月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

花の寺巡り~徳蔵寺

花の寺巡り、2か所目のお寺は以前にも1度訪れたことのある城里町の徳蔵寺でした。
DSCN6060_2016063022044314c.jpg
旧七会村にあるこのお寺は、弘法大師による開山と伝えられています。
その歴史も古く、開基は弘仁年間(810~824)だとか。
境内入り口で六地蔵尊が参拝者を歓迎しているかのように立っています。
DSCN6045_201606302204379a2.jpg

そしてそのそばには
DSCN6046.jpg

前回の参拝時は紅葉の時期(といっても、一足遅かったのですが)でした。
その時の記事はコチラ→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1861.html
でも今回はあじさいの時期。やっぱりなんとなく雰囲気が違います
DSCN6047.jpg

ここに来る前に訪れた龍谷院や、そのまた前に訪れた潮来市の二本松寺のようにたくさん咲いてるわけではありません。
それら2つのお寺から見たらせいぜい、10分の1以下でしょうか。。。
DSCN6048_20160630220441ac2.jpg
それでも青葉生い茂る寺院の境内にひっそりと咲くあじさいは、何やら不思議な光を放っているように感じ神秘的で神々しささえ感じます。
DSCN6050_20160630221521941.jpg

前回の参拝時にも訪れている「弘法大師霊場」を今回再び
DSCN6051_20160630221522783.jpg

やはり、お参りしていきましょう
DSCN6052_20160630221523bc1.jpg
南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛。。。。。

我が家の菩提寺である宗派=真言宗を広めた弘法大師が開山されたお寺でご本尊は大日如来、そして干支は未申年。
”花の寺”指定のお寺の中で自分に最も縁の深いお寺です。
ですからここは必ず参拝しなければならないところだと思っていました。
DSCN6055.jpg

弘法大師像の下の部分には、ききょうの花が
DSCN6056.jpg
あじさい以外のお花も楽しめた
本堂に安置されている、木造の弘法大師坐像は県指定文化財に指定されています。普段お目にかけることはできませんが、毎年4月29日に行われる御開帳の際、もしかすると拝見できるのかな?

DSCN6057_201606302228444b9.jpg
このレリーフは七福神の一神、福禄寿?

DSCN6059.jpg
弘法大師坐像には、悲恋の伝説が秘められているそうです。
この地を訪れた弘法大師を、地元に住む一人の姫君が好きになってしまい、一時も彼から離れられなくなってまいました。
困った弘法大師は一晩で自分の姿に似せた坐像を作り、こっそりとこの地を離れて行きました。。。というお話です。
これには諸説あるようで、弘法大師ではなく別な僧侶のパターンもありますがいづれにしろ叶わぬ恋を断ち切るために自分の姿をした木造を作り、それを置いてどこかへと去っていった・・・という結末は共通しているそうです。

悲恋のストーリーが背景に秘められている木造の坐像・・・いづれ肉眼で見てみたいものです



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2016/06/30 22:52 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

花の寺巡り~龍谷院②

城里町下阿野沢の地にある曹洞宗のお寺・瑞雲山龍谷院(ずいうんさんりゅうこくいん)。
長禄3年(1459年)8月14日に創建、時の大山城(佐竹氏の居城)城主の佐竹義成公によって開基となりました。
ご本尊は釈迦牟尼仏。開山したのは、秀峰宗岱(そんたい)大和尚という人
DSCN6030.jpg
この宗岱という和尚さん、わずか9歳で出家し剃髪しているというから凄い
享徳2年(1453年)に仏法を広める為、都より常陸国に入り、穴沢村(多分ここでいうのは、現在の城里町上阿野沢・下阿野沢のこと)へ入りました。それを知った山神は瑞雲(めでたいことの前兆として現れる雲のこと)をあらわし、龍が雨を曳いて谷中に出てこの地を自ら耕したという。。。このお寺の名前の由来は、そのような伝説が元になったと言われています
DSCN6036.jpg

DSCN6031_20160629200210148.jpg
聖徳太子?
この碑につきましてはHPを見ても未記載で、あいにく分かりませんでした
DSCN6032.jpg

そしてこちらが観音堂。
DSCN6033_2016062920021260d.jpg
昭和4年に元々あった別な場所から現在の境内に遷されたそうです。でも現在の建物は平成15年(2003年)に建て替えられたものだそうです。
こちらにもご挨拶
お堂の前に置かれた絵馬は、前回の記事で触れました「花の寺スタンプラリー」の見本スタンプでした。
DSCN6034.jpg
↑花の寺スタンプラリー、全部集めるとこうなるのね

・・・あれ?あじさいの話どうなった?
はいはい、分かってますよ(ノω`*)ノ
本堂と観音堂、2つを参拝したところで石段を降り、あじさい散策再開です。
石段に咲くあじさいの花。。。どこから見ても素敵だ+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSCN6039_2016062921435801f.jpg

DSCN6037_20160629214355742.jpg

DSCN6038_20160629214357d50.jpg

DSCN6040_20160629215251375.jpg

DSCN6042_20160629215252d48.jpg

DSCN6044_2016062921525488a.jpg
境内の森の中に群れるように咲くあじさいも満開でした。
でもぼちぼち、後半かな?今年は暖冬の影響もありあらゆる花の開花が早かったようですからね。

さて、来る7月2日・3日にここ龍谷院にて「アジサイ行燈祭り」が行われます
DSCN6035_2016062921435380e.jpg
今年で開催4回目。
昼間はステージイベントやカラオケ大会、そして夜は石段のアジサイが行燈の灯りによって幻想的に照らし出されるのです
美味しい屋台も出るらしい・・・((⊂(^ω^)⊃))

行燈の灯りで照らされた石段のあじさいや、境内の本堂。。。
昼間のそれらとはまた違った、素敵な光景を楽しむことができるでしょう。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

龍谷院
茨城県東茨城郡城里町下阿野沢1509
HP→http://ryukokuin.net/



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/29 22:19 ]  城里町 | TB(0) | コメント(2)

花の寺巡り~龍谷院①

お寺巡りをしながら季節の花を散策してみませんか?
DSCN6011.jpg
開運 花の寺めぐりというイベントが茨城県の城里町・那珂市を中心に近隣の市=常陸大宮市・笠間市の数か所のお寺で静かに行われています。
DSC_1074_20160628215139a08.jpg
スタンプラリーも同時開催で、対象となるお寺を廻ってスタンプを集め8か所すべてを集めたら記念品と交換できるそうです
DSCN6019.jpg
スタンプラリーに期限はないようですが、場所によっては今年の開花が終了してしまったところもあります
たとえお花は咲いてなくてもいづれも由緒あるお寺ですので、参拝するだけでも価値がありそうですが。
スタンプラリーの期限は定められていないようですので、来年まで持ち越してお花と一緒に楽しむのが理想ですね

スタンプリー参加するしないは別としまして、この中の2か所のお寺を訪ねてみました。
城里町の龍谷院(りゅうこくいん)と同町内の徳蔵寺(とくぞうじ)です
先に掲載させていただきましたあじさいの画像は、龍谷院のものです。
DSCN6005_201606282151408da.jpg
国道123号から細い道に入り、田んぼの中の道をくねくねと進んでいきます。
”本当にこの道で大丈夫かな?迷ってないかな?
と、不安になる頃この”龍谷院”と書かれた石の門が見えて安心しました(笑)

お寺の周囲はこんなです
DSCN6006_2016062821514210a.jpg
国道123号はずっと彼方。。。

DSCN6007_20160628215143a66.jpg
カーナビがなければおそらく、辿りつけませんでした
見渡す限りの田園風景とのどかな田舎道。来た道を忘れそうです(笑)
それはともかくとして、境内へまいりましょう。
DSCN6014.jpg
江戸時代中期の文化8年(1811年)の11月15日に建立されたそうです。
額の部分にある”瑞雲山”の文字は、水戸市の祇園寺を開創した心越禅師の自筆だとか(HPより)
本堂・観音堂は、この山門をくぐり石段を上った奥に。
石段の両脇に咲くあじさいの花を楽しみつつ、一段一段ゆっくりと登っていきました。
DSCN6020.jpg

DSCN6021.jpg

DSCN6022_201606282207162ad.jpg

上の方へ行くと白と紫が圧倒的に多いかな?
高台の方と下の方ではやはり、色合いも微妙に違います。
DSCN6023_201606282256141e3.jpg

石段の途中で、来た道を振り返ってみます。
DSCN6025_201606282256154a2.jpg
また雰囲気が違う!!
あじさいの上にある葉っぱは紅葉かな?紅葉の時期も楽しめそうですね♪
DSCN6027.jpg

あじさいを堪能しているうちに、あっという間に本堂に到着しました。
DSCN6028_20160628225618991.jpg

DSCN6029_20160628225619612.jpg
整った日本庭園といったところ。
本堂の建物は昭和54年(1979年)に木造から鉄筋コンクリートへ建て替えられたとのことです。
ではお参りしましょう

龍谷院の記事、続きます。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/28 23:12 ]  城里町 | TB(0) | コメント(0)

菓心松屋

また一週間のスタートです。今週もまた、頑張りましょう(^-^)/
今回の週明け記事は、スイーツネタから

鉾田市の無量寿寺を訪問し、再び潮来市へ向けて愛車を走らせていたものの途中でトイレに行きたくなりまして。。。:(´◦ω◦`):
行方市に入ってようやくセブンイレブンを見つけ、トイレを借り凍ったペットボトル茶を買いました。
自分の車のところへ戻る際、セブンイレブンの真向かいにあった建物=スイーツ店だということはすぐに分かりましたが気になって仕方がなくて。。。
DSCN5862_20160627205320996.jpg

DSCN5872_20160627205325df7.jpg
菓心松屋さん。
はじめは、”これから出かけるところがあるのに生菓子なんて”と諦めようとしましたが、結局誘惑に打ち勝つことはできませんでした(笑)
DSCN5870_20160627205322edd.jpg
入り口脇の花壇がとても可愛いです(#^.^#)
ちょっと見ると、帆引き船の形を象ってるような。。。

店内は広く、甘い香りとともに美味しそうなお菓子がたくさん並んでいました\(//∇//)\
和も洋も種類豊富だし、見た目も美しいから迷ってしまう。。。
厳選(?)した結果、こうなりました
DSCN5997.jpg
(手前から)マツヤのあんぱん焼き→亀の恩返し→北浦名物さつま菓子うまかっぺ
何しろ日中の気温が高い今時期ですし、これからまだまだ出かけるところがありましたから今回はオール焼き菓子にしました。
いづれもお店のオリジナリティと、郷土色が出てるかどうかを判断基準にしました。
なあんて、固いこと言っちゃって(笑)

DSCN5999_20160627212401ef7.jpg
◆マツヤのあんぱん焼き
♪あんぱんのようで~あんぱんじゃない!
おまんじゅうのようなあんぱん、いやあんぱんのようなおまんじゅうといったところかな。

DSCN6000_20160627212402ed1.jpg
◆弐湖(にこ)の国・民話 亀の恩がえし
「むかしむかし、子供にいじめられていた亀を助けた政右衛門はある日、山でケガをし苦しんで寝ていると枕元に現れた老人が薬の作り方を教えてくれて助かることができました。
実はその老人は、政右衛門が助けた亀の化身だったのです。」-行方山田地区より
民話をイメージにしたお菓子は、チーズクリームの美味しいおまんじゅうでした。
DSCN6001.jpg

最後に紹介させていただきますのは。。。
DSCN6002_201606272124053d6.jpg
◆北浦名産さつま菓子 うまかっぺ
行方市の北浦で獲れたさつまいもをペーストした餡が入ったお菓子です
DSCN6004_20160627212400358.jpg
表面はふわふわなのに、芋餡がしっかりとしています。
表面の皮は芋餡の味を引き立ているみたい。。。総合的にしっとりとして食べ安く芋の甘い味をたっぷりと感じることができます。

こうして全商品、とても美味しくいただきました

イートインもできます。今回は生クリームどら焼きをアイスコーヒーで(100円追加でドリンクも飲めます)
気がつけば結局、オール和菓子になっちゃったね(´∀`*;)ゞ
DSCN5864_20160627210512fe6.jpg

あずきと生クリームがベストマッチ♪
冷凍庫から出したばかりのどら焼きは、まだアイスどら焼きのようにコチコチでしたが気温の高さと手の熱で丁度良い具合に。
DSCN5867_20160627210515794.jpg

コーヒー以外のものが飲みたい、という方は自販機もありますので
DSCN5865.jpg
ここで食べられるなら、いちごショートとかレアチーズケーキでも良かったな、とプチ後悔(笑)
次回このお店に訪れるとしたら、来月の山ゆりまつり(西蓮寺)の時だな。

お店の店員さんも感じ良く、店自体の雰囲気も明るく清潔な感じですので遠くても”また来よう!”と思えるお店でした
DSCN5873.jpg
「見えないけれど、心も乗せている」。。。駐車場の塀にはそのような言葉が掲げられていました。
お店の教訓でしょうか。
松屋さんで販売しているケーキには、”真心”、”おもてなしの心”、”サービス精神”という名の見えないトッピングが上乗せされているのかもしれません

菓心松屋
茨城県行方市山田3010-5
Tel:0291-35-2646
営業時間 9:00~19:30 定休日 毎週水曜日
HP→http://kashin-matsuya.jp/



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/27 21:46 ]  行方市 | TB(0) | コメント(2)

茨城百景無量寿寺

今回訪れた潮来市の二本松寺のあじさい見物に出かけるにあたって、マイカーのカーナビで”二本松寺”を検索したところ、案内してくれたルートは案の定茨城空港北IC→行方廻りでした。初めて訪問する場所ですので、ナビの指示に従うことにしました。

ナビに従って茨城町から鉾田市に入り、細い道(おそらく県道18号)をくねくね進むと、無量寿寺というお寺があります。
鉾田市では有名なお寺のようで、ガイドブックを見ても名前もちょくちょく目にする名前。
DSCN5841_20160626224523147.jpg
しかも、”茨城百景”に指定されてる場所ならば寄り道してみる価値があると判断し、立ち寄っていくことにしました。

正門の石は、最近修復されたのかな?綺麗でした。
DSCN5842_20160626224524fd4.jpg
親鸞聖人にゆかりのあるお寺、ということは知っていましたがそれ以上のことは何も知りません。
大同元年(860年)に平城天皇の勅願所として建立されたとのことです。
親鸞が移り住んだのはそれからずっと後の時代。
DSCN5844_20160626224526813.jpg
このお寺に住んでいたのはたった3年。意外と短いです
ではいざ!
DSCN5845.jpg
大木と青葉に囲まれ、パワースポットにふさわしい。。。
参道を歩いているだけでも、御利益もらえるかなあ。。。
DSCN5846.jpg
DSCN5848.jpg
山門の向こうの正面が本堂なり。
では、お参りしましょう
DSCN5849.jpg

DSCN5859_20160626225423158.jpg
まるで今にも動き出しそうな龍の彫り物

鐘楼の屋根も茅葺ですね。
DSCN5852_20160626225421c39.jpg
鐘楼は本堂や山門同様に県の指定文化財に認定されたうちの一つ。
親鸞自ら刻んで本尊とした阿弥陀仏もあるそうですが、本堂の中かな。
DSCN5860_201606262259213d6.jpg
この無量寿寺に彼が住んでいたのはわずか3年だということは先ほども書きましたが、その3年間の間布教活動を行っていました。
彼のお手植えだというかやの木がこの境内のどこかにあるそうなのですが。。。見つけられませんでした
”これかな?”と検討を付けて見てみると、歴代住職がお手植えされたものでした。
虫除けスプレーを持参していなかったので、これ以上森林の中をうろうろ探索するのはやめておきましょう(笑)
DSCN5858.jpg
無事帰れるよう、旅の安全をお守りください。南無阿弥陀仏。。。
ご利益があったおかげでこうして今、ブログが書けまする(笑)

謎の石像も、強く興味を惹かれました。
DSCN5853_2016062622591590a.jpg

DSCN5855_2016062622591617f.jpg
いづれもずいぶんと古そうですが。。。意味は不明

歴史の長さ、そして数々の文化財。
そしてさらに森林風景・・・。
これらが、「茨城百景」に指定された理由なのかもしれません。
DSCN5856_20160626225918e1c.jpg

DSCN5851_201606262254204b5.jpg
数少ない開花中の花をカメラに収め、再び潮来市に向けて出発することにしました。
重要な文化財、鉾田市には探せばまだまだ点在していそうです。機会あったらまた探検に訪れてみましょう

おまけの1枚
DSCN5840_20160626231547156.jpg
入り口の脇にあった掲示板に張り出されていた御言葉。深く心打たれました。
「正しいことも行わず 幸せだけを願うなら
 それは身勝手 得手勝手」


◆無量寿寺
茨城県鉾田市鳥栖1013



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/26 23:23 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

日本一の水上鳥居~鹿嶋・一の鳥居

潮来を後にしまして、いざ帰路へ!
帰りのコースは国道51号利用の鹿嶋・鉾田経由で水戸へ向かうことにしました。野菜が欲しかったので途中、鉾田市の鹿島灘海浜公園内にある直売所に立ち寄りたかったんです(´∀`*;)ゞ

潮来市を出て新神宮橋を通行すると、水面にたたずむ朱色の大きな鳥居が目に留まります。
大船津にある一の鳥居です。寄り道して挨拶していくことにしました(#^.^#)
DSCN5981.jpg
水上鳥居としては日本最大だといいます。2年前に行われた、「御船祭」の際ここから御座船をはじめとする何層もの船が加藤洲(かとうず=千葉県香取市)に向けて出発したところ。。。その時の記事はコチラ↓
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2120.html

あの時はたくさんの人だかりが出来、落ち着いて観ることはできなかったので「何もない時にいつか、日をあらためて。。。」と思っていました。その目標をやっと達成できる日が来た(笑)
DSCN5980_201606252301361d2.jpg
DSCN5991_201606252301413f6.jpg
恐れ多くも、鳥居の真正面の位置に愛車を駐車してしまった(/∀\*)

水運による経済や文化の要衝であると同時に鹿島神宮参拝の玄関口であり、江戸時代に歌川廣重の『六十余州名所図會』にも描かれ水上鳥居としてその景観が親しまれていました。現在の鳥居は平成25年6月に竣工したもので新日鐵住金株式会社製の耐候性鋼材が用いられています。川底からの高さ18.5メートル、幅22.5メートルで旧鳥居の約2.5倍という壮大なものです。
鹿島神宮HP内周辺案内より→http://kashimajingu.jp/guidance/%e5%91%a8%e8%be%ba%e5%9c%b0%e5%9b%b3/
DSCN5984.jpg
この鳥居、観る角度を変えてどこから観ても絵になるわあ。。。
水上に大きな鳥居が立っている・・・ただそれだけなのにいつまでも観ていたくなるし、ついカメラを持つ手が反応してしまいます。
水運盛んな頃は、鹿島神宮参拝の玄関口という重要な役割を果たしていました。
現在は水上から陸の交通へと交通事情が変わり、昔のようにこの鳥居に船が到着することは(多分)なくなりました。
その現状を、この鳥居はどう受け止めているのでしょう。。。
DSCN5986.jpg

現在の鳥居は、御船祭開催に合わせてリニューアルされたのですね
DSCN5990.jpg
青い空と、北浦の青い水面そして周囲の景色を背景に、日本一大きな鳥居の朱色はことさら映えます。
リニューアルされたと言ってもこの鳥居は”神様の住む町”鹿嶋市のシンボルと言ってもよいのではないでしょうか?

DSCN5979_20160625232451f0f.jpg
毎年8月下旬には、この一の鳥居あたりで花火大会が開催されます
今年の開催日はまだ未定のようですが、昨年は8/29(土)に開催されました!
県内では土浦・常総に並んで人気花火大会だとのこと。鳥居を背景にさぞ、豪華絢爛な光景となることでしょう。。。


いつもありがとうございます!

にほんブログ村
 [ 2016/06/25 23:39 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(0)

イタリアンカフェ陽だまり

潮来市記事の締めはグルメ記事です。
名前は聞いていたものの、今回初来店の、陽だまりというお店。
DSCN5967.jpg
潮来大橋のすぐ手前、お店の窓から北利根川が見られます
晴れた日の夕暮等に訪れたら夕陽がさぞ、美しいことでしょう。。。
DSCN5970_20160624214854e88.jpg
人気店の噂は本当で、お昼時に訪れたら案の定駐車場は満車、川べりに愛車を停め(駐車禁止ではないので大丈夫^^;)お店に入ったら予想通り満席で、約15~20分待ちとのことでしたので空席が出来たらmy携帯まで連絡をいただけるようにお願いし、それまで時間つぶしに橋の周囲をお散歩して時間をつぶすことにしました。

この橋を渡った向こうは千葉県香取市
DSCN5972_20160624215507f2f.jpg
遊歩道を歩いて、県境を越えてみようかな。。。とも思ったりして。
尚、ここから前川あやめ園まで歩いていけば約10分ですので歩いてみようか、とも思いましたがあちらに到着した頃にお店から連絡があるかもしれないし。。。ということで断念。案の定、予想よりも早く連絡を戴き駆け足でお店に急行することになりました
冒険しなくて良かった(笑)
DSCN5966_20160624214852d37.jpg

今回のオーダーはランチではなく、パスタが選べるプチコース(1,800円)にしてみました。
パンとデザートまで付く、ちょっぴり贅沢なセットメニューです。
”本日のパスタ”はランチメニュー同様の「グリルチキンと5種類の豆のトマトソース」でしたのでそれをチョイス(っ*^ ∇^*c)
DSC_1057.jpg
人気メニューはオムライスのようですが前回、潮来市でランチした際別なお店でしたがオムライスを食べたのであえてパスタに。
最初にサラダ
DSCN5973_20160624214856a09.jpg

続いてパン
DSCN5974.jpg
熱々の焼き立てで、バターをつけてほっこり

少し待って本日の主役が到着(っ*^ ∇^*c)
いっただきま~す(^Q^)/~
DSCN5975.jpg
たっぷりのトマトソースに、グリルチキン・豆・・・なんだか体に良さそうですo(≧ω≦)o
パスタも細めの麺で、つつましく上品な感じ(* ´ ▽ ` *)
つるつるしこしこで、ゆで具合も好み
あっという間の完食、ごちそうさまでした( ^ω^ )

そしていよいよ、お待ちかねのコーヒー&ケーキです。
ケーキの中で最も好物のレアチーズケーキを選びました(*´∀`人 ♪
DSCN5976.jpg

雪のように白くて、とろーりクリーミー。。。
DSCN5977.jpg
ふわふわ~っと、天使のデザートみたい。。。
コーヒーと一緒に、名残惜しみつつ(笑)一口一口噛みしめながら大切に味わわせていただきました
DSCN5978.jpg
美味しい幸せ、ありがとう+゚。*(*´∀`*)*。゚+
たま~には、こういった贅沢も許されるはず?!

来店されるお客さんを見ると大体、女性が多いですがカップルや家族、そして私のようなお1人様、と客層も幅広いようです。でもランチタイム、特に休日のその時間帯は確実に混むかと思いますので待ちたくない方は予約をされた方が無難でしょう。

お料理は勿論、美味しかったし店員さん達の対応も感じ良く遠くても”また来よう!”と思わせるお店。
人気の秘密はここにあり、かな(*^_^*)

【イタリアンカフェ 陽だまり】
食べログ紹介ページ→http://tabelog.com/ibaraki/A0804/A080401/8001793/
水郷潮来観光協会HP内→http://www.e-tabi.org/member/s-hidamari01.htm
茨城県潮来市潮来5067
Tel:0299-62-3371
11:00~21:00(LO20:30)
月曜日定休



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/24 23:31 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(2)

オセロの父逝く。。。長谷川五郎氏死去

オセロゲームの考案者として知られる長谷川五郎さんが今月20日、千葉県柏市内の自宅で亡くなられました
今回はその追悼の意を込めて記事を書かせていただきたいと思います。

長谷川さんは水戸市ご出身。旧制水戸中学校(現:水戸一高)在学中、終戦直後の物資不足だった時代に牛乳瓶の紙蓋の裏側を黒く塗ったものを使って遊べるゲームを考案しました。これが後に”オセロゲーム”と呼ばれるようになりました。
つまり、オセロゲームはわが水戸市が発祥の地となったのです。
DSC_1071_20160623214846cbb.jpg

誰もが一度は遊んだことがあるはずの、オセロゲーム。
相手の駒の色(といっても、使用するのは白と黒のみですが^^;)をひっくり返して自分の持つ色に変えてゆき、ボードの枡目が埋まったらゲーム終了。どちらの色が多いかで勝敗が決まる・・・たったこれだけのルールですがこれが無性にはまってしまう!
皆さんにもそのようなご経験がおありかもしれませんね。
私も幼いころ、友達に教えてもらって覚えたオセロゲームで誰かと対戦したくて仕方なくなり、決して裕福な家ではなかったけれど親に買ってもらってさんざん遊んだものです
そういえば「これどうやって遊ぶんだ?」と或る日父に聞かれた私が得意になって遊び方を教え、対戦しましたが教えた私の方が負けました。それから何度やっても父に勝つことはできなかったという酸っぱい思い出もあります

オセロゲームの由来につきましては、過去記事で記載しておりますのでそちらをご覧になっていただけたら幸いです。
あのボードゲームがお菓子に?!オセロチョコ発売

2006年に初めての発祥地開催ということで水戸市で世界オセロ選手権大会を開催。
それから丁度10年後となる今年の11月の開催も決まっていました。その矢先に。。。
DSC_1073.jpg
2009年には水戸市文化栄誉賞を受賞。
オセロ発祥の地として、世界に”水戸市”の名を広げてくれる懸け橋となってくださった長谷川さん、
心よりご冥福をお祈り申し上げます


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

二本松寺の宝物

あじさいの杜散策を終え、二本松寺本殿のある境内へ。
出口の近くにトイレがあり、まずはそちらに立ち寄ってから本殿をお参りすることにしました。

本殿に向かう手前に、案内図によれば”光圀公お手植えの槇”があるそうなのですが・・・。
あった!
DSCN5950_20160622225329366.jpg

DSCN5948_20160622225322148.jpg
水戸光圀公お手植の槇
元禄4年(1691)に光圀公が本堂改築寄進した際にお手植えになられた記念樹だそうです。
逆算すると、樹齢は今年で325年
DSCN5952.jpg

正面から見るよりも、本殿の建物側に回ってみた方が迫力を感じます。
DSCN5954.jpg
3世紀もの月日、時代の流れをずっと見守り続けてきた槇に合掌。。。

調べてみたところ、お寺そのものの歴史は古く、平安時代初期の824年に慈覚大師円仁により当初は市内の茂木という場所に創建され、鎌倉時代になり嶋崎城築城の際、鬼門除けとして現在の地に移転され今に至っているとのことです。嶋崎氏滅亡後も、佐竹氏や(水戸)徳川氏の祈願寺として信仰されていたお寺なのです
DSCN5955_20160622225327c62.jpg

合掌
DSCN5956_20160620214508a79.jpg
本堂の階段にもあじさいが飾られているの
DSCN5957_20160622230957a2a.jpg
この本堂前は、「あじさいの杜」散策を終えた人達の休憩スペースが設けられていました。
お土産品の販売やお茶やSAZAコーヒーのサービスも!!
DSCN5960_201606222316185e7.jpg
たがね本舗さんのかきもちはお土産に。
休憩用のテントに邪魔された格好となってしまいましたが、”ふたもとの松”と、それを見た時に光圀公が詠んだと言われる歌碑があります。
DSCN5959_20160622231000911.jpg
DSCN5958_20160622230959c01.jpg
願わくば。。。テントの設置場所を考慮して欲しかった
テントの中の椅子から見える格好だったんだもん

本殿の正面の石段を降りると、出口となります。
石段を降りて愛車の待つ駐車場へ戻る前に、二本松寺の”お宝”をもう一つ拝見していきます。
「享保の延命地蔵菩薩」と呼ばれるお地蔵さま。
DSCN5962_201606222310019d6.jpg

DSCN5963.jpg
悟りを開き瞑想しつつも、救いを求める人がいたらすぐに立ち上がり助けに行けるように片膝を立てているのだと説明がありました。
なるほど、よく見ると確かに片膝立てて座っています
DSCN5964_20160622231620647.jpg
今日も静かに、参拝者たちを見守られているのでしょうか。。
もしも境内で困った人が現れたら、この享保地蔵菩薩さまがすぐさま立ち上がり何らかの形で助けてくれるかもしれません
探せば他にもお宝が発見できるかもしれません。
でも、今回の旅はここまでにしておきます。次回訪れる楽しみの為に。。。
DSCN5874_20160622231617fa4.jpg
天台宗開宗1200年を迎えた平成18年に建立された、「一隅を照らす」の碑と書写仏堂。
いつかまた、お会いしましょう(^-^)/~

おまけのお話。。。
この二本松寺で販売されているお守り等のグッズも、オリジナリティあって面白いですよ(*^-^*)
可愛いし、参拝記念にいかが?
DSC_1058.jpg
福を呼ぶ幸運の鳥「ふくろうお守り」
袋から顔をのぞかせているふくろうが可愛い
色とご利益は関係ないそうですのでお好みで♪
DSC_1059.jpg
癒しの音色「水琴鈴お守り」
涼しくて心地よい音が出ますよ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

二本松寺に関する詳しい情報はHPで↓
http://www.nihonmatsuji.com/


 
にほんブログ村
 [ 2016/06/22 23:38 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(0)

あじさいの杜へ~二本松寺<2>

あじさいに彩られた田んぼ道を通って、いよいよ”あじさいの杜”へ!
DSCN5916.jpg

入り口ゲートをくぐったその先は、”杜”というよりもまるであじさいのジャングルでした
生い茂ったその中に、種類豊富なあじさいが見事に咲いています。
DSCN5917.jpg

DSCN5918.jpg

DSCN5919.jpg

一般家庭や街中ではなかなかお目にかけない、珍しい品種も
DSCN5923.jpg

DSCN5925_20160621200229705.jpg

DSCN5926.jpg

どこを見てもつい、カメラを持つ手が反応してしまいます(´∀`*;)ゞ
DSCN5927.jpg
カメラマニアの年配の男性が、この場所を気に入ったとみえ自分の納得いく写真が撮れるまで動こうとせず、当分の間どいてくれそうになかったのでこの1枚で終わりにしました。
中央にいるこのお地蔵さん、わらべ地蔵の”杜太郎”さんという名だそうです。
とりあえず、先へ進みます。

照りつける日差しを浴びて咲いているあじさいの花。
”お水が欲しいよ~!!”と叫んでいる声が聞こえそう。。。
DSCN5929_2016062120023477f.jpg
この日は雲ひとつない快晴。からりと晴れ私たち人間にとっては絶好の行楽日和!
でもあじさいの花が渇いてしまって可哀想でした(・-・)
今日の水戸地方の天気予報も見事に外れ、大雨どころか晴れ間が見えたほどです。
やはり、水不足による節水は避けられないか。。。

こちらのあじさいは、色合いが涼しそうですね
DSCN5933_20160621202526721.jpg

あれれ?
DSCN5934.jpg
どこからか、黄色い蝶々

二本松寺の”あじさいの杜”では、あじさいばかりでなくその中に咲く違うお花も楽しめるようです。
あじさいの中に、百合が
DSCN5935.jpg

DSCN5938_201606212025313c2.jpg

DSCN5939_20160621202532a2e.jpg
この時期の”あじさいの杜”が散策するには最高の時期ですね(〃▽〃)
芝桜に似た、(おそらくあじさいの仲間)お花もありました。
DSCN5937_2016062120253018a.jpg

え~と、これはなんだろ?あじさい・・・なんですかねえ。。。
DSCN5940_20160621203258731.jpg

DSCN5941_20160621203259603.jpg
同じ色合いでも、花弁の形や大きさが多種多様でその変化を見比べてみても面白い♪
観る人を決して飽きさせない、素晴らしい「あじさいの楽園」!!

そんなあじさいの楽園=あじさいの杜終点には、”多羅葉(たらよう)の木”なるものがありました。
DSCN5942.jpg
もちのき科の植物で、別名を”はがきの木”というそうです。
その木が付けている葉っぱの裏側に傷を付けて文字が書けるようになってるからです。
DSCN5944.jpg

DSCN5946.jpg
おそらく木の枝か何か棒状のもので書くのでしょう。爪でひっかいてもだめでした(笑)
書かれたみなさん、結構真剣にお願い事を書かれています。神様が宿られてそうな由緒ある木だから、御利益は期待できそうですね
あじさいの杜は、ここで終わりとなります(#^.^#)

ところで「あじさいの杜」のあじさいの開花時期が終わってしまったら果たしてどうなるのでしょう。。。
主役とも言えるあじさいが去ってしまうとさぞ寂しい景観となってしまうのでしょうね。。。

あじさいの開花が終わったら、もうこのお寺の観光スポットはなし?
いいえ
この二本松寺には、あじさい以外にも宝物があるのです。
次回の記事で、その”二本松寺の宝物”をいくつかご紹介させていただきます(*´~`*)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/21 20:58 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(0)

あじさいの杜へ~二本松寺<1>

日曜日のモバイル版茨城新聞によりますと、潮来市にある二本松寺というお寺で本日20日より、御本尊様である薬師如来様の座像が25年ぶりに御開帳となったようです。
DSCN5956_20160620214508a79.jpg
開帳されるという薬師如来座像は、県の指定文化財の認定を受けています。木造ヒノキ材寄木造りで座高が66.1cm。鎌倉時代後期の作だと言われているそうです
普段、なかなか見ることのできない文化財を見られるのはおそらく、今回を逃したら次回はいつになるか分からない。。。拝見するのはまさしく、”今でしょ!”みたいな感じですね(笑)お檀家さんなら勿論、地域の人達や御神仏に興味を持たれる方はこの機会に拝見されてみてはいかがでしょう?
開帳は今月30日まで行われるそうです。但し、御本尊の写真撮影は禁止ですのでご注意

そんな二本松寺は、あじさいのスポットとしても知られています
DSCN5965_20160620214509c9e.jpg
丁度今、境内のあじさいは見頃を迎えています
先日訪れたら、ほとんど満開でした(´ω`人)
というわけで、これから二本松寺のあじさい巡りの記事を数回に分け、掲載させていただきますので何卒お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます
DSCN5875_2016062021450753d.jpg
↑「あじさいの杜」入り口にある書写仏堂。

散策ルートですが、あじさいまつりの散策路は一方通行となっており二本松寺からあじさいの杜へ入ることはできません。
「あじさいの杜」と書かれた案内板に従い、拝観料300円(境内施設整備協力金)を支払って入場します。
DSCN5874_20160620214505b0a.jpg
境内は思った以上に広く、拝観料と引き換えにチケットと一緒に戴いた順路案内図を見てびっくりでした
IMG_20160620_0001.jpg
その広さ、40,000㎡
いい、足の運動になりそう!
運動不足の鈍った体に鞭打って、あじさいの杜探検にいざ出発
DSCN5876.jpg

入り口をくぐった時点で早速、綺麗なあじさいが私や他の観光客の目を楽しませてくれます
やるなあ、このぉ~っ!!(笑)
DSCN5879_2016062022142211a.jpg

DSCN5878_20160620221421139.jpg

DSCN5880_201606202214230b3.jpg

DSCN5882.jpg
まだ境内には入っていません。通路となる田んぼ道ですよ♪
それなのにこんなに。。。
DSCN5885.jpg

DSCN5886.jpg

DSCN5896_20160620221852b2a.jpg

DSCN5906.jpg
ここだけで満足してしまったら、「あじさいの杜」へ行く意味がなくなってしまう
DSCN5911_20160620222331999.jpg
一瞬、薔薇だと思った珍しいあじさい。
田園風景をバックに、イイ感じです
DSCN5912.jpg

田んぼ道に咲くあじさいたちが目の保養をさせてくれつつ通してくれたおかげで、徒歩も難なくあっという間にあじさいの杜に到着しました。
DSCN5914.jpg
さあ、ここからが本番ですp(*^-^*)q
というわけで、続きはまた明日

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/20 22:31 ]  潮来市 | TB(0) | コメント(0)

常陸大宮市木質バイオマス利活用事業

1週間分の疲れを癒すため、常陸大宮市の日帰り入浴施設四季彩館へ行ってきました。
数か月来館しないうちに、施設前の駐車場が狭まっていてびっくり
木質バイオマス専用のボイラー設置工事が行われていたのでした。
DSC_1062.jpg
木質バイオマス利活用事業というものが現在、常陸大宮市で取り組みが行われているそうです。
「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。(林野庁HPより)
化学の事は私の頭では理解が難しいですが、どうやら木材を利用してお風呂を沸かそうというものらしいです。

常陸大宮市は、市の面積の約6割が森林だとのことです。その森林の成長過程で密集化する立木を間引くことによって発生する木材=”間伐材(かんばつざい)”と呼ぶそうです。これをチップ化して”木質チップ燃料”とし従来の重油燃料に代わって温泉のお湯を沸かそう、ということなのかな

木質チップ燃料を導入することによって、勿論不要となった間伐材を有効活用出来ることは確実でしょうし、地球温暖化の要因でもあるCO2排出量を抑えることが出来るといいいます。エコじゃないですかあ
DSC_0845.jpg
木質チップ燃料専用のボイラー設備を、現在四季彩館では工事中。
HPを確認したところ、既にささの湯ではこの取り組みを導入しているようです。
三太の湯もまだ未設置ですが、年内には木材チップ燃料に移行予定とのこと
DSC_1063_20160619205809c83.jpg
_20160619_164256.jpg
昔懐かし、旧地名

森林に囲まれた町だからこそ、それを活かして環境保全に勤めることができるのですね
成功すれば、資源節約やCO2排出を削減できるばかりでなく市のイメージアップにも繋がる可能性があると思います。
頑張れ~!!
DSC_1064.jpg
来る6月22日(水)・23日(木)は機械保守点検の為、四季彩館は臨時休館となります。

では、温泉効能が効いてきましたので(笑)今夜はこれにて失礼いたします。
おやすみなさい

常陸大宮市木質バイオマス利活用事業について
http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page002125.html(常陸大宮市HP内)

常陸大宮市温泉事業株式会社(四季彩館・ささの湯・三太の湯の情報はこちらで)
http://www.hitachioomiyacity-spa.com/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/19 22:35 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

弁天池公園をお散歩してみました!

30度を超える真夏日となった今日の日中。夜になっても気温はあまり下がらず今夜は熱帯夜かなあ。。。
皆さんくれぐれも、熱中症には十分注意されてくださいね

今夜もお蔵入り記事です
正直言って、昨日書いた鍵林さんのお話よりも前です(´∀`*;)ゞ
画像を撮影したのは真冬ですので、何卒ご了承願います。少しでも涼をとることが出来れば幸いですが(笑)
冗談言ってる場合じゃないですね

日立市の市街地からさほど離れていないところに、”街中のオアシス”のごとく存在している公園~弁天池公園。
道路を歩いていて、何か惹かれるものを感じましたので入ってみることにしました。
DSCN2987.jpg

DSCN2982.jpg

DSCN2983.jpg
川が流れ木々が多く、のびのびとした芝生の広場と人工池。
良いウォーキングコースとなりそうです(#^.^#)
鯉もいるし。
DSCN2981.jpg

この公園がある場所は日立市弁天町、「弁天町」発祥の秘密はこの公園にあるようです
DSCN2975.jpg

DSCN2976.jpg
DSCN2977.jpg
文字通り、祀られているのは弁財天。七福神中唯一の女性神で歌舞音曲と福徳円満財福の神として知られているあの神様ですね
DSCN2978.jpg
由来については不明だそうですが、立札に書かれたことを自分なりに要約すると大正初期頃にここに住んでいた征矢さん一族らが福島県いわき市にある天光山賢沼寺の弁財天の分霊をこの池に勧請し、家内安全・無病息災・商売繁盛・大願成就を祈願した、とあります。
そして現在も、征矢さん一族が講元となり、仕え奉る・・・と。
DSCN2979.jpg
昭和20年の戦災により拝殿は一時消失。その後復興するも30年後の昭和50年代に改修されたとあります。
では、合掌。。。

藤が開花時期にはこちらも綺麗だったのでしょうね
DSCN2985.jpg

由緒の残る、弁天池公園。
公園自体は特別広いわけでも、いろいろな遊び場があるわけでもなくいたって普通のいわゆるどこにでもある町内の広場、といった雰囲気です。
でもなぜか、見えない不思議なオーラを感じお散歩しているだけで御利益を授かりそうな、そんな気が・・・。
そんなのを感じたのは私だけだったのでしょうか。。。
今後も弁財天様を大切にして、市民の皆さんに愛される公園でい続けて欲しいスポットです。

沼川弁財天池公園


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/18 23:31 ]  日立市 | TB(0) | コメント(0)

鍵林のふんわりせん

お茶の時間ですよ~♪(^0^)
DSC_0867_20160617214931a0d.jpg
本日のお奨め品(笑)、龍ヶ崎市の老舗米菓店、鍵林製菓の”ふんわりせん”です。
創業は大正3年、と確実に老舗と言ってよいでしょう。
夏の風物詩・撞舞(つくまい)の会場近くにお店があります。
DSCN4542.jpg
”民話の里のかたりべ煎餅処”というキャッチコピー、なんだか味があるわあ。。。

添加物を極力控え、良質なお米で作られるお煎餅は素直に”美味しい!”と感じることが出来る1品です。
その中でも特に、今回記事に書かせていただく”ふんわりせん”は本当にお奨めです
DSC_0869_20160617214933610.jpg
軽くて、サクサクっとした口当たり。
そして、ほどよい塩味
離乳食を離れたお子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に喜ばれそうです
ほのかに感じる青海苔の風味もイイッ♪
一枚食べたらきっと、もう一枚欲しくなる。。。。。
DSC_0868.jpg
私も母も掴む手がとまらなくなり、購入後3日以内にすべて完食してしまいました

賞味期限90日、と日持ちしますのでお土産にもいかが?

鍵林製菓
茨城県龍ケ崎市根町3359
TEL:0297-62-5881
FAX:0297-62-6348
営業時間
土日祝日:午前9:00~午後5:00
平日:午前8:00~午後7:00
年中無休
HP:http://www.kagirin.com/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/17 22:18 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

ひたちなか海浜鉄道絵手紙列車運行中!

群馬県の上信電鉄(高崎~下仁田)で運行されている名物列車:上信電鉄絵手紙列車が、今年も走行しているようですが。。。

茨城県でもやってます
ひたちなか海浜鉄道にて今年(2016年)の7月末まで、海浜鉄道列車内にてトータル250枚の作品が展示中であります。
DSCN5826.jpg

上信電鉄同様に、全国から集まった絵手紙が展示され湊線の車両は今、”動く美術館”!!
DSCN5830_20160616213206bed.jpg
列車に揺られつつ、それらの作品を1枚1枚ゆっくりと眺めているとほっこりと和むねえ。。。

DSCN5831.jpg

DSCN5833.jpg

DSCN5832_201606162132031fb.jpg
見てると、”目指せ(乗客数)100万人”という言葉が何枚も目にとまります。
テーマは自由で、その人がそれぞれ描きたいことを書いていただいたと思いますが見てると圧倒的に多いのが、湊線を応援する内容でした。
湊線を応援したい!!延伸に向けて頑張って欲しい・・・。
そう願う人達の強く熱い思いがこの絵手紙に込められているようです
こんなにも愛されているのか。。。(っω・`。)
DSCN5834.jpg
帰りの勝田行きに乗車する前に、私も絵手紙をお持ち帰り♪乗車記念です(´∀`*;)ゞ

目的地に行く為、目的を果たすために列車を利用するのが普通ですが車内がギャラリーとなっている今は、鉄道乗車そのものを目的にしても面白いかもね
DSCN3660.jpg
ほっこりと安らぎ、温かい気持ちになれる絵手紙を見るために乗車してもいいじゃない?(笑)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/16 22:01 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

那珂湊海鮮丸

先日6/12に開催された「すまいるマルシェ」のプログラムの中で、楽しみにしていた”ダンス無料体験レッスン”
これが始まるまで時間がたっぷりありましたし、ちょうどランチタイムということで久しぶりに那珂湊市場へ

那珂湊市場の中を海門橋方向に進むと”那珂湊おさかな市場”に辿り着きます。
こちらにはお寿司や海鮮丼、定食等が食べられるお店が並びます
DSCN5824.jpg
こちらでのランチは初めてです。
どこに入ろうかな~?と散策してみたらお昼時間とあってやはり、どのお店もこの通り
DSCN5819_201606152124144a3.jpg

DSCN5818.jpg
入り口の前でたくさんの人が並んで、席が空くのを待ってる状態
その中で唯一、行列がなかったお店に入ってみることにしました。
そのお店も食事を終えて出てくるときには他のお店同様に並んでしまいましたが。
DSCN5814.jpg
タイミングよく待たずに入れたお店の名は、「海鮮丸」
ボリューム満載の”炙り丼”と”北海丼”そして、”まかない丼”が人気だそうです
DSCN5815.jpg
でも今回、私が選んだのは”幸(しあわせ)五色丼”。
幸せになりたくて(笑)

お会計は前払い制。先にメニューを決めてレジで注文しお金を払ってから席に座ります。
テーブルに添えられた漬物は食べ放題。
幸五色丼、来ました~!!ヾ(o´∀`o)ノ
DSCN5812_2016061522011168e.jpg
鮭・平目・マグロの御刺身と、いくら・しらすで五色。
岩のりの味噌汁付き。
いただきま~す(^Q^)/

しょうゆベースの特製タレにわさびを溶いて、丼にかけて食べます。
DSCN5813_201606152201139e0.jpg
新鮮なお魚とご飯に、タレが浸みて旨いっ!!(*≧∪≦)
箸が進んでしまった為、五色丼のこれ以上の画像紹介が無くてすみません(笑)

美味しかった(* ´ ▽ ` *)御馳走様!
お店の外にでたら・・・あらら
DSCN5816.jpg
やっぱり並んじゃった

この「海鮮丸」は、おさかな市場に並ぶ店舗の中で一番新しいお店のようです。入口にある「海門」とお寿司処「海花亭」は姉妹店。
メニューは海鮮丼のみですが種類が多くて選ぶのが楽しくなってしまう♪
定番メニューの他、好みで2種選べる小丼もあるしお子様用海鮮丼もありますから家族で来店しても楽しめます
那珂湊市場の、いや湊線沿線の新たなグルメスポットを見つけました

那珂湊海鮮丸
営業時間
平日  10時30分~16時30分
土日祝  9時30分~17時00分
定休日:火曜 (祝日営業)
HP:http://mare-korin.jp/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/15 22:37 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

すまいるマルシェin百華蔵

TAMARIBAを後にし、ひたちなか海浜鉄道に乗って那珂湊駅へ。
DSCN3663.jpg

那珂湊駅駅舎を出てすぐ左手の方に進み、線路を横切ったすぐそこが百華蔵。
「すまいるマルシェ」はそこで開催されていました。
DSCN5799_2016061421271129f.jpg
DSCN5801_201606122147329b5.jpg

蔦の絡まり、歴史を感じさせる蔵が百華蔵。
訪れた時間にはちょうど、オカリナ演奏が行われていました。
DSCN5802_20160614212712217.jpg
この蔵自体が建造されたのは約60年前だそうです。
外観だけでも歴史の重みを感じます。
「百幾多の技術、技法、手法を駆使して百幾多の華(地域、まち、有形無形の財)を創造する場所」
という意味でこの建物に”百華蔵(ひゃっかぐら)”という名前が付けられました。
DSCN5827.jpg
まち、地域の人達との交流を図り体験を通した共同で行う催事や展示物の観覧等を定期的に行い人との調和を図る中で”輪(和)”を創り、その中で新しい交流や親睦を図り、来訪者に元気と意欲、活気を与える・・・蔵主さんのそんな思いが込められた百華蔵。。。
DSCN5810.jpg

DSCN5806_20160614213649520.jpg
ちょっと重い話になりかけてしまったので話をマルシェの方に戻しますね
御馴染の紅茶のお店スローライフさんのアイスティーを飲んで喉を潤した上で、お買いもの。
ハンドメイドによる雑貨やパン、スイーツ等が販売されていました
DSCN5805.jpg
見てるとつい、欲しくなっちゃう
そんな中、目にとまった飛田勝治農園の”ゆうこ’sキッチン”さん。
DSCN5808.jpg
まるで野菜畑のような展示販売
陳列された商品はすべて、自家製です。ピクルスもすべて、自家農園で育てられた野菜が使われていました。
DSCN5807.jpg
イベント出店はこの「すまいるマルシェ」が初めてだそうです。
試食させていただいたほしいももピクルスも本当に美味しくて(*≧∪≦)
またどこかのイベント会場で提供して欲しい!!
今回、試食が叶わなかった”ふくまる”は、平成25年にデビューした”期待の大粒新人”。
茨城県のオリジナルブランド米なのです( ^ω^ )
DSCN5839_201606142136544e0.jpg
大好評だった自家製”きゅうりのキューちゃん”を購入しました。
オリジナルの味付けだから、そこらのスーパーに売ってるキューちゃんとは全然違う!
この日のうちに我が家の夕食おかずとなりましたが、本当に美味しくてご飯がすすみました(* ´ ▽ ` *)
イベントを通して新たな出会いや発見が生まれ、そして御縁が出来る。。。
すまいるイベントに参加しなければ出会うことのなかった、この”美味しい味”(そっちかよっ)に感謝
飛田勝治農園さんについてはコチラを↓
http://hoshiimomura.wix.com/tobitakatsujinouen


午後には大人版:ひっぱりだこ無料体験レッスン♪
実はこれ目的だったの(」*´∇`)」
DSCN5828.jpg
”え?メンバーたったこんだけ?”と言われそうですが写真に写っている他に私を含めて4、5名参加です。
本来、ひっぱりだこのちびっこ隊も来る予定だったのですが事情あって中止。
よって、この日は特別年齢層が若干高いメンバーでのレッスンとなりました。勿論、その中に私も(´∀`*;)ゞ
DSCN5829.jpg
結構、動きについてくのがハードだったけれど楽しかった♪
体を動かすのって、やっぱり気持ちがいいねヽ(≧∀≦)ノ

那珂湊の歴史を秘めた「百華蔵」。
イベントは様々なジャンルで随時開催されていますので、入り口の掲示板でチェックされてみるのもいいかもね
DSCN5211_201606102251267b2.jpg
HPでもイベント情報が記載されていますので、よろしかったらご覧ください( ^ω^ )
http://byakka.net/
→(facebook)https://www.facebook.com/byakka.net
湊線乗車の、新しい目的にしてみてはいかがでしょう?
余談ですが・・・7月3日には大きなイベントを控えています。会場は勿論、ここ・百華蔵。
近くになったらまた告知させていただくことになるかと思いますがよろしくお願いします!

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/14 23:09 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

勝田TAMARIBA横丁2016.6.12

毎月、第2日曜日は”TAMARIBA”の日
DSCN5773.jpg
10:00の時点で既に会場はこの通り
フードコーナーが充実していましたので、会場中では食欲をそそる美味しい匂いが充満していました。
唐揚げとかポテトだとか・・・。
DSCN5774.jpg

でた~っ!那珂湊焼きそば\(^o^)/
DSCN5785_20160613204522fd0.jpg
ひたちなか市のイベントではもう、”お約束”?!
そして、SAZAコーヒー
DSCN5787_20160613204524146.jpg

ステージイベントも行われます。
DSCN5779.jpg

さっそく、面白い人達が登場!
DSCN5781_20160613202225f74.jpg

面白い格好をしているけれど、話しているテーマはいたって真面目?!
DSCN5784_2016061320452038e.jpg
彼女たちは、「ひたちなか市の環境を良くする会」のメンバー。
環境といっても自然環境とか生活環境とかいろいろあるけれど、今回取り上げられたのは生活環境。
私たちの生活を蝕む毒成分=「食品添加物」「遺伝子組み換え食品」「放射能電磁波」「紫外線」「環境ホルモン」
この中で今回は、「放射能電磁波」に焦点が当てられていました。
DSCN5786_20160613204523aef.jpg
私たちが普段使用する電化製品から電磁波が放出されているといいます。知らないうちに私たちは電磁波を浴びていることになるのですね。。。
スマートフォン、ゲーム機の使い過ぎには注意しましょう!

「環境を良くする会」の皆さんがステージを去り、次に行われたのは和太鼓演奏でした。
DSCN5789_20160613204525a83.jpg

DSCN5790_20160613214603641.jpg

DSCN5791_20160613214604878.jpg

一方、別な場所では・・・
あれ?新幹線しかも500系
DSCN5793_20160613214606ebc.jpg
本物そっくりよく出来てるなあ。。。
ミニSLならぬ、ミニ新幹線体験乗車が行われていました。
DSCN5794_20160613214608b93.jpg
出発、シンコー!!
DSCN5795_201606132146093e3.jpg

行ってらっしゃ~い♪
DSCN5796_20160613231057fd0.jpg
といっても、走行距離はせいぜい50mくらいですけどね(*^_^*)
で、これから私は”リアル乗り鉄”へ
新幹線ではないけどね
ぶらぶら眺めながら勝田駅に向かいます。今回のTAMARIBAはかなり駆け足でした。関係者の皆さん、ごめんなさい
目を引いた、畳屋さんのコーナー。
飾り用の畳とか、畳で作られた小物雑貨の販売が行われていました。
DSCN5797_20160613231059c0a.jpg
やっぱり、日本は畳でしょう
なんと!畳で作られたくまもんのエコバッグ
DSCN5798_201606132311009b4.jpg
かっわいい~っ!!

昔懐かしい、竹馬
DSCN5770.jpg

商店街を元気にしよう!という意図で始まった、「TAMARIBA横丁」。
先日、記事でも書きましたが最近では”TAMARIBA”という名のカフェもOPENしました
駅前空洞化、という言葉が日常化して久しくなってしまった今日。
駅前をなんとか活性化しよう、以前の活気を取り戻そう!と関係者が様々なアイデアを練り、人を呼ぶためにいろいろなイベントを企画する・・・そんな町が増えてきました。TAMARIBAもそういった事情から誕生したと思われます。

どんなに大きなイベントを企画しても、人が集まるのはその日だけで普段は依然閑散とした静かな町。。。
それではイベントの意味がありません。
イベントをきっかけに、「もう一度、この町に来たい!」と思われるようになって初めてイベント成功と呼べると思います。
TAMARIBAが、そんなイベントとなって欲しい+゚。*(*´∀`*)*。゚+

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/13 23:27 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

SAKABAさんの湊本町ぷりん

今日はひたちなか市で2つのイベントに参加
JR勝田駅前で毎月第2日曜日に開催される、「TAMARIBA横丁」と。
DSCN5775.jpg

那珂湊駅裏:百華蔵で開催された、「すまいるマルシェ」
DSCN5801_201606122147329b5.jpg
今週の当ブログはこれら2つのイベントレポート記事が中心となりますので何卒、おつきあいのほど宜しくお願い申し上げます
で、今回の記事は違うお話を

那珂湊駅から徒歩約7分くらいでしょうか。
湊本町商店街の入り口付近にある老舗の洋菓子店:阪場製菓さんというお店があります。
DSCN5825.jpg
このお店の看板商品はカステラ、最近では”イチゴダッペ”も名物商品です。
そして今回、気になった商品は「湊本町ぷりん」という商品。
DSCN5836.jpg
地域の名前が入っているところに惹かれました(笑)で、お土産用にイチゴダッペと一緒に購入。
この手作り感溢れる名入りシールがいいね

帰宅後、開封♪
DSCN5837_201606122147365a0.jpg
見事な黄色だ!
もしかすると、横須賀さんちのオレンジ玉子?(←※注意!確証ではありません)

さっそく、いただきま~す!
ん?
DSCN5838_2016061221480324d.jpg
なんと!!表面ぷよぷよ!!弾力性があり、スプーンも軽く触れただけでははじけそうなくらいでした。
最近のは口にいれるととろけそうなソフトなプリンが多く出回っているようで今時、このようなプリンは珍しいかも
でもとっても甘くて美味しく、玉子の風味たっぷり
まさしく、”日いづる町”=ひたちなか市にふさわしいスイーツと言えましょう

ショーケースに並んだケーキもお奨めです。今が旬の果物=メロンを使ったシュークリームもありますよ
足を運ぶ価値は十分アリです

阪場製菓
茨城県ひたちなか市湊本町7-2
Tel:029-262-3534
9:00~19:00
定休日:水曜日
HP(食べログ紹介ページ)→http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8012232/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

※暫くの間、不定期更新といたします。予告せずに数日休む場合もございますので何卒ご了承ください
 [ 2016/06/12 22:26 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

雨が降らなくて。。。。。

今朝のモバイル版茨城新聞ニュースで気になった記事がありましたので。

梅雨入りはしたものの、なかなか雨が降らずにいきなり真夏日となってしまったわが茨城県。
その影響で県央や県北部を流れる那珂川と久慈川の渇水が心配されてるようです
先日の10日、水戸市千波町にある国土交通省常陸河川国道事務所にて協議会が行われました。その結果、河川沿岸各地域の取水状況の情報交換や、節水を呼び掛けていくことが協議で決定されたそうです。
DSC_0611_2016061122330954c.jpg
(雨が)降られちゃ困る時には思い切り降るのに、降って欲しい時にはなかなか降ってくれず。。。
基本、晴天の方が好きな私ですがこうも降水量が少ないと不安になります。
渇水し、本当に節水指示が出されることもありうるでしょう。
これから夏、一番水分が欲しい時に節水なんてことになったら困るよなあマジで
DSCN4489.jpg
溺れる者は藁をもつかむ!
溺れる者はゆるキャラをも頼る!!?(笑)まいりゅうくん、雨降らせてぇ


”まいりゅうくん(龍ヶ崎市のマスコットキャラクター、雨を降らせる神(龍)だから)”
名物:撞舞は豊作と雨乞い祈願の儀式なのです

私たちに出来ることはやはり、日頃から水を大切にすること・・・
水道水を出しっぱなしにしないこととか、シャワーを出来るだけ控えるとか、日頃の生活習慣を見直し節水の習慣を心がけていくしかなさそうですね。
_20160217_124239.jpg

余談ですが、こんな時に我が家の冷蔵庫が故障し冷やす力を無くしてしまった為、食料品の冷蔵保存が出来なくなってしまいました今のところ、冷凍庫の氷はかろうじて作れますがこちらが使えなくなるのも時間の問題
来週水曜日の15日には新しい冷蔵庫が届く予定なのですが果たしてそれまで堪えてくれるのだろうか。。。
ちなみに12年使用しました。21世紀になってからの電化製品としては長寿組ですね。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

日曜日は湊線

今朝の読売新聞より。
DSC_1048.jpg
以前から話が挙がっていたひたちなか海浜鉄道(勝田~阿字ヶ浦)湊線の阿字ヶ浦~国営ひたち海浜公園までの延伸の件、
いよいよ現実的となってきたようですね
この路線が延伸することによって観光的な面でも、普段の交通上でも利便性の向上と渋滞緩和が望めることが期待されると新聞記事では書かれています。
DSCN3660.jpg
実現に向け、予算は65億円見込みだとか。市にとっては決して容易な話ではないかと思いますが交通上の利便性がUPすることにより、利用者も増え湊線存続ばかりでなく市全体の活性にも繋がるのであれば万々歳ですね。
この路線を愛する私個人としても、喜ばしいことであります
頑張れ、ひたちなか海浜鉄道
頑張れ、ひたちなか市

市外者、その上決して金持ちではない私が湊線の為に出来ることといったらやはり、”乗り鉄”しかない!
これからも出来るだけ湊線に乗車します
というわけで、早速今度の日曜日にいざ!

那珂湊駅裏にある、煉瓦造りの蔵を御存知でしょうか。。
昔は米蔵だったそうですが、長年使用されずにたたずんでいました。
DSCN5210.jpg
数年前からは毎年夏に行われる「MMM(みなとメディアミュージアム)」の会場の一つとして利用されるようになり、いつの間にか綺麗にリフォームされ今では”百華蔵”と名付けられ、ミニコンサートや講演会、展示会に体験教室、ハンドメイド商品販売等のイベントホールとして利用されています
DSCN5209_20160610225122442.jpg

DSCN5211_201606102251267b2.jpg
イカさん、タコさんがご案内!
次回のイベントはいつ?何やるのかな?
那珂湊駅下車の際、チェックしてみてね

で、今度の日曜日は何が行われるのかといいますと。。。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
FB_IMG_1465464128548.jpg
すまいるマルシェというイベントが百華蔵にて10:00より、開催されます。
オカリナ演奏や手作りパン、スイーツの販売そして”Slow LIFE”さんの美味しい紅茶も振舞われる!!
DSC_0624_201606102316281a8.jpg
DSC_0614.jpg

以前の記事で書かせていただいた、キッズダンスチーム”ひっぱりだこ”も登場します。
DSCN9209.jpg
今回はなんと、彼らと一緒に”無料体験レッスン”が行われるらしい。。。
”ダイエットしなくちゃ!”と思われる方は必須ですな(笑)
DSCN9217.jpg
※画像は昨年、2015年の水戸黄門まつり時のものです。

ぶらりお散歩な方がちょっと立ち寄っても楽しめそうな予感。。。。。
日曜日は楽しめそうです。
DSCN3663.jpg

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/10 23:30 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

全国メロンサミット、鉾田にて開催されました!<3>~メロンを食べて、幸せになろう!

いよいよ来ました、メロンの国
DSCN5753.jpg

DSCN5740_2016060822542492c.jpg
サミットに集まった市内外のメロンがここに集結しました
そして、その市町村のPRコーナーも。
DSCN5741_20160608225424123.jpg

DSCN5743_20160608225425b20.jpg

黄色い品種はえ~と・・・・何て言ったっけ(汗)
DSCN5744_2016060822542672e.jpg
ここ・八千代町こそ実は茨城県でメロンづくりを始めた最初の町だそうです。
昭和37年に八千代町から始まり、翌年38年には旧旭村(現:鉾田市)にてプリンスメロンの生産。
美味しいメロンづくりに欠かせない”良質の水はけ”と”温暖な気候”、そのいづれの条件も満たした土地なのがわが茨城県。
結果、茨城県は”メロン生産日本一”に輝くことが出来たのですね
DSCN5757_201606082303123b4.jpg
宝石?美術品?
JEWEL FRUITEさんのカットメロンで作られた作品です。
DSCN5756.jpg
目で楽しんでいたい。。。でも販売も行っています。食べるの、もったいなあいっ
ささやかなホームパーティーでも、テーブルに飾れば高級感たっぷり

でも私は食べれる方がイイ!(笑)
一番楽しみだった、「メロン・タベクラーベ」
DSCN5750.jpg
チケット制で1枚500円。
チケット1枚で1皿(5切れ)、試食が出来るのです。来場と同時に買っておいてよかった
DSCN5748_201606082312056ee.jpg
DSCN5751_20160608231206987.jpg
(左から)アンデスメロン→クインシーメロン→イバラキング→クラウンメロン→タカミメロン
アンデスメロン・クインシーメロン以外は初試食
それぞれに特色があって、それなりの美味しさがあるけれど”出来るだけ甘みがあった方が良い”という場合はクインシーかタカミメロンをお奨めします
”いや、高価なのはちょっと・・・・”という方はアンデスあたりがお奨めかな?文字通り、”買ってあんしん(安心)です”(笑)栽培しやすさから”作ってあんしんです”という意味もあるとか。勿論、アンデス山脈とは何の関係もございません(笑)
尚、イバラキングはネーミング通り茨城県のオリジナルです。県の技術の粋を集め10年以上の歳月をかけて作られたメロン。
甘さ・果肉のしまり具合・みずみずしさ・・・これらがバランス良く仕上がった、茨城の自信作
直売所などで見かけられたら是非1度、御賞味ください

その昔、高級な果物の代表だったメロンは下々の民がとても口にできる果物ではありませんでした。
それが今、こうして気軽に食べることができるようになりとても素晴らしいことだと思います。
ですが残念なことに、若い人たちの”メロン離れ”が増加しメロンのシェア数が全国的に低下しているというのです
実にもったいない!
DSCN5767_20160608231210cfc.jpg
スペシャルゲストでもある鎧塚シェフのお店で販売されていた、メロンのお菓子。
確か、この日の限定販売。メロン味の甘くて美味しいマシュマロなんです


メロン生産日本一な茨城県にお住まいの皆さん、県民をあげてみんなで茨城県のメロンを応援していきましょう
県外の方も何とぞ、御協力よろしくお願いいたします(^-^)/
DSCN5763_20160608231207708.jpg
DSCN5765_20160608231209f1e.jpg

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/08 23:37 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

全国メロンサミット、鉾田にて開催されました!<2>~メロン熊警報発生?!

鉾田市で開催されたメロンサミットには、可愛いゆるキャラ達も集まりました
県内のキャラクターだけでなく、メロンで繋がった全国のゆるキャラ達も来てくれてステージ上はゆる~い雰囲気に
DSCN5703_20160606214958b56.jpg

DSCN5702_20160606214956c8e.jpg

DSCN5704_201606062150004b5.jpg
真ん中にいる、緑色のまんまるな子が鉾田市のキャラクター”ほこまる”くん。
彼はこの後、応援に駆けつけた「つくばロボッツ」のチアガール隊と一緒に素敵なダンスを披露。
小美玉市の”おみたん”も来てくれました。
DSCN5705_2016060621500131f.jpg
DSCN5707_20160606215002bd3.jpg
(画像左から)静岡県袋井市、山形県鶴岡市、,愛知県田原市のキャラクターも可愛いね♪
み~んな、メロン繋がりで集合!

そして・・・・・

?!
DSCN5708_20160606215654d8b.jpg
どう見ても”ゆるくない”キャラクターがいきなり登場!!
これまでゆるやかだったステージの雰囲気が一転?!
なんと!!ステージから降りて観客席に乱入したぞおぃっ!!
DSCN5712.jpg

キャラクター紹介の際もこの通り!!
DSCN5716.jpg

ステージを降りても、会場内で暴れまくっていました。
DSCN5720.jpg
怖い。。。怖すぎる。。。。。(00;)
逃げ惑う人達・・・泣き出す子供・・・。
そんな人達にも容赦なく、襲いかかります。こんなキャラ初めてだ
DSCN5723.jpg

DSCN5725.jpg
北海道夕張市のキャラクター、”メロン熊”は他に類のない凶暴系キャラクターなのです。
何故こんなに凶暴化してしまったかは、メロン畑を荒らす心無い人達が増えたからだとかメロン畑が荒れてしまったせいだとか諸説があるようですが、はっきりとした理由は不明だそうです
DSCN5722.jpg
茨城県でもメロン泥棒なる不心得者が往航し、鉾田市をはじめとするメロン農家が毎年被害に遭うニュースを耳にします。
彼に番をさせたらそのような輩もいなくなりそうです(笑)
DSCN5736.jpg
ステージ上ではほこまるが、ロボッツのチアガールと一緒に歌って踊ります。
その様子を横目で見ながら私はピザ待ち。
ほこてん号の焼き立てビザを本日のランチにしました
DSCN5737.jpg
地元の食材をたっぷり使ったピザ。
この日は「小松菜と玉ねぎ」のピザ。
DSCN5738.jpg
野外で食べる、焼き立てピザもいいもんだ♪
でも、今回もまたタバスコかけすぎちゃった
早く、甘いメロンでひりひりする舌を覚まさなくちゃ!!

というわけで、体育館へ移動
DSCN5753.jpg
いよいよ、お待ちかねのメロンワンコイン試食会=「メロン タベクラーベ」トライです
チケットはこの会場に到着した際既に購入済み
では、出陣!

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/07 11:46 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

全国メロンサミット、鉾田にて開催されました!<1>

去る4日に行われた「全国メロンサミット」のビジネスサミットにおきまして、本日6月6日は「メロンの日」に制定されたそうです。
DSC_1042.jpg

そして翌日5日は、イベントサミット
DSCN5665_201606052147590b5.jpg
鉾田市をはじめとする、県内外メロンの食べ比べやメロンを使用したスイーツの販売、そして各市町村毎の販売ブース(メロンパンや焼きそば等)が並び、誰もが参加でき楽しめるイベントが、鉾田総合公園で開催されました
美味しそうなお店がいっぱいで会場内、歩いているだけでもお腹が空いてしまう
DSCN5666_201606052154588b8.jpg

DSCN5679.jpg

DSCN5680.jpg

DSCN5684_20160605215502bc7.jpg
こういったお店を巡ったり、メロンの試食をしたり。。。とたっぷりと堪能させていただきました(*´∀`人 ♪
その内容を何回かに分け、ここで書かせていただきたいと思いますので何とぞ、お付き合いをよろしくお願い申し上げます。
事後報告ですので、”へ~、こんな感じでやってたんだ”と感じていただけたら幸いです。
尚、実際に廻った順番通りとは限りませんのでご了承ください。

オープニングを飾るのは、大洗高校マーチングバンド「ブルーホークス」の演奏。
DSCN5668_201606052148014b0.jpg

オープニングにふさわしい、力強い演奏での開会式スタートです。
演奏する曲はお約束、TV水戸黄門のテーマ曲「嗚呼、人生に涙あり」。
DSCN5676_20160605215027394.jpg

その頃、私めはアンテナを巡らせて美味いもんチェック(^ω^ ≡ ^ω^)
カクテルコーナーで、激しく反応しました(笑)
DSCN5677_20160605215029340.jpg
「ほこたメロンハイボール」は、遊び心から自宅で作ったものとかぶるので・・・。
コチラを↓
DSCN5671_2016060521502350e.jpg
鉾田産トマト”ちゅう太郎”を使ったトマトジュース使用のビールカクテル
その名も「レッド愛(レッドアイ)」
迷わず注文しました。
DSCN5672_2016060521502460b.jpg
りんてつ(鹿島臨海鉄道)で来て良かったヽ(´∀`)ノ
鉄道旅、万歳!!(笑)
DSCN5675_2016060521502664f.jpg
ビールのパンチとトマトのまろやかさがベストマッチ☆うめ~っ!!(*≧∪≦)
カクテルに酔いしれている間に、ステージ上では開会式が始まったようです。
DSCN5690.jpg

今回のメロンサミットにエントリーした市町村のゆるきゃら達もステージ前に勢ぞろい!
DSCN5688_20160605220231f33.jpg

ん??
DSCN5691.jpg
なんか、ゆるくないのが1体・・・(A^-^;)
このキャラクターに関しましては後ほど。今回は開会セレモニー終了後、会場巡回の際”場内騒然”となったとだけとりあえず言っておきましょう^^;
北海道夕張市のキャラクター、名前は見たまんま”メロン熊”といいます。

地元:鉾田出身のタレント磯山さやかさんと、東京にお店を構えられている鎧塚俊彦シェフ、そして人気イタリアンシェフの神保佳永シェフがスペシャルゲストとして参加してくださいました(* ´ ▽ ` *)
DSCN5693.jpg

挨拶のあと、ゲスト3人によるテープカットが行われ。。。
DSCN5694.jpg

同時に無数の風船が空高く飛び立っていきました。
DSCN5695.jpg

DSCN5696.jpg
あらためて、イベントサミットの開始です。
さあ、どこから廻ろうかな~♪
しょっぱなから、長蛇の行列のお店へ↓
DSCN5698_2016060522494014e.jpg
「メロンまるごとクリームソーダ」
水戸市のお店、酒趣さんのオリジナルメニューです。名物メニューとして以前から話題のこの商品ですが、水戸にいてもなかなか食する機会に恵まれず今回初トライです。
行列なんて土浦カレーフェスティバルの際、中台さんで鍛えられたから40~1時間待ちなんか気にしない(笑)
この名物メニュー、ちゃんと食べ方のルールがあるみたいです
DSCN5699_2016060522494170a.jpg
知らずにうかつに手順を無視した食べ方をしたら、大損するね確実に。

いただきま~す(^Q^)/
DSCN5700.jpg
文字通り、まるごとメロンだから食べ応えバッチリ☆
アイスクリームと中のソーダ、そしてシャーベット状になったメロン・・・
贅沢過ぎるし美味しすぎる(*≧∪≦)!!
値段900円、イベント会場の飲食ブースで販売するメニューとしては高価だけどメロンをまるごと使っていることと手間を考えたら安いかも。御馳走様でした

こんな感じで会場内を巡回していきます(*^_^*)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/06 17:38 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

馬渡埴輪公園<2>

前回訪れた(→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2729.html)ひたちなか市の馬渡埴輪公園に、先週再び訪れてみました
DSCN5635.jpg

この日は6月3日。さすがに前回5月26日に訪問した時より開花が進んでいました。
DSCN5636.jpg

DSCN5637.jpg

DSCN5638_2016060521161563f.jpg
前回、まだ咲いていなかった箇所も少しずつ色づいてきたようです。
緑一色だったところが濃い紫や薄い紫、白とちょっぴりカラフルになっていました。
DSCN5639_20160605211616073.jpg

よって、前回は歩かなかったところを歩いてみます。
DSCN5641.jpg

DSCN5642.jpg

DSCN5645_20160605212343300.jpg

DSCN5643.jpg
見頃はまだまだだけど、このままいけばあと2週間もすれば満開になるのかな

今日から関東地方も梅雨入り。
お花が喜ぶ季節がやってきましたね。
DSCN5646.jpg
DSCN5644.jpg
今はじりじり暑い太陽が照りつけているけれど、もうすぐ恵みの雨が降るよ!
それまで我慢していてね♪花菖蒲さん
DSCN5647.jpg

馬渡埴輪公園の花菖蒲開花状況をお伝えさせていただきました
さらに詳細は、市のHPをご覧ください!
http://www.city.hitachinaka.lg.jp/soshiki/44/kotosino-hanashoubu.html

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/05 21:36 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

cafe tamariba(カフェ たまりば)営業中!

ひたちなか市の表町通りを通ってみたところ、”あれ?ここ前何屋さんだったっけ?”という場所が飲食店に変わっていたり、新しいお店が増えててびっくり
この通りは大体、カフェや居酒屋、レストランが圧倒的に多いので食べるのに不自由がなくて良いです

そんな表町通りに新たにOPENした、カフェスペースが
DSCN5656_20160603210909902.jpg
1F中央に”にこにこプラザ”と書かれたビルの1角に、カフェがOPENしました。
その名も、”cafe tamariba(カフェ たまりば)”
DSCN5657_20160603210910d84.jpg
”町を元気にしたい!”、”商店街に活気を!”という思いを強く抱いたひたちなか市民の皆さんにより結成されたひたちなかまちづくり株式会社
その事業には、毎月第2日曜日に駅前の路地で行われるイベント=「勝田TA・MA・RI・BA横町」をはじめとする様々な町おこし企画があります。このカフェも、「人が集まる場所」として開業したとか

木のぬくもりが温かい店内。カウンター席や二人席、そして数人のグループが利用できる大きなテーブルがあります。
DSC_1036.jpg
11:00~14:00までは日替わりランチが楽しめます。
初来店ですので私もそれを注文しました。

はじめのスープ、それからメインディッシュ到着
DSCN5659_201606032109126cb.jpg
サラダ二種+ピクルス、ヒレカツとご飯は古代米。
意外にもヘルシー系でした。ダイエットを考える必要のある私にはありがたい(笑)
では、いただきます
DSC_1035.jpg
油控え目で味も薄味。健康的だね
でも美味しいです。手作り感が溢れてて家庭的な味。。。
最後はドリンクで〆
ランチセットのドリンクはコーヒー・紅茶(いづれもHOT・ICEの両方有)、とジュース(オレンジだったっけかな)の中から選ぶことができます。今回はアイスコーヒーを選びました。
DSCN5661_2016060321510815d.jpg
結構、ボリュームが凄い(笑)おそらくスタバのLサイズ位?
ちなみにSAZAコーヒーです。
ここまで食べて、値段はなんと850円!!安いでしょう。。。ヽ(´∀`)ノ

日替わりだから、次回このメニューが食べられるかどうかは分かりません。
果たして次回訪れた時にはどんなメニューとなるのか、楽しみですな
オリジナルメニューの”たまりばサンド”も気になりました。

地域の人達が集まって、美味しいお茶やお料理を楽しみつつ和気あいあい・・・。
文字通り、”たまり場”!
グルメスポットとして見るなら正直、”もっとこうした方がいいんじゃない?”と辛口指摘をしたくなる点もなくはありませんでしたが、”地域交流”や”情報発信”としての場としては素敵なお店だと思います

”まずは地元から”というか、地元の人が表町をたくさん訪れてこのカフェに訪れるようになるといいね♪
でも、あんまり地元の人が集まり過ぎるとかえって、よそから行った人間が近寄りがたくなるんじゃ・・・という余計な心配をしてしまったりして・・・そんなことにならなければいいですが^◆^;
DSC_1034_201606032151041b2.jpg
毎週火曜日がお休み^^
お車は道路を挟んだ正面の駐車場(有料)「表町ふれあいパーキング」へどうぞ。カフェご利用の方は無料ですので精算の際、駐車券をもらうのを忘れずに

来る6月12日(日)は、「勝田TA・MA・RI・BA横丁」の日です(10:00~15:00)
皆さん、お誘い合わせの上”TAMARIBA横丁”へGO

ひたちなかまちづくり株式会社
http://www.hcdi.jp/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/03 22:30 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

全国メロンサミット、開催されます!

セブンイレブンにておそらく期間限定販売のメロンパンヾ(o´∀`o)ノ
私も買ってしまいました(*^_^*)
DSC_1024.jpg
「オトメメロンのメロンパン」
間もなく開催される「全国メロンサミット」開催記念商品なのです。
詳細はこちらで(セブンイレブンHP内)http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/017/100/otomemeronnnomeronnpannn.pdf

こちらで書かせていただくのは、メロンパンではなく「全国メロンサミット」のお話ですのでお味の方は後ほど裏ブログで(´∀`*)ゞ。

そう。来る6月4日(土)・5日(日)は鉾田市にて全国メロンサミットが開催されるのです
DSC_1021.jpg
全国のメロンが一同に集結するメロンの祭典、
茨城県鉾田市にて開催!!


わが茨城県のメロン生産量は全国一位。ですが残念なことにこのことは全国的にあまり知られていないようです(っω・`。)
その茨城県で開催されることになったメロンサミット。
”メロン生産量日本一”を全国に知ってもらえる、これほど良い機会があるでしょうか
_20150606_105312.jpg

初日6月4日は”ビジネスサミット”となり関係者(農地代表者・生産者が対象)のみ参加可のイベントとなりますが、最終日5日は”イベントサミット”となり一般のお客様向けのイベントとなります私たちが参加可能なのは5日のみ。
地元鉾田市出身のタレント・磯山さやかさんとシェフの鎧塚俊彦さんの”メロンクロストーク”が行われたり、有名シェフが作るメロンスイーツの試食、そして全国の有名メロンの食べ比べ企画等、とにかくメロン尽くしの楽しいイベントデーとなりそうですヽ(≧∀≦)ノ
DSC_1022.jpg
私も当日は出没予定p(*^-^*)q
今回はりんてつ(鹿島臨海鉄道)で行こうと思っています。
sketch-1464683318838.png
りんてつ、久々だな。
新車両だといいな(*´∀`人 ♪


5日の会場は、鉾田市総合公園(茨城県鉾田市当間2331)。但し、当日はお車の乗り入れができません。指定の駐車場(→http://www.melon-summit.jp/)に駐車していただくか、鹿島臨海鉄道ご利用で新鉾田駅下車し、会場までシャトルバス利用での移動となりますのでご注意ください

HPによると、”人生最大級のメロン祭り”だって。
これは行かなくちゃ、”人生の大損”かな?(笑)

◆全国メロンサミット
詳細→http://www.melon-summit.jp/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/02 23:12 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

馬渡埴輪公園<1>

今年は花の開花が例年よりも早く、もしかするとあの公園の花菖蒲も咲いてるかな・・・?
と、ひたちなか市の馬渡埴輪公園を訪れたのは先日5月26日(木)のこと。
DSCN5560_20160531223433e97.jpg
5世紀末~6世紀頃まで、ここで埴輪の製作が行われていたとのこと。昭和38年に発見され30年近くかけて調査が行われた結果、埴輪を作った工房や窯、住居跡までもが発見されてるそうです。
国の指定遺跡の認定を受けています。
でも今回、ここは省略いたしまして。。。

花菖蒲の名所としても知られている「馬渡埴輪公園」ですが、果たして開花状況はといいますと・・・。
DSCN5562_20160531223434076.jpg

DSCN5563.jpg

DSCN5564_20160531223437b40.jpg

DSCN5565.jpg
ようやく、咲き始めたという感じ。ざっと見渡したところ1分咲きくらいかな。
さすがにこの時期ではまだまだですな
何しろ、例年の見頃は大体6月中旬~下旬頃ですから無理もない。
DSCN5566_20160531224219b97.jpg
あれからもうすぐ1週間。月も変わりここ数日の気温上昇も手伝って果たして開花はどこまで進んだことでしょう

花菖蒲の方はこんな感じでしたが、池の方を見ると蓮の花がいい具合に咲いていました
DSCN5569_20160531224220122.jpg

DSCN5571_2016053122422289e.jpg

DSCN5572.jpg
満開とまではいきませんが、こちらはずいぶんと開花しています。
今月後半くらいまで楽しめるでしょうか。。。もしかすると花菖蒲とダブルで楽しめるかもしれません
DSCN5573.jpg

DSCN5576.jpg

水辺には、黄色い花菖蒲も咲いていました
こちらの方が日差しがあり、水のそばだから開花が早いのでしょうか。
DSCN5577.jpg

なかなか、いい配色
DSCN5578.jpg

夏の夜には、蛍も現れるそうです。
どこからともなく聞こえる、蛙の鳴き声。。。のどかだなあ。。。
DSCN5570_2016053122493295b.jpg
とりあえず、今回はここで引き上げ
おそらく見頃は例年通り、中旬以降になるのかはたまたそれよりちょっと早いのか。。。

開花状況をレポートさせていただく為、近日再訪問する予定です(´∀`*;)ゞ
というわけで、「馬渡埴輪公園<2>」はその時に

尚、馬渡埴輪公園の花菖蒲開花状況が市のホームページで配信されていますのでリンクさせていただきます。
お出かけの参考になれば幸いです
◆馬渡公園花菖蒲開花状況(ひたちなか市HP内)
http://www.city.hitachinaka.lg.jp/soshiki/44/kotosino-hanashoubu.html


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/01 16:29 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-