月別アーカイブ  [ 2017年11月 ] 

≪ 前月 |  2017年11月  | 翌月 ≫

Kazz Kitchenのお米のパン

利根町カテゴリ記事が出たところで、お蔵入り記事など。
利根町には利根町地場産業推進協議会なるものが結成されているそうです。「自然を守り水と緑の豊かなまちづくり」を基本に地域の生産者や消費者との連携を深めて「地元産物の供給と消費拡大」「地域特産品づくり及び地場産業の振興」等を主な事業内容としています。
さらに、地元産物の需要を広げるために「地産地消協力店」が地元の飲食店や生産業者で結成され、町内や町外のイベント会場等で出店する等のPR活動も行っています
DSCN6136_201711302150087ab.jpg
ちなみに、利根町の特産品といえば代表はお米。
”とねの舞”というブランド米です。
tone.jpg
南に利根川、西側には小貝川と2つの川に囲まれた利根町。小貝川が注ぐ水田で育ったお米です。
小貝川の清流をたくさん吸って大きくなり、お米となりました。きっと美味しいに違いありません。

そんな”とねのお米”を使ったパンが、先月土浦で開催された「茨城を食べよう収穫祭」において利根町ブースで販売されていました。
DSCN6234_20171130215009d2f.jpg

コンパクトでもどっしり!ライスキューブ
DSCN6235.jpg
グルテンフリー、つまりグルテンは使用されていません。
販売されてたお店は、ベーカリーKazz Kitchenさんというお店。先ほど触れた”利根町地産地消協力店”の一員です。
そのまま食べるより、トーストした方が断然美味しいとのお店の方の話でしたので、それに従ってオーブントースターで焼いてから食べてみることにします。
半分にカットしてから焼いてみました。
DSC_0300_201711302220115bf.jpg
甘~い香りが漂ってきた。。。(* ´ ▽ ` *)
(※奥の焦げたような色のやつはココア生地です^^;)

こ~んなにふわふわ(≧∀≦)
DSC_0301_20171130222014f96.jpg
食べてみると。。。
美味しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
パンを食べているというよりも、お餅のような食感、でもふわふわ。。。。
何もつけなくても甘くて美味しかったです( ^ω^ )米の粉が持つ自然の甘さ!
でもバターつけたらより美味しい
DSC_0302_201711302229147df.jpg
そんなだから痩せないんだ(笑)

この商品を提供してくださったkazzキッチンさんのこだわりは”植物性100%”、卵や乳製品、白砂糖を一切使用せずにパンを焼いてるとか。これまでのパンの常識を見事に打ち砕いてます。
DSC_0296_20171130223305592.jpg
ライスキューブはお店でも購入できるそうです。お店に行けば無農薬コーヒーも味わえます
オーガニックドリンクも提供だって!本当にヘルシー志向を考えたお店ですね(*´∀`人 ♪
これは行ってみたいね

”私、食べる人”な立場ですが、”利根町地場産業推進協議会”私も協力しまあす(笑)
DSC_0295_20171130220708c6d.jpg
kazzキッチン
オーガニックドリンク&ナチュラルイーストベーカリー Kazz Kitchen
利根町布川454-274
電話番号 75-6617
営業時間 11:00~17:00
定休日 毎週日・月曜日
地元産食材 米
フェイスブックページ→https://www.facebook.com/kazzkitchen/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/11/30 22:45 ]  利根町 | TB(0) | コメント(0)

関東最古の水神様:蛟網神社(奥の宮)

日にちは10日ほど遡りまして。。。

かわちマルシェの帰り、茨城情報でも入手しておこうと思い、お隣の利根町で寄り道。
文字通り、利根川に沿う形で所在する町です
利根町全図
ガイドマップを頼りに訪ねてみようと思い、気になったのが蛟網(こうもう)神社というスポットでした。
”関東最古の水神様”という見出しに興味を持ったのです(/∀\*)

が、決して来慣れた町ではなく不慣れな上、カーナビの通りに走っていたら”え?こんなところ通るの?”というような思いをさせられ、不安になりつつようやく辿り着いた蛟網神社・奥の宮。
DSCN6515.jpg
確かに、”蛟網神社”と書かれた案内板が立っています。
見上げると、鳥居があり”ここだ!間違いない”と。
DSCN6516_201711292307126b0.jpg
無論、ここから車では入れません。神社を参拝するには斜め前に伸びる急こう配の坂道を登っていくしかないようです。
”愛車、頑張れ!”と励ましつつどうにか駐車場に到着

ひっそりとした、森の中の社屋。
風情あるなあ。。。
DSCN6517.jpg

DSCN6518_201711292307157f5.jpg
「天下泰平國土安全」「五穀成就萬民豊楽」
今の時代に全部必要なもの。合掌

今から約2300年前。この”奥の宮”の他にもう一つ、”門の宮”が別な場所にあるそうなのですがそこへ水の神様・罔象女大神(みつはのめのおおかみ、生命の源である水をつかさどる女神)という神様を祀ったのが起源と言われているそうです。平安時代の698年に土の神様:埴山姫大神(はにやまひめのおおかみ、土木工事や土すべてをつかさどる女神)を合祀し、水害や民家が近いという理由でここ・奥の宮が建てられたそうです。(下総國相馬鎮守延喜式内蛟網神社HPより)
DSCN6520_20171129231940b49.jpg

DSCN6521.jpg
奥の宮建設後、門の宮は取り壊される予定だったそうですが氏子崇敬者の声が上がり、御祭神の御霊を分祀して門の宮に祀り現在も残されています。
DSCN6526_20171129231946819.jpg
訪れた際、七五三の御参りらしき家族が祈願を終え社務所を出てくる姿を見ました。
私が参拝後は御夫婦で参拝された方も。
長い歴史のある古刹らしく、境内には狛犬をはじめ古い石碑が見られました。
DSCN6528_20171129233132aea.jpg

DSCN6525.jpg

DSCN6530_2017112923312980b.jpg
いづれも数百年は経過しているでしょう

今でこそ、田園広がる利根町一帯ですが大昔は海でした。その頃の大地の形が蛟(みつち:伝説上の龍)に似ていたところから”蛟網神社”の名がついたと言われています。もう一つの蛟網神社=門の宮も参拝しておかねばならないところですが、不覚にも通過してしまいました
キャプチャ
こちらはいづれまた。。。

毎年、旧暦の9月14日(新暦へ換算すると11月2日)には例大祭:ばかまちと呼ばれる神事が行われているそうです。
興味は湧きますが、祭礼は夜に行われるようで。。。我が家からだと厳しいですね

まだまだ勉強不足な場所ですが、知ればさらに興味深い町です。
歴史も古く、散策する価値はありそうです

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/29 23:49 ]  利根町 | TB(0) | コメント(0)

フラワーパークウィンターイルミネーション開催中<3>

駆け足でお届けするほどでもないかもしれませんが、かといってあまり長々と引きずるのも難ですのでフラワーパークのイルミネーションレポートも今回で締めさせていただきます
DSCN6841_20171128204621f32.jpg
光の森を後にして。。。

今更ながらあらためて、園内MAPを掲載させていただきますね
IMG_20171127_0001_2017112820472051d.jpg
円で囲った部分が、今年初のイルミネーションエリアだと思います。
思えば、”フラワードームの周囲だけ、どういうわけか暗いんだけどな”と気になっていた個所です。
その暗い部分にも素敵なイルミネーションが装飾されたらもっといいのにな、と思っていたので、思いが通じて(いや、たぶん関係ないし、笑)良かった
DSCN6838_20171128205407ff2.jpg
名残惜しいけれど、他も観たいのでこれにて出発
この光のトンネルをくぐっていきます。
DSCN6844_2017112820462260d.jpg

トンネルの向こうで待ってるのは・・・・・
DSCN6846_201711282046249b2.jpg

妖精の家。
DSCN6851_201711282046259e2.jpg

無数の薔薇の妖精が、訪れる人を誘っているのです
DSCN6852_20171128204626508.jpg
「一緒に遊ぼうよ!」
そう言ってるみたい

さらに下へ降りていくと
DSCN6866_20171128212408050.jpg

すごーい、噴水が光ってる☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN6865_201711282124063a7.jpg

DSCN6862_20171128204716b8a.jpg
色が3パターン位に変化し、幻想的な色を放つ”妖精の泉”
画像の出来栄えがいまいちであまりピンとこないかもしれませんが、まるで空から零れ落ちてきた星が水面でキラキラと光っているかのようでした。ここも要チェックです( ^ω^ )

そして、お約束!フラワーパークならではの”お遊び”といったら、「幸運の鐘」
DSCN6864_20171128204717c55.jpg
フラワーパークイルミネーションの大人気コーナーです。
中央の鐘(見えにくくてすみません)を鳴らすと、”光の花”が花言葉を伝えてくれるのです。
DSCN6873.jpg

DSCN6858_20171128204714feb.jpg
赤・・・愛情
紫・・・尊敬
青・・・夢叶う
スペシャル金・・・無限の可能性
という意味が込められています。
鳴らす人によってそれらは異なる為、何が出るかは鳴らしてのお楽しみ((⊂(^ω^)⊃))
[広告] VPS


[広告] VPS


今年は私も挑戦してみました
DSCN6871_20171128213327731.jpg
いよいよ私の番!
ちょっとだけ緊張します(・・;)
どんな色になるのかな~?
[広告] VPS

大変、お見苦しい動画失礼いたしました(>_<)
自撮り、ということで大目に見てください
果たして何色になったんだろ?

DSCN6850_20171128214833270.jpg
”百聞は一見にしかず”と言いますが、フラワーパークイルミネーションは私が撮ったつたない画像で満足されるより是非、現地に足を運びご自身の肉眼で観覧されることをお薦めいたします
暗い山道で石岡市街地からも距離がかなり遠く、お出かけには不便ですがどうかお気をつけて御来園してくださいね♪

茨城県フラワーパーク
茨城県石岡市下青柳200番地
Tel:0299-42-4111
イルミネーション点灯時間 17:00~21:00(開園時間16:30~21:00、但し入園は閉園30分前までとなります)
入園料 大人500円 小人250円
(※特別イベントの為、年間フリーパスや前売り券、招待券等各割引券の御利用はできません)
休園日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/31、1/1
イルミネーション点灯期間 2017.11.15(水)~2018.1.14(日)

期間中のイベント情報等→http://www.ishioka-kankou.com/page/page000405.html

※駐車場や足元が暗くなる為懐中電灯の御持参をお薦めします。
※小さなお子さんをお連れの方は、絶対にお子さんから目を離さないようにご注意ください!


