FC2ブログ

つちうら亀の市へ行ってきました!

今日は「昭和の日」。「平成」の年号もとうとうあと1年で交代することになりますので「昭和」という時代も、はやふた昔前ということになりますね。完全昭和人間である私は、来年5月以降に生まれた人達にすれば2つも前の時代。
つまり、私たちが幼い頃まだ健在だった明治の年号生まれのおじいちゃんおばあちゃんらを見る感覚と同じになるわけか
・・・と、真剣に考えてしまいました(笑)
DSCN5259_20180429204621d70.jpg

さて、「昭和の日」にふさわしいイベントが土浦市の中城通りにて開催されました
DSCN9523_20180429204623915.jpg
場所は”まちかど蔵”や旧水戸街道と呼ばれる通称:中城通り。
不動尊のある小さな参道が商店街に変身しました
DSCN9525_20180429204624ada.jpg

DSCN9526.jpg

お不動さん前もこの通りです
DSCN9530.jpg

冷たいお飲み物はいかが?
DSCN9532_20180429210211668.jpg
縁日広場となった中城通り周辺の様子を、ラムネを飲みながらゆっくりと散策してみることにしました。
瓶の中に入ったビー玉に手こずらされ、何人かの助けをいただいてようやくの開栓でしたが(笑)
DSCN9539.jpg
これぞ、昭和のソウルドリンク(笑)
皆さんはコーラ派ですか?
昭和の日にふさわしく、古書も登場!!
DSCN9527_20180429204627ba7.jpg
土浦駅近くの古書専門店、土浦古書倶楽部さんも協力出店です。
結局買わなかった「のらくろ」シリーズ単行本、後でお店に買いに言っちゃお

他、アンティーク雑貨やハンドメイド商品の販売とか。。。
DSCN9528_20180429210208124.jpg

DSCN9535_20180429210214cc9.jpg

DSCN9564.jpg

DSCN9559.jpg

DSCN9558_20180429210335c10.jpg

ステージイベントも開催♪
DSCN9554_20180429211225ec4.jpg
なんと、参拝所がステージになっちゃった
「亀の市」でしか実現できません。

普段、通り慣れてるはずの中城通りとお不動さんの参道。
いつもは静かな界隈ですが、こういうこともしていたのですね

まちかど蔵・野村さん前では昔の遊び道具も用意。
DSCN9540.jpg

暫くすると、チョンチョンチョン・・・と響く拍子木の音。
これはもしやと駆け寄ると、紙芝居
よし!昔の子供になったつもりで見ていこっ
DSCN9571.jpg
愛知県名古屋からはるばるお越しくださった、紙芝居師の寿さん。
ユーモアを交えた、とても楽しい紙芝居ショータイムが行われました。
紙芝居が始まる前の、軽いクイズタイムなど。
クイズに答え正解した”よいこ”には、御褒美(キラキラシールとかキャラクターカード等)がもらえるのです
DSCN9573_20180429211817643.jpg

・・・”よいこ”と呼ぶには少々(?)、年齢が大きい方も
DSCN9574_201804292118183e0.jpg
この場に集まったら大人も子供、という前提ですから
たまにはこういうのも面白いよね♪

盛り上がったクイズタイムも終わるといよいよ、本題に入ります。
演じる物語は、定番のアレ!
DSCN9572.jpg
ではなくて

土浦限定:オリジナルストーリーでした。
なんと、ここ土浦上演の為に作られた”初公開”作品だとのこと
DSCN9576.jpg
昭和4年に「ツェッペリン号」が霞ヶ浦に降り立った時の物語でした。
題材が題材だったこともあり、子供たちよりもむしろ、大人たちの方が真剣に見ていたようです。
DSCN9579_20180429213256469.jpg

これ↓ご存知ですか?
DSCN9580_20180429213840add.jpg
紙芝居終了後は”カタヌキ”に挑戦!
綺麗に剥がせたら景品がもらえるのですが残念ながら失敗しました

TVが一般家庭に普及してから紙芝居が少しずつ減少し、国内殆どの地域で紙芝居屋さんが拍子木を打ち子供たちを呼び寄せる光景が今ではほとんど見かけなくなりました。
それから半世紀以上が経ち、今時の子が手にしているものはゲーム機やスマホの端末。
時代の移り変わりと共に子供たちの生活や風習も変わっていく中で、こうして1世代、2世代前の人達と交流していくことはとても素敵なことだと思います
知らない世代には新鮮さを、知る世代には懐かしさを。
それぞれ思いは違うからこそ、お互いの世界を知り交流が深まると共に自分自身も新たな経験をしていくのかな
・・・ちょっと堅いことを言ってしまいました、失礼

時間の都合で最後までいることはできませんでしたが、初めての「亀の市」は想像以上に素敵なイベントで、心から楽しませていただきました
とても充実した「昭和の日」だったな

最後にクイズなど
こちら↓は、紙芝居前のクイズタイムで出題された問題です。
画像を見て、都道府県名を当ててください
DSCN9575.jpg
「てっぽう うったら ●●県」
さあ、”●●”に入るのは何県でしょう?
解った方はコメント欄にお願いします
こんな風に解きます↓
(例題:「あいたた!ころんだ ●●県」=「あいたた!ころんだ おおいた県」→正解・大分県)
(難しいのでヒントなど:てっぽう(鉄砲)を上空に向かって打つと?)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2018/04/29 22:04 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

初めての乗馬体験~乗馬クラブ クレイン竜ヶ崎へ行ってきました!

6日ぶりの更新となります
今日からいよいよ、大型連休が始まりましたね。当ブログをご覧になられている方の中には5月6日まで9連休という方も、もしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか。。。
お休みの方もそうでない方も、GW中はイベント等も多く観光スポットのある地域はかなりの混雑がう予想されます。くれぐれも移動中、事故や怪我の無いよう気をつけてお過ごしくださいね

さて、私にとって今日は人生初体験の日となりました。
なんと
乗馬を体験してまいりました!
DSCN9516_20180428213357186.jpg
龍ヶ崎市にある乗馬クラブ クレイン竜ヶ崎にて。
北海道と沖縄を除く、国内全域にわたって配置されている会員制乗馬クラブ クレイン
茨城県では龍ヶ崎市とつくば市にあります。初心者からプロの騎手を志そうとしている人まで指導してもらえるということで人気の乗馬スクールです。先日、常磐線の某駅で受けたアンケートをきっかけに”馬に乗れる機会なんて滅多にないし面白そう!”という、軽~い気持ちで体験レッスンを応募してみました

といっても、正直始まるまではどきどき。。。(・・;)
到着した時は心臓バクバクでした(笑)
DSCN9522.jpg
馬の御機嫌を損ねたらどうしよう。。。
振り落とされたらどうしよう。。。とか

そんな不安(誇大妄想?)を抱えつつもベストとヘルメットを着用し、ロングブーツを履き担当トレーナーさんのエスコートで馬舎へ移動。パートナーと御対面していよいよサークルの中へ。
DSCN9515.jpg
ビギナーレッスン用のサークルは屋根付きですから、万が一雨でも大丈夫。
恐々と馬の背中に乗った瞬間・・・ゆ、揺れる
相手は生き物、自転車やバイクにまたがるのとは訳が違う!動いて当たり前!
・・・そう割り切っていてもやっぱり不安で全身,ガッチガチ(((・・;)))
「表情、堅いですねえ。。もっとリラックスしましょう。出来れば笑顔で!」
トレーナーにそう言われるも、手綱を持つ手がコチコチ(笑)
こんなんで大丈夫か?
DSCN9518.jpg
ちなみに私のパートナー:レイチェルは女性♀

はじめ、馬の背中に乗り背筋を伸ばすことさえ出来ずにいた私も、サークルをゆっくり1周しながら手綱の扱い方、馬を動かす方法や止める方法を教えていただき3周廻る頃にはなんとか”様”になってきました。
最後には軽いジョギング程度の走りも。
・・・競馬選手も最初はこんな特訓をしていたのかなあ。。。と、後半は心に余裕もできたせいか馬を操作しつつそんなことを頭に思い浮かべながら馬との時間を楽しみました。
DSCN9520_20180428220838684.jpg

DSCN9521.jpg
後半には撮影用のポーズも撮れるくらいに
でもまだまだ、一人では乗れません^◆^;競走なんてとんでもない、少なくとも暴れん坊将軍になるのには毎日レッスンを受けたとしても1年以上はかかるかなあ。。。(笑)

スリルと緊張のメリハリのある時間もあっという間に終了となり、ホットするのと同時に少々名残惜しさも。
また乗りたいなあ・・・と思いつつも、入会金や年会費さらに諸費用そして今後の私のスケジュール関係の問題(実は金銭的なことよりもこちらの方が問題)等があり、肝心の入会につきましては残念ながら今回は見送ることにしました

やっぱり、宅建試験が落ち着くまではちょっと・・・あ、言っちまった

とにかく、初めての乗馬は最初極度に緊張したものの、本当に面白かったです。
馬とのふれあいもさながら健康的にも両足を締める為普段使わない筋肉を鍛えられるし足腰も腹筋も鍛えられ、ダイエット効果にも良いそうです
そして、馬は自転車等と違って生き物ですから人間のように”意志”で動く動物。御機嫌が良くない時もあれば痛みも感じます。ですから”世話をする”必要がありますし、褒めたりなだめたりすることも重要ですし命の大切さも学べますね

なんといっても、馬の背中から見る景色は新鮮味が感じられる・・・・

取りだしましたるは、るるぶ特別編集龍ヶ崎
IMG_20180428_194930.jpg
この小冊子にも紹介が掲載されています
IMG_20180428_194920.jpg
県外、特に東京あたりから定期的にレッスンに来られている方も多くいらっしゃるとのことです
皆さんも乗馬体験してみませんか?

乗馬クラブ クレイン
https://www.uma-crane.com/

クレイン竜ヶ崎
https://www.uma-crane.com/map-ryugasaki-course/


竜ヶ崎駅から車で15分
佐貫駅から車で最短16分(国道6号経由)/車で18分

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/28 22:39 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

オクトーバーフェストが今年も日立にやってくる!

真夏日となった今日1日、皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。
来る4月25日~5月6日も、今日のようにカラッと晴れた温かい(?暑い)日ならば、ビールもさぞ美味しいでしょうね
ドイツビールの祭典、オクトーバーフェストが今年もまた日立で開催されることになりました
IMG_20180415_0005.jpg

4月25日(水)~5月6日(日)の12日間、日立シビックセンター新都市広場が屋外バーに変身します。
期間中の平日 15:00~20:30(ラストオーダー20:00)、土日祝日は12:00~20:30(平日・土日祝日いづれもラストオーダーは20:00)
今回は第2回目の開催とあって、前回以上の盛況が予想できます。
数種類の本場ドイツビールの他、オリジナルビールも登場するとか?
DSC_0737_2.jpg
他、日立市をはじめ近隣の高萩市、北茨城市のグルメも出店されます。
おつまみとして味わってもよし、ビールが飲めない方はこちらを目的に来場されるのも良いでしょう

又、スペシャルゲストも来場です。
FB_IMG_1523014800864.jpg
昨年に引き続き、泉水いずみさんにIBS(茨城放送)パーソナリティを務められたジェームス英樹etc、さらに5月5日・6日は納豆の妖精ねばーる君も!!ヽ(≧∀≦)ノ
みんなでドイツの乾杯の歌を歌って乾杯します。そして飛び入りで楽しいアトラクションにも参加できます。
DSCN2878_20180422213037316.jpg
どうせ飲むなら楽しく飲もう!!
せっかくみんながいるんだから、みんなで盛り上がって楽しく飲もうではありませんか
FB_IMG_1493444773562.jpg

※未成年の方、お車を運転される方の飲酒は法律で禁止されています。くれぐれもご注意ください!
又、昨年参加した経験から申しますと、1杯分が結構大量です(大ジョッキ位)。体調や酔い加減に応じて絶対に無理して飲むことのないよう、ほどほどに飲まれた方が良いかと思います。ましてや一気飲みなどもってのほか!
何卒、御気を付けください。

以上、一参加者として”ちょっとこれは気をつけた方がいいんじゃないの?”と思ったことを警告がてら書かせていただきました


日立オクトーバーフェスト2018
情報はこちらで(facebook)→https://www.facebook.com/hitachioktoberfest/


昨年、参加した時の記事も参考までに。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-3046.html

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/22 22:04 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

GWはお城で遊ぼう!~がんばっぺ常総フェスティバル2018が開催されます

もうすぐ大型連休GW。みなさん、連休中のご予定はもう、お決まりですか?
今年のGWは、お城で遊んでみませんか?
え?どういう事ですって?
それはですね
DSCN9368.jpg

既にTVやラジオのインフォーメーションで御存知の方もいらっしゃるかと思いますが来る4月28日~5/6(最終日のこの日は閉会式のみ)、常総市の地域交流センター(豊田城)で熱~いイベント、その名も
がんばっぺ常総フェスティバル2018が、開催されることになりました
IMG_20180415_0003.jpg
3年前の大洪水で甚大の被害を被った常総市、災害で傷ついた街を元気にしようという取り組み=地域活性化運動がここでは近年積極的に行われていて、このイベントもそうした目的だと思いますが今回はなんと、強力で頼もしい助っ人も参上!!
ミュージシャンや俳優で活躍されている、泉谷しげるさんがこのイベントに協力してくださるというから凄い
泉谷さんと一緒に行う体験コーナー(ごめんなさい、こちらはもう応募締切しました)や、アート展(館内で期間中随時開催)、そして全力ライブ(有料)等が行われます。

そして見逃せないのが、常総グルメフェア(4月29日(日祝)・30日(振替休日))
幻(?)のB級グルメ、スタッペ丼が帰ってくるらしい。。。
DSCN0287_201804212250364dd.jpg
常総の美味しいお米、野菜等をたくさん食べて体力(スタミナ)をつけっぺ!という意味で生まれたメニューだそうです。これは食べるっきゃない

GW期間中、私も楽しみにしているイベントなので告知させていただきました!
勉強の合間に遊びに行こぉっと♪
DSCN3087_20180421225038676.jpg
スケジュール
ステージイベントやマルシェも開催!
最終日までお城で楽しめそうですよ

IMG_20180420_0001.jpg
駐車場も完備、鉄道利用ですと関東鉄道常総線石下駅から徒歩で大体15分くらいです。
お車ならば圏央道常総ICから5分、常磐道土浦ICから30分です。
GW中、混雑・渋滞等が予想されますのでお車でお越しの方はくれぐれもお気をつけてお出かけください

詳細はこちらで(がんばっぺ常総フェスティバル2018関連HP)
http://ganbappe-joso.com/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/21 23:10 ]  常総市 | TB(0) | コメント(0)

もつの屋

水海道駅から関東鉄道に乗り小絹駅で下車したのにはちゃんと目的がありました
なぜかこの日のランチはラーメンが食べたくなりまして。勿論、千姫まつり会場でもラーメンは販売されていましたがお店の椅子に座ってゆっくり落ち着いて食べたかったのです。
どうせなら珍しいところへ、と思って白羽の矢が立った場所が小絹駅から徒歩約8分の場所にあるもつの屋さん。
DSCN9313_2018042021221647c.jpg
”牛すじ”や”もつ”を具に使ったラーメンが食べられる、珍しいお店ということで興味を持ちました。
特に、”塩もつそば”が人気メニューだということです。
迷わずこれをオーダーしました。
DSC_0386_201804202122114f9.jpg

これが”塩もつそば”。
あっさりとしていて美味しそう♪
DSC_0387_2018042021221231e.jpg
では、いただきます

なるほど、もつがたくさん入っています
DSC_0388_2018042021221311f.jpg
噛めば噛むほど味が出る・・・
もつのだしも出ていて、これは体力つきそう!!
なんだか血の巡りも良くなってきた気がしました

塩味は本当にあっさり味です。
もう少し”濃厚さ”を求めるならば辛味噌味もいいかな?次回来店したらこれ食べよ♪
国道294号沿いだし駐車場も広めで車でも立ち寄りやすいお店です。
珍しいラーメンの味を求められる方にお薦めですね
”もつ”が苦手でない方は是非!!
DSCN9311_20180420212215462.jpg
食べログ紹介ページ→https://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8001845/

ここで余談ですが、”乗り鉄大好き、ラーメンも大好き!”と言う方に朗報です
もう御存知かもしれませんが現在、関東鉄道常総線沿線ではお得なラーメンスタンプラリーというイベントが開催中(~5/20(日)まで)です。
IMG_20180415_0002.jpg
ラリー対象となるラーメン店の最寄りの駅で下車したらその駅のスタンプを専用の用紙に押して目的のお店に行き、ラーメンを注文してお店のサービス(お店によって違います)を受け、ラーメン店のスタンプをもらいこれを3駅3店または8駅9店繰り返します。
スタンプの溜まったカードを関東鉄道企画課へ郵送し(スタンプカードはそのままポストカードになっていますので、切手を貼って送れます)、3店舗ならば抽選で9店舗ならばもれなく関東鉄道オリジンルレンゲがもらえるそうです
詳細はこちら→http://kantetsu.co.jp/event/stamp_201803.html
DSCN9321_20180420214155f70.jpg
対象店の中には、今回記事で書かせていただいたもつの屋さんも含まれています。
他、老舗の名店もエントリーされていますので、”興味はあるけど行ったことないなあ。。。”という方はこの機会にいかがですか?

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/20 21:51 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(0)

小絹駅の付近を歩いて

日にちを約10日ほどBACKさせまして。
千姫まつりが開催された日に乗り鉄をした時のお話を。
水海道駅から関東鉄道常総線取手行きに乗車し、1つ先の駅で下車しました。
下車した駅は小絹(こきぬ)駅。
DSCN9300.jpg
一部ログハウス風でとんがり屋根のメルヘンチックな小さな駅。
この可愛らしい外装をおそらく、関東鉄道沿線ガイドか何かで目にして以来、気になっていた駅です。いわば、駅舎に惹かれて下車したかな、といった感じでしょうか
改札口天井はこんな感じ。
DSCN9297_201804192105462ca.jpg

ホームとその周辺も、緑に囲まれていたって静かです
DSCN9294.jpg

DSCN9298_20180419210548902.jpg
無目的でここに来たわけではありません。”ちょっと行ってみたいな♪”というラーメン屋さんがありましたのでそこまで歩いてみることにします。
駅を後にしてからわずか3分歩くと立体歩道橋につきあたり、そのそばに咲いていた八重桜が目に留まりました
DSCN9302.jpg

優しい色合いの八重桜が満開
DSCN9303_20180419212756b21.jpg

まさかここでお花見出来るなんて
DSCN9304.jpg

既に葉っぱが色褪せてきていました。4月8日の時点でこの状態でしたから今頃は開花も終えているでしょうね
DSCN9320_201804192131591e5.jpg

DSCN9318_20180419213157942.jpg

DSCN9317_20180419213156777.jpg
このすぐそばが国道294号です。比較的交通量の多いバイパスですからこの八重桜も毎日毎日、排気ガスと埃をたくさん吸っているはずですが、こんなに綺麗に花咲かせているなんて。。。

歩道橋の下を見ると、謎のオブジェクト。
誰が作ったのか、赤ちゃんの石造です。
DSCN9306_20180419212801752.jpg

DSCN9305.jpg

DSCN9316_20180419213154426.jpg
どういう意味でこれが造られたのか、説明らしきものが書かれていませんでした。
ますます、興味が湧きます。

そうそう、”謎”といえば。
歩道橋からさらに100mほど進んだところにケーズデンキがありますが、そこにお稲荷さんのようなものがありまして。
DSCN9308.jpg

「三峰神社」と書かれていますが、何故この場所に?
勿論、由来等は添えられていませんでした。
DSCN9309.jpg

DSCN9314_2018041921473836a.jpg
非常~に興味があります。でもいくら調べてもそれらしきことが書かれているところに辿り着けませんでした。
ますます、気になって仕方がない(>_<)
どうして、また何の為にここにあるのか?
三峰神社とは一体、何者なのか?情報急募(笑)

すみません、冗談抜きでどなたか情報をお願いいたします

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/19 21:53 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(0)

春の土浦スタンプラリー開催中!

あ~あ、不覚(>_<)せっかく土浦市立博物館を訪れたのに
「打上花火で、はい、ポーズ!」写真撮影の時、うっかりウエストポーチを外さないままその上に法被を着てしまいました
おかげで、お腹ぽっこり。超太っているように写ってる私気が狂うほど後悔
DSCN9501_20180418213430fd3.jpg
「外しても外さなくても変わらないだろ」と言うのはやめてください!傷つくから(笑)

・・・って、不覚というのはそのことではなくて。
地元の方には、「なんだ、今更かよ」と文句を言われそうなお話です。
現在、5/6まで市立博物館企画展「花火と土浦Ⅱ」が開催されているということは先日書きましたが同時にこんなイベントが行われているようです
DSC_0414_20180418213425582.jpg
イオンモール土浦と市立博物館の共同企画で、「春のスタンプラリー」というイベントが開催され市内5か所の対象施設を巡りスタンプを集めて応募すると、なんと抽選で2018年第87回土浦全国花火競技大会招待券が6組(1組2名)の方にもらえちゃうという素敵な企画
不覚だと言ったのは、このチラシが企画展パンフレットに挟んであったのに気付かず、市立博物館に寄ったにも関わらずにスタンプを押し損ねたことです今月中にまた行かなくちゃ

超、運が良ければシャッター画のつちまるのように、花火が当たる・・・?!
DSCN9484_20180418213428c53.jpg

DSCN9483_2018041821342712c.jpg
ダメもとで応募してみるか、うん
でも翌日が公開模擬試験だな。。。。いや、そんなことは当たってから心配することだよね(笑)

イオンモール土浦では5/6(日)まで、「土浦の花火ポスター・パンフレット展」が2階サンマルクカフェ前にて行われています。
お買い物の際にちょっと立ち寄られてみては?
春の土浦スタンプラリー (イオンモール土浦インフォーメーションページ)

ここからは余談です
話題のサイクリング拠点:りんりんスクエア土浦も駅ビル1階にOPENし、レンタサイクル業務もスタート!
自転車は借りないけれど、先日土浦を訪れた際ちょっとだけ見学させていただきました。
DSCN9479.jpg
カフェ(タリーズ)も併設。入口付近にサイクリングMAPや市内・外の観光案内パンフレットも常備されています。
今年暮れまでには上の階も順次OPENし、フードコートや宿泊施設も出来るということですから楽しみ
なんだか、土浦駅だけで過ごせちゃいそうじゃないですか
http://www.perch-tsuchiura.com/playatre/
DSCN9508.jpg
早く利用したいなあ。。。(^0^)♪
DSCN9512_201804182134311ef.jpg

DSCN9509_201804182150285eb.jpg
土浦駅にとってはサイクリングリゾート施設併設駅として初めて迎える大型連休ですね
連休中は観光地に人が集中してしまうせいか、例年街中(勿論、土浦に限らず)は静かになりますが果たして今年はいかに?

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/18 22:14 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

星乃珈琲店のスフレドリア

東京都を中心に北は北海道、南は鹿児島県、海外ではシンガボールとマレーシアに店舗を持つ珈琲チェーン、星乃珈琲店
茨城県内唯一の店舗となる水戸店がOPENしてから大体、4,5年位(?)になると思いますが実は先日、初めて来店しました。
DSC_0412_20180417210213fa3.jpg
この日、19:00より用事がありましたので会社を出てからその時間までの間に利用しました。
夕方は意外と空いています。
落ち着いた内装と、静かに流れるピアノのメロディー。
癒されるぅ~
DSC_0403_20180417210207737.jpg

気になるのはここのコーヒー。
ブレンドと、夕食も兼ねたフードも合わせてオーダーしました。
DSC_0404_201804172102083a5.jpg
オムライスもビーフシチューも捨てがたかったけれど、”スフレドリア”というのが気になりましたし、”お店のおすすめ”のようでしたのでこれに決まり。

最初はコーヒーから。星乃珈琲、初心者ですから当然、注文したのは”星乃ブレンド”。
挽き立ての豆をハンドドリップで丁寧に煎れたコーヒー、だとか。
DSC_0405_20180417210210bd5.jpg

いただきます!
DSC_0406.jpg
酸味の少ない、なめらかで上品な味です。
コクもおとなしめですが良い味

さあ、お待ちかねの”スフレドリア”登場
DSC_0407_20180417213123bfd.jpg
つい、”わおっ!”と叫んでしまいたくなるこのボリューム!!

ナイフで切り込みを入れたら風船のように萎みました。”風船”の正体はふわふわの玉子焼きです。
DSC_0409_2018041721332374d.jpg
オムレツでもない、メレンゲでもない不思議な味。。。。
作り方が気になったけれど、きっと手間かかるだろうなあ。。。
そして、中から出てきたのは・・・
DSC_0410_2018041721312594b.jpg
ホワイトソースと一緒にケチャップライス
チキンライス、大好き♪
軽くいけちゃうかな?と思いきやとんでもなかった
結構、お腹一杯になりました。

他では味わないメニューを食して、満足でしたが他のメニューも気になります。
スフレパンケーキがこのお店の人気メニューのようですので、次回来た時食べてみましょう
DSC_0411_2018041721374929c.jpg

ここからは業務連絡になります。
来る4/23(月)より、資格取得の勉強を本格的に始める為週2回夜学に通うことになりました。
その為、昨日の記事の最後の方でも触れていますが、4月21日以降更新頻度がこれまでよりも減ります。
特にゴールデンウィーク以後は、異例の長期休暇を取る可能性もあります。
10月いっぱいまでそんな状況となりますが、御了承ください

星乃珈琲店
茨城県水戸市笠原町302-1 1F 平日 9:00~21:00(LO 20:30)
土日祝 8:00~21:30(LO 21:00)
モーニング Open~11:00
ランチ(平日 ) 11:00~15:00 029-291-7373



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/17 21:52 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

鯉のぼりと花火~亀城公園

昨日の悪天候の中かすみがうらマラソンに出場された皆さん、大変お疲れさまでした
そのマラソン大会の前日に、取手の帰りに土浦で寄り道などした私
暫くこの駅で下車しないうちに、ホーム待合室がカッコイイデザインに良くなっていてびっくり
DSCN9472_20180415232916c15.jpg
サイクリング拠点の駅となり、日本初にして最大級のサイクリング施設を持った土浦駅にふさわしい待合室です

土浦駅改札口付近は、たくさんの鯉のぼりが飾られていました
今年もまた、その季節になったのですね。
DSCN9475_20180415230554a89.jpg

DSCN9477_20180415230555c74.jpg

DSCN9478.jpg

そしてそれは街中でも
DSCN9482.jpg
シャッターに描かれた、つちまる&キララちゃんのイラストが可愛い
さらに歩き、亀城公園へ。
ソメイヨシノは勿論、咲き終わりましたが代わりに今は八重桜やツツジが楽しめます。
DSCN9486_20180415231051d03.jpg

DSCN9490.jpg

お堀にはやっぱり鯉のぼり
DSCN9487_20180415230846551.jpg
数日前の強風で沈んじゃった?( ̄▽ ̄;)

DSCN9492_20180415230847519.jpg

DSCN9493.jpg

DSCN9495_201804152308493fa.jpg
この日も少々、風が出ていた為こいのぼりたちは元気に泳いでいました。
ツツジと八重桜、お堀のこいのぼり、そして緑深き亀城公園。
市立博物館方向へ向かうと、藤棚の藤も満開でした
DSCN9498_20180415232739b2a.jpg

DSCN9505_201804152327434c1.jpg
たくさんの花が咲き揃う今の季節も、観光するなら狙いどきかもしれません。
さて、現在市立博物館では企画展:「花火と土浦Ⅱ」が開催中。
IMG_20180415_0001.jpg
Ⅰの方は見逃してしまいましたが今回は見ていきたいと思い、入館してみました。
今回はもう一つの花火行事ともいえる、旧新治村エリアで毎年お盆の頃に行われる伝統行事:からかさ万灯についても取り上げられていました。館内Fには実物大のからかさとスクリーン上映が流れています。

資料展示の方は撮影禁止ですが、このコーナー↓のみ撮影OK
DSCN9499_20180415232740468.jpg
1F受付前に設けられた花火筒と法被。
法被を着て花火玉を持ち、筒のそばに立てばあなたも花火師
是非、お試しください
DSCN9502_20180415232741ce9.jpg
この博物館の企画展を見て花火についての知識を豊富にした上で、来る10月の土浦花火大会に臨めば楽しみも倍に
5月6日までの開催です。家族そろって是非、お出かけください。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

※お知らせ
今月4/21(土)以降、事情あり更新頻度を減らします。
何卒ご了承ください。

 [ 2018/04/16 17:33 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

茨城のお酒が集った日~SAKEMEETING2018

取手駅西口の駅ビル、ボックスヒル取手。
この4Fのとあるスペースが、日本酒BARに大変身!!
DSCN9457_20180415111523d5a.jpg
ようこそ!SAKEMEETINGへ

DSCN9456_20180415111521409.jpg
中村酒店さんの主催によるイベント、SAKEMEETING2018が先日4月14日(土)、盛大に開催されました
中村さんで取り扱われている商品をはじめ、県内13酒造店の”自慢逸品”やこの場でしか飲めない、この日の為の秀逸な商品(酒)が一斉に集いました。
DSC_0396_201804151115171e0.jpg
受付周辺だけで既に熱気が漂っています。おつまみ、お弁当等は持ち込みOK、やるぅ
週末の昼間のデパートの光景だと思うと、なんだか凄いね(笑)
DSCN9447_201804151115199e4.jpg

酒類は全部で39種。お酒に魅せられて集った人の数は、ざっとみてお酒の約5倍以上?!
勿論、私もその中の1人
DSCN9451.jpg

DSCN9449_201804151137433a6.jpg
水戸市:明利酒類「水府自慢」 今回は飲めませんでしたが^^;

茨城県は農業の県です。温暖な土地で自然の恵みも豊かで農産物を作るには最適なところ。特に良質な水に恵まれているので美味しいお米が出来るのです。当然お酒の種類も豊富、関東では酒蔵が最も多い県だそうです。
関東の玄関口となる取手に、茨城の各地域で生まれたお酒が集ったわけですね
DSCN9453_201804151137465ad.jpg
日立市:森島酒造「大観」純米吟醸雄町14号酵母無濾過生原酒

DSCN9455.jpg
常総市:山中酒造店「一人娘」純米吟醸ゆめひたち無濾過生原酒
茨城県ではお酒用のブランド米「ひたち錦」も製造していて、県内の酒蔵でもそれを利用したものが製造販売されています。
”ゆめひたち”もまた茨城生まれのブランド米。こちらはお酒用のものではないのですが、”これを利用してお酒を作ってみよう”という意向で作られたそうです。
酒米に劣らない、良い御味でしたよ

水分補給コーナーも設置。しかも、仕込み水です。
DSCN9448_201804151137414c5.jpg
お酒を飲む人たちのことをちゃんと考慮しています。ありがたい
会場内ガイドツアーに参加する前に既に5杯頂き、フラフラしていた私の手をひいてトイレまで連れて行ってくださったスタッフの女性、ありがとうございました

そして私はもう1杯
DSCN9458_20180415141723678.jpg
潮来市:愛友酒造「八代目兼平本家」
ラベルからして美味しそう
味も濃厚さも喉越しも”これぞ、日本酒!”という味でした。最近はお酒が弱い方、”日本酒はちょっと・・・”という方でも飲めるようにフルーティーな味わいにしたり清水のようなすっきりとした味にしたり(そういうのは良くない!と言ってるわけではありません断じて)、カクテルやリキュールのように飲みやすさにこだわる一方で新しい味を追求されるものが多い中、”これぞ日本酒!”みたいな伝統的な味だなあというのが第一の感想でした
DSCN9459_2018041514172444e.jpg
同じ蔵、同じ水で造ってもその造り方やお米、酵母の違いで味が変わる・・・それが日本酒だと会場内で行われていたガイドツアーの講師:杉村啓さん(日本酒ライター、醤油研究家として活躍されてる方)がおっしゃられていました。
さらに、日本酒をもっと楽しむためには御供となる”おつまみ”と合わせてみて”このお酒にはこれが似合う!”ということが解れば、もっとお酒が楽しくなるとのことです。
DSC_0399.jpg
日本酒にいちご?一見不釣り合いのようですが意外にこれが似合うお酒がありました
このイベントの為に仕込んだ限定品、筑西市の「来福」生原酒さくら 直汲みというお酒が似合います。

”自分は日本酒通だ!”を強く自称されるならば、酒蔵を1つ1つまわりそれぞれ造り方(ラベルを見れば違いが一目瞭然)の違うお酒を飲み比べるくらいでないといけませんが、そんなのは現実的には無理ですよね。
それを可能にしてしまうのがこういったお酒のイベントです
DSCN9464_20180415143028738.jpg
思えば地元・水戸市をはじめ石岡市、結城市、笠間市と何箇所も日本酒飲み比べイベントに参加し、ここ・取手市で5か所目となります。本来は”達人”と呼ばれてもよいくらいかもしれませんが、残念ながらいまだにド素人のままの私です
お酒を飲むのではなく、お酒に飲まれるという感じかな?まだまだ(笑)

ガイドツアー参加前、そして参加後にあらためて2杯。
一時期、危ない状態に堕ちかけたこともありそろそろいい加減にしておかなければ・・・。
というわけで、最後の1杯
地元、取手市内のお酒を。
DSCN9463_20180415141728c9d.jpg
田中酒造店「君萬代(きみばんだい)」純米吟醸 無濾過生原酒
猫デザインのラベルがインパクト強
”流行猫”というサブネームがついていました。どんな味だろうと興味津津で飲んだところ、
「ストレートに美味しい!!」
鍛錬された味といいましょうか、お米の風味を素直に感じられたお酒です
それもそのはずですね。パンフレットによれば明暦元年(1655年)創業という、長い歴史を持たれ昔ながらの製法と地産地消、地元の契約農家で栽培されたお米を使用しているというこだわり様
気になるのが銘柄の名前の由来ですが、明治17年に明治天皇が牛久に行幸された時、途中で喉の渇きを訴えられ”造り酒屋の水ならば大丈夫”ということで差し出されたのがここ、田中酒造さんの井戸水だったそうです。陛下は差し出された水を大変お気に召され、その行在所滞在中に水とお酒を運ぶことになり、明治天皇から賜った名前が「君萬代」だったそうです。

取手はかつて、水戸街道の宿場町だったところだと記憶しています。お偉い方もそうでない方も、江戸から北上の際はこの水戸街道を通られたはず。
取手で宿泊された方の中にきっと、この田中酒蔵さんの銘酒を堪能された方がいらっしゃったかもしれませんね
取手駅東口から徒歩5分くらいだし、後日訪問してみましょう

日本酒の本当の楽しみ方と、普段飲んだことのない酒造店のお酒。
そして、日本酒を愛する者同士とのささやかなふれあい・・・。
この3つの素敵な出会いがありました
DSCN9462_20180415143028d89.jpg
次回(おそらく来年のこの時期)はさらに楽しめそうです。

・・・て、もう早々と足を運ぶ気でいるよおいっ

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/15 12:37 ]  取手市 | TB(0) | コメント(0)

千姫まつりへ行ってきました<2>

千姫まつりレポート、第2弾にして最終回です。
相変わらず熱気漂う会場内、ステージではよさこいのお披露目中でした。
DSCN9338_201804132018006a6.jpg

一方では、地元にちなんだプチイベントも。
DSCN9326_201804132020301d7.jpg

DSCN9328_201804132017577bc.jpg
人気駄菓子”うまい棒”を出来るだけ高く積み上げるコーナー。
制限時間内に一番高く積み上げた人が優勝です。
DSCN9333.jpg
せっかく高く積み上げても、残り30秒というところで無残に崩壊してしまう人もいました
勝負の世界は厳しいね
人気イベントとみえ、常に次のグループが後列で待機している状態でした。
余談ですが、うまい棒を製造・販売しているリスカ㈱は常総市にあります

メイン会場に戻ってくると、千姫さまや各地のマスコットキャラクターと記念撮影している光景があちこちで見られました。
DSCN9342_20180413201801d10.jpg

DSCN9344_20180413201802dee.jpg

DSCN9264_201804132034529ca.jpg

DSCN9279_201804132034538c1.jpg

内緒話?何話しているのかな~?
DSCN9382_20180413203257a98.jpg
この日来場していたキャラクターはまだまだたくさんいて、当記事でもっと登場させたいのですがキリがありませんので別な形で出させていただきます。

大盛況だった千姫まつりもいよいよ、終盤となり大詰め。
このイベント最大の見どころである「千姫様常総ご回遊」が行われました。
千姫様の行列が会場周辺と会場内を回遊し、メインステージへ向かいます。
旗手や薙刀隊等の先導で。。。
DSCN9388.jpg

DSCN9389_201804132042449f0.jpg

DSCN9400.jpg
今か今かと待ちかねた千姫様御一行がついに、会場入りをしました。
カメラを向け、手を振る観客らに笑顔で答える千姫さま。
DSCN9405_20180413204247af8.jpg

DSCN9408.jpg

その頃、ステージ前では係員が一般観客に風船を配布していました。
千姫まつりの最後の最後、というところで登場する重要な役割を持つ風船です。
DSCN9414_201804132046441f6.jpg

DSCN9415.jpg

千姫様がステージに立ち全員、主要キャラが揃いました。
DSCN9417.jpg

舞台下には、マスコットの千姫ちゃまも。
DSCN9418_20180413205424784.jpg

イベントを盛り上げてくれたマスコットキャラクター達も全員勢ぞろい
DSCN9425_201804132054256a3.jpg

DSCN9426.jpg

千姫役を務められたのは皆さん、市の第16代観光大使の方です。
でも今回の千姫が最後だとか
DSCN9428_201804132054287fd.jpg
今までお疲れ様そして、ありがとう

千姫さまの御挨拶、そして常総市長の御挨拶を終えたらいよいよ本当のラストプログラムです。
ここで先ほど会場内で配布していた風船の出番。これからこの風船が空へ旅立ちます。
本当に最後の最後、「天まで届け!!千の夢ふうせん」
DSCN9435.jpg

DSCN9437.jpg
カウントダウンの後、千姫さまの”放て!”の号令で一斉に風船を空に放ちます。
といっても、この日は風が強くうっかり手を離して既に空を飛んで行ったものもありましたが(笑)

さあ、カウントダウンが始まりました!
DSCN9438.jpg
10、9、8、7・・・・

1!
「放てっ!」

DSCN9439_201804132101016eb.jpg
「放て!」の声が響くと同時にあっという間に無数の風船が宙に。

そして、瞬く間に空へ!!
DSCN9440_201804132101039de.jpg
いってらっしゃ~い!!

DSCN9441.jpg

DSCN9442.jpg
空に放たれた風船は、まるで吸い込まれるようにだんだん小さくなりついには姿さえ見えなくなりました。

果たしてどこまで旅するのでしょう。。。
今頃どうしているのかなあ。。。

最後まで楽しませてくれた千姫まつり。
この活気ならばきっと、常総市は大丈夫!
さらに元気な街になってくれるだろう・・・。
なぜかそう確信する私でした。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/13 21:15 ]  常総市 | TB(0) | コメント(0)

おすわさまの大欅

水海道駅から常総線(関東鉄道)に乗って、向かったのはお隣・つくばみらい市の小絹という駅でした。
ウッド仕様風でとんがり屋根のかわいい駅舎です
DSCN9299_201804122012265f4.jpg
ちょっと”名物ラーメン”(?)でも食べようと思い、この駅から徒歩範囲内のお店に立ち寄ってお腹を満たしてまいりました。
でもそのお話はもう少し、おいときまして。

プチ常総線の旅を終え、水海道駅に戻ってきた私。再び千姫まつり会場=市民のひろばに帰ってきました。
千姫まつりと同時開催という格好で、この日はもう一つ一大行事が行われていました
DSCN9350_20180412201114aba.jpg

水海道諏訪神社という神社が、市民のひろば付近に鎮座しています。名前から察する通り長野県の諏訪大社の分霊を御祀りしている神社です。御霊を遷座してから今年でちょうど100年。その記念の儀式=百年祭が行われました。
拝殿前に鎮座された神輿は100年前に諏訪大社の御神霊をここへ運んだ時のものだそうです。
DSCN9269_20180412202606e53.jpg

DSCN9270_20180412202607879.jpg
100年祭を記念し、当時の模様を再現した「遷座再現神輿パレード」が午後2:30頃より行われ、まるで動く歴史絵巻のようなシーンが現れました。
DSCN9355.jpg

DSCN9372.jpg

DSCN9377_201804122026123f4.jpg
”おすわさま”は100年もの間に移り変わった街の光景をどう、思われたことでしょう。。。

さて、水海道諏訪神社には天然記念物の大欅があります。
離れた場所から全体を入れるとこの通り↓
DSCN9212_201804122011093b5.jpg
信号待ちの時にすぐに目に留まり、強烈印象を受けました
すぐにそばに駆け寄って拝見。
平成14年水海道市指定天然記念物に認定されているのですね
DSCN9213_20180412201110f12.jpg

DSCN9214.jpg

DSCN9215_20180412201113b4f.jpg

この大欅は推定樹齢約400~500年だとの事。社殿や”おすわさま遷座”よりもずっと前から既にこの地にあったことになります。
まるで巨大な生き物のよう。。。
DSCN9351.jpg

数百年の息吹が聞こえてきそうです
DSCN9224_20180412210050323.jpg
社殿を守るかのようにそびえたつ大欅を見上げているだけで、見えない力に守られているみたいな感覚になりました。
私も、なんだか力が湧いてきました。
こうしてこの街の人達をこれまでも守られてきたのでしょうね
DSCN9223.jpg

DSCN9217_20180412203943ed3.jpg
ちなみにこの拝殿は、おすわさまをお迎えするために建設されたそうです。

DSCN9358_20180412210052fda.jpg
”おすわさま”=水海道諏訪神社とそれを守る大欅。
いつまでも、街の宝として大切に残して欲しいものですね。

ではそろそろ、千姫まつり会場へ。
DSCN9337.jpg
お祭りも後半となり、クライマックスからフィナーレへ!

次回に続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/12 21:18 ]  常総市 | TB(0) | コメント(0)

宝来館の面影

千姫まつりを一旦、抜け水海道駅へ向かった私。
途中、強烈に目を惹くものを発見してしまいました
DSCN9282.jpg
昔の映画看板?!

向こうにも。
DSCN9284_20180411212653d91.jpg

さらに、こっちにも
DSCN9287.jpg

DSCN9288.jpg

昔のスクリーンを飾った俳優たちのパネルも。
DSCN9283_2018041121265198f.jpg

DSCN9289_2018041121265696a.jpg
向かいにある商業施設の駐車場なのですが、
「駐車場なのに、どうして昔の映画看板が?」
と、興味をそそられ道草を食う羽目に(笑)
今でこそ駐車場として利用されているこのスペース、昔は映画館でした。

映画館の名前は「宝来館(ほうらいかん)」。
明治時代後期、当時の有志が出費してこの地に建設され、太平洋戦争激化により閉鎖されるまで約40年間地元の人たちに親しまれた娯楽施設だったそうです。映画館となったのは戦後の昭和21年以後のことで建設当時はここで歌舞伎やお芝居が上演されていました。
この場所についての説明が書かれた看板には在りし日の宝来館と思われる写真が添えられています。
DSCN9291.jpg
昭和21年に映画館として改装され、再開を遂げるもその後閉館。昭和58年には建物も解体されました。
映画館として37年、芝居小屋だった頃のと合わせるとその歴史はおよそ80年。
旧水海道の駅前商店街を知る、貴重な存在です。

この宝来館が2年前の2016年4月12日、一夜限りの復活を果たし新聞等のメディアで大々的に報道されました
DSCN9290.jpg
屋根付きの建物の中ではなく、シートの上での野外映画鑑賞となりましたが大盛況、特にリアルタイムで宝来館を知る人達には大喜びだったようです。
昔懐かしい、この場所で昔観て感動した映画を再び鑑賞・・・きっと感慨深いものがそれぞれあったに違いありません。
映画を観ている間、当時のことを思い出し懐かしんでいられたでしょうか・・・。
DSCN9292_20180411213729542.jpg

DSCN9293_20180411213730921.jpg
映画館はなくなっても、ここで過ごした人たちの思い出はいつも彼らの胸の中に。
ここは、そんな人達を無言ながらも温かく
”おかえりなさい!”と迎えてくれる場所になりそうな気がします。

ここは、宝来館の思い出を持たれる方たちの”心のふるさと”なのかもしれませんね。
map_20180411213732695.jpg

おまけの動画(YOU-TUBEより)
昭和37年の常総市(旧水海道市)
4:45頃あたりに今回の記事で書きました、在りし日の宝来館が登場します

※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合があります。御了承ください!

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/11 22:25 ]  常総市 | TB(0) | コメント(0)

千姫まつりへ行ってきました!<1>

常総市の春のイベント、千姫まつり。
去る4月8日(7日は前夜祭)日曜日に開催され、私も行ってまいりました
DSCN9239.jpg

水戸市からみとちゃんも友情出演?!
DSCN9427.jpg
顔に千姫ちゃま付けてる
マスコットキャラクターが各地からたくさん集まりました。
従兄弟のハッスル黄門くんも!
DSCN9341_201804102108586d2.jpg
歴史上では千姫様と光圀公の祖父は家康公。つまり「いとこ同士になるんですよね

筑西市のちっくんも!
DSCN9237_20180410205713df7.jpg
まだまだおります。県内外からやってきたマスコットキャラクター。
こうしたマスコットキャラクターが集まったところを見られるのがイベントの良いところだ(笑)
そして、会場中に集まったグルメも
会場入りしたのは10:00を少し過ぎた頃でしたが既に美味しそうな匂いが充満していました。
DSCN9229_20180410212759d12.jpg

DSCN9248.jpg

DSCN9235.jpg
焼きそば&撮りから揚げ、多くね?全体的にみてフードメニューは”肉系”が圧倒的でした。
かく言う私もランチはこれもん↓
DSCN9255_20180410210109d2d.jpg
市内、水海道駅前通りにお店を構える「浪漫亭」さんのねぎ塩タレ丼です
焼いた豚肉の上にねぎ塩タレとたっぷりのマヨネーズ、さらにブラックペッパーをトッピング!
これはハマります

タレ丼はこの場で食して名物・ねぎ塩からあげはお持ち帰り
DSCN9254_20180410210108d2b.jpg
本当は”スタッペ丼”を期待していたのですが、イベントのたびに毎回販売されるわけではなくどうやら幻のグルメのようです。
残念
でも来るGW中の4/29・30、”熱いイベント”が市内で行われその時にスタッペ丼も販売されるらしい。。。

ステージイベントも絶えず行われています。
DSCN9244_20180410205716cf0.jpg

DSCN9250_20180410210106479.jpg

千姫まつりを初めて観に来たのは2013年、今回で2度目の訪問となりますが実に5年ぶりなんですね~
思えば前回はあの集中豪雨の2年前でした。。。
IMG_0543_20130513212903.jpg
※画像は2013.4月に撮影したものです。
IMG_0495_20130513213228.jpg
千姫まつりのクライマックスは、ラストプログラムの「天まで届け!千の夢ふうせん」。
プログラムの内容はさすがに5年前とは違うけれど、ラストプログラムだけは同じです。この時よりも時間は30分遅いですが。
前回はそれが行われる時間までいられなかったけれど、今回はしっかりと見届けることができました
そのお話はまた後ほど。

つくば銀行駐車場で、バレーボールとラグビー?!
DSCN9266.jpg

DSCN9267_20180410214759174.jpg
食べるのに飽きたらスポーツで体をほぐしてリフレッシュ!なんてね
なかなか面白い企画じゃないですか。

ところで、肝心の”リアル千姫”になかなか会えないなあ・・・(実は会場入りした時すでに千姫様御一行は弘経寺墓参へ御出立された後でした)
と、思っていたら。
DSCN9277_20180410214801d49.jpg
弘経寺で墓参参りを済ませた千姫様達が戻ってきたところでした。
これから約3時間後にイベント会場や宝町商店街を御回遊される予定になっています。

DSCN9278_2018041021480263b.jpg
午前の部のプログラムが終了すると、ステージイベントは一時休止。
フリータイムとなったところで私は会場を一旦離れ、乗り鉄をすべく水海道駅へ。
DSCN9325.jpg
1駅だけ、乗り鉄を楽しんできます。

ではまた

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

 [ 2018/04/10 22:01 ]  常総市 | TB(0) | コメント(0)

散る桜に寄せて・・・筑波海軍航空記念館にて

桜は散ってしまいましたね
かれこれ1週間前の記事になりますが、今年最後の桜記事をUPさせていただきたいと思います。
やっていたのは笠間市にある筑波海軍航空記念館、映画「永遠のゼロ」のロケ地として使用された施設です。
DSCN9176.jpg

DSCN9177_201804092252208b7.jpg

DSCN9178_201804092252218d0.jpg
この日の強風も手伝って、桜はずいぶん散り始め桜吹雪がところどころで見られました。
「さくらまつり」の幟が立っていますが、どうやらここもイベントデーを待たずに桜の満開が早まってしまったようです。
DSCN9181_201804092252237b3.jpg

DSCN9183_20180409225224c1c.jpg

DSCN9184_20180409225930950.jpg

DSCN9185.jpg
咲き誇る桜と散る桜を眺め、ふと頭をよぎるのはここから戦地に出発し2度と故郷の地を踏むことなく空に散った若く尊い命。。。
生きて帰れないことを覚悟してこの地を後にした彼らの胸中はいかに。。。

せっかくですので館内も観ていくことにしました。この中に入るのはこれで通算4度目くらいでしょうか。
DSCN9186_20180409225933b31.jpg
大幅リニューアルはしていないものの、館内資料の展示は微妙に入れ替えたようです。
配置換えをしていたり、新たな資料を加えたりこれまでのと交換したり。
DSCN9187.jpg

DSCN9188_201804092259369eb.jpg

DSCN9192.jpg

DSCN9193_20180409230909359.jpg

DSCN9194_20180409230910b60.jpg
生々しい現実が!!貴重な資料です。

未来があったはずの若者たちが、これからあったはずの人生を奪われました。
何の罪もない人達が戦禍に巻き込まれ、犠牲となりました。
平和で恵まれた生活が長くなり、それが日常化してしまうと人はかつての辛く悲しい体験を忘れ再び同じことを繰り返してしまいます。絶対にそうあってはならないことだと思います。

戦争により命を落とした航空兵はじめたくさんの人たちの魂が今、その命を桜に宿らせ毎年私たちにそう語りかけているような気がしたのは、私だけだったでしょうか。。。
DSCN9204.jpg

DSCN9205_201804092309131f1.jpg

滑りこみセーフ、といった格好で満開の桜を楽しめました。
これからチューリップやネモフィラ、つつじなどの花も順次開花し私たちの目を楽しませてくれるでしょう

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/09 23:23 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

涸沼自然公園の桜<後篇>

公園内の赤い吊り橋・イトトンボ橋を渡った向こうは森林でした。
目指すは”展望広場”。ここでも桜が楽しめるようです。さらに涸沼も展望できるとか。
勾配のある道を上ってったその先には。
DSCN9127_201804071752354b8.jpg
上品な色合いをした枝垂れ桜
でもそろそろ峠かな。
青い葉っぱが見え始めていました。
DSCN9128_201804071752374c2.jpg

DSCN9130.jpg

DSCN9129.jpg

DSCN9131.jpg

DSCN9132_20180407175736e38.jpg

”太陽の広場”という名前が付けられたこの広場、ここから涸沼は見えるのかな?
と、近づいてみると。。。
DSCN9133.jpg
こんなもんか
この程度じゃ展望とはとても呼べないね
なんて思ってしまいました。
とりあえず、涸沼に沿って遊歩道をもう少し歩いたら、と進んでいくと。。。

ああ、ここだったんだ。
DSCN9134_2018040717573918c.jpg
展望広場はここでした。
涸沼が一望できる、見晴らしの良い高台の丘。
DSCN9135_20180407175741e66.jpg

すぐそばに桜の木がありましたが、こちらはかなり散っていました。
DSCN9136_20180407175742248.jpg

DSCN9137_20180407181654663.jpg
もうそろそろ、青葉が生まれてくるのかな?
新録も素敵だろうな。。。
桜が満開の時は最高のお花見スポットでしょうね
DSCN9139_201804071816571bc.jpg

DSCN9138.jpg
心安らぐ涸沼。眺めていると時間を忘れそうになるくらい落ち着いてしまう。。。。

でも、そろそろ降りましょう。

管理事務所まで向かう途中の遊歩道でもう一枚
DSCN9123_20180407182119c47.jpg
桜の開花時期を終え、これからは新緑の季節。
そして、夏がやってくる・・・・。
今年は天候も不順で日中の寒暖差も激しく、梅も桜もあっという間に終わってしまった気がします。
でも、コートやマフラー、カイロ等のアイテムともそろそろお別れですね。


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/08 19:30 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

涸沼自然公園の桜<前篇>

春の嵐?!聞いてねえよぉそんなの
と、叫びたくなるほど強い風が吹き荒れる1日となった昨日4月6日。
この嵐でせっかく咲いた桜もずいぶんと散ってしまったかもしれません

今年のわが桜巡り記事も後半となりました。今回は茨城町にある涸沼自然公園の桜です。
DSCN9073_201804062332236be.jpg
キャンプ場に隣接したこの公園、あじさいまつりが有名なスポットですが実は桜の名所でもあったんです
ただ、もったいないことにあまり宣伝されず知る人が知っているといった感じのスポット。
私が訪れた時も、駐車場はがら空きでした。
駐車場に植えてある桜がこんなに綺麗に
DSCN9077_2018040623322585a.jpg

では、管理事務所ゲートをくぐり中へ入っていきましょう
DSCN9079_20180406233227866.jpg

DSCN9081.jpg

DSCN9083_20180406235301a0d.jpg

イトトンボ橋を望んで。
DSCN9085_20180406235302084.jpg

あじさいまつりの際、歩きなれてる遊歩道も桜で彩られたその道はまるで別な場所を訪れたような感覚です
DSCN9087_20180406235304109.jpg

DSCN9088_2018040623530545a.jpg

あんなところに巣箱が
誰が作ったのかなあ。。。
DSCN9090_20180406235307698.jpg
街中では見かけなくなりましたね、こういう光景。

ここはあじさいまつりが開催されるとお店が並んだり、木工作体験教室等が行われたりして賑わう場所です。
この日はさすがに静かでした。
桜の木の下で花見しながらお酒を飲んだり騒いだりする人もなく、静かに桜の花を楽しむことができます
DSCN9094.jpg

DSCN9095.jpg

DSCN9100_2018040716115787d.jpg

静けさの中にただ、桜が咲きときどき聞こえる鳥のさえずりや蛙の鳴き声が聞こえるだけ。。。
DSCN9102_20180407161158f8c.jpg

高台の方でも桜が楽しめるようで、階段を上り森の中へ。
DSCN9105_20180407161931854.jpg

DSCN9106_201804071619324f5.jpg

急こう配の中、息切れしつつ上ります。
DSCN9107_201804071619336e5.jpg

振り返ってみた景色が、なかなか素晴らしい。。。
DSCN9108_20180407161934632.jpg

DSCN9111_201804071619362ac.jpg

DSCN9113.jpg

下を歩いていた時よりもさらに色鮮やかな桜が咲いていました。
淡いのと濃いのが入り混じり、素敵なグラディエーションとなっています。
上ってきて良かった
DSCN9114.jpg

DSCN9118_20180407162409584.jpg

DSCN9119_20180407162411a8b.jpg

東屋でちょっと水分補給を、と。
持参したペットボトル茶で一休み
DSCN9121_20180407162413c4e.jpg
歩いてくるときに目についた赤い吊り橋(イトトンボ橋)を渡った向こうにも桜が観られる場所があるということを思い出し、そこへ歩いていくことにしました。
降りて行くのがまた、いい運動に
DSCN9122_20180407162855f0a.jpg
あじさい園の中から遊歩道を。
一度、管理事務所へ向かうように歩いた途中に「イトトンボ橋」の案内板が立っている場所があります。
そこを曲がってさらに歩いて行くと見えてきました
DSCN9124_20180407162856c2f.jpg

橋の向こうはまだ未踏の地。
果たしてどんな光景があるのやら。。。
DSCN9125_201804071628569f6.jpg

では、後篇に続きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/07 16:35 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

さくらまつりの前に~日立平和通り

今年は桜の開花が全国的に早く、わが県内でも例外なく1週間から10日ほど早い桜の開花→満開を迎えました。
満開の桜を観られるのは嬉しいけれど、予定よりもかなり早い桜満開はイベント関係者泣かせとなったようで
場所によっては中止になったところもありましたね
日立市で毎年恒例の「日立さくらまつり」が今週の土日=4/7と8日に開催されるのですが・・・

”さくらまつりまで待てない!”
とばかり早々と平和通りの桜を観ておこうと訪れた私でしたが、そう思う気持ちは誰も同じとみえさくらまつり1週間前となる先週の土曜日(3/30)は、平和通りに訪れ各々桜を楽しむ人がたくさん訪れていました。
DSCN9038_20180405212645b41.jpg

DSCN9041_20180405212648c32.jpg

DSCN9042_20180405212650bf5.jpg

太い木の幹に咲く可愛い桜が目に留まります
DSCN9046.jpg

蕾があんなところに!
DSCN9047_20180405213210de7.jpg
この蕾もきっと今では開花してしまってますね。
平和通りは完璧に桜のトンネルとなっていました
DSCN9049_20180405213211762.jpg

DSCN9052.jpg

DSCN9054_20180405213214b85.jpg

歩道橋の上からのロケーションがはお薦め!絵になる光景です。
高所恐怖症でなければ絶対、観るべきポイント
DSCN9059_20180405213216e85.jpg

もう少し、歩いてみることにしました。
国道6号に突き当る交差点で折り返し、日立駅へ戻ります。
DSCN9061_20180405225056746.jpg

夕暮れ時の平和通りもまた、良いものだわ
沈みかけている夕陽に映えた桜も美しい。。。
DSCN9062_20180405225057aa1.jpg

時間が遅くなるにつれ、集まる人もさらに増えてきたような気がしました。
日没後に行われているライトアップを目的に訪れたのでしょうか。。。
DSCN9063_2018040522505887a.jpg

DSCN9065_20180405225059ac3.jpg
沈みかけている陽の光に照らされている桜も、夜のライトアップとはまた違う素敵さがありました。

結構、歩いちゃった。さあ戻ろう!
DSCN9066_20180405225100277.jpg

昭和26年、開通目前の日立駅前大通りの名称公募が昭和26年に行われ、総数1,263件の応募がありました。その中180件が「平和通り」という名前だったそうです。
「日本の繁栄は(日立の)平和通りから」「日本の平和は日立市民の平和を愛する心から」という意味が「平和通り」という名前に込められています。(国道6号手前交差点付近で見つけた「平和通り」の碑より)
DSCN9067_20180405225743563.jpg
昭和20年の日立大空襲をはじめとする戦争による被害で数多くの犠牲者を出し、戦災で焼失した日立の街。。。
大切な人を亡くし家も物もなくなり明日を知れない苦しい生活を強いられる中、当時の日立市民の方々は戦後の混乱期を歯を食いしばって生きてきたはずです。
それらを味わってきた市民にとっての願いはただ一つ、「平和」だったに違いありません。
この平和通りはこうした背景の中、生まれたことになるのですね
DSCN9068.jpg
平和の光はつ街、日立から!!
日立駅前平和通りにはきっと、そんな思いが込められているのです。
DSCN9071.jpg
平和通りの桜よ、いつまでも
今年も咲いてくれて、ありがとう

4月7日(土)・8日(日)は平和通りでさくらまつり。
桜は散り始めていますがイベントは予定通り開催されます。「日立風流物」をはじめダンスやお囃子、ステージイベントが開催されたり、美味しいグルメ屋台も並び賑やかな2日間となりそうです。是非、お出かけください

桜が万が一、散ってしまっても大丈夫
こんなイベント↓がありますよ!
DSC_0384_20180405231610173.jpg
お絵かきイベント第2弾 さくらを描こう!
日立市役所南側の道路沿い(庁舎建て替えの為設置されている工事用の囲い)
10:00~14:00

申し込み不要で時間内、どなたでも無料で参加できます。
家族みんなで”散らない桜”を咲かせてみませんか?
詳細はこちらで↓(日立市公式HP内)
http://www.city.hitachi.lg.jp/event/001/sakurakaku.html
CMでした

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/05 21:47 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

かみね公園の桜~動物園とその周辺<2>

かみね公園の桜巡り動物園編、後半です。
必ず訪れるのはやはり、猛獣コーナー。
なぜって?だった動物園でしか見られないじゃないですか
DSCN9017.jpg
東日本大震災の5日後に誕生した雄ライオンのきぼう。
先月17日に7歳のお誕生会が行われました
たまには上に上がってきてえ~

ヒグマはガラス越しで。
DSCN9020_20180404210647025.jpg
暑いから喉乾くよね
ベンガルトラ(名前忘れた
カメラマンサービス?!ちゃんとポーズ取ってるし
DSCN9022_20180404210648cf4.jpg
カリスマモデルみたい

やっぱり動物園は楽しいな♪
でも桜も楽しみましょ
DSCN9023_20180404210650a7e.jpg

・・・って桜アイス遊園地の売店で。
DSCN9024_20180404210651252.jpg
ほんのり桜の風味
桜の下で食べるからまた格別な味でした!
DSCN9027_201804042121428e8.jpg

遊園地の桜も満開でした
DSCN9028_201804042121434b8.jpg

DSCN9029_201804042121451cb.jpg

たくさん歩いてさすがに疲れたので、帰りはバスで頂上まで上がろうかと思いましたがなかなかバスが来ない上、家族単位の人達が数組待っていましたので、「これは歩いた方が早いな」と思い結局帰りも自分の足で登っていくことにしました。
普段、運動不足だからいい運動だ(笑)
DSCN9030_2018040421214652d.jpg
途中、桜を楽しみながら。。。
今日あたり、既に散り始めている頃でしょう。
DSCN9031_2018040421214891d.jpg

やっぱり、このショットが素敵
DSCN9032_201804042139168c1.jpg

少々、息切れしつつも楽しみながら歩いているうちに頂上のレジャーランドまで来てしまいました。
同時に周遊バスが到着。乗る予定だったバスです。
バスと一緒に到着しちゃった
DSCN9034.jpg
レジャーセンターのジェットコースターを背景に

かみね公園の桜は初めて観ましたが、こんなにロケーションが良い場所での満開の桜・・・そんな最高な条件の時に来られたのはなんともラッキーでしたですから上り下りの坂の途中で大渋滞に巻き込まれたことなど、大目にみましょう(笑)

余韻を残しつつ、その足で日立駅前の平和通りを目指します。
というわけで、次回はそのお話です。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/04 22:11 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

かみね公園の桜~動物園とその周辺<1>

かみね公園の丘陵を降り、少々汗ばみつつやってまいりました。
動物園隣にある遊園地の観覧車。
DSCN8995.jpg

手前の桜が良い感じです
DSCN8997_20180403210114569.jpg

動物園方向へ降りていく途中で見つけた碑。
日立風流物を後世に残すために、その保護や伝承活動に生涯を捧げた根本甲子男氏(1903-1989)の碑です。
DSCN8998_201804032108466d8.jpg

DSCN8999_20180403210335958.jpg
日立風流物のレリーフとともに、その名が残されています。

DSCN9000.jpg
毎年、市のさくらまつりの折に登場している日立風流物。太平洋戦争による焼失や戦後混乱期の影響で消滅する危機があった風流物を、資料を元に完全復元させたのが根本氏だったそうです。
彼の尽力がなければ今日まで風流物が伝承されていたかどうかは。。ましてや、ユネスコ無形文化遺産に認定されることはなかったかもしれません。
偉大な功績に合掌

碑のそばに天覧記念の碑も添えられていました。昭和天皇皇后両陛下も御観覧されたようですね。
DSCN9001.jpg
この碑の前で立ち止まっていく人はなく、ひっそりと鎮座し動物園や遊園地に遊びに来た人たちを静かに見守っているように見えました。
DSCN9002_20180403210117f10.jpg
今週末、4/7・4/8の2日間は日立駅前平和通りにて「日立風流物」のお披露目が行われます。
まだご覧になられたことのない方は是非、お出かけください。

さて、先を急ぎましょう(笑)
DSCN9004_20180403213320293.jpg
やはりこちらも満開
象さん、こんちわ~♪∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN9006_20180403213321b1d.jpg

カメラ目線?!
DSCN9008.jpg

昨年、母親を亡くした末娘のチャポン。
あれからどうしてるかなと気になっていましたが。。。
DSCN9011_20180403213324645.jpg
めっちゃ食欲旺盛じゃん
元気そうで安心しました。

DSCN9013.jpg

動物園内も満開になった桜の木があちこちに観られ、動物と触れ合いながらお花見もできる状態。
最高ですねヾ(o´∀`o)ノ
DSCN9012_20180403213506a78.jpg

DSCN9015_20180403213509ced.jpg

DSCN9014.jpg

続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/03 21:43 ]  日立市 | TB(0) | コメント(2)

かみね公園の桜~吉田正音楽記念館とその周辺

去る3月31日は温かで天気も良く、しかも桜は満開
満開の桜を観に行きたい!と考えるのはみな同じ。
だから当然その日のかみね公園も大混雑&渋滞
DSCN8960_20180402212828120.jpg
動物園前の駐車場は勿論、満車で山頂の北駐車場にどうにか愛車を置くことが出来ました。
動物園にも立ち寄るつもりでしたのでかなりの足の運動になりますが、運動不足解消にはぴったり!
DSCN8961_20180402212830e5b.jpg
吉田正音楽記念館駐車場
DSCN8979.jpg

記念館周辺も桜が満開を迎えていました。
桜の背景に建物を入れて
DSCN8968_20180402212832e01.jpg

DSCN8971_20180402212833779.jpg
桜が良く似合う施設。。。
何枚か撮っている際につい鼻歌。メロディーは勿論、「いつでも夢を」
DSCN8965.jpg

DSCN8964.jpg
建物の裏庭では、レジャーシートを敷いて静かにお花見を楽しむ人の姿が数組ありました。

さて、せっかく来たことだし中も観ていきますか、と。記念館内へ。
入館自体は無料です。(プレイヤーレンタル代別途200円。)
丁度、ランチタイム時間帯でしたので最上階の展望カフェでランチを。
DSCN8978_2018040221353424e.jpg
人気メニューの焼きサンド+ドリンクセット
珍しくアイスティー(奥久慈紅茶)など。
結構、ボリュームたっぷりです。見た目よりもお腹いっぱいになりました
カフェのテラスから展望
こんな感じです
DSCN8973_2018040221353007d.jpg

DSCN8975_201804022135313e0.jpg

DSCN8976_20180402213533032.jpg

DSCN8972_20180402213528b44.jpg
海も山も同時に楽しめる贅沢さ
それが日立の魅力なんですよね
「当たり前じゃん、今更何言ってんの!」
って、日立市民の方に怒られてしまうかな?(笑)
DSCN8974_20180402215546a3c.jpg
食事の後、記念館で少し遊んでから外に出て山を下りていくことにしました。
展示資料を観たり、作曲教室で作曲に挑戦したり。作曲は8小節の短い旋律しか作れませんが、それでも作曲の面白さに触れることができます。1回やればまた1回、そしてはまってしまうかも作った曲は楽譜としてプリントアウトしたり(無料)、CD(売店にて1枚200円で購入)にコピーしてお持ち帰りすることができます。

記念館で楽しんだ後は動物園目指してウォーク
その前に頂上駐車場にある展望台に登って再び、日立の風景を展望してみました。
「かみね公園」と書かれた、木の看板が立つそばの展望台へ。
DSCN8982_20180402215816d4f.jpg

展望台付近の桜は散り始めていたな
DSCN8989.jpg

DSCN8983_2018040222091340e.jpg

記念館を今一度!
DSCN8988_20180402220915942.jpg

風が冷たく、その上強く吹き始めてきましたのでこの辺で展望台を降り今度こそ動物園へ向かうことにしました。
その途中途中で”イイっ!”と思ったシーンをカメラに収めながら。。。
DSCN8991_20180402215820a2c.jpg

DSCN8981_20180402215815d65.jpg

DSCN8992_2018040221582171f.jpg

では、続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/02 22:13 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

かさま歴史交流館井筒屋、本日よりOPEN!!

明治時代中期創業の笠間市の老舗旅館だった、井筒屋。
平成23年3月11日の東日本大震災により損壊し、長年の歴史を閉じることになってしまいましたが見事に生まれ変わり、本日2018年4月1日に「かさま歴史交流館井筒屋」として再出発をすることになりました
DSCN9146.jpg
曳家も行われ、以前の位置より引っ込んだ状態となりましたが外装はほぼ以前と同じ。旅館として建築された当時の雰囲気を残した上でリノベーションが行われ、素敵な施設に変身しました

DSCN9148.jpg
オープニングセレモニーが朝10:00より行われ、終了したところ。
参列はしませんでしたが、オープン初日の今日内部を探検することができましたのでそのレポート記事をざっと書かせていただきたいと思います
DSCN9149.jpg
トイレも完備!
通路(中露地)の敷石は稲田石ですって。
1Fのフロアには、囲炉裏もあります。
DSCN9164.jpg
座って休憩できますよ
この囲炉裏がある部屋はインフォーメーションコーナーと事務所になっています。笠間市の観光情報発信や館内の案内が行われています。
事務所には創業当時のものかと思われる金庫のようなものがありました。

2階以降は土足禁止。
スリッパに履き替えてお邪魔しま~す!
DSCN9162_20180401213458ee8.jpg
2階は歴史展示コーナーですよ!
パネルや年表、復元模型等による解説の他、様々な資料があり笠間市の歴史を知りたい人にはもってこいな場所。
DSCN9159.jpg

窓から稲荷神社の門前通りが一望できちゃいます
DSCN9158.jpg

そしてさらに3階へ
風格ある立派な外装だけど、内装デザインも素敵
DSCN9161.jpg

DSCN9163.jpg

3階は2つの会議室となっていました。
1つ目の会議室は定員36名の部屋で、この時丁度オープニング記念の歴史講演会が行われていました。
もう1つの会議室は定員16名。
この日は”喫茶井筒屋”として使用されていました。
DSCN9151_20180401214927072.jpg
地域おこし協力隊の皆さんがおもてなし。
なんと、この日はお茶1杯(和菓子付)が無料
私もいただいちゃいました
DSCN9152_20180401220837fc9.jpg
栗の甘納豆

DSCN9153_20180401220839917.jpg
笠間のお茶
美味しゅうございました

こんなに素敵な和室が会議室かあ
DSCN9154.jpg

DSCN9155_20180401221048ba6.jpg
会議室はいづれも一般の方でも使用が可能のようです(勿論要予約。利用月の3か月前より受付可)
ちょっとした打ち合わせや研修、勉強会そしてイベントの反省会なんかにいいかな。

旅館在りし日はたくさんの人がここに宿泊したであろう、井筒屋。あの坂本九さんも笠間訪問の際は必ず宿泊されたそうです。
ここはおそらく、観光客のみならず地元・笠間の人達にも深く愛されていたのでしょう。
新・井筒屋を見学してそれを深く感じました。
DSCN9165_20180401220840e16.jpg
これからここで行われるミニイベントもあることでしょう。春にはつつじまつり、秋には菊まつり。。。と、門前通りで行われるイベントも控えています。来る4/7(土)13:00~15:00には、茨城放送主催の出張レコードカフェが予定されてるそうです。

そんな時にふと立ち寄れる、そんな場所になってもらえると良いですね
DSCN9168_20180401220842a24.jpg
門前通りに井筒屋が帰ってきた!
おかえりなさい井筒屋!
そして、営業再開おめでとう

笠間市歴史交流館 井筒屋
茨城県笠間市笠間987番
Tel:0296-71-8118
Fax:0296-72-3001


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/01 22:28 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!


※暫くの間、コメント受付を停止させていただいております。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー