FC2ブログ
2018_09
23
(Sun)21:53

まちなかのこんぴらさん~水戸泉町金刀比羅神社

休止期間中でありますが、お蔵入りの記事がありましたのでupさせていただきます

水戸駅からバスで大体、10分位でしょうか。
泉町三丁目のバス停付近、ビルとビルの間に挟まった格好で鎮座している小さな神社~金刀比羅神社。
DSCN1096_20180923212733850.jpg

今まで水戸に住んでいながら気が付かなかったのですが、由緒ある神社のようです。
DSCN1097.jpg
やはり、讃岐の国香川県琴平町にあるあの”こんぴらさん”と関係あったか。
江戸時代に勧請されたということですから、水戸徳川時代には既に存在していたことになりますね神社として初めて認可されたのは明治10年、町で管理運営されるようになったのは昭和9年だそうです。
DSCN1098.jpg
泉町界隈は商業地域ですから商売繁盛の守護神という意識が強かったのでしょうね。
他、家内安全や無病息災、大願成就、交通安全、学業成就、厄除けそして金運、縁結びのご利益があるそうです。
DSCN1099_20180923212737bff.jpg
社殿は昭和20年8月1日未明の空襲により焼失しましたが、2年後の昭和22年に町内の人達により再建されたものだそうです。
戦後の混乱期の中、物資もままならない中で一生懸命、町の守護神である”こんぴらさん”を復活させようとした当時の町民の熱い思い、貧困の中の血のにじむ努力があったであろうことを思うとなんだか胸が熱くなります

しっかりお参りしていきましょう
DSCN1101_20180923212738e06.jpg
商店街や住民達は今でもここで参拝することがあるのかな。
町中からちょっと奥に入っただけなのに、まるで別世界のように落ち着いた静かな場所です。
街歩きに疲れた時に一休みも兼ね、祈願参拝されるのもよいかもしれません
DSCN1103.jpg
休憩用の椅子もあるし

水戸のこんぴらさんは今日もきっと、街中の片隅で道行く人達を静かに見守られていることでしょう。

スポンサーサイト
2018_09
21
(Fri)22:25

石岡まつり~2018年還幸祭<3>

平成最後の石岡まつり、その最後となる儀式~還幸祭。
ついに終盤となりました。
DSCN1968.jpg

常陸国総社宮の神様が本殿にお帰りになられる儀式が行われます。
ささらの舞いと露払い獅子の舞いが終わり、いよいよ御霊移しの儀式が。
雅楽が静かに流れる中、参列した関係者や観光客の見送りを受け厳かにそれは行われました。
DSCN1972_20180921210842033.jpg

DSCN1974_20180921210844213.jpg
参拝者一同が静かに見守る中、神様の御霊は無事に本堂にお帰りになられました

総社宮の神様がお帰りになられた後は、年番引き継ぎの儀式が行われました。
これをもって幸町の年番としてのお仕事は終了です。関係者がそれぞれ、”お疲れ様”と感謝とねぎらいの言葉が交わされているのがとても印象的でした
DSCN1979_20180921210845243.jpg
幸町の皆さん、年番大変お疲れさまでした
後を引き継がれることになる國分町の皆さん、これから1年間頑張ってお務めを果たされてください!

総社宮の神様を乗せるという大役を果たした神輿も、寝床(?)につきます。
DSCN1986_20180921213054b47.jpg

重そう
DSCN1987_201809212130550dc.jpg
おやすみなさい!
また来年のお祭りでお会いしましょうね(^-^)/

こうして、石岡まつりこと常陸国総社宮例大祭のメイン行事は終了しました。
街中のあちこちにいるはずの山車や幌獅子はそろそろ撤収?
いいえ、そうではありません

見てくださいこの熱気
DSCN1990_2018092121305797c.jpg

DSCN1998_20180921213100dde.jpg

DSCN1996_2018092121305828f.jpg

まだまだ、帰らないよ!
と言わんばかりの活気です。最後の夜だから、ということで名残を惜しむ気持ちもあるのでしょう。
まるで有り余ったパワーを使い切ろうとしているかのように、惜しげもなく力の限りを出しつくしています。
DSCN2001_20180921214228049.jpg

DSCN2002_201809212142307d3.jpg

DSCN2005_20180921214231aec.jpg

DSCN2014_2018092121423380f.jpg

山車だって負けちゃいられないヾ(o´∀`o)ノ
DSCN2030_20180921214757d83.jpg

DSCN2032_20180921214758086.jpg
香丸町、森木町が登場!

DSCN2034_20180921214800c63.jpg

平成最後の石岡まつりだ、悔いを残すな!!
DSCN2035_201809212148026c8.jpg
お祭り終了時間まではや、残りあとわずか。
限られた時間の中、それぞれ最後の力を余ることなく振り絞ります。
DSCN2039_201809212154218b1.jpg

さて、他の町の山車はどこへ行ったのかな?と思っていたら石岡駅前に
DSCN2041.jpg

今年の年番町・幸町のお囃子が盛んに行われていました。
DSCN2042.jpg

DSCN2044.jpg
あらためて1年間、年番お疲れさまでした

夜は天気予報通りの雨となり、山車も人達は人形を片づけ大きなビニールシートを出して被せ始めました。
それでもお囃子は辞めません。
DSCN2045_20180921215702d99.jpg
次の年番町・國分町。
雨が降っても頑張ってます。

お祭り最終日のラスト約2時間前に私は常磐線の中でしたが、最後の宴とばかりにお祭りを楽しむ人たちの姿は見物する側も力を与えられますやっぱり祭りっていいなヾ(o´∀`o)ノ

今年の石岡まつりは過去最高の約48万8千人が来場したそうです(モバイル茨城新聞より)。素晴らしい
いまや石岡まつりは石岡市民のものだけではなく、市外や県外からのファンが集まる”全国規模のお祭り”になりつつあると解釈して良いのでしょうか。
それが良いことなのか、いけないことなのかの判断は私には出来ません。むしろ伝統を重んじる人には”随分軽薄になった。そこらの観光目的のイベントと変わらなくなった”と感じる人も中にはいらっしゃるかもしれません。

でもそれが石岡市の活気と発展に繋がってくれれば、少なくとも悪いことではなさそうです。
なにはともあれ、今年も3日間無事にお祭りを終えることができました。
こうして何事もなく、大きな事件や事故もなくお祭り中断が懸念される程の悪天候に見舞われることもなく終えられたことは何よりの幸せ。来年もこうでありますように
DSCN1988_201809212223017db.jpg

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
20
(Thu)22:12

石岡まつり~2018年還幸祭<2>

今日と明日で石岡まつり記事をひととおりUPし終えねば、と思うと気持ちが急いてしまいます
よって、”今年の(石岡まつり)記事は随分と手抜きだなあ。。。”と思われるかもしれませんがどうかご容赦ください
レポートというよりもアルバムという感じで見ていただけたら幸いです(´∀`*;)ゞ
DSCN1927_201809202103184e7.jpg
香丸町
石岡駅前のメイン通り:御幸通りに戻ってくると街中では町ごとの常陸国総社宮へお帰りになられる神様(神輿)をお囃子でお迎えしています。
DSCN1929_20180920210319cc3.jpg
森木町

おっしゃいおっしゃい、おっしゃいな~!!
DSCN1930_20180920210321fc0.jpg

DSCN1932_20180920210321533.jpg
大小路町

DSCN1933_20180920210323cfe.jpg
金丸町

あっちで”おっしゃい”こっちで”おっしゃい”と、町ごとに競い合うように掛け声が飛び交います。
笛や太鼓、そして山車の上のおかめやひょっとこ等が舞い猛暑も吹き飛ばすこの活気
これが石岡まつりだよヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1934_20180920211643b65.jpg
守横町

DSCN1937_20180920211646f5e.jpg

DSCN1942_2018092021164837f.jpg
泉町

DSCN1943_201809202116493dd.jpg
若松町

DSCN1944_20180920212123d67.jpg
中町

DSCN1947_201809202121260f7.jpg
国分町(来年の年番町)

DSCN1945_20180920212124541.jpg

年番町:幸町の山車も交差点中央(カギヤ楽器店前)で総社宮の神輿をお迎えします。
DSCN1960.jpg

総社宮の神様を乗せた神輿はやがて、人ごみの中御幸通りを通過しお囃子による各町内の見送りを受け総社宮へと向かって行きました。
私はまちかど情報センター内で”お神酒さん”をいただきつつ、その様子を傍観(笑)
DSCN1953_201809202130025ce.jpg

これを戴きました(* ´ ▽ ` *)
DSCN1956_201809202132210ea.jpg
限定品:ふな口の酒(石岡酒造)
お祭りの為に特別に仕込まれたお酒。
スッキリとした爽やかな喉越しと、フルーティーな甘さが印象的でした(*≧∪≦)
DSCN1955_20180920213219dd7.jpg
また飲みたいっ!!でも限定品だからここでしか飲めないね、残念

おつまみは勿論、コレ( ^ω^ ) 実際はお酒よりもこちらの方が先でしたが(笑)
DSCN1949_20180920213218184.jpg
新作:いしおかサンド
市内の洋菓子店シャンティさんと石岡商業高校の生徒さんとのコラボ商品だそうです。
シフォンケーキ生地で生クリームとフルーツ(ブルーベリーとシャインマスカット)がサンドされました((∩^Д^∩))
軽くてふわふわ、そして甘い!!
おそらくこれも季節限定品。そう思うと余計、また食べたくなる。

美味しいお酒とスイーツをいただいたところで再び、出発。
丁度、獅子が至近距離
DSCN1962_2018092021342461e.jpg
記憶に間違いがなければ若松町のお獅子です。
幌獅子も町ごとに顔が違うんですよね石岡まつりに何度も訪れていると、だんだんそういった点にも目が留まります。
違いを見比べてみるのも、石岡まつりの楽しみ方の一つ?

いよいよ、常陸国総社宮へ。御霊移しの儀式と年番引き継ぎがこれから行われます。
その模様を見届けて参ります。

ところで・・・
現在、15ある氏子年番町ですが昔はもう1つ年番町を務める町がありました。木之地町(旧地名)という町です。
その町につきまして以前、当ブログでも記事に書いてる町です。
(その時の記事はこちら→旧木之地町~愛宕神社と梅
↑記事でも触れている”木之地のみろく”に使用していたと思われる人形が、愛宕神社のそばの民家に展示されていたのを偶然見つけ、ついカメラに収めました
DSCN1965_20180920220345f84.jpg

DSCN1966_20180920220345e48.jpg
画像が控えめになってしまいましたが、どうかお許しを

木之地町はかなり昔に年番町を辞めていますが年番町だった頃、出し物として行われていたという”みろく”は石岡まつりの名物だったそうです。でも現代に復活させるのはおそらく無理でしょうね
023木之地町のこと(いしおか100物語より)

総社宮へ向かう際、入口が混雑していた為廻り道したらこのようなものに出会えました(*´∀`人 ♪
得しちゃった
「急がば回れ」、こういうことだったのね(笑)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
19
(Wed)23:12

石岡まつり~2018年還幸祭<1>

2018年9月17日石岡まつり還幸祭。
石岡まつりとしても、”平成時代の石岡まつり”としても最終日となりました。
そんな記念すべき年に年番としての役目を務められたのが「幸町」。
常陸国総社宮の神様はそこにいらっしゃるはず。総社宮にお帰りにならないうちに急いで参拝しなければ
DSCN1849_2018091922144237c.jpg

DSCN1850_2018091922144414e.jpg
幸町の御仮殿が設置されていた場所はJR石岡駅から随分離れた場所で、日頃の運動不足が一気に解消?!
それでも参拝にはぎりぎりセーフで間に合いました
※ちなみに最終日の12:00で一般参拝は終了となります。それ以降は関係者のみとなるようです。
DSCN1851_20180919221445018.jpg
神様の帰り支度がぼちぼち始まったようです。御仮殿の境内に関係者が集まり始めました。
猿田彦に続き富田町のささら、そして露払い獅子等も次々に訪れます。
DSCN1853_2018091922144711f.jpg

DSCN1861_2018091922144872e.jpg

DSCN1865.jpg

DSCN1866_20180919222617fa6.jpg

出発前の祈願祭。
これが終わると総社宮の神様を乗せた神輿が御仮殿から担ぎ出されます。
DSCN1867_20180919222619ec8.jpg

DSCN1872_20180919222620609.jpg

DSCN1875_20180919222622fbf.jpg
ついに、鳥居の外に出ました。
これから総社宮にお帰りになります。”今年の石岡まつりも、もうすぐ終わっちゃうんだなあ。。。”と思うと少し寂しい気持ちに。

今更ながら神輿の屋根に付けられた飾りを見ると鳳凰が稲穂を咥えてます
DSCN1882_20180919223317edd.jpg
石岡まつり(正式名称は常陸国総社宮秋の例大祭)は五穀豊穣祈願のお祭り、それと関係があるのでしょうか。
今年の夏は全国的に不安定な天候や台風、大雨洪水や土砂災害そして地震等の災害等が相次ぎました。その影響で畑の農作物や果実も出来が悪く、とても売りに出せる状態ではなくなったと涙を流す農家の人達も。
このお祭りでしっかりと豊作、そしてこれ以上災害が日本列島を覆う事のないよう祈願しなければ

・・・お祭りなのについ、お堅い話。失礼いたしました^◆^;
DSCN1883_201809192233182a4.jpg
花火の合図とともに、神輿の出発です。
1本締めの後、間もなく花火が上がり同時に神輿を担ぐ人達が動き始めました。
DSCN1887_201809192233200df.jpg
神輿は一旦、市街地の方向とは逆方向へ。
どこかで行列と合流するのでしょうか。
神輿を見送った後、供奉行列も出発です。
DSCN1891_201809192233211fe.jpg

DSCN1894_20180919223323251.jpg

一同は市内を巡回してから常陸国総社宮へ向かいます。
途中から神輿も合流し、それを追いかけつつ私も街中へ。
DSCN1902_201809192250022cd.jpg

DSCN1904_20180919225004f0a.jpg

DSCN1906_201809192250057f8.jpg

DSCN1908.jpg

街中では山車も何台か登場し、活気が出てきました。
同時に訪れる人も増え、ぼちぼち歩行困難に
DSCN1914.jpg

DSCN1917_2018091922554409b.jpg

DSCN1964_20180919230202614.jpg
お祭りはまだ、これから最終日も大いに盛り上がりますよ。

というわけで、今回はこのへんで
2018_09
17
(Mon)22:04

石岡まつり~かんばん横丁(一部)OPEN!

平成最後の石岡まつり。そして今日はその最終日。
行ってまいりました(^^v)
つい2時間前に帰宅したところです。
DSCN2044.jpg
2018年度の年番町・幸町
夜から雨が降ってきましたが、今年も例年に劣らぬ活気と熱気溢れパワフルなお祭りを見せてもらいました。
これから数回に分けて記事を書かせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、先日告知した通り石岡まつり記事のUP終了次第(9/21までに書き終える予定)、ブログ更新の方は暫くお休みさせていただきます
まだ画像の整理が間に合わない上、平日特に火、水曜日は時間が取れませんのでもしかするとUPが間に合わずお蔵入りになってしまうかもしれませんが、出来るだけ急いで書かせていただきますね

前置きが長くなり、大変申し訳ありませんでした^^;
駅改札口を出ると、獅子頭のディスプレイや記念撮影用のボードを使って写真を撮る家族が続々出現
DSCN1836_20180917212106f4c.jpg
平成、最後だからねえ(-∀-)今年は格別な年かな?

DSCN1835.jpg

からくり時計のあるステーションパークも賑わっていました
DSCN1839_20180917212109c51.jpg
どうやら特設ステージでライブ中のようです。
だから、フード屋台がこちらでも並び美味しそうな匂いを漂わせていました。
DSCN1838_20180917212108d29.jpg
地酒が枡入りで販売されていたり、美味しそうなグルメも販売していましたがそれには目もくれず向かった先はここの丁度真下の位置にあるところ。
バスプールとして利用されていたところで、先日当ブログの記事で触れていますが覚えていらっしゃるでしょうか
DSCN1841_20180917212111077.jpg

IMG_20180908_0001.jpg
そう、あのかんばん横丁。やってきましたヽ(´∀`)ノ
お祭り初日の15日よりOPEN。まだ全店舗ではありませんが営業が始まっていました。
DSCN1842_201809172126534a9.jpg

今のところ、”ぼちぼちでんな~”って感じかな?
お祭りじゃない日はどうだろ?
1か所は市内の洋菓子屋シャンティさんが仮店舗に使用し、他イタリアンカフェとBar、そして焼き鳥やさんが営業していました。
DSCN1844.jpg

立ち呑み処、いいねえ
DSCN1845_20180917212656240.jpg
焼き鳥とビールで既に上機嫌になってるお父さんが2,3人いらっしゃいましたね。
私的には日本酒なんかもいいなあ

さあ、どこ入ろうかなあ~?と数店舗ある中、迷った末にイタリアンに決定!
DSC_0859_20180917212652621.jpg
もっちもち麺の生パスタ
宣伝のとおり、すごくモチモチでなめらかで美味しかったです。
このお店、正式OPENはまだ先の10月OPENだって
DSC_0858_20180917212650cfa.jpg
楽しみだなあ。。。(^∇^)
落ち着いた頃、行ってみよう!近々何か石岡駅を使う用事ないかなあ(笑)

わざわざ石岡駅で下車してもいい、と誰もが思う素敵なお店に”かんばん横丁”のお店がなって欲しいなと感じる私でした。
果たして・・・?

かんばん横丁でランチを済ませたところで、最初に向かうのは年番町の御仮殿。
総社宮の御霊がお帰りになる前に参拝をしておかなくては、と足早に移動します。
DSCN1847.jpg

DSCN1848_20180917215710b36.jpg
泉町山車移動中

では、今回はここまで。
続きます。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
16
(Sun)20:55

KASAMA de アオハル、行ってきました!

元・老舗旅館で現在は市の歴史交流館として第二の人生(?)を歩んでいる井筒屋さん。
歴史的な建造物、といったイメージでしたが今回は”アオハル”の文字踊り、イメージチェンジ?!
DSCN1725.jpg

玄関をくぐったその先の芝生の広場で、小さいけれどとても素敵なイベントが開催されました(*´∀`人 ♪
DSCN1737_20180916194551c61.jpg
井戸跡?↑
午前中の雨により、会場は足場の悪い状況となってしまい普通に歩いていても泥はねで汚れてしまう状態(++)
にも関わらず販売店もステージイベントも元気に営業、時間が経過するにつれてお客さんの数も次第に増えてきたみたいです
キッズダンスに会場中のみんなが注目♪
DSCN1736_20180916194550c46.jpg

DSCN1750.jpg
最後はみんなで輪になって♪

午後3時からの参加でしたが私も早速、美味し~いスイーツ等頂いちゃったりして(#^.^#)
ブルーベリーかき氷とか。
DSCN1729_20180916195655034.jpg

スフレケーキとか。
DSCN1753_20180916200231eb0.jpg
カスタードクリームと栗が入ってます。商品名は”笠間の栗”
キッチンカーの写真に惹かれてつい(´∀`*;)ゞ
DSCN1734_20180916201016caa.jpg

さらにこんなのも
これはお持ち帰りして、自宅でコーヒーと一緒に美味しくいただきました
DSC_0857_20180916200228aa0.jpg
和栗のクグロフ。小さくてしっとりしていて食べやすく、しかも甘くて美味しかった

美味しいものにはつい、お財布が緩んでしまう(*ノ∪`*)
ついでに、”ダイエット考えるべきかな?”の誓いも(笑)
カウンターBARも出店していました。
DSCN1740_20180916195657899.jpg
カクテル、みな美味しそう
で、イベント名の入った”アオハルソーダ”という商品をオーダー。
DSCN1741_201809161956584ce.jpg
ノンアルコールですよ(笑)運転手さんや未成年に優しいノンアルコールもありました。気がきくぅ

80年代の邦楽ポップスをBGMにボルダリングやワークショップ等も同時開催です。
DSCN1754_2018091620023364d.jpg
頑張れ~っ

この日楽しみにしていたのは、18:00より同会場で行われるはずのDISCOタイム
それまで時間はたっぷりあるということで、ヘッドスパをしてもらったり、井筒屋本館のフロントに設置されていた大型TVで相撲を観戦して待っていました。
やがて、井筒屋さんに灯りがともされる頃。。。
DSCN1769_20180916202313dcf.jpg

会場内に既に設置されていたミラーボールが活発に動き始めた
DSCN1780_20180916202316f85.jpg

おお!!いよいよかヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1781_201809162023176e5.jpg

80年代後半~90年代、いわゆる”バブリー”な時代に流行ったディスコミュージックが会場中に響き渡りました。
最初のうちは躊躇してか、踊る人もなかなか現れなかったのですが一人、また一人とステージ前に現れお立ち台に立つ人が登場してようやく、ディスコタイムのスタート!!
DSCN1801.jpg

待ってました~っ!!\(^o^)/

DSCN1805_201809162033328bd.jpg

やっぱり、こうじゃなくちゃ( ^ω^ )♪
すっかり地面のぬかるみも忘れ、私もカメラ片手にしつつダンスのステップを踏んでたりして(笑)
DSCN1830_20180916203335b8a.jpg

DSCN1831_20180916203333372.jpg

一部、動画も撮りました。
[広告] VPS


星空の下での野外ディスコ。なかなか味わえるものではありませんよね(*´∀`人 ♪
市内・外を問わず、井筒屋を訪れた人達が楽しめるイベント。それはつまり笠間を訪れた人への”おもてなし”の心の表れではないでしょうか・・・・旅館としての営業を終えた今でもそれは変わらなかったのです。
企画者の実際の意図は知りませんが(笑)、「KASAMA DE アオハル」のイベントの趣旨は井筒屋を愛し、興味や親しみを持ってここを訪れた人達に対する”おもてなし”の心じゃないかな?と私は思います。

素敵な一夜を、ありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN1782_20180916205353b6c.jpg

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
14
(Fri)23:00

”アオハル”してきます!

今年の春、市の歴史交流館としてリニューアルした元老舗旅館、井筒屋。
その井筒屋さんを会場に明日9月15日に素敵なイベントが開催されます
その名も、
KASAMA DE アオハル
IMG_20180908_0002.jpg
詳細はアオハルの実行委員会、”ぎゅぎゅっと実行委員会”さんのフェイスブックページをご覧ください
↓  ↓
https://www.facebook.com/gyugyuttokasama/

ネーミングはおそらく、「青春」を別読みしたんじゃないかと個人的に解釈^^;
朝10:00のスタートですがその前に軽トラにて野菜等を販売する朝市が行われます

井筒屋さんの建物を囲む広場でアクセサリーやハンドメイド雑貨、手作りスイーツ等の販売の他ワークショップ等が行われ、ステージイベントも開催、と大変充実した内容。
DSCN3418_20180914224104c28.jpg

DSCN3425_20180914224106350.jpg
※画像は上下とも、別なイベント会場で撮影したものを使用しました。


さて、このイベントは昼間だけではありません。
DSCN9165_201809142241090c8.jpg

夜のお楽しみも(^^)♪
なんと!!井筒屋さんがDISCOに変身しちゃいます
DSCN9146_201809142241072e6.jpg
※画像はイメージです^^;
昭和生まれも平成生まれも全員集合!!
70-80年代のディスコミュージックで踊る、1夜限りのDISCO、OPEN!!
”KASAMA DE アオハル”の締めとしてみんなで楽しく踊って過ごしましょうヾ(o´∀`o)ノ
ちなみに服装チェックはないそうですので、どなたでもお気軽に参加できます。

なんだか面白そうなイベントじゃありませんか
というわけで、出かけてまいります∠( ^ o ^ ┐)┐ …レポートは後ほど。

本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
13
(Thu)22:23

霞ヶ浦KOHANロックへ行ってきました!<2>

去る9月8(土)・9(日)の2日間にわたって開催された霞ヶ浦KOHANロック記事の続きを書かせていただきます。
公園内のレストランで提供していた”本日のサービスランチ”(なんとビーフカレーとラーメンのセット)でお腹をしっかりと満たした上で、後半戦に挑みます。
DSCN1663_2018091321283341e.jpg
総合公園内レストハウス前の池に咲いてた蓮の花
なお、最後まで会場にいたわけではありません。この日出演されるアーティストさんの中で1人(1組)、目的の方がいましてその方のステージが終わるまで、と事前に決めていましたので当ブログでのレポートはそこまでとさせていただきます。

会場に向かう際、道路の向こう側からヘビートをきかせたエレキギターやドラム、さらにベースのテケテケという、どことなく懐かしいサウンドが響いてるな・・・と、思い急ぎ足で戻ってみると演奏していたのは威薔薇銀蠅(いばらぎんばえ)の皆さんでした。
DSCN1665_20180913210724cd0.jpg

DSCN1666_20180913210725c05.jpg

そのバンド名から察する通り、'80sの伝説(?)のロックバンド=横浜銀蠅のコピーバンド(HPでは”トリビュートバンド”と書かれています)で、HP内のアーティスト紹介で”謎の昭和レトロオッさんバンド”と書かれているように演奏する曲も昭和を思わせる懐かしいサウンド。
でも若い連中には負けねーぜ、と言わんばかりの漲るパワーの圧倒!!
DSCN1670_20180913210730792.jpg
”生涯現役”とは彼らの為にある言葉だろうか。。。

今更ながら会場はメイン会場(国民宿舎跡)の他、本当に湖畔に用意された第2ステージもありました。
DSCN1674_2018091321201592b.jpg
メイン会場に比べるとこちらは若干、おとなしいライブでしたが霞ヶ浦を背景に演奏・・・それを観る人は音楽を聴きつつ霞ヶ浦を展望できる・・・。なんとも素敵じゃないですか

さて、”生涯現役”といえばこちらの方々もその言葉がふさわしい
DSCN1698_20180913212021bbd.jpg
超・元気なレディースロックバンド=JeanBeamの皆さん。
で、演奏している彼女たちをみると・・・。
DSCN1689_20180913212018e0e.jpg

DSCN1687_201809132120165c8.jpg

DSCN1692_201809132120198ce.jpg

DSCN1696_20180913214029eda.jpg
結構、お姉さま方ですな
カッコイイ~ッ

JeanBeamさん達は普段、横浜や都内でライブ活動を行われているとのこと。
結成から1年だって!素晴らしい
うまくいかなかったり調子が悪いことを年齢のせいにしていた今日このごろの私、JeanBeamさん達の若くてパワー溢れる演奏を聴いてそんな自分が恥ずかしくなりました。
明日を生きる元気、といっては彼女達に失礼ですが自信とパワーをいただきました
DSCN1694_20180913214027f69.jpg
元気をありがとう~!!ヾ(o´∀`o)ノ

時刻はこの頃、14:30になるかならないかという時間帯。
さあ、いよいよ”本命”登場
待ってました~!!\(^o^)/
DSCN1703_20180913214940b25.jpg
すっかり有名(?)
イバラッパーさん登場です。今回の目的はこのイバラッパーさんのステージ。
茨城県の県南、県西地域を中心としたオリジナルラップを演奏されるご当地ラッパー。当ブログでも何度か登場させていただいている方です( ^ω^ )
DSCN7770.jpg

茨城弁を使ったユニークな歌詞とそのリズム感が、ステージを熱くします。
聴いてる側もつい、ノリノリ(」*´∇`)」♪
♪つい踊っちまうべよ茨城ラップ!!(笑)
DSCN1705.jpg
♪茨城最下位、もう1回っ!
と、茨城県民にとってはシビア(?)なネタも、イバラキラッパーにかかれば楽しげに((⊂(^ω^)⊃))

今回はDJあよほーさん+初顔合わせだというパーカッション演奏の方(すみません、名前忘れました)の3つ巴戦(?)
なステージになりました。
他のライブ会場やCD、YOU-TUBE等で聴いてるのとはまた違う。特に今回のようにパーカッションが入ると格別
DSCN1708_201809132149436fc.jpg
3人の微妙な駆け引きも、ステージを楽しくします。

DSCN1715_20180913214946f5c.jpg

DSCN1716_20180913220749d3d.jpg
20~30分のライブステージはあっという間に終了。
楽しいステージをありがとうございました

当ブログのサイドバーでもリンクさせていただいておりますが、イバラッパーさんは他に”イバラキング(茨城王)”としてHP運営や関連グッズ販売、そして書籍も出版され「茨城」をPRしています。ライブ情報等も掲載されることがありますのでよろしかったら目を通されてみてはいかがでしょう?
http://www.ibaraking.com/

霞ヶ浦の湖畔を背景に行われる野外ロックコンサート。
何よりも凄いのは、これがすべて”無料”で聴けるということこれは絶対、聴かなくちゃ損です、大損!!
来年もまた、聴きにこれたらいいなあ
DSCN1630_2018091322192285e.jpg

さて、最初に告知させていただいてるとおり私が会場にいたのはここまででした。この後も素晴らしいアーティストさんが演奏をされましたがその模様をここで書くことが出来ないことをお詫び申し上げます

最後は3枚の風景写真(いづれも霞ヶ浦、1枚は総合公園のシンボル・オランダ風車)で締めさせていただきます。
DSCN1675.jpg

DSCN1680_20180913221637bed.jpg

DSCN1686_2018091322163894f.jpg

本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
10
(Mon)08:28

霞ヶ浦KOHANロックへ行ってきました!<1>

今更語るまでもない、日本で規模第2位の湖・霞ヶ浦。
DSCN1635_2018091007501239f.jpg

その畔にかつて、国民宿舎水郷という宿泊施設がありましたが数年前に営業終了とともに建物は解体。
現在、更地となっているその跡地にてロックコンサートが9月8日・9日の2日間にわたって開催されました。
毎年、恒例となっている霞ヶ浦KOHANロックです
DSCN1618_20180910075007529.jpg
※この時まだ朝早い時刻だったので、聴いてるお客さんがあまりいません^^;

いつもは7月頃に行われているイベントとの同時開催でしたが今年は独立しての開催。
私が訪れたのは1日目の午後3時くらいまででしたが、単独開催となっただけに出場されるアーティストさんも増え、内容が例年よりも濃かった気がします。
市内・外問わず数組の素晴らしいアーティストさん達が素敵な演奏を響かせてくれましたヾ(o´∀`o)ノ
DSCN1619_20180910075008363.jpg
トップは土浦市内で活躍されているバンド・Sunset Crewの皆さん。

そして、「日々かりめろ」さんも出演。
DSCN1621_20180910075009d43.jpg
県内、特に県南地域のショッピングセンター内でライブを行う一方で「茨城ロボッツ」(茨城県拠点のバスケットボールチーム)をはじめとする県内のスポーツチームの応援ソングを手掛けられたり、石岡ふるさと大使として今年8月に「八郷の山の音楽会」を主催etc、茨城県を盛り上げる為精力的に音楽活動をされてる「日々かりめろ」さん。

風のようにノリノリで爽やかな歌声は、ここ・霞ヶ浦のイメージにぴったりでした。
DSCN1624_2018091008063804f.jpg

アップテンポな曲やバラード曲数曲、お披露目されあっという間に「日々かりめろ」さんのステージは終了。
続いて登場したのは、「力士団」というちょっと興味を惹く名前のバンド。
「力士」が付くくらいだから、さぞ体格のよい大柄の男達が楽器を持って登場するのか・・・?
最初はそう、思っていました(笑)

全然、違うんだけど。って本人たちから怒られそう(笑)
DSCN1639_20180910080640338.jpg
白菜とヤンキーの町・ということで知られているらしい(?)茨城県八千代町出身のロックバンドでした。
”りきしだん”という名ですが、力士よりも”きしだん”=氣士団のパロディ的な要素の方が強かったらしい
DSCN1643_20180910080643e34.jpg

DSCN1641_20180910080641054.jpg

DSCN1644_20180910080644e45.jpg

DSCN1659.jpg

DSCN1656_20180910081026c27.jpg
ルックスはヤンキー兄ちゃんですが、ステージは至って真面目でした。
自分達の町の知名度を上げ、一人でも多くの人に知ってもらおうという気持ちそして、聴いてくれたお客さんへの感謝の気持ち。。。とてもストレートに出ていたと思います。
彼らはこの後、水戸市内のライブハウスでのステージを控え、終了後に水戸に直行されました。
八千代町をどんどん、PRしちゃってねヽ(≧∀≦)ノ

ステージはこの後もどんどん続きますが、丁度ランチタイムにさしかかろうとしていたこともありここで一旦退散。
「霞ヶ浦KOHANロック」限定品という、珍しいかき氷を戴いてからお昼にしました。
DSCN1648_20180910081023e42.jpg

DSCN1649_2018091008102507b.jpg
キラキラかき氷( ^ω^ )
氷とゼリーの絶妙なアートかき氷
メロンとブルーハワイにしたけれど、もしもいちごだったらどんな風になったのかな?
他、”麩まんじゅう”という珍しい和スイーツも食べました。
DSCN1634_20180910082445b38.jpg
これが霞ヶ浦版・”ロックまんじゅう”(笑)

1日目午前の部はここまで。
というわけで、続きます。

【特別付録】
<出演者PV>

日々かりめろ「ふるさとの贈り物」


力士団「力士ダンス」

今日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
08
(Sat)23:46

石岡まつり1週間前に

もうすぐ秋恒例の常陸國総社宮例大祭、要するに石岡まつり
今年の酷暑よりもおそらく暑い(?熱い)、石岡市の3日間が今年もやってきました。
DSCN7324_20180908231340932.jpg

DSCN7280.jpg

1週間前に迫った今日、事前情報を仕入れたいと思い土浦からの帰りに石岡駅の観光案内所に寄り道していくことにしました。
何しろ15(土)・16(日)・17(月祝)の3日間のうち、どの日に出没しようかまだ決めてなかったのです^^;
昨年は中日の奉祝祭に訪れていますから、順番からすると最終日の還幸祭となり自分の中でもこの日に訪れる可能性が高いんじゃないか、と(何故他人事みたいに言う?、笑)
DSCN1719_20180908231334675.jpg
駅もお祭りモードですよ♪
今年も山車・幌獅子の位置情報をリアルタイムで配信するサービスが行われるそうです
石岡市の公式HP(下記URL)にアクセスしていただくか、お祭り当日観光案内所やまちかど情報センターでパンフレットを入手し、そこに表記されているバーコードをスマホやタブレットで読み込みしてもらう格好になります
詳細はコチラでhttps://www.city.ishioka.lg.jp/page/page001339.html
何しろあの人ごみ、観たい山車や幌獅子があっても通行するのでさえ困難なあの中で目的物を探し歩くのは体力的にも相当、負担になるかと思います。そんな中でのこのようなシステムはありがたいですね
これを利用して、”しまった!あの町の山車を見失った!”、”あの町のが観たいんだけど、どこにいるのかなあ。。。”という問題を少しでも解決できると良いですね
DSCN5791_20170922210847bb5.jpg
そういえば今年の石岡まつりでは最終日の大神輿御出立の前に、ステーションパークで何かやるみたいですね。
最近はお祭り以外の余興がお祭りと同時開催で行われるようになっているようです。
伝統のこのお祭りも時代の変化と共に少しずつ変化しているのかなあ。。あ、それが良くないとかっていう意味ではありませんからね

さて、変化と言えば観光案内所脇のトイレを借りようとしてふと目に留まったものが
ステーションパークの丁度下にあたるスペース、バスターミナルとして利用されていたところです。
DSCN1720_201809082313358a7.jpg

「かんばん横丁」と書かれたその奥で、何やら店舗工事のような光景。
ということは、つまり・・・
DSCN1721.jpg
お店が出来るんだヾ(o´∀`o)ノ

噂は本当だったか。。。
飲食店店舗が出来る予定だという情報をどこかで聞いた気がします。多分コレ。
DSCN1722_20180908232036080.jpg
看板建築が立ち並ぶ中町通りの建築を思わせる外装デザイン
これは出来るのが楽しみだな。
って・・・なんと、OPENが今月の15日!!早っ
IMG_20180908_0001.jpg
既に観光案内所でチラシが置いてありました。
こりゃ確実だね石岡まつりに合わせてのOPEN、間に合ってよかったね☆

おお、早くも案内板が
DSCN1723_201809082320377d2.jpg

石岡駅を訪れるのが楽しみになる・・・そんな人が今後増えてくれると良いですね
2018_09
07
(Fri)19:25

アクアワールド大洗でアクアテラピー

雨となった先週日曜日、母と一緒にアクアワールド大洗へ行ってきました。
免許更新にあたり母が高齢者講習を受講し、優秀な成績を収めて講習をクリアできた賞品ということでもらってきたのがアクアワールド大洗の割引チケット。有効期限が丁度、今月末になっていましたので有効活用をする意味もあり、勉強疲れを感じていた私自身を心身ともにリフレッシュしたい!というのもあり、訪れたわけであります。
DSCN1505.jpg
前回訪れた時にはなかった亀の置物につい、反応
さあ、入りましょう。
DSCN1508_2018090623040791f.jpg

DSCN1512_2018090623040925b.jpg
雨だし、夏休み最後の日だから多分あまり混んでいないだろうという私達親子の考えは甘かった
館内はずいぶん、混雑していました。圧倒的に多いのが小さい子連れの家族。あっちで”ギャーギャ”こっちで”ピーピー”といった感じです
人ごみで観る場所を確保するのもやっと、という中どうにか観ることができました。
DSCN1514_201809062232141a8.jpg

DSCN1526.jpg

大きな水槽の前では、夏休みならではの限定企画ということで演出も凝った楽しいショーを披露。
イルミネーションも施され、結構楽しめました
DSCN1527.jpg

お昼近くになると、ますます混んできました。
どんどん、進んでいかなければ。
DSCN1529.jpg
DSCN1530_201809062243072aa.jpg
新入りさんだね。

落ち着いて観察してみると、”あれ?こんなのいたっけ?”と新発見するような生物も結構いました。
DSCN1532_2018090622414265e.jpg
DSCN1533_20180906224144ee1.jpg
・・・ってことはおい、共存させておいて大丈夫か?

これは毒を持ってます
DSCN1563_201809062257465b7.jpg
触れたら超・危険

アクアワールド大洗は、サメの収容数日本一って知ってましたか?
DSCN1539_201809062241453f4.jpg

熱帯魚水槽にいる生物は、色がカラフルでたくさんいるから観ていて綺麗です(*´∀`人 ♪
DSCN1545_20180906224147b1d.jpg

DSC_0834.jpg

DSC_0836.jpg

DSCN1568_20180906224749f61.jpg

熱帯魚水槽でたっぷりと癒された後は、お楽しみのイルカショー
やっぱりこれを観なくちゃね♪
DSCN1583_20180906224751e93.jpg

オープニングで調教師の人達がイルカに乗ってサーフィン
DSCN1585_20180906224752a28.jpg
気持ちよさそう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そして、飛んだあ!!
DSCN1591_20180906225332787.jpg

最後は観客にサービス?!
DSCN1613.jpg
たっぷり飛沫を上げて、お客さんを濡らしちゃう”お約束”?!
笑いと感動のショータイムもあっという間に終了です。
イルカさん、アシカさんありがとう

アロマテラピーならぬ、アクアテラピー。
光と影、イルカとアシカの可愛いしぐさに癒されたいっぱいのショータイム。
こんな日を過ごすのも、時にはよいものです

◆アクアワールド大洗水族館
http://www.aquaworld-oarai.com/news/25089

最新イベント情報や混雑情報等、お得な情報が掲載されていますので遊びに行かれる際には要チェック

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
2018_09
06
(Thu)22:14

那珂湊海上花火大会9月8日(土)開催!

~記事に入る前に
皆さんも既にご存知のとおり、今朝3時7分頃北海道にてM6.7、震度7の強い地震が発生し現在でも余震と広範囲で停電等の被害が起っています。
震災に遭われた北海道の皆さん、心より御見舞申し上げますと同時に亡くなられた方におきましては謹んでお悔やみ申し上げます。
現在、安否が不明な方におきましても1刻でも早く確認でき1人でも多くの命が救われることをお祈り申し上げます。

西日本の豪雨や台風被害もあり、今年は災害と事故のなんて多い年でしょう
わが茨城県では本日午後、神栖市の工場で爆発事故が起き1人の方が亡くなり1人の方は重傷を負われました。
その数週間前、桜川市で採石場にて爆発事故が発生しその時に仕事をしていたドライバーの方が行方不明となりました。
天災・人災はいつ降ってくるか解りません。私達にも突然の災害に巻き込まれる可能性はあります。突然発生する自然災害は防ぎようがないかもしれませんが、心がけひとつで少しでも被害を軽減することは出来るはずです。それを忘れずに日々、気をつけて生活していくしかないのかなあ、と今回の件であらためて感じました。

さて、と。前置きが長くなりました
9月8日(土)、つまり今週の土曜日にひたちなか市の那珂湊漁港にて第31回那珂湊海上花火大会が午後7時より開催されます
FB_IMG_1536223786036.jpg
本来、8月8日(水)に行われる予定だった花火大会。台風によりその日は中止になりましたが1ヶ月後の9月8日に行われることとなったのです
つまり、”やり直しの花火大会”ってところですねヾ(o´∀`o)ノ
キャプチャ

タコや魚の花火が上がるって
[広告] VPS

↑イメージでひたちなかまつりの時のものを使用しています。

陸地ではちょっと見られない、漁港ならではの”仕掛け花火”(?)、水中花火は必須です
水面が突然、弾けるようにぱあーんと花開く様は迫力です
これは是非、観ておかないと!
IMG_1805_20120819202322.jpg
2012年8月撮影
よろしかったら動画も
[広告] VPS


”こんな時に花火だなんて不謹慎な”と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも花火には人の心を癒す力と、亡くなられた方への慰霊の意味があると以前聞いたことがあります。実際、毎年10月に開催される土浦花火大会のルーツは、殉職した海軍航空隊員に対する慰霊の意味を込め寺の住職だった方が私財を投じで花火を打ち上げたことから始まったと言われています。
だから、あえて書かせていただきました

「今年の夏はちっとも花火を観られなかった!」
「夏休みと言っても、夏らしいことしなかったなあ。。。」
という方、那珂湊の花火鑑賞で「平成年号最後」の”名残の夏”を締めくくってみては?



くれぐれもお出かけの際は、事故などのないようお気をつけてお越しください!
お車でのご来場は大変、混雑しますのでなるべくでしたら公共交通、特にひたちなか海浜鉄道(那珂湊駅から徒歩約10~15分)をご利用になられることをお勧めいたします(^-^)/

帰りも大変、混みあいますのでどうかお気をつけてください
特に、この日は那珂湊駅もかなり混雑します。往復切符をご購入の上、時間に余裕を持った早めの行動をされることを強くお勧めします。

以上、過去の経験から告知させていただきました(*^-^*)ゞ

本日も御訪問・御来店誠にありがとうございました!
2018_09
01
(Sat)23:22

ランキング発表と今後について

今日から9月。2018年も残り4分の3に突入、つまり完全に後半戦ですね。
何かと異常気象やら災害やらで騒がしい、平成最後の年となっているようですがせめてこれからは何事もなく過ごしたいものです

自己満足でしかない自分の為(?)の市町村記事ランキング、発表します。
1位は5月に中間発表させていただいた時に同じく、石岡市でした
ブログランキング2018-8-31現在
DSCN0818.jpg
2連覇?いいえまだ年末を迎えていません。
この4ヶ月の間にどうなるか、それは私にも解りません^◆^;
巻き返しを狙う町が。。。(笑)
DSC_0247_20180901230939fdd.jpg

さて、トップ初登場の町が登場しました
城里町です。
城里町初10位
10位の座を守ってきた大洗町を抜き、堂々のランクイン

さて、残念ながらトップ20位内に入らなかった街に注目してみます。
もう少しでベスト20
この中でも目覚ましいランクアップを成し遂げたところがあります
それは、常総市!ブログランキングを始めた当初は40位台、せいぜい38位か39位くらいで後ろから数えた方が早かった町です。
それがなんと、この1年でぐんぐんランクを上げ一気に20位前半に
DSCN9366.jpg
凄いな~、すごいな~、誰が票(拍手)を入れてくれたのかな~?なんてね(笑)
年内20位ランクイン、なんて可能性もなくはない?!
でも。。。
↓   ↓   ↓
ここからは当ブログの今後について告知させていただきます。
サイドバーにも表記しているとおり、来る9月22日(土)よりブログの更新をお休みさせていただきたいと思います。
それまでは通常通り更新を続けさせていただきますが今月15・16・17に行われる石岡まつり(常陸国総社宮秋季大祭礼)を最後に茨城記事収集の活動をストップさせていただきます。
DSC_0766_20180901225203a77.jpg
休止期間は約1ヶ月(予定)、ブログ開始以来初の「トップ記事=スポンサー記事」を経験することになるかと思います。
既に裏ブログやフェイスブックで書いていますが10月21日に、”私の人生が変わるかもしれない大イベント”を控えておりまして現在、その為の勉強をしております。ほぼ毎日更新から週2,3日のペースに更新頻度が落ちたのもそんな理由からです。
これまではどうにか両立という方法を取らせていただいていましたが、”運命の10月21日”まで残り50日をきった今後、それさえ難しいと判断し、”長期休止”を決めました。

アクセス数の傾向や、自分自身の事情によりもしかすると長期休止がそのまま引退になる可能性もあります。現在使用しているFC2を去り、別なサーバーで気持ち新たに1から書いていこうかという選択肢も考えております。
でも出来ることならせめて、今年まだ未訪問な市町村も訪れておきたい。。。
DSCN3702_20180901232141b45.jpg

なにはともあれ、今までどおりにはいかなくなりましたが何卒よろしくお願い申し上げます