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/28 22:04 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

フラワーパークウィンターイルミネーション開催中<2>

フラワーパークイルミネーション記事、続きです。
DSCN6810_201711272200028f2.jpg
フラワードーム前にある光の雪だるま、今年も登場!
色が変化しますよ
DSCN6812_2017112722015752f.jpg

今年はフラワードーム周辺や、室内も煌びやかなイルミネーションが楽しめるようになりました。
見ると、これまでスルーしていたドーム裏側の方まで何やらキラキラとした装飾が施されている様子。本当に”隅から隅まで~”といった感じで、うかつに通過すると損しそうです
DSCN6814_2017112722000316b.jpg
裏側が気になりつつもまずは、フラワードームの中に入ります♪
.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN6815_20171127220005a5e.jpg

おお、これは綺麗だ。
筑波山じゃないですか(* ´ ▽ ` *)
DSCN6816_201711272200067c0.jpg

この筑波山を背景に、2頭のイルミネーショントナカイが遊んでいます( ^ω^ )
DSCN6825_20171127220203d8e.jpg

そして、イルミネーションツリーを飾っているのは”季節の花”!
DSCN6818_2017112722161864d.jpg
シクラメンやポインセチアでした。

DSCN6823_201711272202025df.jpg

DSCN6820_20171127220201ae7.jpg
優しい光に包まれ、イルミネーションとはまた違った魅力があります
温かく、安らかな気持ちになれそう。。。

この日は特に何の催しもありませんでしたが、イルミネーション点灯期間中の土日にはこのフラワードームでクラシックやジャズなどのミニコンサートが開催されます又、12/23(土)~25日(月)はこのフラワードーム内がキャンドルの灯りで照らされるそうな。(イベント案内→http://www.ishioka-kankou.com/data/img/1509341536_16.jpg?1509342311

といったところでフラワードームを後にしまして、裏庭の方へ向ってみました。
DSCN6829_20171127221620e69.jpg

すご~い!(((o(*゚▽゚*)o)))イルミネーションが増えてる!!
DSCN6831_201711272216239f1.jpg
パンフレットは誇大広告ではなかった!(関係者の皆さん、失礼しました^^;)
本当にエリアが拡大され、イルミネーションもずいぶんと増えていました。
DSCN6834_2017112722162450c.jpg

DSCN6835_20171127223100714.jpg

そして、こちらも( ^ω^ )
DSCN6830_20171127221621c2d.jpg
キッチンカーも昨年よりも増えました!
フラワードーム裏庭のエリア=「森のテラス」はイルミネーションの森と動物と一緒に温かいひとときを過ごすことができるスペースのようです。キッチンカーでホットドリンクを飲んだり軽食を食べたりetc。。。
温かいもので体を温めたり、お腹を満たしたり。。。
このような楽しみも必要ですからね(*^_^*)
DSCN6837.jpg
中にはシャボン玉と格闘(?)する子の姿も。

さあ、そろそろ丘を降りましょう。観るべきスポットをまだまだ残しています。
降りる前に白鳥の湖を今一度
DSCN6826_2017112722305685d.jpg

DSCN6838_20171127224143589.jpg

フラワーパークイルミネーションツアー、もう少し続きますね

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/27 22:43 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

フラワーパークウィンターイルミネーション開催中<1>

今年もまた、この季節がやってまいりました
DSCN6773.jpg
薔薇の季節は終わってしまったけれど、それに代わる”光の花”が咲く季節。
フラワーパークのイルミネーションの季節となりました。
DSCN6775.jpg

DSCN6778_201711262135432fb.jpg
入口ゲートをくぐると、サンタクロースがお出迎え。
先日、11月15日(水)より点灯が始まった茨城県フラワーパークのウィンターイルミネーションを観てきました。
今回で第3回目となるウィンターイルミネーション
昨年よりもエリアが拡大し、イルミネーションに”新メンバー”も加わってより素敵に、よりファンタジックになって2017年冬に帰ってきてくれました
DSCN6780_201711262135447a7.jpg

さあ、いざ出発!光の国へ
DSCN6787_20171126214120316.jpg

フラワーパークに咲く”光の花”をカメラやスマートフォンに残そうとあちこちでレンズを向ける人達。
勿論、私もその一人
DSCN6789.jpg

煌めくイルミネーションを楽しみつつ歩いていると、寒さも忘れてしまいます。
DSCN6790_2017112621493233b.jpg
シャンパンゴールド色に輝いているアーチが、鐘の音一つで。。。
あれ?
DSCN6796_20171126220107d3e.jpg
瞬く間に紫色に変化しました
鳴らす人が入れ替わるたびに、違った色に変化するみたいです。”光のフォーチューン”と題されたこのパフォーマンス、光が「花言葉」を告げるというシチュエーションになっていて、変化する色ごとに意味が違うのです。
私もこの後、トライすることになりますがそちらはまだおいといて
DSCN6792_20171126214933a03.jpg

来園者センターの方を振り返ってみます。
DSCN6801_20171126223443827.jpg
この寒い時期にしか楽しむことのできない花・・・
毎年のことながら光の花もいいなあ。。。
でも、これが行われると今年ももう、年末なんだという現実味を味わいちょっぴり寂しい気持ちも。

周囲の景色を楽しんでいるうちにフラワーパークのシンボル・フラワードーム(温室)の手前まで登ってきました。
DSCN6799_2017112622010956c.jpg

DSCN6802_20171126220110dc2.jpg
赤→紫→青→緑・・・と繰り返し変化し、飽きさせません[emoji:e-454
別な角度から観ると・・・
あら、綺麗
DSCN6805_20171126223445af2.jpg

サービス精神、旺盛じゃん!
と、この程度で満足してはいけません。
フラワードーム前の人工池にはなんと!
DSCN6807.jpg
白鳥だ!!

”白鳥の湖”まで登場しました!
DSCN6811.jpg

DSCN6813_20171126224102662.jpg
素晴らしい演出、やりましたねえ

そしてふと観れば、そこには光の薔薇の丘。
DSCN6808.jpg

DSCN6809.jpg

今年はかなりバージョンアップしてます
では、続きます。

よろしかったら動画もどうぞ
※0:10~15のあたり、映像が途切れます。恐れ入りますが適当に飛ばしてください
[広告] VPS


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/26 22:47 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

クリスマスマルシェとスターライト

高萩からの帰り、日立駅前のイトーヨーカドーで買い物がありましたので日立で寄り道。
この日、日立シビックセンター前の新都市広場ではクリスマスマルシェ開催中。
DSCN6717.jpg

楽しい、クリスマスソングの演奏と。。。
DSCN6719_2017112322232613d.jpg

クリスマス雑貨の販売。
DSCN6728_20171123222327c30.jpg
ざっと会場内を巡回してからヨーカドーに入り、目的の買い物を済ませて外に出てくる頃はもう日が沈み、辺りはすっかり暗くなっていました
DSCN6734_20171123222327928.jpg
クリスマスマルシェ続行中。
ホットコーヒーやスープなど温かいものを求めて買い物をしている人の姿もちらつき始めました。
DSCN6736.jpg

お店の灯りが映え、ちょっぴり幻想的な雰囲気になってきた頃、新都市広場内では。。。
DSCN6738_20171123222819a00.jpg

会場内に設置されたミラーボールが光り始めました。
これから何かが始まるのね
DSCN6742_20171123222821d9f.jpg

そう。毎年恒例の冬行事”スターライトイルミネーション”、点灯時刻がやってきたのです
DSCN6744_201711232228224aa.jpg

寒いけれど温かい、そんなイベントが行われる季節がまた今年もやってまいりましたヾ(o´∀`o)ノ
DSCN6747_20171123222823199.jpg

ライオンもキリンもゾウも牛も、みんな集まれ~!!ヽ(≧∀≦)ノ
DSCN6749_20171123223509e8b.jpg

DSCN6750.jpg

DSCN6751.jpg

DSCN6752_2017112322351448c.jpg

シャボン玉の雪も降り始めました(* ´ ▽ ` *)
DSCN6756.jpg
”人工・ダイヤモンドダスト”?!
大人も子供も夢中です((⊂(^ω^)⊃))

DSCN6760_201711232239012f2.jpg

DSCN6759_2017112322410006f.jpg
今年はツリーの中に”光る石”が登場!
DSCN6740_2017112322420263b.jpg

市内、大甕神社にある”宿魂石”。
DSCN6739_20171123224200ea0.jpg
現存する日本最古の地層:カンブリア紀の地層から発掘された石だそうです。
イトーヨーカドー側にあるドームもライトアップ。
DSCN6761_201711232239013d1.jpg

天井にある星が、音に反応し様々な動きを見せてくれます(*^_^*)
DSCN6763.jpg

DSCN6762_20171123224648d86.jpg
手を叩いてごらん!
星の並びが変化するよ!

毎年、少しずつ変化をつけ市民をはじめイルミネーションを観に来られた人達の目を楽しませてくれる「日立スターライトイルミネーション」、今年も楽しみに来られた人達を裏切らない趣向が組み込まれています。
また、点灯期間中ミニイベントも行われますので是非温かくしてお出かけください
ポスター
美味しい食べ物も待ってるよ
イベント情報はコチラでhttp://www.civic.jp/center/event/hitachi-starlight-illumination-2017/(日立シビックセンターHP内)

中途半端なイルミネーション見物となってしまいましたが、時間の都合で私のレポートはここまでとさせていただきます
DSCN6767_20171123223904196.jpg

DSCN6768.jpg
今年の主役?!
プロジェクションマッピング”結び桜”をお見逃しなく!

DSCN6769.jpg

DSCN6770_2017112322420614b.jpg
イルミネーションの街路樹。
今年もはや、こんな時期になったか。。。( ̄- ̄)
1年って本当に早いものですね。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/23 22:08 ]  日立市 | TB(0) | コメント(2)

安良川八幡宮の爺杉

大盛況の高萩市産業祭会場からちょっと抜け出しまして

市民体育館から坂道を歩くこと約10分。高台にある安良川八幡宮にやってまいりました
DSCN6665.jpg
本堂前周辺は家族連れの団体が多く集まり、着物を着た可愛らしい子供の姿も見かけました。
七五三の祈願に訪れたようです

この八幡宮、かなり歴史が古いようです
DSCN6668.jpg
京都の石清水八幡宮の分霊を勧請した御宮ですがそれが寛和元年(985年)と結構、昔
当時の多賀郡(たがのこおり)において最大の鎮守様であり祈願所だったようです。

本堂で祈願を済ませた家族がぞろぞろと外に出てきて帰り始めました。
では私も御挨拶を
DSCN6690_20171122211017c94.jpg

この八幡宮の境内に、国の天然記念物に指定されてる大杉=”安良川の爺杉”と呼ばれる杉の木があるはず。。。
本殿裏に見える杉の大木。
DSCN6669_201711222110164c2.jpg
もしやあれか・・・
と思い、裏に回ってみます。
DSCN6676_201711222149506ac.jpg
翳って見づらいかもしれませんが、画像左端の木が”爺杉”とおぼしき木。
間違いありませんでした。案内板が添えられています
DSCN6677_20171122214952aa6.jpg

「いかにも。ワシが安良川の爺杉じゃ」
と言わんばかりのタイミングで現れました。
DSCN6688.jpg
確かに、全体を見てみると凄いなあ。。。。
樹齢約1000年、高さ35m、幹回り約10mとのこと。
大正13年(1924年)に国の天然記念物に指定を受けています。
DSCN6679_201711222149551c2.jpg

千年の貫録・・・・老いても強いオーラを感じます。
DSCN6686.jpg
そんな爺杉でもさすがに老いと年月には勝てなかったのか、根元の部分が大きく空洞化してしまいこのまま放置しておけば倒壊し拝殿損壊や参拝者に危険をおよぼすことが予想されるため、伐採するか否かという協議となり結果、主幹上部を約10m切除することで解決、伐採は免れました
こうして今に至っています。
DSCN6678_20171122214954ea3.jpg
危険防止のため、ワイヤーで固定されています。
高萩市の宝、
DSCN6683_2017112221495622f.jpg
これまでずっと、八幡宮の歴史を見守ってきた安良川の爺杉。
八幡宮の守り神として、又高萩市の守り神としてこれからも末長くどうか長生きしてくだされ

【おまけ】
安良川八幡宮の隣に、國魂(くにたま)神社がありました。本堂で七五三祈願が行われている間、先にこちらを参拝したのですがこの神社に関する由来は不明。
DSCN6674.jpg
福島県いわき市に同名の神社があります。
http://www.kunitamajinja.com/index.html
決して断言は出来ませんが、もしかすると関係のある神社なのかもしれません
その國魂神社の鳥居前に、二期咲桜(?)が咲いてるのを発見し撮影してみました。
DSCN6672.jpg

DSCN6673_20171122223749363.jpg
冬、来たりなば春は遠からじ・・・
そんな言葉が一番、ふさわしい光景です


安良川八幡宮

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/22 22:49 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

高萩市産業祭へ行ってきました!

JR高萩駅から高萩市役所までシャトルバスで約5分。
バスを降りると同時に会場の熱気と食べ物の香りが漂ってきました
さあ、これからお店巡りスタート
DSCN6618_20171120224404117.jpg

DSCN6637_20171121213105c80.jpg

DSCN6619_20171121205718f1b.jpg
人気商品:高萩名物”五浦ハム焼き”
早速繁盛している模様。
DSCN6620_201711212057198df.jpg

活気ある和太鼓の音に惹かれてメインステージの方へ行くと、松ヶ丘認定こども園の園児たちの演奏による日本太鼓の演奏中でした。
DSCN6621_20171121205721049.jpg
とても就学前の子供たちの演奏とは思えない位に力強く、聞いてる人達に元気を与えてくれる素晴らしい演奏でした

DSCN6622_20171121205722f2d.jpg
決まってるぅ~!

ステージではこの後、キッズダンスや吹奏楽演奏等が次々と行われました。
お昼頃には”市民大食い大会”も
DSCN6703.jpg
カレーライスの大食い大会だって
通常の1皿の3倍はある大きさだった気が。私には無理出られた人たち、凄い!!

ステージ外でもミニ企画ありです。
DSCN6625_20171121205723d26.jpg
ウエイトリフティング体験コーナー。
女子用40kgも結構、重たかった
すぐそばで、缶バッジつくり体験コーナーがありました。

食べ物が並ぶ中、綺麗なお花も販売
DSCN6626_201711212129163c2.jpg

お隣の県より助っ人?!
DSCN6628_20171121212917f69.jpg
いわき市のマスコットキャラクター(非公認?)、フラおじさん登場!
子どもたちとの記念撮影が終わり、”こっち来てくれた”と思いきや。。。
直立不動かい( ̄0 ̄:)
フラおじさんがいわき市から持ってきてくれたお土産は、”うにのパエリア”!!
豪勢だねえ
DSCN6632_20171121212918aef.jpg

お隣の町、北茨城市も参戦です。
DSCN6634_20171121212922409.jpg
”がぜ焼き”が気になりつつも、食べたのは。。。
この寒い時期にも関わらず。。。
コレ↓
DSCN6638_20171121215215d5b.jpg
地酒”真心一魂”の酒粕を使用した、酒粕アイス。
夏、食べられなかったリベンジなのです(笑)
DSCN6644_201711212152179a3.jpg
甘酒凍らせてシャーベット状にしたらこんなかも
甘くてミルキーで、ほんのり麹の味も。。。

寒い思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした( ̄▽ ̄;)ゞ

日立市から助っ人、”百番食堂”
DSCN6635.jpg

こちらは地元
DSCN6636_20171121215214f60.jpg
高萩駅前通りにある多目的施設「高萩やすんでっ亭」からの出店は揚げパン。
お昼を待たずに完売したようです。

会場は市役所のみならず、周辺の施設=公民館や体育館、そしてその周囲の駐車場等も利用され様々な体験コーナーや食べ物の販売が行われていました。
DSCN6642_20171121220733d16.jpg
茨城のブランド米、”ふくまる”の販売。

DSCN6662_20171121220735d8b.jpg
公民館内では「消費生活展」。今年の4~9月まで放送されたNHKの朝ドラ「ひよっこ」のメイキングシーン等の写真を展示した「ひよっこ展」も同時開催。
トイレットペーパーやノート等のお土産を頂きました
室内では「健康マイレージ」と称し、食生活指導や利き酒ならぬ利きだし(だし汁)体験も。

道路にいっぱい、落書きしちゃえ!
DSCN6696_20171121220736ef8.jpg
この日だけだからね

小動物ふれあいコーナーも!
DSCN6697.jpg

??
DSCN6699_20171121220739f77.jpg
ポン菓子無料配布も!
この機械でお米を爆発させ、即無料配布されます。
出来たてほやほやのポン菓子GET!
DSCN6700.jpg
触ったら温かかった
長蛇の行列でしたから、袋詰めがすごく忙しそうでした

天気の良さも手伝ってか、イベント会場は大にぎわいでした。
高萩市産業祭は今回で第38回。

シャトルバス待ちの際、地元に住む一人の男性が
「この祭りはいつも混むんだよなあ」と、おっしゃられていました。
この日、高萩駅で下車した人の多くは観光客。半分は花貫渓谷行きのバスへ、残りは産業祭へ、といった感じ。
つまり、紅葉真っ盛りの花貫渓谷へハイキングに行かれた人達と同じくらいの人数が産業祭に来られたことになります。
市外からこのイベントに来られたという方に、地元の方がいろいろとこの産業祭についての情報を提供される場面も見られました。
それだけ、地元の人たちに愛されてるイベントなのですね
DSCN6661_201711212216475d4.jpg

産業祭ならではのお楽しみ、産業祭でしか食べることのできないグルメ、そして体験コーナー。
なんといっても、販売者(または企業)と消費者、企画者と参加者が直接触れ合える素敵なひととき。。。
それが産業祭の魅力なのかもしれません。
DSCN6704_201711212242092e8.jpg
高萩市産業祭、あと12回で開催50回を迎えます。
きっとその時はさらに集まる人が増え、今回の会場だけでは足りなくなるかも。。。?
それが現実になったら素敵だね

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/21 22:52 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

高萩市役所本庁舎

高萩市役所がとても素敵な建物になったとニュースで知り、興味を持った私(*^_^*)
でも市外の私に用事があるはずもなく、”せいぜい、外から眺める程度しか出来ないんだろうな。。。”と諦めていたところ
思わぬチャンス到来!!.゚+.(・∀・)゚+.
1510151679779-10355629.jpg
そう、高萩市産業祭です。会場の中に市役所新庁舎が入ってるo(≧ω≦)o
しめしめ、うまくいけば内部を見学できるぞと足を運ぶことになりました。
DSCN6643_20171120215050c69.jpg
バックに見える建物が高萩市役所新庁舎。
市役所が新庁舎となり、初めての産業祭。
早い時間からすでに賑わってますねえ((⊂(^ω^)⊃))

東日本大震災により被災し、使用不可能となってしまった旧庁舎に代わって新たに建設された高萩市役所新庁舎。
2年前に着工し、今年の9月竣工→開庁となりました。
DSCN6614_20171120215044403.jpg

DSCN6615.jpg
ガラス張り部分が、この日の青空に映えるなあ。。。(* ´ ▽ ` *)
DSCN6616.jpg

DSCN6617_20171120215048696.jpg
毛筆で書かれた「高萩市役所」の文字がかっこいい!
和の雰囲気を表しています。

この日はイベント来場者の為に、庁舎のトイレを解放していました。
そして、1Fロビーは来場者の休憩スペースとなっていましたのでゆっくりと庁舎内を観察することができました。
といっても、休日窓口の業務を行っていた職員さんがお仕事いましたのでさすがに写真は撮れませんでしたが^◆^;
中はざっとこんな感じです↓
IMG_20171120_202004_2.jpg
「高萩コンパクト・スタイル」をコンセプトに、①無駄のない庁舎②持続性の高い庁舎③人が集まる庁舎~の3つのテーマにそって建築された高萩市役所新庁舎。木目調の床に業務カウンター等まるで一般住宅のような親しみやすさを居心地の良さを感じました( ^ω^ )
”コンパクト・スタイル”の通り、本当に設計に無駄がない!
フロアは全部で4F。最上階の4Fには展望ロビーが設けられていました
DSCN6705.jpg

高萩の海が展望できます
DSCN6706_20171120215307e13.jpg
晴天の日にいいね。
ちょっと休めるベンチも。
DSCN6708.jpg
庁舎内のあちこちに、木のぬくもり感じられるとても優しい新庁舎。
とても素敵です

さて、気になったものがもう一つ。
庁舎前に設置された綺麗なオブジェ。
DSCN6648_2017112022291452b.jpg

2人の少女像と、その下に広がるのは海。
DSCN6656.jpg

「静かな海」というタイトルがついたオブジェです。
高萩海岸をイメージして造られたモザイク画だそうです。
DSCN6645_20171120222912470.jpg

波と砂浜。
砂浜に咲く無数の花は浜菊でしょうか。。。
DSCN6657_20171120222919743.jpg

DSCN6652_20171120222917b51.jpg


少女像が建つ中央には市の花・萩や松の木のレリーフ。
それに砂浜を歩いた人の足跡等も盛り込まれていて楽しい作品となっています。
DSCN6650_201711202234433b7.jpg

DSCN6658_20171120223444501.jpg

DSCN6659.jpg
”市の顔”として、さりげない観光PRって感じかな?
こちらも素敵

人に優しく、街に優しく、そして環境に優しい市役所を目指して欲しいな

といったところで、産業祭楽しみますp(*^-^*)q
DSCN6618_20171120224404117.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/20 22:44 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

F級グルメと昭和のくるま<後篇>

F級グルメグランプリのレポート、後篇です。
この日の目玉はやはり、”昭和のくるま”
”花より団子”を返上(?)し、いざ!

今回は説明を省略し、画像と車種名(但しわかる範囲で)のみ掲載させていただきます。
なお、記事に登場する画像は見たものすべてというわけではありませんので何卒ご了承ください
DSCN6550_201711192144062a5.jpg
いすゞ117クーペ 1972年式
今回は珍しく、別な色のものもありました。
DSCN6583_20171119215355db1.jpg
いすゞ117クーペ(1975年式)

DSCN6563.jpg
スズキセルボ(1979年式)

DSCN6565_201711192144091f0.jpg
ホンダN360(1969年式)

DSCN6567_20171119214410c91.jpg
ブルーバード(1971年式)

DSCN6570_20171119214411c5f.jpg
スカイラインGTR(1973年式)
通称:ケンメリ 発売期間が短く台数も少ないため稀少価値?!
で、スカイラインといえばこんな車も展示されました。
DSCN6587_2017111922075865d.jpg
”昭和のくるま”に展示されたスカイラインの中で一番、最年少の1982年式
そのフロントマスクからか”鉄仮面”とか”ジェイソン”とかって一部で言われてたとか?
一方、スカイラインの最年長はこちら。
DSCN6581_201711192217331a5.jpg
プリンススカイライン(1967年式)
あ、そういえばハコスカ撮ってない

さて、日産の”昭和のくるま”といえばこちらも外せませんね
DSCN6574.jpg
フェアレディZ(1967年式)
こちらは同じZでも1986年式
DSCN6588_201711192220095e1.jpg
フェアレディZと聞いて皆さんがとっさに頭に浮かぶのは、どちらですか?
Zが出りゃ、これも無視できないね
DSCN6580_2017111922173191d.jpg
シルビア(1967年式)
私が生まれた年に発売になった車が続いてます
(年齢、カミングアウトしてんじゃねーよ

世代違いのクラウンが、仲良く並んで展示されていました
DSCN6575.jpg
グリーン(画像左)は1972年式、隣の白いのが1982年式
そしてこちらはライバル車↓
DSCN6577_20171119222610ba5.jpg
ニッサンセドリック(1969年式)

DSCN6595.jpg
スバルレオーネ(1985年・1986年式)
紅白そろい踏み?!(笑)

DSCN6590_20171119222612843.jpg
Be-1(1988年式)
発売期間が確か、2年ほどだった記憶があります。
マーチのエンジンを使用していたんじゃなかったっけ?これも台数稀少車。

DSCN6596_201711192226153f6.jpg
カローラレビン(1982年式)

昭和のくるまはある意味、タイムカプセルのようなものかもしれません。見た人が”あ~、懐かしい!”と感じそれぞれに思い出に浸る。。。
どんなに年齢を重ねても、その車を見ただけで当時の年齢に戻ることができる・・・
つい数分前まで
”体が痛い”、”もう歳だ!”と嘆いていたかもしれない人達が、若かった頃の思い出ある車を見ただけで目の輝きを取り戻す・・・。それはまるで、血気盛んだった当時のように。。。
それを考えると、昭和のくるまが昭和時代に生きた人たちへ与えてくれる力というものはとてつもなく大きい!!
DSCN6597_20171119224629677.jpg
トヨタソアラ1986年式

さて、実はまだまだ紹介させていただきたい車がありますがキリがありませんし、とても掲載できませんのでそろそろこのくらいまでとさせていただきたいと思います。
最後まで御閲覧、誠にありがとうございました

おまけ:今回のお試しグルメ
DSCN6599_20171119224632151.jpg
DSCN6600.jpg
晴人(ハレジン)さん(from笠間市)の「小松菜スムージー」と・・・。

DSCN6602.jpg
DSCN6605_20171119224635ce9.jpg
かんしゃさん(from常総市)の「鶏塩ラーメン」

いづれも美味しゅうございました

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/19 22:58 ]  城里町 | TB(0) | コメント(2)

F級グルメと昭和のくるま<前篇>

紅葉深まっていた、サテライト水戸駐車場に集結した
グルメ、そして昭和のくるま。。。
DSCN6548.jpg

そうです。
先日、告知させていただいたF級グルメGrandPrixへ行ってまいりました∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN6573.jpg
特別展示車:BUGATTI T35T(1926年式)
昭和時代に活躍した懐かしい名車たちがここに集まり、会場の中央を固めます。
そして、その周囲を囲うかのように並んだ県内のグルメ店舗・・・
DSCN6551_2017111821415032d.jpg

DSCN6538_201711182139586d1.jpg

DSCN6539.jpg

DSCN6547_20171118214148be0.jpg

DSCN6546_201711182141471fb.jpg
那珂湊焼きそばVS常総焼きそば、
軍配はどちらに?

名車を観賞しながらのグルメ満喫、
このような機会でもなければ、なかなかできないね
DSCN6541.jpg

スバル360、正面から
DSCN6557.jpg

ホンダZとの2ショットです
DSCN6554.jpg

Zといえば、やっぱりバック姿も撮っておかなくちゃ♪
DSCN6555_20171118215201d9d.jpg

おおっと!これぞまさしく”昭和”?!
DSCN6562_20171118215206727.jpg
マツダのオート三輪トラック!
1963年、昭和38年式です。「ひよっこ」の時代よりも少し前かな。
DSCN6561_20171118215204c4e.jpg
後方車への気配り?!
なかなかお目にかける車ではないので、記念写真等撮られる方もいらっしゃいました。
DSCN6558_20171118215203434.jpg

さ~て、車が先かグルメが先か
とりあえず、体を温めます。
DSCN6542.jpg
黒澤醤油店さんの甘酒ミルク(温、ノンアルコール)をいただきました。
優しくて温かい・・・小さなお子さんにもお薦めな味です
お土産用に醤油・味噌プリンも購入。
体が温まったところで、仕切り直し!
さあ、再び行きます∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN6559_2017111822015509f.jpg
スバル:アルシオーネ(1985年式)
同じく1985年式のこちらはサーフ↓
DSCN6560_20171118220536715.jpg
トヨタ:ハイラックスサーフ
そういえば、この車種の最初の頃ってこんなだったね

では、続きは後篇で
果たして皆さんが”見たい!”と思われる車は出てくるかな~?

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/18 22:11 ]  城里町 | TB(0) | コメント(2)

かわちマルシェ、秋編<後篇>

先日11月12日(日)に開催された、かわちマルシェレポート後篇いきます

お!かわち丸、手にいいもの持ってるね
DSCN6497_20171117214019c7f.jpg
かわち丸が手にしていたものは当然、私も興味を惹きました(笑)
その商品は。。。
DSCN6499_2017111721402136a.jpg
木製クリスマスツリーヽ(≧∀≦)ノ
折箱専門店、オリシゲさんの商品でした!
いつも可愛い木製の小物を持ってこられるオリシゲさんですが、今回はシーズンに合わせたこの一品。
画像のように、組み合わされた木片をくるくると動かし自由自在にいろいろなパターンのクリスマスツリーになっちゃう!
散々、遊びつつ結局私も一つ購入
DSCN6533_20171117214025f4e.jpg
※自宅にて撮影。
なんか、和室に似合うぞこのクリスマスツリー


他にも可愛い小物がいっぱい!((∩^Д^∩))
つい、手が伸びてしまいます。
DSCN6503_20171117214938ae0.jpg
前回のかわちマルシェ記事でも書いていますが、オリシゲさんは本来お弁当や引き出物等の折箱を作られるお店ですので、ここに並んでいるような可愛い小物は普段、御店売りされておりません。購入できるのはイベント会場だけなのです。
かわちマルシェならば、確実に現物を”見て””買う”事が出来ます。欲しい方は是非、かわちマルシェへ!
・・・と、河内町誘致をしてどうすんだ?(笑)

今回、このイベントで”欲しいっ!”と思ったものがもう一つ。
DSCN6535_2017111721494280b.jpg
あべようこさんのイラストカレンダー
そして、”和の紙遊び”。
DSCN6501_20171117214935136.jpg
1冊のノートがこんなに大変身↓
DSCN6500_20171117214022f88.jpg
双六になったりのし袋になったり包装紙になったり。。。。
子どもの頃買っていた雑誌の付録で遊ぶような、そんな楽しみ方ができる魔法のノート

室内でもワークショップが行われています
DSCN6502_20171117214936b36.jpg

屋外で遊んで室内でも遊び、そろそろランチタイムかな。
お腹が空いてきました。
龍ヶ崎市のお食事処:源兵衛さんのカツサンドをいただきました
DSCN6507_20171117220438fda.jpg

DSCN6508_20171117220439c2c.jpg
やわらかくて美味しいとんかつでした
口コミによれば安くて美味しい定食屋さんのようです。特に茄子と豚肉の味噌炒め定食が人気メニューらしい。
いつかお店に足を運んでみよう
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PV8HB5jzY3U

さて、ひととおり会場を満喫したところで最後はこれで締めます。
DSCN6514_20171117220441ef8.jpg
揉み処揉み家
お隣の町・利根町からの参加です。
イベント特別価格、1000円ぽっきりということで私もやっていただきました
DSCN6482_2017111722340772f.jpg
※画像中で横になられている方は関係ありません^^;

