INDEX    RSS    ADMIN

肴町通りを歩いてみました!

昨日の記事の最後で触れた”蛭子神社”。
まずはご挨拶を
DSCN3063_2017051621242607e.jpg

DSCN3066_20170516212430656.jpg
鎮座205年、と歴史があります。
帰宅後に調べてみたところ、元々はこの場所ではなかったそうで。
現在より南東方面にあったものを明治45年にここに移し、町内鎮守とした、とパンフレットで説明されていました。
この界隈では古河城の場内にお米やお茶、お酒他食料品を供給しその名残か食料品を扱うお店が並んでいます。
きっと、それらのお店で働く人達や経営者がここで商売繁盛を祈願されたのでしょうね。。。
DSCN3064.jpg
恵比寿神を御本尊とする兵庫県の西宮神社と関係があるのかな?

蛭子神社の脇にあるのが、坂長(さかちょう)さんという蔵。
DSCN3067.jpg
DSCN3069.jpg

江戸時代、古河城下で営業していた商家だそうです。修復され現在はお休み処・お土産品売り場として使用されています。
以前はレストランも運営していたのですが、残念ながら今年の4月から長期休業とのこと
DSCN3068.jpg
桃の紅茶、買っちゃった♪
街並みに合わせ、薬屋さん等の建物の造りも蔵風です
DSCN3070_201705162137010a0.jpg

そして、薬屋さんの2軒先にあるのが米銀(こめぎん)というお店。
DSCN3072_20170516213704e46.jpg
屋号名の脇に”御馳走番所”と書かれています。
昨日の記事でも少し触れていますが、古河を訪れた諸大名を迎え歓迎の接待(おもてなし)をしたという取次所が置かれた場所です。
DSCN3073_201705162246334f0.jpg

DSCN3071.jpg
この立札によりますと「肴町」と呼ばれた箇所は薬屋さんから坂長さんあたりの区間だそうです。
古河を訪れた諸大名達が、古河藩の役人の接待を受けたであろうこの場所。
せっかくだから私も、”取次所”でお買い物を
おにぎりとお惣菜を購入しました。
DSCN3075_20170516224636d32.jpg
ランチを食べ損なった時の為に(笑)
普段買わない、梅おにぎりを
こちら↓は、自宅のおかずに。
DSCN3102_2017051622463776e.jpg
ここ・米銀さんは創業190年のお米屋さん。
扱っている商品はお弁当とお惣菜です。お米にはこだわり、有機肥料だけで作られた「少農薬こしひかり」(山形県鮫川村)と、「少農薬ミルキークィーン」(茨城県城里町)を調合されてるそうです。
お米のみならず、お惣菜の方もできるだけ添加物を使用しないことにこだわっているとか。
さすが御馳走番所!

おにぎりをお腹に入れ、いざ愛車の待つ駐車場へ!
DSCN3074_201705162246356ab.jpg
「犬も歩けば棒にあたる」
というわけではありませんが、
「古河を歩けば見所にあたる」といったところでしょうか。
ゆっくり歩けば必ず、素敵な見学ポイントにあたります。
マイカーを乗り入れるよりも、鉄道利用の方が散策に向いてるかもしれません。
次回は電車で訪れます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-