月別アーカイブ  [ 2017年03月 ] 

≪ 前月 |  2017年03月  | 翌月 ≫

鹿島鉄道走行動画(車内より撮影)

ズバリネタ切れです。
10年前に撮影した、鹿島鉄道走行時の動画でも見ていてください(笑)
IMG_0057_201703312322220f2.jpg
↑常陸小川駅ホーム待合室(※現在はありません)

最初の動画は小川高校下→桃浦
次の動画は桃浦駅を出発する際のものです。
”列車が出て来ないんだけど?”等のクレームは一切、受付いたしません。
[広告] VPS


[広告] VPS


明日は鉾田市へ鹿島鉄道写真展を観に行く予定です。
が、あいにく明日は雨模様の寒い1日になるとか
思えば10年前のラストランの日も冷たい雨だったっけ。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/03/31 23:25 ]  動画の部屋 | TB(0) | コメント(0)

パン屋さんのレストラン~CAFEラパン

クラフトフェア散策中、会場のすぐ裏にあった、気になるお店。
パン屋さん
DSCN1784_201703302140396ac.jpg

パン屋さんですが、カフェも併設。
”お昼はここにしよう!”と、なぜか気持ちが高まり会場内で販売していた焼きそばもスルーし、筑西市を後にする前に立ち寄ってみました
DSCN1785_20170330214041939.jpg

お、ランチもあるのね
DSCN1786_2017033021404246b.jpg
ピザかパスタのイタリアンランチ。
久しぶりにお腹いっぱい、食べちゃお♪

1,420円(税抜き)のコースランチで、ドリンク+スープ+サラダの他デザートまで付いちゃう、ちょっぴり豪華メニュー
パスタランチは3種類の中から選べます
今回選んだのは”モッツァレラとトマト+水牛”のパスタ。
はじめにコーヒー(ドリンクは食前にした為)
DSCN1788.jpg
コクがあって美味しい珈琲でした。どこの豆を使ったのかな
続いてサラダ。
DSCN1789.jpg
結構、量豊富ですねえヽ(≧∀≦)ノ
ほぼ同時くらいにスープとパンがきました。
DSCN1790_2017033021493079a.jpg
スープはかぼちゃのポタージュ。
甘くてほっと和む味。。。
通常、付いてくるはずのバターは付きません。バターは要らないのです。それくらい、美味しいパンです(*^-^*)
スープに浸けながら食べると、より美味しいですよ
DSCN1791.jpg

さあ、主役がきました.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN1792_201703302149333c6.jpg
これまた結構なボリュームv(o゚∀゚o)v
スライス牛肉(水牛)にモッツアレラチーズ、そしてホウレンソウ。
いただきま~す(^0^)/~

甘酸っぱい味のトマトソースとチーズ、相性バッチリ
口の中で爽やかな酸味が広がったその瞬間に、幸せを感じます(笑)

久しぶりにボリュームたっぷりの食事をし、少々お腹が窮屈になった頃。。。
デザート到着
DSCN1793.jpg
何何?こんなにたくさん?盛り合わせじゃないの!!
まるでホテル等で開催されるケーキバイキングの1皿みたい。。。
ランチでここまで。。。。凄く得した気分♪
満腹感も忘れ、完食してしまいました(笑)

全て美味しかったo(^▽^)oごちそうさまでした

パンコーナー(パン工房しらとり)に陳列されたパンも、とても美味しそうでした(* ´ ▽ ` *)
今回、買い物はしませんでしたが、どのパンも見た目も綺麗で食欲をそそり食べたくなるものばかり。
人気ナンバー1はイギリスパンだそうです。
また来よう
DSCN1794_201703302149366c6.jpg

イベント会場で思わず見つけた、素敵なスポットのお話でした




FBページはこちら→パン工房しらとり/カフェラパン
茨城県筑西市上平塚591-1
10:00~19:00(パン工房しらとり)
-CAFEラパン-
11:00~14:30(ランチ)
14:30~16:30(ティータイム)
Tel&Fax 0296-45-8085
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
 [ 2017/03/30 23:04 ]  筑西市 | TB(0) | コメント(0)

茨城クラフトフェアへ行ってきました!

冬型の気候が戻り、その上雨も降って肌寒い1日となった先週日曜日。
筑西市にある下館運動公園内にて第3回茨城クラフトフェアが開催されました
DSCN1751.jpg
”下館”という旧地名が今なお、使われているんです(*^_^。*)
って、食いつくのはそっちかい!(笑)

県内外問わず全国から陶芸品や木工品、アクセサリー等製作のプロが集まり、”自慢の一品”を陳列販売。
何かいいもの、見つかりそう。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSCN1757.jpg

DSCN1756_2017032922550727e.jpg

DSCN1759.jpg
会場内に集結したお店の数、フード店を含めてなんと114店舗。
こりゃ、見応えがあるねえヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1760.jpg
お孫さんへの贈り物にいかが?

キッチンカーも大集合!!
DSCN1777_20170329230551286.jpg
そう。目の保養だけでなく、お腹の保養(?)もo(^▽^)o
美味しそうなお店も並びました。
その中で私が目をつけた、コレ↓
DSCN1766_20170329230548807.jpg
厚焼き玉子のサンドイッチ( ^ω^ )
お寿司屋さんで出てくるあの、厚焼き玉子ですよ!
考案されたのは、すし大さんというお店。
DSCN1769.jpg
お寿司屋さんらしい、面白いアイデアでしょうp(*^-^*)q
DSCN1781_20170329231005ad4.jpg
お店の方が薦めるだけあって、本当に美味しい~っ!!(*≧∪≦)
4個入り1パックを1個買って、その中の1つを摘み食い。
口に入れた直後、”あと1パック買えばよかった!”と後悔しました(笑)そのくらい、美味しかったのさ( ^ω^ )
機会あればぜひ、こっち方面で食のイベントやる時も持ってきて欲しいな
他に、助六とちらし寿司のお弁当が販売されていてこちらはお土産に。
DSCN1768_20170329231450f77.jpg

DSCN1767_20170329231449315.jpg
家族で分け合って食べましたが、これまた美味しかったです(*´∀`人 ♪

小腹を満たした(ランチは別な場所であらためてとりました(´∀`*;)ゞ)ところで。
会場内周遊、再開
市内の老舗菓子店たちかわさんも出店されていました。
DSCN1755_201703292305454c2.jpg
ここでは新商品をGET!
そのお話はまた後で

つい欲しくなって手を出したくなる商品がいっぱいだなあ。。。
DSCN1762.jpg

DSCN1763.jpg

”お金持ちだったらなあ・・・”
何度、思ったことか(笑)
DSCN1779_20170329232251cbf.jpg

DSCN1778.jpg
引き出しです。
食べ物以外でなかなか財布の口を開こうとしなかった私も、ついに買った!
コレ↓
DSCN1771_20170329232245b98.jpg
※実際購入したのは、この手の青い鼻緒のやつです(´∀`*)
ダイエット履き、シェイプアップ効果につい反応。
無駄な悪あがきなど。゚(゚^∀^゚)σ。゚ちなみに現在、自宅で使用しています(笑)
市内の桐乃華工房さんの商品です。このダイエット履きは杉ですが、桐下駄製造で名が売れてるお店。
facebookページはコチラ→桐乃華工房

お店の商品も見させていただきました。
DSCN1773_20170329232247cdd.jpg
こういうの履いて和服着て、歩いてみたいね。。

お手頃価格の商品といえば、桐下駄ストラップがありますよ
DSCN1775.jpg
笠間パーキングエリア売店にもあります。
ストラップといえど、職人さんの手で作られた”本物”ですからね

この日は14:00までに笠間市へ移動しなければならない用事があり、クラフトフェア巡りもお昼くらいで切り上げましたが職人さんの”ものづくりの心”に触れることが出来た気がしました。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/29 23:43 ]  筑西市 | TB(0) | コメント(2)

鹿島鉄道廃線10周年、写真展と車両公開

先日26日まで石岡市で開催されていた、「鹿島鉄道廃線10周年写真展」。
その続編となる第2期開催が鉾田市中央公民館に会場を移し、本日28日より4月2日(日)まで行われています
さらに4月1日(土)の10:00~15:00には、市内の日帰り入浴施設ほっとパーク鉾田にて鹿島鉄道の車両公開イベントが開催されます(^∇^)ノ
IMG_0196_20140127222125ef2.jpg
ほっとパーク鉾田敷地内で保存中の旧鹿島鉄道車両。
これまで何度か、当ブログでも書いていますが鹿島鉄道廃止後暫くの間、旧鉾田駅に置かれていたものを引きあげここに落ち着いています(^-^) ほっとパーク鉾田のレストランからも見られますよ♪
保存会の人たちの手で、今でも大切に保存されているのです。
IMG_0063_201703282256185c4.jpg
鉾田駅に停車中のキハ602
2007年の1月に撮影したものです。


4月1日の車両公開イベントでは列車内見学は勿論(普段は中に入れません)、Nゲージやぷらレールコーナー、そしてミニ線路を利用した手こぎトロッコ体験が楽しめるそうですよ
是非、ご家族でお出かけください(^-^)/
市内の中央公民館で開催中の写真展も併せて楽しまれてもよし、楽しく遊んだ後は温泉でゆっくりと過ごされてもよし。
帰りは直売所で新鮮な鉾田産の野菜を買って。。。
なんだか、”鉾田Day”になりそうな予感です
IMG_0073_20170328225848ca1.jpg
同じく2007年の1月に撮影。”緑の金太郎”
イベント告知は以上です。

ここからは「懐かし写真館」となります
鹿島鉄道廃止のおよそ2か月前に撮影した、在りし日の鉾田駅の画像を最後に掲載させていただきます
IMG_0065_20170328225621682.jpg
今は亡き、鉾田駅駅舎。
”関東の駅百選”にも選ばれたことのある特徴あるあの屋根も、今では幻の。。。
「駅」という文字にご注目
IMG_0067_20170328225622a37.jpg

IMG_0071_201703282258487ea.jpg

廃止が決まった直後だったので、改札口付近はこの通り賑わっていたねえ。。。
IMG_0069_20170328225846f12.jpg

覚えていますか、コレ。
IMG_0081_20170328225624f1e.jpg
鉾田駅内のたい焼きやさん、
懐かしいですねえ。。。
IMG_0064_201703282256190c4.jpg
鹿島鉄道名物でしたね
最終運行日は通常の10倍?とか。
とにかく想像を絶する物凄い売れゆきとなり、売店のおばちゃんがてんてこ舞いのパニック状態だったそうです
鉄道廃止後は、向かいの関鉄バス乗り場のプラザで販売を行っていましたがそのプラザもいつしかなくなり、ここでたい焼きを買うことは完全になくなってしまいました
一人でたい焼き焼いてたあのときのおばちゃんはお元気でしょうか。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/28 23:18 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

明利酒類㈱第21回蔵開きへ行ってきました!<後篇>

さあ、お待たせいたしました
口笛奏者、加藤万里奈さんのステージです。さあ皆さん、拍手でお迎えください(笑)
DSCN1695_2017032623404601b.jpg
今回のステージ衣装は、華やかな黄色いドレス
世界的に活躍する口笛奏者の彼女は同時に水戸の魅力宣伝部長であり、水戸ご当地アイドル(仮)メンバーの一員でもあります。
第1曲めは誰もが知ってるあの春の唱歌。滝廉太郎の「花」
DSCN1703_20170327222549555.jpg

よろしかったら動画もご覧ください
[広告] VPS


つい先ほどまで酔いしれていたお父様方も、飲む手を一時ストップ(?)し彼女の演奏に聞き入ります。
DSCN1700_20170327222548144.jpg

続いて2曲目。3曲目はお得意(?)のアップテンポの曲が飛び出し会場もノリノリヽ(´∀`)ノ
すっかり、”万里奈ワールド”となった別春館広場となりました。
DSCN1702_201703272240265c0.jpg
演奏は勿論、ステージを湧かせるのも上手でまさしく”魅力宣伝”部長にふさわしい!
MCもさらに磨きがかかり、まさしくプロです。

大盛況のうちに終了時間となり、会場内を沸かせた万里奈さんがステージを降りる時間となりました。
演奏を終えた彼女には関係者からの素敵な花束が贈られます
DSCN1708.jpg
高校を無事卒業され、4月から女子大生となる万里奈さんです。
少しずつ大人の女性になり、口笛演奏もますます磨きがかかるでしょう。楽しみです( ^ω^ )
水戸の魅力宣伝部長としての活躍も応援します

さて、ステージはがらりと変わり今度は日本舞踊です。
昨年のフラダンスとは対照的ですね(* ´ ▽ ` *)
DSCN1710_201703272240282f3.jpg

DSCN1718_20170327224028e8c.jpg
水戸大工町芸者衆の皆さんによる舞踊披露。「和」ですねえ。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
続きまして、常陸第三宮・吉田神社山車連合会さんのお囃子演奏。
DSCN1723_20170327224030924.jpg
どっこい~、どっこい~♪ヽ(≧∀≦)ノ
毎年秋に開催される、吉田神社のお祭りの光景を思い出します。
DSCN1724.jpg
日本の祭りはやっぱり、いいなあ。。
蔵開きもお祭りだけど(笑)
このような光景を横目に私はこの日2杯めのお酒=寒仕込みをいただいて。。。
DSCN1716_2017032723013524c.jpg
”キレのよい”と書かれている通りの味。
しゃきっと辛口な燗酒でした。結構、効いた(笑)
そして、お買い物
DSCN1715_20170327230134ab6.jpg
今回は”大人買い”しました。
3000円の福袋を((⊂(^ω^)⊃))
DSCN1745_201703272306355eb.jpg
※帰宅後、自宅にて撮影
中身は清酒×2本、にごり酒×1本、リキュール酒と新商品・和ウォッカ×各1本
スパークリング百年梅酒がおまけに1缶ヽ(≧∀≦)ノ これだけセットになって3000円はまさしく奇跡!!
しばらくお酒買わなくていいや(笑)

午前の部のステージ演目が全て終了し、水戸黄門一座と梅大使が登場。
いよいよ、抽選会です。
DSCN1733_201703272301372b8.jpg
あら、あの頭はもしや。。。
DSCN1734.jpg

そう、みとちゃんも抽選会の立会人
DSCN1738.jpg

ドキドキの抽選会。。。
トップ賞は、高橋靖水戸市長の手で。。。
DSCN1736_201703272313371e3.jpg

DSCN1737.jpg
発表します!

めでたく受賞されたのは。。。
DSCN1741_201703272306321c5.jpg
おめでとう~!!\(^o^)/
1等賞はペア旅行券なんだって。
彼女は家族の誰を選ぶのかな~?( ^ω^ )
DSCN1742_20170327230634a1a.jpg
この後、午後の部では水戸市出身のシンガーソングライター・磯山純さんの演奏がありましたが手荷物も増えてしまったし、帰宅前にアルコールを抜いておかなければ。。と、1人カラオケをしたくなり近くのシダックスへ。

杯の中には別の春があり。。。
水戸二代藩主・徳川光圀公がそう言われたところからこの施設の名前が「別春館」と名付けられたそうです。
杯の中の春・・・確かに感じました
DSCN1726_2017032723232177a.jpg

DSCN1727_2017032723232329b.jpg

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/27 23:29 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

明利酒類㈱第21回蔵開きへ行ってきました!<前篇>

先日、当ブログで告知させていただきました通り2017年3月25日(土)、今回で第21回目となる「蔵開き」が水戸市の明利酒類株式会社・別春館にて開催されました
そのレポートを2回に分けて書かせていただきますのでよろしくお願い申し上げます
DSCN1678.jpg
開場10分前にイベント開催を告げる盛大な花火が上がり、気分は上々
きっと開始時刻前に既に入場待ちをする人の行列が、ゲート前に出来てるはず。。。そう思い、あえて30分遅らせての会場入りをした私。
開始からまだ30分足らずでこの賑わいです
DSCN1679.jpg
毎年のことだ、と思っていてもやはり、ここに来なければ春が来た気がしない・・・と思うのは、明利酒類のお酒を愛する人なら誰でも同じということですね。
私も例外ではありません(笑)
DSCN1682_20170326231151d53.jpg

早速、いただきます
DSCN1683_2017032623115357b.jpg
DSCN1689.jpg
聖なる水よ。。。今年もまた再会できたね(笑)
春を感じさせる、甘いフルーティーな香り☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
軽くてとても飲みやすかったです。今年もいいお酒が出来たね(*´∀`人 ♪
DSCN1685_20170326231154af8.jpg
明利酒類さんの付設資料館”別春館”内では利き酒コンテストとボトルオーナーの募集。
DSCN1720.jpg

DSCN1722_201703262323320bd.jpg
オリジナル焼酎ボトルに自分の名前を入れることが出来るのです( ^ω^ )
この場で予約し、それからの仕込みですから引き渡しは来年の蔵開き時に。
私も予約してきました(´∀`*;)ゞなぜならば今年は私にとって”節目”の歳。。。(笑)

さて、ステージイベントの方も着々と進行しているようです。
DSCN1680.jpg

DSCN1681.jpg
民謡のお披露目、そして暫く後ですが日本舞踊・・・と、今年は「和」できましたね
観客席もすっかり、盛り上がっているようです。
DSCN1687_20170326231844fce.jpg

お隣の町・茨城町町長さんのご挨拶。
DSCN1690_20170326234040853.jpg
明利酒類の芋焼酎、”紅ひぬま”は茨城町産のさつまいもを使用しているそうですよ(*´~`*)
そして会場には、水戸黄門一座の御一行様が御来場
梅大使もご一緒に。
DSCN1691_201703262340435f9.jpg

DSCN1694_20170326234045f9b.jpg

ステージ上では午前の部のスペシャルゲスト、口笛奏者の加藤万里奈さん登場!
待ってました~!!\(^o^)/
DSCN1695_2017032623404601b.jpg
彼女の為にお酒も控えめに(え?)して待っていました(* ´ ▽ ` *)
というわけで、後篇で彼女の演奏模様をお届させていただきたいと思います。
今回はここで失礼いたいます

DSCN1692_2017032623404311e.jpg
オリジナルハイボール、デタ~!!
購入された方に炭酸水プレゼント、って凄くない?粋だねえ。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/26 23:52 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

朝市でモーニングコーヒ~ニコまるしぇに行ってきました!

今朝のモーニングコーヒーは、”つちうらブレンド”
先週日曜日に土浦市内で行われた朝市=パリの朝市ニコまるしぇで買ってきたものです
DSCN1673_20170325220903f26.jpg
DSCN1674.jpg
霞ケ浦医療センター前にあるコーヒー専門店ニコニコ珈琲さんのオリジナル豆です。名前のとおり、土浦のオリジナルコーヒー。
見た目も香りも濃いけれど、飲んでみると軽くて優しい味わい。。。酸味もなく飲みやすいコーヒーでした!
”そこでしか買えない”商品ですから、土浦土産にいいね。もっと宣伝しようぜ(笑)

この朝市は、毎月第三日曜日の朝8:00~11:00の間に行われています。
先日、初めて訪問してみました(*ノ∪`*)
DSCN1642.jpg
DSCN1643.jpg
ナビに登録した住所を頼りに検索していたら迷っちゃって
施設名:霞ケ浦医療センターを目的にした方が分かります。ちなみに駐車場は医療センター隣の保健センター駐車場が利用できます
会場に足を踏み入れたと同時に感じた美味しそうなコーヒーの香り。。。
ちょっとわくわくしてきました。
DSCN1645_20170325220901693.jpg

まずはネルドリップを1杯。。。
DSCN1646_201703252219192a0.jpg
お、美味しい~!!
コーヒーで迎えるサンデーモーニング、なんだかオシャレじゃん(*´∀`人 ♪
勿論、ホットドッグやスイーツ等のフードも販売されていました。
DSCN1648.jpg

市内のインド料理店ガンディ2さん
DSCN1649_2017032522192318d.jpg
さすが、カレーのまち
こちらはガレットとクレープのお店、”シャンドゥブレ”さん。
DSCN1650_201703252219255eb.jpg
スイーツな気分でしたので、並んで待ちました。
美味しそうでしょ(^0^)この日のオススメ・いちごとサワークリーム
DSCN1653_20170325222533c7e.jpg
サワークリームといちごのフルーティーな酸味がたまらない(*≧∪≦)!!
DSCN1654_201703252225359d9.jpg
シャンドゥブレさんはつくば市のお店、どうやら土浦市内のお店だけでなく、つくば市やかすみがうら市からも助っ人が来られているようです。
昨年夏にOPENした、かすみキッチンさんも自家製苺ジャムを持って来られていました

他、手作り小物や朝獲り野菜の販売も
DSCN1647_201703252219212e5.jpg
”エロうま”ってどういう意味やねん?(笑)

DSCN1655_20170325222536dbc.jpg
↑アコーディオン、ソロ演奏中

いろいろなところから、いろいろな人が集まり出会い、そして売る人と買う人との交流。。。
何といっても、朝の爽やかな空気の中で飲む一杯のコーヒー、そしてみんなと一緒に食べるご飯・・・。
格別でしょうね(*^_^*)
DSCN1651_20170325222531545.jpg
朝ごはんを抜いて遊びに来たくなるイベントです。
今度行く時は、お腹をうんと空かして行こう!


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/25 22:54 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

別春館第21回蔵開きが今年も開催されます!

今年もこの日がやってきた
DSC_0633.jpg
水戸市にある醸造酒店=明利酒類にて来る3月25日(土)、10:00より毎年恒例の蔵開きが開催されます
場所は例年通り、明利酒類付設の資料館「別春館」前広場です。
DSC_0750_1.jpg

人気の利き酒や蔵見学のほか、ステージイベントも満載!
ご当地シンガーソングライターの磯山純さん(13:30頃~)や、口笛奏者の加藤万里奈さん(11:20~※時間が早まりました!)の演奏、そして
豪華賞品が当たる(かもしれない)抽選会もありますよ!
DSC_0751_1.jpg
DSC_0778_1.jpg
梅大使やみとちゃんも来るよ♪

日本酒好きにはたまらないイベント、そしてお酒が飲めない方でもフード屋台が出ますのでご家族の皆さんで楽しめるイベントとなっています。
DSC_0779_1.jpg
明利酒類さんの看板商品とも言うべき伝統のお酒「副将軍」や、梅酒大会でいくつもの賞を獲得している「百年梅酒」他、
この蔵開きの為に醸造した”限定お酒”つまり、この日だけしか味わえないこの日を逃したらもう二度とお目にかかれないお酒も出ますから酒好きならば見逃したら大損?!かも

水戸市も乾杯条例制定のまち、水戸の地酒をたっぷりと味わってください
私もふらりと出没(予定)

※20歳未満の方の飲酒は法律により禁じられています。絶対におやめください!
※お車でご来場の方は飲酒できません。

水戸駅南口ロータリー(コムボックス310前)より無料シャトルバスが運行されます(9:30~15:00随時)
是非、ご利用ください


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/23 23:36 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

石岡の若宮八幡宮

昨日書きました「十一面観音」から徒歩で2,3分程度で若宮八幡宮(八幡神社)に到着します。
この辺りは氏子年番町の一つ、若松町のエリアで年番の際御仮殿が置かれるのも確かこの神社のそばだったはず。
八幡太郎義家が父・頼義とともに奥州征伐に遠征の際に立ち寄って、戦勝祈願をしかぶら矢を奉納したそうです。
石岡まつりの際の若松町の山車の人形が八幡太郎義家なのも、それと関係があるのかな?
DSCN1665_20170322210809fcd.jpg

では、境内へ
DSCN1666_20170322210811172.jpg
楼門らしき門(案内板には”神門”と表記されていますが)の両サイドには仁王像の代わりに風神・雷神が祀られているのです。
撮影がうまくいかず、画像抜きで失礼いたします

本殿兼拝殿の社殿。一見こじんまりとした社殿に見えますが、案内板によれば内部に宮殿が造られているのだとか。
DSCN1668_20170322210813b48.jpg

では、お参りしましょう
DSCN1670_2017032221081459a.jpg

祭神は誉田別命(ほむだわけのみこと、応神天皇の御名)とのこと。728年(神亀5年)9月に建立されたと伝えられている、と案内板に記されていました。かなり古い歴史があるわけですが、”若宮八幡宮”について調べる為にネットサーフィンをしたところ、日本各地の若宮八幡宮が挙がりましたがなんと、石岡のここはヒットされませんでしたなんで~?
ちなみに茨城県で唯一、ヒットされた若宮八幡宮は常陸太田市のもの(→(過去の記事))でした。
DSCN1671.jpg
常陸太田市の若宮八幡宮は、佐竹氏が鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)を勧請して設立し、代々崇拝してきた所。
石岡市の若宮八幡宮は佐竹氏が府中を攻略した際に焼失しましたので、逆に佐竹氏に滅ぼされたことになるのかな
歴史のいたずらか、皮肉な運命か・・・。

それからおよそ10数年後に、別当福蔵坊という僧が本社と拝殿を建立し、その後幾度となく改築が施されたそうです。
ということは、今ある社殿は生まれ変わりということになるかな?
その頃、世は徳川時代。佐竹氏が秋田へ国替えとなった頃ですね。何か関係があるのかな、と勝手に想像します。
DSCN1672_2017032222131510b.jpg

市街地だけでもこのように知られざる歴史を秘めたものが、探せばまだまだたくさんありそうです
健康ウォーキングコースに指定されているコース内だけでも、案内板を頼りに歩けばまるでオリエンテーリングでも楽しむかのような感覚で文化財巡りが出来るでしょう
DSCN1667_20170322210811a54.jpg
石岡駅から若宮八幡宮まで、徒歩なら2.2kmで123kcal消費だって
文化財巡りで軽くダイエット!いいじゃありませんか

キャプチャ

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/22 22:40 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

若松の十一面観音立像

鹿島鉄道写真展を見終えた後は、ちょっぴり歴史散策など
写真展会場のすぐ近くに、若宮八幡宮があることを事前に知っていましたので行ってみようと思っていました。
徒歩でもほんの数分程度の場所にあったはず。
でも、その前に
DSCN1663_20170321223126999.jpg
県指定の十一面観音立像の案内板が目に留まり、まずはこちらに寄り道を。
※逆光だった為、案内板は逆方向より撮影しました。
市内の歴史的遺構や建造物が「健康ウォーキングコース」に指定されているのね

案内板の指示に従い、歩いて行くとそれは民家の中にぽつんと鎮座していました。
DSCN1661_2017032122312346f.jpg
十一面観音立像がこの中に?
案内板がそばにありました。
DSCN1660a.jpg
木造、漆箔で像高さ141cmだそうです。製作年代は鎌倉時代と推定されています。
昭和40年に県の指定有形文化財に指定されました。
かつてこの付近に長法寺というお寺があり、この観音立像はそこにあったと伝えられているそうです。
DSCN1660b.jpg

どれどれ?
DSCN1662_20170321223125deb.jpg
観音立像が収められていると思われる厨子の扉は閉まっており、立像のお姿を拝見することは出来ませんでした
一般公開は滅多にしないのでしょうか。

石岡市の公式HPによりますとこの立像、これまでに何度か修復が行われ近年も修理されたとのことです。
(石岡市公式HP内、こちらではカラー写真が見られます→http://www.city.ishioka.lg.jp/sp/page/page000889.html

何度か行われた修理のうち、慶長16年の修理は出羽国(現在の秋田県)の出身である六郷氏の3代目当主六郷政乗の孫・政慶の命により行われていた記録が残っているそうです。佐竹氏と入れ替わりで府中に入った六郷氏でしたがその後すぐに出羽国に戻ってしまったそうですが出羽の国と石岡市の思わぬ(というより私が知らなかっただけか?)繋がり、新たな発見です。

◆六郷氏について(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E9%83%B7%E6%B0%8F
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E9%83%B7%E6%94%BF%E4%B9%97(3代目:六郷政乗について)

この立像が置かれていたと言われている長法(峯)寺が、若松町にあったというのも興味深い話でありまして。
長法(峯)寺のことを調べようとネットサーフィンしてみたところ、京都にある同名のお寺がヒットしました。何らかの関係があるのでしょうか。。。

う~ん、なんだか調べたいことだらけだわ(笑)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/21 23:07 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

鹿島鉄道廃線10周年写真展、観てきました!<石岡編>

2007年の春、廃線となった鹿島鉄道。
あれから10年が経過しました。。。
IMG_0079_2017032021061496d.jpg
イルミネーション列車(2007年1月頃撮影)
明るい時の画像しかなくて申し訳ありません
ライトアップされた車両の写真が先日当ブログでも告知させていただきました「鹿島鉄道廃線10周年写真展」会場に展示されていますので、ご覧になられたい方は足を運んでいただけたら。。。と(´∀`*;)ゞ
私が撮ったものじゃないけどね

そう。
第1期目となる石岡会場にて3月18日(日)からスタートしました
(10:00~17:00(最終日は13:00閉場))
DSCN1657.jpg
イベント広場(いしおかまつりの際、駐車場となる場所)から道路を渡ってすぐ正面、石岡市立中央図書館から2軒隣で住宅設備機器関連のショールーム2Fとなります。


階段を上がり、入り口をくぐると、そこに広がる懐かしい写真の数々。。。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
IMG_0059_20170320210611e60.jpg
※展示会場内を撮影しておりませんので、手持ちの画像で失礼いたします。
撮影禁止とは指示されていませんが、著作権が絡むことですのであえて撮りませんでした。

涙の最終運行日、雨の中を夜遅くまで鹿島鉄道最後の雄姿を見届けた時のことが。。。。
四季折々の風景の中を走る鹿島鉄道の姿が。。。
これらが集結し、すべて額縁の中に
IMG_0076_20170320210612423.jpg

IMG_0068_201703202241171e9.jpg

IMG_0048_20170320224117ac8.jpg
旧常陸小川駅にて。
居合わせたスタッフさん(写真を提供してくださった方の一人)に、鹿島鉄道の思い出やその後の状況、そして現況についてお話を聞くことができました。
沿線だった行方、鉾田方面の一部に残っていたレールは2011年の東日本大震災の後遺症で発生した液状化の被害を受け、沈んだり歪んでしまったり、と大変な思いをしたそうです。その為、全て撤去されることになりました。現在、レールは完全に取り払われ、駅舎で残っているのは旧八木蒔駅と旧借宿駅だけだとか。

鹿島鉄道廃止と同時くらいに結成された「鹿島鉄道保存会」ならびに「鉾田駅保存会」の人達により保存活動が行われています。
現在、鉾田市内の温泉施設「ほっとパーク鉾田」敷地内に保管されている2車両は保存会の人達が管理や手入れをされているのです。
自治体等の大きな力は借りず、自分たちの手で鹿島鉄道を守っていこうという保存会の皆さんのひとかたならぬ御苦労を考えると、頭が下がる思いです
お疲れ様、そしてありがとう

さて、その2つの保存会の皆さんが主催となるミニイベントが来る3月26日に旧常陸小川駅で開催されるそうです
IMG_0047_2017032022411502a.jpg
<日時>
2017年3月26日(日) 10:00~15:00  
<イベント内容>
① 乗用鉄道模型による鹿島鉄道プチ復活運転乗車体験 0.07km(70m)
② プラレールによる燃料輸送列車・修学旅行列車パンダ号再現運転。
③ 手漕ぎトロッコ『てトロ』ミニ体験運転
④ 地元バンド『ANAK』ライブ


楽しそうだから私も行ってみようかな、と思っています(*ノ∪`*)
石岡駅からかしてつバスを利用して
・・・と思っていましたが、都合により断念しました
興味を持たれた方、是非足を運んで楽しんできてください(;-;)/~


余談ですが、写真展が行われている建物の1F奥はカフェレストランとなっています。
DSCN1658_201703202106101cc.jpg
営業時間は短く、11:00~14:30と本当にランチのみ営業で日曜日は定休となりますが写真展の際、立ち寄られてみては?
食べログ紹介ページ→https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080203/8008331/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/20 23:15 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

OPAが水戸にやってきた!

水戸駅南口サウスタワー(以前、ヤマダ電機が入っていたところ)に新たに入ったショッピング施設水戸OPAが本日3月18日にOPENしました
DSC_0611_2017031821430419c.jpg

DSC_0624_2017031821430938c.jpg
千葉県に本部を置く、イオンの子会社OPA。
茨城県初上陸です。
フロア数、全部でなんと12F
DSC_0627.jpg
OPEN初日の今日、丁度午後から水戸駅周辺で用事があったのでそれが済んだ帰りに寄り道してみました
3Fが南ペディストリアンデッキの連絡口となっている為、総合案内所があります。
3Fは衣料品コーナーやイオン銀行ATM。
DSC_0623_20170318214308403.jpg
他、パーティー用ドレスや私には100%御縁のないウェディングドレスもあったっけ。

そこから上へあがった4Fは小物やアクセサリー等、雑貨を扱っているお店。
同じフロアにあるパンケーキ屋さんは満席でした。
DSC_0622.jpg
さらに上の5Fはなんと!!
DSC_0615.jpg
キャラクターグッズ専門のお店が並んでいました。
大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」と、なぜか「キン肉マン」??
DSC_0616.jpg
オリジナル商品がいっぱい!
他、100円均一ショップ(キャンドゥ)やぬいぐるみ、駄菓子店が所狭しと並びます。
このフロアが一番、混雑していたみたい

う~ん、ざっと見渡したところ若者をターゲットにした感じかな。
実際店内は10~20代の人たちが圧倒的多数でした。50目前のおばさんにはちょっとなあ。。。、といったところですが、若い人が地元離れをしないようにかな?!と、勝手に想像。
9F~11Fは居酒屋系の飲食店フロアとなっていました。
DSC_0620.jpg
ワインバーもアルヨ!

おばさん世代にとっては正直、利便性に関しては”どうよ?”といった感じですね。
隅々見届けたわけではありませんが、全体的に見ると若者にターゲットを絞ったようです。
でも、閉店する大手のデパートが相次ぐ中、新たにお店がOPENしたこと、おめでたいことには違いありません
DSC_0626.jpg
OPA水戸は、水戸市の救世主となるか・・・?それとも・・・?

OPA水戸の開店は水戸駅の、そして水戸市の活気へと導くものとなるのか?様子を見守りたいと思います

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/18 23:30 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

あの日から10年・・・鹿島鉄道廃線10周年写真展が開催されます!

あのローカル鉄道が廃線となって、今年でちょうど10年。。。
あの涙のラスト・ランから10回目の春。。。
IMG_0040_201703172254282d3.jpg
2007.1月撮影
2007年3月31日、石岡~鉾田間を走っていた鹿島鉄道が廃線となりました
丁度10年となるこの3月に石岡市と鉾田市でメモリアル写真展が開催されることになりました
IMG_20170316_0001.jpg
開催日程
<第1期>石岡市 2017.3.18(日)~3.26(日)
茨城県石岡市府中2-3-19(ロハススタジオ)


<第2期>鉾田市
茨城県鉾田市鉾田1444-1(鉾田市中央公民館)

いづれも開催時間は10:00~17:00、ただし初日は13:00会場、最終日は13:00閉場
入場は無料です。


廃線となった今でもこの鉄道を愛する人たちがいます。
そういった方々が保存会を結成し、現在も保存活動を続けられています。
その人たちにより、廃線10周年写真展が明日より石岡で、そしてその最終日2日後には鉾田市で開催されます。
IMG_0039_201703172254227f9.jpg

在りし日の懐かしい”かしてつ(鹿島鉄道)”の姿を、写真ではありますが見ることができますよ
私も2か所いづれも足を運ぶ予定です∠( ^ o ^ ┐)┐
まずは、始発駅(水戸から乗り鉄をしていた私にとっては)だった石岡から。
IMG_0041_201703172254247b1.jpg
今は亡き、かしてつホームへの階段。
10年経った今は駅も全く変わってしまって、”ここがかしてつ乗り場だったところ”ということすら分からなくなってしまいました。
鹿島鉄道の記憶を持たない人が後世に増えてしまう!そんなの寂しいよね

では、後日あらためてレポートいたします



ラストrun鹿島鉄道(2017.3.17再編集)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/17 23:22 ]  プチ☆鐡子の部屋 | TB(0) | コメント(0)

ながいさんのクレープ

行方市を後にした私、来た時と同様に帰りはのんびりと国道355を通っていきます。
小美玉市に入り、寄り道して行きたいところがありましたので旧鹿島鉄道小川駅に突き当たる交差点を左折しました。
皆さん、この駅を覚えていらっしゃるでしょうか。。。
1168079996[1]
今からちょうど10年前の、時期も大体今ぐらいの頃でしょうか。。。
その時に撮影したものです。
鹿島鉄道沿線駅の一つ、常陸小川駅です。沿線中、数少ない駅員配置駅でした。

鹿島鉄道廃止から10年。
現在、この場所はこの通り↓
DSCN1630.jpg
駅舎はとっくに撤去され、現在はバスターミナルとなっています。
ローカル鉄道駅だった面影はすっかり、なくなってしまいました
そして、この駅前にあったお菓子屋さん。
1178030345[1]
こちらは鉄道在りし日の頃の写真です。
現在は。。。。
DSCN1631_2017031622352415a.jpg
あら、見違えちゃった
老舗の和洋菓子店らしきイメージが一変し、オシャレな洋菓子屋さんの外装となりました。
大胆にイメチェンしちゃったね

このお店で買うのは勿論、コレ
DSCN1634.jpg
いちごクレープ&バナナクレープ
定番です。かつてはここでしか買うことが出来なかったこれらのスイーツ、現在は茨城空港でも購入することが出来るようになりました。
でも、ここで買うのが一番
モンブランやマカロンもいいなと思ったけれど、やっぱりこれを買っちゃいました(´∀`*;)ゞ
ながいさんのクレープの素晴らしいところはやっぱり、いちごやバナナがコロンと入っているところ。
そして、生クリームたっぷり
DSCN1636_20170316224813149.jpg
DSCN1639_201703162248141a6.jpg
ボリュームたっぷりの生クリームで、フルーツとスポンジケーキを包んでいます。
食べ応えバッチリ(*≧∪≦) 

ちなみにながいさんでは今、イートインも行われています
喫茶コーナーでコーヒー等の飲み物を注文し、お店のケーキと一緒に味わうことができます( ^ω^ )
DSCN1628.jpg
”原点に還れ”(?)ということで、ごくごくオーソドックスにいちごショートケーキです。
思った通り、ケーキ美味しかったですo(≧ω≦)o
ながいさんは小美玉市を代表するスイーツ店といっても過言じゃないねヽ(≧∀≦)ノ

駅周辺の景色やお店の外装は変わっても、お菓子の味は変わらない。。。
今度来るときは、かしてつバス利用で来よう( ̄ー ̄)

菓子工房nagai(お菓子処ながい)
茨城県小美玉市田木谷91-1
8:30~19:00 定休日:火曜日


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/16 23:03 ]  小美玉市 | TB(0) | コメント(0)

幻の一本松(高須の一本松)

なめがたふれあい感謝祭参加者の為に臨時駐車場として設置された高須崎公園駐車場。
公園は水郷筑波国定公園の指定を受けています
DSCN1618.jpg

霞ケ浦湖畔に位置した、広い敷地の公園です。
DSCN1619.jpg

晴天の日など、夕日を眺めたらおそらく素敵じゃないですか。。。
DSCN1584_20170315211118b95.jpg

公園内にはトイレや自販機も設置。
ゲートボールを楽しむ熟年層の人達の向こうでは、フットサルを楽しむ若年層
DSCN1621.jpg
この公園の少し先に”高須の一本杉”という天然記念物があったことを何気に思い出し、一目見てみようとそこまで歩いてみることにしました。
公園から大体、6~7分位歩いたでしょうか。。
・・・そろそろ、このあたりでは?
と思ったところに記念碑のようなものを見つけ、進んでいきました。
DSCN1626_20170315210809a94.jpg

でも。。。
・・・え?
DSCN1622.jpg

お目当てのものは、ここで間違いないようですが。。。
更地?!
DSCN1624.jpg
何度見ても、松などありません。
残念ながら、一本松は案内板に掲載された画像で楽しむしかないようです
DSCN1623_20170315224124839.jpg
時は平安時代、源頼義・義家(八幡太郎)親子が陸奥平定に向かう途中、鹿島神宮に戦勝を祈願し船で霞ケ浦を渡りましたが暴風雨に遭い高須崎で止むのを待っていました。酋尼の長者から炊き出しの接待を受けた折に義家が歌を詠じたところ不思議にも暴風が止みその波間に一本の松が漂っていました。
義家がそれをとりあげて植え
「ちはやぶる 鹿島の神の授け松 なほ万代も君は栄えん」
という歌を奉ったと言われているそうです。

その後水戸二代藩主の徳川光圀公が領内視察の際、さらにその後九代藩主の徳川斉昭公が水軍訓練の際高須を訪れ一本松を褒め称える歌を詠んだそうです。
それがこちらの碑に
DSCN1625.jpg
「高須崎 波にゆらるる一つ松 さぞや山路の恋しかるらん」(光圀)
「つたえ聞く 名にも高須の一つ松 波にこえぬる緑みすらし」(斉昭)

私が最初に見つけた黒くて大きな碑も、同じ言葉が刻まれていました。

2人の藩主に讃えられた一本松はやがて昭和27年、茨城県の天然記念物に指定されました。しかし昭和51年、松くい虫の被害に遭い枯死してしまいました。昭和55年には文化財指定も解除されてしまったとのことです
その姿は、行方市の地域ポータルサイト「なめがた日和」で観ることが出来ます。
https://namegata.mypl.net/mp/history_namegata/?sid=34465
初代一本松の実より跡地に2代目、3代目が植樹されましたがいづれも松くい虫にやられてしまい、3代目は昨年平成28年に伐採されてしまいました。
こうして現在は、「茨城百景」の碑と先ほどの案内板、そして光圀公と斉昭公が読んだ歌碑があるのみです
DSCN1627_20170315224128715.jpg
憎き松くい虫め

初代一本松の遺伝子を受け継ぐ松が現在、御近所に住む方の手により大切に手入れされているそうです。その中のいづれかが4代目としてこの更地に植樹される予定だということを、ブックマークしておいた先月の茨城新聞ニュース(モバイル版)で知りました。(偶然、ブックマークしておいたものがこのようなところで役に立つとは。。。奇遇だ
市の方でも、「高須の一本松再生検討委員会」が結成されたとか。4代目植樹に向け、いよいよ本格的に動き出しているようです。

4代目が初代のように見事な一本松へと成長するには相当の年数が必要となります。その頃、私たちはもうこの世に存在していない可能性が極めて高いでしょう
私たちは観ることが出来ませんが、かつて存在した行方市の天然記念物にして文化遺産=「高須の一本杉」を後世の人たちへと繋げていこうという地域の人たちの想い、強い郷土愛を感じました



今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/15 23:36 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

行方を食べよう~ふれあい感謝祭に行ってきました!

行方の食のイベント、「ふれあい感謝祭」会場となる道の駅たまつくり(観光物産館こいこい)の駐車場は想像していた通り満車だった為、ちょっと離れた臨時駐車場に愛車を置くことになりました。
案内された場所、あら素敵なところじゃない
DSCN1585_20170314210503d9c.jpg
臨時駐車場として設けられていた場所は、高須崎公園の駐車場でした。
すぐ正面には霞ケ浦。おかげで会場まで徒歩移動の際、霞ケ浦や霞ケ浦大橋を見ながら歩くことができます(*´∀`人 ♪
地下通路のトンネル壁には、行方市の名所や有名な行事が描かれています。
DSCN1588.jpg

DSCN1589_201703142103484ac.jpg

せっかくだから、普段は撮れないこのようなアングルも撮っちゃおう( ^ω^ )
DSCN1616_201703142113001db.jpg
道の駅に隣接する霞ケ浦ふれあいランドのシンボルタワー:虹の塔。「ようこそ行方市へ」の看板も入れて
いつもは車で通行するところ。当然、このような写真等撮れません。
反対側も
DSCN1617.jpg
遠くに霞む筑波山。
周囲の景色だけでお腹いっぱい・・・んなわけはない(笑)

会場にやってきました。裏庭ではコンサートのリハーサル?
DSCN1595.jpg
このステージでは13:00より「K&D MTBパフォーマンスショー」(プロトライアルライダーによるマウンテンバイクパフォーマンスショー)が開催予定、その後の15:00~16:.30に、「夕日のコンサートIN霞ケ浦」が行われることになっています。もしかすると夕日のコンサートのリハだったのかもしれません。
いづれにしろ、私がこの会場にいたのは正午位まででしたのでいづれのショーも見ていませんが
(※大変言いにくいのですが、”そっちを記事に書いて欲しかったのに”という方はその内容を書かれた方のブログをご覧ください

さあ、来ました
DSCN1596_20170314211301f24.jpg

野菜ツリー、凄すぎ
DSCN1597_20170314211302b55.jpg
これみんな、行方市の特産品です。
なんと、「夕日のコンサートIN霞ケ浦」終了後つまりこのイベントに最後まで残っていた方にこれらの野菜を無料配布しちゃうんだって!太っ腹だねえ~w(゚o゚)w
DSCN1598_20170314211304275.jpg

道の駅の建物前に所狭しと並ぶ模擬店の数々。。。
ワカサギの唐揚げや干しいも、そして麻生ハムetc。。。行方グルメが勢揃い!
DSCN1601.jpg

さあ、私も何か食べなくちゃ!
というわけで、お目当てのコーナーへ。
地場産品で作った、特製ちゃんこ鍋。
味は2種類、どっち食べようかな~♪
DSCN1604_201703142229542b8.jpg

DSCN1605.jpg
塩かソップ炊き(醤油味)か。
悩んだ末に、あっさり塩味にしました。
DSCN1607.jpg
鶏肉にしめじに白菜、大根、にんじん、長ネギ他。。。とにかく具だくさんで食べ応えバッチリ(*≧∪≦)
霞ケ浦を一望しながら食べる、ちゃんこの味は格別ヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1608_201703142242354c7.jpg
さっぱりしていてヘルシーで、絶品でした

自然の恵みに豊かな大地・・・そんな環境の元に育った行方の野菜たち。。。
農産物は行方市の最高の宝物であり、観光PRにおいては最大にして最強の武器と言っても過言ではないかな?
お土産もいっぱい、買ってきました( ^ω^ )
DSCN1633.jpg
麻生ハムのウィンナー。
行方に来たらまずはコレ

DSCN1641_20170314224827028.jpg
フルーツトマトもお奨めです
そうそう、お茶受けもね。
DSCN1640_20170314224825bb0.jpg
初めて買ってみましたが、すごく美味しい((∩^Д^∩))
青のりは定番ですので、こんぶ入りを買ってみたらこれがまた美味しくて後引いちゃう
この他に、ワカサギの佃煮と青ジソ餃子。
青ジソ餃子は市内のラーメン屋さんで考案されたもので、これまでにも市内市のイベント会場で販売されていましたがいつの間にか道の駅で販売開始されてたんだなあ( ^ω^ )
DSCN1632_20170314230008fcf.jpg

霞ケ浦ふれあいランド隣のレストランでも食べられるんですよ(* ´ ▽ ` *)
DSCN1611_20170314230059ccb.jpg
玉水苑あらため和洋ダイニング新撰組。
見たところ、ボリューム系のようですね
この日はイベントに訪れた家族連れがたくさん立ち寄っていましたのでパス。いつかきっと(笑)

行方の野菜を味わい、そしてお持ち帰り出来て短い時間ながらも充実したひとときになりました
DSCN1615.jpg


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/14 23:12 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

寄り道紀行~三昧塚農村公園

本日のNHKニュースによりますと、東京のNHKホールにて先日行われた「日本農業賞」(農業経営に意欲的に取り組み、優れた功績をあげた農家や団体を表彰するもの)の受賞者発表ならびに受賞式で、わが茨城県の行方市「JAなめがた甘藷部会連絡会」が「集団組織の部」の大賞を見事に受賞したそうです。おめでとう
DSCN1599_20170313212940f41.jpg
そんな行方市で先日11日・12日の2日間にわたり、道の駅たまつくりにて「行方を食べよう!ふれあい感謝祭」が開催されました
行方の野菜や特産品の販売やステージイベント等、楽しい”食のイベント”で私も12日に行ってまいりました∠( ^ o ^ ┐)┐
でも、このお話はちょっとおきまして。

我が家から行方を訪問する際には、必ず通るスポットがあります。
DSCN1565_20170313212942d56.jpg
三昧塚古墳農村公園。
気になりつつもいつも通過していましたが、今回はちょっと寄り道
前方後円墳が、バイパスからも見える位にどかあんと復元されているのです。
駐車場から正面を見るとこの通り
DSCN1568_201703132129448b6.jpg
丁度、鍵穴の丸い部分ですね。
グーグルマップの航空図で観ると、歴史の教科書に掲載されているとおりのあの形
guglemap.jpg

年代は大体、5世紀後半頃だと推定されています。
DSCN1569_201703132232137e4.jpg
DSCN1566_20170313212943078.jpg
丸い部分の下に石棺が置かれ、その中に遺体が埋葬されていたそうです。副葬品は水戸市の茨城県立歴史館常設展示室(歴史館2F)に資料として展示されています。下の丘陵(墳丘)部分には埴輪が巡らされていたそうです。

では、上に登ってみようかな。
古墳の上は登ることができますが、ちゃんと階段を利用しましょう
DSCN1582_20170313223218745.jpg
墳丘は勾配がありますから、歩いて登ると運動不足解消にいいね

♪月の~、砂漠を~、は~る~、ばると~♪
DSCN1570_20170313224536cc3.jpg
なんだか砂丘みたいヽ(´∀`)ノ
一番上(後円部分)からの眺めです。
DSCN1577_2017031408201611f.jpg

DSCN1572_201703140818372f0.jpg

筑波山と霞ケ浦が楽しめるのね。。。
DSCN1574_201703132232157f0.jpg
でも、電線でちょっぴり残念な格好ですけどね(っω・`。)
晴天で風爽やかな時は最高に気持ち良いかもしれません。
DSCN1575_20170313223217577.jpg
カシテツ(元鹿島鉄道)が走っていたのは大体、あのあたりかなあ。。。(´;ω;`)

石棺が置かれていたと思われる箇所に、発掘された時の様子を表したイラストがタイルの上に描かれていました。
DSCN1576_20170313224538074.jpg
ここに埋葬されたのは果たして誰なのかは分かりません。
ですが、古墳の規模と副葬品からして相当な身分だったことは間違いないでしょう。当時、この地域を治めていた有力者かもしれません。

古墳がある敷地内は、広場となっています。帰りにここを通りかかった時、サッカーで遊んでいた親子を目にしました。
DSCN1579.jpg
花壇のようなものもあったから、季節の花を植えたりするのでしょうか。
広いスペースだから、ミニイベントも出来そうね
ちゃんと休憩所も設置されています
DSCN1580.jpg
さあ、ぼちぼち降りるか。
ちゃんこが待ってる(笑)
ふれあい感謝祭でふるまわれるはずの行方産野菜入りのちゃんこ鍋、楽しみにしているのです。

ではいざ、道の駅たまつくりへ!


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/13 23:22 ]  行方市 | TB(0) | コメント(0)

弘道館の夜梅

昨夜は水戸市の偕楽園にて、毎年恒例となった夜梅祭が開催されました。
皆さんは行かれたでしょうか?私は行けませんでしたが年々、バージョンアップされてるようでfacebookの友達のレポートによりますと今年は”より幻想的に”、そして華やかに行われたようです。

偕楽園の夜梅祭から丁度1週間前・・・
弘道館で同じく、梅林のライトアップつまり”夜梅祭”が行われました
DSCN1475.jpg
この日は弘道館の正門を利用してのプロジェクションマッピングも行われ、大勢の人だかりでした。
画像では伝わりにくいでしょうが、何ともいいようのない素晴らしい仕上がりについ感動
DSCN1477.jpg

首や腕が痛くなるのも忘れ、約20分ほどの光のパフォーマンスにうっとり。。。
DSCN1562_201703122315198f7.jpg

生まれて初めての夜の弘道館。。。
プロジェクションマッピング終了後は光に包まれた梅林へ。。。
DSCN1497.jpg
なお、夜梅祭の際入館料は無料です。
決して綺麗な出来栄えの画像とは言えないものばかりですが、偕楽園とはまた違った趣の夜の梅林を暫しご覧ください。
DSCN1499_20170312212650a71.jpg

DSCN1509_201703122321053d2.jpg

DSCN1512_2017031223210761c.jpg

DSCN1514.jpg

DSCN1516_20170312232109f3e.jpg

同伴した母が大感動していた梅の老木。
DSCN1520_20170312232111a5e.jpg
老いてもなお、花咲かせる姿がとても印象的でした。。。。
DSCN1519.jpg

このような派手な演出もまた、よいアクセントに
DSCN1538_20170312232720792.jpg

DSCN1547_20170312232721181.jpg

DSCN1548_20170312232723925.jpg

DSCN1550_20170312233009db1.jpg

好文亭のように、夜間開放は行われていませんでしたが庭園から館内を眺めることが出来るようになっています。
提灯の灯りが良い雰囲気作りをしています。
DSCN1551_20170312233011293.jpg

DSCN1557_20170312233012a0e.jpg
DSCN1533_201703122333455f0.jpg
いにしえの世、夜遅くまで学問に励み行燈の灯りに照らされた梅を眺めながら夜遅くまで勉学に励んでいた若き水戸藩士もいたのでしょうか。。。そんな想像がつい、頭に浮かびます。
私もこの弘道館の前を6年間、通過して学校に通っていました。
弘道館庭園に咲く梅は、ただ春を告げるだけでなくここを通る学生たちを”頑張れ!頑張れ!”と無言ながらも励まし元気づけていたのかもしれませんね

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/12 23:40 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

大震災から6年、でも・・・なんとかならんのか?!

あの2011.3.11の大地震から丸6年。。。
東北を中心とする被災地各地では様々な形で慰霊祭が行われました
あらためて、この地震により尊い命を失った犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
そして、6年経った今も行方不明となっている方も大勢、いらっしゃいます。1日でも早く、また1人でも多くの方が家族の元に帰られますように。。。
DSC_0603_20170311231756c89.jpg
ひたちなか市勝倉~水戸市吉沼町間に架かる勝田橋。
本日3.11 17:50頃撮影


震災から6年、いまだに完全復旧したとは到底思えません。生まれ育った町や自宅に帰れず、いまだに異郷の地で被災者として生活されている方もたくさんいらっしゃる現実は、決して目をそむけてはならない事実です。
そんな被災者を差別し仲間外れにしたり馬鹿にしたり、ひどいのになるとお金を巻き上げたり、いわば”被災者いじめ”の現状が最近、TVや新聞等で取り上げられています。守ってくれるべき立場にあるはずの担任教師までもが、被災者の児童を”菌”呼ばわりしたことが発覚し、問題視されたのは記憶に新しいですね

”被災者いじめ”でネット検索をしたところ、多数ヒットしてしまいました。
_20170311_212610.jpg
福島県出身だということだけで
「あの子と遊んじゃ駄目!放射能がうつるから」なんて言ってる親までもがいるようですね
福島県出身というだけで、タクシーを乗車拒否されたということも耳にしたことがあります。
福島県出身、というだけで・・・。

福島県の人と握手した途端に被爆した、なんて事実が1つでもあったか?
福島県の野菜を食べたら体に異変が起きた、なんて事実が1つでもあったか?
福島県の人に触れたり、そばにいただけで高レベルの放射能値が体内から摘出されたという事実が1つでもあったか?
そもそも、福島第一原発に頼っていたのは一体誰?

福島県の人たちだって、好き好んであなた方の街で暮らしているわけじゃありません。
出来ることなら今すぐにでも福島県に帰りたいと思っているはずです。
泣く泣く故郷の地を離れなければならなくなった上に、慣れない生活環境の中先々の不安を抱えつつも一生懸命、生活しているところを差別を受けたりひどいことをされたり。。。なんだか悔しい話です。

本当に、なんとかならんのかなあ。。。

フラワーパークの河津桜

小田城址歴史ひろばを後にして、そのまま帰路へ。。。。ということはせずに

朝日トンネルを越えて石岡へ。

薔薇の季節ではありませんが、どうしても観たいものがあったのです。今回はそれを観る為に参上いたしました∠( ^ o ^ ┐)┐

DSCN1426_20170309221954256.jpg

今の時期はこれもんです。

尚、シーズンオフの為入場料は370円。

まだ薔薇が開花していないスペースにはアート作品のようなものが飾られていましたが今回の目的はそれじゃなくて

DSCN1425.jpg

河津桜が満開を迎えたという情報を入手したのは数日前のこと。訪れたこの日は既に葉桜が見え始めているとか?!

間に合うか?急げ

河津桜が咲いてる箇所は、入場ゲートから結構距離が離れている上少々勾配のきつい山道。

だからといって断念する気等無し!

DSCN1428_20170309221955156.jpg

息切れ切らしつつ、”どうか、間に合ってくれ!”と心の中で叫びつつ急ぎ足で向かって行きました。

それにしても、こっちの方来たの初めてだな。

DSCN1429.jpg

生い茂る竹藪。癒しの光景ですがこの時はあまり眼中に無し(笑)

目的はただ、河津桜のみ!

どれだけ歩いたでしょうか。。。

”もう、限界!”と思い始めたその時。。。。!!

DSCN1430.jpg

おお!あれか


確かに、葉桜が遠く離れたところからも目立つようになっていましたがそれでも開花中のものがたくさんあって、充分楽しめました

DSCN1433.jpg



DSCN1435.jpg



DSCN1437.jpg


開花は平均、3月上旬頃で早咲きの桜として知られる河津桜。

一足早い春を届けてくれました

DSCN1439.jpg

すべりこみセーフで間に合って良かった

心臓が破れる思いをして登ってきた甲斐がありました(笑)

これからその苦しみを、河津桜が優しく癒してくれます。

DSCN1440.jpg


DSCN1441.jpg

こちらのも間もなく葉桜になりそうだね

足元を何気に見ると、菜の花も咲き始めていました

DSCN1443_20170309224450b06.jpg

ピンク一色の中に、黄色い花がアクセント

なかなかいいじゃありませんか!

DSCN1446.jpg


DSCN1447_201703092244529ba.jpg


里山に春がやってきた。。。

DSCN1454.jpg


DSCN1456_20170309224456e75.jpg

まだまだ、朝晩冷え込む時期ですが春はそこまで来ているのですね

河津桜は間もなく終了ですが、これからいろいろな花が開花していきます。

梅、桃、桜・・・と、色とりどりの花が茨城県内の各名所で楽しめるのかと思うと花粉症等なんのその(笑)

DSCN1463.jpg
暖かい季節が待ち遠しい私でした。

おまけ:

最後は”地面に咲く桜”=芝桜です。

さすがに見頃はまだ先ですが、早咲きが開花していました。 いつでも春を迎える態勢?!

DSCN1465.jpg


DSCN1466.jpg


DSCN1467.jpg


DSCN1468_20170309225731d1b.jpg
今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

 [ 2017/03/10 20:00 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

小田城跡歴史ひろばを探訪してみました!

筑波山梅林を後にし、筑波山を下山して再び国道125号を走行。
いつもはこの道路をひたすら走り、常磐道土浦北IC利用で水戸へ帰るのですが今回は寄り道していきます
DSCN1395_20170309181625ef8.jpg
つくば市小田にある、「小田城址歴史ひろば」にやってきました
戦国時代、茨城県県南部を支配していた小田氏の居城があったところです。平成21年より発掘調査→復元作業が大がかりに行われ昨年OPENした歴史公園です。
初めに展示資料館となっている「歴史ひろば案内所」を訪れることにしました。
DSCN1396_20170309181625b98.jpg
大きな五輪塔がいい感じの雰囲気ですね
資料館がある場所は、今は亡き筑波鉄道沿線駅の一つ、常陸小田駅跡なのです。
DSCN1398.jpg
建物のすぐ後ろが自転車道:りんりんロードとなっています。
土浦から自転車に乗り、りんりんロードを走ってくればこんな感じ↓
DSCN1394_2017030918162317f.jpg
線路が敷かれていれば完璧、”駅”ですな

時は戦国時代、鎌倉時代、八田知家を初代城主に常陸の国(言うまでもなく現在の茨城県)南部に勢力を持っていた小田氏。
その後何度かの落城を味わいつつも奪われては奪い返し、再興を繰り返しましたが最後は佐竹氏の支配下となりました。そしてその佐竹氏が秋田へ国替になると小田城も廃城となり、約400年の歴史に幕を下ろすことになりました( ̄- ̄)

資料館では発掘調査の際、出土された品物の展示と、絵巻物風にまとめられた歴史年表が展示されています。
館内資料は写真撮影ですが、このようなコーナーが。
DSCN1399_20170309202528dc3.jpg
”のぞいてみよう”と書かれた大きな穴を覗きながら右下の小さな穴の中(”しゃしんをとってみよう”と書かれたところ)にカメラのレンズやスマホ等のカメラを向けます。
すると。。。。。
DSCN1400.jpg
いざ、出陣!!
戦国武将に変身!
こんなのも撮れます↓
DSCN1401.jpg
写真撮影OKはこのコーナーのみとなりますのでご注意ください

御子孫や関係者の方に怒られてしまうかもしれませんが茨城県の歴史を作ったのは、水戸徳川家よりもむしろ戦国時代に常陸の国を支配した小田氏や佐竹氏ではないかという気がしてきました。本当の茨城県を知るにはもっともっと、広く深く茨城県の歴史を紐解いていく必要は大いにあるかもしれません。
・・・あ、ちょっと重すぎました^◆^;

さて、公園として整備されたはずの歴史広場は資料館から歩いてすぐです。りんりんロードを歩いて行くとすぐ分かります。
DSCN1407.jpg
資料館を訪問したらこちらも観ておきましょう
残されていた歴史的資料や文献、そして発掘調査の結果に従って復元されています。
広場からは筑波山や宝篋山(ほうきょうざん)を望むことができます
DSCN1412.jpg

展示資料館をご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、庭園の池も忠実に復元されました。
DSCN1419_2017030920434070f.jpg

この池からのお薦めビュースポット
DSCN1420.jpg

公園内はとにかく広く、ただ歩くだけでも足の運動によいところ。
疲れたら園内の東屋で休憩しましょう
DSCN1418.jpg
この遺跡から発見された建物跡から、柱の位置や大きさを割り出して復元されたものだそうです。

少々、高台の位置に古い碑=小田城址と刻まれた石碑がありました。
DSCN1422.jpg

DSCN1423.jpg
文字の方は薄れて解読不可能ですが、石碑の古さからしてもしかすると国の史跡指定を受けた昭和10年の頃?
石碑が建っている場所から広場を見渡すとこんな感じです
DSCN1424_20170309204956b34.jpg
国、敗れて山河あり・・・・か( ̄- ̄)

ゆっくりと時間を忘れ、ここに立っているとこの地に息づいていた常陸小田氏の武将や民の息吹が、もしかしたら風に乗って聞こえてくるんじゃないか?!そんな思いがふと脳裏に浮かびました。

小田城跡歴史ひろば
茨城県つくば市小田2377
歴史ひろば案内所(展示資料館) 9:00~16:30
入場料 無料
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館、その翌日が休館)、祝日の翌日、年末年始



今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/09 21:07 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(2)

筑波山梅林を歩く~デジブック編

久しぶりにデジブックを作成してみました
記事では伝えられなかった筑波山梅林の様子をアップいたします。
既に公開済みの画像も併せ、どうぞご覧ください!


おまけ:フォレストアドベンチャーをちょっぴり覗き見
筑波山梅林隣にあるアスレチック・テーマパーク施設:フォレストアドベンチャーつくばを横目でちらっと覗いてみちゃいました
大の大人が一人で入るには相当の勇気が要るところですが、興味シンシンです。
DSCN1383_2017030623031759b.jpg

DSCN1384.jpg
筑波山の斜面と森林を利用した、体験型テーマパークといったところですね
入り口のところには、”おもてなし館”があります。
DSCN1375_201703062303131bf.jpg
梅まつり期間中はイベント広場として使用されているスペースの上にあります。
ふらっとお茶したくなった時や、”周辺でどこか面白いところないかな?”と情報を入手されたい方はご利用ください!
市内の観光スポットで使用できる割引券もあります
DSCN1376_20170306230314608.jpg

私もお茶を
DSCN1377_20170306230315623.jpg
コーヒー(ドトール)と、筑波山の形をしたブルーベリー入りソフトクッキー。
やっぱり最後は、”花より団子”?!(笑)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/07 20:59 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

筑波山梅まつり~梅林を歩く②

頂上の東屋で景色を堪能し、筑波山の素晴らしい空気を吸いつつの梅林散策(*´∀`人 ♪
山道歩きの疲れも忘れ、いつしか息切れも治まって(笑)偕楽園のそれとはまた違う良さを噛みしめていました。
DSCN1332_20170306221350264.jpg

DSCN1325.jpg
こんな道もすっかり慣れちゃったo(^▽^)o
あちらは平地、そしてこちらは山道という点の他、大きな違いはワンコの吠える声が聞けるところかな。
(こちらは犬同伴OKのようです
でもどちらもそれぞれの”良さ”があります。
DSCN1327_20170306220816a86.jpg
”偕楽園の好文亭に激似じゃん?”みたいな
前回の記事で訪れた東屋の展望台です。

「そういえば、赤い梅が少ないね」と、誰かが言ってるのを散策中、耳にしました。
確かに見渡せば、白の割合が多いような気が。
つい、赤い梅を探してしまいます
DSCN1339_20170306221554cb2.jpg
赤いのはもう、見頃を過ぎたかな?といった感じ。ですが遅咲きのものもあるようです。
紅白の梅よりも開花が一足早いはずの蝋梅も、数こそ少ないながらもまだ残っていました。
DSCN1342.jpg

春はもう、そこまで来ているんだなあ。。。ということを実感させられる、この梅の色
DSCN1345_20170306221556829.jpg

貴重(?)な紅梅も一緒に
DSCN1363_20170306221557bd0.jpg

やっぱり、圧倒的に白い梅が多いのかな?
DSCN1364_201703062215598e7.jpg
今週中か週末あたりには白も満開となるでしょう
観梅するならまさしく、”今でしょ!”

梅林を一通り散策し終えた後は、梅林入り口の休憩所で一休み( ^ω^ )
お土産やお弁当の販売と、梅茶の無料サービスが行われています。
DSCN1365_20170306222406d32.jpg

週末はイベントデー!
イベント広場では、つくばの伝統芸(?)「ガマの油売り口上」が行われていました。
DSCN1370.jpg

で、私はつくば名物(?)の”つくばうどん”など。
DSCN1372_201703062224098a9.jpg
丁度、ランチタイムになろうとしていましたので(´∀`*;)ゞ
これが、”つくばうどん”であります。
DSCN1373_2017030622241030d.jpg
ペースト状の梅肉トッピング。要はけんちんうどんです。つくばの地鶏やつくばで獲れた野菜がたくさん使用されています。
文字通り、”つくばがたっぷり詰まった”うどん
では、いただきましょう(^0^)/~
DSCN1374_201703062224129d1.jpg
梅肉はスープに溶かして食べましょうぴりっとくる酸味と塩味が、疲れを癒してくれます。
勿論、お好きな方はそのまま舐めてもOK。
苦手な方は断ることもできます。

さて、再びステージが始まりました。
今度は福来七味唐辛子の口上、これは初めてだな(〃▽〃)
DSCN1381_20170306223455db8.jpg

つくば特産の福来みかんの皮等を混ぜたオリジナル七味唐辛子です。これにも口上があったのね(=∀=)
「ガマの油売り」が有名で、こちらはあまりイベント会場でもお目にかけないので知ってる方は少ないのかな?
貴重なものを見せていただいて、ありがとう
DSCN1382_201703062234570b4.jpg
尚、現物は筑波山神社の参道にある売店で販売されていますので興味を持たれた方は買ってみて

筑波山梅まつりは今月の20日まで開催されています。期間中は様々なイベントも行われていますので梅の花とともに楽しまれてみてはいかがでしょう
DSCN1387_20170306224438e3e.jpg
あったか囲炉裏でお餅を食べながら梅の花見などいかがですか?
期間中の土日のみ、10:00~15:00の時間帯に行われています。
スタンプラリーも行われています。ご家族で、気の合う仲間で是非!!
情報はコチラで→http://umematsuri.jp/
期間中は駐車場付近かなりの混雑&渋滞です。くれぐれも事故等起こさないよう十分、お気をつけてお越しください!

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/06 22:53 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

筑波山梅まつり~梅林を歩く①

日本ジオパーク認定後、初の訪問となる筑波山探訪は梅林となりました
大好きな筑波山とともに迎える春、とても素敵です
DSCN1279_20170305202733d7c.jpg

貴重な紅梅をパチリ
DSCN1281.jpg
事前に確認した開花状況によると、紅梅の方は数日前に満開となりそろそろ後半となりつつあるとのこと。
白梅は間もなく満開です。
筑波山の梅林は、意外にも紅梅が少ないしそろそろ開花を終えてるものもあちこちで見られましたのでこうして開花しているのは貴重なのです
まずは頂上の東屋目指して登っていきます。
DSCN1283.jpg

DSCN1291_20170305202737341.jpg

偕楽園では味わえない、筑波山梅林の醍醐味はなんといってもこういった景色が楽しめるところかな
良い足の運動になりますので、普段運動不足の私には結構、、刺激ですが
DSCN1294.jpg
昨年夏に女体山登頂した経験が役に立ちましたね(´∀`*;)ゞ

息切れしつつ登っているうちに、ようやく目的地に到着。
DSCN1299.jpg

古民家風の東屋展望台から見渡す景色はやっぱり格別です(〃▽〃)
DSCN1301_20170305205115800.jpg
下に広がるつくば市や土浦市の田園風景や街中、そして遥かに霞ケ浦。。。
でもこの日はもやの為、霞ケ浦までは見られませんでした。
DSCN1302_20170305205117387.jpg

DSCN1307_201703052051189bc.jpg

DSCN1306_2017030521014858d.jpg
さあ、そろそろ降りて行きましょう。
足場はスロープが設置されていますので安心
お気に入りを見つけるとつい、立ち止まってカメラを向けてしまいます(#^.^#)
DSCN1309.jpg

DSCN1311.jpg

つい先ほどまでいた東屋を今一度、振り返って
DSCN1312_20170305210154cb4.jpg

下へ降りて行く間にも、撮りたい梅やアングルがたくさんありカメラを向けるのが忙しくなります(笑)
思い残しのないよう、たくさんカメラに収めながら下へ降りて行くことにしました。
DSCN1313.jpg

DSCN1316_20170305211059eb9.jpg
貴重な赤系の色(ノ´▽`*)b☆
こういった中間色もいいね♪
DSCN1320_201703052113035d1.jpg
皆さんは赤と白、どちらの梅の色がお好きですか?

筑波山梅林散策の記事、続きます。


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/05 21:17 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

筑波山梅林へ

今日(もうすでに日付が変わりましたが^^;)は現在、梅まつりが開催中の2か所の市の観梅を楽しんで参りました。
それぞれ、どこのかは。。。。茨城県民ならばお分かりですよね?
DSC_0571_20170304230635fc9.jpg

DSC_0574.jpg
↑こちらの記事は後日にあらためまして。

山麓の梅林・筑波梅林の梅まつりのレポートから書かせていただきます。
まだ画像の整理を終えていませんので今回はほんの導入、ということで失礼いたします
渋滞に巻き込まれつつもやっとの思いで筑波山の市営第1駐車場に愛車を停めることが出来た私。
さあ、どういったルートで梅林に入ろうか、と思っていると「筑波山四季の道方面」と書かれた案内板が。
DSCN1264_20170304231149e0c.jpg
”健脚者向き”と書かれていますが、実は梅林まで行く近道だったりします。
冒険心が疼き、こちらのルートで行くことに決めました
見晴らしは良いけれど、結構な勾配でほとんど登山感覚同様
DSCN1266.jpg

でも、梅林を見下ろすのってなんだか不思議な気分です
DSCN1269_201703042311526c1.jpg

山を背景に。。。いいねえ
DSCN1272.jpg
筑波梅林だからこそ味わえる醍醐味ですねこういうの(*´∀`人 ♪
イベント広場を見下ろして。。。
中央に見える建物は、「おもてなし館」(休憩、観光情報発信のコーナー)です
DSCN1273.jpg

息切れしつつ、途中気に入ったアングルを探してカメラに収めていきます。
梅林までまだ先なのに良いのか?!(笑)
DSCN1276.jpg

DSCN1277.jpg

キツイ勾配を昇って、ようやく舗装された道路に辿り着きました。
DSCN1278.jpg

さあ、これからいよいよ筑波梅林散策です。
果たして、どんな光景に出会えることやら。。。
というわけで、続きます

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/05 00:01 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

オリジナルペットボトル茶、限定発売中?!

県内あちこちで行われていたひなまつりも、今日で最終日というところが多かったようですね。
今年は石岡の雛巡りに限らせていただきましたが実は未公開の箇所もあります。
牛久市で”ピザフェスタ”が開催された日、帰りに市内の生涯学習センターに寄り道をし、市制30年記念のつるし雛飾りを観てまいりました
時期が時期だっただけに入り口をくぐるとこの通り
DSCN1078.jpg

稀勢の里関が吊るし雛に(*≧∪≦)
DSCN1080_20170303213147015.jpg
強い横綱目指して、来る春場所頑張ってください
この建物の2階ギャラリーに、雛人形やつるし雛が所狭しと飾られていましたが、写真撮影についてスタッフさんに確認をしたところあまり好ましくないような意味のことをおっしゃっていましたので撮りませんでした。
よって、画像抜きで失礼いたします

ひととおり観終え、センターを出る寸前に見つけてしまったこのペットボトル茶。
※撮影はいづれも帰宅後、自宅のお茶の間で撮影したものです。
DSCN1127_2017030321314911f.jpg
牛久市のマスコットキャラクター・ラーシク
市内の銘茶店:澤田茶園さんで製造されたそうです。
”国産茶葉100%”、しかも牛久市内特産というところで注目度UP!
”よし、買います!”と即決で買ってまいりました
DSCN1129_20170303213151de3.jpg
1本150円。ペットボトル猿島茶と同じかな?
ちゃんと、”うしく市”と表記されています。
DSCN1126_2017030321314811b.jpg
で、飲んでみたらこれがまた美味しくて(* ´ ▽ ` *)
”お茶は渋めの方がイイ”という方ならきっと、気に入っていただけるでしょう。
市販品のペットボトル茶に例えるならば”綾鷹茶”が近いかな。あれに渋みをちょっとだけプラスしたような感じです。

澤田茶園さんで購入できるとの事です。限定販売だそうですので、興味を持たれましたらお早めに
HP→http://www.ushikukankou.com/sawadaseicha.htm
※今のところ、通販は行われていません。

ペットボトルタイプだから、ドライブにぴったり♪
是非、市販化して稀勢の里関同様に牛久市の知名度UPにも繋がると良いですね(*´∀`人 ♪

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/03 21:48 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(0)

ひなまつりだよ全員集合!<後篇>

石岡まつり氏子年番町の1つ、森木町の”森木囃子”が始まりました
「ひなまつりだよ全員集合!」最後のプログラムとなります。
DSCN1223_201703012319119cc.jpg
どこのお囃子が出るのかな?と期待していたら森木町でしたか
偶然にもこの2時間前は、カフェ森樹にいたんだな
ほら、出てきましたひょっとこがヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1224_201703022145158f9.jpg

思い切り、至近距離
DSCN1227_20170302214517bbc.jpg

DSCN1230_2017030221451861d.jpg

ひょっとこが楽しくステージを盛り上げ、ボルテージが上がったところでおかめさん登場!
DSCN1232_201703022145196ac.jpg

しなやかに、たおやかに
DSCN1235_20170302214521695.jpg

そして、子どもたちの中での人気ナンバーワン!!
狐の舞いであります。
DSCN1239_201703022233173c0.jpg

DSCN1236_20170302223815b98.jpg

さらにお獅子まで登場!
DSCN1246_201703022242340ae.jpg

もう一体も登場!
DSCN1248_20170302224236391.jpg
森木町は幌獅子を所有していないので、普通の獅子舞です。
でも獅子頭の登場で、すっかり”プチ石岡まつり”のようになりましたヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1247_20170302223321440.jpg
頭かみかみ
御利益あるといいね( ^ω^ )
DSCN1244.jpg
頭が良くなりますように・・・・と、写真の女の子が思ったかどうかは知りません

泣く子どもは一人もいません。きっと、”頭を噛んでもらえば良いことが起こる”というのを信じているからでしょう。
怖がるどころか、逆にお獅子を追いかけ「頭噛んでくださぁ~い!!」と叫ぶ女の子のグループがいたくらいです。
さすが石岡まつりで大きな獅子頭に慣れっこになっている石岡市民(笑)

お祭り大好き人間が集まった、石岡市の駅イベントはやはり、お囃子で締めとなりました。
DSCN1250_20170302224237ca0.jpg
これにて大団円。
「石岡の美味しいもの・楽しいこと大集合!」をキャッチフレーズに行われた今回のイベント。
途中からで”美味しいもの”は味わえなかったけれど、楽しいことをたくさん、御馳走様でした

おまけの画像:からくり時計
今回は撮ったことのない位置より。
DSCN1201_20170302225325285.jpg

DSCN1203_201703022253280b2.jpg

DSCN1205_201703022253299d9.jpg

DSCN1206_201703022253314a4.jpg
やっぱり、これがなくちゃ石岡駅じゃない!(笑)
演奏が始まると、ついハイテンション♪涙すら出てきます

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/02 22:57 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

ひなまつりだよ全員集合!<前篇>

石岡記事が続きます。大目にみてください(笑)

先週の日曜日、石岡駅のステーションパーク(からくり時計のあるところ)で雛巡り同時イベントとして
開催された「ひなまつりだよ全員集合!」
DSCN1189_20170301222400577.jpg
午前中のうちから開催されていましたがこの時既に午後1時過ぎ。でもせっかくですからちょこっと覗いていくことにしました。
おお、やってますねえ
DSCN1192.jpg

DSCN1193.jpg
石岡市のキャラクター:恋瀬姫がお出迎えですか
飲んで食べて、皆さんすっかり盛り上がってます。
DSCN1194_20170301222405872.jpg
フードコーナーがずらりと会場を囲んでいました。
既にお腹は満たされていましたから、こういったフードコーナーは観るだけ(笑)
DSCN1195_2017030122240672e.jpg
御幸通り突き当たりにあるお弁当やさん”たやま”さんも参戦ですね
参加された市内のお店は他にも!
DSCN1197_20170301230815ec3.jpg
居酒屋浪漫さんでは、唐揚げやミニお好み焼きを販売。
空腹にしておくんだったなあ
DSCN1199_20170301230817681.jpg
御馴染、石岡あきんどの会さん出店みそ焼きそば
石岡市内のイベントではレギュラーですね♪
今回は無料試食タイム付
DSCN1200_201703012308177ab.jpg
”無料”という言葉の魔力は凄いね
私の場合、別なイベントの時に食べましたが真面目に美味しいですよこれは。皆さんも機会ありましたら是非!!

ステージイベントも着々と進み、キッズダンスの時間となりました。
DSCN1210_2017030123081902f.jpg
可愛いキッズダンサー達が続々登場!!
DSCN1213_20170301230820978.jpg
時には色っぽく(* ´ ▽ ` *)

DSCN1216.jpg

そして躍動的に。。。
DSCN1215_20170301231907910.jpg

最後はみんなで”恋瀬姫わっしょい”♪
DSCN1220_20170301231909709.jpg
みんな、お疲れ様~

キッズダンスが終了し、ラストプログラムとなりました。
最後はやはり、”お囃子”でしょう。
DSCN1223_201703012319119cc.jpg
今回のお囃子は”森木町”。
実は私、このイベントで一番楽しみにしていたのがこのお囃子なんです( ^ω^ )
石岡、といえば”石岡まつり”ですもんね♪

というわけで後編で、その模様を詳しく書かせていただきます

本日のおまけ画像:石岡駅より
DSCN1196.jpg
やっぱり、このショットが一番好き!
駅前ロータリー工事、早く終わらないかなあ。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/01 23:28 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-