INDEX    RSS    ADMIN

HAPPY ハロウィーン!!

今夜はハロウィンナイト

皆さん、素敵な夜をお過ごしください
roomnew.jpeg

たまには手抜きしますm(__)m
では、おやすみなさい
キャプチャ
↑適当にダウンロードして遊んでください(笑)
スポンサーサイト

ちょっくら、建設フェスタ

茨城県建設未来協議会という団体が主催となり行われている毎年恒例の行事、「建設フェスタ2016」が本日10月30日(日)、笠松運動公園にて開催されました
DSCN8813_20161030211045fb0.jpg
毎年、このイベントが行われているのは知っていましたが、今回初見物
この日は午前中ひたちなか市内にて用事があり、それが済んだ後は日立市へ向かおうとしていたのですがその途中に、
「建設フェスタ→」という看板が立っているのをみつけまして
・・・これが噂の(?)建設フェスタか、ちょっと寄ってみますか!
という気持ちになり、丁度お腹も空いていたので(焼きそばくらいはあるっしょ、みたいな感覚で)寄り道してみました。

~「建設フェスタ2016」は茨城県内の公共団体や建設産業に関連する各種団体が一体となって、県民の暮らしや経済活動に不可欠な社会資本整備の重要性と建設産業の魅力を広く県民に伝えることを目的に開催します。

建設機械や車両の乗車体験、消波ブロック作り、ミニ上棟式(もちまき)などの他、親子で楽しめるゲームなどの楽しい企画が盛りだくさん。観て!触って!体験して!
「建設」の世界を家族みんなで楽しめる国内最大級の建設系イベント~

茨城県建設未来協議会さんのHPで、イベントについてそのように解説してありました。
日常生活において欠かせないし馴染のあるはずの世界のようでも、ちょっととっつきにくく難くい世界・・・というイメージの建設業界ですが、誰もが親しみを持てるようにこのような企画が生まれたのでしょうか。
DSCN8806.jpg

DSCN8814.jpg
超・人気だった展示車両の体験乗車。
長蛇の行列でした。
DSCN8825.jpg

体験乗車やアトラクションコーナーは、どこへ行っても行列覚悟です
DSCN8817.jpg

DSCN8818_20161030212206439.jpg

DSCN8819_20161030212208083.jpg
「道路工事の作業をしている人達は、どんなお仕事をしているのだろう。。。」
「どうして道路を直さなくちゃいけないの?」
「どうしてコンクリートを塗るの?」
等の疑問を持つ子供さん達も少なくないと思います。
こうした疑問を解決し、”なるほど、そうか!”と理解、そして興味を持つようになってくれることがこのイベントの目的の一つなのかな?と、勝手に想像。
DSCN8826.jpg

1分1秒でも速く、的確に!
上手く運べるかな?緊急物資輸送ゲームでした。
DSCN8832.jpg
被災者が待つ避難所まで、障害物を乗り越えたくさんの救援物資を落とさずに速く届けなければなりません。
頑張って!!

DSCN8835.jpg
ワークショップ:消波ブロックをつくろう!
そしてその隣は実験コーナーです。
防波堤がある港と、ない港。
津波が発生したらどうなるかな・・・?
DSCN8838.jpg
防波堤は何故、必要なの?という説明を子供たちにも分かりやすく解説しています。
シュールな潜水士人形が私の目を惹いた(笑)
DSCN8839.jpg
潜水士が被っているヘルメットの試着コーナーでした。
楽しいアトラクションもたくさん、用意されていたようです。
ワークショップも♪
DSCN8834.jpg
ねんどでまちづくり

DSCN8842_20161030214327f85.jpg
親子で創る、ストローハウス
そしてこちらはツリーつくり
DSCN8843_20161030214328df5.jpg

DSCN8845.jpg
親子で協力し合って、一つのものを完成させる・・・
素敵ですね

なんといってもお楽しみはこれかな?ミニ上棟式
DSCN8812_2016103021543025f.jpg

DSCN8811_20161030215428d8c.jpg
撒き餅が行われる前に私はここを離れ、移動しましたからミニ上棟式の模様をみていませんがこの「建設フェスタ」のメインイベントのようなもののようです。

ざっと会場内を一周した印象は、
「楽しみながら学ぶ。」というイメージかな?
家族で遊び、楽しみながらいつの間にか土木・建設関係について知ることが出来るというわけで。
これまで興味のなかった人達も、興味を持つきっかけとなりそうです。
今日、イベント会場に来場されたお子さんの中で
「僕(私)、大人になったら土木の仕事やりたい!」
という子がもしかしたらいたかもしれませんね♪
あるいは、
「国土大臣になりたい!」
なんて、大きな夢を描く子もいたりして(笑)

余談ですが、会場で販売されていた焼きそば。
なぜか凄い人気で私の後ろに並んでいたお客さんで品切れとなってしまいました。
DSCN8844.jpg
昭和の味がする、素朴で良い味。。。
ごちそうさまでした

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

石岡ステーションパークのからくり時計、フル動画初撮影!

石岡駅に到着したのは丁度、午後3時になろうとしていたところ。
・・・あ、そういえば”アレ”が始まる・・・!
と、石岡駅の改札口前を通り西口に出る前に隣接のステーションパークで寄り道していくことにしました
言うまでもなく、石岡駅名物のからくり時計が動くところを観たかったのです( ^ω^ )


今回は動画で失礼いたします。初めてフル撮影しました。
さあ、始まり始まり
[広告] VPS


やっぱり、これがなきゃ石岡駅じゃない!
なんちって
DSC_0139_20161029162451423.jpg
ステーションパークから下る階段最上階の踊り場から駅舎を撮影
正面には筑波山。晴れてる日ならもっとはっきりと見られます。
石岡駅の駅舎はここからのショットが良いかも☆
ロータリー工事、早く終われ(笑)

観光案内所脇にある展示スペースの中の山車・獅子は来年の年番町・青木町の山車に差し替えられていました。
DSCN8770.jpg

DSCN8771_201610291624533a2.jpg
来年のおまつりまであと11ヶ月、早く来い来い石岡まつり(笑)

獅子頭もついこの間まで宮下町のが置かれていたけれど、幸町のものに入れ替わっていました。
DSCN8772.jpg

石岡駅がなんだか、すごく素敵になっていくという感じ(*´∀`人 ♪

余談ですが、次回の石岡市内イベントは石岡駅から徒歩移動可能な場所で行われます。
IMG_20161029_0001.jpg
いしおか商工祭
2016.11.6(日) 
10:00~16:00 いしおかイベント広場にて開催!

JR石岡駅より徒歩約10分、石岡まつり時に駐車場として利用される公園です。
和太鼓演奏や舞踊等のステージイベントの他、飲食コーナーも出るらしい。。。
チラシを見る限りだと、ビンゴ大会も行われるようです。
興味を持たれた方は是非、お出かけください(* ´ ▽ ` *)
私も、行けたら行きます(笑)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

かしてつバスに乗ってみました!

石岡ふれあいまつり会場を後にして、再び石岡駅へ戻ります。
無料のシャトルバス乗り場へはあえて行かず、こちらでバスを待つことにしました( ^ω^ )
運動公園脇にある公園を背にした、すぐそこで。
DSCN8750.jpg

バス停の名前は、「東田中駅」。
2007年に廃線となったローカル鉄道・鹿島鉄道在りし日の駅です。
DSCN8755.jpg
鹿島鉄道、略称かしてつ。
営業していた頃の駅名と同じ名前で、今はバスの停留所となっています。
停車するのは勿論、バス。
DSCN8752_20161028220114dc7.jpg
常陸小川・鉾田方面行きバス停車中。
でも私が乗ろうとしているのは逆方向
料金が貼りだされていてありがたや
DSCN8753_20161028220116c90.jpg

鹿島鉄道が廃線となって数年後、線路は撤去され代わりにバス専用道路として利用されることになりました。
乗用車等他の交通に邪魔されない、バスだけの道路です。
動きを止めるのは信号だけ。だから渋滞知らずでいいね♪
DSCN8758.jpg
ちゃんと遮断機ついてるんだなんだか懐かしいぞこの光景。
この道路、10年前は線路でここを電車が通っていたのかと思うと感慨無量。。。。。
DSCN8761.jpg

この東田中駅、紫陽花が開花される頃は綺麗なんだと思います。
でも今は残念なことになっています
DSCN8759.jpg

さあ、石岡駅行きがやってきました\(^o^)/
DSCN8765.jpg
鉄道時代は確か、単線で片側ホームだけだった気が。
バスに変わってからは上下線ちゃんと分かれているのね(* ´ ▽ ` *)

乗車してみると、思った通りの元・鹿島鉄道路線を走ってくれました。あの当時のルートですが途中、鉄道時代にはなかった新たな停車場も加わり、利用しやすくなっているみたいです((⊂(^ω^)⊃))
そして終点・石岡駅へ到着!
DSCN8649_20161028222552922.jpg
あっという間のバス旅でした。
もっと乗車を楽しみたかった気がするけれど残念ながら今回は目的はナシ。
いつか本格的にかしてつバスの旅を楽しんでみたい気持ちが高まりました。1日フリー切符もあるようですし。

かしてつバス乗り場は石岡駅東口。
からくり時計のあるステーションパークや御幸通りとは逆の出口になります。
DSCN8648.jpg
こちらが発着所。
で、鉄道時代のリアル発着所は現在、こうなっています
     ↓
DSCN8768.jpg
石岡駅から乗り換えていた石岡始発のローカル鉄道がここから出ていたんだ、リアルタイムでかしてつ(鹿島鉄道)に乗車した、という記憶を持ってる人は数十年もするといなくなってしまうんだろうなあ。。。
かしてつ廃止後に生まれた人達が果たしてこれを見て、”昔、ここから電車が出ていたんだよ”と言われても納得できる人が何人いらっしゃるでしょうか。。。
在りし日の鹿島鉄道に乗車したという人は、歴史の証人と言えましょう(笑)

まあ、どんな形であっても”かしてつ”という路線が蘇ってくれたことを感謝したい私でした。
DSCN8653_20161028222554ed7.jpg
シルバーのボディに白い文字でひらがなの「か」が目印です。
かしてつバス、機会がありましたらどんどん利用しましょう!
DSCN8652_2016102822455960b.jpg
ここからまた、新しい旅が始まる。。。。。

かしてつバス停留所(関東鉄道グリーンバスHP内)

【本日のおまけ】
鹿島鉄道在りし日の動画をYOU-TUBEで見つけてきました。丁度今回記事で書かせていただきました石岡~東田中の部分が登場しています。よろしかったらご覧ください(*´∀`人 ♪
※動画投稿者、またはサイトの事情により削除される場合があります。

在りし日の鹿島鉄道(石岡→常陸小川)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

石岡ふれあいまつりへ行ってきました!<3>

石岡ふれあいまつり記事、そろそろ締めなければ。。。(^◆^;)

お腹も空いていましたし、ここで遅めのランチをとることにしました。
一旦、体育館の外に出て何か美味しいものを

石岡市内のイベント会場で最近、ちょくちょく見かける”石岡あきんどの会”考案の「石岡みそ焼きそば」初トライ!
DSCN8709.jpg
昨年の「土浦カレーフェスティバル」でも出店されていました。
え~?味噌ぉ~?
という先入観があり、これまでスルーしていたのですがこれでは話のタネにもならない!
ということで、食べてみることにしました。
包装紙の恋瀬姫が、
「食わず嫌いしないでとにかく食べてごらんなさいよ」
と、話しかけた気がしましたので(笑)
DSCN8711_20161027215826491.jpg

たれに使用したソースは石岡市内の味噌店”小倉味噌”(高浜)の商品・こがねみそだそうです。
DSCN8712_201610272158274c8.jpg
では、いただきます(^-^)/~
味噌独特の濃い発酵臭がするのかな?と思いきや思ったよりもあっさり塩味です。
むしろ、塩焼きそばに近い感じ。
あっという間に食べちゃいました
ドリンクはウーロン茶が似合います

会場内で行われていた”米つかみどり”大会。
DSCN8667_2016102721582215e.jpg
午前10:00台で既にこの通りでした。
DSCN8668_20161027215824235.jpg
この勢いでは果たして、間に合うだろうか。。。と思いつつ、幸いスタンプはすぐに集まり
”いざ!つかみどりへ”
と思っていたところ。。。
                             
DSCN8739(1).jpg

DSCN8739_201610272217029f0.jpg
そりゃねーぜ、ベイビー
スタンプを押してくださったお店の方、無駄にしてしまって誠に申し訳ありません

気を取り直し、再び体育館内サブアリーナのステージイベントへGO
今度はフラダンスのショーです。
DSCN8714.jpg

それも、サックスの伴奏付で。
DSCN8719_201610272216585dd.jpg
DSCN8720.jpg
サックス演奏を伴奏に踊るフラダンスって、ありそうでこれまでなかったので新鮮味がありました。
癒しのハワイアンメロディーと、ムーディーなサックスの音色。。。
まるで穏やかな海岸にいる気分になり、心地よくうたた寝してしまいそう。。。
後半は生ボーカルも入り、石岡市内で活躍されている歌手の方も参戦!
DSCN8735.jpg

歌とサックス、そしてフラダンスのコラボレーションで最後は”花は咲く”
DSCN8736.jpg
癒しと和みのステージが終了しました。
ステージ演奏とフラダンスの皆さん、お疲れ様でした
この後、ステージでは踊正太郎さんの2回目の演奏が行われることになりますがその前に移動。
このあたりでぼちぼち、私は引き上げ

グルメとお買い物、ワークショップにステージイベントetc。。
振り返ればいろいろあった、ふれあいまつり。
DSCN8701.jpg
牛乳パックで作るペン立て。体育館内メインアリーナにて。
バザーも行われていました。

石岡で代表的な味噌店・ミツウロコ味噌も参戦!
DSCN8706.jpg

スーパーやコンビニでは絶対売ってない、”400LT”が売ってたのが何よりうれしかったです
DSCN8749_201610272231127bc.jpg
話題の400LTが買えるのは、ヤクルト屋さん(配達含む)から直接でしか買えません。
よくぞ出店してくださいました

なして選挙のPR?
DSCN8670_201610272231081ba.jpg

年齢層を越え、家族で楽しめる石岡ふれあいまつり
ほのぼのと、楽しませていただきました

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

石岡ふれあいまつりへ行ってきました!<2>

イベントは体育館の中でも開催していました
11:20より、体育館内に設けられたサブアリーナのステージで楽しみなイベントがありましたのでお腹の空きを少々、我慢し体育館の中へ移動
DSCN8740.jpg
DSCN8741.jpg

11:20より、盲目の三味線奏者として知られる踊正太郎さんの津軽三味線ショーが行われるのです
この日楽しみにしていたイベントでしたp(*^-^*)q
DSCN8680.jpg
「本日は、高い位置から皆さんを見下ろす格好で失礼いたしま~す!」
とのMC。温かい人柄がうかがえます。
彼は石岡市ご出身。生まれながら盲目でしたが6歳の時に三味線を始められ16歳で全国大会デビュー、盲学校高等部を卒業と同時に青森へ渡り、三味線奏者の山田千里氏に師事。1997年、98年、99年に開催された津軽三味線全国大会ではいづれも優勝、三連覇を果たし2008年に開催された津軽三味線日本一決定戦において見事一位を獲得した実力者であります
彼の速弾きテクニックは特にすばらしいヽ(≧∀≦)ノ
巧みで速い指の動きには感動させられました
DSCN8681_20161026195618e68.jpg
動画、撮影すればよかった
でも彼の演奏は、YOU-TUBE動画でご覧いただけます。
※動画投稿者の都合またはサイト上の事情により削除される場合がありますのでご了承ください!

素晴らしいひとときを、ありがとう

踊正太郎さんの演奏が終わった後、体育館内で行われているもう一つ(実はこちらがメイン)を廻ります。
DSCN8682_2016102619561850f.jpg

いろいろな業者・団体さんの商品が展示販売されていたところ。
入ってすぐ、石岡市の最高級伝統工芸品とも言える、獅子頭が目に留まりました。
DSCN8683.jpg

石岡のお祭りに欠かせない獅子頭。
種類いろいろあり。
DSCN8707.jpg

DSCN8693_2016102622031970a.jpg
床の間に飾ったら高級感たっぷりですね
でも、お金が足りない何しろ1個10000円からするのです。鑑賞のみとさせていただきます(笑)

こちらでは、畳を使ったゲーム
DSCN8684_20161026220026380.jpg
畳工業さんのコーナーでした。
他、畳で作った小物の販売も行っていました。
DSCN8705_20161026220758789.jpg

なぜか自然に目が向いてしまうこのコーナー
DSCN8685_20161026220027d20.jpg
石岡の地酒コーナー
恋瀬姫(石岡市の公認キャラクター)ラベルがあるじゃん(*≧∪≦)
DSCN8686_20161026220028102.jpg

すっかりおなじみの銘酒がいっぱいです。
DSCN8687.jpg
車での来場者を考慮してか、珍しく試飲は行っていませんでした。
たまたま、誰もいなかっただけかな?
そのお隣ではいしおかサンド発売中(* ´ ▽ ` *)
DSCN8688.jpg
ハロウィン限定のブルーベリーブッセ
最後の残り1個だということで、即買いでした(笑)
DSCN8746.jpg
ハロウィンをイメージしたのか、色合いが少々不気味。。。
DSCN8747_20161026220324251.jpg
でも食べては美味しいの(´ω`人)
余談ですが、来る11月初めに新商品が発売されるそうです
DSCN8690_20161026222614ac1.jpg
福来みかんとチーズケーキだってo(≧ω≦)o
11月7日から20日まで、期間限定ですがまちかど情報センターとこのいしおかサンドを製造されるぶれっどのケーキ屋さんで発売されます。忘れないようにメモしておかなくちゃ(笑)
DSCN8689.jpg

石岡ふれあいまつり記事、もう少し続きます

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

石岡ふれあいまつりへ行ってきました!<1>

石岡ふれあいまつりが去る10月22・23日の2日間にわたり、石岡運動公園および体育館にて開催されました
私は1日目の10月22日(土)に足を運びました。
イベント案内
22日に開催されるイベントで、楽しみにしているものがありましたのであえてこの日に。
でもあいにく、1日中雲で覆われた空模様となってしまいましたが

無料シャトルバスを降りると早速、梯子消防車に乗って遊ぶ子供たちの姿が目に留まりました。
DSCN8654.jpg
喜ぶ子供、そしてその姿をスマホで追う親。
つい顔がほころぶ、微笑ましい光景。。。
DSCN8665_20161025214630197.jpg

親子で遊べる無料体験コーナーもありました
こちらは丸太切りですね♪
DSCN8659_20161025215344303.jpg

DSCN8660.jpg

石岡市都市建設部下水道課・家庭排水浄化推進協議会のブースにて。

DSCN8657_20161025215341d49.jpg
川の水を再現。一番汚れているのは何番の水でしょう?

①は水中のプランクトンやごみを食べて生活する微生物が発生している状況なんだそうです。①から右にならんだものはその微生物によって浄化されていったものだとか。そして③の濁りは家庭より出される排水が溶けているもの。
・・・ってことは。。。。?お分かりですね
他にもクイズがいくつかあってそれに答えると、下の画像にある市内の下水道蓋のイラストと同じデザインの缶バッジがもらえます
DSCN8658.jpg
DSCN8656_2016102521534070c.jpg
合併して10年経過した今でも、石岡・八郷町はそれぞれ分かれているのね。

まるで学園祭のように、いくつもの業者や市の団体がお店を連ねた運動場・体育館周辺。
クイズを楽しんだ後は、待望の食べ歩き(笑)
DSCN8666_20161025215457b68.jpg
この日最初のお買い物、
ながいさんのバナナクレープとかしてつバスクッキー(6枚入り)
ながいさんのバナナクレープは、見つけた時は必ず購入しています(´∀`*;)ゞだって、美味しいんだもん♪

まだランチタイムには早いけれど、お腹を満たすものも既に販売開始!
DSCN8661_20161025222951242.jpg

お!なんだか珍しいものがあるな(#^.^#)
「古墳発掘カレー」だって!
DSCN8662_20161025222952a09.jpg
古墳というのは、市内にある舟塚山古墳のこと。それをモチーフにしたカレーだそうですが。。

うん。確かに前方後円墳だ
DSCN8663_20161025222954de2.jpg
面白いこと、考えたなあ。。。
結局、今回食べたのはこれじゃなくて別なメニューだったのですがこの数時間後、リアルな古墳を観に行くことになります。
その記事は後日に
誰か、このカレーを召し上がられた方いらしゃいますか?

ランチ時にはモツ煮も盛んに宣伝していました。
DSCN8664.jpg
これからの季節はいいよね♪

別な場所では、焼き肉が超・人気
行列できていました。ある人が”30分待ち”だと言ってたっけ。
DSCN8674.jpg

DSCN8676.jpg
石岡市養豚協会の焼き肉、1皿100円。肉のイラストが漫画っぽくていいね(* ´ ▽ ` *)

対するこちらは常陸牛。
DSCN8675_2016102522425102e.jpg
茨城が誇るブランド牛、だから負けていられない!!

DSCN8708_20161025224928227.jpg
それにしてもすごいね豚と牛が競り合ってる!!

でもやっぱ、石岡に来たらまずフルーツでしょ
DSCN8671_20161025222957c4c.jpg
カットフルーツが気になって気になって(´∀`*;)ゞ
梨は石岡のブランド梨、恵水。”これ絶対、食べてやる!”と思っていたやつですp(*^-^*)q
DSCN8738.jpg

1個GETしました!
DSCN8673_20161025224248371.jpg
梨と葡萄、なんて贅沢な組み合わせ(〃▽〃)
甘くて美味しい~~!(*≧∪≦)
DSCN8679.jpg
ただ、欲を言えば。。。
梨は新鮮なうちに食べたかったかな時間が経過したのか、少々変色気味で乾燥しつつあった点がちょっと残念。
もぎたてをかじったらさぞ、美味しかったのでしょうね。。。

DSCN8743.jpg
グルメとアトラクションを楽しむ、石岡ふれあいまつり。
レポート記事、続きます。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

朝日立つ浜の・・・~県北芸術祭:日立市⑧

県北芸術祭の記事に戻ります∠( ^ o ^ ┐)┐
高戸海岸から国道6号に出て、そのまま南下しました。せっかくの晴天でしたから”完全・海スペシャル”で統一しました。
この日、最後のコースとなる場所は日立市の小貝ヶ浜というところです

夕方だったにも関わらず、駐車場は満車状態。。。
タイミング良く1台の車が出てそこに置くことができ、歩いていると景観の素晴らしさにびっくり!!
DSCN8618_2016102421472330e.jpg
あらま~、素敵じゃないの~!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

DSCN8619.jpg
DSCN8622.jpg
絵になる景色というのはまさにこのこと。
こんなに素晴らしい景観があるのに、日立市何故もっと積極的に宣伝しないのだ?(笑)
(※日立市の皆さん、大変失礼いたしました^^;)

この太鼓橋を渡っていった林の中に、展示作品があるようです。いざ!
DSCN8623_20161024214727b12.jpg
結構、急ですよ勾配

海岸と、正面にある松の木林一帯が「茨城百景」に認定されているそうです。
確かにそれだけの値打ちがあると思います。
まあ、欲を言えば遊歩道をもう少し歩きやすく整備してもらえたら嬉しいな。。。
DSCN8626.jpg
この画像では御理解が難しいかもしれませんが、林の中からの眺めも素敵なんです(* ´ ▽ ` *)

さて、ここ小貝ヶ浜緑地に展示されている作品というのがコチラ。
DSCN8625.jpg
突如現れた、木材のオブジェ
丸太が150本、陶ブロック3000個、スチールパイプ40本が組み上げられています。
作品名は「朝日立つ浜の産土神(うぶすながみ)の御座(みざ)」。
DSCN8628.jpg
DSCN8629.jpg
神様でも呼び寄せるような、まるで何かのおまじないのような宗教的なものを感じる作品です
つい合掌してしまいたくなりそう
浜から上がる「朝日」と、地名である「日立」をかけ、土地の守り神である「産土神」の居場所、という意味だとか。
DSCN8631_2016102421582308c.jpg
「日が立ち上る景色は城内一!」と、徳川光圀公が褒め称えそれが地名の由来となったと言われている日立市。
そんな場所にふさわしいアートではないでしょうか
この作品とちょうど対称的な作品が、常陸太田市パルティホールに展示されているということですが近日そちらも見ておかねば。

帰る際に今一度、海を
DSCN8632.jpg

DSCN8633.jpg
この場所から眺める朝日は、確かに素晴らしいに違いありません。
初日の出の時もやはり、大勢の人たちが集まるのでしょうか。。。

さて、「茨城百景」の碑がこの緑地公園内にあるとのことですが、遠すぎる
DSCN8634.jpg
何しろ、最初触れたように遊歩道があまり整備されてなく全く”ありのまま”な森林ですから歩いていくのが結構、しんどくて。
今回は断念します

さて今度は元美容室の店舗だった建物の展示作品を。
「うつろ舟」に関する資料や切り抜き、模型を集めた資料館でした。
DSC_0112_20161024221359944.jpg
うつろ舟、要するにUFOです。
茨城県内でも多くの目撃情報が寄せられているようです
DSC_0113_20161024221401ca9.jpg
皆さんは信じますか?

そういえば以前、鉾田の海浜公園で「うつろ舟」なるものが展示されていたのを見た記憶があります。
記録に出ていた「常陸の国はらやどりの浜」というのが謎で、”鉾田かな?”と思っていたのですが実は最近(でもないか)の調査で波崎(現在の神栖市)だったのでは?というのが有望説になっているそうです。
参考までに→(過去の記事)http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-895.html
宇宙の未確認飛行物体や生物体に秘められたミステリー、そんなファンタスティックさに触れるアート鑑賞も面白い!
UFOに興味のある方は是非こちらも見て行かれるとよいでしょう(*´∀`人 ♪
但し、閉館時間が他よりも少々早めの16:00ですからご注意ください。

いづれも朝日立つ浜の神秘に触れた芸術作品、といったところかな?


小貝ヶ浜緑地
茨城県日立市川尻町字明神2375-2
<A-01>-朝日立つ浜の産土神(うぶすながみ)の御座(みざ)- 9:00~17:00
<A-02>--うつろ舟- 10:00~16:00

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!

にほんブログ村

水戸黄門漫遊マラソン開催に伴い、交通規制が行われます!

いよいよ号砲
告知
第1回水戸黄門漫遊マラソンが、来る10月30日(日)に開催されます
それに伴い、水戸市内では交通規制が行われることになっています。
車両の通行止めは勿論、路線バスもコースが変更になったり路線によっては運休になるものもあるそうです。
詳細はコチラでご確認ください→水戸黄門漫遊マラソンに伴う交通規制について(水戸黄門漫遊マラソンHP内)
マラソンが行われるのは殆ど、水戸市内の中心部となります。ですから当日は交通機関等にかなり影響されそうですね
お仕事の方、水戸に用事があって来られる方は何卒、ご注意ください!
又、沿道で応援に駆け付けられる方もご注意ください!

今回が第1回目となる水戸黄門漫遊マラソン、HPによるとフルマラソンの距離は42.195km
DSC_0484_2016102322125791c.jpg
水戸京成百貨店前も通ります

DSC_0816_1.jpg
茨城県庁前も

ご当地サッカーチームの拠点・ケーズデンキサッカースタジアム前もコースの中に
そしてなんと、常磐自動車道下をくぐり、イオンモール水戸内原店の数キロ手前が第2折り返し地点か
距離的には通常のフルマラソンコース並みなのでしょうが、かなり長い距離走るイメージがあります。
出場される選手の皆さん、頑張ってください

今回のマラソンに参加される皆さんが全員、無事完走できますように。。。
そして、事故も事件もなく無事にマラソン大会を終えることができますように。。。

水戸黄門漫遊マラソン詳細→http://www.mitokomon-manyu-marathon.com/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

魂の殻(Soul Shelter)・高戸海岸(小浜)~県北芸術祭:高萩市②

「日本の渚百選」に選ばれた、高戸小浜海岸。
前回の記事で書いた前浜から車で約2、3分程の場所にあります。
DSCN8587.jpg
前浜海岸の駐車場から歩いて行けそうかな?と思いましたがやっぱり厳しいかも・・・と、愛車で行くことに。
駐車場があって良かったです
DSCN8588.jpg
映画のロケにも使用されているこの海岸。
とにかく、景観が素晴らしい!!
DSCN8592.jpg
どのアングルを見ても、又どの景色を切り取っても絵になる場所なのです。
DSCN8595.jpg
右側から来る波と、左側からくるそれが中央の大きな岩のところで交差。
”出会いの波場”かな

DSCN8599.jpg
大きな岩。
寄せくる波。
DSCN8606.jpg

DSCN8608_201610222216076d2.jpg

さあ、この素晴らしい海岸のアート作品は何でしょう?
DSCN8591.jpg
一つの大きな貝殻。
人の背丈ほどあるようです
前から見ると。。。
DSCN8589.jpg
貝殻から人の指が!!
一見、ぎょっとするこのアート。
死と再生のイメージを託した作品だとアーティストは語っているそうです。
DSCN8590_2016102222012480a.jpg
やどかりのようにも見えます。
でもやっぱりアップで見ると不気味ですね

海は命の源。それを背景にこのようなアートが。何やら深い意味がありそうです。
DSCN8617_2016102222243179a.jpg
生命の源である海から一つの命が生まれ、殻に宿ります。その命はやがて終焉を迎えて再び海へ還っていく。。。
そして、再び生まれた新しい命が再び殻へ。。。
繰り返す、生命のサイクル・・・もしかするとこの作品が言いたかったのはこれかもしれないな、と勝手に自己解釈をしてみる私でした
DSCN8614_201610222224333b5.jpg
海から見ると、こんな風に目に映っているのね
人工により置かれたこの奇妙な物体を、海は果たしてどう思っているのでしょうね

キャプチャ
<高戸海岸>
茨城県高萩市高戸848-8


作品番号と見学時間
前浜 9:00~17:00 <B-05、06>
小浜 9:00~17:00<B-07>

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

空が落ちてきた海岸・高戸海岸(前浜)~茨城県北芸術祭:高萩市①

本日14:00頃、またまた日本国内で大きな地震が発生しました
今回の被災地は鳥取県、数時間経過した今でもたびたび来る揺れに今頃現地に住んでいらっしゃる人達はさぞ、精神的に落ち着かない時を過ごされていることでしょう。。。せめてこれ以上、被害が大きくなることなく重軽傷者等も出ませんように・・・と祈るばかりです

鳥取を中心とした中国地方で発生した今回の大地震は時間帯が近かったことから、5年前の3月11日の記憶と被ります。
経験したことのない大きな揺れを何度も繰り返し味わい、”もしかしたら空が落ちてくるんじゃないか・・・?”と思ったくらいでした。
DSCN8570.jpg

そう。こんな風に・・・
DSCN8572.jpg

ってのは、例えが悪いですけどね
高萩市の高戸海岸の県北アート作品の一つです。北茨城から国道6号を南下し、次に訪問したのは高萩市なのです
作品名は文字通り、「落ちてきた空」
DSCN8575.jpg
DSCN8573.jpg
作品解説を見たところによると1986年4月12日に発生したハリケーンにより飛ばされた空が落ちてきた、という想定をしてこの作品が生まれたそうです
元あった場所からハリケーンで飛ばされ、時間と空間をも飛び越えてこの海岸に辿り着いた
いわば”漂流者”というわけですね
DSCN8574.jpg
一羽のカラス(?)、「空のカケラ」の上に立ち何思う。。。

ここ・高戸海岸は前浜・小浜と分かれていてこちらは前浜。
映画のロケにも使用される、高萩きっての名勝なのです
白い砂浜と、青い海。。。たとえこの期間(県北芸術祭)でなくても一見の価値ありなスポットです。
DSCN8580.jpg

DSCN8581_20161021215709f95.jpg

DSCN8582_20161021215710f4f.jpg

で、この海岸にはアートがもう一つあるのですが。。。
DSCN8586_20161021215713484.jpg
カラーのテトラ、ビニール製です。
でも、ここからそこまで直接行けないじゃん^◆^;
DSCN8577.jpg
すぐ目の前にあるように見えますが、間は海で仕切られその上テトラが邪魔して通行できそうにないのです。
仕方がないから遠くから眺めるだけ。
ちなみにビニール製のテトラは、触れて遊ぶことができるんだって

一通りみたところで、もう一つの高戸海岸=小浜の方も足を運んでみようと駐車場に停めてある愛車のところへ戻ろうと歩いていると、砂浜で”天然のアート”を見つけました
DSCN8583.jpg
名前、なんだっけ(・・;)
少なくとも、不吉さを感じさせる花ではないのは確かですね。
DSCN8584_20161021221422db9.jpg

DSCN8585.jpg
人工のアートと、天然のアートが溶けあった素敵な空間

DSCN8578.jpg

誰が並べたのかな?
DSCN8571.jpg

このスポットも、アート作品単独でみるのではなくステージとなっている海岸の景観とセットで楽しむのが良いと思います。
高戸海岸という自然のアートにちょっぴり遊び心というアクセント、いわばトリックアート感覚で見ると面白いかな?
さあ、小浜海岸の方も楽しみだ

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

石岡ふれあいまつりが開催されます!

茨城県北芸術祭記事は一旦休憩( ^ω^ )
今週末、楽しみにしているイベントがあります。
イベント案内
石岡ふれあいまつり
10/22(土)・23(日)
22日 10:00(9:30より開場式)~15:30
23日 9:00~15:00
会場 石岡運動公園 茨城県石岡市南台3-34-1

今年は私も初参戦します
野菜直売は勿論、石岡市内の旬な食材の販売が盛りだくさんありそうヽ(≧∀≦)ノ
イベント予告

又、ステージイベントも楽しみですp(*^-^*)q
22日は市内の幼稚園児の合唱や石岡市出身の盲目三味線奏者・踊正太郎さんの津軽三味線演奏、午後からはサックス演奏。
そして23日は子供ダンスやアンパンマンショーetc。。。
消費生活展も同時開催され、見応えのあるイベントとなりそうです(* ´ ▽ ` *)

尚、会場内当日はマイカーを乗り入れることが出来ません。
臨時駐車場が設置(会場行きのシャトルバス運行あり)されていますので、イベントに行かれる方はご利用になられてください。
キャプチャ
私はかしてつバスを利用する予定です(*^_^*)
DSCN6219.jpg
嬉しいナ♪ついに私も「かしてつバス」を利用できるのね(*´∀`人 ♪

事情あり、石岡市を撮影した写真を用意しておかなければならなくなりまして(勿論、今年のもの)。
石岡まつりが終わってしまった今、なかなか石岡を訪問する機会がなく”どうしたもんじゃろのう。。。”と思っていたところにこのイベント開催を知り、足を運ぼうと決めた次第であります
初めて利用するかしてつバス、在りし日の鹿島鉄道の思い出に浸りつつ運動公園へ。。。
想像しただけでわくわくしますp(*^-^*)q 
かしてつバス(関鉄グリーンバス)停留所一覧→https://mb.jorudan.co.jp/os/bus/0803/line/2208.html

素敵なイベントデーとなりますように。。。

石岡ふれあいまつりチラシのダウンロード、詳細情報は市のHPをご覧くださいヾ(o´∀`o)ノ
http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page004141.html




今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

浜辺で韓国料理~まんぷく家+韓よっこらしょ

六角堂を出た頃には丁度、お昼時。
このまま大津港へ行って海鮮料理を食する手もあったのですが、国道六号沿いの気になるお店がありましたのであえてそちらへ。
DSCN8568.jpg
”からし焼き”のこの看板が、無性に気になって仕方がなかったのであえて6号を南下し、立ち寄ってみました(´∀`*;)ゞ
”激旨辛の店”がこれまた魅力的だ(笑)
DSCN8557_20161019210225f7d.jpg
お店の名前はまんぷく家+韓 よっこらしょ
いーじゃん、北茨城で韓国料理食べたって
ちなみにここ・北茨城市磯原店が本部のようです。
入り口でしょくぱんまんがお出迎え♪
DSCN8556_20161019210224a29.jpg

メニューがいろいろあって、悩みますが最初決めた通り今回はコレ↓
DSC_0109_201610192102234d0.jpg
とんかつ辛し焼き定食 876円
オーダーした後もつい、他のメニューが気になります(*ノ∪`*)
_20161015_124947.jpg
激辛電気ショックラーメン
名前が凄い画像も伏せる程の強烈なメニュー?
どんだけ刺激が強い一品なのか、気になるじゃないかあっ!!

そろそろ、お腹の空き具合も高まった頃
お料理到着
DSCN8549_201610192200315a3.jpg
結構、ボリューム多そう
いただきま~す!
DSCN8551.jpg
辛さと甘さが調和した、濃厚なタレでご飯がすすみます。
からりと揚がったとんかつが、パリパリっとしていてイイッ(*≧∪≦)!!
たっぷりのキャベツが、辛さでしびれる舌をなだめてくれる感じです。
香の物はやっぱり、キムチなのね
DSCN8552.jpg
からし焼きのタレとキムチ、さすがの私も
「辛さが足りないんじゃないの~?」とは言えません(笑)
食べ終える頃には、舌も唇もちょっぴりしびれていました。
別料金で食後のデザートを注文しておいてよかった((∩^Д^∩))
DSCN8553.jpg
ラズベリーのトッピング付ジェルアイス。
バニラ味です。
DSCN8555.jpg
甘くて冷たいアイスクリームは、辛いもので刺激した舌をやさしく癒してくれました
美味しくてすべて完食。ごちそうさまでした

料金を支払い、お店を出てから愛車に戻る前に食後のお散歩など少々。。。
このお店は磯原海岸のシンボル・二ツ島の近くなのです。
DSCN8561.jpg
さらにもっと近くへ。
二ツ島観光ホテルの裏側まで歩いて行きました。
DSCN8564_201610192212299f7.jpg
まるで象さんみたいでしょ( ^ω^ )
以前はこの岩のてっぺんの部分にたくさんの木々が生い茂っていたけれど、2011.3.11の東日本大震災の時の津波ですっかり坊主頭・・・
DSCN8566_201610192212301c5.jpg
少しずつ緑が戻ってきてるのかな?
二ツ島自体はよくぞ流されずに残ってくれました

グルメと海岸の景観、その両方にごちそうさま

まんぷく家+韓 よっこらしょ
茨城県北茨城市磯原町磯原2547-3
営業時間、定休日等はHPをご覧ください→http://yokkorasyot.jimdo.com/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

天心遺跡とアート~茨城県北芸術祭:北茨城市②

五浦美術館を訪れたらやはり、その下の海岸にある六角堂を素通りするわけにはいかない!
というわけで。
来たことのない場所ではありません。震災後リニューアルされた後も何度か訪れています
でもやはり自分の中で、”すぐ目と鼻の先まで来て六角堂スルーっちゃあんめよ”みたいな気持ちがありまして(笑)
DSCN8515.jpg
入り口に使用されている長屋門は、約百年前天心が住んでいた当時の面影を伝えています。
登録有形文化財の認定を受けています。
この長屋門を背にした正面に、天心のお墓があります。
DSCN8510.jpg

東京都の染井霊園より分骨された、天心の遺骨がここの眠っているそうです。
合掌。。。。。
DSCN8513.jpg

長屋門の入り口をくぐり、松並木を歩いて行くと正面は海。
DSCN8518.jpg

そして、天心が住まいとして使用した平屋の古民家「天心邸」があります。
DSCN8547_20161018221903c44.jpg
天心邸(築明治17年頃だそうな)とそれを囲む松並木の庭園、そして六角堂。。。
それらは”天心遺跡”と呼ばれています。
DSCN8526.jpg
「亜細亜ハ一なり(アジアは一つなり)」石碑

この”天心邸”に展示されたアート作品がコチラ↓
DSCN8522.jpg

メタリックの謎の物体。。。
これは奇岩だそうです
DSCN8530.jpg
海水の浸食により削られた跡がリアルに表現されていてびっくり
最初見た時は、宇宙からの隕石か飛行物体かと思いました。はじめは少々、違和感を感じたけれど少しずつ周囲の光景に溶け込んでいるように思えてきたから不思議。。。
このアート作品を、単体で見るよりも周囲の風景とセットで楽しんだ方が素直に鑑賞できそうです
DSCN8523.jpg

DSCN8524.jpg

続いて、六角堂の方へ降りてみました。
DSCN8532.jpg

この六角堂にも、アート展示が行われているそうな。
DSCN8535_20161018221902d74.jpg
パンフレットや案内板によれば、作品の名前は「雑草」。
え?雑草って何それ?
つい、中を覗きます。
DSCN8542.jpg
天心が創作活動の際、ここで瞑想をしていたという六角堂内。。。
この中のアートとは・・・

あ、これか
DSCN8538.jpg
確かに雑草です。
まるで自然に生えたように思えますが、アート作品なんです。
彫刻だって!
DSCN8539.jpg
余計な飾りのない、素朴なそれでいてさりげなく目を曳くこのアート。
異色な作品ですが、自然との調和・飾らぬ美しさを感じる魅力的な作品と言えるかもしれません。

心静かに過ごすべきこの施設(六角堂)には、確かに派手な装飾は不要!
だって、この六角堂を囲む五浦の海に勝るアートはないから
DSCN8536.jpg

DSCN8534.jpg

DSCN8531.jpg

DSCN8545.jpg

DSCN8546_20161018224712403.jpg

アート作品と天心遺跡。そして五浦海岸の絶景。
この場所の県北アートは、これらをフルセットで楽しまれることを強くお薦めいたします

作品番号
C-03<六角堂>
C-04<天心邸の庭>


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

和のデジタルアート~茨城県北芸術祭:北茨城市①

久しぶりの晴天に恵まれた先週末
このような日はちょっぴり遠方の海へ・・・というわけで、今回の訪問先は北茨城市
県北芸術祭開催初日のニュースで見て以来、見たいと思っていたものがありましたので天心五浦美術館を訪れました
DSCN8435_20161017214208a13.jpg

通常、館内は写真・動画撮影禁止。
それが今回は県北芸術祭作品に限ってはだというから嬉しいじゃありませんか
※但し、フラッシュ使用は禁止です。
芸術祭の思い出を、お持ち帰りできるなんて素敵☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN8449.jpg
見づらいかもしれませんが、透明の湯のみに入った抹茶です。
これをずらしますと。。。
DSCN8450.jpg
湯のみの底に描かれていた抹茶の花が残像として残り、それがみるみるうちに変化。。。
花火のように弾けたかと思えばまた新しい花が開きます。
DSCN8454_2016101721421247e.jpg

そして、移動させた湯のみの中では再び新しい花の命が。。。
DSCN8462.jpg

DSCN8463_20161017220633e90.jpg
繰り返し試したくなり、キリがありませんので適当なところで切り上げて次の作品へ移動しましょう(笑)

こんな感じで、この美術館では暗闇の中幻燈のようにファンタジックに浮き出る和の作品が楽しめます。
広い展示室の中に飾られた大きな絵がアニメーションのように動いていきます。
DSCN8466.jpg

DSCN8468_2016101722063592e.jpg

絵の中から・・・無数の蝶が
DSCN8470.jpg

DSCN8471.jpg
生きてる蝶のようにひらひらと絵の中に入ったり、絵の中から飛び出したり。。。
この蝶に触れると、蝶が落下します。その落ち方があまりにも悲しかったので1度きりで辞めました(笑)

1枚の掛け軸風の絵画。
DSCN8481.jpg
雪が降りしきる冬から春へ、そして夏へと四季折々変化していきます。

1部動画を撮りましたのでご覧になられてみてください
[広告] VPS

こうして季節は巡り、再び春がやってくるのです
DSCN8509_20161017221637a63.jpg
ゆっくりと眺めていたい作品でした。

一方、こちらは鑑賞者参加型の作品。
DSCN8485.jpg
屏風のような大きな日本画の中、いろいろな漢字が空から降ってきます。
その文字をタッチしたり、軽く叩くと消えるから不思議。
DSCN8498_20161017221632f47.jpg

当然、子供たちの絶好な遊び場となりました。
DSCN8488_20161017221149d9b.jpg

DSCN8501.jpg

DSCN8495.jpg
落ちてくる文字も、鑑賞者が別室でコンピューターを利用して書いたものです。
その中には私が書いたものもあります( ^ω^ )

DSCN8500_2016101722295204c.jpg
子供たちはもはや、絵を鑑賞するよりも文字を叩いて消すことに夢中ですね
一番、人気が高かったのは「金」の文字だったようです。

DSCN8505_20161017221635ce0.jpg
「見る」という一方通行的な姿勢が消え、「参加する」ことにより製作者や関係スタッフとの距離も縮み作品に親しみを持つこともこの作品の楽しみ方なのでしょうね
とても新鮮味を感じ、面白い県北アートですp(*^-^*)q

お帰りの際は、売店でオリジナルグッズもどうぞ♪
DSC_0103_20161017224356a71.jpg

DSC_0104_201610172243574dd.jpg

DSC_0105_20161017224359eec.jpg
ここでしか手に入らない商品もいっぱい!
お土産にいかが?

◆天心五浦美術館
作品番号
C-01、C-02
9:00~17:00(※最終入場16:30)
HP→http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

COLORED TOWN”KUJIRAGAOKA”~茨城県北芸術祭:常陸太田市①

現在開催中の県北芸術祭、初の「山」エリアに突入です
日立からの帰り、常陸太田市にやってきました。
車窓から見える絵画のような山間の田園風景につい、カメラを向けます
DSCN8313.jpg
ですが、あまりのんびりもしていられない!
というのも、各施設の入館時間が決められているからです。この時の時刻既に16:00をまわったところ。
ほとんどの施設が16:30~17:00閉館なのです:(´◦ω◦`):早いところは、15:30です
見学される場合は、くれぐれも入館時間にご注意ください
・・・あ、脱線しました(´∀`*;)ゞ

時間と戦いつつ、鯨が丘地域の梅津会館駐車場に到着しなんとか開館時刻に間に合った私でした(*ノ∪`*)
DSCN8314_20161016201953272.jpg
既にTVのローカルニュース等で拝見された方もいらっしゃるかもしれませんが、建物の窓がピンク色に塗られています
何やら、文字が書かれているようですが読めない^◆^;
DSCN8324.jpg
窓がピンク色に塗られたのは、ここだけではありませんでした。
DSCN8318.jpg

この界隈、ピンク色に塗られた建物があちこちにあります。
ここも
DSCN8321_20161016205446ab6.jpg

さらにここも
DSCN8320.jpg
老舗醤油店も・・・

さらにさらに!!
DSCN8319.jpg
老舗薬局までが

DSCN8322_20161016205448d1c.jpg
洋裁学校のようですね建物の歴史を感じる外装と形が印象的。

DSCN8323.jpg
ピンクの看板に書かれた言葉は、作者が事前に行った建物の所有者やそこに住む一人一人に対するインタビューを元に地域の歴史や抽出された言葉だそうです。そしてそこから発想されたイラストが添えられています

何故にピンク?ということはさておきまして
梅津会館は最終入館16:30までですので、急ぎます=3
2階の展示場へ。
DSCN8325_20161016205452cd3.jpg
ピンクの窓から一転して、こちらは一面、”白”。。。

と、思いきや・・・
DSCN8327.jpg
実はコレ、地図。
茨城県の地図なのですが、部分部分を切り貼りしてつなげ1枚の大きな絵画のように作られたものだそうです
DSCN8329_20161016214721d00.jpg
”あ、これ●●じゃない?”と分かった方は凄い
茨城県の市町村地図が一旦、分解されランダムにはめ込まれたオリジナル地図で一つの物語が作れそうです(〃▽〃)

ゆっくり見ていたのはやまやまだけど、時間も押し迫ってるし・・・
ということで、駆け足で立ち寄ったもう一つのスポット☆
DSCN8340.jpg
入館時間は17:00まで。滑り込みセーフで立ち寄ったここは元・フランス料理レストラン:オーベルジーヌ。
こちらもまた、カラーが演出する不思議な作品が展示されています。
DSCN8332.jpg
一見、バーコードのように描かれたカラーのストライプ。
これは、1日の生活をカラー化させたものだとか。
それぞれのカラーは、それぞれの行動内容を表しています。
DSCN8338-1.jpg
これを参考に、真似して自分の1日を描いてみるのも面白そうですね

いろいろな職業の人の、それぞれの日常や特別な日、そして過去の中で強く印象に残っている日の自身の行動パターンが表されているのですが果たして皆さんご自身に近いものはあるでしょうか。。。
DSCN8334_201610162159264ee.jpg

DSCN8335_20161016215928cd2.jpg

DSCN8337_20161016215930ee0.jpg
やっぱり、2011.3.11のあの日が強烈に印象に残っている方多いですね

DSCN8336_20161016215930d2c.jpg
同じ時を過ごした、それぞれの人のそれぞれの思いがここに表れているようです
思い出したくないけれど忘れられない。。。
忘れられないし、忘れちゃいけないあの出来事。。。
DSCN8339_20161016220857265.jpg
カラーを使って人の生活記録や思い出を表現するというアイデア、大変興味深さを感じました。

この日は、この施設が最後の見学スポットとなりました。時間の都合上、鯨が丘のもう一つの施設はまた後日に
様々なカラーで彩られた町、それが鯨が丘地域のアートです。

今回のおまけ
アート鑑賞後、途中立ち寄った「道の駅常陸太田」駐車場で撮影した2枚の画像。
DSCN8341_20161016220858cc2.jpg

DSCN8342_2016101622085900f.jpg
誰が描いたものでもない、誰が作ったわけじゃない。自然が作り上げたアート作品

今回記事に書いたスポットの作品番号
◆D-11(梅津会館の白い地図)
◆D-14(ピンクの窓)
◆D-15(旧オーベルジーヌ)
※駐車場は梅津会館の駐車場(無料)をご利用ください!

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

カフェと海と~うのしまヴィラでひとやすみ

元・鵜の島温泉旅館、今ではカフェ感覚で気軽に泊まれる海辺の宿「うのしまヴィラ」。
キャッチフレーズは「海辺のセカンドハウス」
要するに、実家や別荘のように気軽に泊まれるしくつろげる家ということだそうです。
DSCN8290.jpg
宿泊棟は同敷地内の別棟になり、こちらはフロント棟です。
フロント棟2Fには、男女別の浴室があり日帰りで楽しむこともできます。
そして、カフェも
DSCN8291_20161015213024d16.jpg
つまり、こちらのフロント棟は宿泊受付は勿論、日帰りで利用できる建物というわけですね
せっかく訪れた太田尻海岸、ゆっくり過ごしてみようとこの1Fにあるカフェ”海音(シーネ)”で、お茶をすることにしました。

この日は丁度、ライブが行われることになっており「ライブ&喫茶」(予約制?)セットコースと「喫茶のみ」のコースに分かれていたようです。
通していただいた席はちょっと奥まったところ。
でも、窓から海岸の景色が楽しめる席でした
DSCN8293_20161015213024d65.jpg

庭園にはプールもあったのね
DSCN8295_20161015213027e9d.jpg

ライオンみたいな岩(画像中央)みっけ
DSCN8294.jpg
皆さんには何に見えますか?
スマホのゲームや窓からの景色を眺めて遊んでいるうちに、オーダーしたメニューが運ばれてきました。
DSCN8296.jpg
本日の盛り合わせデザート
(左から)ベイクドチーズケーキ→紅茶プリン→抹茶シフォンケーキ
ドリンクはHOTブレンドコーヒーお店のオリジナルブレンドです。
コーヒーカップがユニークでしょ♪
DSCN8297_20161015214531165.jpg
鵜のフィギュアが取っ手になっています。
持って飲むと、なんだか笑える
でも何といっても、海を見ながら飲むコーヒーは格別、美味しいっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
デザートも3種類共、美味しかったし
DSCN8302_20161015214534aeb.jpg
絶好なロケーションの中、絶品スイーツと美味しいコーヒー。。。最高のひとときです

最高の景色の中、ゆっくりとお風呂に入ってお食事して、朝日とともに目覚めたら海岸をお散歩して。。。
宿泊したら最高な1日が過ごせそう\(//∇//)\
食後の軽い運動も兼ね、カフェを済ませフロント棟を出てから再び海岸を歩いてみました。
DSCN8305_2016101521453581f.jpg

DSCN8308.jpg
この海岸から眺める朝日はさぞ、素敵に違いない
ち上るという、市の名前のとおりの光景が見られることでしょう。。。

そんな、”海辺のセカンドハウス”に立ち寄ってみませんか?


うのしまヴィラ
茨城県日立市東滑川町5-10-1 太田尻海岸

宿泊料金・ご予約案内等詳細はHPを↓
http://unoshima-villa.com/


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

海辺のアート、大田尻海岸~県北芸術祭:日立市⑦

明日は久々の快晴の予報で、絶好のお出かけ日和だそうです(* ´ ▽ ` *)
せっかくの晴天ですから、明日は海方面へ行ってみたいと思います。
でも、今回の記事は曇り天気の海で失礼いたします(´∀`*;)ゞ

日立の市街地から北へ約20分、”大田尻海岸”という場所があります。
DSCN8267_201610142012305b0.jpg
西行法師も歌に詠んだほどの由緒ある場所。
ロケーションが絶好なんです\(//∇//)\
DSCN8266.jpg

DSCN8265_20161014203043af6.jpg
この日は少々、波が高かったかな。
雲が多い日でしたが、素晴らしいロケーションが楽しめました
この模様はまたあらためるとしまして、本来の目的を。
ここも県北芸術祭のアートが展示されている会場のうちの一つです
作品展示は、うのしまヴィラの敷設の多目的施設”ユズリハ”にて。
DSCN8269_20161014201230855.jpg
ログハウス造りのコンパクトな建物です。
玄関先では木彫りの鵜がお出迎え
DSCN8270.jpg
でも今回の入り口はここではなく、勝手口でした。

一体、どんな展示作品だろう。。。と、興味深々♪
DSCN8272_201610142041513f8.jpg
「やどかりに”やど”をわたしてみる」
これが、この部屋に展示された作品のテーマ。
DSCN8273_20161014201233f1b.jpg

DSCN8276.jpg
海底都市か?宇宙空母か?!
ここにも!!
DSCN8282_20161014204153fb1.jpg

DSCN8285_20161014204155d7b.jpg
どこかの国の建造物みたい。。。

これらの作品は、やどかりの殻をCTスキャンしてそのデーターを元に3Dプリンターで出力された人工の殻だそうです
DSCN8287.jpg
やどかりの殻にいろいろな建造物を乗せて、やどかりにそこで生活してもらおうというもくろみ。
会場中央に置かれた水槽には本物のやどかりがいて、人工殻を実際につけています。
DSCN8279_2016101420492674c.jpg

DSCN8280_20161014204928aaa.jpg

よく見ると、やどかりさんが背負っているのは東京タワーや都庁じゃないの!!
おわかりでしょうか
DSCN8284_201610142049292a1.jpg
新種(?)のおやどをやどかり君は気に入っていただいているでしょうか。。。

殻を移動していくやどかりは、自国を出て異国に移住せざるをえない人々の姿を重ね合わされています・・・・
と、公式ガイドブックでは解説されていました。単純に、”やどかりの世界旅行”などと想像した自分が恥ずかしくなりました。
DSCN8288_201610142058061f1.jpg
やどかりの殻から発想された、奇抜なアート作品。
解釈は何にせよ、そのアイデアが面白い!!

素敵なアートを鑑賞したところで、素敵なロケーションを眺めながらお茶したい気持ちになり「うのしまヴィラ」にも立ち寄っていくことにしました
DSCN8292_2016101420580780e.jpg
鵜の島温泉旅館という名の旅館でしたが2年前にリニューアルし、生まれ変わった宿泊施設。
お食事&カフェとしての利用も可能です
というわけで、続く記事はそのお話など。

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

二ツ木の胡桃いなり寿司

笠間いなり寿司コンテストで優勝した”きつねの恩返し”(↓前回の記事をご参照ください)は食べられませんでしたが、その代わりに別なお店のいなり寿司をお土産に
DSCN8432.jpg
稲荷神社とほぼ、向かい合わせの位置にある「二ツ木」というお店でいなり寿司の詰め合わせを買って行きました。
ちなみに、芸術の森公園へ向かう前のことです
このお店で扱っているのは、胡桃が入ったいなりずし。
DSCN8371.jpg
陳列販売はしておりません。お店の中で注文して作ってもらうのです。
稲荷神社参拝の折、何度か立ち寄っていますが和むんだなあ。。。
DSC_0092_20161013220142218.jpg
「子ぎつね寿司」の看板、レトロ感がイイ感じ
昔は店内でも食べられたらしいのですが、今はお持ち帰り用しか販売していません。もっとも、店内食をやってた頃は知らないけれど(・・;)
DSC_0091.jpg
販売しているのは、いなりずしのみのセットと、のり巻き入りのセットの2種類。いづれも1パック750円です。
のり巻き入りを2つといなりずしのみのを1つ買いました。
DSCN8434.jpg

DSCN8433_20161013220123583.jpg
夕食はこれで決まり(笑)
黒糖入りの油揚げにごま・胡桃が混ざった酢飯。
甘~い油揚げと、胡桃のコリコリ感は何度食べてもくせになる味(*≧∪≦)
IMG_3194.jpg
           ※↑以前書いた記事で使用したものを再利用しました。

二ツ木さんの胡桃いなりは、イベント会場はおろかどこのお店にも卸していません。笠間パーキングエリアや友部サービスエリアにも置いていません。
つまり、このお店に来なければ絶対買えない商品です。興味を持たれた方は要チェックですよ
DSCN8370.jpg
笠間稲荷神社の鳥居を背にして、左斜め前の白い狐さんが目印です
今週土曜日(10/15)より、いよいよ笠間菊まつりが開催!
菊人形や、境内の菊を堪能した後、お土産にいかがですか?

二ツ木
茨城県笠間市笠間1343
11:00~18:00
火曜日定休
食べログ紹介ページ→https://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8001740/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

いざ笠間浪漫<その2>

丁度お昼を少し過ぎた時間帯だったせいか、フード屋台は売上ラッシュといった感じ。
どのお店も必ず、数人のお客さんが並んでいました
DSCN8413.jpg
笠間でグルメと言ったらやっぱりコレ、いなりずし♪
飛ぶように売れて一旦、販売ストップでした。

DSCN8401.jpg

特に、人気店なんかは行列になっています
DSCN8402.jpg
このクレープ店、美味しいのかな?
笠間のイベントで必ずお目にかけるお店です。
実は私、クレープ食べるのへたくそなんで最近は敬遠気味必ず生クリームをこぼしちゃうんですわ(´∀`*;)ゞ
どなたか、上手に食べる方法を教えてくださあい!!(笑)

おおっと!笠間の新(?)名物出たあっ!!\(^o^)/
DSCN8403_2016101221432124c.jpg
笠間人車軌道も大活躍でした!
昔は観光客の足として活躍した、手押しの軌道車。数年前より地元に住む保存会の方々により蘇りました。
今ではこういったイベント時に運行しています
ちなみに、1回乗車100円。
DSCN8404.jpg
ほんのわずかな距離だけど、小さい子は大喜び
お父さんと一緒に人車に乗って、その様子を外でお母さんが動画撮影
幸せな家族だなあ。。。

走行距離はせいぜい、50m程度でしょうか。現役時代(今から約90年くらい前ですかね)は笠間駅⇔笠間稲荷神社を走行していたというから凄いです始発から終点まで、一人の人が押してたのかそれとも途中で交代しつつだったのかは不明。
DSCN8405_201610122143259a6.jpg
実際に動かしているところを観たいと思っていましたので御目にかかれて嬉しいですo(^▽^)o
以前、”昔のように笠間駅から稲荷神社までの走行も計画中”ということをちらっと耳にしたことがあり、実際に1日限りの運行を実験も兼ねて行ったのをTVのニュースで見たような気がします。果たしてどうなるのかな

こちらでは、大道芸ですね
DSCN8406.jpg

笠間浪漫100人バーベキューコーナーが結構、人気のようです
DSCN8412_20161012221509e8b.jpg

手ぶらでバーベキュー、いいかも♪
DSCN8392.jpg
やっぱり、野外で食べて飲めるのは最高だね(* ´ ▽ ` *)
こんなに大勢、集まってもまだまだ広いこの公園
これでも全体の3分の1以下ですからねえ。。。
DSCN8415_20161012222000474.jpg

食べ終わった子供たちがボール遊びをしたり、別な所ではバトミントンをしたり。。。
DSCN8416.jpg

山林の方を昇っていくと、大きなスライダーもあります。
そう、ここから上は”あそびの杜”
DSCN8419.jpg
丘陵を利用した、ファミリー向けの遊び場になっています。ひたちなか市の海浜公園のような遊園地はないけれど、このような大きなスライダーで滑ったり、森の中を探検したりウォーキングしたり・・・と、色々な遊び方が楽しめるようです。
ただ歩いているだけでも、良い運動になりそうです( ^ω^ )
DSCN8422.jpg
人工池の水流の音を聞いていても癒されます。。。(* ´ ▽ ` *)
緑がいっぱいの、”自然のテーマパーク”と言って良いでしょうo(^▽^)o

さて、こうしているうちに「笠間いなりコンテスト」の結果発表が行われていまして優勝したのは”きつねの恩返し”というメニューを考案された、この方。
DSCN8427.jpg
おめでとうございま~す
ちなみに、エントリー№1のコチラ↓
DSCN8400.jpg
さっぱりとした味にナッツのカリカリ感だって(*≧∪≦)食べてみたい!!
是非是非、商品市販化をよろしくお願いいたします!いな吉会殿(笑)
DSCN8423.jpg

美味しいものあり、楽しいイベントありそして、素晴らしい伝統工芸=笠間焼。。。
これぞ、”笠間浪漫”
素敵な秋を、ありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

いざ笠間浪漫<その1>

駐車場案内はまだかいのう。。。
と、気長に待機。
DSC_0093_20161011200644b95.jpg
前回の記事から場面はがらりと変わり、ここは芸術の森公園駐車場内。
笠間稲荷神社参拝後、荒町駐車場を出発してやってきたら9割予想通り大渋滞でした。
ようやく空きスペースを案内され、やっとの思いで愛車を駐車。

おお、やってますねえ。。。
DSCN8380_20161011200646933.jpg

笠間焼にいなりずし、そしてグルメ。。。
笠間の良いものばかりが、笠間市内最大のレジャースポット(私の中で^^;):笠間芸術の森公園に集結した素晴らしいイベント=笠間浪漫が去る10/7より4日間にわたって開催されました
このイベント実は私、初訪問です
DSCN8383_201610112006479ee.jpg

まるでアメ横のように立ち並ぶ模擬店の中には有名な窯元さんも数か所、参加されていました。
DSCN8386.jpg

DSCN8387.jpg
眺めていると、つい手にとって欲しくなっちゃうものがいっぱい!
「このお皿にオムライス乗せたら可愛いかな」とか、
「これでお茶飲んだら美味しそう!」とか、
「このおちょこで飲むお酒はさぞ、旨いだろうな
・・・頭を駆け巡る妄想が止まらない(笑)

DSCN8388.jpg
栗の形した、可愛い小皿がいっぱい
何、入れようかなあ。。。
「かさま手仕事村」では、職人さん達の工芸作品展示販売と親子で楽しめるワークショップコーナーが設けられていました。
DSCN8389_2016101120371973d.jpg
手作り感溢れる、木製の案内板が温かい。。。

DSCN8390.jpg

DSCN8391.jpg
親子ともども、真剣ですねえ。。。
箸作りに挑戦です。

ところでここで販売されているのは笠間焼や工芸品ばかり?・・・ではありません勿論
やっぱりね、お腹の方も満たしておかなくちゃね
DSCN8398_2016101121045647a.jpg

美味しそうな食べ物がたくさん、並ぶ中私が興味を持った”栗の白いピッツア”
DSCN8395.jpg
珍しいから食べてみることにします。
笠間の特産である”栗”も同時に味わえるし♪

とろけるチーズとホワイトソースに栗のダイスをちりばめただけの極めてシンプルなピザでした。
DSCN8397.jpg
でも、悪くない!
ピザ&ホワイトソースのしょっぱさと、栗の甘さが丁度良いバランス
通常のトマトソースよりもいいかも結構、美味しくいただきました

笠間と言えば、いなりずし。
笠間いなりずしコンテストも同時開催でした。
DSCN8399_2016101121045827a.jpg
私が訪れた時には既に投票締め切りだったけれど、参加者が考えたオリジナルいないずしレシピを競い合い一般投票制でグランプリが決まるというルール。
DSCN8400.jpg
う~ん、どれも美味しそうですねえ。。。
気になる投票結果は後ほどステージで発表。
それまで、中央ステージではタヒチアンダンスのお披露目が行われていました。
DSCN8393_2016101121171003d.jpg

DSCN8394.jpg

DSCN8396.jpg
華やかなステージで、つい心躍ります
でも他のお店も巡ってみなくちゃ!というわけで、ある程度ステージを楽しんでからお店巡りをしていきました。
南国情緒たっぷりな、タヒチアンのメロディをBGMに。。。

では、続きます

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

笠間稲荷神社の大鳥居、復活!!

晴れの予報だったにも関わらず、思ったよりも青空が見られず1日中曇りの天気となった連休最終日でした
ご帰還になられた大鳥居のお姿を拝見したくて足を運んだものの、曇り空で色彩が陰ってしまいました
DSCN8343.jpg

そう。今年の春から着工が始まっていた笠間稲荷神社大鳥居の改修工事がようやく終わったのです
DSCN8347_20161010204106615.jpg
輝かしさが感じられる「笠間稲荷神社」の文字
これから末長く、繁栄されますように。。。
昨日9日には大鳥居復活を祝う記念式典が行われ、関係者によるテープカットが行われました。
市民、観光客ら約120名がこの式典に参列し、大鳥居の復活をお祝いしたそうです
DSCN8348_20161010204107be7.jpg

以前、ここにあった大鳥居は御影石で作られた鳥居でしたが、今回新しく作られた鳥居は神社に合わせた朱色(笠間朱色と呼ばれているそうです)に塗られました。
DSCN8349_20161010204109947.jpg

DSCN8365.jpg

DSCN8344_201610102041049ff.jpg
菊まつりに間に合ったね
新しい鳥居は以前よりも約2m高い10mの鉄骨造りだそうです。

やっぱり、鳥居があると格調が高く感じられ品格も増します。
それに何よりも、落ち着きますし安心します
DSCN8346_201610102106417ae.jpg

DSCN8367.jpg
お帰りなさい!笠間稲荷神社大鳥居

2011年の東日本大震災、そしてその少し前にも中貫部分の落下による破損があり暫く大鳥居不在でした。
大鳥居の復活は、震災復興の大きな第1歩の証とも言えましょう。
では私も稲荷神社にご挨拶していきます。
DSCN8351.jpg

DSCN8353.jpg

いろいろと、叶えて欲しい願いはたくさんあるけれど、まずは様々な問題を抱えつつもなんとか乗り越え、普通に食べて生きていけることを素直に感謝して、神様に御礼を言うべきかなと最近考えるようになった私。。。
DSCN8357.jpg

境内では、菊まつり(10/15~11/23開催)の準備も進められているようです
DSCN8359.jpg

DSCN8361.jpg
早くも菊まつりの季節か。。。1年って本当に早いなあ。。。
菊まつりの時期が来ると、”あ~あ、もう年末か。”という気持ちになります
楽しみな半面、時が去りゆくのを考えたらため息が出てしまう(笑)
DSCN8355.jpg
名物・菊人形の今年のテーマは大河ドラマ「真田丸」。
菊人形で描く歴史絵巻、果たして今回はどんな物語となるのでしょう

仲見世通りの狐の表情が、大鳥居が戻ってきて安堵しているように見えました。
DSCN8364.jpg

菊の見頃は例年ですと大体、11月上旬前後。
その頃、この参道一帯は大勢の観光客が行き交い賑わうことでしょう
DSCN8363.jpg

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

郷土芸能は逃したけれど・・・茨城県北芸術祭:日立市⑥

午前中のやや強い雨の為、本日開催予定だった日立秋祭り郷土芸能大祭の2日目の内容は大きく変更され楽しみにしていた”日立太鼓”等の郷土芸能は中止となりました
DSCN8247.jpg
DSCN8248.jpg
幸い、お昼には雨が上がり14:00より開催予定の「青少年フェスティバル」は予定通り行われたようです^^。
私はその模様を観ていませんがソーラン他、数々の芸能をお披露目された中学生の皆さんの中には、今回が最後だという子もいらっしゃったでしょうし、中学校生活最後の思い出となって何よりだと思います

郷土芸能は観られませんでしたが、その代わり前回観られなかった県北芸術祭の作品を観ることができました
DSC_0082_201610092302338b9.jpg
正直、30分前まで悩みました。というのも、郷土芸能祭開催か中止かがこの時点では分からなかったのです。
開始時刻は迫っていたし、見送れば次回開演は16:00。結局郷土芸能は諦めて県北アートを選びましたがこの選択は正解でした。郷土芸能を選んでいたら、あやふやなまま会場をさまよい11:00過ぎになっても開始されず”あれ?中止”となっていたでしょう。それに気づいても県北アートは既に入場できず選択に失敗していたらどちらも見逃すところでした。危ない、危ない
DSC_0081_201610092302324c9.jpg

天球劇場の展示作品は、常時展示されているわけではなく映画のようにスクリーンでの紹介でした。その為、写真撮影は禁止ですよって、画像抜きで失礼いたします。
作品につきましては、県北芸術祭のHP中で紹介されておりますのでそちらをご覧になられてください
作品番号とリンクのみ、貼付させていただきます。
A-08
A-09
A-10
いづれの作品も、内容がハイレベルで理解がなかなか難しかった(というのは私だけかな?)けれど、落ち着いてじっと見ていると考えさせられるテーマであったり、想像を自由に掻き立てられる作品でした。
ご確認は是非、皆さんご自身の目で

地下1階に展示された、ウランガラスのオブジェクトも幻想的です
DSCN8240_20161009232640b70.jpg
安心してください、人体に害はないそうです

DSCN8241_20161009232641ec4.jpg

DSCN8243.jpg
それぞれのシャンデリアの大きさは、各国が算出する原子力発電の量に比例しているといいます。
今ではすっかり悪者になってしまっている原子力発電ですが、ここであえて取り上げた主催者の意図はいかに?
(”そういうあなたは、原発廃炉派ですか?それとも再開派ですか?”という質問にはお答えできません。
この記事はそのようなことを問うお話ではありませんので。)

別室の窓から。
DSCN8246.jpg

こちらでは、オルゴールのメロディに合わせて光のオブジェが動いているのです。
DSCN8245_20161009232644a5b.jpg

県北アート、まだまだ観るべき作品がいっぱい!!

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

災害大国日本か?!

皆さんもご存じのとおり、今朝1:46に熊本県の阿蘇山が噴火しました
噴火は36年ぶり、警戒レベルも「2」の火口周辺規制から「3」の入山規制へとレベルUPされたそうです
噴火は今後も同等レベルのものが発生する可能性があると、気象庁で述べられたそうで阿蘇の付近に住む人達は気が気ではないことでしょうご心中、お察し申し上げます。
07_096.jpg

美しい自然は、人の目や心を癒してくれるばかりではありません。時には恐ろしい魔物となって人達に刃を向け恐怖に陥れるものでもあるということを、またまた知らされた思いです。
ところで4月に発生した大地震、8月の台風そして今回の阿蘇山の噴火。。。今年の自然災害はどこまで熊本県をいじめれば気が済むのでしょうこれ以上、熊本県をいじめないで!、と熊本から遥か北の地からお祈りしたいです

そんな”熊本から遥か北の地”=わが地元では今日の昼過ぎ頃、一時物凄い雨が降りました。
よりによって、丁度その時間に出かけなければならない用事があり自宅から車で出ると既にこの通り↓
DSC_0074_2016100822571412c.jpg
雨が激しすぎて1m先も見えねえ~っ!!
国道もこの通りでした。
DSC_0077_201610082257162cb.jpg

国道6号元吉田~住吉町
_20161008_135932.jpg

_20161008_135856.jpg
まるで、水上を走っているみたい。。。
途中でエンジンが止まってしまったらどうしよう。。。そんなことが頭をよぎりました。
徐行に近い速度でのろのろと走ります。うかつに走ったらハンドルが取られそうでした

通い慣れた道ですが、なんとか目的地に辿り着いた時は心の底からホッとしました(っω・`。)
用事も済ませ、帰る頃には幸い雨は止み冠水した箇所も水が引いていました。

大気不安定な気候は暫く続くそうです。進路はまだ分かりませんが台風20号も発生したそうで
災害は昔から発生はしていましたが、あの東日本大震災以来特に多くなり毎年必ずどこかで災害による甚大な被害が発生していて、「災害に見舞われなかった」という年がないように思います。

日本はいつから、「災害大国」となってしまったのかなあ。。。
皆さん、くれぐれもお気をつけください

第26回ひたち秋祭り郷土芸能大祭が開催されます!

日立シビックセンターにやってきた私。
この中でも、県北芸術祭の作品展示が行われているのですが・・・
DSCN8236.jpg

その展示会場は9F天球劇場。

で・・・
何ぃ~っ!!
DSC_0063_20161006210801191.jpg
他の作品展示は時間枠内であればいつでも入場OKですが、ここは違うらしい。。。
時間は16:00の部と17:00の部、土日祝日のみ11:00の部もあります。
でも、この開始時刻までにチケットを購入した上で会場入りをしていなければなりません。
丁度、16:05位にここにやってきた私。完全アウト
17:00まで待つには時間が有り過ぎ。お茶するにはお腹は満腹、時間つぶす方法もないし多賀市民プラザに駐車した料金も気になるし(笑)

というわけで、出直します
丁度、イベントも行われることですし
IMG_20161003_0002.jpg
恒例のイベント、ひたち秋祭り 郷土芸能大祭が今年も開催されます
来る10月8日(土)と9日(日)に行われ(いづれもシビックセンター前新都市広場)、1日目となる10月8日には今年の夏、まつりつくばでお披露目された秋田県の郷土芸能”秋田竿燈”もお披露目されるそうですよヽ(≧∀≦)ノ
DSCN7370_2016090122101610d.jpg
2016年8月 まつりつくばより

”他県の郷土芸能が観たい”方なら10月8日夜(18:00~19:45)がお薦め、
”やっぱり、地元の芸能を見なくちゃ!”という方なら10月9日昼間がお薦めです
どちらの日に来られるかは皆さん次第♪勿論、両日訪れてもOKですよ
但し、雨天の場合は中止となります
詳細はこちらで→ひたち秋祭り 郷土芸能大祭(シビックセンターHP内)

シビックセンター前では、1週間後(撮影時10月1日)に開催されるはずのイベント用ステージが作成されていました。
DSCN8237_2016100621080530f.jpg
天気予報によると、今週土日は天気はイマイチで曇り/雨になるとのこと
せめて、郷土芸能がお披露目されている時間はもって欲しいですね。

余談ですが、シビックセンター天球劇場ではこれまで上映された映画のリバイバル上映が日替わりで行われています。
”日立大煙突”をモチーフにした物語「いつでも夢を」も
DSC_0064.jpg
いづれも13:00より上映。
お時間がある方は是非

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

バスの中には・・・~県北芸術祭:日立市⑤

日立駅を出て、日立シビックセンターへ向かいます。
途中、1台のバスが停車していました
DSCN8223.jpg
行先表示に「山行き」と書かれた、意味深なバス。
それによく見ると古い年式のバスだな

DSCN8224.jpg

DSCN8231_2016100521525148d.jpg
勿論、乗車は出来ません。だって、これもアート作品ですから
バスの中には。。。
DSCN8226_20161005215249087.jpg

DSCN8229_201610052159410e8.jpg
動物園か?異次元の世界か?
このバスの中だけ、別世界が広がっています。
DSCN8230_20161005215943b7f.jpg
無数の植物と、珍しい鳥が2羽。
とても不思議な光景。。。

で、よく見ると他の動物もいたりして。
DSCN8232_20161005220322046.jpg
モルモット?
うさぎもいるね
DSCN8234_20161005220324b35.jpg

運転手さんは不在です。
DSCN8227_2016100521593716e.jpg

懐かしい、運賃箱^^。
DSCN8228.jpg
この作品を手がけられたアーティストさんは、「バイオトープ(生物生息空間)」をテーマに作品をシリーズで製作されているそうで、このバスはその最新作です。
発達する文明社会の中での自然の巡環、それが永続きすることを理想にこの作品が作られたそうです。
DSCN8233_201610052203248ff.jpg
自然環境と人間社会との関係・・・考えさせられる大きなテーマかもしれません。

◆「山行き」バス(ノアのバス)
日立駅前新都市広場
作品番号:A-11


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

虹色ガラスウォールとカフェ~県北芸術祭:日立市④

常陸多賀駅から高萩行き各駅停車に乗車し、1つ先が日立駅。
改札口前に出てきたら、真っ青で・・・
DSCN8206_20161004211209011.jpg
さらに、改札口を抜けると。。。
w(゚o゚)w!!
DSCN8209.jpg

DSCN8210_20161004211212daa.jpg
うわさ通り駅舎のガラス壁が、とてもカラフルに変身していました
慣れてるはずの日立駅なのに、つい魅入ってしまう。。。
DSCN8211.jpg

DSCN8222.jpg
ここは深海か、はたまた異次元の世界?
なんだか、別世界にいるみたいです
おそらく、芸術祭終了の来月20日までこの通り。
虹色にお化粧したガラス壁もまた、アート作品の一つなんです
DSCN8221.jpg
”素敵だから是非延長してヽ(≧∀≦)ノ!!せめて、イルミネーション点灯期間まで”
という意見と、
”目がチカチカして気持ち悪い!落ち着かないから早く元に戻して!”
という意見で分かれていることでしょう。。。私の場合は・・・・・う~ん

カラフルな駅構内を楽しんだところで、久々駅カフェでお茶することにしました
DSCN8212_20161004221511fa3.jpg
2011年12月10日のオープン初日以来の来店。
幸い、名前を書いて待つまでもなくすぐに席を案内してもらうことができました。
日立の海を真正面に見ることが出来る、カウンター席に
DSCN8213_20161004221512083.jpg

DSCN8214.jpg
実は遅いランチでした。
そんなわけで、オーダーしたメニューは前回来店した時と同様のパンケーキ
DSCN8215.jpg
ほんのりバター風味の、ほっこり美味しいパンケーキでした
付け合わせのスクランブルドエッグもほどよい焼け具合で私好み♪
結構、お腹一杯になりました^^;

ドリンクはちょっと気取って、フラガールティーというカクテルティー(ちなみにノンアルコールです^^;)
DSCN8216_20161004221515530.jpg
レモンスライスとオレンジスライスが入った、トロピカルティー。
紅茶のオレンジ色と、下に沈んだグレナデンシロップ(多分)のグラデーションがサンセットビーチを思わせるね
・・・と、なぜかマニアックな評価(笑)

食事を終え、シーバーズカフェを出ると望遠鏡のようなものが置いてあり、次々に人が覗いていましたので私も興味を持ち、最後尾に並んで中を覗いてみることにしました。
DSCN8219.jpg
一見、普通の望遠鏡のようですが実は違う。
レンズの中を覗くと、いつもの海の景色が・・・・あれ?みたいな。
望遠鏡のようなこの機材は「風景幻灯機」といいます。覗けば何かが・・・・?
何が見えるのかは、皆さんご自身の肉眼で

さあ、これからこの駅を出て次なるスポットへGO
DSCN8220.jpg

◆JR日立駅
作品番号:A-04

◆風景幻灯機
作品番号A-05


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

まちを歩けば~茨城県北芸術祭:日立市③

常陸多賀駅前商店街をぶらぶら歩きながら県北アートを巡り、目指すのは常陸多賀駅。
そこから常磐線乗車で日立駅に向かう予定でした。

最初のスポット(スナック友子)から道路を横断する際に気になった、このコーナー。
DSCN8187.jpg
レトロな感じの看板がたくさん並んでいたのがとても気になり、”絶対見よう!”と思っていました

まるで昭和時代のネオン街みたい。。。
こういう雰囲気、結構好き?!(笑)
DSCN8188_2016100321220079f.jpg
で、よく見ると合併前の県北地域の地名でした
合併前の町や村だった頃の名所等がうまく使われ、デザインは勿論、アイデアセンスも素晴らしい!!
DSCN8189_201610032122022d8.jpg 
これを作った作者は茨城県出身。約10年前の「平成の大合併」により今は亡き地名となってしまったけれど、子供の頃から慣れ親しんだ県北地域の地名をこうして蘇らせ土地の記憶を蘇らせるのだと公式ガイドブックで語っています。
DSCN8190_20161003212203a74.jpg
ステンドグラス仕様の窓越しに多賀の街中を眺めてみました。

さて、こちらではスマイリーマーク入りのレジ袋がたくさん!!
DSCN8191_20161003212205670.jpg

基本はみんな、同じ顔。でも・・・。
DSCN8192.jpg

DSCN8193_20161003214249f35.jpg
県北芸術祭が始まる前に、スタッフさん達一同が集合写真を撮影し、その写真をもとに作者がスマイリーマークをベースに一人一人似顔絵を書かれたのがこのレジ袋だそうです。髪型や口、メガネやひげを付けるかつけないかだけでこんなにも表情豊かでナラエティーに富んだ似顔絵が出来ちゃうのね
もしかすると、皆さんに良く似たものもあるかもしれません。

そして次に訪れたコーナーでは。。。
懐かしい家電が!!
DSCN8197_20161003214255327.jpg

そこにあるのは古い型式の扇風機やTV等、一昔前に活躍していた家電ばかりでした。
DSCN8198_20161003215414636.jpg

DSCN8195_2016100321425212f.jpg

で、これら一体何に使うの?
といいますと。。。
動画をご覧ください
[広告] VPS


なんと、楽器に変身!
使われなくなった家電が楽器となって新たな人生を歩み始めたのです。
昔のSF漫画のように、不慮の事故等で一旦命を落とした主人公がサイボーグ手術で蘇った、というパターンかしら?(←昭和40年代生まれの発想、笑)
それはともかくとして、既に家電としての役割を終えて解体処分寸前だったこれらの商品に新たな命が与えられたことになるんだね。。。素敵だ
DSCN8199_20161003215416f98.jpg

尚、このコーナーでは演奏体験も出来ますからね♪
DSCN8201.jpg
TVの画面に触れながら、同じくTV画面に触れてる他の人とタッチすると。。。
続きは是非、ご自身で体験されてください

この”生まれ変わった古家電”達が、来る10月16日(道の駅常陸大宮)と来月11月19日(日立シビックセンター)にお披露目されることになるそうです
IMG_20161003_0001.jpg
家電の演奏会??!これはなかなか聴けるもんじゃないぞ!
さあ、要チェック!!

県北アート、まだまだお楽しみがいっぱいです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

◆看板アート
作品番号:A-18
◆スマイリーマークレジ袋
作品番号A-17
◆家電楽器
作品番号:A-19
-いづれも常陸多賀駅前商店街「多賀パルコ」内-


茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

ガラクタ行進曲~茨城県北芸術祭:日立市②

常陸多賀駅前商店街のアート巡り、続きです。
DSCN8169_20161001231317c90.jpg

街中を見渡すと、あらゆる箇所にニットで編まれた作品が展示されているのが目に留まりました。
駐車場として利用した、多賀市民プラザをはじめこの商店街でも
DSCN8166_201610022203388fe.jpg
どこにあるか、おわかり・・・・ですよね?(笑)
念のため、解答は当記事の最後に。
これから少しずつ涼しくなり、特に芸術祭の最終日となる11月20日周辺はおそらく肌寒くなっているでしょう。
街中に設置された電柱や木々等あらゆるものをニットで包まれた光景はきっと、見る人の心も温かくしてくれるのではないでしょうか。。。
そのようなニット作品が作られている”製造工場”がここ、旧銀行1F。
DSCN8186_201610022203435d7.jpg

そしてこの2Fに上がると。。。。。
DSCN8170.jpg
Σ(゜。゜ノ)ノ
ぬいぐるみがいっぱい!!

DSCN8171_2016100222034286c.jpg

さらに奥の部屋へ進むと・・・・

Σ(゚□゚(゚□゚*)
DSCN8173_2016100222155345c.jpg
無数に集められたぬいぐるみやおもちゃでいっぱいです。
これらはお金を出して揃えたものではなく、物々交換により集められたものだとか
DSCN8172_2016100222155257d.jpg
たくさんのぬいぐるみで、1体の大きな動物に!!
さあ、果たして何体いるでしょう?
おお!メカゴジラもいるわ(゚д゚)
DSCN8177_20161002221559f5f.jpg

”ぬいぐるみ椅子”もあります。
しかも、座れるんです。
DSCN8175_20161002221556b64.jpg
柔らかくて、座り心地は最高でした
ぬいぐるみだけでなく、ガチャガチャの空きカプセルもこの通り
DSCN8176.jpg
背中のつぼ押し効果が期待できそう(笑)

私が感動した、ペットボトル製獅子頭
DSCN8180_20161002222944b5c.jpg
石岡まつりに特別出演させてみたい(笑)
こちらでは、色とりどり並べられた廃品おもちゃ達。
DSCN8181.jpg

不用品として一旦は廃棄された品物が集まり、1枚のアート作品として再びその命を授かり色彩を放っています。
それは懐かしいものであったり、シュールでもあったり・・・。
こうして並んでいるとなかなか魅力的に思えるから不思議
DSCN8183_20161002222949ed3.jpg

DSCN8184_20161002222947fa9.jpg

DSCN8185.jpg

DSCN8182_20161002223930725.jpg
ガラクタとなったおもちゃ達がが芸術作品となり、インテリアとなって別な人生(?)を歩んでいる、なんとも不思議な空間。
そんな世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう?

茨城県日立市常陸多賀駅前商店街(旧銀行2階)
展示時間 9:30~17:00
作品番号:A-21


おまけの1枚☆
ニットが付けられた箇所、もうおわかりですね
DSCN8166@.jpg
勿論、ここだけではありませんので御来場されましたら見つけてみてくださいね♪

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

アートな商店街へ~茨城県北芸術祭:日立市①

先月17日よりスタートとなった、茨城県北芸術祭。
遅くなりましたが今日、ようやく会場の一部に足を運ぶことができました
もう既に他の方のブログやご自身で見学された方もいらっしゃるかとは思いますが終了日の11月20日まで、不定期シリーズで当ブログでもレポートをさせていただきたいと思いますので何卒よろしくお願いいたします

初回となる今回、訪れたのは日立市
午後からの出没だった為、JR駅から徒歩移動可能な箇所に限らせていただきました。
日立駅・常陸多賀駅で行われていまして私が初めに訪問したのは常陸多賀駅。
DSCN8150_2016100123041040c.jpg
会場は駅前商店街が利用されました。元銀行だったところやお店だったところを使い、アート作品の展示が行われているのです。
最初に訪れたのは、花金さんというお花屋さんの2F。
しょっぱなから、いい雰囲気です
DSCN8162.jpg

昭和時代のスナックを復元したそうです。
なんだか今にも、”いらっしゃい!”という声が聞こえそうです。
DSCN8160_20161001230413f93.jpg

カウンター席に座って
”ママ、とりあえず生!”とやりたくなる(笑)
DSCN8155.jpg

DSCN8158.jpg
お店の名前は、「スナック友子」。
”友子”は人の名前ではありません。日本各地の炭鉱で鉱夫達の技能育成・相互援助を目的として制定された”友子”制度というものがあったということを以前、日鉱記念館で勉強したことがあります。鉱山で栄えた時代の日立を振り返ったのでしょうか、お店の名前はそこから付けられました。
といっても、このスナックは架空のもの。
塙山キャバレーというバラックの飲食店がモデルになったようですね
DSC_0057_20161001232253dd0.jpg
県北芸術祭を開催するにあたり、日立市の周辺調査が行われる中発見されたそうです。
今回は足を運ばなかったけれど、会場から徒歩でも移動できる範囲みたいだから近々訪れてみますか

「スナック友子」の上の階では、意味深なスクリーン上映と、絵画が展示されていました。
テーマが何やら難しそう。。。
DSCN8164.jpg
理解できた人は素晴らしい
皆さんでしたら果たして、何を感じられるでしょうか。。。

こんな感じで他も廻ります
DSCN8169_20161001231317c90.jpg

向こうにも何やら、面白そうなものが。。。
DSCN8167_20161001231316a3c.jpg

といったところで、今回はここまで

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-