月別アーカイブ  [ 2017年07月 ] 

≪ 前月 |  2017年07月  | 翌月 ≫

駅前交番とタロー

去る7月29日土曜日。
久しぶりに石岡駅へ。今回は鉄道利用でやってきました。
駅メロディー(「ここで君をまってるよ」)、初めてまともに耳にしたナ
DSCN4203_20170731231630db7.jpg
数ヶ月、ここに来ないうちに駅前ロータリー工事はすっかり完了していました。
タクシー乗り場や待ち合わせ場所も綺麗に整備されていい感じ
DSCN4209_20170731231842352.jpg

タロー、石岡駅が綺麗になったよ!
と、脇に居る2人の子どもがタローに話しかけてるかどうかは(笑)
DSCN4213_20170731231845476.jpg
DSCN4212.jpg
大変身した石岡駅を見つめ、タローは今何想う。。。

今年の春にタロー像が建立されて以来、ちょっとした人気スポットになってるのかな?
像の前に娘を立たせて記念撮影する父親の姿も。
DSCN4205.jpg

やがて、渋谷駅前のハチ公像のようにこのタロー像もみんなの待ち合わせ場所になるでしょうか。
DSCN4211_2017073123184617f.jpg

さて、石岡駅大幅リニューアルと同時に駅前交番もオシャレにリニューアルしちゃいました
DSCN4206_20170731231633f4c.jpg
タロー像の除幕式の時に気になったのですが、今回あらためて撮影させていただきました
交番らしくない建築デザインが気に行った♪
DSCN4207_20170731231634c70.jpg
酔ってたらお店と間違えちゃいそう
保護されたい(笑)
離れたところから撮ると、こんなです。
DSCN4250_201707312333400cf.jpg
歴史の街・いしおかにふさわしく和モダンな造りの駅前交番。
御世話になるとしたら道を尋ねる時くらい(でないと困りますが、笑)でしょうが、いいですね~!

ところで何しにこの石岡駅にやってきたかといいますと、言うまでもありませんがこの日駅前で開催されていた「石岡サマーフェスタ2017」に遊びに来たのです。
DSCN4215_20170731233339039.jpg
私が到着した時は既に”地酒で乾杯”の第1回目が開催中でした。

どのブースも結構、盛り上がっています。さあ、どこから廻ろうか。。。
というわけで、次回からいよいよ「サマーフェスタ」探訪記(?)となります。
今回はこのへんで

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/07/31 23:40 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

お化け屋敷とサマーフェスタ

石岡の夏の風物詩、
そして人気コーナーが今年もまた始まりました!
DSCN4283.jpg
まちかど情報センターのおばけ屋敷が、今年も帰ってきました
はやくも、”門番”がお出迎えしています。
DSCN4280.jpg

DSCN4291_2017073021093133c.jpg

DSCN4289.jpg

DSCN4288_2017073021092848a.jpg
凄いでしょう(^-^)これみんな、市内の小学生達が作ったんですよ!
看板もディスプレイも、お化け屋敷内の装飾も、そして子どもたち自ら扮するお化けの衣装もすべて手作りです。

お化け屋敷入場にあたり基本的に年齢制限はありませんが、訳ありまして中学生のみ入場禁止
DSCN4281.jpg
中学生はごめんね
高校生になるまで待っててね
それはさておきまして、今年も長蛇の行列ができました
DSCN4287_20170730182948b09.jpg
この日はOPEN初日、はやくもこのありさまです。
ドアの向こうからは早くも”キャーッ!!”という悲鳴。
びくびくしながらも、怖さレベルMAXを選ぶ子、”え~、まじやだ”と拒否の表情をしつつも並ぶ子etc。。。
そして、中から出てきた他のこの表情をつい確認。
DSCN4300_20170730182949270.jpg
怖くても入りたい!
ここに並んでいる子たちはきっと、そのような心境で毎年ここに来るのでしょうね

・・・で、どんだけ怖いのって?
はいはい。今回は特別に1枚だけ、中の様子をお見せしちゃいましょう
※スタッフさんの許可はいただいております。
DSCN4303.jpg
楽しみがなくなってしまうと困ると思うので、本当にこの1枚だけ。
あとは、御来場されてのお楽しみです。さあ、この暗闇から果たして何が飛び出すのかなあ。。。

私の場合、今回は時間の都合でお化けたちに会うことは出来ませんでしたが、セットを見たところなんだか昨年よりもさらにレベルUPしていそうです。
お化け屋敷に携わる子どもたちは毎年、来場者たちに楽しんもらうために毎年違うテーマと構成を考え夏休みも遊ぶ時間も返上して頑張っています・・・そんな汗と涙の結晶により生まれた「お化け屋敷」、是非1度足を運んであげてください(^-^)/
怖いと感じられた方、我慢せず思い切り”ぎゃぁ~っ!”と叫び恥ずかしがらずに怖がってください。
そうすればきっと、お化け役の子どもたちも喜ぶと思います

DSCN4305_20170730210933a6c.jpg
7/29(土)~8/6(日) 14:00~17:00まで 入場無料
※今回は期間が短いのでご注意!観たい人は急いでね。
連日、混む可能性があり長時間、待つことになることをご覚悟ください
IMG_20170729_174726_BURST002.jpg

さて、お化け屋敷初日にあたる7/29に石岡駅前通りではこれまた毎年夏恒例のお祭り石岡サマーフェスタ2017が開催されましたヾ(o´∀`o)ノ
今週はこちらのレポートを数回に分けて書かせていただきます。


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/30 21:59 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

道の駅ひたちおおたOPEN1周年イベント~マシコタツロウトークライブ観てきました!

※今回の記事、茨城県外の方や茨城放送を聴かれない方にはあまり興味のないお話かもしれません
適当にスルーしてくださいm(__)m
尚、内容柄ところどころに茨城弁が現れますが御気になさらずに(笑)


かえってどーも!∠( ^ o ^ ┐)┐
・・・という前ふりで始まる毎週水曜日のあのコーナー、茨城放送を聴かれている方ならすっかり御馴染「マシコの青なじみ」のパーソナリティを勤められているマシコタツロウさんのトークライブが、ついに始まりましたヾ(o´∀`o)ノ

マシコさん、登場!
DSCN4180_20170727204126d01.jpg
”かえってどーも!”はすっかりお約束?!
ラジオで聞く、すっかり馴染の声。あの”まんま”です。
声だけの人とこうしてご対面するのって、なんだか感激p(*^-^*)q
”声だけ聴いてっと、えらぐ年齢いった親父に聞こえっけど”なんて言った人がいたけど
実際は全然、あんちゃまだがんな!
じっちなんて言ったら怒られっとぉ~!!

観客席の方から、遠慮もなく野次に近い声援(?)らしきものが飛んでも
「うっせーなコノ!」と交わす、そんなやりとりも滑稽でした。(他じゃ見れねーがんな!)
DSCN4183_20170727204128a56.jpg

自慢の歌声(実は彼、本職はミュージシャンなんです。)も惜しげなくお披露目。
「~だっぺよ!」「~っちゃあんめ!」「じっちが・・・」「ばっぱが・・・」等茨城弁たっぷりなトークとはがらりと違い、爽やかで愛情溢れる歌ですよ
そういえば、一青窈さんの「ハナミズキ」も熱唱してくださいました(* ´ ▽ ` *)
DSCN4184.jpg
「ハナミズキ」はマシコさんが作曲されたのですよ
自らの歌声により、「ハナミズキ」がお披露目されたわけです。

マシコさんの故郷は常陸太田市ですので、帰郷ライブということになります。
ミュージシャンで活躍されてるマシコさんですが地域おこし的な彼の功績が認められたのか、地元常陸太田市の名誉観光大使に任命されています。
故郷でライブを行うのは実に久々だとの話ですが、学生の頃の思い出や初恋のエピソード等しみじみお話されその合間に持ち歌を披露。
DSCN4192.jpg
そして・・・。
常陸太田市のイメージソング、「空があるまち」(勿論、マシコさんが作詞作曲)が熱唱されると会場内は大盛況!
何しろ、ステージ周囲に集まった観客は圧倒的に地元・常陸太田市民が多かったのです。
じっっちやんだって、ばっぱやんだってノリノリだがんなぁ~
見でみぃ、この盛況!

DSCN4196_20170727204132882.jpg
これだけ大勢の人に愛されてる証拠ですね。
(この曲、著作権により動画の添付は禁止されております。YOU-TUBEで閲覧のみ出来るようですので「常陸太田市イメージソング」で検索をかけ各々でお楽しみくださいませm(__)m 私も視聴してみましたがとてもいい曲です(´ω`人))

楽しい時間はあっという間に過ぎ、ライブの時間は終了となりました。
ステージ終了後は、お楽しみ&お待ちかねのサイン&握手会。
この日2度目のサイン会ですが、瞬く間に行列ができました。
私も並んじゃった
DSCN4197_20170727213714448.jpg

いよいよ私の番になるとなぜか、
「どっかでお会いしましたっけ?」なんて言われちゃった(〃▽〃)
たとえ冗談でも嬉しくなっちまうべおぃ( ^ω^ )
DSC_0120_201707272137111f3.jpg
素敵な思い出・・・一生の宝物

マシコさんの自作曲「僕史上空前」という曲の中で
♪出会う前から何か知っていたような~
という一節があります。
初対面なのになぜか、以前からの知り合いのようなそんなフレンドリーな雰囲気を醸し出す方ってたまにいますよね。でも自分自身が人様からそのように思われたということが嬉しくて仕方がありませんでした
ラジオという機材に隔てられ、お互い顔も知らなかった語り手と聴き手がこうして直接会って会話が出来る・・・考えてみたらこれは凄いことだと思います

素敵なひとときを、ありがとう~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
かえってどーも!!


今回のおまけ:
ライブの後でひんやりスイーツなど
DSCN4198_201707272137156c2.jpg
デカサイズのメロンかき氷。
贅沢にもソフトクリーム載せです(*´∀`人 ♪

里美ジェラートに代表されるように、常陸太田市は水も牛乳も旨い!
絶品のソフトクリームとかき氷を同時に味わえて最高!!
道の駅ひたちおおた内レストラン脇のコーナーで買えますからね( ^ω^ )
DSCN4201.jpg
幸せはいつだって 一番そばにあるから

IBS茨城放送HP
http://www.ibs-radio.com/

マシコタツロウさんがパーソナリティを勤めるのは水曜午後1~4時位までとなります。
時間ある人、聴いてくんちょ!な!(笑)ちなみに「青なじみ」っていうのは茨城弁で”青あざ”のことです。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/27 23:02 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

道の駅ひたちおおたOPEN1周年!

常陸太田市にある道の駅ひたちおおたがOPENして、早1年。
偶然、丁度1年前の今日もここの記事を書いていました
DSCN6357_20160725215427272.jpg
記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2779.html

OPEN当時は物凄い人の数で駐車場等30分待ちは当たり前、私の場合は常陸太田駅でお借りしたレンタサイクルでの初訪問でしたが、車で来なくてよかったと思ったくらいです
あれから1年、経ちまして。。。
DSCN4152_20170725223817dc2.jpg

DSCN4154_20170725223820e0c.jpg
OPEN当初の1年前ほどではありませんでしたが、それでも人は出ていました。
え?そんな風に見えないって?
いや、そうでもないのです。
ほら
DSCN4150_201707252238160a3.jpg

DSCN4159_20170725224857b19.jpg

大勢の人だかりはここに集中。
何の行列かといいますと、とあるお方のサイン&握手会待ちの行列なのです。
そのお方とは。。
DSCN4160.jpg
常陸太田市出身でミュージシャン、かつ茨城放送のパーソナリティもされているマシコタツロウさんです。
これから彼のトーク&ライブが行われることになっています。
DSCN4158.jpg
毎週水曜日の人気コーナー「マシコの青なじみ」で茨城県民にはすっかり御馴染です
次々出る茨城弁トークがたまりません私も大好きな番組です。
IBS茨城放送
声は聞き慣れているものの、実物にお会いするのは初めて。
情報を入手して、楽しみにしていました。
その模様は、次回の記事であらためます。
DSCN4167_2017072522490114d.jpg
開始1時間前から、ステージ前はこんな状態でした

さて、OPEN1周年ということで道の駅ひたちおおたでは今月初めからいろいろなイベントが開催されていたようです。
特に、レストランではNHK朝ドラ「ひよっこ」に登場する洋食メニューが期間限定で提供されています。
DSCN4166.jpg

でも。。。
案の定、座席は満席しかも空席順番待ちの家族客が何組も入り口で待機しているようで記名欄にはなんと、20組位の名前が横線が引かれていない状態で書かれていました
・・・これじゃ、マシコさんのライブが観れない!たとえライブを諦めて並んで待っていても、順番が回ってくる頃に商品が残っている可能性も稀薄だな。。。と。
お惣菜コーナー(直売所内)のお弁当に変更です。
DSCN4168_201707252304525a9.jpg
常陸太田市産のお米が使用されているそうです。
思えばここのお弁当って食べたことなかったんだよね
では、いただきま~す(^0^)/^
DSCN4169_20170725230453dfc.jpg
超、手作り感溢れるポテトサラダにハンバーグ!
お米は古米ではありましたが、美味しかったです
そうそう、ハンバーグのソースは味噌ベースで田舎の味
美味しくいただきました

お弁当やお惣菜は手作りで美味しいけれど、大抵早めに売り切れてしまうようです。
夕方頃に立ち寄った時にはケースは空っぽ。
でも今回は食べられて良かった♪
DSCN4153.jpg
屋外でも手づくりコロッケや唐揚げの販売が行われている時もあります。
お昼や夕食のおかずにいかが?

お腹を満たしたところで今度は飲み物を。
オレンジジュースでビタミン補充して、ライブを待ちます
DSCN4177.jpg
オレンジ×3個分。
元気出たぁ!!
夏はビタミンCを摂りましょう!

といったところで次回はライブのレポートを中心に書かせていただきます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/25 23:29 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

石岡サマーフェスタ2017、今年も開催されます!

今年もコイツが帰ってきた
FB_IMG_1498644914380.jpg
石岡サマーフェスタ2017が今年も来る7月29日(土)に開催されます
数年前より、”七夕まつり”としてスタートしたお祭りですが、いまやすっかり夏の恒例行事。
当初は規模も小さくおとなしく、そしてほのぼのと開催されていた記憶があります。回数を重ねるうちにアトラクションやプログラムも少しずつ増え、元気に行われるようになりました
DSCN6416_20160801225129a4d.jpg
お子様が喜ぶ夏向きの企画もたくさん、行われました。
昨年はウォータースライダーをやったっけ。今年は、”ウォーターサバゲー”だって。
ところで今年もまた、「お化け屋敷」やるのかな?

で、こちらは大人が喜ぶ夏向きの企画、乾杯ゾーン。
DSCN6432_20160801220841582.jpg
これも目玉行事です。
地酒で乾杯して、みんなでハッピーになりましょう(^0^)/
※自動車の運転はしないでね!

天気予報によりますと、当日は日中の気温もぐっと上昇し、厳しい猛暑日となりそうです。
水分補給をしっかりして、熱中症対策を万全にした上でお出かけください。
DSCN6403.jpg
そして、お子様におかれましては夏休みの宿題をちゃんと済ませてから遊びに来てくださいね

毎年遊びに行ってるこのイベントですが、今年はどんなことになるのかとても楽しみです
DSCN8494.jpg

こちらで↓詳細や最新情報が入手できます。フェスティバル実行委員会さんのフェイスブックページです。
https://www.facebook.com/ishiokasummerfestival/

※車を運転される方や未成年の方の飲酒は絶対にしないでください!
※気分がすぐれなくなったりだるさを感じたら無理せず涼しい場所へ避難してください。
※水分補給はしっかりと!
※貴重品の管理に十分、ご注意ください!



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/24 23:24 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

片野排禍ばやし、観てきました<4>

数日引きずりました片野排禍ばやし記事、今回で最終回といたします。
ほとんど、画像中心となりますが何卒ご了承くださいm(__)m
DSCN4107_20170723230757a82.jpg
この日の日中もうだるような暑さでしたがそれは夕刻になっても衰えることなく、もう5時過ぎになるにも関わらずじりじりとした暑さが容赦なく、お祭り御一行を襲います。ただカメラを持って一緒に歩いている私でさえ、そう感じるのですから山車を曳いたり御囃子をしている人はもっと堪えているはず。

”おっしゃい、おっしゃい”の声もトーンが弱くなっている模様。。。
DSCN4111_20170723230759dff.jpg

山車の上ではひょっとこからおかめに交代。
はじめに登場したのは実に可愛らしいおかめさんで。
DSCN4117.jpg

続いて”大人おかめ”も登場しました。
DSCN4120_20170723230801f5d.jpg

DSCN4123_201707232308033e7.jpg

折り返し地点で折り返し、少し進んだところで休憩タイムです。
水分もしっかり補給しておかなくちゃね!
DSCN4125_2017072323152059e.jpg

それにしても皆さん、とても幸せそうだなあ。。。
DSCN4127_201707232315211a2.jpg

DSCN4129.jpg
休憩タイム、終了。では再び出発!

やがて日没となり、一般住宅に飾られた提灯の灯りが映える時間帯となってきました。
DSCN4132_20170723231524df7.jpg

片野排禍ばやしは、9月に行われる石岡まつりと比べたら決して規模の大きなお祭りではありません。冷めた目で見れば、田舎の一部落で行われている伝統行事に過ぎないのかもしれません。
でも、地元の人にとって”誇れる郷土芸能”であり自慢できる伝統芸能なんだ、ということを今回参加してみて実感出来た気がします。
このお祭りについて聞くと、大抵の方が目を輝かせ自信たっぷりにこのお祭りの良さを話してくださっていました。
地域に息づく伝統芸能に誇りを持つ、そしてそれを部外者や町外から来た者にも自信を持って紹介できる・・・まさに郷土愛精神ですよね
これが町興しの基本かもしれません。戦国時代に行われたお祭りが21世紀にも継承されているのは、片野地区の皆さんが持つ”郷土愛”でしょう
DSCN4142_20170723233350c9e.jpg
山車が出発点に戻ってきました。
大太鼓による、歓迎の太鼓を受けそれが終わると落ち着く間もなくここからまた動きます。
町内曳き回しです。
時間となりましたので私はここで退散です。
”秋にまた、お会いしましょう(^-^)/~”ということで、会場を後にして愛車が待つ公民館駐車場目指して歩いていきました。

では、私が観られなかった部分の動画がYOU-TUBEでUPされていましたので、最後にこれを添付して記事を締めさせていただきます当記事で唯一、登場しなかった狐のものです。
※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合もあります。もしも観られなかったらごめんなさい


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

 [ 2017/07/23 23:42 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

片野排禍ばやし、観てきました<3>

片野の排禍ばやし記事、そろそろ締めたいと思います。
初めに御断りしなければならないことがあるのですが実は私、時間の都合上このお祭りを夜まで観ていませんでした
というわけで、申し訳ありませんが狐が登場しません。
よって最後はYOU-TUBEに頼らせていただきました。次回「片野排禍ばやし、観てきました<4>」が最終回となりますが、その記事の終わりに使用させていただきますので何卒ご了承願いますm(__)m

山車も完成し、お祭り開始の時刻となりました。
御囃子の音が鳴り響きます。
DSCN4061.jpg

DSCN4064_201707222111466cd.jpg
笛と太鼓による御囃子が始まると、暫くして御仮殿に設置された大太鼓の音も鳴り響きます。
お祭り開始の合図です。
DSCN4088_2017072221403070d.jpg

そして、2頭の金獅子が登場しました。
DSCN4067_201707222111477dd.jpg
お囃子に合わせ山車の上で舞うこの金獅子は戦国時代の武家の権力と威厳を表現しているのだとか(市のHPより)
全部で4人の踊り手が付き、彼らはこの金色の獅子頭をかぶり、頭を上半身と手で操って上下左右と自在に動かしているそうです。
DSCN4070_201707222111494e2.jpg

さあ、これからこの山車が町中の道路を練り歩きます。
DSCN4073.jpg

でも、道路に出るまでが大変
山車を動かすのは力のある若い男の人達数人がかりでも、決してたやすいものではありません。
DSCN4076.jpg

一体、何トンくらいの重量があるのかな、この山車は
DSCN4083.jpg
頑張って~!!

苦労の甲斐あって、どうにか車道にでることが出来たようです
DSCN4086.jpg

苦労の結晶?!↓
DSCN4089_201707222140316b4.jpg
山車を引きずった痕です。
では、出発!
でも。。。
DSCN4092.jpg
路線バスや車が山車の横を普通に走行しています。
夜は分かりませんが、お祭りだからと言って道路を封鎖するわけではない(というより、出来ない)ようです。
ですから、お祭りの日のこの通りは渋滞。
DSCN4093_20170722215049b82.jpg
でも、誰も文句は言いません。お祭りがある日はいつもこうなんだということを理解されているから。
普段は地元の人以外、滅多に通ることのない道のようですが。

さあみんな、山車に続け
というわけで、私も同行します
DSCN4094_201707222150503f4.jpg

このような場所も大丈夫!
DSCN4095_2017072221505112f.jpg

いつしか、山車の上は金獅子からひょっとこにチェンジ。
DSCN4102_2017072221403497e.jpg

DSCN4104_2017072221403560b.jpg
本来は獅子の次に登場するのはおかめですが、今回はひょっとこが先。
ひょっとこ登場時の御囃子は、石岡まつりでも耳馴染みのあるあの旋律。
すっかり御馴染と言えば、少人数ながら”おっしゃい隊”も活躍です。
DSCN4097_2017072223184190f.jpg
おっしゃい、おっしゃい、オッシャイナ~♪
これを聞くと9月の石岡まつりが待ち遠しくなります(笑)

こんな感じで、山車行列は往復30分練り歩いていきます。
DSCN4106_20170722232150bb3.jpg
山と田畑を背景に山車のパレード。
石岡まつり時の街中を練り歩くそれとはまた違った趣があります。

では、続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/22 21:17 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

八幡様お参り~片野排禍ばやし、観てきました<2>

お祭り関係者の方が山車を組み立て始める少し前に。
中心となる八幡神社にまずご挨拶しておこうと、御仮殿(?)の脇をくぐって奥へ進んで行きました。
DSCN4001_20170721224822663.jpg
茨城県指定村社八幡神社と書かれています。
「片野村」だった頃でしょうか。。。調べたところ、この村は明治22年に柿岡村(現在の石岡市柿岡)と合併し、柿岡町になったそうです。ですからこの碑はそれ以前のものでしょうね
余談ですが柿岡町はその後、さらに近隣の町村と合併して八郷町となり(同時に柿岡町は廃町)平成17年の「平成の大合併」により現在は石岡市となりました。
この碑はかつて存在した「片野村」の忘れ形見ということになりますか

その八幡様は、ひっそりと静かにたたずんでいました。
DSCN4022_20170721224825c05.jpg
とりあえずご挨拶
お祭り成功と、禍排除を祈願します。
DSCN4025_20170721224828564.jpg

片野の排禍ばやしは年に2度行われ、今回の夏祭りと10月中旬頃に秋祭りが開催され秋のお祭りの時にはこの神社拝殿前にてひょっとこ踊りをはじめ、おかめや狐等の舞いがお披露目されるそうです。
そちらは昼間に見られるそうですので、その時また来ようかな
DSCN4139_20170721232121f0e.jpg
御囃子がいつ頃から行われるようになったのか、というのは謎だそうです。

2年前に書きました「もうひとつの石岡まつり」2015.9.30でも触れていますが、このお祭りは16世紀末に片野城主だった太田三楽という人が戦勝祈願と禍を排除するためにこの八幡神社を創建し、奉納したことが起源と言われています。
DSCN4023_201707212248274a7.jpg
それから500年もの時が流れ、時代背景も人も変わってしまいましたが地域に住む人達の手により現在まで保存・継承されているなんてすばらしい
昭和37年には県指定の無形民俗文化財指定を受けています。
DSCN4026_20170721231324d2c.jpg
年季の入った神輿が気になり、金色のものと併せて撮影させていただきました

さて、再び山車組み立ての時間に戻します。
山車に載せる人形が軽トラックで運ばれてきました。
DSCN4038.jpg

負傷中(?)
DSCN4039.jpg

怪我の手当てを施された人形は、山車の方へ運び出されました。
DSCN4041.jpg

そして・・・
DSCN4044_20170721231330839.jpg

八幡太郎義家、参上!
DSCN4047.jpg

少しずつ、山車らしくなってきました
DSCN4049.jpg

様子をじっと見守る関係者、そして見物人たち。。。
DSCN4050.jpg

DSCN4051.jpg

榊を飾って・・・出来あがりかな?
DSCN4055_20170721233011143.jpg
山車の中で待機していた子どもたちもお着替えし、あとは開始時刻を待つだけ。
お疲れさまでした

ついに、完成!!
では、記念撮影しましょ
DSCN4058.jpg
さあ、いよいよお祭り開始です!

というわけで、続きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/21 23:10 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

片野排禍ばやし、観てきました<1>

夏祭りの季節がやってまいりました。梅雨も明け暑さも益々厳しくなっていくと思われますが、茨城ブロガーである以上(え?)どうやら夏バテしている暇はないようです
先週の日曜日(7/16)、早速行ってまいりました
場所は石岡市、旧八郷町エリアに属する片野という場所です。
DSCN3998_201707202233214a6.jpg

2年前の石岡まつり記事で、片野排禍囃子の記事を書かせていただきましたが覚えている方、いらっしゃるでしょうか。。。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2491.html
あの時は駐車場でのほんのお披露目に過ぎませんでした。
今回は”生”を観にやってきたのです。といっても少々、時間が早過ぎたらしく、まだお獅子もひょっとこもおかめも、ましてや狐も登場していません。幌が1台、お囃子を鳴らしながら街中を曳き廻ししているだけでした。
お祭りと呼ぶにはまだまだ静かで寂しいもの。
DSCN4004_20170720223325ef4.jpg

DSCN4003_20170720223324367.jpg

お祭りの主要人物=おかめ、ひょっとこ、金獅子そして狐に会えるのはまだ3時間先。それまで待つしかありません。
このお祭りのことは知っていたけれど、何時から何時までで何時になるとひょっとこが見られるのか、獅子舞が見られるのかetc具体的なスケジュールが全く不明な状態でここにやってきたという、我ながら実に無謀でアバウトな行動しかし、それを悔いても始まらない。
DSCN4000_20170720223323b1f.jpg
ひょっとこらの登場は17:00~18:00過ぎあたりになるという、関係者のお話。
おい待て、聞いてないよぉ~そんな時刻までここにいたら帰宅は一体、何時だ?
正直、こんな気持ちでした^◆^;

鳴り物を載せた幌は、街中をぐるりと廻っていきます。後で分かったことですが、この年の当番となっている町(年番のようなもの)を練り歩きご挨拶をしているのだそうです。
この排禍ばやしは、片野という集落にある4つの地区毎に行われていて4年に1度、その役目が廻ってくるのだとか。
DSCN4007_2017072022495571f.jpg

DSCN4006.jpg

山をバックに風情あるなあ。。。
DSCN4008_2017072022495677a.jpg

DSCN4011_201707202249596b7.jpg

巡回が終わると、子どもたちは一旦引きあげて行きました。
この日の本祭が始まるまで、時間はたっぷり!
それまで周辺を散策(といっても付近の寺院や神社をお参りしただけですが)をしたり、関係者の方に排禍ばやしの沿革や内容を教えていただいたり、数人のグループで来たカメラマン隊と合流し、雑談をして時間を潰していました。

このお祭りは秋に駅前通りで行われている石岡まつりと比べるとかなり小規模で、冷めた目で見ればある部落の伝統行事でしかないかもしれませんが、県指定無形民俗文化財に指定されているお祭りです。”排禍”の名の如く、”禍を排除する”ことを祈願して開催される由緒正しきお祭りなのです。
DSCN4029_2017072023090739a.jpg
八幡神社参拝の記事は後ほどあらためまして

いつしか時間も経過して・・・ついに山車の組み立てが始まりました!
DSCN4030_20170720225928f3e.jpg
ブルーシートが外され、これからこの山車に飾り付けが行われます。
さあ、いよいよですねえ。。。
DSCN4031.jpg

DSCN4032.jpg
私を含むカメラマン隊が見守る中、山車の組み立て・飾り付けが開始となりました。
ちなみに画像奥に写る鳥居と屋根が八幡神社。

というわけで、続きます。

余談ですが、こちら↓十六茶とおにぎりは差し入れ。
役員の皆さんが作ってくださいました
DSCN4033_201707202259320e2.jpg
DSCN4034_201707202259347a7.jpg
美味しい御赤飯でした^^。ありがたい。。。先ほどの曳き回しの際はすいかもごちそうになりました。
お祭り関係者のみならず、見物に来たカメラマンにまでこのような温かいサービス。。。
少なくとも私がこれまで見てきたお祭りでこういったおもてなしはありませんでした。
この日、一番の感動

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/20 23:22 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

手打ちそば処 麓

先週の日曜日は、石岡(旧八郷町エリア)へ出没(^^)ゞ
片野という場所を目指し県道をずっと走っていると「手打ちそば」と書かれた幟を何本も見かけ、時間的に丁度ランチタイムでもあったこともあり、寄り道していくことにしました。
DSCN3995_20170719231528645.jpg
手打ちそば処 麓というお店。
駐車場は既に満車で、入り口周辺は縦列駐車している車の列
その列に続き、私も縦列駐車

外に立ててある幟と、”手打ちそば処 麓”という看板、そして玄関の暖簾がなければお店だと分かりません。
主の名前が入った表札のある普通の住宅です。
DSCN3994_201707192315270c8.jpg

玄関をがらっと開け、お邪魔しまあす∠( ^ o ^ ┐)┐
DSC_0045_201707192315224b1.jpg

座敷のテーブル席はほぼ満席でしたが、運よくお店を出るお客さんがいて空席が出来ましたのでそこへ座ることができました。
DSC_0046.jpg
メニューに書かれた商品も気になるけれど。。。ちなみに、”野菜天せいろ”が人気のようでした。
でも最初に決めた”夏限定”の”ぶっかけ豆腐そば”に決定!
混んでるみたいだから、気長に待とぉっと

そうなんです。実はここ、結構待ち時間が出来ます。ですからお急ぎの方や「待たされるの、大嫌い!」という方は申し訳ありませんが不向きのようです作り置きはせずに一人一人、順番に作られているようで。
・・・う~ん、さすがにちょっとお腹空き過ぎたかなと思い始めた頃・・・

ようやく、注文のメニューが到着
DSCN3988_20170719231526aa1.jpg
良かったよかった^^。
では、いただきます
DSCN3989_201707192315471fc.jpg
あ~、写真撮るのがもどかしい(笑)
早く食べたいっ!!という気持ちがもろに出てます
あまり丁寧な画像でなくて申し訳ありません。
DSCN3991_2017071923155028e.jpg
歯ごたえあってしっかりとした、美味しい手打ちそばですよ!
なのに、ぶれてんなあ(笑)

トッピングの豆腐、とってもみずみずしくて美味しいこと美味しいこと
DSCN3990_201707192315493d1.jpg
あっという間にペロリ
るるぶ特別編集石岡市にも掲載されているお店で、帰宅後に調べてみたら地元八郷産のそば粉を自家製粉したそばだそうです。
そばを打たれているここの御主人は、石岡市役所に勤められていて数年前に定年退職し、5年前にこのお店を開業されたとのことでした。
DSCN3993_201707192315521ca.jpg
最後はそば湯とデザート=そば粉のゼリー
美味しくいただきました

お会計の際、「お待たせしてしまって申し訳ありませんでした」の一言をいただきました。
こちらこそ、せかすような事言って申し訳ありませんでしたm(__)m
そして、帰る時にご主人自らの御見送り。
待ち時間のストレスは全て、美味しいお料理とご主人をはじめお店の方全員の優しいおもてなしで完全に消えました
いつかまた来よう(^-^)/
今度は野菜天せいろだ

手打ちそば処 麓
茨城県石岡市根小屋829-1
Tel:0299-43-0598
営業時間 11:30~14:00(※営業時間、短いのでご注意!そばがなくなり次第終了となります)
定休日 毎週木曜日、第4水曜日
HP(食べログ)→https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080203/8012857/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/19 23:45 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

山方特産店

道の駅だいごに立ち寄る、約3時間前に寄り道を。
JR水郡線山方宿駅から徒歩だと大体7、8分位でしょうか。スーパーマーケットエコスとドラッグストアウェルシアが並ぶ「ショッピングプラザ山方」の片隅に建つ、山方特産店というお店が以前から気になっており、トイレ休憩も兼ねて覗いてみることにしました
DSC_0048.jpg
旧山方町の特産品が販売されているのかな?と、前々から興味はありまして。というのもこの付近にドライブインがかつてあったのですが(国道118号沿い、関東一の大鍋が飾ってあるところです)いつの間にか閉店し建物は解体され更地になってしまったのです。

気に入れば鉄道利用した時でも買い物出来るナ、というわけで今回はその下見です
DSC_0057_2017071823141952a.jpg
奥久慈しゃもに大子おやき、そしてこんにゃくerc。。。
奥久慈土産が揃ってる~!!ヾ(o´∀`o)ノ

で、やっぱりここに反応(笑)
DSC_0051.jpg
常陸大宮市の地酒:久慈の山ワンカップ
勿論、ノンアルコールの飲み物もありますよ♪
今回は果汁100%のリンゴジュースを購入しました。他、常陸太田市産のヨーグルトもあります。

旧山方町名物(?)、陰陽まんじゅう
DSC_0052_20170718230751594.jpg
ナニコレ?って?
松茸とあけびじゃないですかぁ~分かりませんか?(笑)
陰陽山の頂上にある陰陽山にちなんでいます。詳しい説明は省略。
食べれば夫婦円満・子宝に御利益があること間違いなし(?)

手作りの工芸品もいっぱい並んでいます。
DSC_0049.jpg
常陸大宮にふさわしく、木のぬくもり感じる木製の工芸品。
そして、地元の方が手作りされたという竹細工が。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSC_0056_201707182314173ed.jpg

DSC_0054_201707182314153de.jpg
光圀の時代から、和紙の生産が盛んな常陸大宮市。
和紙を使った工芸品が見られるのも特徴的でした。

で、こちら。分かりにくいかもしれませんが、二重になっている風車。
風を送ると前後交互に回るのです
DSC_0055.jpg

DSC_0053.jpg
菓子入れに一つ、欲しいわあ(´ω`人)

スマホで店内写真を撮ろうとしたら、お店の方が灯りを付けて写真を撮りやすいように計らってくださいました。
ありがたや~
商品についてもいろいろと説明してくださったり、とても親切にしてくださいました^^。
電車で来たらまた来よう!

今回の買い物は、りんごジュースとこんにゃくとお茶、そして母へのお土産に手作りストラップ(細い竹で作られた、オリジナル)。
時間が早かったため、手打ちそばを味わうことは出来なかったけれど次回にしましょ
DSC_0059_201707182314208aa.jpg

「水ぐるま」(先ほど述べた、大鍋がある現在更地のところ)がなくなってしまい、鉄道で来る楽しみがなくなったなあと思っていたところに、このようなお店が出来て良かった( ^ω^ )



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/18 23:38 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

道の駅だいごの奥久慈りんごソフトクリーム

毎日、うだるような暑さが続いています皆さん、3連休はいかがお過ごしだったでしょうか・・・?勿論、”仕事だったよ”という方もいらっしゃると思いますが。
今年初の「大子町」記事になります。といっても今回の大子訪問はレジャー目的ではありませんでした。
その帰り、トイレ休憩をしたかったこともあり久しぶりに道の駅だいごへ立ち寄っていくことにしました。
DSC_0089_20170717225525e08.jpg
時間の都合で今回は入れませんでしたが、温泉もあります
小さな内風呂浴槽のみですが、本格的な大子温泉ですよ♪

トイレだけでももったいないな、と売店周辺をうろうろしていると目に留まったものがありました
DSC_0083.jpg
”自家製”、”奥久慈りんご”に強く反応
勿論、即買いです。
DSC_0085_20170717225522d5a.jpg

一口なめてみると。。。りんごだ、確かに
DSC_0086_20170717225523777.jpg
ミルキーな舌触りの中に爽やかなりんごの酸味をほんのりと感じることができます
まさしく、大子ならではのソフトクリーム
これはいいね
ソフトクリームは売店で購入しましたが、外からの購入もできるようです。
DSC_0087_20170717231423aaa.jpg
大子に来たなら是非、食べてみよう

オリジナルの味はもう一つ
DSC_0088_2017071723142431b.jpg
常陸大黒ソフトクリーム
常陸大黒と言われている県北地域特産の豆です。これを利用したケーキや和菓子も県内の数か所で販売されていますが、ソフトクリームを御目にかけたのは初めて次はこっちを食べてみよう♪

地域の特産品販売と情報発信、食事処にお風呂。
大子観光には欠かせないスポットです
DSC_0090_20170717231425132.jpg

DSC_0092_201707172314274c0.jpg
道の駅から大子駅まで徒歩約10分。県内の道の駅の中で唯一、鉄道駅からの徒歩移動が可能な場所だと思います
駅前の商店街や周囲の美しい景色を堪能しながら駅から駅へ徒歩で移動してみるのもいいね


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/17 23:30 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)

幻の駅を訪ねて~茨城鉄道:石塚駅

今は亡き茨城鉄道の写真展を観たところで、元駅や線路が通っていた場所を観てみたくなり手始めと言うことで町役場から一番近くにある、元・石塚駅を訪ねてみました。

水戸へ通勤や通学で利用していたという人が多くおそらく沿線駅で一番、乗降客数が多かったと思われます
DSC_0019_20170714215345c60.jpg
鉄道が現役の頃、駅前は商店街となっていて当時の常北町の中心でした。
旅館や飲食店等が立ち並び、きっと活気があったことでしょう。。。
やがて鉄道が廃止になると、駅舎も解体されました。鉄道廃止により客足の減った駅前にあった数軒のお店が閉店し、駅舎のそばにあった桜の木も伐採されてしまったそうです。

そして今は・・・
DSCN3980_2017071421535100c.jpg
ここが石塚駅の駅舎があった(と思われる)場所です。
在りし日の写真と現在のそれを比較したものが展示されていましたのでそれを頼りに探してみました。
おそらくこの位置で間違いないかと思います
これがその資料写真↓
DSC_0029_20170714222232b3f.jpg

大体、こんな感じかな。イメージとしては。
DSCN3979n
で、駅舎の後ろにホームと線路があったわけだ。

ホームと線路があった場所はここです。
DSCN3978_20170714222233971.jpg
丁度、車道となっている部分が線路でした。
この写真をちょっとずらしてみます。
スーパーマーケット:エコス(現在は営業していません)の敷地内、歩道側がホームだったようです。
DSCN3977.jpg
現在、鉄道が通っていた証となるものは何一つ残っていません。鉄道を利用していた人がここを訪れた時、道路の形状や位置等から当時の記憶を辿り、当時を懐かしむことしかできません。そういった重要な生き証人の方がいるからこそ、鉄道を知らない世代でも茨城鉄道を知り得ることができるのです
DSCN3981_2017071422223733d.jpg
この道は、どこまで続く。。。?錫高野までですよ。
この数キロ先が難所だったらしいです。鉄道が坂道を登れずに乗客や車掌ら総勢で押して動かしたそうな
途中で猪が出没し接触事故を起こすこともあったそうです。
経験した人、まだご健在かな?今思うと大変貴重な体験ですね(笑)。

さて、そろそろ引きあげるか。。。と思い愛車のところへ戻ると路線バス(茨城交通)が丁度停車するのが見えました。
DSCN3982_20170714233515260.jpg
角を曲がり約100m先に石塚車庫があります。バスは40数年前は線路が通っていたところを通り、終点の石塚車庫へ向かって行きました。
あのバスの運転手さんは、かつてここに駅があり鉄道が走っていたことを知っているのでしょうか。。。

昭和は遠くになりにけり・・・?( ̄- ̄)
DSCN3983_20170714233516ea1.jpg
↑おまけ画像
道の駅かつらで何気に見つけ、ついカメラを持つ手が反応しました^◆^;
昭和の記事だから、昭和画像で締めます(笑)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/14 22:48 ]  城里町 | TB(0) | コメント(2)

お帰りなさい茨城鉄道~共催展:茨城鉄道

先日、記事にも書いていますがかつて水戸~城里町(旧常北町・桂村地区)間を走っていたローカル鉄道茨城鉄道の共催展が7月4日(火)より8月31日(木)まで、城里町役場の町民ホール1Fにて開催中であります
ミニマーケットの合間に、私も観てまいりました。DSC_0023_2017071222592613a.jpg

DSC_0015.jpg
茨城鉄道の歴史や、沿線内各駅の在りし日の駅舎写真や走行中のもの等その鉄道をリアルタイムで知る人達にとってはかなり懐かしい写真展となっています
知らない世代にはまた、新鮮味たっぷり
食い入るようにパネル写真を見つめ、”あ~、これだ!”、”これあったあった、うん”等と呟いたりお連れの人に相槌を打ちながら鑑賞されてる人の姿もありました。
DSC_0017_201707122259232a8.jpg

茨城鉄道をよく利用していた方にとっては、40数年の年月も関係なくきっと昨日の出来ごとのように思えるのでしょうね。。。
この列車、大正15年の開業から約半世紀運行されていました。通勤通学の足として、当時城里町から水戸へ通う人達の為に働いてくれた列車です。
利用者の思い出話が綴られた小冊子を拝見すると、かなりゆっくりした速度でなんとものんびりとした鉄道だったそうです。一説によると、「車輛から飛び降りて野原の花を摘んでも、また同じ車輛に乗れる」ほどだとか。まじか!!
時には脱線したり、雪の日は坂道が登れず苦労しながら走行していた為利用者は遅刻が免れませんでした。
その度に駅で証明書を発行していたそうです。
そういえばこれは父に聞いた話ですが、錫高野あたりの坂道が上がれずにいると乗客は一旦降りてみんなで手押ししたこともたびたびあったということですが、事実なのか

その後、車社会へと時代は移り変わり路線バスが交通の主力となると、茨城鉄道はお荷物となり昭和46年の2月に全線廃止となりました
DSC_0027_20170712231841960.jpg

DSC_0026_20170712231839ffd.jpg
今では利用者達の思い出の中を走っているのですね。。。

意外だったのは、完璧に茨城鉄道を知らない平成生まれ位の方が興味深く見ていたことです。
歴史とくに茨城史に残る鉄道ということですね
茨城鉄道よ、あなたは偉大だ(笑)
DSC_0025_20170712225927fe7.jpg
町役場町民ホールでの写真展は平日8:30~17;15土曜日は8:30~12:00までとなります。
それ以外の時間=土曜日午後と日曜祝日は閉庁となりますのでご注意ください!

前回の記事でも書きましたが写真展は日帰り入浴施設「ホロルの湯」1Fロビーでも開催されています。
又、来月8月12日(土)にはコミュニティセンター城里、ホロルの湯共にイベントも行われますので是非、お出かけください
FB_IMG_1497133918510.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/12 23:43 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

しろさとまちなか映画館&ミニマルシェが開催されました!<2>

城里町役場にあるスダジィ広場で行われた「まちなか映画館&ミニマルシェ」記事の後篇です。
広場には遊具コーナーもあり、小さなお子様が退屈してしまっても大丈夫♪
DSCN3971_20170711204444151.jpg
まるで公園のようです
親子で楽しめるイベントデーでしたが、食べ物の方は正午を待たずに完売してしまったところも
滑り込みセーフで、城里町特製のトマトカレーを味わうことができました
DSCN3955_201707112044426ae.jpg
城里町地域まちおこし協力隊の皆さんは、私の味方!!(笑) ありがたや~
というわけで、ありがたくいただきます。
DSCN3956_20170711205036dc5.jpg
城里町産のトマトをベースにしたカレールーにじゃがいも、たまねぎ等これまた城里産の野菜を使った、いわば”ご当地”カレー。
甘口かと思いきや、食べてるうちに”あ、辛っ!”という感じでした。
トマトの成分=リコピンでこの猛暑を乗り切ろう

今後、イベント会場でもどんどん出品してもらいたいな
お腹がいっぱいになったところで、ワークショップにも挑戦します。
DSCN3951_20170711205034a01.jpg
におい袋作りのワークショップにチャレンジしました
白檀をベースに檜やラベンダー等、いろいろな香りを入れて自分だけの香りを作ります
DSCN3963.jpg
小さな袋に入れ、綿をたくさん詰めて・・・
口を巾着のように縛ったら完成!
DSCN3968_20170711205040419.jpg
小さくても香りは結構、強い!
芳香剤替わりに使っています。
出展された葵萌(きほ)さんというお店は、お香を扱うお店のようです。
他、お線香やキャンドルの販売を行っていました。
DSCN3965.jpg
美味しそうなスイーツと思いきや実はキャンドル。
ミルキーの箱に入っているのはお線香です

可愛いものや役に立ちそうな手作り雑貨も並び、気を緩めるとお財布の口がつい緩んでしまいそうです。
手持ち残高と要相談(笑)
DSCN3974_201707112044464fa.jpg

DSCN3975_20170711204448614.jpg

城里町を元気にしたい。。。そんな意図のもと立ちあがった城里町地域おこし協力隊。彼らのおかげでたくさんの人が町役場に集まり地元の特産品や業者さんとも触れ合うことが出来、小さいながらもほのぼのとした楽しいひとときを過ごすことができました。
これをきっかけに、町民は勿論町外の人の中でも”城里町が好きになった!”と思う人が増えてくれたらとても素敵だね
炎天下の中、本当にお疲れさま・・・そして、ありがとう
DSCN3961.jpg
スダジィの木の下で、また逢いましょう

城里町地域おこし協力隊さんの活動内容やイベント情報については下記のURL(フェイスブック)をクリックしてみてね☆
https://www.facebook.com/shirokoshi/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/11 22:51 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

しろさとまちなか映画館&ミニマルシェが開催されました!<1>

うだるような真夏日が続いています皆さん、大丈夫でしたか?
先週週末より、日中の気温が上昇傾向となっている模様。。。これから梅雨が明け夏本番となれば今日のような厳しい猛暑日が続くことでしょう。水分補給を怠らず、どうかお体にお気を付けくださいね

気持ちばかりですが、まずは冷たいものでもどーぞ
DSCN3954_201707102244148cb.jpg
城里名産:古内茶の水だしです。奥久慈、猿島に続く茨城県内三大銘茶の一つです。
丁度、新茶が出たばかりの古内茶、温かいのは勿論冷やしてもよし!
渋みが丁度良くて、喉越しはまろやかお替りしちゃいました(#^.^#)
今なら、道の駅かつらで新茶が購入できますよ
こちらもどーぞ
DSCN3962.jpg
かつらジェラートです。これも城里町特産。
城里町(旧桂村エリア)特産の果物や農産物を使ったジェラートで道の駅ではいつも長蛇の行列ができるほどの人気商品
DSCN3984_20170710225517871.jpg
道の駅でのみ、ダブルコーンが楽しめます^^

こういった、城里町の特産品やスイーツ等を販売するお店が町役場のスダジイ広場に集合!
そう。先週の土曜日(7月8日)、「しろさとまちなか映画館」と同時開催のミニマルシェが開催されたのです
DSCN3958.jpg

スイーツの他、パスタやお弁当、お惣菜、そして地元で獲れた野菜。
他、手作りの工芸品や焼きもの、アクセサリー等の販売や参加して楽しめるワークショップが行われていました
DSCN3949_20170710224412bda.jpg

DSCN3973_20170710230208ddb.jpg

DSCN3969_20170710230208279.jpg

ホロルのお家の周りに、この日は人がいっぱい!!
DSCN3957.jpg

DSCN3952.jpg

さて・・・と。映画はどこでやってるのかなあ。。。
実はこれ目的で来たりして
FB_IMG_1496350550384_2017071023093305d.jpg
この日の上映は2016年に公開されたアニメ映画ペット
観たかったんだなこれ(#^.^#)
まちなか映画館の企画はこれまでも年に何度か行われていたようですが、今回のようにマルシェと合体させたのは初めての試みだそうです。
DSCN3947_20170710230930b29.jpg
映画観られてお買い物出来て、良いアイデアだわ
しかも、映画は無料だなんて最高ヽ(≧∀≦)ノ

飼い主がいない間のペット達の本音と生活・・・アニメならではの冒険的でエキサイティングな物語で、子どもならずとも大人もはまりそうでした。私的にはこの手の映画、大好き何といってもハッピーエンドが最高!!
この映画を「トイ●トーリーのパクリだ」と低評価する意見もあるようですが、楽しめりゃそれで良いのさ(笑)
・・・是以上踏み込んだことは映画ジャンルで書くべき話題になってしまいますのでここまでにします^◆^;

スタンプカードも作りました( ^ω^ )
DSC_0038_20170710230927ab7.jpg
次回はいつなのかは未定。
城里町地域おこし協力隊さんのページで情報をチェックしておきましょう。
https://www.facebook.com/shirokoshi/

映画が終わった頃はまだお昼少し前。
もう少し、遊んでいきますか( ^ω^ )
DSCN3943_20170710232256600.jpg

というわけで、続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/10 23:24 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

第6回国際交流文化祭inひたちなかへ行ってきました!

お蔵入りネタで大変、恐縮です
ひたちなか市で活躍をしている団体、ひたちなか市国際交流協会による文化祭=国際交流文化祭がワークプラザ勝田で先日7月2日(日)に開催されました
DSCN3882_201707092204416c1.jpg
これからそのレポートを大雑把に書かせていただきます。尚、観た順番通りではありませんので何卒ご了承ください!

会場入り口をくぐるとそこには海外数か所の国の雑貨や食料品を販売するブース、そしてワークショップ等数か所が出店。
気を引き締めて廻らねば(笑)
DSCN3889.jpg

DSCN3897_20170709225112a6b.jpg

DSCN3888_20170709225108c56.jpg


クイズに参加しながら、これらのブースを廻ることにしました。
DSCN3932.jpg
さあ、税関通らない箱庭(?)世界旅行へ出発

にほんご教室ルンルンさん企画のワールドツアー。各ブースを訪れて子どもたちが出題するクイズに挑戦し、正解してスタンプをもらいパスポートを埋めていき最後はくじ引きで景品と交換できるんだとか。
DSCN3920_201707092312345cb.jpg
これはどこのお金かな?

ガーナブースでは、太鼓の実演も出来ちゃう!
DSCN3933_2017070923123671d.jpg
大人もはまっていました

DSCN3901_20170709225659d14.jpg
エクアドルの珈琲でひとやすみ
温かい国の次は寒い国へ(文化祭ならではだね
こちらは、グルジアブース
DSCN3923.jpg

世界最古のワイン生産地はグルジアなんです。知ってました?
DSCN3924_20170709225702f8a.jpg
世界文化遺産にも登録されたワインです。これを知らずに”ワイン通”を名乗るなかれ
ここで問題、私はこれを購入したでしょうか。。。?
・・まあ、解りますねきっと(笑)

買い物ばかりでなく、ワークショップにも挑戦します
今回はカンフーに挑戦!
DSCN3885_20170709220443efa.jpg

かっこよく決めればこうなります↓
DSCN3929_20170709232942494.jpg

DSCN3930_201707092328297ec.jpg
結構、難しかったです暫く筋肉痛でした(笑)
でも良い運動になります。
ステージイベントではタイ文化の紹介ということで、映像による案内と。
DSCN3903_20170709232823d63.jpg

タイ舞踊のお披露目。
DSCN3907_20170709232825d18.jpg

DSCN3909.jpg
美しい民族衣装、そして妖艶な動きに会場中がステージに注目でした。
最後は”みんなで踊りましょう”コーナーで締め。
普段着の人達がステージに立ち、踊り子さん達と輪になって踊ります。
DSCN3927_20170709232828a65.jpg
これぞ、国際交流
国も言葉も衣装も違う人同士が、一つになった瞬間。。。素敵ですね

国際理解と国際親善、そして国内・外を問わずに対等な立場で共に生きる地域社会を創ろう!
そんな意図のもとに結成された(と思われる)ひたちなか市国際交流協会
今、世界情勢のいろいろなニュースが飛び交い騒々しい世の中です。戦争だとか核兵器だとか物騒な言葉も耳にし、世界は一体どうなってしまうのか?という不安も感じずにはいられません。
そんな時代だからこそ、こうして国籍も文化も言葉も違う人同士が一つの街で一つになる。。。それはとても大切なことではないでしょうか。。。
ひたちなか市がどの国の人からも”住みやすいね!”と感じてくれる街になったらすごく素敵だなあ。。。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/09 23:44 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

茨城鉄道に会いに行こう!

記事のはじめに。。。
九州地方北部にお住まいの皆さま、このたびの豪雨災害の被害に遭われましたことを心よりお見舞い申し上げます。
被害はどんどん大きくなり、残念ながら亡くなられた方の数も増えていると聞いています。
これ以上、被害が大きくならないよう祈ることしかできず申し訳ありません

それにしてもここ数年、日本国内のどこかで必ずこういった災害が発生しています。災害はいつどこで起こるか分からないしどこで起きてもおかしくない状況です。茨城県でも実際、2年前に常総市やその近隣が豪雨災害にやられています。
「明日は我が身」ということを誰もが肝に命じていなければならない現実でしょうか。。。

さて、ここから従来の記事に戻ります。
今から50年近く前、茨城鉄道というローカル鉄道が水戸~現在の城里を走っていました。
大正15年に赤塚~石塚が開業し、昭和2年3月に全線開通。城里町から水戸に通勤や通学で利用する人の足として約40数年、太平洋戦争も乗り越えて活躍していたディーゼルカーでしたが昭和40年代に入り、車やバスの登場により利用者が減少し昭和46年に廃線となった電車です。
ウィキペディア
YOU-TUBEで動画もUPされていたようですので、よろしかったらご覧ください。
https://youtu.be/OYrIQoWlORA
↑埋め込みタグ未設定に付、リンクをクリックしてください!尚、音声は出ません

この鉄道に乗った記憶は全く、ございません。廃止になった時は生まれていたと思いますが。
もしも今でも健在だったら藤井川の鉄橋越えや沿線の田園風景そして背景には御前山。。。
撮り鉄さんが喜びそうな撮影スポットがたくさんで、田んぼの中三脚を構えて待機するカメラマンの姿をたくさん見かけたかもしれません。
その茨城鉄道の資料展示が先日7月4日から8月31日まで、城里町役場の町民ホール1Fにて開催されています
FB_IMG_1497133918510.jpg
FB_IMG_1497133926523.jpg
茨城鉄道を知る人にとっては懐かしい、在りし日の姿を写真で観ることができるのです。
第二会場は、日帰り入浴施設「ホロルの湯」で開催されています。
そして期間中には親子で楽しめるイベントも行われますよ
キャプチャ
入場無料です
茨城鉄道を知る世代ならば、おじいちゃん・おばあちゃんの年代かな?
親子三代でお楽しみになられてみてはいかが?

さらに今週末の7月8日に”まちなか映画館”とミニマーケットがコミュニティセンター城里(役場と同じ敷地)とその広場で行われます。茨城鉄道の写真展と併せてお楽しみください
FB_IMG_1496350550384.jpg
主催は城里町地域おこし協力隊の皆さんです。
詳細情報がFacebookで公開されていますので、興味を持たれた方は要チェックです→https://www.facebook.com/shirokoshi/

DSCN2066.jpg
♪おおきな、スダジィの~木の下で~
あ な た、とわたし~ なかよく遊びましょ♪(笑)


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/06 23:27 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

写真教室へ行ってきました!<カフェナナイロ>

笠間に到着した時はまだ、激しく雨が降っていました。
写真教室開始約40分前、飲食店に入って食事をする時間がなかった為、稲荷神社の参道で稲荷寿司を買ってそれを食べることにしました。
その前にお参りを
DSCN3835_2017070522593893d.jpg
前日行われたはずの”茅の輪くぐり”の茅の輪がまだ片づけられずに置いてありました。
雨が降っていた為、くぐることは出来ず合掌してその横を通り本殿参拝
DSCN3837.jpg

写真教室の会場であるカフェ・ナナイロさんは稲荷神社から程近いところ。
稲荷寿司を食べ終えて向かったら丁度良い時間でした
DSCN3438.jpg
先日も記事で書かせていただいておりますカフェナナイロ。
前回の記事
銘茶店を再利用したコミュニティカフェですが、体験教室が開かれます。
今回は写真教室、で次回がお料理教室だとか。
詳細情報はカフェ・ナナイロさんのFACEBOOKページで告知されていますので、興味がありましたら参加されてみては?
https://www.facebook.com/kasamacafenanairo/
脱線しました

初めて参加する写真教室に、少しどきどき
選んだドリンクはふくれみかん茶など。
DSCN3839_20170705225941a6e.jpg
ふくれみかんの風味を壊さない上で甘く味付けされて、ほっこり
風邪気味の時に飲むと良いかも?(笑)
さあ、いよいよ”授業”の開始です。
今回はカフェやレストラン等で出されたお料理の写真を綺麗に・そして美味しそうに撮影する方法を学びます。
講師は、雑誌等の広告写真を多く撮影されているプロのカメラマン・嶋田孝和先生。
ご自身が撮影された画像を使い、解りやすく説明してくださりました。
DSCN3842_20170705225942b96.jpg


カメラ(一眼、コンデジ共)のファインダーの見方や、料理を美味しそうに撮るための配置セッティング方法、そしてどの角度から撮影したらよいか、また光沢のかかった美味しそうな画像にするための裏ワザ(?)etc、基本的なことから上級手法まで。
DSCN3847_2017070522594377c.jpg
↑早速、実習
ひととおり、講義が終わったところでトイレ休憩となりその後いよいよ撮影実習となりました。
各自、自前の一眼を構え”プロ撮影技術”に挑戦です。
DSCN3851_201707052324419cb.jpg

DSCN3852_2017070523244353a.jpg

私はコンデジで挑戦です(´∀`*;)ゞ
こちらは、他の方が撮影している脇から手持ちで撮影した画像。ISOは200に設定。
DSCN3853_20170705232444837.jpg

三脚を使用して撮影した画像
ISOはオートモードです。
DSCN3877.jpg
湯気がコーヒーに落ちてくるタイミングを狙うのが意外と難しい
湯気に焦点を当てることで、沸かしたてのホカホカなホットコーヒーを演出したいのですが。。。
これは練習の必要があるかも( ノД`)

湯気や液体が流れる瞬間を撮ることによって、生き生きとした躍動的な写真が撮れるということ、
そしてお料理がより美味しく演出できる”S字撮影”。。。
構図
ブログでお料理の撮影をする機会が極めて多い私、これは是非とも忘れずにこの目に、そしてこの手に刻みつけておくべきだと感じました。
そうして撮影したのが翌日、ひたちなか市のカフェで撮影したこの2枚。
DSC_0013.jpg

DSC_0011.jpg

・・・あんまり、変わらないかな?修行しますm(__)m

背景色が違うとまた、画像の雰囲気も違っていろいろ試したくなります
自宅でスイーツを撮影する時に使えそうだから今度、やってみます!
DSCN3879_2017070523244782a.jpg

自分が上達したか否かは別としまして、写真撮影が楽しくなるような楽しい授業でした!

次回は何の講座を受けようかなあ。。。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/05 23:46 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(2)

Rainy-walk in 真壁<七夕まつりがやってくる>

雨が一時期小雨になったところで旧真壁郵便局を後にして、再び歩いていたら見覚えのある建物が目に入り一安心
DSCN3803_20170704224241d16.jpg
「真壁のひなまつり」の紹介にあたりTVニュース等でよく登場する潮田家住宅。現在は煙草屋さんですが江戸時代末期は呉服、雑貨商を営み、「関東の三越」と呼ばれていました。建物は明治時代のものですが、その立派な佇まいとひなまつりの際飾られる先祖代々の雛人形の規模から当時の繁栄が想像できます

潮田家住宅の角を左へ曲がり真壁駅方向に進むと、市のコミュニティバスの停留所「下宿」があり、そのそばにまた真壁の代表的な建造物があります。
DSCN3814.jpg
伊勢屋旅館です。
母屋と土蔵は明治時代のもの。
現在も旅館として営業されています予約をすればお食事もできます。
DSCN3799_2017070422423706c.jpg

ここ・伊勢屋さんは江戸時代末期には既に存在していて当時は”勢州楼”という名前の料亭だったそうな。
DSCN3815.jpg
ここで宴をやると男は一人前だと言われた、と書かれていることから相当豪勢な料亭だったのでしょうね。
今では街の観光情報発信の場として、どなたでも気軽に入れるはずです。
玄関をくぐると、可愛い七夕飾りがお出迎えをしてくれました
DSCN3816_20170704225418420.jpg

DSCN3818_20170704225421c74.jpg

DSCN3820_20170704225422004.jpg
この笹飾りは、御近所の人達の手作りだそうです。
来る7月8日に、この界隈で七夕まつりが行われるらしいです。
DSCN3800_20170704224239124.jpg
まかべ日和(桜川市HP内)
1498435628_11.jpg
1498435598_11.jpg
この日は来る7月8日のイベントデーに備え、伊勢屋さんだけでなく数か所で飾りつけが行われていました。
伊勢屋さんでは、訪れた人(観光客含む)が自由にお願い事が書けるように短冊が用意されていました。
DSCN3817_2017070422541977c.jpg
私もしっかり、書いてきましたよ
短冊はちゃんと、お焚きあげをしてくれるそうです。

派手で賑やかななアトラクションやコンサートはかえって、この街並みに似合わない!
プログラムを見た限りでは小さな小さなイベントですが、きっと楽しみにされてる方もいるはず。
当日は雨降らないと良いですね
DSCN3802.jpg
DSCN3798_20170704232614d67.jpg


旅館伊勢屋

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/04 23:32 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

Rainy-walk in 真壁<昭和の面影を訪ねて>

真壁駅から出発し、少し歩いて行けばひなまつりの会場となる街中に辿りつけるはず。。。
と思いつつ直進し、適当な角を曲がったら・・・あらら迷っちゃった
人間の記憶というものはいかに適当なものなのか。。。観光客がぞろぞろ歩くひなまつりの時とは感覚が全く変わり、しかもこの日は雨。歩いていても”何か違う”と感じつつもさて、どこをどう曲がったらいいんだっけ?といった具合でした。

とぼとぼ歩いていていたら、歴史を感じる建造物を発見。
DSCN3795_20170703230844c04.jpg
昭和初期~終戦の頃を舞台にしたドラマでよく見かける、奉安殿だということは私でもすぐに解りました。
奉安殿(ほうあんでん)とは、太平洋戦争以前まで天皇皇后両陛下の御真影と教育勅語(つい最近、お騒がせしたやつですね)を収めた収蔵庫のような建物。当時は小学校に建造され子どもたちは校門をくぐり、校舎に入る前にまずここで一礼をしていたのですよね
DSCN3796.jpg
日本全国にあったこの奉安殿ですがやがて敗戦を迎えた後、この建物は順次解体されました。でも数こそ少ないものの今でもこうして残されているものもあるようです。この奉安殿は真壁小学校にあったものが運び出され、ここに移設されたそうです
DSCN3797_201707032308484ce.jpg
時代が変わり、世の中が変わるとその時代を反映したものも無用の代物と撤去されることが多いですが、残しておくことも重要かもしれません。この奉安殿は日本の昭和時代、特に戦前という時代がどのようなものであったかを無言ながら伝える、とても重要な宝物だと思います。
余談ですがこれが建てられているのは美容室の敷地内のようですので、あまり踏み込んだ撮影は出来ませんでした。
画像はここまでが精いっぱい、悪しからずです

昭和を味わったところでもう1か所。
こちらも昭和初期の建物です。
DSCN3812.jpg
真壁のひなまつりに何度か訪れたことのある方ならご存知かな。
元、真壁郵便局だった建物です。建物は登録有形文化財認定を受けています。
DSCN3811_20170703230848a57.jpg
ひなまつりの時は人が大勢いて出入りも多く、中に入れば所狭しと飾られたお雛様。とても落ち着いて建物の内部を観察することは出来ない為、今日は丁度良いチャンスかな
雨宿りも兼ね、覗いて行くことにしました。
DSCN3804_2017070323243480e.jpg
無人の状態の方が、感じ出てるぅ~
昭和31年から61年までの30年間、郵便局(特定郵便局)として実際にここで業務が行われていました。
DSCN3805.jpg

DSCN3806.jpg
”電信電話”だって!懐かしい~!!o(≧ω≦)o
「郵便番号は正しくはっきりと」の表示もレトロですねえ(* ´ ▽ ` *)

建物自体は昭和2年の建造で、最初は国立第五十銀行(現:常陽銀行)真壁支店からのスタートだったそうです。
江戸時代の城下町の面影が今でも残る真壁。当時このような洋風の建物はきっと、たくさんの人の目を惹いたことでしょう。

2Fからの眺め↓
DSCN3807_20170703232439a65.jpg

DSCN3809_201707032324405d5.jpg

イベントのない日は無人ですが、この郵便局は気軽に入ることができます。
真壁の街並み案内図やイベント情報チラシ等が常備されていますので、情報収集にお立ち寄りください

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/03 23:39 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

Rainy-walk in 真壁<真壁駅にて>

カフェナナイロで開催される写真教室の時間まで、時間はたっぷり。
何して過ごそうか、でも雨だし。ということで何気に選んだ散策地は桜川市の真壁でした。
愛車はりんりんロードの休憩所・真壁駅(旧筑波鉄道の駅)の駐車場に置きそこから傘を差しての徒歩散策。
真壁駅から眺めた風景です。
DSCN3824_201707022042310bf.jpg
霞のかかった山が、なんだか絵のように素敵。。。
雨の日に歩くのは決して好きではありませんが、こういう光景を御目にかけられるのなら雨の中の散策も悪くないかもね、という気になってきます。
DSCN3826_20170702204233416.jpg

雨が良く似合う花=紫陽花が元ホームだったコンクリート脇に咲いていたのが目に留まり、ついカメラを向けました。
DSCN3823.jpg

DSCN3830_2017070220423519a.jpg

暫く訪れないうちに、真壁駅の元ホームだったところにある桜の木が物凄いことになっていてびっくり
DSCN3825_20170702204232e08.jpg

DSCN3827_2017070222050438c.jpg
すっかり、ジャングルと化しましたね
筑波鉄道在りし日はここに乗客が立っていて列車の到着を待っていたんだけどな・・・・と思うとなんだか無性に感慨深いものが。
これらの紫陽花は、当時からあったのでしょうか。。。
DSCN3832_20170702213033614.jpg

DSCN3828_20170702213031e55.jpg

DSCN3833.jpg

筑波鉄道廃止から早、30年。
ホームとともに残された桜の木は何も語らず、ただそこにいるだけ。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/02 22:13 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

2017年市町村別記事ランキング、中間発表!

いよいよ7月。2017年も半分が経過し、後半に突入しました。
振り返れば個人的には残念ながら”良かった!”とは言えない上半期でした
昨年に引き続き、家庭内のこと自分自身の体調のことそしてブログ不調&アクセスの低迷。。。私的には散々でした
まだ上半期を終えたばかりで、下半期から年末まで果たしてどうなるかは分かりませんが、ブログに対する意欲に陰りが見え始めています。記事収集に外出するのも重荷になり、これまで楽しみだった週末が今ではストレスすら感じるようになってきました。
このままではブログも本当に閉鎖を考えなければならなくなる可能性もあり得ます。

・・・って、下半期スタート初日にこんな愚痴こぼしていいのか?!

前置きが長くなりましたが、私の独断と思い込みそして自己満足で行っている「ブログ記事ランキング」
昨年と同様上半期終了の中間発表をしたいと思います
こんな結果となりました↓ ↓
roomnew_20170701234651220.jpeg
相変わらずわが地元・水戸市がトップですが今回はトップ10位内でも少々、移動があったみたいです。
DSCN1738_20170701234647cdc.jpg

石岡市がひたちなか市を抜き、2位に踊りでることになりました
DSCN2394_20170701234649a7b.jpg
トップの水戸市との差、約130。9月のいしおかまつりで果たしてどこまで差を縮めることができるのか?
交代劇はあるのか?

そして、日立市が久々の5位に還ってきました
DSCN3294.jpg
つくば市に追い越されたものの、昨年の県北芸術祭のレポート記事でポイントをUPしたかな?

トップ10には入らなかったものの、初めて20位にランクインしたところがあるの興味深いです。
龍ヶ崎市・牛久市は稀勢の里効果かな?
私個人的に興味深いのは、筑西市の15位ランクイン!
DSCN7586_20170701235230091.jpg
実はこれまで、県西エリアの地域が1つも上位に入っていなかったので”ヤバッ!”でした。
これでは、”このブログの管理人は県西地域を嫌っているのか?”と誤解を招かれない(笑)
県西エリア初のベスト10入りなるか?というのが楽しみです。

というわけで、次回の発表は12月末に。
どうぞ、御期待ください(え?)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-