INDEX    RSS    ADMIN

たまごの森のチューリップ

異例の同日連続投稿で失礼いたします^^;
DSCN2788.jpg
とある来場者が連れてた犬。可愛かったのでつい、隠し撮り
この日はワンコ連れのお客さんが結構、来場され良い景色の中飼い犬をモデルに写真を撮ろうという人もちらちら。

海浜公園ではネモフィラ以外のお花も楽しめます。
桜とチューリップ・・・これらが一緒に楽しめるのはこの時期の海浜公園ならでは、でしょう
DSCN2795_20170430211907b28.jpg
古民家の庭に掲げられたこいのぼりをバックに。
かろうじて間に合ったかな?
今日あたりはすっかり、葉桜でしょう。
DSCN2797_20170430211908258.jpg

この日は風が結構出ていましたからこいのぼりが大喜びで青空を舞っているように見えました
DSCN2800_20170430211910a66.jpg

さて、今のうちなら”たまごの森”のチューリップも楽しめます
DSCN2805.jpg

一面、チューリップ畑!
まるで、御伽の国に来たみたい。。。
DSCN2806_2017043021285234a.jpg

DSCN2807_20170430212854b58.jpg

DSCN2808.jpg

DSCN2809_20170430212856174.jpg

DSCN2810.jpg

DSCN2812_201704302131219e4.jpg
老若男女、年代も性別も問わず綺麗な花を見れば誰もがうきうき♪
やっぱりカメラを向けちゃいますね
こんな珍しいチューリップもあります↓
DSCN2816_20170430213123089.jpg
”スリム~!!まるで私みたい!”と、私の横にいた女性が。。。( ̄0 ̄;)

こちらはモデルワンコ
DSCN2819.jpg
やはり、来場者が連れてた犬。
あまりの可愛さにカメラを向ける人達が集中し、囲まれてしまいました

DSCN2825.jpg

DSCN2828.jpg
たまごの森にはいろいろな人間模様がいっぱい!
ここでも自撮り棒が大活躍でした。

楽しい気分で歩いているうちに足の運動も出来、運動不足もストレスも気持ち良く解消!!
私の場合、この日はトータルで11,053歩、歩いちゃいました(消費カロリー:196kcal)
皆さんもぜひ、遊びにいらしてください

ひたちなか海浜鉄道ご利用の場合は・・・
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/blog/2017/04/19/4997.html

※期間中は大変、混雑&渋滞が予想されますので鉄道利用をお薦めいたします。
尚、5/7(日)まで7:30からの開園となります。
園内に関する情報はこちら→http://hitachikaihin.jp/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

ネモフィラの丘~2017.4

前日土曜日午後の天気急変から開けた今日は気持ち良いくらいの晴天でまさしく、行楽日和といった天候になりましたね昨日から大型連休がスタートし、暫くお休みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。
ひたちなか市の国営ひたち海浜公園も今日あたりはかなり賑わったのではないでしょうか。。。
DSCN2737_201704301739520db.jpg
ネモフィラの丘へ向かう途中、開花時期を過ぎたスイセンが控えめに咲いているのを見つけ観覧車を背景に入れてパチリ
遅くなりましたが海浜公園のネモフィラの記事を書かせていただきます。
大型連休が始まる約1週間前、先行で既に投稿していますがレジャーの参考にしていただけたら幸いですm(__)m
DSCN2739.jpg
連休が始まる前から、海浜公園特にネモフィラの丘はたくさんの人
ラジオ情報によりますと、平日でも海浜公園入り口付近大渋滞だということです
しゃがんで接近撮影をする人、彼氏または彼女等相方をモデルにしてネモフィラの丘をバックに写真を撮る人、自撮り棒を使って自分達の姿を撮る人etcそれぞれ、思いのままに。。。
DSCN2743_20170430173954a76.jpg

DSCN2748.jpg

DSCN2749_20170430181810ffd.jpg

DSCN2751_2017043018181179d.jpg

DSCN2756.jpg
青い花と青い空が今、ひとつに。。。

DSCN2757_201704301818141a2.jpg

DSCN2767_20170430182335347.jpg
あれ?よく見ると周りとちょっと違う色も混ざってます
たまにこのようなものを見つけるのがちょっとした楽しみかも
DSCN2758.jpg
こちらの画像にも一輪だけ、違う色が混ざってます。さあ、どれでしょう?
いやいや、心理テストごっこをやるつもりではないのですが^^;
DSCN2777_20170430193632604.jpg

空と海とネモフィラと
DSCN2771_2017043018233849f.jpg

青い空とまた一つに
DSCN2781_20170430200120d3f.jpg

以前、ひたちなか海浜鉄道の延長運転が検討され現在阿字ヶ浦終点ですが、そこからこの海浜公園まで延長出来るかもしれない、という話を聞いたことがあります。
果たしてこれが実現となるのか、またそれは何年先の話となるのかは知りませんが是非とも現実となって欲しい話です。
DSCN2733.jpg
この鉄道が海浜公園玄関口まで走ってくれたなら、どんなに利用客が増えることでしょう。。。
幸い、今のところ”海浜鉄道延長運転の計画は白紙に”ということは聞いていませんので可能性はあります
頑張れ、ひたちなか市!!
DSCN2782.jpg
DSCN2783.jpg

さて、今の時期でしたら丁度低地に咲く菜の花との2ショットが楽しめますよ
DSCN2791_20170430200959efa.jpg

青と黄色のコラボカラーはお好きですか?
DSCN2793.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

日立オクトーバーフェスト


早くも三杯目。

日立オクトーバーフェストに来ております(^ー^)
ドイツの民族衣装もお借りして、すっかり酔ってますよぉ~(*≧∀≦*)


続きは後日、ブログで。

携帯から生中継でした(^-^)

六地蔵寺の桜

桜巡り、今年最後のスポットはわが地元・水戸市。
有名なスポットでありながら、しかも市内に住んでいながら初めて訪れました
鹿行地域を巡った終点となります。
DSCN2684_20170428212830fbd.jpg

入り口のすぐそばにあるのは樹齢千百年だという大杉。
御神木となっています。
DSCN2686_20170428213122c67.jpg

下から見上げると、まるで千住観音様の手のように枝が伸びていて生きてるみたい
DSCN2687_201704282128332d9.jpg

境内にある有名なシダレ桜は既に見頃を過ぎていました
DSCN2690.jpg
前日の強風と雨でずいぶん散っちゃったね。。。

六地蔵寺と呼ばれる名の如く、六体の地蔵菩薩がご本尊。
安産子育てと心願成就に霊験あらたかということで、昔から親しまれています。
DSCN2691_20170428212836dee.jpg

注意して見ると、六体のお地蔵さまはみなそれぞれ手に持っているものが異なっています。
柄杓を持っていたり、御数珠を握っていたり。。。
DSCN2702.jpg

では、お参りしましょう
DSCN2701_20170428213840ce5.jpg
DSCN2708_20170428213844fe4.jpg
今から約50年ほど前、私の母が私を身ごもっていた頃”戌の月”のお守りにと母方祖母がこの六地蔵寺を訪れ、安産祈願をしてそのお守りを母にプレゼントしたという話を母から聞いています。出産という大きな出来事を控えた娘の為に、母親が一生懸命祈願をしてくれたんだと思うと胸が熱くなります

御蔭さまで、その時の赤子はこんなに図太く健康に育ちました
DSCN2705.jpg

本堂前の桜はまだ健在なものがたくさんありましたので、それを狙います。
DSCN2692_201704282135317f5.jpg

DSCN2695_2017042821353272d.jpg

DSCN2697_20170428213533977.jpg

DSCN2699_201704282135358bb.jpg

大同2年(807年)に開山し、大掾氏→佐竹氏そして徳川家に厚く信仰され江戸時代には幕府から御朱印を与えられた、との説明が案内板に書かれていました。境内には光圀公が建立した法宝蔵があります
DSCN2709.jpg
DSCN2710.jpg
明治42年にこの蔵から慶長小判30枚が発見されたそうです。光圀公が将来の修繕費として置いたものだとか
このお寺は真言宗ですので弘法大師様もここにいらっしゃいます
DSCN2712.jpg

桜は少々、遅かったけれど。。。
”水戸の古刹”六地蔵寺には見所あり。茨城百景に指定されただけの価値はあります。
DSCN2711_20170428230442033.jpg
入り口にあった大杉同様に、樹齢800年の大銀杏の木も御神木となっています。
秋になればこちらが楽しみです
六地蔵寺


HP→http://www.rokujizoji.or.jp/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

イタリアンレストランマラッカ

息栖神社→神之池緑地公園、と廻り(ブログ記事と実際に廻った順番は逆です)、丁度ランチタイム。

突然ですが私、神栖市でイタリアンを食べるのが夢でした(´∀`*;)ゞ
ですからこの日選んだお店も勿論、イタリアン♪
DSCN2625_201704272307422ff.jpg

DSCN2623_201704272307411de.jpg
期待に心弾ませつつ、中に入ります。
ピザが人気メニューですが、前日食べたし。。。
ということで、初来店の私が選んだ今回のメニューは。
DSC_0697.jpg
”季節限定メニュー”とかなんたらのおすすめメニューに掲載されていました。
初来店で変わりメニュー?しかも単品で?
自分で言うのも難ですが、はっきり言って私は”変わり者”だと思います( ´,_ゝ`)プッ
別料金でドリンクを付けました。
DSCN2619.jpg
気取ってカシスオレンジなど。だって、イタリアンだもん♪
ちなみにノンアルコールです
・・・やっぱ、看板商品のピザにするべきだったかな?
・・・ドリンクバーくらい、付けても良かったかも・・・
・・・隣の人が食べてるケーキ(ロールケーキ、このお店の人気ナンバーワンだそうです)、美味しそう(^ω^ ≡ ^ω^)
待ってる間、いろいろと思考(?)を巡らせているうちに来ました!

DSCN2620_20170427230740995.jpg
かつおのガーリックリングイネ
スライスしたガーリックの香りが香ばしい。。。
それに、かつおのお刺身が美味しそうトッピングはバジルのかわりにシソの葉。
全体的に”和”をイメージしたかな。では、いただきます!

DSCN2621.jpg
リングイネというのは、長めのパスタなんだそうです。
パスタというよりも、うどんに近い食感?

DSCN2622_20170427231453807.jpg
意外とイケます( ^ω^ ) お家でも完全とはいかないまでも真似出来そう!
欲を言うならば・・・カツオの刺身(漬けガツオ)は冷たいままで味わった方が良いのでこのメニューは冷製パスタにアレンジすればより美味しかったかもしれませんその方がガーリックの味も引き立つし。
でも結構、私好みだったから良かった(* ´ ▽ ` *)

次回訪れる時は、ピザを食べよう!お腹をうんと空かせてまた訪れます
というわけで、このお店の記事は第二弾掲載予定ですのでお楽しみに\(^o^)/

いつになるかは未定ですけどね
DSCN2624_201704272314545bf.jpg
お店で人気のロールケーキはお持ち帰りも出来るので、今度は忘れずに

マラッカ
神栖市木崎2872-1
電話番号0299-93-9711 .
営業時間11:00~22:00 .
定休日無休

食べログ紹介ページ→https://tabelog.com/ibaraki/A0804/A080401/8000541/

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

忍潮井(おしおい)

息栖神社参拝&散策を終え、玄関口の鳥居をくぐって駐車場に戻る際、正面つまり息栖神社と向かい合わせる格好で立っていた鳥居が気になって仕方がなくて。。。
愛車に乗る前にちょっと近づいてみることにしました。
DSCN2587_20170426211038b74.jpg
貯水槽のようなところに鳥居が立ってるのが不思議な感じで。
中央の鳥居の両脇に、小さな鳥居が並んでいます。
その鳥居の下にも貯水槽のようなものがそれぞれにあり、これらは男瓶・女瓶と呼ばれているそうです。
DSCN2580_20170426211035c59.jpg
男瓶

DSCN2579_201704262110348f5.jpg
女瓶

これら、”忍潮井(おしおい)”と呼ばれているそうです。
DSCN2578_20170426211032950.jpg
案内板によれば神功皇后の3年(194年)に造られたものと言われているそうですが。
あたり一面、海水に覆われていた頃、真水淡水の水脈を発見しこれを噴出させ住民の生活の水とした、とあります。その真水は海水をおしのけた格好で噴出していたところから、”忍潮井”の名が付けられたそうです。
日本三霊泉の一つとも云われていると説明が書かれていました。

男瓶は白御影石で銚子の形、女瓶は男瓶よりやや小ぶりで土器の形、というので柵越しに(中には入れない為)身を乗り出し覗いてみたのですが。。。
(↓こちらは男瓶)
DSCN2585_20170426211036201.jpg
見えない
確かによく見れば銚子に見えなくもないのですが。。。
一方、女瓶↓
DSCN2586.jpg
やっぱり難しいなあ
土器の形に見えるような見えないような。。。

案内板によるとこの2つの瓶には伝説もあるそうです。
その昔、鳥栖神社は日川地区にありましたが大同2年(809年)に現在の地に移されたそうです。その際、取り残されてしまった男瓶・女瓶は神の後を慕って三日三晩泣き続け、とうとう自力で川を遡って一の鳥居の下に据え付いた、と。
この地に定着しても二つの瓶は時々日川を恋しがって泣いたと云われています

神の住む街に潜む、古代ロマンですね。
なかなか興味深いです
DSCN2584_2017042622291230e.jpg

DSCN2583_201704262229110f1.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

東国三社:息栖神社

昨日記事に書きました神之池緑地公園からさらに時間を1時間ほどBACKさせまして。

鹿島周辺には”東国三社”と呼ばれている神社があります。その中の1つが鹿島神宮、そしてお隣の県ですが香取市の香取神宮そして神栖市の息栖神社。
DSCN2531_20170425224740933.jpg
私が過去訪れているのは鹿島神宮と香取神宮。
東国三社の中で唯一、訪れていなかった息栖神社を今回は訪れてみることにしました
朱塗りの楼門に一礼
DSCN2536_20170425224742f37.jpg

主祭神、岐神(クナドノカミ)と天島船神・住吉三神が合わせて祀られています。
海上守護・交通守護に御利益があるそうです。
DSCN2537_20170425224742aab.jpg

では、合掌
DSCN2538_20170425224744dc9.jpg
旅の無事、そして家内安全を祈願して。。。

私の後に続き、次々と参拝客が訪れていました。
県外から来られた方もいらっしゃったようです。さすがは東国三社。
DSCN2547_201704252258199cf.jpg
ここと鹿島神宮・香取神宮の場所を繋ぐと丁度二等辺三角形になり三社全てをお参りすれば確実に御利益にあやかれるとか。
もしかするとここから香取、あるいは鹿島神宮へ向かった方もいらっしゃったかも?!

参拝後、おみくじを買おうと社務所へ移動しようとしたら、”みや桜”と名付けられた老木が目に留まりました。
DSCN2543_20170425225817c92.jpg

昨年暮れ頃、100歳でご逝去された三笠宮殿下が昭和5年に参拝された際、記念樹として植えられた桜です。
DSCN2545.jpg

老木ながらも一生懸命、花を咲かせています。
DSCN2542_20170425231344aee.jpg

DSCN2544_20170425231346b45.jpg

DSCN2539_20170425224745065.jpg

この神社がある地=息栖は「おきすの津」と呼ばれ周辺の陸地との交通上の船場として大きな港の役割を果たしていた・・・
そう書かれた看板が境内に添えられていました。江戸時代には江戸~東北の水上輸送路に江戸川・利根川・水郷地帯・銚子川口から鹿島灘へ、といった航路が選ばれていたそうです。その意味でもこの息栖は非常に重要な地だったはずですね。

せっかく訪れましたのでもう少し、境内を散策してみましょう。
草木の生い茂った箇所に息栖の地を歌った歌碑があります。
DSCN2561.jpg
DSCN2562.jpg
鎌倉時代の歌集「新和歌集」でも取り上げられたか素晴らしい土地だったんだね。。。

もう一つ、気になるもの発見!
DSCN2564_201704252320546a1.jpg
DSCN2565_20170425232055b6d.jpg
オガタマの木
「幸運をもたらす樹」「精霊の宿る」の言葉で激しく反応
御利益を、幸運のパワーを私に与えたまえ!!
DSCN2567_20170425232057a81.jpg
3回ほど葉っぱをさすりました(笑)

境内にはまだかろうじて残っている桜もありましたので、見納めしていきます。
DSCN2568.jpg

DSCN2569_20170425232922909.jpg

DSCN2570.jpg

DSCN2571.jpg

DSCN2572_20170425232926094.jpg
数千年の歴史を持つ息栖神社の境内に咲く桜は、ひときわ神々しく感じました。
そして、これこそ息栖神社の歴史を知る”生き証人”?

DSCN2553_2017042523322187e.jpg
DSCN2549.jpg
御神木の夫婦杉。樹齢約千年とは凄い
夫婦そろって末長くお元気で。。。


息栖神社

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

名残の桜舞~神之池緑地公園

ネモフィラの丘を登った日から1週間ほど、時間を戻しまして。。。

以前から、”今年こそ、今年こそは”と思っていた、鹿行地域の桜の名所=神栖市の神之池緑地公園。
ようやく足を運ぶことができたものの、時遅し
DSCN2589_20170424203449b48.jpg
残念ながら、一足遅かったようで桜は既に半分ほど散っていました
この日は公園内で行われていた桜まつり最終日でしたが、広場の方はほとんど桜が残っていませんでした。
ですが、残り少なくなった桜の花びらの名残を楽しむかのようにお花見を楽しむ人の姿が見られます。
DSCN2590_20170424203452f5e.jpg
今ではすっかり葉桜となり、青葉の美しい光景となっていることでしょう。

さて、せっかく足を踏み入れましたから今回も橋を渡って向こう岸へ渡ってみようと思います。
DSCN2594_20170424203452851.jpg

対岸方向もやはり、ずいぶんと桜が散っていました
DSCN2598_20170424203455e49.jpg

DSCN2597_20170424203454bd0.jpg

・・・桜の花を観に来たのだから、なんとかして桜の画像を残さなくちゃ!
とう思い、かろうじてまだ残っている桜を見つけてカメラに収めて行くことにしました。
場所によってはまだ開花が残っている木もあるようでした。
DSCN2599_20170424204356164.jpg

以下、画像のみで失礼いたします
DSCN2601.jpg

DSCN2602_20170424204358312.jpg

DSCN2606.jpg

DSCN2607.jpg

DSCN2613_20170424205227159.jpg

DSCN2614.jpg

DSCN2615.jpg

DSCN2616.jpg
爽やかな晴天でしたが、風が強く既に風に煽られ飛ばされた花弁が、まるで蝶のようにヒラヒラと舞っていました。
満開の桜は観ることが叶わなかったけれど、桜の舞いを楽しむことができたかな

ということで戻ります。”次の春に訪れる時はきっと・・・!”と、心の中で公園に約束し再び池の中央の橋へ。

あ~、あの階段を上って行かなくちゃならないのか
DSCN2617.jpg
橋の上の急な段差の階段は、いつ上がってもスリル感じます
踏面が狭い上、けあげが高いんだもん
DSCN2618.jpg
風が強い日は特にここを歩きたくないんだよね
しかし、この階段を避けて向こう岸に移動することは出来ないのです。
帽子等を飛ばされないよう、又手に持ってるものを落とさないよう歩行の際はご注意ください!
特に、お子様連れの場合は(お子様が)駆け足で上がって転ばないように注意してあげてください。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

ネモフィラ・ハーモニー2017~ひたち海浜公園

ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園のネモフィラが見頃を迎えました
今日は安定した晴天となりましたので、午前中の用事を済ませた後勝田駅に向かい、ひたちなか海浜鉄道に乗車。
DSCN2732.jpg
ネモフィラのヘッドマーク(^0^)!今年もまた、この季節が巡ってきた。。。

終点の阿字ヶ浦駅より、海浜公園まで運んでくれる無料シャトルバスの運行が昨日4/22より開始となりましたのでそれを利用します。
この時期、海浜公園にマイカーを乗り入れるのは渋滞&満車覚悟です。
鉄道利用なら渋滞無関係ですし断然、海浜鉄道+シャトルバスを利用された方がお得で効率的ですよ
DSC_0719_20170423211104150.jpg
恒例の「海浜公園入園券付き1日フリー乗車券」、発売中!
大人1,100円 65歳以上1,000円 中学生900円 小学生500円
JR勝田駅改札口または1番ホーム(ひたちなか海浜鉄道乗り場)、那珂湊駅で販売されています
勝田駅から改札口を通らなくても買えるようになって、ありがたや
詳細はコチラを→ひたちなか海浜鉄道HP

シャトルバス乗り降り口からネモフィラの丘まで徒歩約10分。
見えてきましたねえ。。。( ^ω^ )
DSC_0721_201704232244554a4.jpg

DSCN2741.jpg
丁度、良い感じになっています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
いつ観に行ったらいいの?今でしょ!といった感じ。
記憶がまだレアなうちに海浜公園のレポートを書きたいところですが、まだ先週桜巡りをしたスポットの記事が残っておりますのでこちらを先に書かせていただくとしますm(__)m
今回は予告も兼ねた先行記事ということで、失礼いたします。後日あらためて
DSCN2765_20170423211108446.jpg

DSCN2784_2017042321110981b.jpg

DSCN2747_2017042322502665e.jpg

DSCN2745.jpg
青い空、青い海に負けないさわやかなブルー
このブルーの絨毯の上で皆さんもぜひ、癒されてください

☆*:.。. おまけ .。.:*☆
運行を終えたひたちなか海浜鉄道湊線の旧車両=キハ222・2005が2車両、阿字ヶ浦駅で保管されています。
DSCN2830.jpg

DSCN2832_20170423230809f66.jpg
長年、湊線の線路上を走行していたこの2車両は今、沿線の終着駅(阿字ヶ浦駅)でこの駅にやってくる後輩達の活躍を静かに見守っているのです

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

鹿島サッカースタジアム駅

本日のアントラーズVSジュビロ磐田戦は0-3で惜しくも惨敗してしまいました
とても残念な結果になりましたがこれをバネにさらに精進し、今後の活躍に期待しましょう。
DSCN2636_20170422214923046.jpg

その試合会場となった鹿島サッカースタジアムの最寄り駅、鹿島サッカースタジアム駅のお話です
先週日曜日にスタジアムで咲く桜を観に行ったことは昨日の記事で書いていますが、敷地内奥を歩いていたら離れたところから電車が走る音が聞こえてきましたので、”もしや・・・”と思って駆け寄ってみると・・・
DSCN2647_2017042221492535b.jpg
グッ、タイミ~ングヾ(o´∀`o)ノ
丁度、駅をりんてつさん(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線)が通過するところでした。
普段、この列車がホームに停車することはありません。サッカーの試合がある日だけです。
せっかく訪れましたので、御馴染の”駅ウォッチング”をしていくことにしました
DSCN2648_2017042221575943e.jpg
歩道橋を上がり、橋上の出入り口を利用する格好になります。
この日(4/16)は試合日でも何でもありませんでしたので、入り口はこの通り。
DSCN2651_20170422214925e5a.jpg
ホームへ移動するにはここを降りるしかないのですがシャッターが閉まっていて、ホームに降りることは出来ません。
今日は試合がありましたのできっとこの出入り口は相当の人で賑わったかもしれませんね

元々は貨物専用の駅で、開設当時(昭和45年)は「北鹿島駅」という名前でした。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の終点駅という扱いですが(鹿島神宮駅はJR鹿島線という扱いの為)、一般の人が降りることは出来ない駅です。
平成5年(1993年)に鹿島サッカースタジアムが建設され、翌年平成6年に現在の駅名「鹿島サッカースタジアム駅」と改名されました。以後スタジアムで試合がある日のみ臨時駅として営業されるようになったのです。
DSCN2652_20170422214929832.jpg
歩道橋のアスファルト部分には、サッカーボールの絵がはめ込まれています。
大勢のサッカーファンに踏まれ風雪にも晒され大震災も乗り越え相当、年季が入りましたね(^-^;)
それにしても、駅のホーム階段を上がってこの歩道橋を降りるとすぐにスタジアム敷地内に入れるんだから便利ですねヾ(o´∀`o)ノ

歩道橋の上からスタジアムを望むとこんな感じです。
DSCN2655_20170422214928e15.jpg
桜が満開の時だったら最高だねヽ(≧∀≦)ノ
時期遅し
DSCN2653.jpg

帰り際にフェンス越しでホームの駅名標を撮影
DSCN2654_20170422215801f3b.jpg

再びスタジアム前にやってくると、ゲートが一か所解放されていました。
DSCN2664_20170422215802604.jpg

DSCN2665_20170422215803c9f.jpg
中には入りません
ここでサッカーの試合を生で観戦・・・想像しただけで興奮してきましたヽ(≧∀≦)ノ
熱狂的なサッカーファン、というわけではなくむしろ疎いですが今日から少しずつサッカーファンになろうかな(笑)

余談ですが暫く訪れない間に、スタジアム東側(国道50号側)にハワイアンカフェが付設されていました
DSCN2669.jpg
パンケーキメニューが中心ですが、ステーキなんかも美味しそう
この日はおなかいっぱい初めてのお店でさすがに”ドリンクだけ”という勇気もなく結局断念^^;
後でお腹すかせて出直しま~す

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

桜舞うサッカースタジアム

来る22日(土)は、鹿島アントラーズVSジュビロ磐田戦があります。
サッカーファンの皆さんは観戦に行かれるのかなあ。。。
DSCN2673_2017042023034141d.jpg
昨年暮れは国内優勝、そしてFIFA準優勝さらに年明けお正月に行われた天皇杯制覇と素晴らしい活躍を見せてくれている鹿島アントラーズ。一茨城県民としましては是非とも今度の試合も白星を挙げて欲しいと思っています

その会場となる鹿島サッカースタジアムでも桜の花が楽しめました。先週日曜日まで”桜まつり”が行われていたのです。
DSCN2634_20170420230811602.jpg
久しぶりに晴天となった先週日曜日、駆け足状態で鹿行方面の桜巡りをしてきましたが見頃は既に過ぎ、風に吹かれて花弁が舞いずいぶんと散っていました。
このスタジアムも例外ではありませんでした
DSCN2633_20170420230340953.jpg

DSCN2631.jpg
かろうじて、”滑り込みセーフ”?
今ではすっかり葉桜でしょう。

鹿島アントラーズといったらまずこの御方。
DSCN2629.jpg
”アントラーズの神様”、ジーコ氏のおそらく現役時代の姿を彫ったものでしょう。
ご挨拶していかなくちゃ
DSCN2630.jpg

施設内はものすごく大きく広いので、歩くだけでも足の良い運動となります。
DSCN2631.jpg
DSCN2640_20170420231229de7.jpg

風に耐えて頑張っている桜の花を隅々まで観てあげましょう。
DSCN2639_20170420231227823.jpg

場所によっては、まだこんなに綺麗
DSCN2641.jpg

DSCN2642.jpg

この桜、風に吹き飛ばされないよう、歯を食いしばって一生懸命耐えてるように見えました。
頑張って~!!
DSCN2643_20170420231233eb9.jpg

撮影している間にも、風は容赦なく桜の枝を煽っていました。
DSCN2645_20170420232138994.jpg
スタジアムとの2ショットがうまい具合に入らない(>_<)!

DSCN2656_20170420232140d20.jpg

DSCN2659.jpg
薄いピンク色の中で、青い色が広がりつつあります。
世代交代ですねえ。。。
こうして来年、また花咲かせるのでしょう。

では、以下画像のみで失礼いたします
DSCN2661_2017042023214357e.jpg

DSCN2662.jpg

DSCN2676_201704202326274ed.jpg

DSCN2677_20170420232629cc1.jpg

DSCN2679_20170420232629404.jpg
また春に逢いましょう(^-^)/~

鹿島サッカースタジアムは、サッカー観戦だけじゃなかったんだね
次回は満開の時に間に合いますように

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

風土記の丘の桜~その③

今年は桜の開花が遅いという地域が多かったようですが、満開までがあっという間だった気がします。
先日訪れ、おとといから連載形式で書かせていただいている常陸風土記の丘も、ソメイヨシノは開花時期を終えシダレ桜も満開となって散り始めているそうなアンカーとなるボタン桜も既に開花し始めているようです。
DSCN2490_201704192236503f4.jpg
その意味では私は本当にタイミングの良い時期に訪れたと言っていいかな。
さて、数回にわたって書いてきました風土記の丘の桜巡り記事もそろそろ締めさせていただきます

”今回はパスしてもいいや!”と思っていた有料エリアでしたが結局、こちらも見て行くことにしました。
そう思わせたのは、この光景。。。
DSCN2503_201704192236554f6.jpg
鹿の子遺跡(復元したもの)を背景に咲く、ちょっと色の濃いピンクの花(名前は知らないのですが桜ではないですよね?
鮮やかな色に惹かれ、お金を払って入場。
久しぶりに展示室と復元された古代住宅も覗いてみました。
DSCN2491_20170419223651c9f.jpg

DSCN2501_20170419223654c4b.jpg
古代住宅のある広場では時折、体験教室も行われています。
この日は何も行われていませんでしたが、これだけの広い敷地をもうちょっと有効活用したいね

遺跡の方にも桜はありましたが、こちらは既に見頃終了
DSCN2492_2017041922365237a.jpg

でも、ここからなら丁度獅子頭をバックに桜の花が撮影できます
DSCN2499.jpg

有料ゾーンも一通り見終えて再び、”時の門”のところにくると何回目かの「ガマの油売り口上」が行われていたところでした。
DSCN2507_20170419223805fd4.jpg

では、引きあげる前に
DSCN2508.jpg
シダレ桜が咲き揃う田んぼの脇の遊歩道を歩いてから帰ることにします。
彼氏に一生懸命、桜の撮り方を教わりつつ撮影に挑戦する女の子、お気に入りの場所を見つけるたびに自撮りをしていくカップルや女性2人組、奥様にせかされつつ自分の妻と子を桜の下で撮ろうと頑張る若い父親etc、過ごし方は人それぞれ。。。
(画像の方は関係ありません、念のため

以下、画像のみで失礼いたします
DSCN2518_20170419223809369.jpg

DSCN2520_20170419223810c1e.jpg

DSCN2509_20170419223807084.jpg

DSCN2521_20170419225507472.jpg

DSCN2523_20170419225508f2f.jpg
DSCN2524_2017041922551012e.jpg
あまりにも綺麗で、普段は足を踏み入れないところまで来てしまいました。
空模様も怪しくなってきましたので、そろそろ帰らなければ。
DSCN2527_20170419225511793.jpg

DSCN2526.jpg
桜もほとんど開花時期が終了し、来る23日にはさくらまつり最後のイベント=「サクラしおり制作」が施設内で行われます。
でもそれまでに果たしてどれだけの桜が残っていることやら
今日の暴風で、ほとんどの桜が散ってしまったかもしれません。
本当に、良い時に観られて良かった
DSCN2529_20170419233312d63.jpg


桜が終わっても大丈夫!
もうすぐ始まる5月の連休には、イベントも開催されます。
http://business2.plala.or.jp/fudoki/index.html
凧作りや昔の遊び、そして体験教室も行われるようです。
お弁当持参でいかがですか?
楽しく体験・学習した後は獅子頭の広場でお弁当もいいですね♪
”出来るだけお金をかけずに遊びたい!”という方にお薦めです。

◆常陸風土記の丘
茨城県石岡市染谷1646
開園時間 (一部の有料エリア)
3月~10月 午前9時~午後5時
11月~2月 午前9時~午後4時

休園日
月曜日  (月曜日が祝祭日の時はその翌日)
年末年始(12月28日~1月2日)

入園料 (一部の有料エリア)
こども(6歳以上16歳未満) 150円    おとな(16歳以上) 310円


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

風土記の丘の桜~その②

広場からUターンし、石の門をくぐって橋の手前の坂を左へ降りていきました。
橋を渡る際に見下ろした部分です。
DSCN2471_20170418231335264.jpg

少し歩くと、桜と菜の花のコントラストが楽しめました
DSCN2462_20170418231331b83.jpg

DSCN2463_201704182313333a3.jpg

注意して見ると、ヤマザクラも咲いていました。
DSCN2464_20170418231334505.jpg
ピンクが多い中、こういった色合いは新鮮です。

さあ、桜のトンネルをくぐります∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN2466_20170418231855ef8.jpg
こちらは8分咲きくらいかな。
今週末あたりまでは楽しめるかなあ。。。
DSCN2469_20170418232245f4d.jpg

DSCN2468_201704182318574c2.jpg

DSCN2470_20170418231858ad3.jpg

シダレ桜にうっとりしつつ、ふと足元を見ると
”私のことも見て!”と言ってるかのように白い芝桜。
DSCN2473_20170418231859581.jpg

DSCN2474_20170418231901f6e.jpg
地面に咲く花もいいもんだ

風土記の丘の桜のお話、もう少し続きますね

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

風土記の丘の桜~その①

石岡駅前の”忠犬タロー像除幕式”に立ち会った後、まちかど情報センターへちょこっと顔見せしてから向かった先は常陸風土記の丘
ソメイヨシノからシダレ桜、そして八重桜とリレー式に桜が楽しめます
DSCN2433.jpg
入り口が駐車場待ちで渋滞し、私も20分ほど待たされましたが運よく”常陸風土記の丘”の碑の近くでその上、桜吹雪の見られる場所に愛車を置くことが出来ました。
DSCN2435.jpg

車から出ると、足元がこのようなことに
DSCN2434_20170418220823b89.jpg

売店脇を潜り抜け、施設内に入っていきます。
ソメイヨシノはこの時、もう峠でしょうか。この日の風に吹かれてずいぶんと花弁が散ったようです。
今週末あたりにはもう、葉桜になってるかもしれません。
DSCN2441_201704182208266a8.jpg

その代わり、しだれ桜が見頃を迎えていました
DSCN2448_201704182225095e2.jpg

金竜橋を渡りながらつい、カメラを向けてしまう
DSCN2450.jpg
記念写真や自撮りをしていく人の姿も後を絶ちませんでした。
それにしても、橋から見渡す周囲の景色が、なかなかいい感じに。。。
DSCN2453.jpg

橋を渡り切った際に、下から見上げたショットも様になります
DSCN2459.jpg

DSCN2467.jpg

施設内(無料ゾーンに限る)はコースを設定していないので、どこからどう歩いても良いのです。
橋の下にあるシダレ桜のトンネルは凄くお薦めコース、本当に素晴らしいので見逃す手はありません。
でもその前に獅子頭広場の周辺の様子も観て行きます。
土日はイベントデーなのか、この日はフード屋台が出ていました。
DSCN2454_201704182225132c1.jpg

そして御馴染、筑波名物「ガマの油売り口上」も
DSCN2475_2017041822331042f.jpg

芝生の広場でお弁当を食べながらお花見、いいですねえ。。。
DSCN2478_2017041822331269c.jpg

石の門と2ショット
DSCN2477_20170418223311400.jpg
石の門は最初のが”現代”、”中世”そしてこの”古代”の門。
最後にこの古代門をくぐって太古へタイムトリップ!という設定で作られたと聞いています。

DSCN2480_20170418224547e0c.jpg
ではまず、獅子頭広場へ!

こちらは早々と咲き終えてしまったようです
でもかろうじて残っている桜を獅子頭をバックに撮影
DSCN2482_20170418224830403.jpg

”石岡の風土記の丘へ行ったんだよ!”という証拠を残しておかなくては(笑)
DSCN2483_20170418225034946.jpg
葉っぱが青く色づくのも、間もなくでしょう。
DSCN2484_20170418225036e93.jpg

DSCN2487_20170418224833a8c.jpg
こちらの広場には桜の木はあまり植えられていません。
数少ない桜の木の下でレジャーシートを敷いて寛いでいる人や広場で遊ぶ人、
獅子頭の中に入って遊ぶ人etc、様々な過ごし方を楽しまれています。
DSCN2486_201704182248326c0.jpg
では、続きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

忠犬タロー像除幕式に参列してきました!

昭和39年、石岡駅で飼い主とはぐれ石岡市立東小学校に迷い込んできた1匹の犬がいました。
その犬はタローと呼ばれ、小学校の児童やたくさんの人達に愛されました。
DSCN2374_20170417204234ce8.jpg
そのタローが虹の橋を渡って今年で36年。
タローのブロンズ像が完成し、石岡駅西口広場に建立されました
DSCN2382_20170417204240c61.jpg

先日の4月15日(土)は、忠犬タローのブロンズ像「みんなのタロー」除幕式がJR石岡駅西口広場で行われました。
タローが可愛がられていた東小学校児童の可愛い後輩たち、そしてタローの飼い主が通っていた幼稚園=善隣幼稚園の園児達も参列です。
DSCN2375_20170417204238983.jpg

DSCN2376_20170417204236d76.jpg
DSCN2380_20170417204238c6c.jpg
タローの歌「ここで君を待ってるよ」(作詞作曲:大島花子)を歌う、元気な声が会場に響きます
たとえ、リアルなタローを知らない世代でもタローの残した物語はこの子たちにも語り継がれていくはず。。。
歌の後、タローがいた当時の東小校長を勤められていた橋本千代寿さんの手でタローの首にリボンのレイがかけられました。
DSCN2383_201704172154541ea.jpg
DSCN2381.jpg
「タローに代わり、熱く御礼申し上げます。ありがとうございました!」
と、式典の最後に挨拶されていた橋本さん、タローの像に近寄りそっと頭をなでて”おかえり”と言っているかのように像をやさしくなでていた光景が印象的でした
DSCN2384_20170417215456e3f.jpg
タローが嬉しそうに笑ったように見えたのは気のせいかな?

「みんなのタロー」
小学校の御友達が傍にいるから寂しくないよ
良かったね、タロー♪
DSCN2394_20170417221024eb7.jpg

タローには生涯をかけて待ち続けていた人がいました。その飼い主と一緒に暮したのはわずか1年くらいでしたがタローにとっては忘れられない、かけがえのない人。はぐれてしまった駅で毎日毎日、待ち続けていればきっとその飼い主に会える。。。そう信じて雨の日も風の日も東小からおよそ2kmの距離を往復し続け、それは亡くなる前日まで行われていたのです。

忠誠心、という野暮な言葉で表現はしたくありません。むしろ、愛でしょう。
飼い主に対する犬の、切なくなるほどの愛情。。。それをタローが教えてくれたのではないでしょうか。
DSCN2396_20170417215457586.jpg

式典終了後、暫くの間タロー像に触れたり記念撮影をする人の群れが絶えませんでした。
DSCN2406_20170417215458028.jpg

DSCN2410_2017041721545924d.jpg

「(忠実さは)東京渋谷のハチ公以上だ」
とタローを称賛していた一人のとある男性がいらっしゃいました。千葉県から来られたというその方はタローの話を聞き式典に参列し、この後タローのお墓参りに行くのだと好物のマーガリンやおやつをたくさん持参し、「タローのような犬は二度と出してはいかん!」と熱く語られていました。
わが茨城県は今、犬猫の殺処分率全国ワースト1だと言います。この除幕式をきっかけに犬の人間に対する思いを考え、そして動物愛護の精神を考え直す人が1人でも増え、ワースト1という不名誉な言葉を返上できたらタローも浮かばれる気がします。

(↓除幕式の後に行われた”まちなかわんわんパレード”より)DSCN2422_20170417223537517.jpg

DSCN2418.jpg
犬も飼ってない私が言うのは無責任過ぎると言われるかもしれないけれど、せっかく縁あって巡り合った大切な”家族”、
最後を看取るまで責任もって飼わなくちゃね。
こちら↓は、同時開催で行われたパネル展(まちかど情報センターにて)
DSCN2426_201704172235389ac.jpg
ここに展示された写真の犬猫達のような子を、これ以上増やしてはならん
魅力度最下位脱出よりもまずはこっちを解決しなくちゃね。

いろいろなことを考えせられた、有意義な除幕式でした
DSCN2401_20170417225831d9e.jpg
石岡駅西口で、いつでもあなたを待ってるよ!

皆さんもタローに是非、会いに来てください

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

雨の花見~勝田駐屯地の桜

先週日曜日(4/9)はひたちなか市にある勝田駐屯地の一般開放Dayでしたが・・・
DSCN2261.jpg

天気は、雨
DSCN2336_20170415221400062.jpg
”天気予報よ、外れてくれ!”という願いもむなしく、予報通り雨の日曜日となってしまいました。
晴天であれば、この広い敷地内にレジャーシートを広げた大勢の人達が花見を楽しんでいるところでしょうがさすがにこの日はこの通りです
DSCN2263.jpg

DSCN2264_2017041522135746b.jpg

DSCN2268_201704152213596d6.jpg
桜の花びらも寒そう。。。

冠水している箇所に足を踏み入れ泥だらけになりつつも、差してた傘を風で煽られそうになりつつも敷地を一回りしていきます。
大勢の人が集まっていないおかげでゆっくりと写真が撮れるかな(笑)
DSCN2274.jpg
風、吹くなコノヤロー(笑)

DSCN2289_201704152218411e5.jpg

DSCN2293.jpg

”雨でも見頃の桜が観たい!”というのは私だけではなかったようです。
傘を差しつつ訪れ、花見を楽しむ人もちらほらでした。
DSCN2301_20170415221844272.jpg

雨に打たれて首をうなだれてしまった桜がとても愛おしくて哀しくて。。。
DSCN2305_20170415222848f86.jpg

DSCN2306_2017041522285004d.jpg

DSCN2307_201704152228519ec.jpg

DSCN2308.jpg

結局、駐屯地敷地内にいる間、雨はやんでくれそうになかったのでそのまま撤収することにしました。
来るときと同様、金上駅からひたちなか海浜鉄道に乗り勝田駅へ

今年は諦めよう。。。
そう思っていたら勝田駅に到着した時には雨があがり青空さえ見えるほどに
悔しさを抑えきれずに帰路の途中、日工前駅ちかくのローソンに立ち寄り駐車場から駐屯地内をフェンス越しに撮影
(※無断駐車ではありません。ちゃんと買い物をした上での話です
↓以下3枚の画像がそうなんです。
DSCN2346_20170415223504b16.jpg

DSCN2350_20170415223506c10.jpg

DSCN2353.jpg

ギリギリセーフで最後に駐屯地の桜を楽しめて、ちょっと得した気分です。
”終わりよければ全てよし!”そういうことにしておきましょう(笑)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

ひたちなか発!ご当地ラーメン~幸せの黄色いスタミナ

スタミナラーメンは、茨城県ひたちなか市のご当地ラーメン。
レバーやキャベツなどをベースにした甘辛い餡が特徴。ひたちなか市を中心として茨城県下に40店以上もの提供店が存在し、それぞれがさまざまな餡・麺・スープを提供している。また、三大潮流や進化形も存在するとされている。(ウィキペディアより)


先週日曜日、そのチャンスは突然(?)巡ってまいりました(笑)
噂のご当地ラーメンを食べる、その時が

でも・・・

お店の前は行列
DSCN2250.jpg
ただでさえ、肌寒くその上雨が降っていた先週日曜日。
ちょっと、あんまりじゃん?と泣きたくなる光景でした。
でも待ちます
DSCN2251.jpg

並び始めてからおよそ30分後、ようやくお店の中に入ることができました。
店内で少し待たされ、席を通されると同時に注文したのは勿論、”ご当地ラーメン”。

昭和50年代、ひたちなか市(当時は勝田市)にて誕生したスタミナラーメン(諸説あり、発祥は水戸市という説も)。
それから40年後、スタミナとカレーの最強コラボによる最強のご当地ラーメン=「幸せの黄色いスタミナ」が昨年秋より登場しました
DSCN8988_2017041423045572b.jpg
↑昨年の産業フェスティバル時の画像です
現在それは市内数か所のお店で食べることができます。
(協賛店につきましてはコチラを→http://www.hcci.jp/siawase/index.htm
今回訪れた「中華 大進」さんもその1店舗でした。

さあ、ついにご対面!!
では、いただきます(^Λ^)
DSCN2252.jpg

う~、香ばしい香り
DSCN2253_201704142246302ce.jpg
日本のソウルフードであるラーメンとカレーのコラボ、それだけでもテンション上がるのにひたちなか市のご当地材が惜しげもなく使われています。
タコ(ひたちなか市はタコ加工品生産量日本一)に玉子(市内の横須賀養鶏所のおれんじ玉子)そして常陸牛すじ肉が!!他、キャベツにニンジン、かぼちゃのスライス、みつばさらにトッピングのチーズ(こちらは御好みで)!!
”スタミナ”ですから勿論、スープにとろみがついてます。
DSCN2254_20170414224632736.jpg
カレーもほどよい辛さ
”カレーといえば、ハウスバーモンドの甘口”という方には辛いかもしれませんがそれ以上の方なら大丈夫
猫舌の方は舌をやけどしないよう、フーフーしながらゆっくりとお召し上がりください。
DSCN2255.jpg
麺は太麺。カレー味のスープとよくからめつつお召し上がりください。
モチモチしていて噛みごたえは十分!
一杯でかなりお腹いっぱいになりました

作る手間がかかりそうだしこれだけ具がいっぱいじゃ、値段も結構張るでしょ?
ふっふっふ、それがですね( ̄ー ̄)
これだけのボリュームで、お値段はなんと850円税込
具材を考えたらこのお値段は安いのではないでしょうか

食べ終え会計を済ませてお店を出る時には汗だくだくでした。
DSCN2256.jpg
まだ待ってる人がいるよおいっ(^ω^ ≡ ^ω^)
凄い人気店です。他のラーメンや定食等の美味しそうだったからねえ。

ちょっぴり、昭和の香りがする界隈の小さなラーメン店には幸せがいっぱい!!
幸せを呼ぶと言われているカラー=黄色に染まったご当地ラーメンを食べ、”幸せ”という名の栄養源でお腹をいっぱいにしてみませんか?(*´∀`人 ♪

map_20170414224708f35.jpg
勝田駅前のコミュニティビル(winwin)とテラスイン勝田の間を左に入り、直進してすぐ。
行列が目印です
今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

熊本地震から1年・・・。

1年前の午後9時26分。。。
最大震度7という強震が熊本を襲いました。

間もなく、その時間が来ようとしています

14日の本震、そして2日後再び震度7の揺れが熊本県を襲い震災被害により亡くなった方が50人、その後関連死が170人、二次災害死で5人(2017.4.14付読売新聞朝刊より)と解っているデータだけで225人の尊い命が奪われました。
あらためて、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
合掌
_20170414_123020.jpg

1年経った今でも仮設住宅暮らしの方も多く、復興のめどはいまだに立っていないというのが現状のようです。6年経過した東北ですら、そのような現状ですからたった1年での復興というのは誰がどう考えても無理な話です。

数日前、某復興大臣の言動が問題視されました。上に立つ人がああではたとえ被災生活を送っていなくても不安になります。
これでは何のための復興大臣か、そもそもあの役職が存在する意味があるものなのか解りませんね

災害大国となってしまった日本、今や日本のどこで大地震や災害が発生してもおかしくない現状となってしまいました。
自然災害は人間の力で避けることは出来ません。又、災害から再び元の生活に戻るのにも一般国民の力だけでは限界があります。
国の偉い人たち、もう少しこういったことに本気で目を向けてくれよ

やばいっ、書いてるうちに頭に血が上った( ̄0 ̄;)
・・・熊本大地震で被害に遭われた人達への追悼ならびに御見舞なのか政治批判かわからない記事になってしまいました
DSC_0685_20170414210554720.jpg
熊本県が元気になりますように

日立オクトーバーフェスト、茨城に初上陸!

日立駅前の平和通りの桜が今週開けから満開になったようですね。
DSCN2092_20170408232025522.jpg
↑2017.4.8撮影
風流物の公開日はあいにく天候も悪く、雨まで降る始末
やっと花見日和の天気になってきたかと思えば気温差が激しく冷たい風も吹いて、果たして今度の土日までもってくれるかどうか心配です。
DSCN2170.jpg
県南や県西部では既に散り始めているといいますし日立も時間の問題。
桜はもう、諦めるか。。。

でも大丈夫
桜が終わってしまっても、楽しいイベントが日立で待ってます
FB_IMG_1489959843626.jpg
日立オクトーバーフェスト
ドイツで200年以上も前から秋に行われているイベント、「オクトーバーフェスト」。
ビールのお祭りなのです。
秋の収穫を祝うお祭りですが、約2週間で650万人が訪れ、600万杯以上のビールが飲まれる「世界最大の食の祭典」。
それがなんと、茨城県日立市に上陸しちゃうんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN5397.jpg
※画像は昨年の大道芸の時のものです。雰囲気を味わっていただこうとイメージ画像として掲載いたしました。
既に国内でも数か所で行われているらしいですが、茨城県では初めて、そして日立市で行われる初めての”お酒の祭典”となります。
本場ドイツのビールを味わって、音楽に合わせ歌ったり踊ったり。。。。想像しただけで心が踊るヽ(≧∀≦)ノ
DSCN2084_20170413230926c7a.jpg
DSCN2083_20170413230924549.jpg
日立市の”ご当地ビール”、サクラヒタチエールも出品されるそうですよ( ^ω^ )
唾つ~けたっ♪(笑)
え?それって行く気満々ってこと?

期間は4/26(水)から5/7(日)の12日間。
開催時間は平日が15:00~21:00、土日祝日は12:00~21:00(いづれもラストオーダー20:30)。
21:00には終了ですよ。いたって健康的じゃないですかこれならママもOKさ(笑)

大型連休を挟む格好ですし、かなりの来場者が訪れるのはないでしょうか
スペシャルゲストも来場予定です♪
DSCN0925_2017041323193898e.jpg
DSCN9757.jpg
開催日までに体調を整え、出かける前に”ウコンの力”を買うのを忘れずに(どんだけ呑む気?)しなくちゃ!

素敵な出会いに期待しつつ・・・プロスト!!(乾杯)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

第55回日立さくらまつりへ行ってきました<3>

日立さくらまつり記事、そろそろ締めさせていただきます。
相馬野馬追い行列のパレードが終わった後、この日2度目の日立風流物公開時間までまだ時間はたっぷりあるし。。。
ということで、再び平和通りを浮遊(?)します。
路上イベントがあちこちで行われていました。
DSCN2186_201704122136105c6.jpg

風流物と桜を背景に、「日立さんさ踊り」
DSCN2188_20170412213611757.jpg

さんさ、と言えば岩手県盛岡市のが有名ですがここ日立市でも行われていて秋の芸能祭でもお披露目されます。
DSCN2190.jpg
「荒馬踊り」といい、わりと東北のお祭りを取り入れているものが多いですね。
歩いているうちに、風流物公開の時間が迫ってきました。
まだ時間は早いけれど、その場所で待ってることにします
DSCN2194.jpg

山車お披露目の前に、子ども鳴物の御囃子演奏が行われます。
日立市の方なら耳に馴染のあるはずの、あの旋律が会場いっぱいに響きました。
DSCN2195_2017041221361395a.jpg
DSCN2196.jpg
子どもたちが力強い御囃子演奏を行っているその最中、これまでおとなしかった曇り空が怪しい色となりとうとう雨が降ってきてしまいました次々と傘が開く会場内、でも子ども鳴物隊はちっともひるまず力強い演奏を最後までお披露目してくれました。この子たちの健闘に拍手

”もしや、公開中止?”と、数年前秋の芸能祭の悪夢が頭をよぎりました。が、子ども鳴物隊のパワーに負けたのでしょうか。
雨はすぐに小雨に変わり、予定通り日立風流物公開がスタートしました
DSCN2202_20170412215804394.jpg
今年の演目:表山は「風流忠臣蔵」
主君仇討の劇がこれからこの山車の上で鳴り物(勿論、今度は大人)の御囃子に合わせ展開します。
DSCN2203_20170412215807db2.jpg

DSCN2207_20170412215808482.jpg

DSCN2205_20170412215806deb.jpg

DSCN2208.jpg
人形が弓を放つたびに。。。。

瞬時に、この通り
DSCN2212_20170412230051a36.jpg

DSCN2241_201704122300544a7.jpg
弓争奪戦が激しく起こっていました。やがて大人たちまでが本気で弓を奪おうとするほどまでに。
人形が放った弓は縁起物で、それを拾って持ち帰った人には幸運が訪れるんだって。
どうやら、山車の上の討ち入りよりも人間達の弓争奪戦の方が激しいようで
DSCN2213_20170412230052ee0.jpg
さあ、次はどっちに飛ぶのかな?

DSCN2211_20170412230048ef3.jpg
私個人的には、梯子に乗った彼は果たして何の役目を果たしているのかいつも謎です(笑)

やがて本懐を討ち果たした赤穂浪士達がくるりと回り、町娘に変身!
DSCN2219_20170412230053bfa.jpg
こうして表山の上演は終了。
さあ、裏山へ移動だ!
DSCN2220.jpg
重さ5トン、高さ15mもの山車を動かすのは人力です
成人男性数十人でこれを回転させるのです。

水戸黄門で知られる徳川光圀の命により、当時の宮田・助川・会瀬の3つの村の鎮守となった神峰神社。祭礼時に氏子たちがそこへ山車を奉納しました。これが風流物の始まりだと言われています。
人形を載せるようになったのは享保年間になってからで、当時は人形浄瑠璃が流行っていた時代でもありその影響を受けた村人達が農作業の傍らで人形を作っていたようです。
DSCN2231_20170412231747095.jpg

DSCN2235_20170412231748036.jpg
町同士競い合うように山車に改良を加え、だんだん大きなものになっていきました。
太平洋戦争時、焼夷弾攻撃の被害を受け2台が全焼、1台が半焼してしまいましたが残った1台が昭和33年の5月に公開を果たし、残りも昭和41年5月までに復元され現在に至っています。
DSCN2239_201704122317508af.jpg

国の重要有形民俗文化財ならびに重要無形民俗文化財(有形と無形、共に認められてるって凄いよね)に認定され、さらに近年ではユネスコ無形文化遺産認定と名誉ある認定を受けた貴重な文化財。
これから時代は変わっても、いつまでも継承していただきたい文化財・文化遺産です
DSCN2240_20170412231751f97.jpg

さあ、平和通りでは市民山車も登場しさくらまつりはさらに盛り上がります。
DSCN2246.jpg

”花より団子”なコーナーも大奮闘!
作る方も食べる方も両方(笑)
DSCN2247.jpg

DSCN2118_20170412233802981.jpg
平和通りの桜も今週初めごろ、満開を迎えたそうです。
今度の週末も御天気は期待できませんが、どうにか持ち堪えて欲しいですね

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

第55回日立さくらまつりへ行ってきました<2>

群がる観客衆の中、掻き分けるように中央を進む武者行列。
たくさんの幟を立てて。。。
DSCN2129.jpg
さあ、いよいよ相馬野馬追いの武者行列パレードがスタートしました
日立さくらまつりが今回で第55回目という節目を迎える記念として、そして震災復興祈念として(”きねん”繋がりですね♪)特別組み込まれたプログラムだそうです。
DSCN2133_201704112045088e5.jpg
鎧に身を包んだ武将姿の人達が、一人・・・また一人と凛々しくパレードをしていきます。
DSCN2135.jpg

DSCN2136_201704112114397aa.jpg
原町の広々とした会場とは違い、大勢の人が群がる狭いスペースでただでさえ慣れない場所、しかもごくごく至近距離でたくさんの人間に見つめられ馬も少々、興奮気味だったようです。
荒い鼻息の音を何度も耳にしました。
DSCN2139.jpg

DSCN2141.jpg
人もそうだけど、馬もそれぞれ性格があるようです。
あれれ?
DSCN2145_2017041121221061f.jpg

暴れ馬?!
DSCN2146_201704112122133fb.jpg
手綱を曳かなければ絶対に観客席に突っ込み暴走してそう。。。
騎手も大変だ
DSCN2147_2017041121221317e.jpg

本来ならばここで旗の争奪戦が始まるところでしょうか。
でもここでは勿論、それは出来ません。
DSCN2148_20170411212215a21.jpg
観客達が見守る中、武者行列一行はイベント本部テントまで折り返していきます。

DSCN2152.jpg

DSCN2154.jpg

DSCN2158_20170411221131e56.jpg

約20分程度のパレードはこうして終了しました。
最後は関係者一同、茨城県知事・日立市長を交えて記念撮影です
DSCN2164.jpg
人だかりが多く、正面から撮ることができなかった
これが精一杯です

国指定重要無形文化財の相馬馬追いの今年の日程はコチラです↓
https://www.city.soma.fukushima.jp/kanko/nomaoi.html(相馬市公式HP内)
現地で観たらきっと、エキサイティングでしょうね。。。
こうなったら生でも観たいものです。

文化財、文化遺産と異なる地域のそれぞれの交流、とても素敵です
こういった文化交流がきっかけで相馬市と日立市そして、福島県と茨城県の交流が深まると良いですね
DSCN2169_20170411221134d1b.jpg

DSCN2170.jpg
平和通りの桜も満開となったそうです。おそらく今週末あたりまで楽しめるでしょう。
2日間のイベントデーは雨に見舞われてしまいましたが、今度の土日こそ青空の下でお花見が出来ると良いですね♪

-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

第55回日立さくらまつりへ行ってきました<1>

昨日開催された「さくらロードレース」に出場された皆さん、
雨の中大変お疲れさまでした
私はその前日の4月8日(土)、平和通りで開催されたさくらまつりイベントを観に日立を訪問しました。
その模様を今日から数回に分けて書かせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます
DSCN2108_2017041022321928c.jpg
曇り空でも大勢の人。。。
日立駅前平和通りの桜を観に来たのは、実に6年ぶりかな
願わくば、晴天の下で観たかった
DSCN2090.jpg

私が訪れた時は丁度、1回目の風流物が披露中で裏山がもうすぐ終わろうとしていたところ。
DSCN2110.jpg

近づいて行った瞬間、地雷也が飛んできた
DSCN2111.jpg

DSCN2113.jpg
この日の1回目のお披露目はこれにて終了しました。次回の公開は16:00。この時間にあらためて最初から観ることにします。
御囃子が暫く続いている中、山車を撮ろうとカメラを構えて群がる人がどっと押し寄せました。
DSCN2116.jpg
ユネスコ無形文化遺産の肩書は強し!
観客の中には外人さんもちらほらいらっしゃった模様。
海外から茨城に来てくれたなんて、市外でもなんだか嬉し(* ´ ▽ ` *)
DSCN2122_20170410224738f5b.jpg

DSCN2125_20170410224739b63.jpg
ちょっと離れたところからでも様になります。

16:00の開演までまだ時間はたっぷり!腹ごしらえでもしておきましょうか。
DSCN2098_20170410223216f6d.jpg
美味しそうなお店がいっぱい( ^ω^ )
さあ、何食べっぺ(笑)
選んだのは、お食事処・剛さん提供の角煮ラーメンでした!
DSCN2100.jpg
厚くて柔らか~い角煮が入った醤油ラーメン!
毎年暮れに開催される「日立スターライトイルミネーション」の時に食べて”美味しいっ!”と思った記憶がありますので迷わずこれに決めたのです(´ω`人)
この日は肌寒かったし、美味しく頂きました

ふと下を見ると、
”私も観て!”と言わんばかりに、桜の木の下で咲いていた白い小さな花。
DSCN2102_20170410225455170.jpg
あまりの可憐さについ、カメラを向けました。

ラーメンを食べ終え、体が温まったところで再び風流物が置いてある場所へ戻ります。
風流物の2回目の上演開始までまだ2時間近くありましたが実は他にも”観たい”と思っていたものがありましたので。
路上イベントも盛り上がってますなあ
DSCN2104_20170410225457d5a.jpg
プリキュアと2ショット
こちらはラジオ番組の生放送中ですね
DSCN2095_20170410230329390.jpg
日立市観光物産協会の責任者の方がインタビューを受けてるところです。

そして、昔遊びコーナーか
DSCN2105.jpg

DSCN2107.jpg
上手くできるかな~?

歩行者天国最後のスペースでは、ジャズコンサートが行われていました
DSCN2121.jpg

DSCN2120_20170410223712b28.jpg
とっても素敵
やがて終了の時間がやってきて、アンコール曲が演奏中突然会場中に鳴り響くホラ貝の音
それはイベント本部があるあたりから聞こえてきました。
その場所へ行ってみると、既に人が集まりこれから始まろうとしている”それ”を待ちかまえています。
DSCN2127_20170410224742b9c.jpg
係の人達の、
「中に入らないでください!」
「植え込みの外に移動してください!」
の声が飛び交います。

勿体ぶるほどのものではありませんのでネタばれしますが、これから国指定重要無形民俗文化財に認定された福島県相馬市の有名な伝統芸能「相馬野馬追い」の行列が始まるのです。私が日立風流物同様に”観たい”と思っていたもの、それは他ならぬこの演目。
では、この模様は次回で

-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

御宝御開帳~薬師寺の花まつり

イエスキリスト様の生誕を御祝いするお祭りがクリスマスならば、花祭りは御釈迦様の生誕を御祝いするお祭り。
そういえばクリスマスは宗派を問わず世界中で御祝いするのになぜ、御釈迦様の花祭りは違うのでしょうね
と、些細なことがふと気になった私(笑)

去る4月8日、以前当ブログでも記事に書いたことのある城里町の佐久山多聞院薬師寺過去の記事はこちらにて恒例の花まつりが開催されました
DSCN2028_20170409223219094.jpg
2年前秋に行われた町民まつり以来の参拝となります。
年に一度のおまつりだけあって、この日は参道が少々賑やかです
DSCN2030_2017040922322156b.jpg

銀杏も素敵でしたが桜の名所でもありました。
あいにくの天候で、桜の色もいまいち映えませんでしたが境内の桜はざっと見て7分咲きといったところでしょうか。。。
DSCN2025_2017040922321845d.jpg

ではまず、ご挨拶を
DSCN2064.jpg

さあ、アマチャですよ!
DSCN2036_20170409223633334.jpg
”家族の分も”と言って一人で5、6杯ほどかけてた奥さんがいたっけ。
私も3杯かけました。
その後私も甘茶を戴きます。
DSCN2035_20170409223632c16.jpg

さて、御宝はどこにあるかなあ。。。
花まつりの日のみ御開帳となる御宝、これだけは絶対に観て行かなくちゃとまずは本堂から。
町の文化財である十二神将像が収められてるはずだ、と(^ω^ ≡ ^ω^)
DSCN2034.jpg
前回書いた記事をご覧いただくとして、今回は説明省略いたします
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2548.html
本堂脇に出入り口がありましたので入ってみました。
では、御対面
DSCN2031a.jpg
十二体の武将が、それぞれ頭に十二支の獣を載せてかまえています。
刻を守る神とも言われていると説明が書かれていました。あくまで想像ですがそれぞれ一年ごとに交代で町の守護神となっているのでしょうか。。。
DSCN2031b.jpg
今年の干支:酉を司る神将(右)と来年の干支:戌を司る神将(左)像。
十二体いづれも鎌倉~南北朝時代の作と言われているそうです。
さて、この薬師寺にはもう一つ貴重な御宝、しかもこちらは国の重要文化財に認定されている薬師三尊像があります。
十二神将像が収められている本堂裏にある御堂にそれは収められています。
DSCN2032_2017040922355079a.jpg
街おこし協力隊の方に案内していただきました。
御堂には確かに年季の入った薬師如来像が左右に両脇侍像を従え鎮座しています。戦争を乗り越え昭和32年の石塚の大火も乗り越え静かにたたずんでいた姿は本当に神々しいばかり。。。
素晴らしいものが拝見できた。ありがとう!丁寧に合掌します
尚、薬師三尊像は写真撮影禁止の為画像抜きで失礼いたします。

城里町は位置的には水戸市や笠間市に囲まれ、那須方面へ行くには通過経路ですし”城里町には何があるの?”と訊かれて即答できる町民の方は果たしてどれくらいいるのだろう・・・?という感じの素朴で小さな町。
しかし、開会セレモニーで上遠野城里町長がはっきりとおっしゃいました。
「城里町は、歴史と文化財の町」だと。
DSCN2057.jpg
町にはここ・薬師寺の如来像をはじめとする国指定の文化財が他に2つあるそうです。小松寺の浮彫如意輪観音像とあと1つはえ~と・・・忘れましたすみません

国指定文化財を持つ素晴らしい御宝が眠る町・・・それは自慢して良いはず。
もっと観光PRしましょうよ!
何もねー、なんて言ったら宝の持ち腐れだっぺよ!
罰当だっかんなあ
つい出る茨城弁、失礼いたしました

国指定の文化財もさながら、境内に咲く美しい花も文化財と呼べるかもしれません
もう少しすれば桜もさらに開花が進み、間もなく満開の桜が薬師寺境内を華やかに彩る光景が楽しめることでしょう。。。
DSCN2039_20170409223635107.jpg

DSCN2040.jpg

DSCN2053_20170409223638f84.jpg

DSCN2058.jpg

DSCN2063.jpg

おまけ:再び登場役場のスダジイ
DSCN2066.jpg
こちらは町指定の天然記念物です。
探せばまだまだ、御宝が見つかりそうな町ですね

-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

日立平和通りの桜開花状況2017.4.8現在

天気予報は見事に外れ、朝のうちに上がるはずの雨が1日中降ることになってしまった今日1日。
花見をするには残念な日となりました

さて、日立駅前通り(平和通り)の桜の現在の開花状況です。
DSCN2086_20170408232019dc7.jpg
ざっと見たところ、大体6~7分咲きといったところでしょうか。
形にはなりましたが、先週とはうってかわった曇り空。
せっかくの桜も映えないですね

