくて複数による犯行。。。だからあまり効果は期待できませんけどね
書き込みをした意図が全く解らないし、管理人に対して一体何を求めているのか全く解らず困ります。
以前にも数回、このような書き込みを見つけそのたびに拒否してきましたがもう、我慢の限界

今後コメント・トラックバックの受付を全面禁止とさせていただきます。
閲覧された方のコメントもサイドバーから非表示とさせていただきました。
今回のように、あまりにも悪質だと判断した場合は炎上覚悟で公表させていただきます。

余談ですが、添付されたURLをクリックするとT○Sや中●TVのホームページに辿り着きます。
ますます、意味が解りません。
でもまあ、少なくとも頭が良い人の仕業ではないですよねきっと。

怒りむき出しにしてしまったけれど、こんな記事書くの本当は嫌なんですよ。
これまで良心的に御閲覧いただきコメントを書いてくださった方、大変申し訳ありません
コメント書き込みは出来なくなりますが(正確には拍手コメントのみ可、但し返信は出来ません)、どうか懲りずに従来通り遊びにいらっしゃってくださいね
 [ 2019/02/04 21:23 ]  つれづれなるままに | TB(-) | CM(-)

ロバート・キャパ展に行ってきました!

ずっと気になっていたこの企画展示。
やっと観に行くことができました
DSC_1379.jpg

戦争写真家ロバート・キャパが生前撮影し続けていた数百枚の写真が土浦駅前「アルカス土浦」1Fの土浦市民ギャラリーで展示されています
DSC_1380.jpg
2019.1.12~2.11

カメラを通してキャパが傍観していた戦争の悲惨さ、虚しさそして戦火の中たくましく生きようとしている市民の姿。。。
絶対に風化させてはいけない世界がそこにあったような気がします
鑑賞していた他の皆さんも、私と同じ思いを持たれた方がいらっしゃったのではないでしょうか・・・。
DSC_1377t.jpg

日本も戦後74年となりました。海外の各地ではテロ等の物騒なものが発生し「戦争をしない国」だったはずのわが国も、そういったものに巻き込まれ再び過ちを繰り返す恐怖を感じています。
戦争経験者もすっかり高齢となり、直接体験したという方が年々減ってきています。この写真展で戦争のむごさを知りサブタイトルにあるように「平和への願い」をここを訪れた誰もが感じてくれるとよいですね

展示写真は当然、撮影禁止ですが唯一OKなこのスペース。
DSC_1377.jpg
中央の窓から顔を出せば、キャパと2ショット
来館記念にいかがですか?
DSC_1378.jpg

開催は2月11日まで。まだご覧になられていない方は是非、お出かけください!
見ないと一生、後悔する?かもね

ロバート・キャパ展
2019.1.12~2.11
土浦市民ギャラリー(アルカス土浦1F)
JR常磐線土浦駅西口より徒歩1分
※駐車場は駅西口駐車場(有料)を御利用ください。来館、退出の際受付提示で2時間無料になります
開館 10:00~18:00
Tel:029-846-2950
入館料 大人1,100円/高校生900円/小中学生700円/未就学時無料


余談ですが、暫く土浦駅に来ないうちに駅の外壁模様替え?
DSC_1375.jpg

DSC_1376.jpg
グレーのデザインは自転車道かな?
”ペルチ”の名が消え、”プレイアトレー”に変わっていました。
どんな風になるのかな~?
現在、2Fから上はシャッターが閉まっていますが早くOPENしないかな~?(^0^)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/03 22:40 ]  土浦市 | TB(0) | CM(-)

「いだてん」の時代へ~ワープステーション江戸

ちょっと、江戸時代と明治時代へ行ってきまぁす!

ということで、出かけてまいりました
DSCN3296_201902022305421f0.jpg
つくばみらい市にあるワープステーション江戸
入場ゲートをくぐると、そこには。。。

江戸~明治時代の街並みを復元したスポットで、近現代エリアでは現在放送中のNKH大河ドラマ「いだてん」のロケセットが現在、展示されています
時代劇や大河ドラマ等でお馴染のあの街並みが、路面電車が”ようこそ!”と歓迎しているかのようです。

ようこそ、江戸~明治時代の日本へ。。。
どなた様もごゆっくり散策くださいませ。
但し、お客様がお持ちになられているその時代になかった現代のものの使用はなりませぬ


その時代になくて現代にはあるもの・・・つまりデジカメやスマホ等の撮影機器ですね。
そうなんです
ワープステーション江戸内は、全エリア撮影禁止なのです
いつからそうなったのかは不明ですが、まあ大体理由は解りますけどね。
この施設は市でも県のものでもなく、NHKエンタープライズさんのもの。きっと大人の事情があるのでしょう

せっかく来たんだから、せめて思い出だけでも形に残せないの?
と言う方は、絵ハガキをお求めになられるとよいでしょう
DSC_1384.jpg
施設内の建物写真が一揃い揃っています。
他、マグカップやエコバッグ等のオリジナル商品も販売しています

余談ですが、撮影禁止になる前に作成した当ブログ記事をリンクしておきますのでよろしかったら。
7年前のものです(※削除依頼がくる可能性がありますのでご注意!)
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1385.html
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1386.html

_20190202_224854.jpg
蘇った江戸、明治時代の風景。
いにしえの日本の町並みを、タイムトラベラーになった気分で歩いてみるのも楽しいね♪
懐かしさのあまりつい、こんなものまで買ってみたりして
DSC_1362.jpg
メロンシャーベットです。
この容器懐かしい
この”懐かしアイス”が1個100円で販売されてますよチョコバナナ味のアイスキャンデーもあります。
散策に疲れた時にいかがですか?
DSC_1363.jpg

好評と不評の両論ある「いだてん」ですが、私的にはストレートに”面白い”!
昭和から明治に飛んだり、昭和に戻ったり忙しいドラマだとは思うけど、これまでの大河ドラマのイメージを一新しマンネリ化を打破した”冒険的”な作品だと思って毎週日曜日を楽しみに待っています
この作品が放送中に絶対、観たいと思っていたので観に行けて良かった

ワープステーション江戸
HP→http://www.warpstationedo.com/
(アクセス、ロケ情報等)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/02/02 23:35 ]  つくばみらい市 | TB(0) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

私事ですが2019.9.21より暫く更新をお休みさせていただきます。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー