月別アーカイブ  [ 2017年08月 ] 

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

鉾田の夏祭り<1>

鉾田の夏祭りは1日目夜の「宵祭り」に始まり、2日目、3日目の本祭で構成されています。
この3日間は、鉾田の熱い3日間となるのです。
神輿が鉾神社から出発する2日目の”宮出し”に始まり、3日目の”神輿宮入り(神輿が御仮殿から鉾神社へ還る儀式)”
今回、私が見物したのは2日目の宮出しの部分でした

鉾神社を出発した神輿を迎えるべく、山車が動き始めました。
DSCN5145_20170831230444eed.jpg

DSCN5151_20170831230446165.jpg
山車、重そう頑張れ~!!
全部で8台の山車が鉾田川に沿って順次、進みます。
DSCN5156_201708312304479cb.jpg

DSCN5158_20170831230448135.jpg

DSCN5162_201708312304508fc.jpg

DSCN5165_201708312316187bb.jpg

鉾田川に沿って、8台全ての山車が揃いました。
一斉に御囃子が始まり、たちまち川の畔は大賑わい!
DSCN5168_201708312316202c9.jpg

●●町の山車に負けるな!と言わんばかりに各々、御囃子合戦!!
DSCN5171_20170831231620e3b.jpg

DSCN5172_2017083123162287e.jpg


DSCN5175_201708312322246b9.jpg
川の傍で一列に並んでの御囃子、ここが他のお祭りではちょっと見かけない見所かな。
鉾田川沿いで一斉に行われる御囃子は、3日目の宮入りにも行われますがその時は夜ですので山車はライトアップされ、その姿が鉾田川に映し出されて美しい光景になるとか。。いつか見たいなあ。。。
DSCN5170.jpg
このショット、夜だったら凄く綺麗かも。

DSCN5181.jpg
御囃子を終え、午前の部休憩。
お疲れさまでした

宮出しの時間まではこの時まだ、時間がありましたのでこの間適当に街中をぶらぶらしまして(旧鉾田駅跡に行ったのもこの時間帯でした)、宮出しの10分前となる12:20頃再び鉾神社に戻りました。
DSCN5191_20170831232226f3d.jpg

神輿はいよいよ、鳥居の外へ運び出されました。
DSCN5195_20170831232228deb.jpg

合図の花火が打ち上げられ、同時に提灯と幟が掲げられました!
DSCN5202.jpg

さあ、出発です!
DSCN5206_20170831233209e6d.jpg

子供神輿も後に続け!
DSCN5208_20170831233210d79.jpg

わっしょい、わっしょい!!
DSCN5209_20170831233211226.jpg

大歓声の中、神輿は鉾神社を後にしました。
DSCN5211_20170831233213b37.jpg
これから街中を巡回した上で御仮殿にはいることになります。

というわけで、続きは次回に。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/08/31 23:37 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

鉾田の夏祭り~鉾神社

鉾田の夏祭り、は市内にある鉾神社という神社のお祭りです。
まだ街が静かなうちに、鎮守である鉾神社をお参りしておこうと足を運んでみました。
DSCN5111_2017083022564958c.jpg
境内には既に大勢の祭り関係者が集まり、これから始まる本祭りに備えていました。

では早速、お参りしましょ。
煌びやかな手水舎が目を惹きました
DSCN5112_201708302256512ef.jpg

DSCN5113_20170830225652615.jpg

DSCN5114.jpg
しっかりお清めしておかなくちゃ!

では、ご挨拶
DSCN5115_20170830225655e34.jpg
この神社には大己貴命・武甕槌命・日本武尊の三神が奉られています。
神社の由来についての説明が境内に見当たらず、以下はネットや観光パンフレットのまる写しになります(汗)
400数十年の伝統を有する鉾神社は、天正4年(1576年)鉾田城主、田山東市正の鎮祭となりましたが天正19年、佐竹氏の鉾田政略により荒廃。その後再建され、昭和55年の改築上棟により現在の姿となりました。
DSCN5116.jpg
再建が昭和55年、どうりで思ったよりも新しいなと思った
それにしてもなんと色鮮やかな神社!

境内ではこの後、出されるであろう神輿が出番を待って待機していました
DSCN5119_2017083023114257f.jpg
綺麗で立派な神輿です。
もうすぐこの鳥居をくぐり、街中を巡ることになります。
DSCN5121.jpg

祭り男、祭り女たちが出番を今か今かと待っている様子がありありと伝わります。
DSCN5123_20170830231144678.jpg
神輿が神社を出発するのは、これからまだ1時間以上先のこと。
それまで街中を歩いてます。
鉾田川沿いや周辺では既に山車が何台も入れ替わり、お囃子を響かせていました。
DSCN5124_20170830232321404.jpg

DSCN5125.jpg

DSCN5126_201708302323246ba.jpg

DSCN5132_20170830232325ff2.jpg

DSCN5135_20170830232327d16.jpg
お祭りに登場する山車は全部で8台。ダウンロードしたパンフレットによれば、その年代が思ったよりも若く昭和59年~平成29年のもの。山車が新しく最新のものになっても、400数十年の伝統は確実に守られているのです
DSCN5136_20170830233021fb2.jpg

では、続きます
今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村


鉾神社
 [ 2017/08/30 23:33 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

嗚呼!鉾田駅(旧鹿島鉄道鉾田駅跡)

夏休みが終わらないうちに鉾田の夏まつりのレポートを書かせていただくつもりでしたが、最近何かとバタバタしていてなかなか記事をまとめることができません。それに拍車をかけるかのように北●鮮による弾道ミサイル発射騒動でブログどころではなさそうですね。

鉾田の夏祭り見物で、山車を追いかけていたらお腹が空きまして。
あいにくフード屋台はどのお店も準備中
DSCN5258_201708282344346d5.jpg
このお祭りは夕刻16:00頃から夜にかけての時間帯の方がメインのようで、メイン通りが歩行者天国となるのも15:00以降。
おそらくその時間に併せていたOPEN、といったところでしょうか実際、路上に並んだお店もそうでした。
つまり、お祭りだというのにお昼時は焼きそばもお好み焼きもまだ食べられない

ココ・新宿屋台村がこのように↓なったり、紅白幕のステージでイベントが行われるのはまだまだ先。
DSCN5277_201708292057081fc.jpg
お祭りらしい、縁日風景となるのはこれから約3時間30分後のことでした。
場所が変われば、やり方もお祭りの過ごし方も違うんだ、ってことか。
ご当地にはご当地のやり方というものがあるということですね。

というわけで、食べられるお店を探しててくてく歩いていたら・・・
元鹿島鉄道鉾田駅に来ちゃった
IMG_0073_20170828234939122.jpg
在りし日の鉾田駅ホームです。

これが現在は。。。。

DSCN5184_20170828234934488.jpg
ひ、ひどい・・・!!

鹿島鉄道廃線から11年。
これがかつて電車が出入りしていたホームなのか・・・
2011年の東日本大震災の被害により元ホームだった箇所は液状化で沈下してしまい、このありさまです。
話には聞いていましたが、実際に見たのは初めて。想像以上の荒れ様でした。
DSCN5186_201708282349360fe.jpg
線路は既に撤去され、その跡地には背の高い雑草がたくさん生えていました。
これが、鉄道廃止後の駅のなれの果てなのか。。。と胸が詰まります

DSCN5187_201708282349386ea.jpg

僅かに鉄道時代の名残を見つけ、ちょっぴり嬉しくなりました。
DSCN5189_20170828235004ef1.jpg

DSCN5190_2017082823500643e.jpg
鹿島鉄道廃止後、募金によりこの駅で鹿島鉄道の車両を動態保存し、公園として鉾田駅を残そう!という動きがあったのを今でも覚えています。ですが募金の目標額に達成せず、諸事情もあってその話は消えました
それでも保存会の人達は諦めず、その後も一生懸命保存活動を続け「鉄道公園として永久保存」の夢は市内の日帰り入浴施設「ほっとパーク鉾田」で叶うことになりました。
保存会の人達の並々ならぬ努力と尽力、涙と汗の結晶です
DSCN5185_20170828234936b1b.jpg
雑草の中、可憐に咲く白い百合(高砂百合?)。
荒れ果てた、廃墟の中美しく咲く花が今でも目に焼き付いています。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/29 23:51 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(2)

茨城鉄道路線跡でたどる文化財探訪<3>

再び、茨城鉄道路線跡巡りの記事に戻ります。
那珂西駅跡を出発し、次に向かったのは石塚駅跡。
このツアーに参加する約1ヶ月前、既に自分の足で訪れていましたので当記事では省略させていただきますm(__)m
DSCN3980_2017071421535100c.jpg
幻の駅を訪ねて~茨城鉄道:石塚駅
この駅の近くにある薬師寺のお宝も再び拝観することができました。
薬師如来様、そしてそれをお守りする十二神将像にお会い出来るなんて
DSCN5047.jpg
こちらも、以前記事に書いておりますので当記事では省略させていただきます
御宝御開帳~薬師寺の花まつり
薬師寺の薬師如来像は国指定の文化財です。昭和30年代に起きた”石塚大火”(大火事)によりあわや焼失、というところを町の人達が必死で救出、保護し現在があります。
どんな文化財でも、文化財だけでは成り立ちません。それを保護する人間があるからこそ、文化財となり得るのだと今回のツアーで講師として参加し案内してくださった小山映一氏が言われていました。本当にその通りです。
火事の中で命がけで重要な文化財を救ってくださった、当時の町民に感謝です

さて、ここで一旦出発点となった「いせきぴあ茨城」に戻り昼食・休憩後(その間に軽く施設内見学等)をした後、バスに戻り茨城鉄道路線跡巡りツアーが再開しました。
前半は旧常北町エリア、後半は旧桂村エリアです。
DSCN5051.jpg

IMG_20170825_202719_1.jpg
※訂正:×「高値」→○「高根」の間違いです。大変申し訳ありませんm(__)m

これまでほぼ、路線跡を忠実に再現して走行してきたバスですがここで初めて再現不可能な箇所が出てきました。
線路のあった箇所は水田となってしまい、バスで通ることが出来ず”線路があった”とされるところに「いせきぴあ茨城」のスタッフさんが旗を持って場所を示してくれていました。
DSCN5062_201708272019509b1.jpg

そして、阿波山駅跡に到着。
現在は桂図書館があります。
DSCN5064_20170827201951753.jpg
駅舎は、図書館がある場所とは少々違うところにあったようですが。

バスは再び、茨城鉄道の路線跡を可能な限り走っていきます。そしていよいよ、終点:御前山駅へ。
その手前に橋台が残っている箇所があります。
それがこちら
DSCN5069.jpg
「桂運動公園」と書かれた看板が立っているところを右折(国道123号線を御前山方面に向かった場合)し、進んでいくとなんと、茨城鉄道の遺構が僅かながら残されているのです
画像中央あたりにある、こんもりと土手のように盛り上がった部分・・・そこは茨城鉄道の線路が通っていたところです。
DSCN5067_20170827213015c7b.jpg

よく見ると、杭のようなものまで残されています。
DSCN5074.jpg

当時枕木の下に敷かれていた砂利だそうです。そのまま残されています。
DSCN5070_20170827221959c22.jpg

この区域の茨城鉄道は、現在の国道123号に丁度並行するような格好で走っていたそうです。このツアー参加者でもあり当時を知る御年配の男性が、ルートを教えてくださいました。
こちら↓、児童公園の中にも線路跡があるそうです。
DSCN5080_201708272130212c4.jpg
中央に見える階段部分が丁度、線路が通っていた部分だそうです。

このエリアが一番、茨城鉄道の遺構が多く残されている部分で当時の面影をかろうじて残す唯一の貴重な箇所のようです。
このようなものまで
DSCN5078.jpg
長年、放置され倒れていたところを前日、スタッフさんが起こして綺麗に拭き掃除をしたところ「茨交」という刻印が残されていたとのこと。
よくぞ残ってくれました
線路だった部分です。
DSCN5081_20170827213021874.jpg

小さな鉄橋があったのですが、おわかりになられますか?
DSCN5082_201708272218574cd.jpg

ここを通って終点の御前山駅に向かったのね
DSCN5083_20170827221859ded.jpg
鉄道がもし、健在だったならこの区間は撮り鉄さんのターゲットになったに違いないね
山を背景に、素敵な写真が撮れたことでしょう。。。
残された遺構を眺め、亡き鉄道に想いを馳せつつバスへ移動。
車中で御前山駅に停車中の茨城鉄道写真を見せていただきました。
DSCN5086.jpg

御前山駅跡は先ほどの橋台跡からほんのわずかの距離ですが、駅があったところは現在ソーラーパネルが置かれています。
バスからの見学となりました。
DSCN5087.jpg
茨城鉄道路線跡は終点到着となり、バスはその少し先の「道の駅かつら」へ。
20分の休憩時間が与えられ、トイレや買い物をそれぞれ楽しみます。
よし!桂ジェラート食べるぞ
DSCN5088_201708272219031fc.jpg

特産品のいちごとブルーベリー
道の駅ではすべてダブルコーンとなります。でも、好きな味のを2つ組み合わせてもよし!
DSCN5090.jpg
旅した後のジェラートの味は格別

この後、いせきぴあに戻る前に高根地区という集落を廻り「古墳群」と呼ばれた箇所を見学して終了となりました。
「千墓塚」と呼ばれ、たくさんの古墳が存在していたらしいのですが開墾や耕作によって破壊され、現在では畑の中に石室の石材の一部が残されているのみです。はたから見ると”大きな石”程度にしか見えないようです。
でも私には見つけられなかった
ここから刀等の副葬品、特に県内ではここを含む2か所でしか発見されていないという蕨手刀(わらびてとう、柄の部分が蕨に似ているのです)が発掘され、水戸市の茨城県立歴史館に所蔵されているそうです。
・・・よし、後で歴史館へ行ってみなくちゃ!というわけで、高根地区古墳群は復習をした上で後日出直し予定(笑)

石室(の一部)は見つけられなかったけれど、替わりにバスの車窓からこんなの見つけてしまいました^◆^;
廃バス
昔の茨城交通バス。個人宅ですので場所はお教えできません。
これも歴史的遺構?(笑)

水戸初代藩主徳川頼房公の命により建設された農業用水路:赤沢江(あかわざえ)という水路がここ・城里町に存在していたそうです。奇しくもその水路は茨城鉄道路線跡をぐるりと回った格好だとか。こちらもいつか詳しく勉強しておかねば

これにて、「茨城鉄道路線跡でたどる文化財探訪」は終了。
茨城鉄道路線跡巡りを通した、ちょっとした”宝探し”をしてきた気分になれました
またいつか機会があったら参加してみたいと思います。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/27 23:17 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

鉾田の夏祭り

※先に携帯投稿させていただいたものを編集、再投稿させていただきました。

夏休みも、とうとうあと1週間。
また1つの季節が終わるんだね
というわけで、8月最後の茨城訪問は・・・

鉾田市にやってきました!
FB_IMG_1503373381896.jpg
鉾田の夏まつり
約400数十年年もの歴史を持つ市内の鉾神社を中心に行われる、鉾田市の伝統あり代表的なイベントであります。
DSCN5286_2017082622574161b.jpg
歩道にもパネルがはめ込まれていました。
それだけ、鉾田市では大きな行事なのですね

_20170826_120808.jpg
山車の追っかけをして、足の裏が痛くなりました(笑)
石岡まつりと比べると規模は小さいですが、8台の豪華絢爛な山車は見る価値あり!
石岡まつりでは観られない”みどころ”(?)もあり、楽しめました
DSCN5099.jpg

DSCN5287_20170826224846ccd.jpg
御囃子の音の余韻が今でも、脳裏に残っています。
でも今回はここまで。
詳細は後日に

動画もどうぞ♪
[広告] VPS



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/26 14:58 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

茨城鉄道路線跡でたどる文化財探訪<2>

あらためてご紹介いたしましょう(^-^)
こちらが、茨城鉄道在りし日の鉄道路線です。

IMG_20170824_190641_BURST002.jpg
おそらく昭和30年代のものと思われる鉄道路線地図が我が家にあり、茨城鉄道の路線図が掲載されていましたのでUPさせていただきました。
現在のJR赤塚駅から位置的には丁度、道の駅かつら手前になりますが御前山駅まで通っていました
バスを降り徒歩で歩いた部分は、藤井駅~那珂西駅(石塚駅の1つ前だった駅)までの間のほんの一部の区間です。
DSCN5032_20170824221136cd1.jpg
鉄道が通っていたところを自分の足で歩く。。。なんだか不思議な感じ
道路を囲むように両側にある切り土になってる部分が鉄道が通っていた名残をなんとなく、感じさせます。
DSCN5033_201708242211383df.jpg

日差しを遮って、夏なんか丁度いい避暑地です。
でも、虫除けスプレーは必須だな(笑)
DSCN5034_20170824221139593.jpg

歩いた距離はほんの500m足らずの距離。
一旦、バスに戻り元・那珂西駅にやってまいりました。
DSCN5035.jpg

おおっと
DSCN5036_20170824222326efd.jpg

これは確か、線路を切り替える時のアレ・・・(名前が分かりません
DSCN5037.jpg

あらま、信号機も(≧≦)
DSCN5041_20170824223231162.jpg

DSCN5038_2017082422232969b.jpg
当時、駅として営業していた面影が残されています。
鉄道廃止後、那珂西駅も勿論なくなってしまいましたが現在、その跡地には造園業者さんが住んでおられその方の手により駅があった頃の貴重な遺構が残されています。
DSCN5039_2017082422233024b.jpg

DSCN5040_20170824222332b1f.jpg
こんな感じで駅名表があったんだろうな。。。
ちなみにこちらが、那珂西駅在りし日の写真です。
IMG_20170821_215555.jpg
配布資料の表紙写真をお借りしました。

これは、那珂西駅の屋根瓦の一部だそうです。
DSCN5042.jpg
こちらも、管理されている造園業者さんのご厚意で大切に保管されています。
そして、この碑
DSCN5045.jpg
那珂西駅開業記念の碑
大正時代のものですよ!
茨城鉄道という鉄道が、かつてここを走っていた。。。
茨城鉄道が確かに存在した。。。
その何よりの証。。。
消えた鉄道も、失った時間も戻らないけれど鉄道で賑わい、活気があったその時代を知ることでそこに町つくりのヒントになるものを発見できるかもしれません。その意味でも茨城鉄道の路線めぐりの旅は決して無意味ではないと思います。

このような貴重な遺構を大切に残されている方がいらっしゃるからこそ、茨城鉄道を知らない世代の人達でも知り得ることが出来るし、現物はなくても人の心に生き続けていくんですね
大切な資料を見せてくださった、細谷様。本当にありがとうございました!
この場を借りまして厚くお礼申しあげます。
DSCN5046_2017082422323630c.jpg
この界隈も、鉄道在りし頃は駅前通り。
農業高校の分校もこの近くにあったそうで、当時は賑わったのでしょうね。

※今回の訪問はツアーならではの特別な訪問ですので、普段勝手に足を踏み入れるのは遠慮された方が良いと思います。
見学を希望される方は、城里町役場にお問い合わせください!
それと。。。見学の際は必ず現地の方に一言お声をかけるのと、見学の御礼を忘れずに

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/24 22:54 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

茨城鉄道路線跡でたどる文化財探訪<1>

幻の「茨城鉄道」乗車の旅、いよいよ出発です(*^_^*)
かつての路線を走りつつ、その沿線に眠る遺跡巡りの旅です。
DSCN5017_2017082322462785a.jpg
行ってきまあす!

最初に向かうのは、那珂西城跡と宝幢院(ほうどういん)。
宝幢院の正式名称は”泉山法厳寺宝幢院(いずみやまほうげんじほうどういん)”。
真言密教、大日如来を祀っています
DSCN5026_201708232246322f4.jpg

ここ・宝幢院が所在するのは、かつて存在した那珂西城の城跡内。
鎌倉時代から戦国時代にかけて存在したお城です。秀郷流藤藤原姓の那珂氏=那珂通辰(なかみちとき)の居城だといわれてきましたが、近年では大中臣流(大中臣氏について(ウィキペディア))の那珂氏のものとする説が有力だそうです。
室町時代以降、佐竹氏の支配下にあったため同氏が秋田へ移封とともに廃城となりました
DSCN5024_20170823230714986.jpg

城在りし日は土塁や堀に囲まれた「本城」「中城」「兵庫坪」の廓があったそうです。本城にあたる部分が現在、宝幢院の境内地となります
宝幢院
昭和9年に県指定の文化財に認定されました。

バス停、国道123号側の方に盛り上がった部分があるのはその名残かな
DSCN5027_20170823232009bce.jpg
石の小さな鳥居があるの、分かりますか?

では参拝しましょう。
境内にあった6体の可愛いお地蔵さんにまずご挨拶
DSCN5018_20170823224629111.jpg

以前はかやぶき屋根だったそうです。火災により現在の屋根になりました。
DSCN5019_201708232246291de.jpg
DSCN5020_20170823224631c36.jpg

本堂に上がり、大日如来様を拝ませていただきます
DSCN5022_20170823230711918.jpg
写真撮影はしておりませんので画像抜きで失礼いたします。
如来様の体内には2つの銘文があり、それには「①白馬寺の本尊で、観音様として信仰されていた」「②徳川光圀が元禄年間に修理し宝幢院に安置した」と書かれているそうです。

以前、この宝幢院は別な場所にありました。前身は先ほど触れました「白馬寺」というお寺。こちらは現在、常陸太田市に所在しています。徳川光圀公が改修工事を施し、同時にこの場所に移設されて現在の場所になったそうです。
佐竹氏から徳川氏へと、常陸の国を支配する者が替わり、その影響をこのお寺も受けています。
歴史の波に動かされた古刹の一つと考えてよいのでしょう。

さて、バスは再び出発し宝幢院を後にしました。
次に向かった先は、藤井駅跡を経由して那珂西駅跡へ。
その前に、手前の沿線(廃線跡)を徒歩移動することになりました。
DSCN5031_201708232332411a4.jpg
実際に茨城鉄道が走ったルートを歩いていきます。
では、次回は那珂西駅跡のお話になります。

宝幢院(法厳寺)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/23 23:40 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

茨城県埋蔵文化財センター(いせきぴあ茨城)

先日、城里町の埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城を訪れました。
DSCN5009_20170822194822c46.jpg
学校のような、ほのぼのとした雰囲気。
それもそのはず、つい数年前まで小学校でした。
敷地内には今でも校訓碑と校歌碑が残されています
DSCN5008_201708221948205ec.jpg

DSCN5010_20170822194823336.jpg
城里町立北方小学校。平成23年4月1日、桂小学校開校にともないここ北方小学校を含む近隣の小学校(圷、岩船)が統廃合となりました。これをもちまして平成23年3月で北方小学校は廃校となったのです
DSCN5011_20170822194824b27.jpg
保存状態も良く、校舎も中も比較的きれいでまだまだ学校として使用できる状態。
廃校後、ここは県が管理する施設となり茨城県内の埋蔵文化財(土器や副葬品、太古の時代に日用品として使用されていた用具等)を集め展示紹介する施設=「いせきぴあ茨城」に生まれ変わりました

DSCN5052.jpg

DSCN5053.jpg

DSCN5013_20170822201118e68.jpg
教室や理科室、家庭科室等の他、掲示板に使っていたと思われるスペースまで無駄なく展示室に使われています。
ただ展示資料を見せるだけでなく、火おこしや勾玉作り等の体験も要予約で行っているそうです

そうそう、忘れてはいけないものが。
いせきぴあ裏庭には、本物の古墳もあるのです
DSCN5015_201708222037133d8.jpg

DSCN5058_201708222037166ad.jpg
頓(徳)化原古墳(とっけばらこふん)
古墳時代後期の7世紀ごろのものだそうです。
全長35m・高さ3mで昭和59年に旧桂村の教育委員会により行われた発掘調査によると方墳(四角い古墳)の可能性が高いとのこと。
DSCN5057_201708222049522b0.jpg
遺跡に囲まれた、元小学校建物。
いせきぴあには、探せば宝物が他にもいろいろ見つかりそうです(*≧≦)

いせきぴあ茨城
HP(茨城県教育委員会)↓
http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunspo/bunka/maibun_ctr/index.html

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週土曜日、祝日、年末・年始(12月29日~1月3日)
駐車場 有
入館無料 
東茨城郡城里町北方1481 
Tel 029-289-3300

キャプチャ
「そば処とき」が近いです( ^ω^ ) ランチにどうぞ!

この地域=城里町(旧桂村・旧常北町)には、こういった”知られざる”(?)遺跡が点在しています。
そして、国指定、県あるいは町指定の文化財なるものも
この日、ここにやってきたのは他でもありません。そういった”遺跡巡りツアー”に参加するためでした。
DSCN5016_20170822201122069.jpg
今は亡き、茨城鉄道が走った跡を巡りその沿線に眠る文化財や史跡巡りの旅。。。
これからどんな発見が待ってるのか。。。とても楽しみ♪

というわけで、次回よりそのレポートを書かせていただきます。
今回はこれにて失礼

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/22 21:26 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

夜の海浜公園散歩♪

8月は天候不順が多く、今年はあまり夏らしさを感じない日々でした。
そんな8月もあと10日で終了。このまま、秋を迎えてしまうのかと思うと寂しい気がします

せめて、ひまわりの花が見たい。。。
そう思っていたところ、夜のひたち海浜公園で出会うことができました
コキアライトアップを観に行った夜でした。
DSCN4995_20170820204354314.jpg

ライトアップされているひまわりを見たのは初めて!
DSCN4996_20170820204356909.jpg
入園ゲートのところには「5分咲き」と書かれていましたが、ざっと見渡したところほぼ満開でした。
私の背丈よりもずっと背の高いひまわりが、灯りに照らされ暗闇の中黄色く輝いています。
DSCN4999.jpg

DSCN5000.jpg

DSCN5001.jpg
夜のひまわりも、なかなか素敵。。。
ほんの少しだけど、これでやっと夏が来た実感を味わえた気がしました(* ´ ▽ ` *)

コキアのライトアップも素敵でしたが、テラスハウス(西口ゲート近く)内のひょうたんランプも綺麗です
DSCN4909.jpg
ひょうたんランプアーティストの方による手作りの作品250点越。
それぞれが個性的で、1つ1つが幻想的で素敵な作品ばかり来場者を飽きさせません。
DSCN4910_20170820213141fb8.jpg
コキアの前に見て行くか、それともお帰りに見て行くかは皆さん次第(笑)

DSCN4911_20170820213142eda.jpg

DSCN4915.jpg

DSCN4916_20170820213145605.jpg

DSCN4914.jpg
みはらしの丘で開催されている「コキアライトアップ」との同時開催で、期間中(~8/27)の18:00~21:30まで毎日行われています。
コキアの方が「動」ならばこちらは「静」
2つの対照的な光の世界をお楽しみください

夏休みの思い出作りに。。。
そして、仕事疲れの癒しに。。。
夜の海浜公園をお楽しみください

ライトアップ期間中のイベント情報等は海浜公園のHPで御確認ください!
http://hitachikaihin.jp/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/20 22:00 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

カラー・オブ・ドリームinみはらしの丘(コキアライトアップ)

不安定な天候により開催が懸念されていた「ひたちなかまつり」花火も、予定通り無事に開催されました
私は自宅でタブレット越しの鑑賞でしたが良かったよかった
関係者の皆さんもきっと、ホッと胸をなでおろされたことでしょう。

その前日夜となりました18日夜。昨日UPした記事で書いてる通り国営ひたち海浜公園のコキアライトアップを観てまいりました。
現在はまだ緑一色ですが、秋になると丘一面を紅に染める無数のコキア。
夜になり灯りに灯されるとこんな感じです。
DSCN4941_201708192026325de.jpg
今年のライトアップテーマは「COLOR」だそうです。
これからこのコキアが、音楽に合わせ様々な色に変化していきます。
全部で4つのテーマがあり、そのテーマのイメージにふさわしい光の演出が18:00~21:12まで楽しめるのです。
さあ、始まりました
DSCN4942.jpg

DSCN4945_2017081920263618a.jpg
テーマはそれぞれ、「幸」「夢」「愛」「宝物」というタイトルがついていて、そのタイトルに沿った”コキアの物語”が音楽と光で演出される、というもの。
時には激しく、時には軽やかに、そして愛情に満ちて。。。
DSCN4947_20170819202637f4e.jpg

色も、深海を思わせる青で統一したかと思えば燃えるような紅葉をイメージした赤だったり、時にはカーニバルのようにカラフルで派手に変身してみたり。。。
DSCN4950_20170819203803874.jpg

あまりの華やかさに夜空の星まで降りてくるんじゃないかとさえ感じちゃうヽ(≧∀≦)ノ
DSCN4972_20170819210410668.jpg

DSCN4961_20170819203804993.jpg

DSCN4963_20170819203805925.jpg

DSCN4965_2017081920380775b.jpg

DSCN4979_2017081921012111b.jpg

DSCN4966_2017081921012019b.jpg

DSCN4980.jpg
”コキアの物語”は、ライトアップ時間内約10分おきに繰り返し上演されます。
”さあ、もう帰ろぉっと!”と思って丘を下り始めている矢先に次のステージが始まり、なかなか帰らせてくれません。
御来場の際はご覚悟願います(笑)

なかなか、夏らしい天候に恵まれない今年の8月ですが真夏の夜のイルミネーションに酔いしれ、この夏の思い出作りをされてみてはいかがでしょう。。。

追伸:
※虫除けスプレーを御持参になられた方が良いです
※公園内は暗い為、足元には十分お気をつけください!又、小さなお子さんをお連れの方は移動の際、お子さんの手を離さないようにしてください。




今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/19 21:21 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

コキアライトアップ、今宵から開催!

夜の海浜公園を訪れてみませんか。。。
DSCN4905_20170818231500a40.jpg
西口・翼のゲートにて。
今夜からはじまりました
IMG_20170818_0001.jpg
コキアライトアップ
2017.8.18(金)~8.27(日)
点灯時間 18:00~21:30
最終入園 21:00

詳細はHPで→http://hitachikaihin.jp/

初夏はネモフィラ、そして秋は真っ赤に染まったコキアが彩る「みはらしの丘」でライトアップがスタートしました。
光と音楽とで演出する、幻想的で素敵な世界が展開されます。
DSCN4932_201708182316483d1.jpg

それはまさに、”光のテーマパーク”。。。o(^▽^)o
DSCN4953_20170818231651de8.jpg
初日の今日、早速私も観てまいりました
観てきた感動を、早く皆さんにお伝えしたいのですがまだ記事がまとまっておりません。
今回はほんの予告編ということで失礼いたします
DSCN4937.jpg
コキアライトアップの模様は次回あらためて掲載させていただきますので

丘の上のコキアが照らす光により、赤くなったり青くなったり。。。
様々な色に変身します(* ´ ▽ ` *)
DSCN4992_20170818232751cb9.jpg
リアルに赤くなるのは、あと2ヶ月位先かな?

みはらしの丘以外でも楽しめる企画がありますよ!
DSCN4908.jpg
コキアのライトアップを楽しんだお帰りには(勿論、行くときでも構いません)ひょうたんアートもお楽しみください!

季節外れのクリスマスツリー?!(笑)
DSCN4929_201708182337438dc.jpg

カップルやご家族で、記念写真等いかがですか?
DSCN4928_20170818233741e72.jpg

勿論、こちらも見逃せませんね((⊂(^ω^)⊃))
DSCN5007_201708182330544f4.jpg
食いしん坊、万歳!(笑)
グルメ屋台やキッチンカーも勢揃い!
お腹も満たしちゃお!

お車でお越しの方は、西駐車場をご利用ください!
また、日中からご来園になっている方で南駐車場や海浜口駐車場をご利用のお客様は西ゲートからの再入園をしていただくことになるようです。
(南、海浜口駐車場18:00以降閉門となるため)
その際、必ず出入り口で待機しているゲートスタッフさんから再入園券をもらってください!
駐車料金の領収書(各駐車場で駐車料金を払った際にもらうもの、捨てないでね)を西駐車場料金所で係の人に見せ、再入園券を西口ゲートでスタッフに渡せば無料で入園することができます

公園内は暗いので、ご来園の際くれぐれも足元に充分注意してください。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/18 23:51 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

地図と測量の科学館へ行ってきました!

昨日の記事で書いたカフェと順番は逆ですが、地図と測量の科学館来館のお話です
説明するまでもありませんが、地図や測量に関するあらゆる資料が展示されているのです。
仕事上でもプライベートでも頻繁に地図を使う機会がある私、以前から興味を持っていた施設でした
DSCN4852_2017081722491317d.jpg

現在、企画展「手描き地図の世界」が行われています。(~2017/12/17(日)まで)
DSCN4853_2017081722491550b.jpg
常設展・企画展共に入館無料というのが嬉しいね♪

入館して早々にすぐに目に留まるのがフロアに敷かれた3D日本地図。
DSCN4861_20170817225330152.jpg
DSCN4864_20170817225331b72.jpg
日本列島空中散歩マップ、10万分の1に縮小した日本列島の上を縦断しちゃおう!
専用のメガネで地図を見つめるとリアル感が楽しめます
私がひじょ~に興味を持ったのがこの機械↓
DSCN4854_20170817224916a92.jpg
空から自分の家が所在しているところや有名スポットが観られちゃう!
しかも、タイムマシン機能(?)付きです。
DSCN4859_201708172249192ce.jpg
年代を選んでね!
ちなみに水戸市の千波湖・好文カフェや展望デッキ、SLがあるあたり。
これが約40年前は・・・
DSCN4857_20170817224917dbc.jpg
昔、同じ場所に所在していた遊園地「レイクランド」がしっかり写っています^^。
このコーナーだけで20分程費やしました(笑)

地図記号を学べるコーナーもあります。
DSCN4868_20170817225334641.jpg
クイズに挑戦して、遊びながら地図記号を覚えちゃおう!
皆さんはどのくらい、分かりますか?
こちらは3D分県パズル↓
DSCN4870_20170817225336b50.jpg
皆さんご自身が住んでいる県の形してるのは、どのパーツ?分かりますよね~

触れて遊べるコーナーは楽しいけれどなんといっても、地図の歴史を知る「古地図コーナー」は必見です。
DSCN4882_20170817230811ac0.jpg

日本最古の地図と言われている行基図↓
DSCN4876_20170817230808b1b.jpg
奈良時代のものだそうです。ちなみに日本列島。
有名な地学者が書いたもの等、ここでしか見られない古地図は観る価値あり!
DSCN4881_201708172308108da.jpg
いにしえの人達が自分の足だけを頼りに数ヶ月間、歩き綿密な測量をした上で描かれた地図。。。
グーグルマップもナビもなかった時代、これだけの地図しかもCADもなかったから当然手描き・・・そのような苦労を得て後世の人達に残してくれたおかげで私達は当時の地形や歴史を知ることができるし、現代の地図を作る際の基盤になり得たんだなあ・・・・と、しみじみ感じます。
昔の測量士、偉い

伊能忠敬が測量の際、使用した機材一式もあります。
DSCN4884_20170817230812d42.jpg

庭園に展示されている「くにかぜ」内部を再現したコーナーも。
DSCN4888_20170817230814fa4.jpg
庭園の「くにかぜ」と併せて見ていただくことをお薦めします

館内でたくさん遊び、たくさん学んだ後は外へGO
DSCN4893.jpg
大きな地球儀の後ろにあるのは、日本列島球体模型
地球の一部、日本列島を中心にした球体模型です。
DSCN4890_20170817231813c2b.jpg

DSCN4892_201708172318144db.jpg
大きな地球上の日本列島は、ごくごく小さな島。
この島がもし、海外のとある国に攻められたらどうしよう・・・?なんてことを想像してしまったりして
このような時世ですからつい、そんな心配をしてしまう。。。

球体模型の日本列島の上に立ち、世界平和を考える・・・・( ̄- ̄)
なあんて、気取ってみたりして(笑)

順番が逆になりましたが、企画展も観てみました。
DSCN4872_20170817233338f4f.jpg

子供たちが自由研究で描いた街中の手描き地図から、その筋のプロが描いた手描き地図まで。
さらに、手描き地図の作り方・手順を記した展示もありましたので夏休みの自由研究にいかが?
DSCN4873_2017081723333918a.jpg
等高線の描き方まできちんと説明されていたのにはびっくり!

なかなか見応えのある施設で、大人が一人で入っても充分楽しめました
売店には地図をはじめオリジナルグッズもありますので、来館の記念にご利用ください

地図と測量の科学館HP↓(国土交通省国土地理院HP内)
http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/

9:30~16:30
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
茨城県つくば市北郷1番(国土地理院構内)


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/17 23:42 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

ブリーズガーデンつくばでお茶タイム

お盆休みが終了しました。今回は連休中ずっと雨模様で肌寒い、とても8月とは思えない天候が続き海水浴を楽しみにされていた方はさぞ、がっかりされたんじゃないかと思います。悲しい水の事故も相次ぎました。
夏らしくない天候による落胆は、観光客だけではなく海の家やビアガーデン等、「夏ならではの」商売をされてる方も同じではないでしょうか。
また、農作物も日照不足の影響で不作になる不安もあるそうです
どうしちゃったんですかね~?日本列島

前置きが長くなりました
先日、筑波山を訪れた帰り以前から観たいと思っていた「地図と測量の科学館」を訪れたくなり、訪れてみました
ちょっと珍しい、地図の博物館。国土地理院の敷地内に敷設されています。
DSCN4896_20170816222842174.jpg
測量用航空機「くにかぜ」
1960~1983年まで撮影や航空磁気測量に使用されていたそうです(パンフレットより)
地図や測量に関する展示資料がたくさんあり、しかも楽しみながら学べる面白い施設でした
そのお話は後ほどあらためて書くとして。

国土地理院・地図と測量の科学館の道路を挟んだ正面にあったカフェが気になり、科学館を出た後立ち寄ってみることにしました。
DSCN4901_2017081622284885b.jpg
ブリーズガーデンという名前。
基本はエクステリア&ガーデンのお店らしいです。併せてカフェテリアも運営しています。
カウンター席に座り、さっそく注文!
DSCN4900_2017081622284606a.jpg
せっかくだから、ちょっぴり贅沢しちゃお!スゥイーツ&ドリンクセットにします。
クロワッサンのアイスサンド・・・が気になりつつも、”至福のコーヒー~”、”手作りプリンとベリージャム~”もまた気になり迷った末に選んだのは。。。

「至福のコーヒーパフェ」!
DSCN4898_20170816222844062.jpg
トッピングのアイスはこれまた気取ってヘーゼルナッツ&キャラメルソース

で、なぜかドリンクはオレンジジュース
DSCN4897_201708162230577e5.jpg
ビタミンC補給ですよぉ(´∀`*;)ゞ

では、いただきましょう
DSCN4899_201708162228455b9.jpg
大きなコーヒーゼリーにアイスクリーム、エスプレッソクリームが入って最後に下地に角切りフレンチトースト!
結構、ゴージャスなパフェです(*´~`*)
カロリー摂取なんかもう、気にしない!(笑)

エクステリア店のカフェ・・・素敵にコーディネートされたインテリアの中でお茶できるなんて最高!!
デザートと飲み物だけで1,000円は正直、ちょっと割高な気もしないでもありませんでしたが美味しかったからま、いいか
ランチもやってるようなので、機会あったらまた来ちゃお♪

ブリーズガーデンつくば(食べログ)→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-bMQ8DUNmC3Y
営業時間 7:00~19:00
無休(?不定休)
お店のHP→http://breezegarden.co.jp/?blogid=17


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/16 22:53 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

つくばグランドホテルで日帰り入浴

筑波山に来るたび、気になっていたこの外観
今回は勇気を出して(?)、この入り口をくぐってみたいと思います
DSCN4843.jpg

ガマレース、そして筑波山神社参拝を終え愛車が待つ駐車場へ向かう前につくばグランドホテルで日帰り入浴していくことにしました。
DSCN4844.jpg
わずか3時間での1000円は少々、割高な気がしましたけどね。いくらホテルでも
ちなみに日帰り入浴が出来るのは土・日・祝日の12:00~15:00(最終受付14:30)のみです。
入れるお風呂も限られます。
このホテル自慢の空中露天風呂(筑波山はじめ、関東平野が一望できるらしい)は、宿泊しなければ入れないようで。

ロビーで入館料を払い、いざ!
DSCN4846_201708152115374c2.jpg

浴室内は私以外、誰もいませんでした。
シャッター、チャンス☆(笑)
DSCN4847.jpg
さほど大きな浴室ではありません。仕切りが付いてる洗い場はシャワー撥ね防止にいいね^^
お風呂は筑波山温泉、泉質はアルカリ性単純温泉です。
筑波山温泉は美肌に効果があるとか(*´-`*A)
お湯の温度はぬるめだけど、ゆっくり入っているとつい時間忘れそう。。。

露天風呂もお借りします(*^_^*)
DSCN4848_20170815220214883.jpg
いい感じ。。。☆*:.。. o(≧≦)o .。.:*☆
筑波山の風を浴びながら、筑波山温泉に浸かり暫し時を忘れて和むこのひととき。。。
幸せだなあ。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
ただ、難点を1つ挙げるならば浴槽に入るのに手すりもステップもスロープもなく、足を上げて縁をまたぐような格好になるから高齢の方とか足が不自由な方入るのに大丈夫かな・・・と、要らん心配など。

泊っていないので客室とかホテル自体の良し悪しは分かりませんが口コミを観てみると「良かった!もう一度泊りたい」という意見が7割、「いまいち!次はない」という意見が3割・・・といったところでした。
DSCN4849.jpg

DSCN4850_201708152202173ca.jpg
市内にある犬のテーマパーク「つくばわんわんランド」の直営ホテルのようで宿泊客でわんわんランドに行かれる方には招待券のサービスがあるそうです。ペット同伴の宿泊もOK。そういえばどこかで”ペットと泊れる”なんてフレーズが看板に書いてあった気がします。

筑波山神社もこのホテルからすぐそこですし。
次回、利用するのは泊る時かな。空中展望風呂、興味あるなあ。。。
筑波山から眺める満天の星空と、絶景な展望に包まれて1夜を過ごしてみるのも良いかも☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN4840_201708112259211fb.jpg
つくばグランドホテルHP→http://tsukuba-grandhotel.co.jp/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/15 22:26 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

がままつりと筑波名物

去る8月11日、山の日開催「がままつり」中のメイン行事”がまレース”
私が神社下に到着した時には既にその日出場の最年少組、”おたまじゃくしの部”が出発寸前でした。
カエルの被り物をつけ、神社下から大鳥居のところまで150m~最長500m位までの距離を疾走するレースなのです。
DSCN4794_20170814232421180.jpg

集まった家族や友達、そしてこの後レースに参加するであろう子らが見守る中、
この日の第1レース、スタート
DSCN4801_20170814232424983.jpg
みんな、ガンバレ~

ゴール地点ではなんとっ!!氷のシャワー
DSCN4815_20170814232426838.jpg
※勿論、人工です^^
力いっぱい汗かいて走ったから気持ちいいでしょう
DSCN4802_201708142324256cc.jpg

続いて女の子。
DSCN4807.jpg
みんな、ファイト

では、位置について~~!
よーい、スタート
DSCN4810.jpg
ガンバレ~!!

おたまじゃくしの部(幼稚園生以下)が終わると今度は小学生の部。そして中学生以上の部と続いていきました。
子供たちが一生懸命、走っているその頃、私めは。。。(*´~`*)
DSCN4814_201708142328123f8.jpg
屋台巡り(#^.^#)
つくば餃子が気になりつつ、私が選んだのは。。。
DSCN4816_201708142328136e6.jpg
福来まぜそば
つくば名産:福来みかんを使ったラーメン
薬味としてスープに使用されているようです。
DSCN4817_20170814234054abf.jpg
福来みかんは、筑波山麓で栽培・生産されている”地元特産物”です。

で、汁は・・・?
DSCN4818.jpg
実はですね、麺に浸み込ませているようです。
ですからこうしてかき混ぜると。。。
DSCN4819_20170814234056098.jpg
画像では分かりにくくなっていますが、底の方ににじみ出ています。
これを麺とトッピングをよくお箸でかき混ぜます。よ~くかきまぜないと後半、めっちゃしょっぱくなりますので注意
それはともかくとしてなかなか美味しゅうございました
麺ももっちり、しっかりで食べ応えバッチリ☆
また食べたいなあ。。。

さてこちらもつくば名物です。食べ物ばかりじゃありません。
DSCN4821.jpg
特設ステージでは伝統芸能「ガマの油売り口上」。
子供たちに大評判でした
DSCN4824.jpg
さすがはベテラン、子供達を飽きさせません

ガマレースに福来ラーメン、そしてガマの油売り口上。。。
最後は”福来みかんシャーベット”
DSCN4851_20170814234952a25.jpg
筑波山梅林・フォレストアドベンチャー入口にある「おもてなし館」にて。
筑波山一か所だけで「つくば」を充分、満喫できた気分です

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/14 23:54 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

山の日だから・・・そうだ、筑波山へ行こう!

今日から帰省ラッシュがスタートしたようで、高速道路もぼちぼち”XX、●km渋滞”という表示を見かけるようになりました。
今日は私も常磐道を利用しましたが幸い、私が通行した側は行き帰り共に激しい渋滞に見舞われず難なく移動ができましたが。

今日は山の日
昨年同様に筑波山へ行ってきました
DSCN4789_20170811223942390.jpg

昨年の晴天と違い、今年は小雨が降る曇り空でしたが霧で霞んだ筑波山もまた幻想的。。。
こういう天気の時の山もまた良いものです
DSCN4790_20170811223943945.jpg

DSCN4838_2017081122394567e.jpg

今日、8月11日は「がままつり」の開催日。
神社下の大鳥居のところを歩いていると既に物凄い人だかりです
DSCN4793_20170811224834234.jpg
この模様は後であらためまして。

昨年は真面目な登山でしたが、今回は極めて軽い気持ちで遊びにやってきました。
がままつり中の名物行事、「ガマレース」がどんな風にやってるのか興味を持ちまして
去年は登山を終えて戻ってきた時には既にイベント終了で観られずじまい、でも今年は大丈夫!

さて筑波山に来たからにはまず、神社を参拝しなくちゃ!
DSCN4826_2017081122505802a.jpg

DSCN4828_20170811225059e5b.jpg
数千年もの歴史を持つ、天下の筑波山神社。
ですから、”ここで祈願すればきっと、大丈夫!叶う!!”
と信じたくなります。とにかく、合掌

御願い事があまりに多い為(欲張るな)、最近は神社や寺院ごとに御願い事を分けています。
ここは家内安全、そしてここは良縁、さらに別な場所では合格祈願etc。。。
そしてここ、筑波山神社では・・・・?うふふ、それは秘密(^m^)

参拝の後はおみくじ。
おや?珍しいおみくじがあります
DSCN4829_20170811225100f50.jpg
”傘おみくじ”だって。他では見かけないな。。。
というわけで買いました(笑)
DSCN4832_201708112251021b8.jpg
可愛いでしょう
本物の傘を縮小し、よく出来てます。職人技!!
このまま、アクセサリーにも使えそうですね
さて、肝心の運勢は・・・?
DSCN4836_2017081122510338f.jpg
小吉でした
願いごと=「何とか叶う」って、ずいぶん大雑把な

これからさらに良くなるよ!ということで解釈していいですね(笑)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/11 23:09 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

祭り山車が通る~土浦キララまつり

水戸黄門まつりが開催された、丁度同じ日。
土浦では・・・。
DSCN4624_20170810231255c2c.jpg

DSCN4631_201708102312577c0.jpg
ウララ広場特設ステージにて行われていた亀城太鼓、そしてキッズダンス
いっぽう、大通りでは。。。
DSCN4641.jpg

DSCN4638_20170810224112839.jpg
駅前ウララ広場でのステージイベント、そして駅前のメイン通りでは数台の山車がお囃子を鳴らしつつ何台も往航していました。
土浦キララまつり2日目。
最終日でもあるこの日は、山車の競演です。
DSCN4646_201708102241179e1.jpg

DSCN4707_201708102253549cb.jpg

DSCN4652.jpg

あちこちで聞こえる笛、太鼓そしてホイッスルと掛け声でさらに大通りはヒートアップ
ひょっとこが、おかめが、そしてお獅子が。。。
暑さなんか、ぶっとばせ
DSCN4657.jpg

DSCN4702_20170810225352539.jpg
DSCN4690_20170810224633b80.jpg

女子も負けずにわっしょい!!
DSCN4692.jpg
頑張れ~っ

ほんの少しですが、祭りの臨場感を味わっていただきたく動画もUPさせていただきます
[広告] VPS

DSCN4693.jpg

水戸の山車競演とはまた違った雰囲気ですが、熱気と気合は決して水戸に劣りません。
土浦市内最大規模の夏まつり、特に最終日のこの日は残りあと数時間に皆さん全力投球です。
DSCN4711_2017081022535472f.jpg

DSCN4723_20170810230217f2b.jpg
大通りの御囃子は、この後延々と夜まで続きます。今年はその様子を観ることは出来ませんでしたがこの活気はキララまつり終了時刻まで絶えることはありません。

いっぽう、モール505では今年も恒例の「七夕神社」が設置されていました。
自由に御願い事を短冊に書き込み、笹の葉に吊るして神社を参拝するのです。
DSCN4738_20170810230506f3e.jpg

DSCN4740_20170810230508a6d.jpg
●●●になれますように。。。

市内の幼稚園児が作った行灯が今年も通路に並びました。
DSCN4742_20170810230509bda.jpg
キララまつり、今年も無事に終えることが出来て良かったね
毎年、同じ日に開催される水戸黄門まつりとキララまつり。私はいつも、交互に楽しませていただいております。今年は1日目は水戸、そして2日目土浦。。。翌年は入れ替わって土浦が1日目、水戸は2日目。。といった具合に。
来年は1日目に来ます

では最後に亀城太鼓保存会の太鼓演奏をどうぞ♪
[広告] VPS


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/10 23:18 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

水戸黄門まつり、昼と夜と

記事とは直接、関係ありませんがわがブログのカテゴリ「水戸市」記事の拍手数が昨日8月8日、1000拍手に到達いたしました
拍手ボタンを押してくださった皆さま、本当に感謝ありがとうございました!
DSCN4551_20170809214056fd5.jpg
水戸市に続くのは果たしてどこの市町村かなあ。。。

さて、「水戸黄門まつり」記事もう少し引きずります。
黄門パレードに続くのは、「市民カーニバル」!今年も市内で活躍されている企業や市民団体が参加し、”水戸黄門囃子”と”ごきげん水戸さん”(いづれも黄門まつりのテーマ曲)メロディーに乗ってメイン通りを踊ります。
DSCN4562_20170809213646784.jpg

水戸京成百貨店チームは、新体操のようにボールを使用した華麗なダンスをお披露目
DSCN4563_20170809213647088.jpg
市民カーニバル最高の賞=黄門賞を見事受賞されました
おめでとうございますヾ(o´∀`o)ノ

おや、六角堂(北茨城市:五浦海岸)だ
DSCN4567_20170809213650e05.jpg
六角堂のオブジェクトで毎年参加されている団体さんは果たして、どこの団体さんなんだろう。。。と思っていましたが茨城大学だったのね
DSCN4569_201708092140114ca.jpg
若さならではのみなぎるパワー
こちらも負けじとJR東日本
DSCN4582_20170809214013bb9.jpg

今回、パンフレットが手元にありませんので団体名は分かるものだけに限らせていただきます
DSCN4585.jpg

NTTドコモチーム
あれ?どこかで見たことある人が・・・
DSCN4590.jpg
もしや、ち●みさんっていう人?(笑)

カーニバルと言っても我々部外者はただ、踊りを傍観するのみですが参加する団体により衣装や小道具、そして振付等それぞれの個性を観て楽しめるのが利点でしょうか
DSCN4601_201708092236221f4.jpg

DSCN4602.jpg

DSCN4603_20170809223624e12.jpg

DSCN4609_2017080922362567e.jpg
それにしてもみんな、素敵ですよ~!!
水戸市民ならば昔から耳慣れしている黄門囃子、それに乗って体を思いきり動かし日頃のストレスを発散することが出来るなんて、毎年この日はカーニバルで踊っている人達が羨ましく感じます
飛び入り参加または”市民だけどどのチームにも属さない”という第三セクター的な人達だけで結成した”即席チーム(仮)”の参加が認められたら面白いだろうな、と勝手に想像(笑)

さて、水戸黄門まつりは夜も元気です
こちらは最終日(8/6)の夜の光景。
鉄道で市外へ出かけた帰りに、ちょっと寄り道してみました
DSCN4750_201708092236277e4.jpg

DSCN4752_20170809224827ffa.jpg
屋台の方は少しずつお片づけモードに入っているところもありましたがメイン通りはまだまだ、お祭りを楽しむ雰囲気が残っていました。
疲れ知らずの人達が、威勢よく御囃子をしたりキッズダンス等が行われたり。。。
大きなイベントはほとんど終了しましたが、関係者も見物人も黄門まつり最後の夜を名残惜しむかのように楽しんでいます。
DSCN4780.jpg

DSCN4776_2017080922482995e.jpg

夜のテーマパークみたいですね
DSCN4749_201708092248262cf.jpg

DSCN4756_20170809224828c79.jpg

DSCN4757_20170809225554213.jpg

クラシックカーも遊びに来ちゃった?!
DSCN4760_20170809225555f53.jpg

DSCN4761_20170809225812ce0.jpg

ふと思ったけれど、水戸の太鼓たたき手って昔から女性が多いんだよね。
女性が中心になって御囃子を行っているのは、水戸黄門まつり以外ではあまり見かけないなそういえば。
DSCN4783_20170809225556e82.jpg
しかも結構、美人揃いですからね
水戸黄門まつりは、美女鑑賞目的という楽しみもありますよ
なあんて、つい親父みたいなことを言ってみました(笑)

黄門まつりが終わると、”また一つの季節が終わった。。。”と感じます。
でも大丈夫!秋には恒例の「水戸まちなかフェスティバル」が開催されますからね
今年は9月24日(日)の開催となります。→水戸市ホームページ内

まだまだ暑さ厳しい日が続きます。くれぐれも体調管理に十分御気を付けください!

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/09 22:20 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

地酒で乾杯!(第57回水戸黄門まつり)

実お父ちゃん、朝ドラよりもひとあし先に茨城帰省?!
立ち寄ったのは故郷の奥茨城村ではなく、水戸でした
DSCN4480_2017080723373913a.jpg
この日のスペシャルゲスト:沢村一樹がステージ上に立つと、場内は大歓声に包まれました。
TVで観る通りのいい男でした
なんといっても爽やかな笑顔が素敵。。。
DSCN4482_20170808212532d4d.jpg

沢村さんといえば、セクシートークが有名らしいですが今回はそんなトークは聞けず。
「NHK出演にあたり、自粛してます」ということだとか(笑)
DSCN4494_20170808212535107.jpg
御猪口を持つ姿も様になってるなあ。。。

こら竹千代!沢村さんばかり撮ってないで女の子の方も撮ってあげんかい!!
という声が聞こえましたので。。。^^;
もう一人のゲスト、長谷川里桃(りも)さん。
DSCN4495_201708082125368ab.jpg
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」や、今年の春公開された映画「チア☆ダン」に出演された若手女優。
プロフィールを拝見したところ、1998年生まれだって若っ!!
http://www.ken-on.co.jp/next/hasegawa
まだ19歳よって彼女の乾杯はお酒ではなく、ノンアルコールドリンク(見たところおそらく、梅ジュース?)
DSCN4498_201708082145520f3.jpg
彼女は納豆が大好きで、からし等の調味料を一切使わずに食べているとか。本物だね
綺麗なお肌は”納豆パワー”の賜物かな?(笑)

皆さん、これは「水戸黄門まつり」主役は私ですぞ!
と、黄門さま。
DSCN4489_20170808214621457.jpg
さあ、いよいよ乾杯の時間となりました。
”乾杯”の号令は、ゲストの沢村さん。
では、カンパ~イ!!
DSCN4496_20170808212538b2c.jpg
水戸の地酒を飲めば、記憶が戻るかもしれない。。と沢村さん。

ドラマでは記憶喪失になっての家族との再会という、かなり深刻なストーリー展開となっています。果たして”おとうちゃん”の記憶は戻るのか。。。失った時間を取り戻すことは出来るのか・・・?今後の「ひよっこ」から目が離せませんね

やがて、お2人が移動する時間となり会場中の人達に揉まれつつ御迎えで待機していた東照宮山車に乗り込みます。
DSCN4503_20170808214554eed.jpg
乗り終えた後もカメラやスマホを向けられるお2人。それでも笑顔を絶やさない!
これから黄門まつり名物「黄門パレード」へ出発です
DSCN4505_20170808214555d03.jpg

行ってらっしゃ~い♪
DSCN4535.jpg

DSCN4537_20170808214558a77.jpg
次なる会場、南町自由広場(元ユニー跡)まで、街頭にいる人達に手を振りながら笑顔で挨拶。
2人を載せた山車は、銀杏坂を後にしました。

メイン通りでは早くも、数か所の団体によるパレード進行中!
DSCN4514.jpg
水戸ホーリーホックサポーターチームに。。。

梅大使をはじめ、各地の観光大使が登場!
DSCN4525_201708082218080ec.jpg

そして、市内の小学生による”子供黄門”パレード
DSCN4519.jpg

可愛らしい黄門さまがたくさん、登場!
DSCN4541.jpg

DSCN4540.jpg

そして、大人黄門
DSCN4531.jpg
やっぱり、「水戸黄門御一行」が出ないと黄門まつりじゃないね
そしてこの後、”トリ”で沢村一樹さん・長谷川里桃さんを載せた山車が通過しました。
ひととおり、パレードが終わったところで各町内山車の御囃子復活です。
DSCN4539_20170808222355f0f.jpg
あちこちで太鼓の音、そして”どっこい~、どっこい~”の掛け声が飛び交います。
この約2時間後に「市民カーニバル」となり、この大通りが益々賑わうことになります。

というわけで、今回はここまで

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

 [ 2017/08/08 22:33 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

地酒で乾杯!、その前に。。。(第57回水戸黄門まつり)

台風5号の影響による大雨警報が、各地で発令されています。今夜未明から明日にかけて激しい雨が降る可能性があります。
通勤等で外出される方はくれぐれもお気を付けください

さて、先日8月5日(土)水戸市の恒例行事「水戸黄門まつり」へ行ってきました。
黄門まつりはほぼ毎年、観に来ていますが今回は楽しみな企画がありましたので
水戸駅北口広場に来ると丁度、中央のからくり時計が可愛らしく時刻を伝えているところでした。
DSCN4401_2017080722380870b.jpg

DSCN4403_20170807223810c58.jpg

楽しみにしているイベントの開始時刻までまだ時間たっぷり!
これからぶらぶら散策しながら会場に向かいます。
からくり時計を中心に北口広場に飾られていた、無数の傘が目を惹きました
DSCN4412_201708072238100a2.jpg

DSCN4415_2017080722381263a.jpg
DSCN4417_20170807224448110.jpg
「日陰のオアシス・傘影と風のデッキ」というテーマのもと、装飾されたオブジェクト。
どういう意味で傘なのか、理由は分かりません。
よくよく、目を凝らして見ると文字が書かれています。
市内の小学生達により、それぞれ自分達の夢が書かれたものでした。
DSCN4418_20170807223813e06.jpg
「パティシエになれますように」
「プロ野球選手になれますように」
等の他、
「家族がしあわせに暮らせますように」
という願い事を書いた子も
みんなの願い、風に乗って天まで届くといいね
DSCN4421_20170807224450841.jpg

北口ペディストリアンデッキを越えた向こう側=”奇跡の大イチョウ”のある側の通路は、はやくも縁日モード!
DSCN4422_20170807224451ca4.jpg

時間はまだ早いですがまず、「地酒で乾杯」の会場を確認しておかねば。
東照宮の少し先を歩くと。。。
あ、ここだ
DSCN4426_20170807224454625.jpg
普段は駐車場として使用しているスペースですが、黄門まつりの2日間だけは特設ステージです。
東照宮子供太鼓の演奏が行われた後は。。。(*≧∪≦)
DSCN4425_20170807224452853.jpg
「310人による水戸の地酒で乾杯!」14:10から。
間違いありません、ここですp(*^-^*)q
NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの父親役を演じられている沢村一樹さんと女優の長谷川里桃さんも乾杯に参加されるんです(*´∀`人 ♪
私的に今回のお楽しみは、黄門パレードよりもむしろコレ♪

場所を確認したところで。。。ぶらりお祭り見物☆
地酒で乾杯の会場(銀杏坂)からさらに直進し、南町に入ると太鼓の音色が聞こえてきました。
”どっこい~、どっこい!”という威勢の良い声と一緒に。。。
これを聞くと、”黄門まつりに来た!”という実感を感じます
DSCN4427_20170807231007d32.jpg

DSCN4440.jpg

南町自由広場も既に大勢の人が出ています。
DSCN4433.jpg
でも、昨年よりも出店が少ない気が。。。気のせいかな?
歩道路肩に綺麗な花が咲いていたのが目に留まり、なぜか無性に撮りたくなりました(* ´ ▽ ` *)
DSCN4441.jpg
歩道を歩いていても、昨年よりもぐっと屋台が減った感じ。
幾分、歩きやすくなったかなと思ったり寂しさを少し感じたり。。。

適当に歩いているうちにそろそろ時間が迫ってきました。
再び銀杏坂のイベントステージに戻ると。。。
お、やってますねえ( ^ω^ )
DSCN4454_201708072320286b5.jpg
前座、と言っては彼女たちに失礼ですがみとご当地アイドル(仮)のライブステージ開催中でした。
この子たちは2期生くらいになるのかな?
DSCN4459.jpg
初代メンバーは既に卒業。
この子たちの可愛い後輩も控えています。何度かライブを行っているうちにステージ慣れしてきたみたいね((⊂(^ω^)⊃))
水戸のPR活動、これからもがんばってくださいヽ(´∀`)ノ

続いては、東照宮子供太鼓の御囃子です。
文字通り、子供たちだけでする御囃子演奏。
DSCN4463_201708072320301f7.jpg

DSCN4465_20170807232032d6f.jpg

DSCN4471_2017080723270721a.jpg
ひょっとこと狐の間に受付を済ませ、オリジナル御猪口を手にした私。
あと20分でいよいよ。。。
DSCN4472_20170807232709d1c.jpg
市内3業者(明利酒類・吉久保酒造・瀧田酒造店)の銘酒が揃い踏みです。副将軍・一品・三ツ扇の中から1杯、ランダムでそそがれます。このうちのどれかは不明。
DSCN4464.jpg

DSCN4474_20170807232710a81.jpg
会場内は、あっという間に通り歩きも困難なほど隙間なく集まった人で埋め尽くされました
まずはじめに、水戸市観光協会会長であり明利酒類の代表取締役であらされる加藤高蔵氏のご挨拶。
DSCN4477_2017080723373615d.jpg

以下、水戸市長や来賓ご挨拶が続きます。
1分、1分の待ち時間がじれったい(笑)
・・まだかな、まだかな。。。
と誰もが思ってたはず。すると突然、観客席の中から若い女性の声で
「キャーッ!!
DSCN4479_201708072337373a9.jpg
つい、身を乗り出してしまう。。。
思ったとおり、本日のゲスト沢村一樹さんと長谷川里桃さん御両者の登場です。
DSCN4480_2017080723373913a.jpg
”お父ちゃん、お帰り~!!”
の声に笑顔で応える沢村さん。素敵な笑顔です

さあこれで役者が揃いました!
次回ようやく、乾杯の模様をお伝えできますのでもう少しお待ちください

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/07 23:44 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

土浦駅ホームに階段アート?!

明日8月7日より、いよいよ高校野球開幕!
わが県の今年の代表は、31年ぶりの出場決定となった土浦市の土浦日大高校。
DSCN4619_20170806215841e0a.jpg

こちら↓JR土浦駅改札口です。
DSCN4617_201708062158404ee.jpg
先日、土浦日大の球児達が駅長さんや駅員さん他、たくさんの人達に見送られ、この改札口を通って甲子園に出発して行きました。
彼らは大会2日目、長野県の松商高校との対戦が決まっています。願わくばすぐに帰還することなく、最後まで勝ち進み良い結果を残して(欲を言えば優勝旗を持って)欲しいですね

その土浦駅に久々、常磐線利用で訪れてみると。。。

あらら
DSCN4614_201708062158356e1.jpg
またまた、暫く来ないうちにカルチャーショック!!
1,2番線ホームから改札口へ上がる階段に、花火大会のアートが描かれていたのにびっくりでした(´∀`*;)
毎日、電車を利用されてる方には珍しいことではありませんが、たまにしか利用しない者にとっては
”あれ?こんなのあったっけ?”とつい注目の的(笑)
DSCN4615_2017080621583791f.jpg
DSCN4616_20170806215838a86.jpg

今年の花火大会は10月7日(土)。
土浦が誇る、秋の大イベント「全国花火競技大会」。
こうしてさりげなく宣伝もいいね
DSCN4744_20170806220404c2a.jpg

さて、私が土浦を訪れた理由は他でもありません。
コレ↓、観に来ました
キャプチャ
土浦キララまつり2017
2日目にあたる本日、遊びに来てみました。
うらら広場でのステージイベントや、数台もの山車の巡行・・・。
行き交うたびにそれぞれの山車が、まるで競いあうかのように力強く元気なお囃子をお披露目。。。
観ているだけでも興奮していました(*ノ∪`*)
DSCN4620_20170806220402d26.jpg
まだ画像加工処理が終了していませんので、今回はここまでで失礼いたします。

ちょっと、待ったぁ!!
DSCN4406.jpg

あ、ヤバイこっちが先だ
その前に、昨日はわが地元水戸市で行われた「水戸黄門まつり」へ行きました(´∀`*;)ゞ
キララまつりの前に、こちらを書かせていただくことにします。こちらもまだ画像の加工処理が終わっていませんので今すぐにはUPできませんが、なるべく2,3日中にUPしたいので急いでやります(汗)

今年の参加目的は、コレ↓
DSCN4423.jpg
310人による「水戸の地酒で乾杯!」
私は知りませんでしたが何度か行われていたようです。
今回は特に、スペシャルゲストも参加ということで絶対!!と自分の中では思っていました。
では、そのお話は後ほど

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/06 22:39 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

水戸黄門まつり前夜祭~花火大会2017

50年目の夏に観た花火はまた、格別なり。。。
なあんて、固いことを言ってみたりして(笑)
DSCN4354_20170804214803e65.jpg

DSCN4379_20170804214805920.jpg
水戸市夏の風物詩:水戸黄門まつり前夜祭の花火が今年も千波湖で行われました。
あいにくの曇り空で、後半は靄に邪魔されつつ例年にも増してさらにパワーアップ

DSCN4398_20170804214500df7.jpg
今年も観てまいりました∠( ^ o ^ ┐)┐
”どーせ毎年、観てるし
と思いつつも、19:30と同時に”ドーン”と響くあの音を聴くとどうしても外に出てしまいたくなる・・・。
今年は水戸市の好意(?)で、花火の模様をライブ中継(YOU-TUBE)してくださいました。花火開始とともに配信開始となったこのライブ中継のおかげでこれまで絶対、観ることのなかったみとちゃんスターマインまで、タブレット越しでしたがはっきりと観ることができました
DSCN4389_20170804214806ad1.jpg
はじめの30分はタブレットで、後半30分は私は生を、母はタブレットに映る花火を、とそれぞれ鑑賞法は違えどゆっくりと堪能できました。
花火を観られない、観にいけない人の為にこうした企画。。。
TV番組のように途中、CMが入るわけでもなくはっきりと花火が映しだされ、母も臨場感感じて楽しめたと喜んでおりましたこうした企画、今後も続けて欲しいなあ。。。
DSCN4397.jpg

花火大会は、これから2日間にわたって開催される「水戸黄門まつり」のファンファーレのようなもの。
花火でぐっとテンションをUPしたところでいよいよ明日から本祭りです。
2日目の黄門パレードや市民カーニバル、そして3日目の神輿・山車の饗宴と乱れ打ち。。。
明日は日中の気温上昇が予想されます。気温の高さと熱気に負けて”W熱中症”とならないよう、お祭りに来場される方はくれぐれもお気を付けてください

水戸黄門まつりの日程、情報は水戸観光協会さんのHPで→http://www.mitokoumon.com/

最後は動画で締めさせていただきます。
つい2時間前撮ってきたばかりで、まだ湯気立ってます(笑)
[広告] VPS


[広告] VPS


お祭りにお出かけされる方もそうでない方もどうか、楽しい週末をお過ごしください(^-^)/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/04 22:20 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

もう花火?!

昨夜アップした記事に、昨年の花火動画をアップしようとして忘れました_(^^;)ゞ

付録として観ていただけたら幸いです。リアル花火の前の前菜ということで
[広告] VPS


今夜から、水戸黄門まつりスタート!
皆さん、事故や怪我、盗難等に遭わないようお気をつけの上お越しくださいね
 [ 2017/08/04 12:29 ]  動画の部屋 | TB(0) | コメント(0)

水戸黄門まつりが始まります!

今年もまた、黄門まつりの季節がやってきた。。。
私はこの花火を観て大人になった。。。。

DSCN8937.jpg

水戸市の夏の風物詩:水戸黄門まつりの季節がまたやってまいりました
水戸駅北口メイン通りの大半をステージとして、そこで繰り広げられる黄門パレードや市民カーニバル。
DSCN6746_20160809214512be7.jpg

そして、山車や神輿の競り合い!
水戸っぽ魂がぶつかり合い、活気がみなぎるあの光景が今年もまた帰ってきました
DSCN6787.jpg

DSCN9316.jpg

そして、欠かせないにはその前夜に行われる千波湖畔の花火大会。
DSCN6570_20160806224810591.jpg
やはり、これが打ち上がらないと夏が来た気がしません。
”ドーン”という破裂音が聞こえるとつい、外に出て行きたくなる。。。
水戸に長年いらっしゃる方や黄門まつりの頃は必ず水戸に帰省されるという方も同じ思いでしょうか。。。
そんな花火が今年はなんと、ライブ中継されるそうです
※詳細はこちらで→http://www.mitokoumon.com/festival/mitokoumon.html
YOU-TUBEにて花火開始時刻の19:30より配信が行われます
「観たいけど仕事が終わらないから間に合わない!」という方、その日は遠くへ出かけて花火の時刻に水戸へ帰れないという方も、千波湖まで足を運べない方もこれなら大丈夫かな

観るだけでも楽しめるし、一般参加形式のミニイベントに参加しても楽しめます。
勿論、お腹が空いてしまうグルメ屋台も満載ですから食べ歩き目的で参加してもよし。
水戸市の”熱い2日”をどう過ごされるかは皆さん次第です

DSC_0122.jpg
つい、反応してしまいました^^;

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/03 22:31 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

石岡サマーフェスタ2017へ遊びに行ってきました!<2>

茨城県初上陸だという、ウォーターサバゲー。
”サバゲー”というのはもしかすると、”サバイバルゲーム”の略称でしょうか。
DSCN4254.jpg

お友達が出てるのか、見物者も続出。
みんな、興味があるようですね
DSCN4258_201708022205300c5.jpg

ルール説明中。。。
DSCN4261_20170802220532996.jpg
察するところ、敵のヘルメットの上に付けられたフィルターのようなものを水鉄砲を放って破り最後まで残った人が勝ち、というルールのようです。
お兄さんの合図と同時にバトルが始まりました
DSCN4263_20170802220533829.jpg
さあ、生き残れるのは果たして・・・?
みんな、頑張って=!!
DSCN4266_2017080222053434f.jpg

向こうに敵発見!
撃て~っ!!
DSCN4271_20170802220536d4d.jpg

わが子が戦う姿を残そうと、ビデオカメラを向ける若いお父さんの姿もあります
DSCN4275.jpg

さあ、残りあと10秒!
最後まで頑張って
DSCN4276.jpg

逃げろぉ~っ!!
逃がすかぁ~、それ~っ!!
DSCN4277.jpg

ここで時間となりました。このゲームは1回2セットで行われますので残念ながら負けてしまった子も敗者復活のチャンスがあります。大人バージョンがあったかどうかは未確認ですが、初めてのイベントにしては参加者も多く皆さん喜んで遊んでいましたからまずは成功ですね

楽しく遊んだ後は、街中についてのお勉強など
石岡一高の生徒さんの手作り企画:まちなかスタンプラリーが行われていましたので参加してみました。
DSCN4293_20170802222025d6b.jpg
石岡駅前徒歩圏内にある名所(常陸国総社宮等)を廻り、スタンプを集めると特製クリアフォルダー(石岡市のイメージキャラクター:恋瀬姫のデザイン)がもらえるというもの。
DSCN4292.jpg
コース案内図は勿論、スタンプも消しゴムを彫った手作りなんです。しかも、スタンプデザインはそれぞれのスポットに合ったものになっていて面白い♪
アイデアから案内、セッティングすべて高校生(石岡一高)によるもの。初めてのイベント企画ということでさすがに商工会や青年部の人達のように慣れてなく戸惑いもあったようでしたが、良い経験になったことでしょう

そして、石岡名物とも言える看板建築に親しもうという企画:看板建築のトートバッグ作りも行われました。
DSCN4296_20170802222026912.jpg
DSCN4247_201708022328265e5.jpg
参加無料。
しかも、作ったトートバッグはお持ち帰りこんなお得なワークショップ、ある?
やらなきゃ絶対、損です!
DSCN4246.jpg

というわけで、私が作った作品。
DSCN4297.jpg
実は失敗作。リベンジしてぇ~!(笑)

トートバッグ製作の最中、特設ステージではバンドライブが行われていました。
DSCN4278_201708022220205a7.jpg

DSCN4279_20170802222022cdb.jpg
グルメあり、楽しい参加型イベントありそしてライブ。。。
水戸黄門まつりや土浦キララまつりと比べたら規模は断然、小さいけれど手作り感溢れる温かさを感じる、そして参加者と企画者側の距離が近く一体感が感じられる。。。そんな良さを持つのがこの「石岡サマーフェスタ」なんじゃないかなあ。。。
DSCN4310.jpg
最後にもう一度、”地酒で乾杯!”コーナーにやってきました。
そして。。。
DSCN4309_2017080223353897d.jpg
私も参加
ルール通り、枡酒持って
「●●に乾杯!」と叫び、しっかりと地酒を堪能させていただきました

地酒、お持ち帰り
DSCN4312_20170802233541e10.jpg
石岡カフェにて。
ちなみに持ち込み飲酒じゃありませんよ撮影で置いただけですから

短い時間ではありましたが、スタンプラリーにワークショップ、お化け屋敷に地酒・・と。
楽園のようなひとときを過ごさせていただきました
実行委員会の皆さん、ありがとう
IMG_20170729_184942_BURST001_COVER.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/02 23:42 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

石岡サマーフェスタ2017へ遊びに行ってきました!<1>

ようやく、この記事をUPします(´∀`*;)ゞ
会場入りをした瞬間、すぐに目に留まったこのコーナー。。。(〃▽〃)
DSCN4218.jpg
駅から一番、近くに設置した点がニクいね
こんなところで誘惑しないで!(笑)

”地酒BAR”では、石岡市内の地酒が揃い踏みでお出迎え
DSCN4221_20170801223241cdf.jpg
地酒試飲(1杯150円)は勿論、「地酒で乾杯!」という企画も行われていました。
ステージの上に立ち、青年商工会さんの御酌をいただいたら
「●●(←任意)に乾杯!」
と叫び、一気飲みをします。
DSCN4226_201708012232449bc.jpg
第1回目開催は結局、傍観のみ(ノω`*)ノ
躊躇しちゃった(笑)
こちらは14:30~15:00の部。「地酒で乾杯!」2回目は17:30開始の予定。
DSCN4222.jpg
乾杯をした方にはお土産付きなのです
福引を廻し、運が良ければ地酒1本プレゼント!豪勢ですなあ

会場内を歩いていると、チリリンヾチリリン、と涼しげで軽やかな音が鳴り響いていました。
無数の風鈴が会場を彩っていたのです。
DSCN4217_20170801223238a98.jpg

DSCN4216.jpg

DSCN4229.jpg
”日本の夏”って感じ。。。
いいですねえ石岡にはやっぱり、”和”が一番よく似合う。

さて、この日の空模様はイベント日和とは言い難い曇り空。
でもイベントは大盛況!
DSCN4230_20170801224447fda.jpg
あちこちで美味しそうな匂いが充満しています

正午からこの駅前通り(御幸通り)でスタートしたサマーフェスタ2017。
この時の時刻は午後3時、”まだまだこれから!”という感じです。
DSCN4231_20170801224448a47.jpg
でも今年は終了時間が早く、夜7時までなんだよね
限られた時間内で思い切り楽しまなくちゃ!
というわけで、片手にカクテル(笑)
DSCN4232.jpg
赤ワインベースのサンガリア。
甘口でフルーティ

こちらはすっかり、縁日風景です
DSCN4236_20170801225250986.jpg

巧くすくえるかな~?
DSCN4237_201708012252529ca.jpg


DSCN4238_20170801225253eba.jpg
小中学生くらいの女の子が待ってるものは。。。
SNSで噂だという、”電球ソーダ”
DSCN4240_20170801225255b5d.jpg
興味を持ちつつも、アルコールの入っていない炭酸飲料水は苦手ですし、値段も結構高い
というわけで、やめました。
どなたか、飲まれた方いますか?
なんだか、持ち方が難しそうでしたが。

面白いネーミングのかき氷も気になりました。
DSCN4242_20170801225256b17.jpg
普通のかき氷なんだけど、ジバニャンとかガチャピンとかキャラクター名を使っているのが面白いね

フード屋台巡りをしているだけでも楽しくなります♪
おお!なんと古いかき氷機
DSCN4244.jpg
高野菓子店さんのかき氷機がつい、眼に留まってしまいました。
お宝、って感じしますね

さて、今年のサマーフェスタではなんと茨城初となるイベント:「ウォーターサバゲー」が行われていました
DSCN4254.jpg
夕方のローカルニュースで少し紹介されていましたが、どんな風になるのか興味深々
既に用意してありますねえ。
DSCN4256_2017080123053107e.jpg

この後間もなく、ゲームに参戦した子どもたちの”デスマッチ(?)”が繰り広げられることになります。
その様子は次回で

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/08/01 23:12 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-