DSCN2087_2017040823202169e.jpg
日立市では去る4月1日から「さくらまつり」期間に入り、今日4/8と明日4/9はイベントday。
花見日和とは呼べない今日の空模様でしたが人が大勢、出ていました
DSCN2088.jpg

歩道橋上より。
DSCN2091_20170408232023ee7.jpg

DSCN2092_20170408232025522.jpg
満開はもうちょっと、先かな?
今年は桜の開花が遅いのです。
開花は駅前の方が結構、進んでいるようでした。
DSCN2117_201704082326262cf.jpg

何といってもイベントのメインはこの「日立風流物」(人形山車)でしょう
DSCN2112_20170408232625d23.jpg
久しぶりに観てまいりました!
思えばユネスコ無形文化遺産に認定されてから初めてかな。
DSCN2111.jpg
まだ画像の整理が間に合いませんので、この風流物を含めてさくらまつりの模様は後日あらためて書かせていただきます
実は今回、さくらまつりイベントに訪れた理由はこの風流物なのですがその他にも”これは是非、観ておきたい!”と思ったイベントがあります。
それがこちら↓
DSCN2151.jpg
福島県の伝統郷土芸能”相馬野馬追い”が特別イベントとして開催されました。
野馬追いに携わる方々が福島県相馬市からお越しくださり、武装した姿で勇敢かつ凛々しく乗馬シーンを見せてくださいました。
それにつきましても風流物と併せ、後日に(´∀`*;)ゞ

今回は、”ほんの予告編”ということで失礼いたします

-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

予科練記念館雄翔館

みほふれ愛プラザから”廻れ右”して帰る際、再び国道125号に。
来た時と同様に、あえて霞ヶ浦べりの旧道(?)を通って帰ることにしました。
最後はここに寄り道です
DSCN1976_2017040722213899e.jpg
阿見町にある予科練平和記念館。
「予科練とは、「海軍飛行予科練習生」およびその制度の略称である」と観光パンフレット等で説明されています。熟練の搭乗員を育てる目的から昭和14年に設置され、選ばれた多くの若者がここに入隊しました。
彼らの多くはやがて戦地に派遣され、尊い命を落としていったのです
彼らの日常や故郷の家族に宛てた手紙等の展示や、特攻隊として空に散った最後の瞬間を上映するビデオ等現代に生きる私たちが是非、観ておきたい資料館です

でも、こちらは以前見学しましたので。
今回の私の目的は記念館に隣接された、雄翔館(ゆうしょうかん)。
記念館と雄翔館の間の芝生の庭園に展示されているのは人間魚雷”回天”の復元模型です。
DSCN1980_20170407222141ce8.jpg
DSCN1981.jpg

DSCN1982.jpg
これに人が入って、敵の艦隊に。。。
もう、そんな時代は来ないで欲しい

さあ、雄翔館の入り口にやってきました。公開時間は16:00まで(※16:00になると門が締められます)
この時15:00を少し回ったところ。まだ時間は大丈夫(^^)v
DSCN1984_20170407222754729.jpg
ここから先は自衛隊が管理している土地。
守衛していたのは若いイケメンの隊員さん。軽く挨拶をして通ったらにこっと笑って”どうぞ!”と言わんばかりに通してくれた まあ、そんなことはどーでも良いですね(笑)
雄翔館までの遊歩道のところに桜が咲いていたのでつい、カメラを向ける私。
DSCN1985_201704072227563af.jpg

DSCN1986_20170407222757766.jpg

DSCN1987_201704072227584dd.jpg
雄翔館は、予科練出身者や戦没した遺族により設立されたそうです。
館内には戦没した予科練生の遺品や遺書が約1,500点ほど展示されています。
玄関前には山本五十六元帥の銅像。
DSCN1990_20170407225605b6d.jpg

DSCN1993_20170407225732f46.jpg
では、これから戦没した予科練生に会いにいきましょう。
館内は撮影禁止の為、画像抜きで失礼いたします。

一人一人の名前と遺影、そして遺品や家族宛てに書かれた手紙(というより遺書)が生々しく展示されていました。
その中で一人の予科練生が書いた、
「人も飛行機も、唯消耗品」という言葉に心臓をえぐられたような衝撃を感じました。
生き延びることが許されない、逃げることも許されない、死ぬ以外に選択肢は与えられなかった彼らを思うとやりきれない悲しさを感じ、同時に当時の世の中にやり場のない怒りと憎しみさえ感じます。気がつけば奥歯を噛みしめ、握りこぶしをつくっていた自分。。。
・・・このような歴史があったことは、絶対に忘れてはいけない!
・・・決して、風化させてはならない!
複雑な思いを感じつつ雄翔館を後にしました。
(↓以下2枚の画像は、雄翔館前にあった桜です)
DSCN1989_201704072228007fe.jpg

DSCN1994.jpg

雄翔館前の庭園は雄翔園というそうです。
落ち着いた日本庭園です。
DSCN1995_20170407225609c0a.jpg

そして、雄翔園の中に予科練生の慰霊碑と銅像がありました。
DSCN1996_201704072256091c8.jpg
DSCN1997_20170407225611e20.jpg
若い命を大空に散らした、多くの予科練戦没者の御霊に合掌

DSCN1998_20170407225733cd6.jpg
彼らの魂は今、どんな気持ちで現代の世の中を見ているのでしょうか。。。

予科練平和記念館・雄翔館
茨城県稲敷郡阿見町廻戸5-1
9:00~17:00(入館は16:30まで)※雄翔館は入場16:00まで
休館日 毎週月曜日(但し祝日の場合は翌日)
入館料 一般500円(団体400円)、小中高生300円(団体240円)※雄翔館は無料


-今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

地域交流館みほふれ愛プラザへ行ってきました!

土浦の桜まつり見物後、向かった先は美浦村。
去る3月26日に、地域産品直売所を付設する交流施設が村内にOPENしたというニュースをモバイル版茨城新聞で知り行ってみようと愛車を走らせることにしました。

土浦庁舎ビルを出発し、約30分。
霞ケ浦を横目に国道125号線をどこまでも走っているといつの間にか美浦村に入りました。
キャプチャ
商店街らしき界隈を通ると、あちこちで「木原城山まつり」という幟が立っているのを見かけました。
”なんだろう?”と思って調べてみたら、毎年4月第2日曜日に開催されるお祭りだそうです。
ちなみに今年は4月9日の開催だって。
(美浦村公式HP内)
何気にCMでした(´∀`*;)ゞ 

事前に下調べをした住所をナビに登録し、それを頼りに走っていると新しく出来た交流施設はすぐに分かりました。
DSCN1972_20170406221742466.jpg
まだ、出来たてのほやほやといった感じですねえ
2Fは多世代交流サロンなんだって。バルコニーはテラスになっています。
DSCN1973_20170406221744579.jpg

そして、1Fが直売所。
DSCN1974_20170406221744587.jpg
では、いざお買い物

やっぱり一番興味深いのは、美浦村の特産品コーナー♪
地元産の特産品や野菜、お米は勿論、オリジナルグッズも販売していました。
DSC_0659_20170406223156335.jpg
美浦村、といったら競争馬を育てる施設・美浦トレーニングセンター(略称:トレセン)が有名ですので、このように馬に関するマスコットキャラクターもあるのです
DSC_0660_20170406223158564.jpg
メモ帳にボールペン、ストラップなのね(*ノ∪`*)
風変わりなところでは、このようなものも
DSCN2013.jpg
実際にトレセンで使用された蹄鉄なのね!
つい、マキバオしゃべりに(←ごぞんじですか?緑のマキバオ)
綺麗にして神主さんに開運祈願をしてもらった開運グッズです。
これはなかなか他では手に入れられない一押し土産かも。1個370円とお値段もリーズナブルです。

村内のケーキ屋さん・ヌマザキさんのケーキも販売していますよ
DSC_0661_20170406223158a97.jpg

米どころだから、揚げ餅もお奨めです。
DSC_0662_2017040622320083a.jpg
直売所のカフェ、”かあさんの台所”の有機コーヒーも人気でした。
今回は頂きませんでしたがいづれまた。

化学肥料を使わず馬の堆肥を肥料に使って育てた稲から作られた美浦村のお米”美浦そだち”も、お財布に余裕があればぜひ買っていきたい商品です。
有機栽培のものが多い美浦村、オーガニックという言葉がこの村にはふさわしいかも?!
DSC_0663_20170406223201295.jpg
オリジナルスープはいかがですか?

DSCN1975.jpg
4月7日からは隣接するカスミ(スーパー)もOPENするそうです。利便性は期待できそうですね。

パンフレットを見たところ、子育て世代のご家族を主たる対象にした感じかな?
キッズコーナーや多目的スペースが充実し、まだ乳幼児を持つ若い主婦も安心して利用できる施設になりそうです
利用者が増え、活気が高まりそれが村の潤いとなればよいですね

みほふれ愛プラザ
茨城県稲敷郡美浦村大字宮地1211-2
029-885-6511
HP:https://www.vill.miho.lg.jp/page/dir004927.html


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

亀城公園-2017.4.3

今日は日中の気温がぐっと上昇し、土浦では最高気温20度だったそうです。
この分ではおそらく、桜もずいぶん開花したことでしょう
そういえば昨日4日より、亀城公園のお堀にはこいのぼりが飾られたようですね
DSCN1909_20170405210234af4.jpg
4月3日に撮影したものです。
この日現在のお堀の桜。
DSCN1904.jpg
大部分がまだ蕾ですが、今日の暖かさで開花もだいぶ進んだのではないでしょうか。。。
今年は桜とこいのぼりの2ショットが楽しめますね

DSCN1905_20170405210232ae3.jpg

DSCN1907_20170405210233ab0.jpg

DSCN1911_2017040521085042a.jpg

公園内よりも、お堀の方が開花が進んでいたようです。
公園に入り、開花している僅かなものを探してカメラに
DSCN1912_20170405210852f6e.jpg

珍しく、西櫓をメインに撮っちゃお♪
DSCN1913_2017040521085470e.jpg
唯一、見頃となっている桜の木の下でお花見ですか。
いいねえ

ざっと、こんなもんかな。
一回りしたところでそろそろ引きあげようか、と思い東櫓の方へ移動してみると笛・太鼓の音。
DSCN1925_201704052108569e1.jpg
新川囃子が行われていました。
石岡はひょっとこ→おかめ→狐の順ですがこちらは狐が最初なんだ
土浦の夏まつり=キララまつり2日目の時に見ているはずですが、こうしてあらためてゆっくり見るのは初めてかも。
お囃子の旋律は石岡と似ていますが、所変わればやり方も少々違うようで見比べると面白い!
DSCN1926_201704052231330ce.jpg

続いて、おかめの登場。
DSCN1927_20170405223135e84.jpg

そして、最後はひょっとこ踊りヾ(o´∀`o)ノ
お囃子のテンポもここで一気にアップテンポ♪
DSCN1930.jpg
陽気に踊り、観客達を沸かせます。
さあ、祭りだ祭りだあっ!!ヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1931.jpg

お囃子隊もいつしかノリノリに。
DSCN1932_20170405223139b66.jpg

DSCN1937_201704052323525af.jpg

さあさ、皆さんも踊りましょう!
DSCN1942_20170405232354026.jpg

飲んで候~♪
DSCN1943.jpg
和服姿の美しい奥様に御酌をいただき、すっかりご機嫌。
で、まだまだ踊るか

え?しかも飲みながら踊るの?
DSCN1945.jpg
良い子は真似しちゃいけません!
と、誰かが言ったかどうかは(笑)

観客席中も日本酒の香りがぷ~んと漂ってきました。
”踊る阿呆”も”観る阿呆”も、み~んな幸せ☆*:.。. .。.:*☆
”観る阿呆”なこの私も、勿論幸せp(*^-^*)q
満開の桜は観られなくても、気持ち的にはそれを堪能した時の気分と同じです。

楽しいイベントDAYを過ごすことが出来ました。
DSCN1921_201704042245432ea.jpg

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

つちうら桜まつり~うらら広場イベントへ行ってきました!

昨日、わが水戸市で開花宣言が発表されました。
朝晩は冷え込むものの日中はかなり気温が上がり、もはやダウンジャケットが要らないくらいになってきましたから先週土日現在でまだ蕾だった桜もどんどん開花し、今週末あたりには見頃を迎える場所も増えるかもしれません

今年は桜の開花が遅れていると言われています。土浦市では3月25日より桜まつりが始まっていますが開花の方が間に合わなかったようです。先日4月2日(日)はイベントDayでしたが亀城公園の桜はこの通り
DSCN1921_201704042245432ea.jpg

DSC_0657.jpg
ざっと見て1~2分咲き程度かな。
亀城公園の様子は後ほどあらためて書かせていただきますが、公園内よりもお堀の方が開花が進んでいたようです。
でもこのまま週末まで温かさが続けば開花もぐっと進んで例年通りのあの絢爛たる光景が。。。

さて、駅前庁舎ビル脇のイベントスペース=うらら広場で開催された今年のイベントは。。。
IMG_20170404_0002.jpg
パンフェスティバル
市内9つのパン屋さんがここに集結し、自慢の味を競い合っていました。
販売開始は11:00でしたが既に周囲はたくさんの人でいっぱいでした。
DSCN1875_2017040422454614b.jpg

どれも美味しそうです(^q^)
DSCN1876_20170404224548354.jpg

DSCN1877_201704042245497d4.jpg
販売開始時刻まで待てないよ
試食用もあり。
DSCN1878_201704042246538c9.jpg
試食しておいてよかった!(理由はこの後)

DSCN1879_20170404224655ec3.jpg

販売開始前より、既に目をつけていた千勝堂さんの桜あんぱん
DSCN1880.jpg

販売開始の11:00となり、一斉にパン・ブースに人が集中
早いもん勝ち、悩んだり躊躇している暇などありません(笑)
DSCN1895_201704042304353cf.jpg

DSCN1898.jpg
お店によってはなんと、約10分で完売嘘でしょ!!
そして、全店舗とも正午までにきれいさっぱり完売してしまいました
私の収穫
DSCN2012.jpg
美味しくいただきました(^人^)
桜まつりで”パン狩り”
ちょっと珍しいかも((^∀^*))

一方、ステージイベントではキッズダンスやよさこい等のダンスとか。。。
DSCN1883.jpg

亀城太鼓の演奏とか。
DSCN1955_20170404231453220.jpg
ちょっと前まで、別な場所でランチをとっていました。食べたら帰ろうとウララビルに戻ってくると(愛車は市役所に駐車)和太鼓の力強い音が聞こえてきましたので、つい惹かれこれを見てから帰ることにしました。
全身に響くなあ。。。相変わらずヽ(≧∀≦)ノ

DSCN1963_20170404231454502.jpg
ちっちゃい子も頑張ってます
DSCN1966.jpg
みんな、お疲れ様~♪
亀城太鼓保存会の皆さんがステージを去った後はがらりと雰囲気が変わり、優雅なベリーダンス。
DSCN1967_201704042314566f4.jpg

さあ、そろそろ駐車場へ・・・と動き始めたその時。
あっ!
DSCN1970_2017040423145766e.jpg
おなじみ土浦市のマスコットキャラクター:つちまるくん登場!
子どもたちに囲まれちゃって、いつどこへ行っても人気者

DSCN1971_20170404231459e90.jpg
これからももっともっと、土浦市を盛り上げてね

パンが早々と完売し、ウララ広場でイベントを見物する人の数も午後には半分以上減っていました
でもこの日は別な場所で様々なイベントが行われていたようです。
亀城公園だけでなく、土浦市は桜の名所と呼ばれる場所がいっぱい!
市内と言えどエリアが結構、離れていますのでそれらを制覇するのは大変ですが、早々と見頃→満開になってしまったものを楽しむよりも、お楽しみを後にとっておいた方がわくわくしませんか?
そう、好きなものをあえてとっておいて最後に食べるあの時の感情と同じように。。。

土浦市内の桜開花状況↓(土浦市公式HP内)
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page009743.html


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

夕日の郷 松川

ほっとパーク鉾田の帰り、途中寄り道を。
昨年2016年の4月にOPENしたばかりの直売所兼交流施設夕日の郷 松川に立ち寄ってみました。
DSCN1861_201704032257143f3.jpg
涸沼のビュースポットとして紹介されています。
駐車場正面には涸沼が広がり、ここから眺める夕日がお薦めスポットなのだそうです
DSCN1862.jpg
午前中降ってた雨もやみ、雲と雲の間から日差しさえ見えるようになっていましたのでつい寄り道していく気に。
看板の写真のようにオレンジ色の素敵な光景は望めないでしょうが、直売所で買い物をする前に畔に駆け寄ってみました。
DSCN1863.jpg

DSCN1858.jpg
曇り空もまた、味があります
沈みかけた太陽の光が微量ながらも水面に反射し輝いている光景も、なかなか幻想的かな。
それにしても、風が冷たい

厚い雲が空を覆っていたのに、太陽が顔を出してくれました
奇跡だ!!
DSCN1871.jpg

DSCN1866.jpg
一体、どう撮ったら看板の写真みたいにオレンジ色に撮れんだっぺ
なんて思うと、悔しくなります。こういう天気じゃ仕方がないのかな
いつか、晴れた日にリベンジだな。
DSCN1872_2017040323035025e.jpg

夕日を微妙に(?)堪能したところで、お買い物して帰ります。
DSCN1869.jpg
名産・涸沼のしじみは売り切れでした
いつも開店後2時間以内に完売してしまうそうです
その代わり、地元産の野菜を。新鮮で量豊富なのにどれも安くてびっくり!!

実は私が写真撮影を一通り終えて買い物しようとした時、お店の人達が店じまいしてそろそろ帰ろうとしていたところでした私が買い物しようとしていることを知るとすぐさま回れ右をして一旦締めた入り口を開けてくださいました。
帰ろうとしていたところを申し訳ありませんでしたそして、ありがとう
DSCN1867_20170403225718175.jpg
直売所隣で工事中のこの建物は、バーベキューコーナーだそうです。
完成は5月の連休前予定だとか。
涸沼がラムサール条約登録湿地に認定されたことでTV取材などもあり、この直売所も知名度が広がりつつあるそうです。
その上ガルパンブームもあり注目度急上昇中の大洗町。
観光スポットの一つとしてこれからもっともっと、ブレイクしそうです
DSCN1870_201704032310264f9.jpg


鹿島臨海鉄道涸沼駅より徒歩約19分
キャプチャ
足の運動と”涸沼ビュー”を楽しみたい方はりんてつ(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線)を利用してもいいね

夕日の郷 松川
住所  :茨城県大洗町成田町2573-1
営業時間 (直売所)8時~17時 (駐車場)8時~日没
HP→http://uhimatsukawa.wixsite.com/matsukawa
電話番号:TEL029-212-3900 FAX029-212-3915


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

鹿島鉄道廃線10周年写真展・車両公開イベントへ行ってきました!<後篇>

さあ、お次はKR車両。
お邪魔しまあす∠( ^ o ^ ┐)┐ …
DSCN1816.jpg

DSCN1832_201704022301320ec.jpg
何度も塗装し直している為、このような欠片が出るのです。
廃線後、残された鹿島鉄道車両は保存会の人達の手でメンテナンス等の保存活動が行われていることは既に当ブログで記載している通り。

10年ぶりの車内。懐かしい。。。(´;ω;`)
DSCN1817.jpg

DSCN1819_20170402225955365.jpg

最終運行当時につけられていたカーテンも、10年の歳月でボロボロになり修復不可能な為新しいのと交換されたとのこと。
カーテンを束ねていた、このベルト↓だけが当時のままのもの。
DSCN1820.jpg
貴重な生き証人だ

久しぶりに座席に腰掛けて、暫し瞑想します( ̄- ̄)
DSCN1821.jpg
・・・あれから、10年経過したんだなあ。。。
涙雨の如く冷たい雨降る中での最終運行、人にもみくちゃにされつつ満員列車の中始発から終点を2往復し最後のお別れをしたあの夜がまるで昨日のことのようにはっきりと胸に刻まれています。
動態保存は叶わなかったけれど、どのような形であれ解体されずに大切に保管され、6年前の東日本大震災による液状化被害も乗り越え、ここに存在していること・・・保存会の皆さまの並大抵ならぬ頑張りと努力の賜物でしょう

休憩したところであらためて車内を見渡します。
やはり、あの最終運行以来時間が止まっているんだな。。。
DSCN1823_20170402230127174.jpg

DSCN1824_20170402230129561.jpg

DSCN1827_20170402231202a96.jpg

DSCN1829_20170402231203fda.jpg

DSCN1818.jpg

鹿島鉄道が完全に消滅する時、それは鹿島鉄道を知る人や思い出のある人達がこの世からいなくなった時。
鹿島鉄道を愛する人たちが存在する限り、鹿島鉄道=カシテツは永久に不滅です(笑)


DSCN1831_20170402231204722.jpg
もうすぐ桜も咲くでしょう。うまくいけば今週末には開花してるかも。
満開の桜との2ショット、是非撮ってみたいです

DSCN1836.jpg
毎月第4日曜日は、カシテツの日
車内公開イベントは、1・2月を除く毎月第4日曜日10:00~15:00に行われています。
在りし日とほぼ変わらない、カシテツ車両に是非会いに来てあげてください
手漕ぎトロッコ運転や、オリジナルグッズ販売も行われていますからね
DSCN1837_201704022338575b7.jpg

DSCN1840_20170402233859488.jpg

イベント情報はコチラで↓
鉾田駅保存会HP http://www.hokotaeki.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-