わずか20分でしたが、とても気持ちよかった
ありがとうございました

普段はイベント会場への出張はされないとのことですが、旦那様が河内町の方ということでその御縁で今回、かわちマルシェに協力されたそうです。
そういえばこのイベントには、市外から協力に駆けつけられたお店が多かったっけ。
一つの町が”町おこしに”と企画したイベントにその企画者と、お手伝いに来られた市外の業者さん方。。。
そして、ここに足を運ばれたお客さんたち・・・。
かわちマルシェで感じたものは、一言で表すとまさしく「三位一体」!!
河内町を盛り上げようと、たとえどんなに面白い企画を立てても、それに賛同しついてくる人が集まらなければかわちマルシェは生まれなかったと思います。又、町の出店者だけではもっと小さな規模のイベントになっていただろうし市外の協力者が手伝ってくれることにより、ジャンルも広がり来場者も幅広く集まることができたんじゃないかな、と。
そして来場者。
もしも、「1回くればもう、充分だな」と思われてしまったら次回はありえなかったと思います。
続いているのは「あ~、楽しかった!また来よう!」と感じてくれてるイベントである何よりの証拠ですね。

みんなでつくる・手作りのイベント、それが”かわちマルシェ”の素敵なところかもしれません。
河内町の最大の魅力、それは”かわちマルシェ”かもね
FB_IMG_1507279020725.jpg
次回は来年の春かな?
今度は何に出会えるかな~?(*´∀`人 ♪

今回のかわちマルシェに出店されたお店の情報が見られます↓
https://ja-jp.facebook.com/%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7-1556703797963087/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/17 23:03 ]  河内町 | TB(0) | コメント(2)

かわちマルシェ、秋編<前篇>

県北地域の紅葉もずいぶん、色づき県内各地ではグルメを中心としたイベントがいっぱい!
まさしく行楽シーズンであり、イベントラッシュです
特に先週日曜日は久々、雲ひとつない快晴でお出かけされた方も多いのではないでしょうか。。。

そんな日曜日に、茨城県の最南端の町・河内町にて「かわちマルシェ」が開催されました
毎年、春と秋の2回行われるそうです。
これからゆっくりとそのレポートを書かせていただきます。
DSCN6479_20171116205134121.jpg

おお、朝獲り野菜だ
DSCN6481_20171116205135606.jpg
地元河内町で自家製野菜を作られている人達の出店だそうです。
値段、安っ!うかうかしていると、あっという間に目的のものがなくなっちゃいそう

わーい、かわち丸~!!また会えたね\(^o^)/
DSCN6491_20171116205140fcc.jpg

多少、入れ替わりはあるものの出店者はほぼ前回・5月の時と同じ。
今度こそ、このパンGETだ!
DSCN6483_20171116205137aa1.jpg
DSCN6485_20171116205138aab.jpg
町のキャラクター:かわち丸のあんぱん。製造・販売は龍ヶ崎市の人気パン屋さん:まちかどのパン屋さん もみの木さん。
イベントオリジナル商品です。河内町のイベントだから町に合わせた商品ということで作られました
イベント毎にいつも、そのイベント内容にふさわしいオリジナルパンを販売されています
DSCN6531_20171116210744f56.jpg
お米の形をした、白くてふわふわなパン。
持ってみるとすごく軽くて、中を割ったらこしあん・・・と思いきや
DSCN6532_20171116210745de0.jpg
焼き芋あんでしたヽ(≧∀≦)ノ
他、渋皮くりあん・こしあんの計3個セット。美味しくいただきました

さて、他も廻ってみましょう。
つい、お財布の口が緩んでしまう・・・そしてつい、手が伸びてしまいそうになるくらい欲しくなる手作りの小物がいっぱい!
DSCN6492_201711162107399a5.jpg

DSCN6493_20171116210741786.jpg

DSCN6513_201711162119513af.jpg
会場内は決して広い場所ではありませんのであっという間に一周してしまいます。
そんななかでも興味を惹くお店がいくつもありましたから、何周廻ったかわからない(笑)
歩いているうちに、ちょっとお茶したくなりました(* ´ ▽ ` *)
お隣の町、利根町のとむとむさんの珈琲飲もぉっと♪
DSCN6487.jpg

自家焙煎コーヒーと、いちじくタルト(こちらは別のお店)でカフェタイム
DSCN6488_20171116212202fa1.jpg

かわちまるしぇは、元JA稲敷河内支所の跡地:事務所・駐車場を利用して行われています。
事務所だった建物の中にもお店がありますので、こちらも観てみなければ。
DSCN6511.jpg
前回同様に手作り感溢れる装飾と会場案内
では、お邪魔しまぁ~す!
DSCN6510.jpg

さあ、買い物するぞ!(←今までのは何だったんだよ、という突っ込みは聞きません、笑)
DSCN6496_201711162136263fd.jpg
かわち丸にも何か気になるものがあったのかな?

というわけで、後篇に続きます。

かわちまるしぇ関連(出店者情報)はコチラ→https://ja-jp.facebook.com/%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7-1556703797963087/

よろしかったら、前回(今年の5/21)開催時の記事もご覧ください( ^ω^ )
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-3060.html
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-3061.html

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/16 21:42 ]  河内町 | TB(0) | コメント(0)

週末はサテライトへ行こう~F級グルメグランプリが開催されます!

茨城県のローカルラジオ番組IBS茨城放送プレ55周年を記念して、城里町のサテライト水戸にて来る11月18(土)・19日(日)の2日間にわたり、F級グルメGrandPrix(グランプリ)が開催されます
1510010464202-1402892990.jpg
DSCN3891.jpg
会場:サテライト水戸(茨城県東茨城郡城里町上入野1551-1)

”A級グルメ”、”B級グルメ”はよく耳にするけれど”F級って何?”と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね
「F級」の”F”とは「FM(主催はIBS茨城放送FM局です)」の”F”であり、「FOOD」の”F”、そして「FESTIVAL(フェスティバル)」の”F”さらに”FUN”の”F”の意味が込められたそうです。
DSCN3864.jpg
茨城県内の著名なグルメ店舗が全部で約40店舗出店され、それぞれ自慢の味を競い合うらしいですから。。。。
楽しみですねえ。。。
那珂湊焼きそばと常総焼きそばの直接対決(?)が実現するかも?!
DSCN6227_20171115205846543.jpg

そして、18日(土)には「昭和のくるま大集合」!
40歳以上の人には懐かしい、”昭和の名車”と呼ばれる車が勢ぞろいしますヾ(o´∀`o)ノ
IMG_4539_20110503214124.jpg

IMG_0215_20090423214322.jpg

IMG_0217_20090428211506.jpg

トヨタ2000GT
※いづれも、別なイベント会場で過去撮影したものを使用しました。

そして19(日)には、20数年前茨城県内在住でラジオの深夜放送を聞いていた方なら覚えてるかもしれない人気番組「パンパカパラダイス 今夜もきかナイト!」が、当時のパーソナリティにより1日限りの復活を、しかも公開生放送により開局!!
時間は12:00~14:50の約3時間。
”この番組、大好きだった!毎晩聞いてた^^。”という方は是非ご来場ください!

スルーしたら一生後悔?しそうな企画がたくさんありそうです(*´∀`人 ♪
この週末、”どこにも出かけるところがない”という方、食べるの大好きな方、クラシックな車が大好きな方etc。。。
サテライト水戸へレッツ、ドライブ=3


日帰り入浴施設ホロルの湯もこの近くです。お帰りにはゆっくりと温泉入浴などいかがですか?(A^0^*)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/15 21:24 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

菊あかりと地酒<2>

門前菊あかり、18:00に点灯開始。
この夜限りのライトアップです。
DSCN6430_20171113211625e64.jpg

笠間稲荷神社前の門前通りと呼ばれる道路がたちまち、幻想の世界へと変身しました
DSCN6433_20171113211627406.jpg

こちらでもプロジェクションマッピングですね
DSCN6434_20171113211628796.jpg

DSCN6431_20171113213439813.jpg

映し出されているのは、笠間市内の風景や街並み
DSCN6432_20171113213614a2c.jpg
店舗や路上を利用し、様々な”光のパフォーマンス”が演出されています。
昼間の門前通りでは決して見られない、魅惑の世界。。。
たった1日だけだなんて、とても勿体無い

稲荷神社の鳥居前に戻ってくると、狐が黄金色に
DSCN6436_20171113211630825.jpg

ここに来るたび、鳥居脇の狐のオブジェが気になり”ライトアップしたら綺麗だろうなあ”と思っていました。
今回、初めて光る狐を観ることができて良かった
DSCN6439_20171113211631481.jpg

違う方向からも撮っちゃお
DSCN6472_20171113214222b3f.jpg

DSCN6473_20171113214224a66.jpg

ところで肝心の”笠間乾杯”の方はどおだろ?と気になり、ぼちぼち笹目商店の庭にはいることにしました。
鏡開き・一斉乾杯の準備も万端!
関係者数名と、笠間市長・山口伸樹氏の姿もみえこれで役者が揃った・・・

掛け声とともに木槌が樽に振り下ろされ、御開帳!
DSCN6445_20171113214602471.jpg

そしていよいよ、お待ちかねの時。。。
乾杯
DSCN6448.jpg
乾杯用の1杯をぐっと飲み干した後、早速先ほど鏡開きにより解放された樽酒をもらいにいく私。
ちなみに無料です。但し早いもん勝ち
DSCN6449.jpg

(*≧∪≦)☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ヽ(≧∀≦)ノさ・い・コー!!
やっぱり樽酒は一味もふた味も違うなあ。。。(*´∀`人 ♪
ストレートに美味しかったです。ちぃっぴり辛口で後味もくせのない。。。
勿論、お替わりいただきました。
DSCN6452_20171113220426633.jpg

ちなみに、いただいたのはこれです↓
DSCN6453_201711132204275a3.jpg
笠間の地酒、これまでに食したのはこの松緑(笹目宗兵衛商店)、稲里(磯蔵酒造)、郷の誉(須藤本家)そしてこの夜初めてトライした東海(武藤酒類)。
これでほぼ制覇したかな?いやいや、まだまだ(笑)
笠間焼に代表されるように、笠間市は伝統工芸と芸術の街(あくまで個人的な見解ね^0^;)。ですからそんな街で生まれた日本酒も、それぞれの酒造会社の伝統とこだわりの技術を活かした、立派な”芸術作品”と言ってよいのではないでしょうか
DSCN6477.jpg
お酒を美味しくするための余興も!
笠間稲荷囃子保存会の皆さんによる演奏が行われました。この1時間後には川嶋志乃舞さんの三味線演奏も行われる予定でしたが、事情あってあいにくその時間までいることができず私は退散。
美味しい笠間の地酒(実はそれが一番の目的)は味わえたし門前のライトアップも綺麗でしたので大満足です

DSCN6463_20171113221458962.jpg

海の無い街に、海が出来た!
DSCN6467.jpg
プロジェクションマッピングの中で遊ぶ子供の姿もあったっけ。
屋外映画鑑賞「門前キネマ」も同時開催され、大人だけでなく子どもも楽しめる楽しい企画も盛り込まれ、とても充実した夜だったのではないでしょうか。。
何度も言うけど、本当に一夜限りなんて実に勿体無い
DSCN6388_2017111322382783e.jpg

最後に、菊の花のライトアップ画像を掲載させていただきます。
DSCN6469.jpg

DSCN6470.jpg

DSCN6471.jpg

う~ん、なんだかわけのわからないショットになってしまって大変申し訳ありません

門前菊あかりはこの夜限りですが、笠間の菊まつりは11月26日(日)まで行われています。
今年の菊人形展テーマは「おんな城主直虎」。今年はなんと、菊人形展会場手前の施設「嘉辰殿」にてあのカリスマ華道家・仮屋崎省吾氏の個展も行われているそうです(~26日まで。有料※菊人形展との共通券1,000円)
11/15~17日、19~23日にはサイン会が、19日(日)にはトークショーも開催されるそうですので興味のある方は是非、お出かけくださいね
DSCN6374_2017111322513228f.jpg
お問い合わせは笠間稲荷神社(Tel:0296-73-0001)もしくは笠間市商工観光課(Tel:0296-77-1101)まで。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/13 22:53 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

菊あかりと地酒<1>

秋の恒例行事「笠間の菊まつり」が今月26日(日)まで開催中。
今回は珍しい時間帯に笠間入りをした私。
DSCN6367_201711122149560ec.jpg
この時大体16:30頃。日はずいぶん傾いていました。

DSCN6381_20171112214957dab.jpg
本殿奥で行われているはずの菊人形展の公開時間はすでに終了(~16:30までです。入場受付は16:00まで。)
せめて本殿前と参道の菊を楽しませていただきましょう。
DSCN6377_2017111221560308f.jpg

DSCN6383_201711122149595d7.jpg

でも大丈夫( ̄ー ̄)b実は今回の目的は菊人形展ではありません。
DSCN6386_20171112215000f2f.jpg

DSCN6391_201711122202545b9.jpg
この日の夜開催されるはずの「笠間乾杯」イベントに参加するためにやってきました。
笠間市の地酒試飲販売、そして”一斉乾杯”が、稲荷神社向かいの笹目宗兵衛商店という酒屋さんで行われるのです。笠間の地酒は何銘酒か飲んだことがありますが、”現地”で飲むのは初めてかも
DSCN6387_201711122202517d4.jpg
事前予約は不要ですが開場は17:30から。まだ1時間程待たなければなりませんでした。
あ~、待ち遠しい(笑)
DSCN6393_20171112220255292.jpg
時間がくるまで中で資料見学をされてる方も何名かいらしたようでしたが、私はいったん外に出て門前前の通りをぶらぶら歩くことにします。

二ツ木さん、稲荷神社参拝のたびにお土産にくるみ稲荷ずしを買っていましたがこの日の販売は終了
DSCN6390_20171112220252397.jpg

通り沿いのお店のあちこちに和傘を利用した素敵な装飾がされてるのが目に留まりました。
DSCN6397_20171112220257870.jpg

DSCN6389_20171112221317b7a.jpg

DSCN6396.jpg
この時期は日没になると辺りが暗くなるのが実に早い!つい先ほどまで見えていた青空が真っ黒に。
あっという間に夜になりました。

DSCN6398.jpg

DSCN6400_20171112221321f57.jpg

そろそろ並び始めた方がよさそう。。。
というわけで、最後尾へ。
DSCN6401.jpg

あとどのくらい、待つのかなあ・・・
そう思っていると、列がぞろぞろと笹目商店庭園の入口に吸い込まれて行く様子が。
関係者の配慮により、予定より早い開場となったようです。
好みの笠間焼のぐい飲みを選んでまず1杯
DSCN6404_20171112222357125.jpg

そして、早速試飲(有料)
DSCN6405_201711122223597e6.jpg
武藤酒類醸造さんの「東海」純米吟醸をいただきました
軽くて甘くて、飲みやすかったです。日本酒苦手な方もこれならOKかも?!

開場と同時に食べ物の販売も開始しました。
早速、暖を求めて豚汁を購入される方続出!
DSCN6408_2017111222240209a.jpg

こちら↓の樽酒は、鏡開きに使われます。
DSCN6407_20171112222400e8d.jpg
この1時間後、笠間市長ら数名の代表の方により鏡開きが行われ一斉乾杯の後来場者に無料配布されることになります。
一斉乾杯の時刻は18:30。
まだまだ時間があるぞ、と
というわけで再び門外へ。

外に出ると、稲荷神社の鳥居が素敵に変身
DSCN6410_2017111222240316d.jpg

おおっ!なんとピンク色
DSCN6415_20171112223537c24.jpg

赤やピンク色に変身する笠間稲荷神社鳥居に暫し目が釘付けに。
門前菊あかりが始まりました
DSCN6416_201711122235398b0.jpg

路上ではプロジェクションマッピングですね
DSCN6427_20171112224107ce9.jpg

DSCN6428.jpg

あちこちで楽しそうなミニ企画が催されているようです。面白そうですので一斉乾杯開催前に巡回してみることにしました。

というわけで、今回はここまで

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/12 22:44 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

赤レンガと銀杏、そして発電所跡

毎年秋、常陸太田市の町屋地区で行われている赤レンガの建物と銀杏のライトアップイベント~行灯の赤レンガと銀杏まつりの時期が今年もやってまいりました
IMG_20171105_0001.jpg
DSCN4309.jpg
無数の行灯の灯りで照らされた文化財と銀杏、その中でダンスや音楽等のイベントやけんちんそば等のグルメが振る舞われます。そして、赤レンガの建物の中ではひょうたんらんぷの展示が「
DSCN4343.jpg
(3年前のイベント時の画像です)
現在開催中の「里美かかしまつり」とセットでお楽しみいただくと楽しさ倍増
明日は雲が多く雨降る予報も出ていますが、イベント開催中はもってくれると良いですね。

さて、銀杏まつりの1週間前にあたる先週日曜日。
まだ準備中の町屋変電所を訪ねてみました
DSCN6351_20171110211535200.jpg
ひょうたんらんぷの展示準備中ということで、館内に入ることはできませんが相当な数です。これだけの数を作成するのには、どれだけ手間と時間がかかることか製作された方、素晴らしい

この建物が明治42年に建築された赤レンガの変電所。昭和31年まで現役で活用しその後は公民館として使用されましたがその役目も終え取り壊される話があがったところを地元の有志達の積極的な保存活動により、一命を取り留めました。そして平成11年には国の有形文化財認定を受けています
DSCN6339_201711102115343ac.jpg

DSCN6353_20171110220039329.jpg
そしてこの建物には”もう一つの顔”があります
皆さん、覚えているかな~?
DSCN6349_2017111021545955c.jpg
今年の4~9月まで放映されたNHKの朝ドラ「ひよっこ」のロケで使用され、この旧変電所も”奥茨城村役場”の役で登場しています今回は歩きませんでしたが、川の向こうには名シーン「聖火リレー」の場面で登場した街中もあるようで。
DSCN6348_20171110221258686.jpg

DSCN6347_201711102213318f4.jpg
川のせせらぎが癒しだわ~。・+。☆(* ´ ▽ ` *)☆+。・。
ここ・旧町屋変電所付近のロケ地案内図も添えられていました。ドラマの記憶がまだレアなうちに、ロケ地散歩ということでお散歩してみるのもいいかもね

今回は明るいうちの訪問、ということで3年前の時には立ち寄らなかった発電所跡も観て行くことにしました。板張りの遊歩道を少し歩いたところにあります。
分かりやすいように当時の写真と共に案内板が設置されていて親切ね♪
DSCN6340_20171110215454111.jpg

DSCN6341_20171110215456c06.jpg

見ての通り、当時の建物や機械は残されていません。僅かな遺構と土台のみです。
でも案内が添えられているので当時の雰囲気は大雑把ながら掴むことができますね
DSCN6345_2017111021545685e.jpg

水門はそのまま残っていました。
DSCN6346_201711102154580f6.jpg
100年の歴史の重み感じます。。。

感慨にふけった(?)ところで、再び赤レンガの旧変電所へ。
DSCN6352_2017111022003713d.jpg

”赤レンガと銀杏”が主役ですので、なんとか良いショットは撮れないものかと思考錯誤でカメラをあちこち向けてみます^^;
銀杏はほぼ、見頃ですね
DSCN6355_20171110220041f54.jpg

翳った構図なども。
DSCN6354_20171110220040967.jpg

お気に入り↓
DSCN6361_201711102200435e0.jpg
”我ながら上出来”と、自己満足(笑)

良い写真を撮れたところで、愛車の待つ駐車場へ。
駐車場として設けられた高台の広場にある銀杏は、黄金に輝いていて今が見頃と言った感じでした(* ´ ▽ ` *)
DSCN6338_2017111021153194b.jpg

ライトアップも素敵でしたが、明るいうちの散策も充分楽しめました(*´∀`人 ♪

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

過去記事もよろしかったらご覧くださいhttp://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2194.html
 [ 2017/11/10 22:50 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

旧福田家住宅・板倉(民家園)

かすみがうら市指定文化財巡り記事、今回で最終回です。
最後に訪問したのは、歩崎公園から約800m高台に上がりかつかすみがうら市郷土資料館の近くにある民家園。
旧福田家住宅とその板倉があります。
いづれも、市の指定文化財です
DSCN6307.jpg

旧福田家住宅並びに板倉は、以前別な場所にあったようです。
市内の牛渡という場所にあり、平成4年にこの地に移築復元されました
DSCN6308_201711092304067b5.jpg
ちなみにこの両者はそれぞれ、別な所有者から寄贈されたものだそうです。
つまり、同一の福田さんじゃないってことですね。
住宅の方は、東北の旧農家によく見られる曲がり屋。
DSCN6329_20171109230715412.jpg
かすみがうら市内で最初に確認された曲がり屋だそうです。
一目で”厩だったんだ”というわかりやすい個所発見
DSCN6327_20171109230714c47.jpg

では、中に入ってみましょう。
先に見てきた椎名家住宅同様、屋根に裏板を張っていません。
DSCN6311.jpg
説明文によれば、間取りも椎名家同様の広間型といわれる間取り法でこの地域には古くからあったものだそうです。
やはり、畳の部屋はたった1部屋。
唯一の畳の部屋ではこの日、着物の展示が行われていました。
DSCN6313_20171109231758e67.jpg
明治・大正・昭和のそれぞれの時代の着物。
デザインの違いを見比べてみると面白い!

DSCN6314_2017110923180064d.jpg

DSCN6315_201711092318037c8.jpg
モンペスタイルは昭和ですね
もしかすると、現代のパンツルックの元祖はここから来てるのかな?

文化財保存に徹底しているのか、照明が控えめで見学するにはちと暗いかも
よって、フラッシュを使用させていただきました
DSCN6312.jpg

DSCN6325_201711092307113ed.jpg

DSCN6326_20171109230713451.jpg

DSCN6321_20171109232658beb.jpg
生活感がにじみ出ているわあ。。。(*^_^*)
暗くて確認できませんでしたが、江戸時代中期の工法や造りが数か所見られることから18世紀初頭の建築と推定されてるそうです。映画やCMのロケにも使われることがあるようですがご覧になられたことのある方、いらっしゃいますか?

一方、旧福田家板倉は解体の際、壁板の裏に”天保14年(1843年)”と書かれた墨書が発見されこれによりその年の建築であることが確認されています。お助け普請によって建築されたものとも伝えられているとか。
DSCN6309_2017110923040819f.jpg
手前にある元・井戸らしきものがなかなか風情あるね

最後は駆け足となりましたがかすみがうら市の歴史を語る貴重な文化財巡りの旅、以上で終了となります。
まだまだ探せばたくさんあるし、今回の”一斉公開”でリストアップされなかったものの中にも”これはちょっと興味あるな”というものがいくつも浮かび上がってきました。
まだまだ、知らないことばかり。
次回、ゆとりがあれば文化財巡りと同時進行でそれらも巡ってみたいと思います。


民家園(旧福田家住宅)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/09 23:40 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

かすみキッチン、再び!

腹が減っては戦は出来ぬ。
腹が減っては記事収集出来ぬ(笑)
というわけで

やってきましたかすみキッチン
DSCN6295_20171108211533f99.jpg
今回で2度目の訪問になります。前回は夜でしたが今度は昼間。
明るいうちの利用もいづれしてみたいと思っていましたが、それが現実となりましたヾ(o´∀`o)ノ
前回、訪れた時と変わったところは、1Fラウンジがカフェになっていたことです。
DSCN6296_20171108211534f8c.jpg
レンタサイクルもあります。天気の良い日にここで自転車を借りて霞ヶ浦湖畔のサイクリングロードを風切って走ったらさぞ、気持ちいいでしょうね帰ってきたらここで冷たい飲み物で喉を潤したり、スイーツで疲れを癒したり。。。なんだか素敵ですね

2Fレストランはちょうど、ランチタイムだったせいか順番待ちでした。
DSCN6298_201711082115371f4.jpg
レジ前で名前を記入し、飲み物を飲みながら待機。
こんな気配り、ありがたいですね
レストラン内装は廃校となった小学校で使用されていたものが利用されています。
ウェルカムボードとメニューボードは元黒板。
DSCN6297_20171108211536c37.jpg

待ってる間、テラスの向こうに見える霞ヶ浦を一望。
DSCN6299_201711082115381a6.jpg

ようやく名前が呼ばれ、前回の訪問時と同じくカウンター席(お一人様だからね~(´∀`*;)ゞ)を案内していただきました。
カウンター席からはこんな感じ
DSCN6303_2017110821473749f.jpg
やっぱり、夜と昼間では全く雰囲気が違う!
早速、お料理のオーダーを。今回はパスタ料理です。
セットのドリンクとサラダが先行到着(#^.^#)
DSCN6300_20171108214733f79.jpg
野菜たっぷり!地元で獲れた野菜です。
サラダを食べ終え、少し間をおいてメイン料理の到着
DSCN6301_20171108214734f44.jpg
川えびと旬野菜のペペロンティーノ
セット価格で1,300円。ではいただきます

川エビと赤玉ねぎが印象的。
パスタの太さもゆで具合も私好みです
DSCN6302_20171108214736fdc.jpg
これとピザ、どちらにしようかずっと迷っていました^■^;
で結局、パスタに。
野菜豊富で食べ応えたっぷり!!次回はピザにしよう!っと、すでに次回の再来店を決めてる私(笑)
また、ちょっぴり贅沢して別料金(といってもランチセットの場合は+300円)デザートまでつけちゃいました
今回はパンナコッタ。ブルーベリーソースにしました。
DSCN6304_201711082147397e9.jpg

DSCN6305_20171108220354815.jpg
なめらかで超・美味しかったあっ!!(*≧∪≦)

すべて、美味しゅうございました!ごちそうさま
今更思うことではありませんが、霞ヶ浦湖畔に本当に良い施設が出来たなあ。。。(*´∀`人 ♪

さて、食事を終え外に出ると先ほどまで晴天だった空に怪しげな雲が覆っててびっくり
そういえば、午後から雲が多くなり雨が降るという天気予報だったっけ。。。
次の文化財訪問、急がなくちゃ
DSCN6306_20171108220355160.jpg
というわけで、足早に愛車の元へ。

お腹をたっぷりと満たした後はいよいよ、最後のスポットとなる場所を訪問します。
かすみキッチンから少しの移動で行けるところ。
では、続きます。


かすみキッチン

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/08 22:15 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(4)

指定文化財巡り~その3:椎名家住宅

長興寺を見学後はその付近にあるはずの千手観音堂を訪れるはずでした。
が、近過ぎたせいかかえって迷ってしまい何度も長興寺周辺を回る羽目に細い道をおそるおそる車で巡回しても結局、たどり着けずじまい。午後からは霞ヶ浦エリア(つまり、旧霞ヶ浦町エリア)を訪問したいと思っていましたので泣く泣く断念、予定変更し次の訪問予定地へ進むことにしました。

こうして訪れたのが、県内最古でありかすみがうら市で唯一の国指定文化財に指定されている「椎名家住宅」です。
DSCN6277_20171107205509082.jpg
この日、庭先では陶芸市が行われていました。
国指定文化財の古民家、早速御邪魔しま~す
DSCN6279_20171107205512f73.jpg
昭和46年に解体修理工事が行われ、その際「延宝2年(1674年)」(→調べてみたところ、”大岡越前”で知られる大岡忠相が生まれる3年前でした)と墨書きされた部材が発見され、この住宅がその年あたりに建築されたことが判明しています
現存している古民家としては県内では勿論、東日本でも最古のものだそうです。

年季の入った御仏壇と神棚
DSCN6280_20171107205514362.jpg

DSCN6281.jpg

蛍光灯や消火器など、現代のものも使用されてはいますが、住宅を支える柱や梁、桁等すべて当時のものだそうです。
DSCN6289_20171107211131fb0.jpg

梁組みも凄いね
DSCN6288_20171107211130844.jpg
天井に裏板がないのは、質素倹約を常としていた当時(江戸時代)ですから出来るだけお金や手間をかけないようにという思いからだとか。
畳の部屋もたった1部屋だけ。他はどの部屋も板の間でした。
こちら↓、唯一の畳の間。
DSCN6282_201711072111275a9.jpg

DSCN6285_20171107211128c8c.jpg

この住宅の大きな特徴は、3分の1が土間だということ。ですから入ると少々、ひんやりとした感じです。
DSCN6291_2017110721113358b.jpg

ここに囲炉裏があったんだろうなあ、たぶん
DSCN6292.jpg
画像では分かりにくいかと思いますが、大黒柱など主要の柱は”手斧(ちょうな)仕上げ”と呼ばれる手法が用いられていて、それを施した個所には魚の鱗のような形の跡が残っているのです。この手法は古い家に見られる特有のものだそうな。
DSCN6293.jpg

DSCN6294_201711072121348ac.jpg
この住宅に住んでいた椎名家は、代々茂右衛門を襲名し村役を務めた人だそうです。以前はこの家に納屋等が増築されていましたが、先に述べた解体修理工事の際、”建立当時の姿に戻そう!”ということで現在の姿になりました。
約340年もの間、太平洋戦争の空襲も免れ6年前の東日本大震災にも耐え今日を過ごしてきた重要な文化財。
市の宝として末長く、大切に保存していただきたい古民家です



椎名家住宅
茨城県かすみがうら市加茂4148
【見学日時】9:00~16:00(※建物の修理や所有者の津法により見学できない場合があります)
年末年始(12/29~1/3)を除く毎日
【交通】神立駅からタクシー20分
お問い合わせ:かすみがうら市教育委員会(Tel:029-897-1111)


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/07 22:01 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

指定文化財巡り~その2:長興寺

かすみがうら市の指定文化財巡り、次に廻ったのは中志筑という地区にある長興寺です
カーナビを頼りにすれ違いも困難な細い道をくねくね進んでいくと、それはありました
DSCN6255.jpg
可愛らしい石像がお出迎え。

で、山門手前まで進んでいくと。。。
あれ?.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN6256_20171106182435357.jpg

おや?
DSCN6257_20171106182437e4e.jpg

あらま~!!o(^▽^)o
DSCN6253_201711061824333c0.jpg

石像がいっぱあいっ!!
DSCN6260_20171106182438b14.jpg
可愛い石像がたくさんあります。
誰がこんなに?と思い、興味が湧きました(* ´ ▽ ` *)
それは山門の向こうの境内にも!!
DSCN6270_201711062028340f8.jpg

DSCN6272_20171106202835a9a.jpg
100年経過したような年季の入ったものもあれば、ごく最近造られた綺麗なものまで様々。
本来の目的である文化財よりもこちらに興味をそそられてしまいました
・・・って、こんなことではいかん
DSCN6263.jpg
戦国時代、出羽国(現在の秋田県)仙北郡の大名だった本堂氏が関ヶ原の戦いの後、ここ・かすみがうら市に移封となってやってきて、代々の墓所となりました。お墓は市の指定文化財となっています(画像撮影はしておりません
この長興寺は出羽の国より本堂氏を慕ってきた竜山という和尚によって曹洞宗のお寺として開山されたと言われています。慶長7年(1602年)のことです。
そんな長興寺の御宝はコレ。
DSCN6264_20171106190246c25.jpg
不動明王と二童子像。室町時代の作と言われています。
不動明王の表情に注目ください
DSCN6265_20171106190247e60.jpg
左右の目の向きが上下に分かれ、歯もまた上下を向いています。これは、世の中を上から下からまんべんなく見通すことが出来るように対称的になっているのだとか。
元々は別なお寺=真言宗の華蔵院というお寺にあったとされていますが、廃寺となりここ・長興寺で引き取られたそうです。
真言宗から曹洞宗へ。宗派の違うお寺へ遷ったことになるわけですが、華蔵院は本堂家の祈願寺であったそうですからその御縁でしょうきっと。
DSCN6266.jpg
如来様にご挨拶

さて、このお寺にはもう一つお宝があります。
新撰組の参謀を勤めた、伊東甲子太郎という人物を御存知でしょうか?
彼は、かすみがうら市志筑出身なのです。
DSCN6268.jpg

弟、三木三郎の直筆書簡も保管されていました。
DSCN6267_201711062135232f7.jpg
兄に宛ててこちらでの様子や出来事を事細かく綴ったものだそうです。

文化財あり、歴史的資料ありそして何といっても興味深い石像(五百羅漢)。
見学最後に境内の石像についてボランティアガイドの方にお聞きしたところ、長興寺の檀家さん達が造って寄贈されたものだそうです。今後、増えていく予定もあるとか。

やがてこれらの像も文化財として紹介される時が来るかもしれませんね
DSC_0303_201711062135220eb.jpg


長興寺
茨城県かすみがうら市中志筑1353

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/06 19:27 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

指定文化財巡り~その1:文殊院

11月4日・5日の2日にわたり、かすみがうら市内で開催されたかすみがうら市指定文化財一斉公開
初めての訪問はまず、千代田石岡ICにほど近い文殊院(もんじゅいん)というお寺から。
DSCN6252_20171105205026956.jpg
こちら、明和6年(1769年)に建設された山門で、中央には”豊森山(ほうしんざん)”と書かれています。
このお寺の山号(寺院の頭に付ける称号、例えば成田山新勝寺等)だとか。

こちらの鐘楼、山を背景になかなか良い構図
DSCN6240_201711052050219d6.jpg

本堂横には”文化財公開中”の幟。
まずは、ご挨拶していかなくちゃね
DSCN6242_2017110520502478b.jpg

DSCN6243_20171105205023286.jpg

真言宗智山派、卯年厄除けのお寺だということです
DSCN6244_20171105211531978.jpg
現在の”文殊院”という名になったのは江戸時代になってからのこと。以前は「常源寺」というお寺だったそうです。お寺の再興をした宥円(ゆうえん)上人により開山され、寺の名前も文殊院と改められました。

このお寺で今回、公開されるのは市指定の文化財:木造聖観音菩薩立像と同じく市指定の木造阿弥陀如来座像。
DSCN6246.jpg
ではいざ!お宝拝見へ!

社務所で受付し、室内から通路を歩いて本堂に入ります。
まずは、木造の聖観音菩薩立像から拝見。
DSCN6249.jpg
実はこの立像、桧材で出来ています。しかも1本造りで。
冠や着衣の装飾品等細部まで細かく造られていて、とても桧で作ったようには見えない
DSCN6248_20171105211534dc9.jpg
推定平安時代末期の作と言われているそうです。
今から約900数年前?!

続いて、木造阿弥陀如来坐像。
こちらは鎌倉時代末期だそうです(あくまで推定)
DSCN6250_20171105211536941.jpg
この坐像もまた桧材使用。寄木造りです。
文殊院境内にあった阿弥陀堂御本尊で、真言宗に改宗される前からの御本尊つまり常源寺の本尊だったと考えられています。眼球に当たる部分には水晶がはめ込まれているそうです。でも画像では分かりにくいですね
この阿弥陀如来坐像、800年は経っているのに保存状態も良く今なお光を失わないその存在感にびっくり!!
これも、保存・管理する人あってこそ、のもの。先人たちに合掌

いにしえの人達が残して行った宝物を粗末に扱うことなく大切に保管していき、その精神が末代までちゃんと引き継がれていること。。。だからこそ8~900年後に生きる私達がこうしてお目にかけることが出来たのですね
DSCN6251_20171105211537415.jpg
不動明王像。

素晴らしいお宝に巡り合えたことをいにしえの人達に感謝しつつ、文殊院を後にしました。
では、次のスポットへ向かいます。

【おまけ画像】
文殊院に入る手前の角に立っていた石碑が風情たっぷりに感じた為、撮影してみました。
DSCN6237_20171105214437123.jpg
馬頭観音碑とその左側には。。。
旧地名が刻まれた碑が!
DSCN6238_20171105214438886.jpg
千代田村、懐かしいなあ。。。(* ´ ▽ ` *)
千代田村→千代田町→かすみがうら市になったんだよね^^

文殊院
茨城県かすみがうら市下志筑675



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/05 21:53 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

平成29年度かすみがうら市指定文化財一斉公開が今年も開催されます!

今日から3連休、という方もいらっしゃると思いますがいかがお過ごしでしょうか
久しぶりの”晴れの連休”となりましたね♪
この連休、各地でイベントも開催!
行楽シーズンでもあり道路の混雑も予想されます。
お出かけの際はくれぐれも交通に注意してくださいね

さて、最近体重増加と全身の膨張が心配な私。
”食べるイベント”は暫くお休みしまして今度は”学ぶイベント”へ出かけてみようかなと思っています。
かすみがうら市指定文化財一斉公開です。
集中曝涼A
霞ケ浦湖畔エリアと、農村と山エリアの2つのシーンを一つに持つかすみがうら市。
ここもまた、歴史と文化財を秘める町です。
指定文化財もたくさんあり、年に1度公開。
明日11月4日・5日が丁度、その日なのです

範囲も広くて、どう廻ろうか
悩んじゃうなあ・・・
集中曝涼B

施設によって、観にイベントが行われるようですか。
お堅い内容かもしれないけれど、楽しみながら勉強出来ちゃいそうですね
DSCN5193.jpg
2015.1 お城まつり(霞ケ浦郷土資料館前)画像より
かすみがうら市指定文化財一斉公開
詳細(かすみがうら市HP内)→http://edu.city.kasumigaura.ibaraki.jp/shiryokan/?page_id=574


では、連休明けにレポートさせていただきます

【おまけ画像】
2年前に撮影した、帆引き舟ライトアップの画像です。
歩崎より出航
DSCN2169.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/03 09:56 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

茨城を食べよう収穫祭へ行ってきました!<2>

去る10月28日(土)、霞ケ浦総合公園にて開催された「茨城を食べよう収穫祭」のお話。
続きです
DSCN6096_20171101211957e49.jpg
誰?

いよいよ、地元土浦市をはじめ茨城県内各市町村ブースで用意されたグルメと御対面ヾ(o´∀`o)ノ
これから味めぐりをしていきましょう!
尚、廻った順番通りではありません。そして、あくまで自分が立ち寄ったお店のみですのであらかじめご了承願います。
DSCN6102_20171101212001853.jpg

メイン会場へ向かう前にまず、腹ごしらえなど
DSCN6099_20171101211959b01.jpg
サンマのつみれ汁に続くは、行方市の焼き芋。それも”塩バター”
じゃがいもは定番ですが、サツマイモというのはあまりお目にかけない?!かな。
DSCN6100_20171101212000ca1.jpg
塩とバターで甘みが一層、引き立ちます
これは美味しいっ!!(*≧∪≦)
高萩市の”五浦ハム焼き”も参戦でした。
DSCN6103.jpg
DSCN6104.jpg

この日の目玉商品(?)、茨城産の新ブランド米”ふくまる”使用のロースビーフ丼は早々と完売してしまいました
DSCN6109_201711012130567d2.jpg

でも私にはコレがある(笑)
DSCN6114_20171101213057dd5.jpg
あの一番搾り”取手づくり”がこの秋、帰ってまいりました
キリンビール取手工場さんのブース。
アルコールやホップを混ぜる前のものを試飲。
DSCN6117_20171101213058d60.jpg
濃いなあ~!(*≧∪≦)
この後、アルコール入りも頂きました

この時丁度、晴れ間が見えこの分では終了するまで大丈夫かな?と思ったくらいになりました(つかの間の晴れとなり、天気予報通り午後は雨でしたが)
DSCN6122_20171101214459543.jpg
大勢で外で食べるのって、いいものですよね
メインステージでは、最話題の茨城出身漫才コンビ”カミナリ”のコント。
ううん、人の頭に邪魔されてよく見れない
DSCN6124_2017110122044776b.jpg
TVの時より、ツッコミがおとなしかった気が(笑)
他、この日はスペシャルゲストとしてプロレスラーの蝶野正洋さん、リオ五輪で卓球の銀メダリストの吉村真晴さん、と豪華な顔ぶれが揃い楽しいトークショーが開催されました
納豆の妖精ねばーる君も登場!
DSCN6146_20171101223452ccb.jpg

DSCN6147_20171101223454b64.jpg

ステージ外でも県内のマスコットキャラクターが登場!
DSCN6128_20171101214504e11.jpg
つくばみらい市の”みらいりんぞう”君。
そして、稲敷市の”いなのすけ”君。
DSCN6143.jpg
ゆるキャラ投票、頑張ろうね♪
おお、君もか
DSCN6140_2017110122420848b.jpg
牛久市のラーシク君。

収穫祭の強力な助っ人ということで、本格イタリアンのお店「ピアットスズキ」さんが出店されていました
DSCN6126_20171101214502f50.jpg
DSCN6165_20171101214505235.jpg
れんこんポロネーゼのペンネ
もう一つのアランチーニも美味しそうだった(* ´ ▽ ` *)
やっぱり土浦はレンコンでしょっ!(笑)

海も山もあるわが茨城県には、自然の恵みがいっぱい!
穏やかな茨城の大地で育った米や野菜、そして牛や豚、鶏。。。
茨城県はまさしく、”食材の宝庫!”
そんな茨城県に生まれて、やっぱり良かったと思っています+゚。*(*´∀`*)*。゚+
魅力度最下位に選んだ某団体、後悔しやがれふっふっふ(笑)
DSCN6132_20171101224757b3a.jpg

DSCN6134_20171101224758860.jpg

DSCN6137_20171101224759c2a.jpg

DSCN6157_2017110122480222b.jpg

いろいろな市町村の、いろいろな食材を巡る”収穫祭”ツアー(?)
終点はつくば市、ベルファームさんのオーガニックジュースで締めることになりました
DSCN6156.jpg
今度こそ、お店に行かなくちゃ!
ベルファームさんについてはあらためて、記事で書かせていただきたいと思います。来店いつになるか解らないけどその時に

翌日はイベントそのものが中止になりましたし私自身も用事があり、足を運ぶことができませんでしたので以上でひとまず、収穫祭の記事は終了となります。気になるお店が2店ありましたのでそちらはそのお店が所在する市町村のカテゴリであらためて書かせていただきたいと思います

これから年末にかけ、茨城県では食のイベントが盛りだくさん!
健康に注意しつつ、楽しく食べたいものですね
お粗末ながら、これにて失礼いたします。


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/01 22:55 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー